【アニメ感想】ドロヘドロ 第12話(終)「思い出スクールデイズ」「ボーイミーツガール=バトル」「ゆびきりげんまん」

 ドロヘドロの最終回(12話)を見て感想を書かせていただきます。
 カイマンさんがニカイドウさんを連れて逃げて終わるかと思いましたが……
 作品が作品だけに何が起こっても不思議ではないような気がします。

【内容】
 「南サカン魔法訓練学校」では合川が栗鼠を探していて、栗鼠はやばそうな連中と一緒でした。
 合川は連中を殺そうとして栗鼠に止められ、栗鼠は自分が煙が出せないことを気にしていました。
 鞄の中身は研究に使われているらしく、十字目のボスが「自由」へと導いてくれると主張します。

 オープニングの後、ニカイドウは煙のパートナーとしてここに残ると言ってきました。
 ニカイドウはカイマンに殴りかかり、お前はナイフを持ってこそ強いと言い放ちますが……
 カイマンはニカイドウの顔面を殴りますが、足を挟まれた上に奈落へと叩き落とされます。

 目を覚ましたカイマンはすでに足が動かず、栗鼠が出てきて「また仲間を殺すのか」と言ってきます。
 ニカイドウは背後から攻撃を受けて虫の息になり、煙との契約書は切り離されていました。
 アスはニカイドウを助けようとし、ニカイドウを刺したのはカイマンではな別の相手らしいです。

 契約書は煙の内蔵で出来ていることから煙はいきなり倒れてしまいました。
 なんでも契約を破棄するか煙を倒すかしかしないとニカイドウは元に戻らないらしいですが……
 カイマンとニカイドウの出会いのシーンになり、ニカイドウは見舞いにと餃子を持ってきました。

 ニカイドウは「カイマントカゲ」から「カイマン」と名付け、そのカイマンはニカイドウを食べてしまいます。
 口の中で栗鼠が出てきて「お前は違う」と言い、カスカベは心らと一緒に焼肉を食べていました。
 煙は「出てこないと夕飯抜きですよ」「お前が無事ならそれでいい」と言ってきましたが……

 アスはカイマンとニカイドウを逃がし、鳥太をニカイドウに変身させて煙に引き渡すことに。
 鳥太は自分が変なことをして煙とニカイドウとの関係を悪化させようと考えていました。
 カイマンとニカイドウは体育座りをし、どんなことがあっても友だちだとゆびきりげんまんするのでした。

【感想等】
 カイマンさんとニカイドウさんが向かい合っていたはずが、ぜんぜん違うお話でちょっと驚きました。
 餃子推しのオープニングもこれで最後だと思うと寂しくなってくるかもしれません。
 ニカイドウさんが口を開いて肉を叩いているところがずっと頭から離れませんでした。

 色々ありながらもニカイドウさんが元に戻ったのはよかった……のでしょうか。
 カイマンさんが餃子を食べるシーン、唐突な焼肉等々、混沌という名の飯テロアニメと言えばいいのかも。
 ボスキャラのはずの煙さんがどこか憎めませんでしたし、2期があるなら見てみたいです。

【アニメ感想】ドロヘドロ 第11話「屋台で逢いましょう」

 ドロヘドロの11話を見て感想を書かせていただきます。
 敵も味方も入り乱れてますます混沌が深まったように思えます。
 カイマンさんがニカイドウさんを奪還して終わるのでしょうか。

【内容】
 心はカスカベにとどめを刺そうとしますが、相手がかつての恩人だと知って足をどけます。
 呼びだされたニカイドウはいきなり毒入りのお茶を飲まされ、煙の自伝映画を見せられますが……
 両親をキノコにした煙は汚い廃工場に売られ、工場では煙を採取して売り飛ばしていました。

 皮に捨てられた煙は地獄へと捨てられ、チダルマと出会って「煙」という名を与えられます。
 廃工場を壊して助けた魔法使いを仲間にし、ファミリーはだんだん大きくなっていきます。
 十字目の男に次々と仲間が殺され、心、能井は十字目の男にズタボロにされてしまいます。

 煙は十字目の男を倒そうとしたものの、気がついたら無数のキノコの中にいました。
 十字目の男を倒したかに思われましたが、最後に首のない男の映像が流れます。
 ニカイドウはカイマンとの出会いと似ていると言い、そのカイマンはニカイドウを奪還しようとしていました。

 カイマンは社長の妻「パイマン」を名乗って中に入り、城の中には町がありました。
 飛鳥という女性が出てきてパイマンを見て「こいつ本当に女なの?」と考えますが……
 多く売れた方が店を出せるらしく、パイマンは亭主関白の夫に殴られて労働を強いられます。

 心はカスカベにはホールに帰った方がいいと言い、カスカベはニカイドウを助けたいと言ってきます。
 煙ファミリーの会報を見るとニカイドウの写真が出ていて、カイマンはそれを見て急に元気がなくなります。
 カイマンはニカイドウを発見し、暗示がかかっているのか煙を含めて飛鳥のパイを求めます。

 男性はみんな飛鳥に魅了される一方で、能井や恵比寿といった女性には魅了が通じていないようです。
 社長は飛鳥が魔法を使っていることに気づき、飛鳥は「エンジェル」という化け物にパイを作らせていました。
 煙すら魅了されている中、カイマンはニカイドウが一人でいるのを発見して彼女のもとへ向かいます。

 カイマン、ニカイドウはその場を逃げていき、能井、恵比寿はミートパイを食べて興奮します。
 飛鳥が力尽きて魔法の効果が切れ、煙は社長のパイを食べて「お前の勝ちだ」と即断します。
 カイマンはニカイドウを連れていこうとしますが、ニカイドウは自分が煙のそばにいたいと言ってきます。

【感想等】
 残虐なのはあまり好きではないのですが、気づいたらここまで見てしまいました。
 心さんが意外と義理堅いのは別の世界で団長をやっていた成果なのかもしれません。
 煙さんの過去があまりにも壮絶すぎて、犬として転生した方がましだと思えてきます。

 映画を見ていると煙さんがいい人に見えてきて、もう彼が主人公でいいような気がします。
 終盤にもかかわらずキャラが増えてきて本当にあと1話で終わるのか心配になってきました。
 カイマンさんの女性声がうまいなと思いつつ、最後は綺麗に終わってくれることを願います。

【アニメ感想】ドロヘドロ 第10話「ロンリー・カイマン」「ナイトメア・ビフォー」「まんじゅうコワイ」

 ドロヘドロの10話を見て感想を書かせていただきます。
 相変わらずサブタイトルからは何が何だかよくわかりませんが……
 一番最後の「まんじゅう怖い」というのがすごく気になります。

【内容】
 ニカイドウは自分の体から生えてきたキノコに襲われ、キノコは液体を吐いて相手を溶かすようです。
 天井に移動したニカイドウはマスクを使えば相手を倒せるのではと考え、蹴り一発でキノコを真っ二つにしてしまいます。 
 床が割れたかと思えばニカイドウの前に煙とその一派が現われますが……

 オープニングの後、カイマンは福山と話をしていましたが目的の栗鼠は見つかりませんでした。
 社長は煙のところにパイを売りに行ったらしく、煙はキノコでニカイドウを拘束してきました。
 チダルマと呼ばれる悪魔が乱入し、自分の名刺を渡して、煙は貴様が時を操る魔法使いかと聞いてきます。

 ニカイドウは体を開かれて、煙はその「契約書」にサインをしてきました。
 契約書を体に戻すと成立するそうで、カイマンはブルーナイト終了のお知らせを聞きます。
 恵比寿はお腹が痛いからとトイレに入っていて藤田と契約できなかったようです。

 カスカベは拷問を受けても口を割らず、ニカイドウはこれまでの経緯を彼に説明します。
 カイマンは扉を開いて死体を発見し、電話がかかってきたので出てみたら苦しくなりますが、どうやら夢だったようです。
 もし自分の記憶が戻ったらホールでこれまでどおり生活できるのかと不安になりますが……

 カイマンは自分に魔法をかけた連中を探していると言い、社長はそれを手伝ってくれると言ってきます。
 刑務所に「十字目の男」がいるらしく、刑務所は一番地獄に近い場所らしいです。
 「清水」という男は今日死刑執行らしく、通販で「悪魔んじゅう」という菓子を売っていたのがまずかったそうです。

 カイマンは清水の頭をかじってきて、清水は栗鼠の亡霊に「お前は違う」と言われて多いに戸惑います。
 清水の死刑が執行されたかと思えば、悪魔からニカイドウが煙のところに監禁されていることを聞きます。
 煙は自分に逆らう相手をキノコにする危険人物ですが、カイマンはそれでも二階堂を助けに向かいます。

 社長はわざわざ煙の家に屋台を出すと言い、ジョンソンは友だちに鍵を開けてもらって脱出を図ります。
 ニカイドウは契約書の力でずいぶんと大人しくなりますが、藤田はニカイドウが危険人物だと反論します。
 藤田は松村のことを忘れられずに涙を流し、恵比寿は「胸を貸そうか」と彼女なりになぐさめてきました。

 カスカベ、ジョンソンは脱走を図り、藤田は焼き芋を守るために奮闘しますが……
 恵比寿は煙が足りずに小さくなってしまい、ジョンソンやカスカベは心に倒されてしまいます。

【感想等】
 キノコが生え、蹴りでそれを真っ二つにする……そんなシーンを見せられればはっきり目が覚めます。
 魔法使いの世界にいる魔法使いが漢字表記でホール在住だとカタカナ表記……なのでしょうか。
 強制労働を強いるような社長さんでしたが、意外といい人(?)だったことに驚きました。
 
 ヒロインを助けに向かうカイマンさんは素敵な一方で、ジョンソンさんのお友達がリアルすぎて怖いです。
 敵味方ともに次々と死んでいきそうで、最後は下手をすると誰も残らないかも。
 順当に考えるとあと2話だとして、煙さんとも栗鼠さんとも決着をつけられるのか少し心配です。
 

【アニメ感想】ドロヘドロ 第9話「嗚呼、『花煙』」「すてきなミートパイ」「珍キノコ出現!!」

 ドロヘドロの9話を見て感想を書かせていただきます。
 魔法使いの町に来たとか恵比寿さんがボインだったりとかそんな感じだったかと。
 カオスの度合いが高まっていく中、どう収拾を付ければいいのでしょうか。

【内容】
 ブルーナイトが開始され、魔法使い達はパートナーを求めてさまよいます。
 カイマンはトイレ掃除をやめて栗鼠を探しに向かいますがぶつかって棘が折れてしまいます。
 心は敵の(注射器によって)狙撃を受けてしまい、餃子を作るオープニングが流れます。

 藤田は心と能井がどうパートナーになったかと聞き、当時、煙はラーメン屋さんを展開していたらしいです。
 食い逃げをした心を能井が追いかけてきますが、手が腐っていることに気づいて直してくれました。
 心は背後から能井を殴りつつもいつかお礼はすると言って去っていき、最悪の出会いとしか言いようがありません。

 煙はクリーナー(殺し屋)として心を雇うことになり、能井の方は教会で悪魔のコウモリにエサをやる修行をしていました。
 心は能井と再会しますが、能井が女だと知って驚き、そして修行は最終段階へと至ります。
 能井は尻尾が生えてきて悪魔に近づいてきてますが、BGMは煙自らが歌っていて結構売れたそうです。

 敵の襲撃を受けた心、能井はあっさり返り討ちにしたもののラーメン屋をムチャクチャにしてしまいました。
 心が能井をかばって足を失ってしまい、能井は心を救うために魔法を使って試験が無効になってしまいました。
 能井は心の後輩になり煙は身内が仲間に入ってウハウハでしたがラーメン屋は食中毒で潰れたのだとか。

 カイマンは社長に見つかって殴られてしまいますが、福山からお金をもらって餃子を買ってニカイドウを思い出します。
 心を襲撃した連中に餃子をダメにされたものの社長が助けに入り、そのまま相手を容赦なく殺します。
 福山は敵をパイにしてしまい、栗鼠は煙を浴びてしまいますが能井が復活したついでに復活したっぽいです。

 藤田は誰も会いに来ないことに苛立ち、カイマンはパイを売ることを強いられます。
 栗鼠と一瞬目が合ったもののすれ違うに留まり、能井はグラグラという犬を使って心を探していました。
 恵比寿やグラグラは巨大なパイを発見し、寝袋に入った心と再会したようで何よりです。

 煙はニカイドウに目を付けて人形にキノコをねじ込み、ニカイドウはカイマンを追いかけることを決意します。
 いきなりニカイドウから巨大なキノコが生えてしまいましたが……

【感想等】
 お話がカオスすぎるからか最近はオープニングがまだ普通に思えてきました。
 これだけ餃子を推すアニメはおそらく他に「クラシカロイド」くらいしかないかもしれません。
 心さんと能井さんとの出会いは控えめに見ても突っ込みどころしかありませんでした。

 煙さんは色々挑戦していてすごいと思いますし、別作品で戦国武将もとい犬になったのも頷けるかと。
 心さんが負傷したシーンで「止まるんじゃねえぞ……」と脳内再生したのは私だけではないはず。
 北斗の拳ばりの展開はむしろ清々しく思えますが、最後のキノコはさすがに気持ち悪かったです。

【アニメ感想】ドロヘドロ 第8話「いい日、旅立ち」 「ラララ怪人くん」 「いい日、旅立ち2」 「ゴージャス&モリモリ」 「ブルーナイト・ランド」

 ドロヘドロの8話を見て感想を書かせていただきます。
 前回はなんと言っても野球回のインパクトがあまりにも大きすぎました。
 恵比寿さんの魔法がわかった今、最終決戦は近いのかもしれません。

【内容】
 藤田は松村の肉塊を生き返らせようとしますが、煙からは「もう無理だろ」と言われます。
 煙は仲間を集めて恵比寿の魔法の正体について説明し、煙をかぶった相手をトカゲにしてしまうそうです。
 恵比寿は「口の中の男は言った」とつぶやき、カイマンは「あの男の顔が頭から離れない」とひと言。

 「もうニカイドウは巻き込めない」とカイマンは一人で魔法使いの世界に向かいます。
 ニカイドウはカイマンが仕事を辞めたと聞いて大いにショックを受けてしまいますが……
 オープニングの後、再度魔法使いの世界に来たカイマンは「栗鼠」を探し回ります。

 カイマンはブルーナイトのパーティーの話を聞き、収集屋を襲ったものの空腹に悩まされます。
 「肉のパイ」を与えられて喜んでいたらマスクを取られてトカゲの頭を見られてしまいました。
 仕事はないかと聞いたら丹波という男が下宿先を提供してくれましたが……

 久しぶりに帰宅した栗鼠は自分が十字目の誰かに殺されたのではないかと推測します。
 一人で行けと言われて言うとおりにサルマナザ平原の遺跡にやってきたものの背後から攻撃を受けてしまいます。
 煙の残量が半分を切った栗鼠は相川に助けを求め、カイマンは新しいアルバイトになじんでいました。

 ブルーナイトが近づいていることを知った煙は衣装を準備することにし、それぞれ好き勝手な要求を突きつけます。
 煙は「時を操る魔法使い」の痕跡があったと聞き、パーティーの試食会では飴細工で作られた煙が飾られていました。
 劇を見ていたら思わず眠ってしまい、一日を終えた煙は「今までにないことが起こりそう」とつぶやきます。

 それぞれのドレスが届き、恵比寿はボインを見せて「私の勝ちだ」とどや顔をしていました。
 カイマンはアルバイトをしていてブルーナイトの話を聞きますが、自分は留守番だと言われてしまいました。
 こっそり抜け出したカイマンは裏口から回り、煙はスピーチの練習をしていました。

 恵比寿は誰も応募がなかったことにショックを受け、心、能井は「パートナーが変わるかも」とつぶやきます。
 カイマンは強引に雑用を手伝わされながらもスピーチの席に心達の姿を発見します。
 能井はいきなり爆破され、何も知らないニカイドウは大量の客を前にし、カイマンはトイレ掃除を強いられるのでした。

【感想等】
 野球回はネタ回だと思っていましたが、今思えば終わりの始まりだったのではと思ったりします。
 恵比寿さんの魔法がわかり、栗鼠さんの過去がわかり、お話も終わりに近づいてきたのかもしれません。
 全体として殺伐とした世界観の中、煙さんとキクラゲさんとのやりとりが唯一の癒やしなのかも。

 「時を操る魔法使い」が重要なはずが、皆さんのドレスのインパクトがあまりに大きすぎました。
 お留守番を強いられるカイマンさんはシンデレラ的な存在……というわけではないようです。
 次回はカイマンさんが本格的にお話に絡むとして、能井さんを爆破した人は一体誰なのでしょうか。 

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム