【アニメ感想】痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 第12話(終)「防御特化とつながり。」

 防振りの12話を見て感想を書かせていただきます。
 ペインさんに手痛い一撃を受けたメイプルさんですが……
 「化け物」同士の戦いはどんな決着を見るのでしょうか。

【内容】
 運営はミィをも退けたことについて「メイプルじゃしょうがねえよ」と言い出します。
 彼女達を止められるのはペイン率いる「集う聖剣」しかないのではないかと考えますが……
 最初の頃は胃が痛かったもののメイプルは「興味深い存在」らしいです。

 メイプルはペインの「断罪の聖剣」を受けますが、不屈の守護者によってなんとか生き残ります。
 ヒドラもペインには通じず、リズは倒され、クロムはマイやユイを守るだけで精一杯でした。
 サリーはドラグと戦おうとしたものの、フレデリカの攻撃を受けて動きを封じられてしまいました。

 リズに続いてカナデが倒され、シロップの精霊砲もドラグには通じませんでした。
 ペインの最後の一撃に対し、メイプルは盾を捨ててカウンター攻撃を仕掛けますが……
 相手もまた「不屈の守護者」を持っていて、今度こそメイプルにとどめを刺しにきます。

 メイプルは魔物の姿に変身してペイン以下全員をやっつけてしまいました。
 カナデやリズが戻ってきて、サリーは打って出るにはいいタイミングじゃないかと言ってきます。
 現在6位ですがこのままでは逆転されそうですし、他のギルドの数を減らすことに。

 魔物になったメイプルに乗った一同は次々と他のギルドのオーブを潰していきます。
 ギャラリーは「あれもう魔王だな」とつぶやき、フレデリカも「存在自体が反則だよ!」と突っ込みます。
 ペインは「いつかきっと借りは返す」と言い、炎帝の国の皆さんは他のギルドを攻撃します。

 ミィは一人でも多く道連れにすると宣言しますが、そこに魔物になったメイプルがやってきて目が点になります。
 メイプル達は目的が同じ炎帝の国をスルーして他のギルドを次々と潰していきます。
 「どうなっているんだ」「見るたびにおかしくなっている」という声とともに破壊活動を行う主人公達なのでした。

 運営はメイプルについては弱体化は「もういいかな」と言い出します。
 メイプルがゲームのマスコットになっていて、彼女目当てのプレイヤーも少なくないそうです。
 そのメイプルは羊のようにもふもふになっていましたが……

 現実世界の楓は最終的に順位が3位だったと喜んでいました。
 「私、人生変わっちゃった」という楓ですが、明日の英語の予習が待っていました。
 最後は他のギルドのメンバーも集まって打ち上げパーティーを行うのでした。

【感想等】
 最後の最後まで運営さんのナレーション(?)がイケイケでよかったです。
 コメントにもありましたがメイプルさんが「化け物」ならペインさんも「化け物」と言ってもいいかと。
 一進一退の攻防を見るとラストバトルという感じで最初から最後までハラハラしてました。

 一瞬、どうなるかと思っていたら、最後に敵を食べてしまうという発想はなかなかにシュールでした。
 敵ながらペインさんは「勇者」かっこよく、ライバルを一方的にじゅうりんするメイプルさんはもう「魔王」でした。
 魔王つながりで「魔王様リトライ」の2期があったらいいなと思いつつ、一旦は筆を置こうと思います。

【アニメ感想】痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 第11話「防御特化と強敵。」

 防振りの11話を見て感想を書かせていただきます。
 メイプルさんは炎帝のリーダーであるミィさんと戦うことになりました。
 かつてない強敵にどこまで戦うことが出来るのでしょうか。

【内容】
 運営達はサリーが苦戦したことを「珍しい」と言い、こんなスキル実装したっけと突っ込みを入れます。
 メイプルについてフルバーストでストライクでフリーダムかよとかゼットとかダブルゼットとかと言い出しますが……
 そのメイプル本人は「炎帝の国」のミィの激しい攻撃を受けながらもユイやマイを脱出させます。

 ミィやマルクスの攻撃に押されるメイプルですが、雑兵はシロップの攻撃に巻き込まれて倒されます。
 メイプルに毒を受けたミィは自分が相手をすると言い、マルクス、ミザリーの容赦ない攻撃がメイプルを襲います。
 ミィは2人に時間を稼がせてその間に「火炎牢」にメイプルを閉じ込めてダメージを与えていきます。

 メイプルは徐々に体力を削られながらも「機械王」の姿になり、ミザリーは「非常識だわ」と言い出します。
 マルクスやミザリーは「無理」と言い、ミィに退却しようと進言しますが……
 メイプルのフルバーストでマルクス、ミザリーは倒されながらもすでにオーブはなくなっていました。

 ユイ、マイは「周りのギルドからオーブを取って帰りましょう」と物騒なことを言い出します。
 ミィは涙を流しながら走っていく一方、メイプル達は順位が10位ギリギリということで周囲のギルドを攻撃しはじめます。
 ギャラリーは大規模ギルドも安定せずにメイプルならもしかするともしかするんじゃないかと言ってきます。
 
 「集う聖剣」は「楓の木」に狙いを定め、メイプル達もまた「集う聖剣」が仕掛けてくると考えていました。
 物量差を捨てて直接乗り込んできて、その中には因縁のあるドラグやフレデリカも入っていました。
 さすがにメイプルもペインに苦戦を強いられ、彼の「断罪の聖剣」でみるみるHPが減少していきますが……

【感想等】
 冒頭からこちらが思ったこと(ガンダムネタ)を引っ張ってきたのはいろんな意味で驚きました。
 マルクスさんの中の人がフルバーストの人の親友だったのは何かの偶然なのでしょうか。
 石田さんと皆口さんのお声でテイルズオブエターニアをやりたくなってきたのはここだけの話です。

 ミィさんの「火炎牢」で徐々にダメージを受けるメイプルさんを見てポケモンさんの「ほのおのうず」を思い出しました。 
 ファンタジー世界がポケモンになり、果てにはガンダムSEEDになってしまうとは……
 ストライクでフリーダムなプラモデルは再販されたら買うとして、次回は集う聖剣を倒してフィナーレでしょうか。

【アニメ感想】痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 第10話「防御特化と出撃。」

 防振りの10話を見て感想を書きます。
 ギルド対抗戦がはじまり、最初のうちはうまくいきそうな感じでしたが……
 上位ギルドと直接戦ってどこまで対抗することが出来るのでしょうか。

【内容】
 イベントをやらないと他のゲームに流れるらしく、管理側は残業続きなのだとか。
 表向きは働いていないことになっているのは限りなく漆黒な会社……らしいです。
 メイプルと楓の木に注目しつつも他の面子が絡むなら予想の範疇になると考えます。

 「集う聖剣」のペインは圧倒的な力を見せつつも「楓の木」に着目しているようです。
 メイプル達は順当にポイントを集めていましたがまだ17位でサリーは再び「出勤」し、カナデも移動します。
 とりあえずメイプル、マイ、ユイに守りを任せてカスミやクロムも出ていって周囲の敵を倒すことに。
 
 サリーは散々に暴れ回っていて、疲れてきたところで敵に囲まれてしまいました。
 カスミは「炎帝の剣」にいるかつての知人「シン」と対面し、サリーも一度戦ったことのあるフレデリカの声を聞きます。
 並外れた反射神経で敵の攻撃をかわしたサリーにフレデリカは「何それ?」と言い出します。

 天使の翼を広げたメイプルがサリーを助けにやって来て、アジトではユイ、マイが潜入してきた敵(ドラグ)と戦います。
 ユイ、マイが倒されたもののメイプルが敵を返り討ちにし、カスミは「はじまりの太刀」で窮地の相手を返り討ちにします。
 マップを作って相手ギルドの場所がわかれば「プランB」が使えるようになったらしいですが……

 メイプルはユイ、マイとともに敵に攻め入り、相手ギルドから容赦なくオーブを奪っていきます。
 炎帝のマルクスが来ないといいな……とぼやいていたらメイプルがやってきました。
 メイプルの防御とマイ、ユイはトラップをかいくぐりますが、そこにリーダーのミィが立ちはだかるのでした。

【感想等】
 メイプルさん達のことも心配ですが、管理者の漆黒の労働環境が色々と心配になります。
 増税とコロナに見舞われたこの国そのものも「漆黒」なのかもしれませんが……
 アニメを見ている時くらいは現実を忘れてもいいのではと思うのは私だけでしょうか。

 「類は友を呼ぶ」という言葉を考えるとメイプルさんの周りが規格外になるのは当然なのかも。
 因縁のある相手とぶつかるのは当然としても、フレデリカさんはマギレコのアリナさんよりまだいいような気がします。
 今回は窮地を乗り越えたようですが、次回、次々回が本当の戦いなのではないかと思います。

【アニメ感想】痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 第9話「防御特化と第四回イベント。」

 防振りの9話を見て感想を書かせていただきます。
 人間をやめてきたメイプルさんですが、それでも人数に勝る強豪と戦うには厳しいのかも。
 頭数の不利をどうひっくり返していくのか、わたし、気になります!

【内容】
 メイプルは天使の後は悪魔になり、最後はロボットになってしまいました。
 運営は「リアルラックが高すぎ」とぼやき、防御力に極振りとは関係なくなっているとひと言。
 そんなことを知らないメイプルは片腕だけを機械にしてビームを放ってきました。

 ペイン率いる「集う聖剣」がメイプル達を警戒しますが、メイプル、サリー、ユイ、マイは水着で視聴者サービスにいそしみます。
 カスミやクロムはレベルアップしているようで、イズは素材を集めていてどこでもアイテムを作れるようになりました。
 サリーはフレデリカに見られていたことに気づき「私と決闘してくれません?」と挑発して強敵の情報を引き出そうとします。

 フレデリカ、サリーは突然姿を消し、メイプルはその間に釣りでもして待っていようとのんきでした。
 サリーはフレデリカの攻撃をかわしていき、多重障壁まで出させられたフレデリカは突然「降参」してきました。
 フレデリカは「炎帝の国」のメンバーについて話して去っていき、サリーはニセ情報を与えていました。

 四度目のイベントはオーブの奪い合いでポイントを争い、きっちり守って相手ギルドのそれを取ってくればいいのだとか。
 少人数ではなかなかに休めず、メイプルをどれだけ温存できるかにかかっていますが……
 チャットでメイプルのことを「はじまりの村に魔王が来てどうしろと?」と言っているのをよそに各自のレベルアップを図ります。

 いよいよ本番になってメイプル、ユイ、マイが守りを固め、サリーやカスミ、クロムが闇討ちのようなことをします。
 サリーはさりげなくいくつかのオーブを奪っていきますが、下馬評では大規模ギルドの集う聖剣や炎帝の国が本命のようです。
 ドラグ(?)はサリーと「超加速」で戦い、炎帝のリーダーミィは圧倒的な火力を見せつけながらも弱気な人でした。

 メイプル達は圧倒的な防御性能で攻撃してきたギルドを返り討ちにしてしまいます。
 果たしてどのチームが優勝するのか、最後まで目が離せなくなりそうです。

【感想等】
 運営さんの中にデジモンアドベンチャーのアグモンさんのお声が聞こえることが気になります。
 防御に極振りだけでなくあんな攻撃力まで備えたらもう「戦略兵器」と言ってもいいかと。
 みんなで水遊びしているメイプルさんが天使、悪魔、ロボットになるなんて誰が気づくのでしょうか。

 いくら人間離れしたメイプルさんでも人数の不利を補うのはなかなかに難しいようです。
 主人公サイドが闇討ちまがいのことをするのもなかなかないと思いますが……
 弱気になったミィさんが可愛いなと思いつつ、次回も惨劇(?)が起こりそうな予感がします。

【アニメ感想】痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 第8話「防御特化と第三回イベント。」

 防振りの8話を見て感想を書かせていただきます。
 三度目のイベントに臨むメイプルさん達ですが……
 彼女達の前にはハプニングが起こるのが運命なのかも。

【内容】
 メイプルが毛玉になったりタイムアタックしたりしますが、運営はむしろギルドメンバーに注目します。
 彼女のことを考えると頭痛と胃痛以外に動悸がするのは恋の予感なのでしょうか。
 「楓の木」の中で誰が好きかと修学旅行のような会話をし、リズにバブみを感じると言い出します。

 メイプルは三回目のイベント(通称牛イベ)に興味を抱き、リズは羊の毛で衣装を作ってくれました。
 カスミは「これでは可愛すぎる」と言い、カナデ、ユイ、マイも新しい装備を手に入れました。
 オープニングの後、牛をやっつけて「鍵」を回収していきますが、サリーはメイプルが気になると連絡をよこします。

 メイプルが何かやらかさないか心配という一同は彼女にアドバイスを送ってきました。
 落下していつの間にか悪食を使い果たしたメイプルはシロップとともに謎の教会を発見して奥に進んでいきます。
 「食事が来たか」という声とともにボスが現われ、メイプルは「こっちが食べちゃうんだから!」と反論します。

 鎖で「呪縛」されたメイプルは発毛で防御し、シロップを巨大化させてサイコキネシスで攻撃します。
 相手のお腹から腕が生えてきて気持ち悪く、さらに炎が羊毛を燃やしていきます。
 メイプルは魔物の胃の中に入ってしまいますが、食べて相手をやっつけて「滲み出る混沌」のスキルを獲得します。

 「炎帝」のメンバーは組織力とカリスマで大量の鍵を獲得し、運営はメイプルについてこれ以上はないだろうとつぶやきます。
 上位に食い込むことが出来なかったものの、メイプルの「暴虐」に周りは「モンスター寄りだろ」「人間をやめた」と突っ込みます。
 第3層にやってきたメイプル達は食料を分けてほしいというおじいさんを助け、お礼にと長々と話をしてきました。

 街の中心にある建物には「機械神」がいて、その機械は製造方法が全くわからないらしいです。
 一代目は町の人に色々と教えていましたが、二代目の出現によって機械が入れ替わって記憶も消えたとのこと。
 メイプルは「夢の墓場」にやってきて「一代目」を復活させますが、お前もガラクタにしてやろうと襲ってきます。

 「滲み出る混沌」で一代目を大人しくさせたメイプルは力を託されて「眠らせてくれ」と言われますが……
 「機械神」のスキルでロボットのような姿になったメイプルは「何なのこれ?」と突っ込みを入れるのでした。

【感想等】
 本編もさるものながら冒頭の運営さんの会話もだんだん面白くなってきました。
 運営サイドに恋してしまった……というのは冗談としても、基本的に悪い人がいないので安心かも。
 まだまだ寒いので羊さんのもこもこ装備を身につけてみたいとちょっと思ったりします。

 ダイマックスさながらに巨大化するシロップさんをみるとポケモンさんをやりたくなるのは人情なのでしょうか。
 仲間からも「人間をやめた」と言われ、最後はいつからガンダムになったんだと突っ込みを入れたくなります。
 残り4話でギルド対抗戦があるのはいいとして、最後は本当にメイプルさんがラスボスになるのでしょうか。

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム