【アニメ感想】22/7 第7話「ハッピー☆ジェット☆コースター」

 22/7の7話を見て感想を書かせていただきます。
 突然メンバーが倒れられて、ジュンさん一人で対処しないといけないそうです。
 一人で仕事をこなすことが出来るのか、わたし、気になります!

【内容】
 気づいたらジュンを除く全員が倒れますが、差し入れのコーヒーゼリーを食べて食中毒になったそうです。
 合田は残ったジュンに仕事をさせると言い、ジュンは自分の機嫌を損ねたら代わりはいないと言いますが……
 変な恰好を強引に着替えさせられたジュンは底抜けの明るさで乗り切ろうとしていました。

 5年前、ジュンは呼吸器官が弱くて入退院を繰り返していたそうです。
 再び入院することになったジュンは同室の悠という女の子と出会いますが……
 現在に戻ればジュンが明るい性格で他のメンバーの分もサインも書いて突っ込まれます。

 合田は食事も取らせずにジュンを運んでいきますが、私がんばると決意します。
 再び回想になって、入院したジュンは食事を残していましたが悠が「カタカナの名前ってかっこいい」と声をかけてきました。
 悠は周りとすぐに打ち解ける性格らしく、ジュンはずっとこのままだったらどうしようとつぶやきます。

 「人生は遊園地だと思う」と言ってくる悠に、ジュンは思わず落っこちてしまいました。
 現在ではニコルが他のキャラを真似したりして一人で全てのキャラをこなしてファンにもウケていました。
 ようやくからあげ弁当をもらったかと思えば移動中に食べるしかありませんでした。

 悠はジュンを連れて病院を抜け出し、一緒にカラオケを歌ったりしていました。
 ジュンは少しずつ元気を取り戻し、今は自分にお尻を叩きながらも仕事をこなしていました。
 ようやく初日の仕事を終えたかと思えば大量のサインを書けと言われて言葉を失います。

 ジュンは悠のおかげで明るくなりますが、悠は個室に移り、最後は命を落としてしまいます。
 ショックを受けたジュンは自分が死んだ方がよかったと号泣しますが……
 両親は「今はそっとしておくしかない」と言い、奇跡が起こってジュンの体が治ったようです。

 アイドルになるという手紙をもらったジュンは「人生は遊園地」と悠の言葉をつぶやきます。
 合田はあんな小さな体のどこにあんなバイタリティーがあるのかと驚きますが……
 ニコル達が復活してきて思わず「休める!」と泣きつきつつも「本当に楽しかった」と結論づけるのでした。

【感想等】
 みんなが倒れたときに一瞬、コロナウィルスかと思った視聴者は割と多いと思います。
 ハープリののどかさんも体が弱かったそうですが、似たような過去があるので他人とは思えません。
 過去と現在を行き来するお話に、ジュンさんの変化を嫌でも自覚する作りはいいなと思います。

 展開がある程度読めていたものの、実際に亡くなられたら涙が止まらなくなってしまいます。
 悠さんが亡くなってジュンさんの体が治った展開を見てSAOのユウキさんのことをふと思いだしました。
 順番的には次があかねさんのお話だと思いますが、彼女にも壮絶な過去があるのでしょうか。

【アニメ感想】22/7 第6話「偶数と奇数の間」

 22/7の6話を見て感想を書かせていただきます。
 センターはみうさんになり、リーダーは麗華さんでやっていくようです。
 リーダーがどんなことをすればいいのかいまいちわかりませんが。

【内容】
 麗華は生死の境をさまよい、母子ともに存命なのが奇跡なのだとか。
 母親は自分がどうなっても娘だけは助けてほしいと訴えます。
 オープニングの後、壁は20の指令を出し合田はこれらの仕事は事前にオファーがあると説明します。

 「リーダーは佐藤麗華とする」という指令に麗華は戸惑いを隠せませんでした。
 沖縄のビーチで写真集を撮影するという指令があったので一同は沖縄にやって来ました。
 みうは桜といちゃいちゃし、メンバー相互の驚異の格差のことが気になります。

 麗華は水着なんて着れるわけないと赤面しますが、合田は壁の指令は絶対だと一蹴します。
 回想シーンでは麗華が頼りない父親をたたき起こしていましたが……
 都や絢香は水着をなんとも思わず、麗華を除いて写真集の撮影が続いていきました。

 ニコルは己に与えられた責務は全うすべきと主張し、麗華は真面目が高じてイケメン男子を振ってしまいます。
 早くお父さんを楽にさせようとする彼女はファザコン疑惑をかけられます。
 その父は後輩に怒られるなど冴えない父らしいですが、それでもいいところがあるのだとか。

 桜は恥ずかしくても期待に応えたいのはいいことだと言い、みうも自分にも出来ることがあるとひと言。
 父親が減給されてしまい、娘がアイドルになることについて反対するどころかむしろ喜びます。 
 麗華の隣にあかねが座ってきて、麗華が撮影に参加しなければ費用が無駄になると言ってきました。

 あかねは人間には感情があると言ってさいころを出し、奇数なら着るのでどうかと言ってきます。
 麗華は水着で現れて頭を下げ、人の期待に応えるのは不純ではない……とのこと。
 東京に戻って早々に厳しい(?)規律を作り、守れない人間はお尻を叩くと言い出す麗華なのでした。

【感想等】
 他の作品で問題のある親を多く見てきたので、麗華さんのご両親が立派で涙が出ます。
 頼りないながらも立派なお父さんを見ているとファザコンになっても仕方ないのかもしれません。
 壁の正体はいまだによくわかりませんが、順当に仕事を振ってくれるなら文句なしです。

 麗華さんの制服が一瞬、ラブライブサンシャインの「浦の星女学院」の制服に見えました。
 過激な水着も壁の指令は絶対と言いますが、終盤には壁に逆らう展開があるのかも。
 少しずつキャラの個性が見えてきたと思いますが、次は誰のメイン回になるのか気になります。

【アニメ感想】22/7 第5話「ひっくり返せばええねんで!」

 22/7の5話を見て感想を書かせていただきます。
 今回はほかのアイドルと競い合うお話……ということでいいのでしょうか。
 ほかのアイドル相手にどこまで通じるのか気になるところです。

【内容】
 壁はITF(アイドルトーキョーフェスティバル)に参加しろと指令を出してきます。
 オープニングの後、合田は何の反論もなく「手配します」と言ってきます。
 本番は一週間後で何十ものアイドルが出てくる「登竜門」的なイベントなのだとか。

 神がかった力が働いているのか22/7はITFに参加することが出来ました。
 ほかのアイドルを見た都は自分達も円陣でも組むかと言いますが……
 麗華はトークがかみ合わず、桜がその場でなんとか取りつくろいます。

 現状を重く見た都は「あかーん!」と叫び、急に1年前の回想シーンが挟まります。
 7人きょうだいの長女である都ですが、バツヨンの母のおかげで半分しか血が繋がっていないそうです。
 都はお好み焼きパーティーをすべきと言い、みう達は寮が立派なのを見て驚きます。

 みうは「ぷに」されてちょっとうれしくなり、都は回想シーンで妹や弟にまたお好み焼きなのかと突っ込まれます。
 母親は仕事に疲れて眠ってしまい、どうやら都の実父にまだ未練があるようですが……
 「あかん……うちがおらなあかん」とデザイナーを目指すはずが例の怪しい手紙が届きます。

 都は自分が有名になれば父親が見つかるのではないかと考え出します。
 母親は投資を始めると言って都に「アイドルになれ」とお金を出し、都は「ちょっとアイドルやってくるわ」とひと言。
 異父きょうだいを前にして自分達は産地が違う材料が混ざったお好み焼きと同じだと言い出します。

 生まれも育ちのバラバラな食材をひっくり返せばいいじゃないかという都さん。
 麗華は本番でお好み焼きパーティーの話題を出してファザコン疑惑が持ち上がります。
 みうの「ぷに」は観衆にウケているようで、ひっくりかえしてが合い言葉になります。

 都がきょうだいと別れるシーンが流れ、必ず父親を見つけるという決意が伝わります。
 みうは全員が22/7に必要とされて集まったように思えてきました。
 合田の「あなた方は選ばれた八人なのです」という言葉から突如としてキャラソンが流れるのでした。

【感想等】
 前回が桜さんで今回が都さん……ということで1人ずつ掘り下げていく流れでしょうか。
 「参加せよ」という命令なら別に勝たなくてもいいと割り切る私です。
 7人兄弟なのはまだしもことごとく半分しか血が繋がっていないというのは珍しいかも。

 アイドルアニメが飯テロアニメに進化した瞬間……なのかもしれません。
 家族思いでデザイナー志望の都さんに某ランウェイのことを思い出します。
 飯テロを団結に昇華したのは見事ですが、これも壁は知っていたのでしょうか。

【アニメ感想】22/7 第4話「約束に咲く花」

 22/7の4話を見て感想を書かせていただきます。
 初めてのライブの後はグラビア撮影と順調に進んでいるように思えますが……
 桜さんの過去に一体何があったのか、わたし、気になります!

【内容】
 10年前、桜の両親は仕事で外国に行ってしまい、彼女の世話は祖母がすることに。
 オープニングの後、みうは母親から「無理してない?」と心配されます。
 人前に立つことが苦手というみうですが、まだ出来ることがあると思っているそうです。

 母親から弁当をもらったみうは職場(?)に向かいますが、合田も手紙のことは知りませんでした。
 「壁」が手紙を出したのかと推測するとますます謎が深まります。
 桜は英語ぺらぺらなのはアメリカ育ちで、美人の三大要素を兼ね備えた存在なのだとか。

 壁からの指令があったかと思えば少年誌(?)のグラビア撮影が決まって奈良に行くことに。
 ニコルは「恵まれているなら味わえばいいわよ」と女王様キャラを気取っていましたが……
 桜は車椅子を押しながら祖母と桜を見に行ったことを思いだし、そのはかなさが美しく見せているとのこと。

 一同は新幹線で奈良へと移動していて、発行部数30万の表紙と考えるとワクワクします。
 桜はおばあちゃんと一目千本桜を見ていて、ずっとそばにいてほしいと言っていましたが……
 奈良についたかと思えば登山を強いられ、たどり着いた頃には夕方になっていました。

 みうは桜の様子がおかしいことに気づき、桜は祖母が倒れたことを思い出します。
 献身的にお見舞いを続けた桜でしたが、祖母は危篤になり、己の死を覚悟しながらも桜に話しかけます。
 「私がいる限り、おばあさまは大丈夫です」と必死に訴える桜でしたが……

 現実には雨が降っていましたが、桜はびしょ濡れになりながらも笑顔で写真を撮ってと言い出します。
 「ここに来られただけで幸せ」という桜を見て、みうは「桜ちゃんの笑顔って素敵」とひと言。
 雨の中、グラビア撮影することになり、桜は両親の反発を抑えて祖母の祖国である日本に行ったことを思い出します。
 
 撮影はうまくいき、雑誌の評判も上々のようです。
 桜のスマホには父親からの「期限は一年だ」という言葉がありましたが……

【感想等】
 桜さんの幼少期を見て自分自身の過去を見ているような気がしました。
 桜を見る……というとどこかスキャンダル的なものを思い出すのは気のせいでしょうか。
 「千本桜」というと某オサレアニメのことが頭に浮かぶのは言わない方がいいかも。

 グラビア撮影の前に登山になり、ヤマノススメ4期の放送を期待する私です。
 たとえ自分のことを忘れても生きていてくれるだけで幸せだと思うべきなのかも。
 このままとんとん拍子に駆け上っていくとも思えませんが……

【アニメ感想】22/7 第3話「こんにちは、新しい世界」

 22/7の3話を見て感想を書かせていただきます。
 タイトルにちなんでなのか初ライブが2月27日に決まったようです。
 初めてのライブではどれほどのお客さんが入るのでしょうか。

【内容】
 都は猫のぬいぐるみを買ってきて壁にお供え(?)します。
 可愛い壁ちゃんは何の前触れもなく2月27日にライブを行うと言ってきました。
 「壁は絶対」なので準備をしますが、お客さんは入ってくるのでしょうか。

 レッスンすることになりますが、みうの遅れが指摘されます。
 ニコルは「そんな前髪だからいけないのよ」と言い、今はあなたが真ん中なのと言い放ちます。
 みうは自分に何も出来ないことがもどかしく思えてきました。

 レッスンを終えて充実した気持ちになりますが、小さな会場しか抑えられませんでした。
 帰宅したみうはいまだにバイトをクビになったことを親に隠していました。
 母は前回のラストでもらった手紙が気になり、会場では機材の調子が悪いようです。

 会場の席数は200なのにそれ以上集まっているようで、なおかつ母親の姿もありました。
 みうは「私、アイドルに見えるのかな?」「お母さんが知ったらどう思うのかな?」とつぶやきます。
 少しずつ目が慣れてきたら母親がいることに気づいて思わず前髪が隠れてしまいます。

 みうは自己紹介がうまく出来ず、時間がないので切り上げて次の曲へと移ります。
 バイトをクビになったことを思い出したみうはアイドルなんてやらなければよかったと言い出します。
 突然、機材の不具合で曲が止まり、観客にざわめきが広がりますが……
 
 みうはニコルからもらった髪留めで前髪を上げ、突然にピアノを弾き出します。
 他のメンバーはそのままステージを続け、みうのピアノを弾く姿を見た母親は安堵の表情を浮かべます。
 会場は大いに盛り上がる一方、みうはバイトをクビになってやけになったアイドルをやったと言い出します。

 みうはすごく楽しかったと言い、母親からは「少し複雑」と言われつつもピアノはほめられます。
 ニコルは「その髪型似合ってるじゃない」と少しデレてきたようです。
 Cパートでは「滝川」だからかみうが「クリステル」と言われる一方、桜は何かを言いたげなのでした。

【感想等】
 タイトルを見てFGO10話「こんにちは、太陽の女神」が頭に浮かびました。
 怒られてばかりだと滅入ってきますが、前髪を上げたみうさんはかなり可愛いです。
 レッスンの風景を丁寧に流すことでアイドルの気持ちが少し見えてくるのかも。

 ライブの衣装は学校の制服みたいで可愛く、たくさんの人が集まると嫌でも盛り上がります。
 中盤までは心配しかなかったみうさんですが、ピアノを弾けるのは昔は意外と裕福だったのかも。
 「僕は自分を信じはじめた」という歌詞はみうさんの心情をそのまま表したのでしょうか。

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム