【アニメ感想】理系が恋に落ちたので証明してみた。 第12話(終)「君に恋ができる事を証明してみた。」

 りけこいの最終回(12話)を見て感想を書きます。
 心夜さんと仲直りしようとした菖蒲さんですが……
 メガネケースが壊れていたのは転んだからなのでしょうか。

【内容】
 言葉がホテルの部屋で菖蒲を待っていて、遅いから電話をかけたものの菖蒲は携帯を部屋に置いていました。
 心夜は菖蒲がいなくなったと聞いて虎輔や言葉と探し回りますが……
 「こうなったらあれを使うしかあるまい」と言い、ホテルから放射状に全探索を開始するとのこと。

 心夜はプレゼントが壊れていたことそのことよりも、そこまで完膚なきまでに壊れていたのが気になります。
 恵那はDSっぽいので遊びつつ、菖蒲が転んだことを見ていたし山本先輩がこそこそしていたとつぶやきます。
 心夜は「検証しなければならないこともある」と言い、山本先輩がプレゼントを壊したのかと迫ります。

 階段の1段目で転んだところでせいぜい1m前後の高さで、それだけではメガネケースは壊れないそうです。
 山本先輩は「やったのは私です」と白状しつつ、恋愛には障害が必要だと主張します。
 妨害があればあるほど恋愛感情が燃え上がるらしく、劇的な仲直りをするためにはどん底にする事が必要なのだとか。

 山本先輩は自分のやり方は心夜と同じだと言いますが、心夜は「俺も手段を選ぶつもりはないぞ」と脅してきました。
 自分がどう思われてもいいといいつつも同じメガネケースを出してくる山本先輩。
 心夜は菖蒲を探しに走り去っていき、山本先輩は「詳しい取材はまた後日」とつぶやいてきました。

 菖蒲はハイヒールが折れて歩けなくなり、携帯を置き忘れて「ちょっとしたプチ遭難ね」とつぶやきます。
 「一人は慣れている」と言いながらも他人と向き合っていればこうならなかったのかと昔のことを思い出しますが……
 夜明けを見ながら2人で見たかったと言っていたら心夜が走ってきてオープニングテーマが流れます。

 いいムードだと思っていたら、心夜は「誤字が多すぎる」「感情的な表現が多すぎる」とダメ出ししてきました。
 菖蒲はいつもみたいに理知的に分析しようとしたと言いつつも、情緒が不安定になったと言って反論してきました。
 心夜は菖蒲に抱きついてきて「20デシベル以上の声を出すな」と言って理論最高値のムード値でキスします。

 恵那は山本先輩に「あんたがこじらせたんでしょ」「やらかしてくれましたね」とにらみつけます。
 高そうなお酒をたくさん注文して山本先輩に払わせる気満々のようですが……
 心夜はキスしたことについて「強制わいせつ罪じゃないのか」と考え、菖蒲は「おぶって」と言ってきました。

 「これはあくまで慈善行為」とつぶやく心夜でしたが、力尽きたのか路上で倒れてしまいました。
 菖蒲は「離れてなんかやらないんだから」と言ってきて、心夜は「(キスは)今やるしかないと思った」と言い訳します。
 こうして沖縄旅行が終わって解散し、何はともあれいつもの日常(研究生活)が戻ってくるのでした。

【感想等】
 某地学部とともに今季は「理系」の時期だったのかもとちょっと思ったりします。
 難しいことを言いつつも一生懸命に菖蒲さんを探そうとするのはいいなと思いますが……
 いくら旅行のお金を出していたとはいえわざとメガネケースを壊すのはドン引きします。

 理系も漫画家も同じなのかはさておき、いい人間と思われなくてもいいと開き直れるのはうらやましいかも。
 いいムードをいきなりぶち壊しにする心夜さんには呆れを飛び越して思わず笑ってしまいました。
 最終的に恋愛が証明できたのかはよくわかりませんが、最終的にハッピーエンドになってよかったと思います。

【アニメ感想】理系が恋に落ちたので証明してみた。 第11話「理系が恋に落ちたので喧嘩してみた。」

 りけこいの11話を見て感想を書かせていただきます。
 発表が終わったかと思えば心夜さんと菖蒲さんが喧嘩してしまいます。
 最終回は「理系が恋に落ちたので仲直りしてみた」でしょうか。

【内容】
 心夜は言葉を落ち着かせるために彼女を抱きしめ、それを見ていた菖蒲はどういうことなのかと激怒します。
 言葉は「こんな口うるさい眼鏡興味ないです!」とフォローしますが、菖蒲は気軽に女の子にあんなことをするのかとキレます。
 菖蒲に詰め寄られる心夜を見た虎輔は「修羅場ってる?」と言ってそれ以降は言葉を失います。

 「女なら誰でもいいんでしょ!」と言い出す菖蒲に心夜は「自分達だけ実験できればいいのか!」と反論します。
 俺達は別に付き合っているわけじゃないだろうと言われた菖蒲はビンタして涙を流して去っていきます。
 虎輔や池田先生は完全に遊ぶノリでしたが、菖蒲、心夜の2人を見ておびえだし、恵那は「ほっとけばいい」とひと言。

 山本は「話し合えば案外仲直りする」と言って2人だけにし、菖蒲はどうして怒っているのかわかるかと聞いてきます。
 心夜は不機嫌について円グラフで分析して「月桂による体調不良」という言葉を出したからか心夜はまた殴られます。
 菖蒲は強い態度に出る反面、このままじゃ嫌われる、理知的ではない……と言って言葉に抱きついてきました。

 心夜はスライドで喧嘩の顛末を説明し、虎輔は「付き合っていない」という台詞がまずかったのではないかと言ってきます。
 付き合っていないことは「正論」ではあるものの、世の中には正論を言ってはいけないこともあるそうです。
 菖蒲は「こんなんじゃ好きって言えないかしら」と言いますが、言葉は好きだからこんな気持ちになるんじゃないかとひと言。

 「嫉妬度数の定義」についてパソコンを叩く菖蒲さん。
 心夜が他の女性にいちゃいちゃさせて自分が殴ったときの数字を定量化しようと考えます。
 言葉は2人には楽しく研究していてほしいと言ってきますが……

 「私には友だちがいなかった」と水をぶっかけられたことを思い出し、菖蒲は「人間以外にもいじめが存在する」と言ってきます。
 さりげなく「知能が動物に近い」といじめを一蹴し、告白されても気持ちがわからずに断ってしまいます。
 恋愛にも友情にも興味がなかった菖蒲は今では激しく仲直りしたいと考え、言葉や山本先輩にも相談してきました。

 山本先輩がプレゼントを贈ればと言ってきて、菖蒲は「パレート最適」という用語を交えつつ仲直りしようとします。
 早速プレゼントを探しに出かけることになり、メガネケースがいいのではないかと考えます。
 菖蒲はホテルに戻った途端に謝罪の論文を書き上げ、山本は「デコってきますよ」と言ってきますが……

 プレゼントと論文を持って菖蒲は仲直りしようと走っていき、転んでしまいながらも心夜と再び出会います。
 転んだせいかプレゼントが割れてしまっていて、菖蒲はどうしてうまくいかないんだろうと涙を流します。
 心夜は菖蒲が残していった謝罪論文を見て「これから氷室(菖蒲)と仲直りする……徹底的にな!」とどや顔をするのでした。

【感想等】
 後輩を落ち着かせることは大切だと思いますが、抱きつくのはさすがにやり過ぎだったかと。
 心夜さんの「付き合っているわけじゃない」という発言もまた事実ではありますが……
 私が仮に同じシチュエーションになったら殴ることはないとしても距離は取ると思います。

 強気に出る一方で嫌われるかもしれない……と戸惑う菖蒲さんはちょっと可愛いと思いました。
 菖蒲さんの浮世離れした高校時代はなんだか他人とは思えませんでした。
 ハイヒールであれだけ走ったら転んでも仕方ないですが、最後は仲直りして終わりで確定でしょうか

【アニメ感想】理系が恋に落ちたので証明してみた。 第10話「理系が恋に落ちたので研究発表してみた。」

 りけこいの10話を見て感想を書かせていただきます。
 恋アスのみらさんが沖縄に行く中、心夜さん達もまた沖縄で研究発表を行うとのこと。
 池田教授のような筋肉隆々の理系研究者が出てくるのでしょうか。

【内容】
 言葉は沖縄の夕日を見て感嘆し、お金を出してくれた山本先輩には感謝しかありません。
 菖蒲はこんなところで密着できたら……と妄想していましたが、そこにちょうどよく心夜がやってきます。
 「昼間出来なかったことを今やらねばならん」と部屋に入ってきますがやることは発表の練習でした。

 菖蒲はドキドキしていたものの冷静に分析をはじめ、禁止されることで行動を取りたくなるのではと考えます。
 「別に好きだからではない」と結論づけた菖蒲でしたが、言葉は発表を前にして急におびえてきました。
 今日は全部で7人の発表であり、1人目は海で声をかけてきたシキジョウで非協力ゲーム云々と難しいことを言ってきました。

 何故タブーサーチなのかと言われてたじたじになるシキジョウさん。
 池田教授はナッシュ均衡を求めると何の役に立つのかと聞いてきますが……
 担当教授は木刀を持って「勉強不足です」と一方的に発表を止めてきました。

 虎輔は「もう行くしかない」と覚悟を決め、恋愛ビジュアルゲームについての発表を開始します。
 好感度を上げていくのは「最長経路問題」らしく、リケクマによる最短経路問題の解説が挟まります。
 「エロゲーはNP困難」という発言に周囲は驚きを隠せませんでしたが……

 何の役に立てるのかと聞かれた虎輔は「俺の役に立つ」と言い切ります。
 「美少女ゲームの研究は役に立たない」と言われますが、虎輔は「ゲームは現代の娯楽だ」と反論します。
 最近はプロのゲーマーも生まれていることを考えて消費者側も色んな価値を生み出すと言い切ります。

 言葉はできる気がしないと恐怖しますが、心夜は言葉を抱きしめて思いきり殴り倒されてしまいます。
 なんでも母親が抱きしめるとオキシトシンが分泌されるらしいですが……
 一部始終を見ていた菖蒲は出ていけず、言葉は心夜から渡された白衣を身につけて発表に出ます。

 心夜に思いきりしごかれたことを思い出しながらも遊園地デートの写真を出して周囲の注目を集めます。
 「巡回セールスマン問題」からアトラクションの待ち時間から「可変待ち時間あり巡回セールスマン問題」を展開します。
 待ち時間を完全に予測するのは難しいものの、これまでの蓄積された時間から設定が可能なのだとか。

 続いて先行研究があるのかと聞かれれば、時間依存巡回セールスマン問題が出てきました。
 言葉が「よく調べてますね」と言われる一方、虎輔は先生をハゲ呼ばわりしたことで土下座を強いられます。
 相手は「あそこまでかみついてきたのは久しぶりです」と喜びますが、菖蒲は心夜を問い詰めるのでした。

【感想等】
 恋アスの地学や天文もよく考えれば理系なのではとそんなことを思いながら見ていました。
 向こうも沖縄に行くことになったのはただの偶然だと思いますが……
 ナッシュ均衡やゲーム理論はわけあって経済学の勉強をした時に知っていたのでなんとかなりました。

 発表そのものよりも先生方が怖く、下手なバトルアニメよりも悲壮感が漂っていました。
 役に立たないと言われても堂々と反論する虎輔さんがいつになくかっこいいなと思ったのはここだけの話です。
 言葉さんと心夜さんとのやりとりもいいのではと思いつつ、残り2話もちゃんと見ていきたいなと思います。

【アニメ感想】理系が恋に落ちたので証明してみた。 第9話「理系が恋に落ちたので沖縄合宿行ってみた。」

 りけこいの9話を見て感想を書きます。
 夏合宿になって沖縄に来ても彼らは相変わらずのようです。
 かつて修学旅行で行ったのはいい思い出かも。

【内容】
 沖縄合宿に行くことになったものの、恵那は部外者がいることに不快感を示します。
 心夜や菖蒲は大量の荷物を持って「さあはじめようか……合宿という名の実験を!」とどや顔をしますが……
 思いきり金属検査に引っかかってオープニングが流れます。

 もっと密着しろと「実験」を行う心夜に言葉は突っ込みを入れ、菖蒲も人前では実験禁止だと言ってきます。
 菖蒲はスキンシップ禁止にしたものの逆に密着が恋しくなってきました。
 飛行機はベルヌーイの定理によって翼が浮き上がると説明しつつも心夜が恋しくなってきます。

 沖縄についた虎輔はやたらとテンションが上がり、沖縄の海の青さは関東ではみられないものなのだとか。
 予算不足で沖縄に行けたのは山本がなけなしの貯金を消し飛ばして差額を出してくれたらしいです。
 愛華(フィギュア)といちゃつく虎輔に続き、心夜は菖蒲の(小学校以来の)水着を直視できませんでした。

 心夜は池田先生(ムキムキ)や虎輔(サッカー部)に比べて真っ白い肌を指摘されて言葉を失います。
 チャラい男が菖蒲たちに声をかけようとしたものの、以前ひどい目にあったので逃げてしまいました。
 恵那はスイカ割りは「複素数平面」だと言い、複素数を覚えていないのは理系として問題……らしいです。

 池田先生は棒を振って風圧でスイカを切り裂き、菖蒲は一目のないところで心夜と密着実験を試みます。
 心夜には刺激が強すぎて、虎輔達はそれを見かねて声をかけ、山本先輩もどう密着すればいいかと考えようとひと言。
 上下で密着させればどうかと考えますが、どれだけアクロバティックなカップルなんだと突っ込みを入れます。

 恵那は胸が大きいと身体を併せた時に隙間が出来ると言い、最も密着するのは男同士が抱き合うことなのだとか。
 虎輔が自分を守ってあげると言っていたことを思い出す恵那ですが、女の方が感情を動かしたことを覚えているそうです。
 チャラ男は今度は恵那に声をかけてきて、虎輔はいきなり相手を殴りつけますがゲームの話をしただけなのだとか。

 恵那はなんだかんだ言って虎輔が助けてくれたことはまんざらでもなかったそうです。
 Cパートでは撤収することになり、池田先生は学術の世界には化け物がいると言ってきますが……
 明日の発表にも強者が出てくると言われて教え子達は戦慄するしかありませんでした。

【感想等】
 沖縄合宿からはじまると思ったら空港の時点で色々やらかすのはさすがなのでしょうか。
 接触禁止と言いながらも恋しくなってくるのはもう恋しているという結論でいいはず。
 山本先輩のおかげで沖縄に行けたものの、彼女には底知れない何かを感じました。

 菖蒲さんの水着姿がメインなのかもしれませんが、池田先生の方がいろんな意味ですごい人でした。
 恋アスが百合に傾いたらこちらは逆に薔薇に傾く……のでしょうか。
 恵那さんと虎輔さんの関係が微笑ましく、もういっそ付き合えばいいと思える今日この頃です。

【アニメ感想】理系が恋に落ちたので証明してみた。 第8話「理系が恋に落ちたので好きの証拠を集めてみた。」

 りけこいの8話を見て感想を書かせていただきます。
 なんでも沖縄で発表会をすることになったらしいですが……
 沖縄といえばはるかなレシーブの2期はまだなのでしょうか。

【内容】
 池田教授は恵那に起こしてもらって感謝し、虎輔や恵那と一緒にゲームをしていました。
 虎輔は論文も未来もわからないと叫んできて、自分にはみんなの言っていることがわからないと言ってきます。
 池田教授は虎輔が研究室を移籍しかねないと考え、恋愛ゲームのアルゴリズムを研究してはと提案します。

 虎輔は恋愛ゲームは幾何学だと言われ、どんなエロゲーでもCG回収できるのかとやる気になります。
 カオス理論が恵那の研究対象であり、好きなものの中にたくさんの理系が詰まっていると言われた虎輔はやる気になります。
 虎輔は思わず恵那にときめきそうになり、池田教授は「合宿が楽しみになってきましたね」とつぶやきます。

 心夜は言葉のスライドを容赦なくダメ出しし、トッププレイヤーになるには10000時間の練習が必要だと言ってきます。
 いきなり唾液がほしいと言われた言葉は思わず投げ飛ばしてしまい、菖蒲もまた唾液がほしいと言ってきました。
 夏の合宿で「オキシトシン」を測定すると言い、それはストレスを軽減したりする一方で攻撃的になるそうですが……

 大好きなものと接触することでオキシトシンが分泌されるそうで、喪男や喪女でもペットと接触すればいいのだとか。
 菖蒲と心夜が言い争いをしているのを抑えると、今度は接触してオキシトシンが噴射してきました。
 接触前、接触後で比較する実験を行い、合宿ではさわり放題だと言われた虎輔は女性陣に殴られてしまいます。

 研究室にやって来た女性は池田教授の元教え子らしく、心夜と菖蒲の研究に興味を持ちます。
 酔っ払った映像を出された菖蒲は首根っこを掴んできて、山本は高速で絵を描いて自分が漫画家だと言ってきました。
 世界中からデータを集まると言われたので山本に協力することにし、彼女もまた合宿に参加するのでした。

【感想等】
 先生達がプレイしているゲームが数世代前のゲームキューブだったのが懐かしいです。
 体育会系に足を突っ込んだような虎輔さんですが、これで国立大学に入れるほどの秀才なのは驚きです。
 恋愛ゲームやサッカーといったものも理系の研究分野に出来るのは奥が深いと言わざるを得ません。

 オキシトシンの分泌うんぬんというところでぬいぐるみさんをぎゅっとしてみたくなりました。
 2人でくっついているのを見るともうこのままゴールすればいいのでは思えてきました。
 沖縄合宿は次回に回ってしまいましたが、先輩の山本さんが今後どう絡んでくるのか気になります。

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム