【アニメ感想】恋する小惑星 第12話(終)「つながる宇宙」

 恋アスの最終回(12話)を見て感想を書きます。
 遠い沖縄にやってきたみらさん達は観測2日目を迎えます。
 幼少期からの夢である小惑星「あお」は見つかるのでしょうか。

【内容】
 お掃除を終えたみらにいの先輩から連絡が入ります。
 先輩や後輩の写真を見て感慨深いものを感じつつもあおと合流します。
 「あおの星、みつけよう!」というひと言とともにオープニングが流れます。

 きら星チャレンジの2日目は勉強会が始まり、教科書っぽいものを読み上げます。
 ソーセージを連想してお腹を鳴らす一方、小惑星の光を分析すると主な成分がわかるらしいです。
 地学部の成り立ちは合併からであり、地学(地球惑星科学)は「ちくわ」と呼ばれるのだとか。

 これから撮影に入りますが、時間がかかるから星を見てはどうかと言われます。
 たくさんのお菓子を持って屋上に上がり、流れ星を見てはお祈りを捧げて世間話をします。
 小惑星を見つけた後はどうするかと言われたみらは新しい夢が浮かぶのかとひと言。

 地道な作業が続きますが、既知の小惑星しか見つかりませんでした。
 自転している小惑星は角度によっては急に明るく見えるそうで、既知天体のデータベースを更新することに。
 同じ領域を確認するかそれとも違う領域を撮影するか、友利、蒔田は可能性の高い前者を主張します。

 ボタンをみんなで推してみますが、既知の天体しか見つからなかったものの、小惑星に届くことがわかりました。
 狙った成果が出なくても報告することが大切なことだと言われ、過去の報告資料がこれからはじめる人の情報になるそうです。
 あおがメモや写真を撮っていたおかげで発表資料を作ることがはかどったようで何よりでした。

 発表の場で「いつかきっと新天体を発見したいと思います」と宣言するみらさん。
 研究者の皆さんや蒔田、友利との別れを済ませ、最後は夕日をバックにきららジャンプで記念撮影をします。
 帰りの飛行機でみら、あおと一緒に話をしていましたが先生は疲れたらしくずっと眠っていました。

 みらは電話で別居中の姉と会話し、あおはかつてみさが使っていた部屋でコーヒーを飲んでいました。
 地学部の部室にお土産を届けると卒業した先輩だけでなくて新聞部の皆さんも待っていました。
 すずちゃんもめぐちゃんもスイーツを持ってきて、ついでに砂だと思っていたのは虫というオチも待っていました。

 あおは改めて「ありがとうございました」と一礼し、みらはてるてる坊主ありがとうと言ってきました。
 沖縄の写真をみんなで見て、友利からいいタイミングで連絡が入りますが……
 最後はみんなで天体観測をすることになり、色々な可能性がつながることが「宇宙みたい」と言って手をつなぐのでした。

【感想等】
 コロナのせいか総集編が挟まったりしましたが、ちゃんと12話放送できたことは感謝です。
 ネコぱら、本作の2つがなければ3月までやってこられなかったのではと本気で思います。
 冒頭の先輩、後輩の集合写真の時点でちょっとうるっときたのは私だけではないと思ってます。

 最終回は先輩も後輩とも離れ離れですが、それでも心はきっと通じ合っているはず。
 小惑星を見つけるのは出来なかったものの、初対面のはずの4人が仲良く作業するのは微笑ましいです。
 可愛いだけでなく勉強になるお話でしたし、いつの日かふたたびみらさん達と会える日を願います。

【アニメ感想】恋する小惑星 第11話「きら星チャレンジ!」

 恋アスの11話を見て感想を書かせていただきます。
 みらさんだけでなくてあおさんもきら星チャレンジに参加することになりました。
 他の参加者がどんな子なのか、わたし、気になります!

【内容】
 あおは両親や先輩の力を借りて強引に沖縄までついてきました。
 先生によると事前に連絡してくれれば参観者として同行することは可能だったそうです。
 オープニングの後、書き切れなかった分の「重い」課題を出してお願いしてみます。

 先生は主催の広瀬さんとは知り合いらしく、追い返すわけにもいかないと参加させてもらいます。
 一方、美景や真理は妹や後輩を引き連れてつくば(?)までやってきていました。
 イノは「諦めないあおさんを見たら今自分に出来ることをやってみたいと思った」と言ってきます。

 参加者の中には男性もいましたし、アイドル好きな友利や人間が好きという蒔田がいてみらがましに見えてきます。
 みらは友利に「ともりん」とあだ名をつけて打ち解け、蒔田はあおの「脳」に興味があると言い出します。
 石垣島にあるアンテナは国土地理院にあったものと同じらしく、全国には4つのアンテナが存在するらしいです。

 「ぬりかぶし」望遠鏡という最大の反射望遠鏡を見て驚き、これで小惑星を観測すると聞いて熱心にメモを取ります。
 見学を終えたところで班を分けて新天体の探索をすることになり、みらは蒔田や友利と一緒になりました。
 先生はあおのごはんが出ないからとごちそうしてくれて、蒔田の引率の先生と遠藤先生とは当時の参加者らしいです。

 みら、蒔田、友利の3人は車で移動したものの友利は車酔いでダウンしてしまいました。
 明るめのものはあらかた発見されているらしく未知の小惑星は暗いものが多いのだとか。
 事前の知識がない友利はあおを相方として連れ出し、みらは実際の天文学者のやりかたを聞けて感激します。

 雲行きが怪しくなってきた中、友利は「チャンスは1回でも多い方がいい!」と一刻も早い観測を主張します。
 美景達は先生のおじいちゃんと一緒にてるてる坊主を作りますが……
 全部既知の星しかみつからず、先生がたくさんお菓子を買ってくれて「背徳感でうまさましまし」とひと言。

 先生2人は当時のことを語りだし、遠藤先生の髪型以外はあまり変化がない当時の写真が出てきます。
 当時、一緒に参加した人の中には海外で天文学者をやっている人もいるらしいです。
 あおはみらと小惑星を見つける約束をしていたことを語り、蒔田は視野を広げたりしたいと言ってきます。

 友利は天文アイドルなるものに会いたくて参加したそうですが、天気が回復しそうにないので切り上げます。
 過去の探索データを見学することになり、願いが通じたのか、次の日には石垣島は晴れたそうです。
 あおは旅館の女の人に「無理しないようにね」と心配され、あおは「まだチャンスはある!」と最終日に望みをかけます。

【感想等】
 オープニングで「あとは勇気だけ」と言っていますが、沖縄までついてくるのも一つの勇気なのかも。
 実際に行動に移してきたあおさんにみらさんへの底知れない「愛」を感じます。
 これを見て実際に沖縄までついていく高校生が続出したらさすがに追い返されても文句は言えないかと。
 
 友利さんも蒔田さんもなかなかに強烈なキャラで、先輩が抜けた穴は見事に埋めてくれました。
 先生2人が高校時代に一緒だったというのを聞いて、2人の学生時代のエピソードも気になります。
 次回で泣いても笑っても最終回になりますが、小惑星「あお」を発見できることを願うばかりです。

【アニメ感想】恋する小惑星 第10話「雨ときどき占い」

 恋アスの10話を見て感想を書かせていただきます。
 2年生になって新しい部員が入ってきましたが……
 千景さんは「小桜」と呼ばれたりはしないのでしょうか。

【内容】
 イノはみら、あおのゲリラ勧誘をとがめ、自分が学校の許可を取ると言ってきます。
 すずちゃんがショートカットになっていて驚きますが、なんでもみさ姉の後追いをやめたらしいです。
 地学部を残すためには部員を集めないとならず、部員の数に応じて予算も増えるのだとか。

 勧誘するまでもなく七海、千景の2人が入部したいとやってきて、千景が美景の妹だと判明します。
 千景は姉を通じてみら達のことを知っていて、姉と同じように地質班に入るとのこと。
 七海は「ちょっと足りないな」と言ってきますが、すずちゃんが出てくると急に態度を一変させます。

 「地学部ならもっと問題意識を持て」という七海は気象を人の役に立てたいと言ってきました。
 国立天文台から郵便が届き、きら星チャレンジに本格的に挑もうとしますが……
 小論文に四苦八苦する一方で、部員と親睦を図るためにバーベキューをすることになりました。

 七海は「のんきな人達」と言いながらもマシュマロを焼くやつをやりたいですと言ってきます。
 食料を買い込んだものの雨が降ってきて、先生の計らいで会場を変えることになりました。
 先生は「お肉焼けたら起こして」と眠ってしまい、イノ先輩はティッシュを出しててるてる坊主を作ります。

 七海、千景はいつの間にか「ななちゃん」「ちかちゃん」と呼ばれることになりました。
 お外で食べるお肉は格別で、七海は天気予報を見て1、2時間でやむと言ってきました。
 七海は親戚の家が洪水の被害を受けたことを語り、人の役に立ちたいと訴えます。

 千景は白瑪瑙を与えて「あまり無理しない方がいいですよ」と言ってきました。
 みらやイノ先輩は自分達の分野も人の役に立っていると言いますが、七海は役に立てない自分が嫌いとつぶやきます。
 てるてる坊主のおかげなのか雨が上がってきますが、虹ではなくて「環水平アーク」という珍しい現象が起こります。

 先生は自分のやりたいことを忘れないようにと言ってきて、ここにきて七海はナナとして定着します。
 バームクーヘンを食べながら地層のことを思い出しますが、不気味な色のマシュマロは突っ込まない方がよさそうです。
 望遠鏡で木星を見ていましたがみら、あおは小論文のために四苦八苦していることが明かされます。

 千景はみら、あおを占うと「行動を起こし前進すべし」と出てきて、みらは書類選考を通ってしまいました。
 新聞部の先輩が大喜びする一方であおがダメだったことでショックを受けてしまいました。
 大学に行ったはずの先輩の声が聞こえて励ましてきて、みらは一人で突き進むことを決心します。

 遠藤先生の引率でみらは沖縄にやってきますが、あおが「来ちゃった」とついてきます。
 みらは信じられない事態に「どういうこと……」としか言えませんでした。

【感想等】
 すずちゃんがショートカットになっていて失恋したのかとちょっと思いました。
 終盤で部員が増えるのはけいおん(1期)のことをふと思い出します。
 1年生は2人ともしっかりしていて、みらさん達がちょっと浮いて見えるのは内緒です。

 ふわふわした感じは相変わらずですが、少しずつ目標に進んでいるのはいいことだと思います。
 マシュマロを焼くやつは私もやってみたいですが、七海さんの過去はきらら系とは思えないほどに重かったです。
 これまでの通例を考えると残り2話だと思いますが、最後は沖縄合宿をして終わる感じなのでしょうか。

【アニメ感想】恋する小惑星 第9話「本当の気持ち」

 恋アスの9話を見て感想を書かせていただきます。
 みさ姉の提案があってあおさんとの同居生活がはじまるのでしょうか。
 そしてみやー姉と同じ声をしたすずちゃんは……

【内容】
 突然のあおの転校に対し、みさ姉は自分が卒業するから同居しろと言ってきます。
 あおは母親に引っ越したくないと言い、どうしても一緒に活動がしたいと言ってきました。
 提案書を見た母親は「考えが足りないわね」と言ってきますが……

 あおはみらと一緒に夢を追いかけたいと訴え、母親は必死な娘の姿に頭をなでてきます。
 みらの母親も「話し合おう」とスタンプを押してくる軽い感じで連絡してきました。
 色々あって夫婦同居が成立し、新聞部は記事として取り上げたいと言ってきました。

 すずちゃんはテンションが低いかと思ったら2人の匂いが楽しめると言っていました。
 みさ姉が遠くの大学を受けていたことにショックを受けているようですが……
 三角ビキニパイを与えつつも、みさ姉から連絡が来ないと思ったら美景から連絡が入ります。

 美景はバレンタインチョコの作り方を教えてほしいと言い、すずちゃんは何股ですかと突っ込みを入れてきます。
 みさ姉から連絡が入ったものの短く、今年はどうしようかと考えます。
 学校ジャージを着る美景にメイド服を着せ、細かいレクチャーから実際のチョコ作りへと続きます。

 すずちゃんはチョコを食べて喜びますが、美景はすずちゃんが本心を見せていないと指摘します。
 美景は赤面して髪の毛をいじりながらチョコを渡し、手作りなんて本命チョコみたいと言われて赤面します。
 すずちゃんは「私の気持ち受け取ってください」と言ってみさ姉にチョコレートを渡して前半が終わります。

 真理も大学に合格してアパート暮らしを考え、イノは先輩が卒業するのかと思うと寂しくなります。
 2人は部が合併することになったことを思い出し、それぞれ天、地、人と書いてみますが……
 新入部員が入ったことで刺激を受け、ステップアップの一段階だと思っていた部活も違って見えてきました。

 先輩方はあっさりと卒業式を終え、イノは写真撮影しようとしてメモリーカードが入っていないと指摘を受けます。
 文化祭で作った模型やボーリングコアのミニチュア版、真理の写真を加えたアルバムを渡してきました。
 写真撮影を終えて美景は楽しかったと言い、真理は突然に涙を流して「変なところで真面目すぎ」と突っ込まれます。

 美景は「一緒に合コン」と言ってくる真理に困惑し、あおはみらとの同居を前に荷物を開けられて喧嘩になります。
 ジャイアントインパクト説と捕獲説の話なのかはさておき、みさ姉は自分も新生活は不安だと言ってきました。
 マグカップはお別れする際に渡すものだったらしく、みらはもう勝手に荷物を開けたりしないと言って抱きついてきます。

 あおはみらと一緒に星空を見ていて、みさ姉にみらを頼むと言われたことを思い出します。
 進級した2人は地学部員を募集しようし、2人ばかり興味を持ったようですが……

【感想等】
 このままお別れかと思っていたらまさかの展開に目が点になりました。
 あおさんのお母さんがお姉さんにしか思えず、ややもすればイギリスに旅行しそうなお声も素敵です。
 みらさんのお母さんのお声が一瞬植田さんかと思っていましたがそんなことはありませんでした。

 すずちゃんのキャラクターが好きですし、チョコレートの作り方は来年以後の参考になるかも。
 ツンデレな美景さんが髪の毛をいじる仕草や真理さんの落ち着いた感じももう見納めだと思うと涙が出ます。
 残り2話で確実に進級すると思われますが、百合がはかどりそうな新部員は入ってくるのでしょうか。

【アニメ感想】恋する小惑星 第8話「冬のダイヤモンド」

 恋アスの8話を見て感想を書かせていただきます。
 先輩方の引退からイノ先輩の覚醒と、お話は終盤に向けて動き出しました。
 あおさんの涙の理由が一体何なのか、わたし、気になります!

【内容】
 イノは一人で地学オリンピックに出ると言い、話を聞いた美景は驚きを隠せません。
 4年に一度のオリンピックにはどんな競技があるのかと考えるみらさんん。
 「気になったらまずは調べなさいよ」といい、予選、本戦を突破して国際大会の代表を選ぶのだとか。

 美景の妹もまた地学オリンピックを目指していて、みらはタイのおみやげを狙って気が早いです。
 みらと美景がじゃれ合っている中、置いていかれたような感じのあおなのですが……
 オープニングの後、イノは地学部代表として試験会場にやって来ていました。

 佐伯にいきなり声をかけられて悲鳴を上げたイノでしたが、相手がいうにはみんな地学好きの同類だったとのこと。
 大学によっては大会の結果を使うことができるらしいですが……
 イノはすらすらと解いていきますが、苦手分野になってきてだんだん弱気になってきました。

 あと1問がどうしてもわからず「あ~お」から「あお」という名前を連想するイノ先輩。
 詰め込んだものを一気に放出したイノは「世界は広いんだね」と言って身長のことかと言われます。
 自己採点の結果はダメだったものの、地学好きの仲間がいることを知ってうれしそうです。

 真理はあと一踏ん張りすると言ってきて、写真がぶれていないのは佐伯に撮ってもらったからなのだとか。
 みらは電磁調理器を借りてきてせっかく使いますが、いきなりブレーカーが落ちて怒られます。
 イノは石焼きをすればいいと考えますが、さすがに男鹿半島まで行くのは無理な相談でした。

 あおはブランケットを使えばいいと提案し、いつもみらに力をもらっていると実感します。
 パーティー当日、真理はJAXAで買ったブランケットを着て人工衛星になった気分になったと言って突っ込まれます。
 唐辛子のおかげで辛くなってしまい、オトナな真理や美景にはおいしかった一方で先生には辛かったようです。

 みんなで「冬のダイヤモンド」を見ることになり、オリオン座のペテルギウスを加えるとグレートGになるのだとか。
 真理、美景はプレゼントだと言ってアルバムをくれて、それを見たあおは急に涙が出てきます。
 キムチ効果でダメージを受けた一同はおかゆを作ろうとし、先生が煖房を入れてブレーカーを落とします。

 三が日になって初詣以前に治水工事の記念碑で興奮するイノ先輩。
 「天然石おみくじ」が気になりますが、とりあえず先にお参りを済ませてしまいます。
 みらは「あおと一緒に小惑星を見つけられるように」と大声で言いますが……

 空気を読んだイノはあおの様子がおかしいと言い、あおは父親が転勤するからみら達は離ればなれになると言ってきます。
 緊急会議には新聞部も呼ばれ、みらはあおの変化を気づけなかったことにショックを受けますが美景に激励されます。
 すずちゃんが遅れてやってきて「駆け落ちしよう」と言ってあおを連れていきますが……

 通い妻をするにも新幹線で4時間がかかるというオチでお休みに集まるしかないかと考えます。
 あおはどうして自分にそんなにしてくれるのかと言いますが、みんなあおが好きというのが現実でした。
 元生徒会長のみさが(鼻眼鏡で)出てきて、転居そのものを回避する方法はないかと言い出します。

 転居は嫌だという気持ちを伝えていないかと言われたあおは「親の気持ちは変えられません」とつぶやきます。
 みさは来年から一人暮らしするからあおに自分の部屋に住めと言ってきます。
 いきなりの同居と言われたみらは大いに困惑しますが、一体これからどうなってしまうのでしょうか。

【感想等】
 見るたびに編入したいと言っていましたが、今編入しても臨時休校かもしれません。
 オープニングの「見たことのないもの」がこのアニメなのではとちょっと考えます。
 単行本2巻しか出ていない現状を見るとオリジナルを相当挟んでいるっぽいです。

 きらら系は女子しか出ないと思っていたものの、予選会場は普通に男子生徒もいるようです。
 ブレーカーが落ちることはたまにあるのでちょっと親近感を覚えました。
 ブランケットと聞いて秘密結社ブランケットを連想したのは私だけではないはず。

 ペテルギウスと聞いて「怠惰ですね」という単語がついつい頭に浮かんでしまいました。
 前回、半分冗談で転校だと言ったら本当になってしまうなんて……
 みんなの優しさに穢れた心が浄化されつつ、残りのお話も精一杯応援していきたいです。

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム