【アニメ感想】SHOW BY ROCK!! ましゅまいれっしゅ!! 第12話(終)「Mashumairesh!!」

 ましゅまいさんの最終回(12話)を見て感想を書きます。
 いよいよ決戦の舞台が整い、あとはライブして終わり……でしょうか。
 ケンカ別れしたあの方にどこかで迫れるのか、わたし、気になります!

【内容】
 ライブ当日、ほわん、ヒメコは寝坊して会場に向けて走っていました。
 デルミンやルフユも同じ理由で会場に走っているようですが……
 ルフユは一族に伝えるために秘伝書(?)を書いていて突っ込みどころしかありません。

 デルミンはマスコットを作っていたらしく、ほわん達はしゃべっていて眠れなかったそうです。
 レイジンのライブがはじまるまでに受付を済ませなければダメらしいです。
 ほわんはギターをスタジオに忘れていたことに気づいて取りに戻ることになりました。

 マスターはコーヒーを出して「落ち着いて」と言っていて、ギターは宅配便に出してしまったのだとか。
 ほわんはトラックに入ってそのまま運ばれてしまい、デルミンは大量のみかんをもらっていました。
 レイジンのライブがはじまってしまいますが、ルフユが受け付けを完了していたので問題はなかったです。

 ほわんはトラックでギターを鳴らして下ろしてもらい、やるぞーと叫んで改めて会場に向かいます。
 スマホを家に忘れているので連絡が取れませんが、ほわんは「フェスに出るんです!」と言ってパトカーに送ってもらいます。
 一時はどうなるかと思いましたが、なんとか間に合って何よりで、緊張する暇もなくなります。

 ルフユは「毎日が特別でいっぱい」と言い、ほわんは「面白い」「ぜんぜん普通じゃない」と彼女を称賛します。
 ヒメコは「あたしたちが出会えたのは奇跡」と言ってきて、やたらと長いポーズを決めてライブを行います。
 ライブを見たレイジンの皆さんも少し前に突っぱねてきたはずが「何かいい感じっすね」と急に柔らかくなります。

 デルミンが渡してきたピックはおじいちゃんの角らしく、ドコ指の皆さんによると激辛とロックは男の花道らしいです。
 ヒメコは4人でストリートライブをすると言い出し、バンドってなんかやばいねというひと言。
 ほわんはシアン(前作主人公)と鉢合わせて「バンド楽しいよね」と続編を匂わせ、最後は路上で歌って締めくくります。

【感想等】
 前日に眠れなくてお寝坊してしまうのはわからなくもないのですが……
 全員揃って……というのは良くも悪くも仲良しの証なのでしょうか。
 仮に間に合わなかったら別の意味で伝説が残っていたのかもしれません。

 お寝坊にトラックと不幸が重なっても諦めない態度が素敵すぎました。
 お巡りさんも話がわかる人(?)でよかったですし、ふと「かわいいは正義」という格言を思い出します。
 本作に出会えたこともまた奇跡だと思いつつ、全てのバンドが集結する続編に期待します。

【アニメ感想】SHOW BY ROCK!! ましゅまいれっしゅ!! 第11話「キミのラプソディー」

 ましゅまいさんの11話を見て感想を書かせていただきます。
 公式サイトによると決戦前夜……という感じらしいです。
 敵が出ないせいか盛り上がりに欠けるのは言わない方がいいかも。

【内容】
 新曲は順調に進んでいるようで、他のメンバーはヒメコを「宝」だと称賛します。
 オープニングの後はハンバーガーショップでポテトを食べながら出番が決まったことが告げられます。
 ドコ指がトップランナーで因縁のあるレイジンさんはゲスト枠らしいです。

 デルミンの家にルフユが上がり込んで、悔しい気持ちはないかと聞いてきますが……
 「ちょっとビーム撃ちたい」と言うデルミンに対し、ルフユは黒歴史ノート日記(?)を大量に出してきました。
 デルミンに本でも出せるんじゃないかと言われたルフユは都合のいい妄想を浮かべます。

 友好度69%という表記を見たデルミンは尻尾で突き、ルフユはライブで100%にすると言ってきます。
 デルミンは「最高の思い出をおかわりです」といい、100%じゃ足りないというのでルフユは抱きついてきました。
 ほわん達のフェスは明日かららしいですが、他の会場ではすでにライブが行われているそうです。

 大きなテレビには別のバンドがライブしていて、限定アイテムが大量に売られていました。
 おそろいのグッズを作るべきだったというルフユに対し、ヒメコは「恥ず(かし)い」とつぶやきます。
 せっかくだからと記念撮影をとるほわん達に対し、レイジンの方は「栄光はボクらのもの」とひと言。

 ドコ指はヤスの母親の手伝いで仕出し弁当を作っていて、双循がバイト代をピンハネしようとして喧嘩になります。
 ヤスは「友だち」じゃなくて「仲間」だとつぶやき、ヒメコはほわんの手料理が一番だとデレてきました。
 ほわんは「明日が本番」と言われてワクワクし、ルフユやデルミンがマイペースな一方でヒメコは緊張していました。

 ルフユが秘伝書を書き、デルミンが作業する一方で、ほわんやヒメコは眠れませんでした。
 ヒメコはほわんにほめられて顔を真っ赤にし、ほわんは実は自分も緊張していると言ってきました。
 そして当日、ドコ指が「てっぺんを取るぜ」とライブを行う一方でほわんはお寝坊してしまいます。

【感想等】
 いつの間にかいい流れになってきて、4人のやりとりを見ると棘がなくなったように思えます。
 レイジンさんにリベンジする……という方向性にならないところにほわんさんの人柄がうかがえます。 
 3つのバンド以外の詳細がわかりませんが、旧作のキャラが参戦してくるのを少し期待します。

 本を出せると言われたとたんに都合のいい妄想を浮かべるルフユさんがちょっとうらやましいかも。
 レイジンさんと「バンドリ」のレイザースイレンさんと響きも立ち位置もどこか似ているように思えます。
 次回でライブをして終わりだとちょうどいいですが、もし2期があるならシアンさんの参戦を期待します。

【アニメ感想】SHOW BY ROCK!! ましゅまいれっしゅ!! 第10話「プラットホーム」

 ましゅまいさんの10話を見て感想を書きます。
 ヒメコさんは曲作りがなかなかうまくいっていないようです。
 ほわんさんは彼女に何を伝えようとしているのでしょうか。

【内容】
 ヒメコはなかなかいいフレーズが出てこずに焦っていました。
 「ちょっと一人で作りたい」というヒメコに、ほわん達は「入り込む余地がありません」とひと言。
 フェスに出られることになったもののレイジンとの関係はよくありませんでした。

 ほわんはヒメコの力になりたいと考え、ルフユはピラミッドパワー、デルミンは笛を吹いてきました。
 ヒメコと2人きりになったほわんですが、旅行の話にはなったものの、合宿は遊んでいたばかりだったと言われます。
 ほわんはもっとバイトを増やそうとしたもののこれ以上やると練習に差し障ります。

 突然、何かを思い出したほわんはデルミンやルフユを巻き込んでお話を進めようとします。
 ほわんはヒメコを列車に乗せて「家族に会ってほしい」といってきますが……
 実家の納屋なら音を鳴らしても大丈夫らしく、ヒメコに最強の環境を与えるという話のようです。

 故郷では「金メダルおめでとう」と謎の歓迎ムードで、あまり似ていない父が迎えにやって来ました。
 お母さんは「テレビにはいつ出るの?」と聞いてきて、おばあちゃんと抱き合って無事を喜びます。
 ほわんの部屋ではアルバムを見たいと言われながらもスタジオもとい納屋に移動します。

 納屋はおじいさんと仲間がぶちかましていた場所で、おじいさんはまだ普通に生きていました。
 食事を取って温泉に入ってくつろいでいましたが、温泉がわいてもまだフレーズが沸いてきませんでした。
 デルミン以外はすっかりのぼせてしまい、とりあえずはマッサージをしたり小話をしたりします。

 ほわんとの出会いや路上ライブ、物置のドアを壊した話などなど、過去のことを思い出していく皆さん。
 ヒメコとほわんは一緒にオーロラを見ていいムードになり、ほわんの笑顔を胸にヒメコは作曲を試みます。
 村人にやたらと応援されながらも故郷を発ち、ヒメコは幸せそうな顔でおねむするのでした。

【感想等】
 話数的にそろそろ終盤なのですが、曲を作って再戦したら終わりそうです。
 旧作のシアンさん達が出るとしたら2期になるのかも……とちょっと思ったりします。
 そういえばシアンさんとほわんさんの響きはどことなく似ているような……

 ほわんさんの発言がどうみてもプロポーズにしか思えなかった視聴者は少なくないはず。
 こんな形で故郷に戻ってくるとは思いませんでしたが、間違った情報が伝わっているのは田舎ならではかも。
 おばあちゃんにぎゅっと抱きしめられたいと思いつつ、残りのお話もちゃんと見ていきたいです。

【アニメ感想】SHOW BY ROCK!! ましゅまいれっしゅ!! 第9話「カバンには鉄板です」

 ましゅまいさんの9話を見て感想を書きます。
 前回はほわんさん達が負けてしまったのですが……
 サブタイトルを見るとそれよりも重要なことがあるっぽいです。

【内容】
 校長先生はドコ指の社会奉仕活動はどうなっているのかと強く憤ります。
 4人はそもそも音楽活動そのものが出来ていなくて、帰ってきてからちゃんとやっていると言い訳します。
 先生はフェスにエントリーしてみてはどうかと言ってきますが……
 
 オープニングの後、そのほかの3人が喧嘩しているのを見てヤスは「なんでバンドやってんだよ」と聞いてきます。
 マスターはヤス達を「ずいぶんと成長した」と言い、バンドには喧嘩がつきものだと言ってきました。
 ヤスはファンの女性に花束を渡され、他のメンバーとの落差に悩んだところで変なおじさんが出てきました。

 仁刃笛(じんばぶえ)を名乗ったこの男はヤスに「本気で音楽に取り組む気はない?」と聞いてきます。
 一方、前回完全に負けてしまったほわん達は気持ちをフェスに向けるしかありませんでした。
 ヤスは母親に自分がテレビに出たらうれしいかと問い、仁刃笛は彼を単独でデビューさせようとしていました。

 残り3人は練習にすらならず、ヤスは仁刃笛に提示された衣装を着てその気になっていました。
 ヤスはフェスでリベンジしないかと言いますがメンバーに拒否され、じゃあなと吐き捨てて去っていきました。
 他の3人はヤスを殴りつけて説明しろと言い、ヤスは音楽で誰かを幸せにしたいと言ってきます。

 銭湯でじゃれ合ったシーンを思い出すヤスですが、他のメンバーもアイドルをやりたがっているようです。
 ヤスは仁刃笛には「二度と私の前に顔を出さないでね」と言いつつも「売れなさい」とエールを送ります。
 仁刃笛の正体が校長先生であり、後は原石がみがかれて輝きを増すだけだとつぶやきますが……

 ドコ指は4人でライブを行い「カバンには鉄板です」とタイトルを回収してきました。
 ヤスは母親が作ったコロッケを出してきて、他のメンバーは大いにじゃれ合うのでした。

【感想等】
 全話見ているはずが登場人物が誰が誰だか時々わからなくなってきます。
 同じサンリオさんでは仕事を選ばないキティさんの知名度が違いすぎる感じがします。
 そもそもガンダムとキティさんのコラボなんて誰が思いついたのでしょうか。

 ほわんさんが負けてどうなったのか気になっていましたが、蓋を開けたらぜんぜん違うお話で驚きました。
 ヤスさんとお母さんのやりとりがいいなと思いますし、練習にならないメンバーを見たら決裂してやむを得ないのかも。
 残り2、3話でフェスをやるとして前作メンバー(特にシアンさん達)が出ることを期待したいです。

【アニメ感想】SHOW BY ROCK!! ましゅまいれっしゅ!! 第8話「ネオンテトラの空」

 ましゅまいさんの8話を見て感想を書かせていただきます。
 サブタイトルからは内容がわかりませんでしたが、要は対番を行うということらしいです。
 前作と同じように初戦は敗退で終わってしまうのでしょうか。

【内容】
 ましゅまいれっしゅにメジャーバンドからの出演依頼があり、風を感じるほわん達ですが……
 レイジングシグナルとの対バン(バンド対決)と書かれていてどう見ても勝ち目がなさそうです。
 ラジオ番組でフェス出演にはバンドとしての実績が必要(意訳)と言ってきました。

 対バンはレイジンの好意なのかはさておき、ほわん達はやるならば勝つようにがんばろうと意気込みます。
 ほわん達が作戦会議を行い、対戦相手を研究しようとする一方で、相手は全力を尽くすのが礼儀だとひと言。
 地下アイドル時代の3人の映像が流れ、ララリンはほわんに当時の自分と同じものを感じているようです。

 かつてのチームを解散して独立したララリン達は全てをセルフプロデュースして現在に至るのだとか。
 ほわんは直接手紙を受け渡して「うち達がましゅまいれっしゅ!」と謎のポーズを取ってきます。
 ういういは本当にいいのかと聞いてきて、紙にはレイジンが勝てばほわんをアシスタントに復帰させると書いてあります。

 突然訪れた解散の危機を前に、もっと練習しようと焦りが見えてきました。
 ヒメコは参加辞退を検討しましたが、ほわんは参加を了承してきました。
 ルフユは「私にいい考えがある」といい、ララリンは「私達の本気を聞かせる」と意気込みます。

 会場は満員になって嫌でも緊張してきますが、みんなでポーズを取って気合いを入れてきます。
 ほわん達のライブは喝采を受けますが、その後のララリン達の新曲にかき消される形となってしまいました。
 4人で楽しくやっていきたいというほわんに、ララリンは「期待外れだ」とぶち切れするのでした。

【感想等】
 かつてのシアンさんも通った道ではありますが、音楽で戦うというのがいまいちピンときません。
 シンフォギアみたいに歌いながら殴ったりするのはありかもしれませんが……
 レイジンさんの立ち位置はバンドリにおける「ラス」みたいな立ち位置なのでしょうか。 

 地下アイドルと聞いて「推し武道」の舞菜さんやえりぴよさんのことが浮かぶのは私だけではないかも。
 ほわんさん達が先制の時点で負けフラグにしか見えなかったものの、歌そのものはとてもよかったと思います。
 「音楽性の違い」で激突した形になりましたが、最後はララリンさん達にリベンジして終わるのでしょうか。

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム