【アニメ感想】グリザイアの果実 第13話(終)「射界10センチ」

 グリザイアの「果実」の最終回(13話)を見て感想を書きます。
 壮絶な過去回で神経をすり減らしながらも雄二さんは一姫さん生存の可能性を示唆しますが……
 天音さんは過去を乗り越えて未来へと突き進むことができるのでしょうか。

【内容】
 雄二、天音は一姫からのメモを頼りに指定された場所へと向かいます。
 その場を掘ってみるとクーラーボックスが出てきて、中には天音への手紙が入っていました。
 そこには「全員病死」だと書かれていて、肉に手を出さなかった天音は助かったそうです。

 一姫はできたら天音に弟を見守ってほしいと言い、生きていたらどこかで会おうと手紙を締めくくります。
 慰霊碑に線香を手向けた天音は「もう逃げるのをやめる」と言い、これからはお礼を言うと言ってきました。
 雄二は慰霊碑の「坂下」千秋という名前が気になり、帰り道ではその父親から連絡が入ります。

 少し前に寮にやってきた坂下はいきなり猟銃を突きつけて寮生の携帯を没収してきました。
 雄二は「任せろ」と言ってJBに電話して協力を求め、警察が介入したら由美子の生存が公になると言ってきます。
 坂下は娘が生きていたら学校に通っていたと言い、娘を失った父親の気持ちがわかるかと言い放ちます。

 JBと特殊部隊が学校の周辺を取り囲み、天音は雄二が「汚れ仕事」をしているという意味を察します。
 雄二は高台の灯台から犯人を狙うと言い、射界はせいぜい10㎝といったところらしいですが……
 朝子は射界15㎝を狙撃したとのことで、雄二はそれを上回る射撃をするとともに「海兵」を使うと言ってきます。

 雄二はモールス信号で蒔菜に合図を送り、蒔菜はトイレに行きたいと言いますが、みちるも一緒についてきました。
 みちるは男子トイレに放り込まれて憤りながらも体当たりしてトイレを壊し、雄二は天音にペットボトルを持っていかせます。
 坂下は娘が死んだのに天音が生き残っていることが気に入らず、4人を助けたければ撃たれろと言ってきます。

 周囲の非難を受けながらも坂下は天音を引っ張り回し、これならみんなで死んだ方がいいなどと言い出します。
 天音を殺す前に楽しませてもらうと言って連れていき、雄二は尿意をもよおして射界に入った坂下を撃ち抜いてきました。
 特殊部隊が坂下を確保し、雄二は「ここは俺の学校だ」と言ってヒロインとの再会を果たしますが……

【感想等】
 一姫さんが天音さんに大切な弟を託したところに、彼女の信頼がいかに大きいかを実感します。
 部長のお父さんがラスボスというのは色々な意味で想定外でしたが……
 娘を奪われた父親の苦しみは理解できるものの、行動がやや飛躍しすぎているように思えます。

 由美子さんの父親との葛藤や蒔菜さんシナリオの訓練などなど、これまでの集大成といえるお話でした。
 これだけの遠距離からの狙撃……もしかしたらSAOのシノンさん以上なのかもしれません。
 果実の後は「迷宮」「楽園」が続きますが、順調にいけば今年中に終わるのではないかと思います。

【アニメ感想】グリザイアの果実 第12話「エンジェリック・ハウルⅢ」

 グリザイアさんの12話を見て感想を書かせていただきます。
 転落から日数が経つに従ってだんだん嫌な方向に進んでいくのがよくわかります。
 天音さんはこの極限状態をどのように生き抜いたのか、わたし、気になります!

【内容】
 転落13日目にして一同はボロボロになっていきますが、一姫は「まだ地獄ではない」とつぶやきます。
 一姫は「雄二」の名前を呼び、生きて帰れたら弟を紹介すると言ってきます。
 先生は狂った叫び声とともに戻ってきて、広岡さんが息を引き取ったので墓を掘って埋めてくると言ってきます。

 転落15日目には桜井先輩や小森さんが死亡し、先生がまたも彼女らを連れていくことになりました。
 代わりに誰かが死ねば自分が助かるのではないかと言ってきますが……
 先生は「鹿」を捉えたと言って肉を出してきますが、一姫はそれを食べず、天音もなくなくそれを諦めます。

 その夜、一姫は天音を呼び出し、部長と先生が森の中に入っていく隙に脱出すると言い出します。
 「鬼は連れて行けない」と言った一姫が見せたのは部長と先生が交わるさまでした。
 先ほどの「鹿」の肉は亡くなった生徒の肉であり、一姫は「これでたがが外れた殺し合いが始まる」とつぶやきます。

 一姫は「ここにいるのはもう人間じゃない」と言い、追い込まれた天音は自分が死ぬと言い出します。
 隠しておいた食料と塩、メモを渡した一姫は自分がおとりになって天音を逃がそうとします。
 天音は一心不乱に逃げていき、何日も森の中をさまよっていき、幻に導かれるかのように人里に出ます。

 生還した天音は心ない中傷に苦しめられ、これは自分に必要な罰なのだと考えます。
 罰を与えるのにふさわしい男こそが雄二であり、天音は自分を殺してほしいと言い出しますが……
 雄二は「わかった」と言って頭を叩き、一姫の真似なんてしないでくれと言ってきます。

 天音を立たせた雄二はその後悔に気休めは何の役にも戦いと言ってきます。
 「今後一生、俺のために生き続けろ」と言われた天音は思わず涙を流して抱きついてきます。
 ブス、うざいと言いながらも雄二は彼女を救うことは受け入れることだとつぶやきます。

 雄二は一姫の頭部が発見されていないことから彼女が生きているのではと推測します。
 当時のメモを見て指定された現場に行ってみることにしましたが……
 「坂下」という男が声をかけてきて「やり残したことがあった」と言ってくるのでした。

【感想等】
 一週間やりきった状態でこれを見て、SAN値がゴリゴリと削られるのがわかります。
 普段なら目の保養になる美少女も極限状態となっては正気を保つことは出来ないようです。
 ソウナンですかでウサギさんを食べるお話なんてまだましだったのかもしれません。

 「がっこうぐらし」も相当の衝撃でしたが、グリザイアの天音さんルートはそれ以上でしょうか。
 公式サイトでは由美子さんが先に出ていますが、天音さんの覚悟を知ったら彼女がメインヒロインなのではと考えます。
 気がつけば残り1話になりましたが、どんな風にお話を締めくくるのか最後まで見届けたいです。

【アニメ感想】グリザイアの果実 第11話「エンジェリック・ハウルⅡ」

 グリザイアさんの11話を見て感想を書かせていただきます。
 バスの転落事故から助かった天音さん達ですが……
 助かっただけで終わったら警察は要らないのかもしれません。

【内容】
 転落2日目、みのり先輩は携帯を投げ上げれば電波が届くのではと考えていました。
 天音は森の中で一姫を探し、一姫はトイレに行くついでに山菜を採ってきました。
 一姫は天音を置いてどこかに行かないと言い、みのり先輩は一姫のことでアドバイスしてきます。

 怪我をした部員を介護する一姫は「言いたいことや不満があるなら遠慮なく言いなさい」とひと言。
 一姫は「他の子と変わってもらっても構わないのよ」と言えば、天音は「一姫が一番好き」と言ってきました。
 天音、一姫がじゃれ合っているとヘリが上空を通過しましたがクラクションを鳴らしても駄目でした。

 先生は腐りはじめた3人の遺体を運んでいき、一姫は自分に弟がいることを話してきます。
 天音はどうしてこんなことに……と体育座りしてしまい、一姫は帰りたい帰りたいと涙を流す天音を抱きしめます。
 食料が少なくなってきて配給制になり、りっちゃん先輩はにんじんが1本足りないと慌てふためきます。

 一姫はにんじんを切ってつなぎ合わせれば10本のにんじんが11本になりました。
 寝袋で眠っている広岡さんは食べたくないと言い出し、一姫は無理矢理食べさせようとする部長と険悪なムードになります。
 一姫は広岡さんが失禁していたことに気づいていて、天音は一姫が自分より広岡さんに優しいのではと考えます。

 転落9日目になり、先生は助けを呼びに行くために生徒達の元から去っていきました。
 一姫は食料を探しに行くべきと言いますが……
 天音はでんでん虫を食べるのに飽きてきて、怪我をした先輩からカビが生えたりうじが沸いたりします。 

 生徒達に絶望が広がり、一部の生徒は明らかにおかしくなってしまいました。
 死なないために食料を集める日々が続く中、アリオン(犬)が死んだ時、一姫はそれを食べることを提案します。
 一同は肉になったアリオンを食べて飢えをしのぎ、肉の味を一生忘れないだろうと締めくくるのでした。

【感想等】
 リトバスのような「友情」あふれる作品なら助かった段階で概ね目的達成でしたが……
 遠足は帰るまでが遠足ですし、遭難は助かるまでが遭難と言えるのかもしれません。
 制服のままで遭難するところで「ソウナンですか」を思い出したのは私だけでしょうか。

 天音さんに迫られて一姫さんが顔を赤くするところがこのお話の救いなのかもしれません。
 にんじんが後に伏線になるのは初見では気づきにくいかもしれません。
 展開があまりにも生々しくて言葉を失いますが、なんとか残り2話を乗り切りたいです。

【アニメ感想】グリザイアの果実 第10話「エンジェリック・ハウルⅠ」

 グリザイアさんの10話を見て感想を書かせていただきます。
 4人のヒロインを攻略した雄二さんが最後に選んだのは天音さんでした。
 3話を裂いて繰り広げられる過去回はどんなものになるのでしょうか。

【内容】
 JBにキスされつつも22時に帰路につく雄二でしたが、学園の前では幸が待っていました。
 幸は「大人の悪ふざけですね!」「押し倒して確かめてみますか?」とすごいことをいってきます。
 雄二は幸に戻るようにと言いつつも頭が痛くなってきた……ようです。

 オープニングの後、自室に戻ったら天音が待っていてシャワーにするか食事にするかと聞いてきます。
 幸からのメールを見た天音は雄二とJBのキスシーンを突きつけて「キスしてくれたら許す」と言ってきました。
 雄二は「目を閉じろ」と言ってその気にさせて口と口で激しくキスを重ねてきましたが……

 もし自分が姿を消しても一年以内に忘れるのならば彼女になっていいと雄二さん。
 天音は晴れて雄二の彼女になったかと思ったら急に力が抜けてきました。
 雄二は「今なら抱いてもOK」とサインを送ってきた天音に「調子に乗るな」と突っ込みを入れます。

 自分と付き合おうとする理由を知りたいと言われた天音は、涙を流しながら自分の過去を語り出します。
 滝園学園バスケ部所属「風見一姫」は雄二の姉であり、天音は姉の同級生でバス転落事件の生き残りなのだとか。
 合宿の帰り道にバスが谷底に転落してしまい、一姫は「後で殴る時に呼び出す」と冗談を言ってきました。

 一姫は誰から助けようかと聞いてきて、まずはめんどくさく思う前に嫌いな部長から助けようと言ってきました。
 部長は部員に命令していましたが、一姫は天音を連れて散策し、携帯(ガラケー)も圏外だと気づきます。
 一姫は「面白くなってきたわ」と言っている一方で、本の知識で軽傷の方から縫合や治療をやってしまいました。

 「紗彩」には犬に名付けたいと言いつつも、天音にはキスをして抱きしめたいと言ってきました。
 足の骨折をした子が一番の重傷で、一姫は左腕にひびが入っていて「貸し」にしてあげると言ってきます。
 一姫は命が助かった幸運をどう大切にするかと言ってきますが……

 飲み水すら潤沢ではない状況で考える余裕はないという一姫に部長は腹を立てているようです。
 一姫はわざと反論したと言い、天音は「あなたといると息が詰まる」と言ってきます。
 天音と一姫は同じテントで眠ることになって1日目が終わりますが、果たしてこれからどうなるのでしょうか。

【感想等】
 リトバスのバス事件で本作を思い出したのがそもそもの視聴のきっかけでした。
 Vガンダムに似たような名前の兵器があったのはあまり関係はない……はず。
 雄二さんのお世話をする天音さんがどう見ても若い奥さんにしか見えませんでした。

 天音さんが一姫さんの同級生だったということでさりげなく雄二さんより年上だと気づきます。
 制服のデザインがいいかもと思いつつも、キャラクターが多くて誰が誰だか混乱しそうです。
 一姫さんが只者ではないことは言うまでもないですが、残り2話はどんなお話になるのでしょうか。

【アニメ感想】グリザイアの果実 第9話「セカイ樹の種Ⅱ」

 グリザイアの果実の9話を見て感想を書かせていただきます。
 蒔菜さんのお父さんになった雄二さんでしたが、上からは彼女を抹殺しろと言われます。
 雄二さんはこの非情な命令を受けるしかないのでしょうか。

【内容】
 蒔菜の父は妻の裏切りによって命を奪われ、目の前で父を失った蒔菜は心に傷を負います。
 雄二は蒔菜とともに姿を消し、差し向けられた追っ手は雄二に返り討ちにされます。
 回想シーンでは任務を受けなければ身柄を拘束すると言われて受け入れたはずでしたが……

 20時間前、雄二は寮の仲間に蒔菜とともに身を隠すことを告げ、すぐに戻れるように努力するとのこと。
 みちるは2000円を出して「ちゃんと返しに来なさい」と言い、天音はお弁当を、幸は林檎の苗を渡してきました。
 由美子は校舎の屋上から雄二、蒔菜を見ていて、あれが彼女なりの見送り……らしいです。

 JBは行くあてがあるのかと聞いてきて、蒔菜の回復がお家騒動を激化させたと説明してきます。
 蒔菜は天才的な記憶力を有し、父親の書斎で一族の汚職資料を記憶しているそうです。
 彼女は妹の身の安全を保障しないならば汚職を暴露すると脅し、母は娘の口を封じようとしているのだとか。

 雄二は「彼女を守るだけだ」と言い、蒔菜は目の前で父親を殺された夢を見ていました。
 公衆電話で連絡を取って相手の即応能力を測ったもののすぐに潜伏先の旅館が見つかってしまいます。
 雄二は室内から殺虫剤のガスを充満させ、室内で爆発を起こしてその間に逃げていくことに。

 すかさず車両を奪い取った雄二、蒔菜は逃走しますが、蒔菜は忘れた林檎の苗を取りに行くと言い出します。
 雄二は証拠品なら相手が保管すると言い、隙を見て盗み出してやると言って蒔菜をなだめます。
 JBは地下には教授がいると言い、その教授は鉢植えを元に戻しておけと命令し、蒔菜は苗を回収しに来て敵に見つかります。

 蒔菜は自分を見つけてきた敵を関節技で倒したものの、別の敵に銃で撃たれて倒れてしまいます。
 雄二は敵を倒して蒔菜をおぶって移動しますが、JBに見つかってしまい、蒔菜の命を救うために彼女を引き渡します。
 蒔菜の母親は蒔菜の臓器を妹に移植すると言い、雄二は蒔菜の母親を射殺して蒔菜とともに学校に戻るのでした。

【感想等】
 中の人が同じ「リトバス」の三枝家と二木家も衝撃でしたが、父親が殺されないだけあちらの方がましなのかも。
 同じくリトバスの2期で理樹さんと鈴さんが逃避行したお話がありましたが……
 姉が人知れず妹を想うのを見ると、どこかに姉妹が仲良く暮らせる世界はないものかとつい考えます。

 雄二さんが敵を翻弄するところがかっこいいですし、蒔菜さんが関節技で相手を倒してきたところもよかったかと。
 蒔菜さんのお母さんの態度が娘に対してのものとは思えず、射○されたのも自業自得でしょうか。
 次からは天音さんのルートになりますが、バスの事故というとリトバスのことを思い出すのは私だけでしょうか。

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム