【アニメ感想】pet 第8話「策謀」

 ペットの8話を見て感想を書かせていただきます。
 ずっと待機していたヒロキさんがようやく仕事に向かうようですが……
 熱帯魚の世話ばかりしていた彼がどこまでやってくれるでしょうか。

【内容】
 ジンは新聞記事を見せてこれがロンがやったのだと言ってきます。
 次の標的は隠し子らしく、林も自分で考えてみてはどうかと言ってきますが……
 ヒロキは変装させられながらも「もう少しの辛抱」だとフォローされます。

 司は「悟には気をつけろ」と念を押し、彼は仲間とは限らないと言ってきます。
 桂木は「七五三か」とちゃちゃを入れてきて、金魚屋がこれではおかしいだろと言ってきました。
 ヒロキは桂木といっしょに出発し、司はどう自分が蘇生したか聞いてくるとつぶやきます。

 司はやけにテンションを上げて服を着ていて、悟は馬鹿で偉いと言いながらも吐いてきます。
 悟はヒロキに自分が社員にならないかと言われていてどうすればいいのかと聞いてきました。
 ヒロキは「自分のことは自分で考えろ」と突っぱねますが、自分で考えるのは難しいと言われます。

 司は自分の過去を思い出していて、悟は今日は絶対にドアが開くよと言っていました。
 悟はわざと水をこぼし、奥さんの前で大使に力を使っていきますが……
 しかし、ヒロキは「仕事だからって何も思わないのか」と言って 悟と言い争いになってしまいます。

 「考えちゃ駄目なんだ」と言ってくる悟に、ヒロキは「俺の分の身代わりを作ってくれよ」とひと言。
 妻の前で力尽きようとする大使を見たヒロキは立ちくらみがして倒れてしまいます。
 司は飛行機に乗っていて、スチュワーデスさんに「俺はペットボトルの水がいい」と言ってきます。

【感想等】
 ジンさんのチャイナドレスを見てああいうのを着てみたいと思ったのはここだけの話です。
 ヒロキさんが会社の方針に従うのは意外でしたが、このまま最後まで……ということはないと思います。
 ドアがどう見てもドラ○もんさんのどこでもドアなのですがどこかか怒られたりしないのでしょうか。

【アニメ感想】pet 第7話「リベンジ」

 ペットさんの7話を見て感想を書かせていただきます。
 今回はまた新たなる能力者が出てくる……らしいです。
 社長をどうこうすればこのアニメが終わるのでしょうか。

【内容】
 眼鏡の男(ダーハオ)は汚名返上のチャンスだと言っていましたが、ロンに拘束されてしまいます。
 メイリンはダーハオの記憶を操作し、ダーハオが父親に言い訳するシーンに続いて流砂に飲み込まれるシーンが続きます。
 ロンはメイリンに蝶を燃やされたくなければ勝手なことをするなと言って彼女を使役しているようです。

 ダーハオは一族のためにと言われて父親を殺すことを強いられ、メイリンが林に救われたシーンが続きます。
 ロンが桂木の前に現れますが、司は「日を改めてきてくれ」と言ってロンをやりすごします。
 場面が変わって裸の社長がロンやメイリンとともに登場し、スイッチが入ったかのようにダーハオに祖父を殺させます。

 林がメイリンに「広い世界に行ける」と励ましていて、司は悪夢にうなされていました。
 ヒロキは金魚がどうして餌を食わないのかと憤り、司にもエサ……ではなく食事を与えることに。
 「どうしていつも中国語なんだよ!」と突っ込みを入れるヒロキなのでした。

 同じ金魚でも縄張り争いをするらしく、司はヒロキにマフィアの仕事をしてくれと言ってきました。
 司は自分が臓器売買用の子供だったのが能力があったから生きることが出来たと言ってきます。
 ヒロキは仕事をやめればいいと言いますが、司達の会社には円満退社という言葉はないそうです。

 司は「俺達が会社に言うことを聞かせる番」と言い、もう嫌いな仕事をしなくてもよくなると言ってきます。
 「ホットケーキあてにしているぞ」と言われたヒロキは意気揚々とホットケーキを作ることに。
 ロンは司が鼻持ちならないと言い、自分達が何をされたのかと言い、司はヒロキがいれば全部やり直せるとつぶやくのでした。

 桂木は次の仕事のためにヒロキに前髪を切るかオールバックにしろと言ってきました。
 やってきた悟は水槽の魚が1匹死んでいることに気づくのでした。

【感想等】
 主人公(のはず)のヒロキさんの出番があまりないままお話がどんどん進んでいきます。
 仕事の内容だけでなくなかなかやめさせてくれないのは二重の意味でブラックでした。
 ほとんどのキャラに絡んでいる林さんがもしかしたら本作の真の主人公なのかもしれません。

【アニメ感想】pet 第6話「裏技」

 ペットの6話を見て感想を書かせていただきます。
 主人公そっちのけで激しく競り合う司さんと林さんですが……
 司さんの過去には一体何があったのでしょうか。

【内容】
 林は司の「タニ」からヤマへと入っていき、司と社長の会話が続きます。
 社長は林のペットと仕事してみろといいますが、林本人とは会えないそうです。
 猟犬「ポインター」の話で林は裏切り者だと言われて言葉を失います。

 自分をポインターと同じだと考える林に対し、林は司のヤマへと入っていきました。
 司は鍵が緩いから制限をされないと言い、自分の鍵が向こうになるのはここだけらしいです。
 「自分のヤマではお山の大将になれるんです」と言って林を拘束してきました。

 悟は社長の姪であるジンと対面し、ジンは24でいとこは6つも上だと言ってきました。
 「イメージがあるなんてうらやましいわ」と言い、死んだ母親のいる場所に行きたいと言ってきます。
 母親の記憶は父親が持っていると考えたものの父親ももういないらしいです。

 母を可愛がった社長が鍵ではないかと考えますが、社長の心の中に入るのは難しいのだとか。
 司は「裏技」を使って林のヤマと自分の水たまりをリンクさせてきたそうです。
 いきなり血しぶきが吹き上がったかと思えば、現実世界では桂木は司をたたき起こそうとします。

 ジンから悟の話を聞いたロンは「だからお前は上澄みだって言ってんだよ!」とぶち切れします。
 桂木は司を林から引き離し、司は自分に何かあればヒロキのところに連れていけと言っていたことを思い出します。
 林の方もなんとかしようとした桂木ですが、ロンはお利口な方にベビーを作らせればいいと言い放ちます。
 
 変わり果てた司を見たヒロキは桂木にぶち切れしますが、本当はお前の仕事だったと逆ギレされます。
 ヒロキは「司はつぶれてなんかいない!」と言って涙を流して司の心の中へと入っていきます。
 金魚になったヒロキが血みどろの水を探し回り、自分のヤマの水で洗い流して司を救い出すのでした。

【感想等】
 裏技と聞くとテレビゲーム的なそれが頭に浮かぶ私です。
 司さんと林さんがが戦っていることだけはわかりますし、ジンさんと悟さんのやりとりは興味深いです。
 相方を倒されたヒロキさんがいよいよ覚醒してお話に絡んでくるのでしょうか。

【アニメ感想】pet 第5話「鍵」

 ペットの5話を見て感想を書かせていただきます。
 袋の林になってしまったはずの林さんは粘り強く抵抗しているようです。
 だんだんおかしくなっていくヒロキさんの方も気になりますが……

【内容】
 林の前に現れた司は自分が悟の居場所に案内すると言ってきます。
 悟は見張りをうまくまきつつ移動しているようで、司は林のやり方を称賛します。
 林は「あのままじゃ一生人間らしい暮らしはさせてもらえない」と憤ります。

 操り人形を作り続けることに反発した林は悟を連れて逃げようとしていました。
 司は突然涙を流し、林がいつか戻ってくると信じていたと訴えますが……
 自分が今度社長の息子に成り上がると言い、いくらでも人形を作ればいいと訴えます。

 悟はトニックをコーラにしてもらっていたら「ごちそうするわよ」と女性が話しかけてきました。
 女性を操って気絶させたはずが通じておらず、北京で林に会ったと言ってきました。
 司は絆が強すぎるといい、それは会社にとって脅威になるから引き離したいそうです。

 女性は「ジン」を名乗り、悟と話をしに来たと言って桂木のアドレスを見せてきます。
 ジンは昔から林のことを知っていると言ってきて、悟は相手が中国人だと気づきます。
 昔、催眠術を使って人を動かす人達がいたらしく、そのボスが社長の父なのだとか。

 悟は林から会社のことを聞いていて、ジンによると林は会社の裏切り者を見つけたそうです。
 司はかつて林に言われた通りにやってきたと言って涙を流します。
 ジンは自分がどうして見張りの話をしたのかと言い、自分が社長の姪だと言ってきました。

 悟はジンから社員にならないかと言われ、林は司を操ろうとしたら逆にその術中に陥ります。
 司は自分を見逃したら悟を潰すと宣言し、林が自分を潰さないなら林を潰すと言ってきました。
 幼少期の司はボスに拾われたらしく、誰にもその記憶を変えることができないそうです。

 幼いヒロキに「鍵」について説明する司ですが、ヒロキこそが自分の「ペット」なのだとか。
 林は犬が谷への入り口を示していると言い、そのまま山に入らせてもらうと言い切るのでした。

【感想等】
 主人公不在で延々とお話が続きますが、留守番のままということはないはず。
 彼らを束縛する「会社」の話題がいろいろと流れますが、どこまでが本当のことなのでしょうか。
 司さんがラスボスになって最後はヒロキさんと戦うことになるのかもしれません。

【アニメ感想】pet 第4話「袋の林」

 ペットの4話を見て感想を書かせていただきます。
 最初の方で出てこなかったきりの林さんがここにきて登場するようです。
 お留守番を任されているヒロキさんのことも気になりますが……

【内容】
 悟の父が亡くなりますが、親思いの息子……だと思っていたら母親につかみかかります。
 桂木が母親の記憶を改ざんしていて、悟を養子に出したということに。
 林は悟をずっと守ると言っていましたが、その林は「田中」という偽名で生活していました。

 いつもチャーシュー麺の林は携帯も持たずに生活しているようです。
 桂木は今の林は「袋の林」だとタイトルを回収して林を捕まえて始末してはどうかと言ってきます。
 司は林が悟と連絡を取るために日本にいると言い、同じ失敗を繰り返していると激怒します。

 悟はヒロキの店に行きたいと思いながらも部屋でゲームをすることを強いられます。
 お腹が痛いと言って部屋の掃除をしに来た女性と部屋に出る悟ですが……
 女性に見張りが何人いるのかと聞き、ヒロキがやっている熱帯魚屋の目星を付けます。

 司はラーメンを持ってきたラーメン屋からは「田中」の情報を得ます。
 林は桂木と対峙し、ヒロキはグッピー2匹しか売れないとぼやいていました。
 桂木は悟にはもう会えないと言いますが、林は桂木から車の鍵を手に入れようとします。

 ヒロキは自分が店をやりたいと言っているのは健次の店で働いていたかららしいです。
 司は俺を置いて行ったらいけないんだと涙を流すヒロキですが……
 悟は林がどこかで仕事しているのではと考えつつ仕事をこなしているのだとか。

 林は桂木に銃を突きつけられますが、おばあさんの持っていた人形を見た途端に昔を思い出します。
 桂木を抑えた林はその場を離れ、ヒロキは司からの返事を待っていたら「蝶」を発見します。
 店を開けると中国マフィアが見張っているようで、林は車を出そうとして司と対峙するのでした。

【感想等】
 上司ポジションだと思っていた桂木さんが司さんに色々と言われていることが衝撃でした。 
 悟さんも普通に女性を操っている感じですし、人を操るのが普通になっているところがちょっと怖いです。
 ヒロキさんは司さんに依存しているようですが最終的に独り立ちすることが出来るのでしょうか。

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム