【アニメ感想】ランウェイで笑って 第7話「存在感(オーラ)」

 ランウェイさんの7話を見て感想を書かせていただきます。
 タイトルから察するに千雪さんが心さんに圧倒されるお話なのでしょうか。
 もしかしたらここが千雪さんの正念場なのかもしれません。

【内容】
 中学3年の冬に身長が止まった千雪は足下を見ることが増えてしまいました。
 モデルにとって必要なのは身長ではなくてオーラだと言いますが……
 千雪は高身長の心を前にしても堂々としていましたが、周りに身長が低いと言われてしまいます。

 誰でもいい仕事で顔すら映らないと知っても、千雪はそれでも精一杯の仕事をやろうとします。
 「やる気ないなら帰れよ」という声とともに、オーラを作るのはスタイルと自信であると言われますが……
 千雪は身長が足りないからはけておいてくれと言われながらも「本気でやってよ」と言い放ちます。

 心は自分のせいでつらい思いをする人間がいるのが嫌だと言い、もうモデルをやめたいと言ってきました。
 千雪は「ふざけないでよ!」とぶち切れし、気がついたら涙が止まらなくなってきました。
 心はそれでもモデルをやめたいと言い、本気で服を作る人になりたいと言いますが……

 五十嵐は挫折してきた人間を多く見てきた経験から、心にはモデルをやらせようと考えていました。
 千雪のマネージャーである雫は五十嵐とは先輩後輩の間柄らしいです。
 千雪の姿が自分とかぶるのかと指摘されながらも、五十嵐は向いている場所で居場所を見つけるしかないと反論します。

 雫は「千雪は終わってなんてないから」と断言し、挫折したらずっとずっとなぐさめると言ってきました。
 千雪は夏休みにパリに行くと言い、育人も新天地で働くことになったようです。
 心は柳田のところで仕事をしていましたが、柳田は初歩的なミスを指摘して「帰れ」と言い放ちます。

 育人は師匠である柳田に食ってかかり、心は土下座してここで働かせてくださいと言ってきます。
 柳田は実力がない人間がやることは精一杯やるだけだと言い、絶対に二次予選を通過しろと言ってきました。
 育人は遠の仕事場を案内され、遠は祖母のデザインが作りたいデザインではないと言い放ちます。

 祖母を超えるために買い付け記録を破りたいと言う遠は自分のチームに入らないかと言ってきました。
 遠は急に心ががんばるようになったことを指摘し、彼女と本気で戦うことが出来るのかと聞いてきます。
 心は2次予選を突破して本戦に進むことになり、育人は心には報われてほしいと心の中でつぶやくのでした。

【感想等】
 色々と陰口をたたくモデルの皆さんが小者っぽく見え、なんだか恥ずかしい気持ちになりました。
 涙の数だけ強くなれるという歌がありましたが、それだけでは先には進めないのかも。
 才能あるところで輝けという五十嵐さんの立ち位置は「ぼく勉」の真冬先生にどこか重なります。

 逆境でも諦めない態度は少年誌の王道ですが、それが女性というだけで新鮮に見えるのが不思議です。
 与えられた場所で輝く……というよりも自分で居場所を切り開く生き方は茨の道だと思います。
 見ている私自身も茨の道を切り開く覚悟をもって、残り少ないお話を見続けていけたらいいなと思います。

【アニメ感想】ランウェイで笑って 第6話「優越感と劣等感」

 ランウェイさんの6話を見て感想を書かせていただきます。
 育人さんの作った服はセイラさんを納得させるものなのでしょうか。
 そしてもう一人の主人公である千雪さんはというと……

【内容】
 育人がデザインを描いていたら千雪が「ほしい」と話しかけてきました。
 同級生は千雪と育人が仲良くしているのを見つめ、千雪は何も捨てない育人を尊敬していました。
 千雪は「勝たないとその努力は証明できない」と育人を応援するのでした。

 オープニングの後、育人が作業を終えるといよいよ審査がはじまります。
 学園長や担当教官だけではなく他の参加者(3人)が評価するという形式のようです。
 香留の衣装を見た育人は目を輝かせ、遠もまた「セイラに似合いそう」とひと言。

 辛辣な審査が続く中、育人はパッチワークで作った「パジャマ」を出してきました。
 部屋着を載せている写真がなかったことから載せたくなるパジャマを作ったのだとか。
 遠は「がっかりした」と言い放ちますが、発表前に手直しの時間が与えられます。

 育人は千雪に褒められたことを思い出して手直しすることなく出してきました。
 今回の審査は他人の意見に左右されないことであり、育人は3位に入って一気に本戦までやってきました。
 遠は予選結果に満足しているかと聞いてきて、材料費をどうして使い切らなかったのかと言ってきます。

 生地選びを渋ったのが敗因だと言い放つ遠に、家庭の事情で反論する育人さん。
 本戦は原寸大の服を作るからもっとお金が必要であり、遠はうちでも働いてみないかと言ってきました。
 一方、千雪はモデル募集のチラシを見てぼやきつつもフランスに行くつもりでした。

 千雪は春香という後輩を世話するようにと言われ、春香は千雪の熱烈なファンなのだとか。
 モデルは自力で仕事を取ってくる必要があり、そのためにはコンポジットとポートフォリオが必要なのだとか。
 育人の衣装を身につけた千雪は「友だちが作ってくれました」と素敵な笑顔を見せてきます。

 全部落ちてしまった千雪は自分を売り込み、モードジャパンなる雑誌に連絡してきました。
 新沼は千雪を即座に呼びだしますが、千雪は新沼の代わりに出てきた赤坂に「ちっちゃい」と言われてしまいます。
 とある森で撮影した千雪を見せられた赤坂は言葉を止めますが、五十嵐という来客が来て塩対応されます。

 次の日、赤坂は急きょ欠員が出たと千雪に連絡してきます。
 千雪は遅れてやって来た心を見た瞬間に主役が彼女だと断言するのでした。

【感想等】
 育人さんと千雪さんが本格的に付き合うのは時間の問題なのかもしれません。
 辛辣な意見を飛ばされながらも前に進んでいく育人さんが素敵すぎます。
 今のところは遠さんの一人勝ちという感じですが、育人さんの反撃はあるのでしょうか。

 千雪さんの前向きなところは好きですし、見ていると自分もがんばろうと思えてきます。
 さすがに写真を撮ってモデルの募集に応募することはないと思いますが……
 心さんの恵まれた身長を前に、千雪さんがどこまで食い下がることが出来るのか気になります。 

【アニメ感想】ランウェイで笑って 第5話「それぞれの流儀」

 ランウェイさんの5話を見て感想を書かせていただきます。
 今回は育人さんが心さんと大学のファッションショーに出るらしいです。
 どこか特級厨師試験のように思えるのは気のせいでしょうか。

【内容】
 育人は電車が遅れてしまったらしく、心と話をしていたら同じ4人きょうだいだと気づきます。
 心は育人との話で悩みが一つなくなったと言い、モデルを目指していたと過去形で言ってきました。
 トップデザイナー綾野麻衣の励ましを受けたという心は実はすごいモデルなのではと推測します。

 オープニングの後、育人は優勝すればブランド立ち上げ援助とパリ留学を得られると言われます。
 祥子は心を足手まといだと言いつつも、言ったことは次の日には出来るようになるとひと言。
 心はマネージャーに追いかけられていて、今月中には大学をやめろとむちゃくちゃなことを言い出します。

 マネージャーは身長181㎝の心は事務所の宝であり、デザイナーにはなれないと言い放ちます。
 育人は落としていった心のノートを見て、それを返そうと自宅へとやって来ました。
 心はこれまでの心の苦しみを吐露して涙を流し、育人はファッションショーに出ましょうと言い出します。

 育人の母は息子が疲れているのではと考えますが、育人は仕事を楽しいと言ってきました。
 ファッションショーの予選当日になり、因縁の女性ににらまれて戸惑う育人さん。
 2日で三分の一スケールドールの服を作る課題をこなし、二次予選に出られるのは数人らしいです。

 参加費1万円は家族が大枚をはたいたお金であり、敵視してきたはずの女性がかばってきました。
 一流のモデルであるセイラは「セイラに似合うおしゃれな服」と言ってきます。
 育人は全員が敵だと認識しつつもお礼を言うその「甘さ」を捨てきれませんでした。

 1万円の参加費で生地を買いに行くことになり、育人は予算を余らせて家族に返そうと考えます。
 安く売っているパッチワークは彼の得意分野であるとのことですが……
 一変して「この服じゃ……駄目だ」と青ざめた育人は千雪に電話をかけてセイラのことを聞きます。

 育人は千雪の薄着にドキドキしてきて、千雪が家でもヒールを履いているのは慣れるためなのだとか。
 バラエティ番組を見てセイラを研究するはずがどうしても千雪を意識してしまいます。
 トレーニングはセイラがやっていることと同じらしく、セイラは聡明でストイックなキャラなのだとか。

 セイラは171という小柄で世界に通よしていると言い、千雪は目標は彼女にあると考えていました。
 育人は千雪とセイラに違いを見つけられなかったとつぶやいていました。
 千雪は連休でパリに行くと言いながらも「がんばりすぎなんじゃない?」と言ってくるのでした。

 育人は千雪の姿を見て「思いついた!」と叫び出しますが……

【感想等】
 育人さんと心さんがメインになったおかげか、一転して千雪さんの出番が少なくなってきました。
 160㎝もない私には180㎝という高身長がどんな世界なのかよくわかりません。
 火ノ丸相撲、あひるの空など、母親が入院しているのは流行か何かなのでしょうか。

 一万円という参加費は育人さんでなくても高校生には厳しいように思えます。
 千雪さんの薄着に顔を赤らめる育人さんがすごく可愛いです。
 次回は育人さんがどんな服を見せてくれるのか、刮目して見ていきたいなと思います。

【アニメ感想】ランウェイで笑って 第4話「若き才能たち」

 ランウェイさんの4話を見て感想を書かせていただきます。
 前回はいい最終回でしたが、もうちっとだけ続くようです。
 才能のない身には刺激が強すぎるタイトルのように思えますが……

【内容】
 帰宅した育人は無断外泊をほのか(妹)に怒られてしまいました。
 オープニングの後、育人は入院中の母親からほのかがピリピリしていると言われます。
 成績が悪くなって夏期講習を薦められているそうですが……

 母は「これで夏期講習を受けて」と言ってお金を渡し、ほのかの優しさを育人にあげてと言ってきます。
 柳田はどうしてデザイナーになりたいのかと問い、一度諦めるような好きではこの業界では通用しないと言い切ります。
 「好きの先に何か見つけないと、待っているのは挫折だけだぞ」と現実を突きつけられます。

 柳田はパリファッションウィークに出て世界に定着させるという「野望」を持っていました。
 布を買うお金(給料)を渡すなどさりげない優しさを見せる柳田ですが……
 育人は給料をほのかに渡そうとしますが、ほのかは誰かの犠牲の上に夢を叶えたくないと反論します。

 いち花はぴりぴりしたほのかに育人の服を着てほしいと訴えます。
 育人は柳田のもとで勉強していると言い、無理してバイトしているわけじゃないと言い切ります。
 デザイナーになりたいという育人の言葉にあおいはちょっと涙を流します。

 育人は服が作りたいという初心を思い出し、着た人が笑顔になる服を作りたいと笑顔を見せます。
 柳田は育人の考えを立派な野望だと言い、育人は森山(?)がやめたことで展示会を手伝わされます。
 千雪はそろそろ名前で呼んでほしいと言ってきて、育人は「がんばります」とつぶやきます。

 展示会当日、育人は次々と出てくる有名なモデルやデザイナーを目の当たりにして驚きます。
 2週間で400の服を準備してくれと言われた柳田は人手不足を解消するために新しい助っ人を雇うことを決意します。
 育人は服飾大学のファッションショーに参加するようにと言われ、たびたび名前が出てくる綾野遠が気になります。

 遠は育人に抱きついてきてその服の素材を見抜いてきて、只者ではない実力を見せつけてきます。
 育人はスカウトを速攻で断りますが、育人が女性の服に細工したのを見抜いたのを見て態度を改めます。
 次の日、心とともに遠が柳田の元を尋ねてきて、遠は柳田にも速攻で抱きついてきました。

 遠はトップデザイナー綾野麻衣の孫であり、特注生地が駄目なら本物のシルクを使ったらどうかと提案します。
 柳田は作業工程を説明しますが、遠はまず育人を指名してきました。
 千雪のことを思い出した育人はやる気を出しますが、特性を理解していないと突っぱねられます。

 「大体の力量はわかった」と遠はあっという間に完璧な服を作り上げてきました。
 育人は「プロは遠い」と実感し、柳田は育人に型紙に起こせと言ってその力量に気づいているようです。
 遠は生地の伸縮への配慮が足りないと言いつつも、誤差を縮めていることに内心で驚きます。

 祖母のブランドで働いているという遠は「独立するのも楽ではない」とひと言。
 「育人、僕のブランドにもらっていい?」と言ってきますが……

【感想等】
 某歌舞伎町で資産家として出演していた人がこちらでは苦学生なのが興味深いです。
 厳しいながらも現実を教えてくれるところは柳田さんなりの優しさでしょうか。
 妹さんのためにがんばる育人さんは究極の「お兄ちゃん」なのかもしれません。

 育人さんがアルバイトを通じて有名デザイナーとのコネクションを築き上げていく感じなのでしょうか。
 遠さんがハグしてきたのを含めていろいろな意味で只者ではありませんでした。
 心さんの立ち位置がよくわかりませんが、彼女もまた遠さんと同様の実力者なのでしょうか。

【アニメ感想】ランウェイで笑って 第3話「ランウェイで笑って」

 ランウェイさんの3話を見て感想を書かせていただきます。
 ひょんなことから千雪さんが育人さんの衣装を着てステージに立つことになりましたが……
 3話からタイトルをサブタイトルにしたら、最終回はどんなタイトルを付けるのでしょうか。

【内容】
 育人は自分が衣装を直すと訴え、柳田は「ブランドが何で出来ているかだけ考えろ」とひと言。
 裾を切ってもいいかと言われた育人はミシンを使おうとしますが太い針がありませんでした。
 育人は「一度デザイン画書いてきます」と外に出て別のアプローチを考えることになりました。

 周りには「やばそう」と言われながらも千雪は「私を見て」と言い、柳田は覚悟を決めてコレクションに臨みます。
 育人は「いつも無茶ばっかり言いますね」と言いつつ「僕に任せてください」と言ってきます。
 千雪のスタイルの良さ、力強い雰囲気を生かすならばもっと動きやすい服がいいのではないかと考えます。

 服に入っているクッションを出すことになり、裾の処理が出来ないなら見えなくなればいいそうです。
 ベルトを使って縛る等の工夫をし、一発勝負で衣装を縫っていきますが……
 優雅に見せるためにとゆっくりして時間を稼いでもらい、最後は緊張で転ばないでと言ってきます。

 「モデルはランウェイでは笑ってはいけない」というのが常識であるとのこと。
 身の丈に合わないことは恥をかくと思っていましたが、小さな千雪は真っ白なランウェイを歩いていきます。
 柳田は千雪の15番の靴が折れていることに気づきますが、育人はそれすらも演出に利用します。

 千雪は「あいつめ」とつぶやきつつも「笑ってはいけない」というタブーを破ってきました。
 見ていた女性はおしゃれは自分のためにするものだと気づき、ショーそのものも成功に終わったようです。
 そして柳田も「この拍手の半分はお前にやる」と少しはデレてきたようです。

 千雪は育人に絡んできて、次は拍手全部もらおうよと言ってきます。
 一方で、柳田の助手には「調子に乗らないでくださいね」と言われてしまいますが……
 それでも彼らの服に人生を変えられた人がいるというのもまた事実なのでした。

【感想等】
 可愛い絵柄で見はじめたらリアルな描写で思いきりへこんでしまいました。
 シャーロックさんの直後だと柳田さんのお声で某夫人が頭に浮かびますが……
 ちなみに千雪さんと「ゆるキャン」のなでしこさんの中の人が同じらしいです。
 
 千雪さんの服の中に潜ってくる育人さんにはちょっと笑ってしまいました。
 サブタイトルがこれ以上ないほどにはまっていましたし、完全に世界に引き込まれてしまいます。
 ラノベで言えば1巻が終わった感じだと思いますが、ここからどうに動いていくのでしょうか。

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム