【アニメ感想】グリザイアの迷宮「カプリスの繭0」

 グリザイアの果実が終わったので2作目の「迷宮」を見ます。
 それぞれのヒロインを掘り下げた後は「迷宮」で雄二さんの過去が明かされます。
 彼があれだけ達観した人物になったのはどんな過去ゆえなのでしょうか。

【内容】
 2年前のバンクーバー国際空港でテロリストがハイジャックを行い、警察が飛行機を取り囲みます。
 テロリストの主力は特殊部隊に制圧されますが、残ったテロリストは日本人女性(千鶴)を人質にして立てこもります。
 雄二は上司から色々と言われながらも超長距離から敵の腕を狙撃して人質を救出することに成功します。

 ずぶ濡れになった千鶴は異議を申し立てますが、子供にしか見えない彼女は実は昭和生まれらしいです。
 千鶴は助けてもらったお礼をしたいと言い、雄二は「普通の学校」で普通の学生をやってみたいとひと言。
 こうして美浜学園に編入した雄二は様々な事件を経て、気づいたら坂下の事件から1年が過ぎていました。

 JBは雄二の家族構成についてざっと説明していき、雄二は平凡ゆえにぞんざいに扱われたとのこと。
 一姫は幼少期には自宅に保管した絵を完全に模写してしまい、絵には数百万の値がついたのだとか。
 雄二が「市ヶ谷」に呼び出され、JBはいくつかの質問をしたいといい、そこで姉についての質問となりました。

 幼い日の雄二は出来がよすぎる姉を避けていて、一姫は「つらいときはつらいと言っていい」と言いますが……
 一姫はキャッチボールをしようと言ってきて、あえて右でも左でも投げられるように練習しろと言ってきました。
 「努力家というのは一つの才能」と言った一姫は雄二の絵を飾ったものの、父親はそんな絵を外せと言い放ちます。

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム