秋アニメを中心に、今年のアニメを振り返っておきたいと思います

 今年を終えるにあたり、秋に放送されたアニメを中心に、今年のアニメについてまとめたいと思います。
 リゼロ不在で若干不安でしたが、終わってみれば今季もいい作品が多かったと思います。

1 2016年秋アニメ「総評」
 今期の特徴は続編ものが多いことですが、そのいずれもが評判をいい意味で裏切ってくれたと思います。
 特にオルフェンズはUCの穴を十分以上に埋めてくれましたし、ユーフォは音楽のレベルも、キャラクターの魅力も一押しです。

 また、オリジナル作品の躍進についても触れておきたいところです。
 「装神少女まとい」と「終末のイゼッタ」、あるいは「ユーリオンアイス」はどれもよくできていたと思います。

 「まとい」を語るにあたっては、もう一つの魔法少女枠「魔法少女育成計画」を同時に語らないといけないような気がします。
 前者は「剛速球」ともいえる王道、感動できる作品であるのに対して、後者はかつての「まどマギ」のような「変化球(危険球?)」的な作品だと言えると思います。

 「イゼッタ」もまといやまほいくと同じく、魔法少女の枠内に含まれるかもしれません。
 戦争の残酷さ、圧倒的な戦力差という絶望的な状況をうまく限られた枠で表現できていたと思います。
 キャラクターについても、一生懸命のイゼッタさんとりりしいフィーネさんの関係、彼女たちを取り巻く人間関係も必見です。

 「ユーリ」は、フィギュアスケートを題材としたアニメです。
 演技や音楽、さらには(現役アナウンサーや世界王者といった)出演者にいたるまでリアルさをとことん追求するもので、純粋な競技アニメとしても及第点のできだったと思います。

 夏の「甘々と稲妻」や「あまんちゅ」に続く癒し枠としては、「うどんの国の金色毛毬」と「夏目友人帳」を挙げたいと思います。
 前者は、春のふらいんぐうぃっち(青森)、あまんちゅ(静岡)に続いて地方(香川県)を舞台としたアニメということで、地域おこしという意味でも注目です。
 後者は、マスコットの「にゃんこ先生」のキャラクターに笑い、主人公や周りの人の優しさにけがれた心が浄化されるのを感じます。

 同じく「癒し」という意味で、今季のきらら枠「ステラのまほう」についても若干ふれておきたいと思います。

 夏の「ニューゲーム」と同じゲーム作りを題材としたアニメですが、あちらが「会社」であるのに対して、こちらは「部活」という違いがあり、自分のやりたいことを手探りで探っていく、そんな感じが出ていて見事に差別化できていると思います。

 次からは追記で、個別アニメの雑感を書いていこうと思います。

続きを読む

2016年秋アニメの放送1ヶ月を迎えての雑感など

 10月も終わり、秋アニメもだいたい4~5話程度が終わりました。
 だいたいお話が見えてきた頃なのでいったんまとめたいと思います。

1 総評
 継続作品がいったん終了して仕切り直しとなった秋、リゼロ不在のため不作が心配されたのですがそんなことは取り越し苦労だったといわんばかりに面白い作品がいっぱい出てきました。
 おかげさまで、見る作品が多くなり、睡眠不足が心配される今日この頃です。

 今期の特徴は続編ものが多いことですが、そのいずれもが評判以上の結果を出す好スタートを切りました。
 特にオルフェンズはUCの穴を十分以上に埋めてくれましたし、ユーフォは音楽のレベルも、キャラクターの魅力も一押しです。

 新規のアニメでは、魔法少女ものが目立ちます。
 魔法少女育成計画はまどマギのような「変化球」的な作品であり、装神少女まといは「剛速球」の王道作品の印象でした。
 ブレイブウィッチーズは未見ですが、これも評価が高いようです。

 魔女という意味では「終末のイゼッタ」も魔法少女の枠内に含まれるかもしれません。
 主人公のイゼッタさんの一生懸命さも素敵ですが、お姫様のフィーネさんのりりしさにあこがれてしまいます。

 また、夏の「甘々と稲妻」や「あまんちゅ」に続く癒し枠としては、うどんの国の金色毛鞠が挙げられます。
 このアニメは、春のふらいんぐうぃっち(青森)、あまんちゅ(静岡)に続いて地方(具体的には香川県)を舞台としたアニメでもあり、今後もこのような地方の魅力を発信するような作品が増えていけばいいなと思います。

 次からは追記で、個別アニメの雑感を書いていこうと思います。

続きを読む

2016年夏アニメの雑感と秋アニメの視聴予定について

 9月が今日で終わり、夏のアニメもほとんどが終わったことから、私なりにちょっとまとめてみようと思います。
 よろしければお付き合いいただけると幸いです。

1 2016年夏アニメ総評
 春も同じようなことを言いましたが、夏もいい作品が多かったと思います。
 特に人気が高くフォロワーさんとも話題になったのはリゼロ、ラブライブサンシャイン、ニューゲーム、この美あたりで、登場人物も(リゼロに至っては男性を含めて)人気のある人物が多かったです。
 その他だと癒し要素として甘々と稲妻、あまんちゅなど、派手さはないもののプラネタリアンやリライフもよかったです。
 タイムトラベル少女については知名度が低かったのかあまり他の人と話すこともなかったのですが、勉強的な意味でもいい作品で、NHKさんで放送しても違和感がないほどためになる作品です。

 作画や絵が圧倒的によかったのはガンダムUC、ufotableさん制作のテイルズオブゼスティリアでしょうか。
 前者は新旧多くのモビルスーツが多く出てくるところはファンとしては感涙ものであり、後者は原作が賛否分かれる作品でありながらも良改変により登場人物が魅力的に描かれています。
 同じ作画で一部話題になったクオリディア・コードの方は、後半の急展開や千葉のお兄さんの活躍ほかキャラクターが魅力的なことなどで一定の評価を得ていると思います。

 今期は2期ものがいくつかあり、どれも一定以上の評価が出来る物だったと思います。
 特に食戟のソーマについては、1期が中途半端(秋選抜の予選)で終わったという歯切れの悪さがありましたが、2期ではテンポの良さも手伝って見事に有終の美を飾る作品でした。

(ここから長くなるので、一旦区切ります)

続きを読む

2016年夏アニメレビュー(2016年7月23日現在)

 夏休み突入ということで、私なりに夏アニメをまとめてみようと思います。
 一気見など、視聴の参考にしていただけると幸いです。

 リゼロやガンダムUC、双星といった継続作品、食戟やアルスラーン戦記などの2期ものがかなりがんばっているような気がします。
 特に食戟については、1期がかなり中途半端に終わったのを払拭するかのように、テンポよくお話が進んでいておすすめです。

 甘々と稲妻、あまんちゅ、美術部、ニューゲームといったような日常系が、春に続いて豊作のようです。
 key作品2つとリライフもいい感じです。
 ライバーとして、ラブライブサンシャインも外せません。

 戦闘ものとしては、クオリディア・コードとテイルズオブゼスティリアでしょうか。
 ゼスティリアは、あのufotableさんが制作ということで、画面がとても綺麗です。
 あと、タイムトラベル少女も個人的にいいなと思います。

 それでは、個別タイトルについて見ていこうと思います。
 ※美男高校、Show By Rockを追加しました。

続きを読む

2016年春アニメについての猫的雑感(完成版)

 2016年春アニメも終わりましたので、私が見たものについて、ひとまず感想をまとめようと思います。
 詳細な内容については、左横のカテゴリに感想があるので見ていただけると、さらにランキングもクリックしていただけるとうれしかったりします。
 そして、もし興味をもたれたら、夏休みにでも実際見ていただければと思います。

 今期の特徴としては日常系が多く、しかもどれもレベルが高いです。
 具体的に言えば、あんハピ、くまみこ、三者三葉、ふらいんぐうぃっちなどです。
 このうち、くまみこの最終回は賛否両論でしたが、ほかの3つはどれも最後まで安定していたと思います。
 今期の覇権と目されていたカバネリもよかったものの、後半はかなり駆け足で、2期を期待するところです。
 また、始めはあまり気にしていなかったキズナイーバーや、聖戦ケルベロスは最終的にかなりいい作品になっていたと思います。

 それでは、早速「あんハピ」から書いていきます。
 なお、ガンダムUC、陰陽師、アシベ君、リゼロはまだ続きますので現時点で視聴したところまでの雑感になってます。

あんハピ(全12話)
 不幸体質をもった女の子たちの学校生活を描いた作品です。
 俗に言う「日常系」の一つで、オープニングが妙に中毒性があります。
 過去の作品でたとえるならば、きんモザに近いような感じでしょうか。
 メインヒロイン3人が仲良くしているところを見ると、癒されるとともに、ちょっとうらやましく思えてきます。
 他にも、レンさんやヒビキさん、底知れぬ実力を持つ先生や、ところどころガンダムネタを出してくるチモシーさんも面白いです。
 きらら枠として、三者三葉と同じく安定した出来でした。

学戦都市アスタリスク(全24話)
 主人公は、行方不明のお姉さんを捜すために「フェニックス」という大会に出場しています。
 ヒロインもみんな魅力的で素敵な人が多いです。
 秋放送の1期は大会の途中でしたが、きちんと大会の終了まで見せてくれたのが良かったです。
 ただ、3期前提の終わり方になってしまったので、いずれ3期を期待せずにはいられません。

キズナイーバー(全12話)
 痛みを共通する「キズナイーバー」となった少年少女がミッションをクリアしていくお話です。
 1話だけでは突然の展開によくわからなかったものの、2話からはミッションをクリアする形式になり面白くなってきました。
 一風変わった登場人物ですが、話が進むに連れてその成長が見えてきてよかったと思います。
 特に無表情だった勝平さんは、最終回ではまるで別人のようになります。
 最後の方は重たくなる一方ですが、そんな中でも明るいにこさんが救いです。

機動戦士ガンダムUC(13話まで)
 第二次ネオジオン戦争(逆襲のシャア)から3年後、バナージ(主人公)が謎の少女であるオードリーと出会い、連邦の生存をも左右する「ラプラスの箱」を巡る戦いに巻き込まれていきます。
 オルフェンズの翌週放送開始とは、絶妙なタイミングでした。
 出てくる主要モビルスーツがみんなかっこいいです。
 ファースト~逆襲のシャア、特にファーストを見ていると(ある登場人物がシャアさんのオマージュなので)より楽しめるような気がします。

くまみこ(全12話)
 都会にあこがれるまち(巫女)さんとその親代わりのナツ(くま)さんの日常を描いた作品です。
 今期の日常系の中で、おそらく1、2を争う作品かと思います。
 まちさんの奇抜な発想(例:ヒートテックを暖房器具と勘違いするなど)と、ナツさんのやりとりがとてもおもしろいです。
 ただ、最終回の展開については、賛否両論ではあります。

甲鉄城のカバネリ(全12話)
 江戸時代のような世界で、人々は「カバネ」なる敵に脅かされながら暮らしていますが、それをよしとしないのが主人公の生駒さんです。
 設定、キャラクター、音楽のどれをとっても、おそらく今期最強の一角だと思われます。
 一言で言えば、江戸時代+進撃の巨人です。
 前半はカバネとの戦いが中心ですが、後半である人物が登場することからお話が大きく動き始めます。
 そこからの評価は少し分かれるところではありますが、全体としていい作品であることは事実だと思います。

坂本ですが?(全12話)
 スタイリッシュな高校生、坂本君の活躍を描いた作品です。
 どんな嫌がらせにも、スタイリッシュに対応してかっこいいです。
 声優さんが豪華で、ときおり不意を撃つように感動させてくるところがすごいと思います。
 そういう意味では「おそ松さん」にも通じるところがあるような気がします。

三者三葉(全12話)
 元お嬢様の「葉」子様、腹黒委員長の「葉」山さん、大食らいの双「葉」さんという(名前に「葉」がつく)3人の学園生活を描いた作品です。
 メインヒロインが3人ということ、なおかつ内容的にも「あんハピ」と似た系統の作品かと思います。
 こちらも、オープニングは楽しくていい曲だと思います。
 個性的なキャラクターを余すところなく使い切ってくる辺りは、作者さんとスタッフの方の力量の高さがうかがえます。
 原作のストックもあるでしょうし、2期期待です。

少年アシベ(12話まで)
 アシベ(主人公)君が、アザラシ(ゴマちゃん)を拾ってきたところから物語は始まります。
 動物に癒しを求めるなら、くまみこと並ぶ作品かもしれません。
 ゴマちゃんかわいいです。

少年メイド(全12話)
 早くに親を亡くした主人公(千尋)は、円(お金持ちのおじさん)に引き取られ、メイドとして雇われることになった、というお話です。
 しっかりものの主人公と、つかみどころのないおじさんのやりとりがおもしろい一方で、登場人物が互いを思いやっていて、心が温まるような気がします。
 個人的に、美耶子さんみたいな素直な子が好きです。

聖戦ケルベロス(全12話)
 ヒイロ(主人公)さんは、親の敵である邪竜を倒そう旅をしていますが、実力が全く伴っていません。
 弱い主人公ですが、最後まで自分の信念を貫くところがいいと思います。
 後半でかなり話が大きくなってきますが、最終的にうまくまとめた終わり方でよかったと思います。
 まさに今期のダークホースかもしれません。

双星の陰陽師(12話まで)
 過去のトラウマで陰陽師として戦うことをやめたろくろ(主人公)さんの物語です。
 主人公も、紅緒(ヒロイン)さんも素敵ですが、「早く子どもを作れ(意訳)」と言ってのける有馬(偉い人)さんのインパクトがあまりにも強いです。
 日常がラブコメに近いところがありますが、戦闘では一転してかなり重たい話になってきます。
 途中まで来ましたが、最後まで楽しみな作品です。

ネトゲの嫁が女の子だと思った?(全12話)
 主人公は昔ネトゲ上で求婚した相手がネカマだったことでトラウマを持っていましたが、今の嫁は本当に女の子で、しかも同じ学校に通う子でした。
 しかし、この女の子(アコ)は、顔はかわいいですが、現実とネトゲの区別のつかない痛い子でした。
 男1人に対して女3人、そしてその女の子がみんな個性的なのは、このすばに近いかもしれません。
 アコさんは、一途で可愛く、ルシアンさんとは本当にいいカップルだと思いますし、きちんとハッピーエンドに持っていったのはよかったと思います。
 なお、難しい用語が結構出てきますが、公式サイトがかなり詳しく解説しているところもポイントが高いです。

はいふり(全12話)
 海の安全を守る「ブルーマーメイド」を目指す女の子たちが戦艦に乗って海に出るお話です。
 ガルパンとアルペジオを足して2で割ったという感じでしょうか。
 主人公の戦い方に、どこか西住殿の面影を感じます。
 一話から想像を絶する大ピンチを迎えますが、仲間とともにそれを切り抜けるところ、そして最終回の流れはまさに感動的ですらあります。

ハンドレッド(全12話)
 海上都市の学園に通う主人公が、委員長の下でいろいろな課題をクリアしていくお話といった印象です。
 1話の(ヒロインとの決闘の)流れは、落第騎士、アスタリスク、最弱無敗から続く伝統なのかもしれません。
 戦闘がおそらくメインなのでしょうが、むしろ日常のドタバタ(女の子が主人公を取り合うところ)の方が印象に残ります。

ふらいんぐうぃっち(全12話)
 魔女見習いの真琴(主人公)さんが、東北に魔女修行にやってくるというお話です。
 魔女や魔法といった不思議なことが半分、都会の女の子が田舎暮らしを満喫している感じが半分といったところでしょうか。
 ほんわかとした皆さんを見ていると、どこか癒される気がして、明日もがんばろうという気にさせてくれる作品でした。
 個人的には、真琴さんたちとお友達になりたいですし、弘前にも行ってみたいです。

僕のヒーローアカデミア(全13話)
 「個性」(特殊能力)のない主人公がヒーロー(この世界では職業として認められているようです)を目指すお話です。
 一言で言えば、古き良き「王道」だと思います。
 血筋や才能ではなく、努力と根性で強くなる主人公には、感情移入がしやすくて、応援したくなります。
 お話は中途半端に終わりますが、どうやら2期製作決定のようなので楽しみです。

Re:ゼロから始まる異世界生活(13話まで)
 異世界ものとタイムリープを掛け合わせた作品です。
 主人公が異世界にやってくる作品は多いですが、異世界でタイムリープを行ったのは、この作品の個性だと思います。
 一生懸命のスバル(主人公)さん、優しいエミリアさんやレムさんといった当時多才な登場人物も魅力です。
 2クールであと半分以上続きますので、これからも目が離せません。


 以上で、私なりの雑感を終わりたいと思います。
 皆さんのアニメ鑑賞に少しでもお役に立てたならよかったです。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム