【アニメ感想】理系が恋に落ちたので証明してみた。 第7話「理系が恋に落ちたので飲み会してみた。」

 りけこいの7話を見て感想を書かせていただきます。
 前期課程が終わったから打ち上げもとい飲み会をするらしいです。
 登場人物がそろいもそろって成人済みというのは珍しいかも。

【内容】
 飲み会は大学の必須イベントだと言いますが、現実は素数の話をする先輩でした。
 前期課程を終えたからと研究室の中で打ち上げをしていましたが……
 ピザの具はランダムのプログラムで決める一方で、心夜はあまりお酒を飲まないそうです。

 心夜は「アルコールは脳の働きを鈍らせる」と言っていました。
 言葉は研究室の打ち上げがはじめてでしたが前回、虎輔は出来上がって散々だったらしいです。
 山手線ゲームをすると言い出しますが、理系界隈では「素数」山手線ゲームが流行なのだとか。

 言葉は「素数ってそんなに面白いものなんですか?」と言いますが心夜はわからないのかとぶち切れします。
 素数の並び方はいまだに謎らしく、自然界には素数と関わる法則が多いらしいです。
 謎を解けたら100万ドルの賞金がでるらしく、素数を更新すると3000ドルの賞金が出るのだとか。

 至って冷静だったはずの菖蒲は出来上がって心夜に抱きつき、虎輔も小学生に戻って恵那に抱きつきます。
 言葉は思わず笑いだし、ちょっとうらやましいと言いますが……
 お酒が入ると急に暴走し、恋人がほしくても出来ない人がどれだけいるかと言い出します。

 言葉は心夜を投げ飛ばし、高校生の時にあんなことがなければと涙を流していました。
 次の日、前日の記憶をなくしていて、心夜は「アルコールは摂取しなくて正解だ」と結論づけますが……
 理系のシンデレラはパソコンを叩いて私が行った方がコストパフォーマンスがいいと主張します。

 馬車を出してもらったものの質量保存則にあてはまらないのかと突っ込みを入れるシンデレラさん。
 王子と踊ったかと思えば十二時の鐘が鳴り終わるまでに戻らないといけないと言ってきました。
 靴を拾った王子は靴の内壁を調べてDNAを採取し、シンデレラは王子様と結ばれることになりました。

 そもそも、創作物(おとぎ話)を参考に現実のシチュエーションを分析することになったようです。
 シンデレラを現代の観点から分析しますが、つい気になったところに赤い字で突っ込みを入れます。
 かぐや姫ならどうかと考えると、翁はかぐや姫を見つけた途端に分類学の歴史的発見だと喜びます。

 求婚者は数学の問題を出されて断念し、翁は月に帰るというかぐや姫に「月に住めるのか」と突っ込みを入れます。
 ロケットでかぐや姫が月へと帰っていき、かぐや姫が残した問題が現代にも続いているのだとか。
 恋愛があまり進まない一方で、かぐや姫の成長は現実の成長速度の60倍であり献体とすべきだと結論づけるのでした。

 Cパートではおじいさんが生態系保護のためにツルを助けました。
 美しい女性が尋ねて来ますが、女性免疫がないので理系の話を聞かせることになりました。
 女性はエアージェット織機で織物を作り、理系の男女は最終的に結ばれるのでした。

【感想等】
 理想と現実がことごとく違うのは証明するまでもない「真理」なのかもしれません。
 山手線ゲームと言われても現実の山手線を知らないのでなんとも言えません。
 素数は奥深いようですし、下手をすればこれだけで1話、2話くらいやってしまえそうな気がします。

 見た目的に恋人がいそうな言葉さんでしたが、その本性は「言葉」よりも手が出るタイプでした。
 おなじみのシンデレラさんも理系になるとずいぶんと変わってくるのだと感心(?)しました。
 かぐや姫さんを献体にするという発想はありませんでしたし、今度はどんな新解釈が出るのか気になります。

【アニメ感想】理系が恋に落ちたので証明してみた。 第6話「理系が恋に落ちたのでキスしてみた。」

 りけこいの6話を見て感想を書かせていただきます。
 前回は池田教授の肉体美にいろいろな意味で驚かされました。
 お話が残り半分あるのにもうキスしても大丈夫なのでしょうか。

【内容】
 心夜は菖蒲の目を閉じさせますが、鼻と鼻の衝突を回避させようとして不快指数を高めます。
 菖蒲は作業的なのは嫌だと言い、言葉はキスにはムードが大事なんだと力説します。
 観覧車でのやりとりを思い出した菖蒲はムード値が筋肉に反比例すると行き着きます。

 虎輔はあらゆるシチュエーションを考慮していきますが18禁ビデオ鑑賞は例外のようです。
 ムード値は見られている人間に反比例するらしく音量や薄暗さも重要らしいです。
 暗い場所で開放的になるのは心理学的によくあるらしく、黙って見つめあったらどうかと言ってきます。

 美しさ、第三者、薄暗さ、静けさ、沈黙値といろいろな数字のバランスが難しそうです。
 池田教授はXとYとの関数を書いてきて静けさが極端に悪いとムード値がマイナス無限大だと言ってきました。
 心夜、菖蒲はムード値の計算式を作り、夕刻の屋上が一番いいムードになるらしいです。

 ムード値92の屋上にやってきた心夜は言葉にキスしてくれと言いますが恋人ではない人とキスは嫌と言われます。
 心夜はできるだけサンプルを取りたいと言うので言葉は手のキスで手を打ちました。
 恵那は対照実験の一環だと言って菖蒲にキスをしてきて、高校の時はみんなよくやったそうです。

 菖蒲は虎輔にキスしてもらったものの何も感じず、菖蒲は同性の友だちがいないと言ってきます。
 言葉は菖蒲にときめいてしまって「お姉ちゃんがほしかったんです」と言って抱き合ってきました。
 一方、心夜、虎輔はすさまじいオーラを出し、心夜は他には何もなかったのかと問い詰めてきました。

 恵那は比較対象が必要だと言って心夜にキスを迫り、虎輔と恵那はゲームをするだけでした。
 虎輔は「池田研はやばい」とつぶやき、最後は心夜と菖蒲とのキスとなりましたが……
 ムードの効力で勢いづいた心夜は菖蒲にキスしようとしますが、ヘリコプターの音でムード値が急激に低下します。

 ヘリが飛び去った後は日が沈んでしまい、心夜はキャンドルをつけてムード値を上げようとしてきました。
 第三者の乱入と(教授の)過剰な筋肉でムード値が下がりますが、菖蒲は逆ギレして「とっととキスしなさい」と言い放ちます。
 傍目には2人が付き合っているようにしか見えず、心夜は理論的に最高のキスをさせてやると言ってくるのでした。

【感想等】
 文系理系以前の問題としてキスするようなシチュエーションは経験がないのでなかなか難しいです。
 いろいろと検討していくのはなかなかに興味深いですが、突き詰めれば突き詰めるほどに遠ざかっているような……
 ムード値の式が難しすぎてアニメというよりも数学や物理の教科書を見ているような気がしてきました。

 手にキスは中世っぽくていいかなと思いつつ、共学校だからか女同士のキスは経験はないのです。
 ラブコメがいつしか百合アニメになってきたのはうれしい誤算……なのかもしれません。
 残り6話でどんな実験が繰り広げられるのか、最後までしっかり見続けていきたいなと思います。

【アニメ感想】理系が恋に落ちたので証明してみた。 第5話「理系が恋に落ちたので会議してみた。」

 りけこいの5話を見て感想を書かせていただきます。
 今回は研究所のみんなが集まって発表するらしいです。
 彼らの先生がどんな人なのかすごく気になります。

【内容】
 女子高生がパンをくわえながら登校していて、曲がり角で運命の出会いを果たします。
 ジャムが制服についてしまった不幸を嘆く女子高生ですが……
 心夜はマーフィーの法則について説明し、それは科学的に自然な帰結なのだとか。

 オープニングの後、研究室の皆さんが発表することになりますが、虎輔は論文を読んでいませんでした。
 担当教官の池田教授はどこか抜けているところを恵那がフォローしてきます。
 言葉はTSPについて研究するらしいそうで、B4というのは学部4年で修士課程を卒業すればマスターなのだとか。

 虎輔は藍香を言い訳に論文を読まなかったと言いますが、池田教授は筋肉ムキムキで激怒します。
 修士1年の心夜、菖蒲は遊園地デートの検証結果を報告しますが、だんだん顔を真っ赤にさせてきました。
 池田教授は「超面白そうですね!」と喜び、嫁と結婚した時はそんなことを考えなかったとひと言。

 「好き」の一般条件を探るためにはさまざまな組み合わせで実験する必要があるとのこと。
 深夜は言葉の恋愛遍歴についてレポートを出せといい、池田教授は怒りながらも学術的に貴重だと言ってきます。
 とりあえず実験をすることになり、心夜は虎輔に壁ドンされてドキドキしてしまいます。

 虎輔は恵那が実験に参加すれば自分にドキドキするのではないかと言ってきました。
 負けた方が生協(?)の串団子をおごると謎の賭けを行いますが……
 一方、心夜と言葉の実験を見ていた菖蒲はもやもやした気持ちになってかじりついてきます。

 虎輔と恵那はいいムードになってきて、恵那は藍香の名シーンを再現してときめかせてきます。
 「弱点武器を使った時のロックマンのボス」と言われてしまう虎輔さん。
 藍香の真似さえされなければどうということはないと思っていたものの、過去の黒歴史を掘り返されます。

 虎輔は生協のお団子を買わされる羽目になり、心夜達もお団子を食べることに。
 恵那はいきなり心夜、菖蒲の2人にキスをしろと言ってくるのでした。

【感想等】
 「パンをくわえながら登校」なんてやったことないですし、現実に見たこともありません。
 冒頭シーンがよくわからないまま研究発表になりますが、理系でないのでこのあたりは未経験です。
 ポケモンマスターが大学院修士卒を意味するならばサトシくんには難しいかも。

 池田教授のキャラクターが強烈ですが、彼のあの怪力はなんのひでんマシンなのでしょうか。
 研究発表のはずが恋愛になるのは面白いですが、深夜さん達がどう学部を卒業したのか気になります。
 虎輔さんと恵那さんはもう付き合えばいいと思いますが、まだまだ先は遠いのかもしれません。

【アニメ感想】理系が恋に落ちたので証明してみた。 第4話「理系が恋に落ちたのでデートしてみた。」

 りけこいの4話を見て感想を書かせていただきます。
 いろいろと脱線しそうになりつつある中、デートにこぎ着けた2人ですが……
 一般的なデートは理系にとってどのように研究対象になるのでしょうか。

【内容】
 一般的な男女のデートは男が女の服をほめることで始まります。
 理系の男女は微妙な遅刻を指摘しあい、緻密な計画でデートを行います。
 どこの「白い巨塔」なのかと突っ込みを入れたいところですが……

 言葉はまずは服を買えと言い、回想シーンでは恋する気持ちは複雑だと言ってきます。
 菖蒲はドキッとした回数等を測定することになりますが、交通量調査のバイトにしか思えません。
 回想シーンが終わって菖蒲はちゃんとした服装になっていて心夜はドキドキしっぱなしでした。

 服を選ぶとき、女性が男性に「どちらがいい?」と尋ねるシチュエーションをすることに。
 心夜は「どういう観点なのか」と厳密なことを言い、評価指数を定義することになりました。
 言葉はこんなクソデートを記録するのかと突っ込みを入れつつ評価指数の説明が挟まります。

 一般的な男女がいちゃいちゃしていましたが、別の女性が出てきて男をビンタしてきました。
 心夜、菖蒲はファミレスにやってきて、「あーん」して食べさせていました。
 細かい事象の記録は言葉がすることになり、恵那の命令で虎輔も付き合わされることになりました。

 心夜は「手を握る」「手を握らない」という選択肢に後者を選び、苛立った菖蒲はお会計を払って立ち去ることに。
 二股がバレた男は別の女を引っかけようとして菖蒲に声をかけますが、飲みに行かない要因を延々と説明されます。
 男は「すみませんでした」と謝ったかと思えば強引に手をつかんで「恋に落ちた」と言いますが……

 心夜はすさまじい形相で男をにらみつけ、そのまま菖蒲の手を握って去っていきます。
 「彼氏かよ」と言われた心夜は「何を根拠に好きだと判断した?」「憶測で物事を判断するな!」と男を一蹴します。
 菖蒲は「かっこいいよこの人!」と感嘆し、言葉と虎輔は楽しそうにメモを取っていました。

 リア充の巣窟である遊園地にやってきた心夜、菖蒲はメリーゴーランドに乗ってもいいムードになりません。
 「ジェットコースターデート」でも空気抵抗や摩擦係数といったいろいろな要因が検証されます。
 2人が無意識に白衣を着ていることに突っ込みつつ、今度はお化け屋敷に入ってみることになりました。

 心夜によると心霊現象は科学的に解明済みらしいですが、科学がこの世の全てを解明したわけではありませんでした。
 お化け屋敷の後はいろいろとアトラクションに挑戦し、最後は観覧車デートで締めくくります。
 「ロマンチックな雰囲気の中行為に及ぶ」とメモには書いてあるもののそもそも2人とも怖がっているようです。

 心夜はアクセサリーを出してきつつも、デートの定義にすらなっていなかったかもと謝罪します。
 菖蒲はパソコンを叩いてうれしくなった回数が指数関数的に増えたと言ってきました。
 「サンプル数を増やす」という結論に至りながらもデートは終わり、菖蒲はうれしそうな顔を浮かべるのでした。

【感想等】
 恵那さん達のゲーム機がswitchでなくてDS(3DSかも?)なところに時代を感じるかも。
 白い巨塔やら交通量調査やらいろいろな意味で突っ込みどころ満載でした。
 計画を立てることは大切ですが、時としては自分の気持ちにしたがった方がいいように思えます。

 心夜さんと菖蒲さんのことも気になりますが、虎輔さんと恵那さんとの関係も気になります。
 二股男がナンパしてきたのが延々と説明されて呆然とするところは笑いました。
 似たもの同士のカップルがうまくいくことを願いつつ、残りのお話もちゃんと見ていきたいです。

【アニメ感想】理系が恋に落ちたので証明してみた。 第3話「理系が恋に落ちたのでデートの計画を立ててみた。」

 りけこいの3話を見て感想を書かせていただきます。
 今回は一歩進んでデートの計画を立ててみるようですが……
 一歩一歩でも着実に進んでいけたらいいのかもしれません。

【内容】
 池田研究室では菖蒲、心夜がこれまでの実験結果をまとめていました。
 そこに入ってきた「虎輔(こすけ)」は夜遊びに明け暮れていたそうですが……
 彼は「愛に生きる男」であり今は遠い世界にいる「藍香」に恋しているそうです。

 虎輔は恋人と一緒にいると楽しいといい、彼女のために22万7000円も使ったそうです。
 菖蒲は728円のメモ帳しか使っていない事実に愕然としてしまいます。
 毎晩抱きしめて寝ているなんて聞いたら圧倒的な抱きしめ指数の差を感じてしまいました。

 恵那は虎輔の恋人が二次元(ゲームキャラ)だと指摘し、どこか恵那に似ていました。
 虎輔が費やした約23万円はすべてゲームを買ったお金というオチでした。
 人の性的嗜好には上下関係などなく、二次元美少女とアイドルとは同じようなものなのだとか。

 心夜に全肯定された虎輔は愛に生きることを決意する一方で菖蒲に泣きつかれてしまいます。
 「お前の愛情は過剰だ」と言って虎輔の愛を否定しますが、それでも菖蒲の好きは一般的なレベルではないそうです。
 幼少期の菖蒲は一日中ダンゴムシを観察しているような根っからの理系人間だったそうですが……

 虫女だといじめられていた菖蒲でしたが、一人の「理系」少年によって救われたようです。
 動植物の生態を観察するのは理系の資質であり、絶対数の少ない理系女子が必要とされているそうです。
 身だしなみを整えればダンゴムシの実験くらいでいじめられなくなるらしいですが……

 菖蒲は恩人に憧れて理系になって同じ人を好きになったようですが研究は進んでいませんでした。
 言葉は2人の恋を進展させるためにデートに行くことを提案し、デートの定義をすることになりました。
 顧問の高橋先生と2人で理数フォーラムに行くのが彼女の定義ではデートになるらしいです。

 自称「愛に生きる男」虎輔は藍香との遊園地デートを妄想してドン引きされます。
 恵那は同じく遊園地を想像しますが菖蒲が男性になっていてBLになっていました。
 とりあえずデートについてまとめることに成功し、実験の計画を立てることになりました。

 遊園地デートのはずが全てを効率的に回る「巡回セールスマン問題」に転じてしまいました。
 菖蒲、心夜はパソコンを叩いて妥当な巡回路を導き出しますが……
 心夜に「デートしてくれるか」と言われた菖蒲は「確定しているわ」と赤面するのでした。

【感想等】
 かぐや様と菖蒲さん達とではどちらが強敵なのかと何度も考えます。
 オープニングでは思いきり空を飛んでいますが、このあたりは実験可能なのでしょうか。
 時として科学で説明できないことも世の中には存在するのかもしれません。

 いじめにも恋愛にも理知的に対応する理系こそが「最強」のメンタルなのかもしれません。
 言葉さんのおかげで少し先に進みつつありますが、まだまだ理系にデートは遠いのかも。
 恋の行方だけでなく研究室にゲームキューブが置かれていたことがちょっと気になります。

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム