【アニメ感想】Re:ゼロから始める異世界生活 新編集版 第25話(終)「ただそれだけの物語」

 リゼロ新編集版の最終回(25話)を見て感想を書きます。
 何度も何度も死に物狂いで突き進むスバルさんは最後に何を掴むのでしょうか。
 ※参考:25話「ただそれだけの物語」感想(2016.9.22)

【内容】
 ヴィルヘルムは気がかりなことがあると言い、エミリアには子供達と一緒にいるようにとひと言。
 「やはり主従なのですね……その目は彼とそっくりです」と言われたエミリアは呆然としていました。
 そしてそのスバルはユリウスとともに、まさにペテルギウスとの決戦のときを迎えていました。

 スバルの視界によって「見えざる手」を見切ったユリウスはペテルギウスを次第に追い詰めていきます。
 「私は愛されているはず!」と目が飛び出そうな顔をするペテルギウスさん。
 ユリウスはペテルギウスに必殺の一撃を与え、スバルは全力投球で壁を破壊し、最後にユリウスがペテルギウスを突きます。

 スバルは「脳が震える……」と言いながらも「魔女に会わせてやる」とひと言。
 以前と同じようにスバルに乗り移るペテルギウスに、スバルは「死に戻り」のことを暴露します。
 魔女は「あなたじゃない」と彼を拒絶し、ペテルギウスは元の体に戻る羽目になりました。

続きを読む

【アニメ感想】Re:ゼロから始める異世界生活 新編集版 第24話「自称騎士と最優の騎士」

 リゼロ新編集版の24話を見て感想を書かせていただきます。
 全てがうまくいくと思っていたところでどん底に突き落とされましたが……
 参考:24話「自称騎士と最優の騎士」感想(2016.9.18)

【内容】
 死に戻ったスバルは、リカードに声をかけられてフェリスにもちょっかいをかけられます。
 現在は白鯨戦直後の会議中ということで、リンガおじさん前からセーブポイントが一つ更新されたようです。
 オープニングの後、前回の経験から、魔女教が人の意識を乗っ取ることができることを伝えます。

 ユリウスはその魔法は魔女教の中でも限られた人間にのみ使える手段ではないかと推測します。
 結論として体の「予備」である指先を倒し、乗り移る先をなくした上でペテルギウスを倒せばよいのではと考えます。
 スバルは自分も乗り移る対象だと言ってきて、エミリアといざこざを起こしたことを思い出しますはスバルとのいざこざを含めた「差別」の過去を思い出します。

 目を覚ましたエミリアは村人を避難させようとしながらも聞き入れられなかったことについて悩んでいました。
 パックは「転んでいたら痛いし血が出るものだよ」と言い、何をしてもリアの味方だと言ってきました。
 クルシュの名代によりヴィルヘルムがやってきて、先に届いた白紙の親書は手違いであることを言ってきました。

続きを読む

【アニメ感想】Re:ゼロから始める異世界生活 新編集版 第23話「悪辣なる怠惰」

 リゼロ(新編集版)の23話を見て感想を書きます。
 前回はペテルギウスさんをあっさり倒したスバルさん達ですが……
 ※参考:23話「悪辣なる怠惰」(2016.9.11)

【内容】
 気づけば深い霧に包まれ、スバルは誰かいないのかと叫び、目の前にある青い花からつるが伸びてきて縛られます。
 自分を見捨てることのないはずのパトラッシュが自分を助けてくれないことから、これが幻惑だと気づきますが……
 精霊が花を焼き払うことで幻惑から解放され、幻惑から逃れたのはスバルの他はユリウス一人だけでした。

 ユリウスは精霊を使って他の仲間も幻術から開放しようとしますが、スバルはそれに耐え切れず苦しみだします。
 いきなりスバルに襲いかかってきたのはラムで、取り囲まれたら「辱めは受けない」と覚悟を決めます。
 ラムは「恩知らずなバルス」「飼い犬に手をかまれる」とスバルがエミリアやロズワールを裏切ったと考えていました。

 送ったはずの親書はなぜか「白紙」であり、ユリウスによると白紙は宣戦布告と同様の意味とのこと。
 ラムはもう一度「飼い犬に手をかまれる」と言いつつも白紙が手違いでスバルがエミリアの犬だと信じてくれました。
 スバルは「犬でもいい」と言いつつ、ヴィルヘルムやユリウスは仲間だと説明して村人の避難を促すことに。

続きを読む

【アニメ感想】Re:ゼロから始める異世界生活 新編集版 第22話「怠惰一閃」

 リゼロ(新編集版)の22話を見て感想を書きます。
 白鯨を倒したスバルさん達ですが、本当の敵はまだほかにいました。
 ※参考:22話「怠惰一閃」感想(2016.9.4)

【内容】
 スバル達白鯨を討伐し、街道封鎖を担当していた傭兵たちが合流してきました。
 傭兵を率いるユリウスは騎士が傭兵に身を落とすわけにはいかないと言って「ユーリ」と名乗ってきました。
 因縁のあるスバルは憎まれ口を叩いてきますが、ユリウスは「復調したようで何より」と流します。

 スバルは「魔女教に落とし前をつけさせる」と言い、村人の避難はアナスタシア達に任せることに。
 クルシュの使者が親書を持ってロズワールの屋敷へと向かっているそうです。
 「私の名前はユーリだよ」というユリウスに突っ込みつつも、スバルは「みんなで生きて帰ってこようぜ」とひと言。

 ユリウスは王国騎士が果たすべき白鯨討伐を果たしたスバルに感謝を述べ、スバルもかつて(13話)の非礼を詫びます。
 「友人には中々なれそうにない」と語るユリウスですが……

続きを読む

【アニメ感想】Re:ゼロから始める異世界生活 新編集版 第21話「絶望に抗う賭け」

 リゼロ(新編集版)の21話を見て感想を書きます。
 1体でも強力な白鯨さんが増えるだなんて誰が想像したのでしょうか。
 ※参考:21話「絶望に抗う賭け」感想(2016.8.28)

【内容】
 スバルをかばったリカードは吹き飛ばされ、白鯨が3体になって立ちはだかります。
 その光景の前に多くの兵士が戦う気力を失いますが……
 多くの(文字通りの)「死」線を潜り抜けてきたスバルは諦める気配はありません。

 「このくらいの絶望で、俺が立ち止まると思うな!」
 パトラッシュとともに必死に白鯨に挑みかかるスバルに、匂いをかぐのは私の特権だとレムが続きます。
 クルシュはスバルに話しかけてきて白鯨が突然増殖したことに違和感を感じます。

 兵士隊が動かない中、クルシュは自ら剣を投げつけたものの大きなダメージは与えられないようです。
 レムの攻撃からヘイタロウ達の奮闘が続き、スバルはリカードが生きていたことを知ります。
 リカードは「軽い」と言っていたらしく、スバルは自力で脱出してきたヴィルヘルムの元に駆け寄ります。

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム