【アニメ感想】劇場版PSYCHO-PASS サイコパス

【アニメ感想】PSYCHO-PASS 劇場版(1作目)

 今(2019)年の10月からサイコパスの3期が始まると聞いて、事前に1期、2期の再放送を見てこれで安心だと思っていました。
 しかし、実際に3期を見ると、狡噛さんの状況をはじめとして1期、2期だけでなく、劇場版を見ていないと難しい点があるようです。
 幸か不幸か、アカウント凍結という「テロ行為」のおかげで時間を確保出来たので、三部作を含めて劇場版サイコパスを見ようと思います。

【内容】
 シビュラシステムで平和を謳歌する日本から離れた「東南アジア連合(シーアン)」に、かつての執行官である狡噛の姿が見られました。
 日本に同連合のテロリストが潜入していて、情報屋から情報を得た朱は美佳とともに張り込みをすすめ、執行官を集めて作戦を指示します。
 敵は火薬武器で武装していることから、下手をすれば死傷者が出ると言われ、慎重に動かざるを得ませんでした。

 朱は宜野座とともに特攻しますが、相手が戦い慣れているからか足止めを食らい、美佳、須郷、雛河の3人も同様に苦戦を強いられます。
 相手が執行対象なので次々と相手を破裂させていき、破裂せずに逃げた相手もドミネーターを突きつけて投降させようとしますが……
 自爆しようとした相手を麻痺させた朱は、オープニングの後、局長に報告し、妙なことが進んでいるのではないかと推測します。

 局長は美佳を呼び出し、朱は友人のカオリ(香織?)が結婚すると聞いて思わず抱きついて喜びを表現します。
 カオリが彼氏と出会ったのも「シビュラシステム」のおかげで、いろいろありながらも結婚を決めたそうです。
 シビュラならば世界中の人を救えるのではないかという話の後、日本政府は紛争国であるシーアンにシビュラシステムを輸出していました。

 朱はシャワーを浴びた後、一人でごはんを食べて寝落ちし、次の日、師恩から美佳が局長命令で動いていると連絡してきました。
 取り調べにメモリースリープを使うと聞いた朱は憤りますが、局長命令だと言われたら逆らうことは出来ませんでした。
 美佳は潜在犯の密入国者などに「配慮すべき人権などない」と断言し、局長は外国人テロリストの記憶に狡噛の姿があったことを示します。

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム