【アニメ感想】あまんちゅ!(12話:最終回)「蒼い世界のコト」

 あまんちゅの最終回を見て感想を書きます。
 待ちに待った海洋実習は不安と期待が入り混じるものでした。
 てこさんのドキドキ、ワクワクがそのまま画面を通じて伝わってくるような、そんな感じの前半でした。
 初回では浮かない顔で海を見ていたてこさんが、これだけまっすぐに前向きになれたところが素晴らしいなと思いました。
 てこさんとぴかりさん、とても素敵なバディでした。

【内容】
 いよいよ海洋実習の日がやってきました。
 ダイビング部の皆さんがやってきたのは、初心者の聖地と呼ばれる「小瀬崎」。
 早朝にもかかわらず多くのダイバーでにぎわっていました。

 バディチェックを無事終了させ、フロートまで移動するてことぴかり、先輩姉弟と先生。
 海水がスーツから体に入ってくるのが冷たいですが、じきに慣れてくるとのこと。
 てこのドキドキ、ワクワクが止まりません。

 フロートまでやって来たてこたちですが、フィン(足ひれ)がなくなっていることに気づきます。
 このまま海洋実習は終わりかと不安になるてこですが、見知らぬダイバーさんが拾ってきてくれました。
 謎のイケメンさんが素敵です。

 フィンが戻ったことで、いよいよ海のそこにもぐります。
 果たしてどんな世界が待っているのでしょうか。
 ワクワクのドキドキです。

 海の底は今までの暗闇とは違い、急に視界が広がっていました。
 先生はマスククリアー、中性浮力(体の空気圧で浮き沈みを調節)などの課題を出してゆきますが、てこは完璧にこなしてゆきます。
 あきらめなくてよかった、こられて良かったとつぶやくてこさん。

 海から上がり、10話で買ったログブックをつけるてこさん。
 初めての海は書きたいことが多すぎてまとまりきれません。
 中学校時代の友達からてこにメールがあり、初めてのダイビングをお祝いしてくれました。

 「結果発表です!」
 先生から実習の結果が言い渡され、オープンウォーターダイバーのCランクが授与されます。
 周りの暖かい拍手が素敵です。

 海辺でぴかりとてこが2人で話し合います。
 てこのさらさらな長い髪を見て、一緒に海にもぐりたいと「勝手に」思って巻き込んだぴかりさん。
 しかし、そんなぴかりの与えてくれたものすべてを好きになったとてこは言います。
 もっといろんなものを大好きになりたいとまっすぐなてこに、ぴかりはそんなてこのことが好きだと答えます。
 
 これからもいろんな大好きをもとめて、レッツラゴーです!

【考察等】
 数回ダイビングしてなかったダイビング部でしたが、今回はそのうっぷんを晴らすかのようなダイビング要素たっぷりなお話でした。
 てこさんの海にもぐる上での不安とワクワクが、画面を通じて視聴者へと伝わってくる様は見事でしたし、海の底の風景もとても綺麗で感動しました。

 東京から引っ越してきた当初は消極的なてこさんでしたが、今はこんなに楽しそうに笑っていて素晴らしいなと思います。
 ぴかりさんや、周りの人の優しさはとても暖かく、てこさんの成長を見守るところがとても良かったです。
 彼女自身の努力もあって、てこさんもこんなに前向きになれたことが、まるで自分のことのようにうれしいです。

 てこさんとぴかりさんの互いを思い合う関係、まさにバディなんだなと思いました。
 今期アニメでもベストフレンドが何組かいましたが、小鳥さんとしのぶさん(甘々)、花丸さんとルビィさん(ラブライブサンシャイン)にも並ぶような、そんな素敵な関係にほほえましく、そしてうらやましく思えます。

 今期のアニメもほとんどが終了し、あまんちゅもこうやって最終回を迎えました。
 まさに、甘々と稲妻に並ぶ癒しだったと思いますし、てこさんのように少し前向きになりたい、そう思える作品でもありました。

 関係者の皆さんには、感謝しかありません。
 あっという間の3ヶ月でしたが、本当にありがとうございました。

【アニメ感想】あまんちゅ!(11話)「猫と子猫のコト」

 あまんちゅの11話を見て感想を書きます。
 ちゃ顧問(猫)さんを追いかけて、その結果子猫を発見したぴかりさん達。
 子猫さんもすごく人懐っこくて可愛らしく、それを世話する2人という構図がとても良かったと思います。
 そして、次回で最終回かと思うと寂しくなります。

【内容】
 海洋実習を週末に控え、楽しみなダイビング部の皆さん。
 荷物を運ぶてこの姿を見ると、彼女も体力をつけてきたのだなとその努力が見えてきます。

 学校の帰り道、ちゃ顧問(猫)が歩いていくのを目撃して、そのまま尾行するぴかりとてこ。
 途中で見失い、ぴかりですら知らない道にやってきてしまいます。

 「2人とも知らない道を散歩してみたい」とてこさん。
 散歩を続け、偶然見つけた古い神社では海洋実習のことをお参りしてゆきます。
 森の奥で、「まるで緑の王国だ」と喜ぶてこを見ると、こちらもなんだかうれしくなります。

 カラスから子猫を助け出したぴかりとてこ。
 親ネコを待ってみますが見つからず、とりあえずネットで調べて子猫用のミルクを買いに行くことに。
 海の家でミルクを作って飲ませますが、そのおいしそうなようすがとても可愛らしいです。

 「で、どうするんだい?」とおばあさん。
 てこのマンションはペット禁止、ぴかりの家は母親が猫嫌い、さらには海の家にも置いておけません。
 次の日学校で里親を探すことにして、とりあえず今日の所はてこが連れ帰って一緒に過ごすことになりました。
 子猫を見つめるてこさんの表情が、まるで母親のように優しそうなのが印象的です。

 学校に場面は移ります。
 一旦部室に子猫を置いて授業を受けるてことぴかりですが、その様子を不審に思う先生。

 「これはどういうことだ?」
 部室で待っていた先生に事情を説明する2人。
 先生は「里親が見つからないなら、元の所に戻してこい(意訳)」とひと言。
 猫は10年以上生きるわけで、世話をするにもそれ相応の覚悟が必要だと先生は言います。

 「私はこの子のぴかりになりたい」
 ひとりぼっちの子猫に、かつての自分を重ねるてこ。
 ぴかりによって自分が孤独から解放されたように、自分もこの子猫に光を与えてあげたいと言います。

 「絶対なれるよ!」
 てこの一生懸命に心を動かされたぴかりは、母親を説得して里親が見つかるまで家で子猫を世話することを了承させます。
 その一方で写真をとり、里親募集にも気合が入ります。
 そんな時、保健室のベッドで眠っていた校長先生が登場します。

 「この子はアリアです」
 一緒にいたちゃ顧問をアリアと呼ぶ校長先生。
 ランニングの後そのまま保健室で眠っていたらしいですが、この方、仕事はどうしたのでしょうか。
 子猫がメスであることをしった校長先生は、アリア(こんな名前ですがオスのようです)のお嫁さんがほしかったと子猫を引き取ることになりました。

 早朝、てこを迎えに来たダイビング部の皆さん、それにアリアやお姫(子猫の名前)も一緒です。
 いよいよ、海洋実習にレッツラゴーです!

【考察等】
 海洋実習を控えて気合の入る皆さん。
 荷物運び一つとってもてこさんの成長を感じずにはいられません。

 尾行パートで、ふらいんぐうぃっち(5話)「使い魔の活用法」(リンク先は内容と感想)を思い出したのは私だけではないかもしれません。
 中の人的に言えば、その時の千夏さんが今のぴかりさんで、尾行されているチトさんが今のてこさんというのは、考えてみるとなかなかシュールです。

 ちゃ顧問さん、そもそも猫さんだったことをはじめて知りました。
 一応公式サイトには「校長の飼い猫」とはっきりありましたが、私達の知っている猫さんとは姿が異なるような、そんな気がします。

 その後見つけた子猫さんも同じような顔ですので、あの世界では猫さんはああいう生き物なのかもしれません。
 これ以上は突っ込まないようにしたいと思います。

 子猫さんを世話するてこさんやぴかりさんが一生懸命で素敵だと思いました。
 海の家も食べ物を扱いますし、夏の間しか開かれないでしょうし、猫さんを飼うには厳しいのかもしれません。

 先生に見つかった後、昔の自分と子猫さんを重ねて、その力になろうとするてこさんの優しさが素敵だなと思います。
 その心が通じたのかしりませんが、最終的に飼い主が見つかってよかったです。
 アリアという名前が女の子の名前ではないかと思うのは私だけではないかもしれませんが、そこは気にしないでおきます。
 また、子猫さんの名づけについて、ぴかりさんの「女の子はみんなお姫様」という言い方、乙女チックで素敵ですよね。

 そしていよいよ海洋実習の始まりです。
 これまでの一生懸命の成果が出ればいいなと、心から祈る次第です。

【アニメ感想】あまんちゅ!(10話) 「今日という一日を迷うコト」

 あまんちゅ10話の感想を書きます。
 前半はお買い物、後半は水着回と非常に女の子らしさが全開のお話でした。
 悩むてこさんに対してアドバイスするおばあさんも、ぴかりさんも本当に素敵だと思います。
 そして最後のプール講習も、本当によくがんばりました!

【内容】
 とある日曜日、やっとで起きた姉ちゃん先輩(愛)は家に後輩2人が迎えに来ていることに気づきます。
 起きない弟を踏みつけつつ合流し、3人はショッピングモールへと買い物に行きました。

 てこが探しに来たのは「ログブック」というもので、いわばダイバーにとっての日記のようなものです。
 しかし本屋さん(?)の品揃えが豊富で色々と迷ってしまいます。
 先輩は自分の使っているものと同じものを見つけ、てこはハート柄が、ぴかりは星柄が気に入って直決してしまいます。
 なお、ぴかりは元々のものがあるのですが、てこと一緒に始めようと新しいものを買ったのです。

 その後、水着のバーゲンセールを見つけてしまった3人。
 「迷ったのならレッツラゴーです!」と2人を押して売り場へと直行するぴかりさん。
 見るだけなら……といいつつ、結局は水着を買ってしまいました。
 一方で、てこはぴかりに話したいことがあったのですが、なかなか言い出せません。

 「海、行っちゃいませんか?」とぴかりさん。
 そのまま海に直行して先ほど買った水着で海水浴を楽しみます。
 その後はおばあさんの豚汁が待ってます。

 「そろそろ春にごりも終わりだね」
 話しかけるおばあさんに、てこは携帯電話を一度も出してこなかったことに気づきます。
 今までぴかりと一緒にいて色々してもらったのに、何もお返しできていないとつぶやくてこさん。
 おばあさんは、今の景色は元からそこにあったものだ(つまりぴかりは何もしていない)と返します。

 おばあさんの言葉を聞いて、ぴかりにいえなかったことを話すてこ。
 初めてもぐった日、ぴかりとバディになれてうれしかった反面、仮にプール実習に合格しても足手まといになるかもしれない、こんな状態でぴかりのバディでいいのかと、自分の不安を正直に話します。

 「私も迷ってるよ!」
 そんなてこに対して、迷っているのは今に満足していないことであり、よりよくなることだからいいことなんだと答えます。
 ぴかりの言葉を受けて、てこはぴかりとバディになりたいという思いを吐き出します。
 2人を見て先輩は「今から特訓だ!」とやる気満々です。

 そして、プール講習の日がやってきました。
 以前は全く泳げなかったてこですが、100mを泳ぎきり、さらに10分間水中で浮かび続けて見事に合格を勝ち取りました。
 いよいよ次は「海洋実習」です。 

 てこの夢、ダイビング部のみんなと一緒に海にもぐるその日はもう手の届く位置にまで到達しました。

【考察等】
 休日はだらだらしてしまうことは多分にあることかと思いますが、今回の3人は非常に充実した日曜日を過ごせたようで何よりでした。
 お買い物を楽しむところ(特に水着のところ)は女の子らしさが出ていて良かったと思いますし、海水浴もとても楽しそうで何よりでした。

 てこさんがぴかりさんに何も返せてないと悩むところとおばあさんの問答は、おばあさんの人生の深みを感じました。
 そして、自分の悩みを正直に白状するてこさん、あれだけ自分の気持ちを出せること自体すごく成長したと思います。
 ぴかりさんの「悩むのはいいこと」のところも彼女らしくていいなと思います。

 最後のプール講習について、6話での全く泳げず、しかも沈んでしまう状況から考えると格段の進歩を見せ付けてくれました。
 数ヶ月の間でここまで上達するのには、相当の努力があったのだろうと思います。
 それだけみんなと海にもぐりたいという思いが強かったのでしょう。

 めでたく海洋実習へと駒をすすめ、みんなと泳ぐという夢にまで後一歩に迫ったてこさん。
 次回はどうなるのかわかりませんが、ますますの活躍を期待したいと思います。

【アニメ感想】あまんちゅ!(9話) 「消せない思い出のコト」

 あまんちゅの9話を見て感想を書きます。
 てこさんの思い出にまつわるお話ですが、これだけ思い出を大切に思えるのはいいなと思います。
 そんな彼女を察したぴかりさん達の優しさには思わず涙が出てきます。
 優しい世界、本当に素敵です。

【内容】
 中学生時代、初めて声をかけてくれた友達の思い出。
 それは今もてこさんの携帯カメラの中に大切に残されていました。

 場面変わって高校に戻ります。
 お日様の中ごはんをいただくダイビング部の皆さんをよそに、写真のランダム表示で思い出に浸るてこさん。
 新しい思い出を作ってやろうと先輩が写真を取ってくれますが、どうやら容量がいっぱいになってしまったようです。
 メモリーを移動させればまだ使えるのですが、中々踏ん切りが付きません。

 引越し直後の回想に移ります。
 大切な友達からもらった誕生日プレゼント。
 電話を切ったらそれが別れの始まりだと思い、中々話が進みません。

 一方で、てこの異変を察したぴかりさん。
 携帯カメラの件は、単なるデータの移動に留まらず、てこの大切な思い出が詰まっているのだといいます。
 そして、彼女のために何かを思いついたようです。

 中学生まで空っぽだったてこさん。
 二人の親友に出会ったことで、泣いて、笑って、自分の中にたくさんの思い出で埋まってゆきました。
 カードにデータを写すのは、やっぱり嫌なのです。

 先生の運転でお店に来たぴかりと先輩たち。
 生徒のために運転手になってあげる先生も素敵です。

 海を見上げるてこを心配する、久しぶりに登場したぴかりのおばあちゃんですが、今のてこなら大丈夫そうだとつぶやきます。
 そんな時、ぴかりから呼び出しがかかったので移動します。

 足湯に漬かるダイビング部の一同、そしてプレゼントを手渡すぴかり。
 それは、いくらでもメモリーを入れられる、さらにランダム表示も出来るデジタルフォトフレームでした。
 みんなの心遣いに感謝を述べるてこに対して、ぴかりは「あげる方もうれしいんです」と一言。
 そして、てこは今の自分にも大切な場所が出来たのだと気づきます。

 思い出を新しい宝箱に移して、改めて携帯カメラで空を撮影するてこ。
 そんな時、中学生時代の友人から突然電話がかかります。
 自分を心配してくれたそんな親友に感謝するとともに、お互いの新しい思い出を語り合います。

【考察等】
 今回も感動できるお話でよかったと思います。
 一方で、ダイビングはどうしたという声も聞こえてきそうですが。

 てこさんの中学校時代の友達について今まであまりお話に出てこなかったので、てっきり疎遠になったのかと思っていましたが、最後に電話がかかってきたのは良かったと思います。
 中学校時代のお友達も、高校時代のダイビング部の皆さんも、本当に素敵な思い出です。

 朝方見たリライフの日代さんともつながりますが、互いを心配しあうそんな関係が素敵だと思います。
 中学生時代の友達の一人が「千鶴」さんで、奇しくもてこさんと日代「千鶴」さんは中の人まで同じでした。
 (変な方向に脱線してごめんなさい!)

 私はどちらかといえば、中学も含めて人を避けてきたのでこういった経験がなかったりします
 そういう意味ではてこさんよりも日代さんに近いのかもしれません(あの方は新太さんに出会って積極的になりましたが)。
 リアルでも友達が出来ないのに、どうしてネット上でも友達が出来るのかと自問自答したことも数回あります。
 正直に言えばてこさんのこんな関係が、うらやましいです。

 あまり関係ない話ばかり書きましたが、結論だけいえば、あれだけ自分を思ってくれる人がいることは、とても幸せなことだと思います。

 次回予告を見る限り、次もダイビングはしないような感じがします。
 次はどう感動させてくれるのか、私、気になります!

【アニメ感想】あまんちゅ!(8話) 「秘めた思いのコト/まだまだ知らないコト」

 今日は涼しいですが、いつもどおりあまんちゅを見て感想を書きます。
 前半では先輩2人の、後半ではてこさんとぴかりさんのそれぞれいい所が見えてくる素敵なお話でした。
 てこさんのキャラクターが、どこか自分に似ているような気がするとともに、ぴかりさんのような親友がいればよかったと思えてきます。
 ダイビング要素については、次回以降を期待したいところです。

1 「秘めた思いのコト」
 突然姉の理不尽な蹴りを受ける誠(弟)は、この足癖の悪さを心から心配していました。
 その姉は下駄箱に手紙を見つけて走り去ってしまいます。

 今日の部活も体力づくりでランニングとのこと。
 高速移動するお姉さんについていった誠は、差出人の野球部員を凝視する姉を発見します。
 実はラブレターだとは気づいていなかったお姉さんですが、弟から指摘されたとたん真っ赤になってかわいらしいです。
 そんな姉に、誠はとにかく読んでみようと促します。
 しかし、手紙を読んだ姉は無言で走り去り、手紙を自分の下駄箱の下に戻します。

 どうやら、「ラブレター」は本来の人とは間違えて入っていた模様です。
 その事実に、自分がとばっちりを受けるのではないかと心配する誠さん。
 しかし、差出人がどれだけドキドキしたのかを察するお姉さんは、がんばっている人は素敵だし、自分もがんばろうという気持ちになると素敵な言葉を残し、後輩と一緒にランニングに加わります。

 誠が姉の足癖の悪さ(蹴り)を心配するように、姉の方は誠の散らかしぶりを心配していました。
 弟のロッカーを整理していると、入部したてのころの雑誌を発見し、思わず昔のワクワクしていた気持ちを思い出します。
 弟さんもいい人ですが、お姉さんもとっても素敵な人でした。

2 「まだまだ知らないコト」
 ぴかりは親友のてこを批評し、大人びた素敵な子だと心でつぶやきます。
 しかしそんなてこは体力テストで不安になり、踏み台昇降運動では足ががちがちになってうまくいきません。
 不安のあまりぴかりに寄ってくるてこが、彼女には犬に見えてしまいます。

 自分はダメダメだといいながらも、意外と瞬発力はあるてこさん。
 それでも、短距離走では出だしは良かったのですが途中で抜かれたと思ったら失速してしまいます。
 そんな彼女を見て「あきらめたの?」とぴかりさん。

 最後は長距離走ですが、不安に思うてこにぴかりはそっと耳打ちします。
 始めはわざと出遅れ、そしてラストスパートで抜きさるさまは、実に見事な作戦でした。
 先生もそんな2人を、「よくがんばりました」と褒めてくれました。

 「もう一度やりたい」とつぶやくてこさん。
 そんな彼女の態度に、今まで見えなかった「負けず嫌い」な側面が見えてきます。
 親友の新たな一面に気づいて喜ぶぴかり、そして顔を真っ赤にするてこも素敵です。

3 考察等
 短いお話が続き、前半では先輩2人についてのお話、後半はぴかりさんとてこさんのお話でした。
 先輩については、足癖の悪さは確かに心配ですが、それを補って人のがんばりを察して応援することの出来るすてきなお姉さんだと思います。
 ぴかりさんは純粋に人のいい所を見ることが出来るのが長所で、てこさんは消極的な性格ですが、少しずつ前向きに変わってきているような気がします。
 また長距離で意外と健闘したのは、部活でトレーニングしている成果が出たのだとしたら、同じように体力づくりをしている人間としてちょっとうれしいです。

 てこさんについては、犬と称されていたところが可愛らしかったです。
 そういえば、同じ中の人が(春アニメの)ふらいんぐうぃっちで猫(のチトさん)の役をやっていたのをふと思い出してしまいました。
 てこさんとラブライブサンシャインの花丸さんが体力がないというところ、無二の親友がいるところが共通点だと思います。
 私も前者には当てはまりますが、後者については(最低でもリアルには)該当者なしなので、ぴかりさんやルビィさんのようなああいった関係がうらやましいです。

 気づけば全くダイビングをしませんでしたが、今回も癒されるお話でした。
 次回にはそろそろプールにもぐるのでしょうか。
 プールで練習しているてこさんがきちんと泳げるようになったのか、私、気になります!
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム