【アニメ感想】ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン(13話:最終回)「たそがれの帝国にて」

 ねじ巻き精霊戦記の最終回を見て感想を書きます。
 攻めて来る敵の裏をかき、相手に要求を飲ませるところで敵将の性格と主人公の性格をうまく出していてよかったと思います。
 そして何とか戻ってきた主人公は姫にある命令をされ、そこで「戦いはこれからだ!」といった感じで終わります。
 分割2期の前半だと考えれば最高の終わり方なのだと思います。
 一方で、公式サイトを見てもその告知がないところを見ると打ち切りにも見えてしまうところですが……

【内容】
 ジャンの策により炎の壁を突破された帝国軍は、戦力差5対1という絶対的な危機を迎えます。
 自分の状況判断のミスを自覚したイクタは、マシュー、ハロに後方を託し、自らはヤトリ、ナナクと前線に赴きます。
 どう敵兵を倒しつつ、炎の壁を直していくのか、それには騎兵とエアライフルを何とかしないといけません。

 「いけるといえば、いけるのか」
 ヤトリから情報を得たイクタは一つの作戦を思いつきます。
 前方にわらを敷き詰め、後方にはボウガンを持った兵士を配置します。
 それを見たジャンは、火攻めであると判断し、騎兵を少しずつ移動させます。

 わらの中から伏兵が姿を現して馬を刺し、これでは戦況は混乱してエアライフルも使えません。
 戦況をすべてコントロールすることを好み、無秩序を嫌うジャンはイクタの停戦交渉を受けることに。
 ここで一旦戦いが止まります。

 これ以上無駄な血は流したくないとするジャンは降伏を勧告しますがイクタはそれを拒否。
 逆にイクタはキオカ軍の撤退を求めます。
 「戦闘にならば生き残るのは僕達」と交渉決裂になるかといったさなか、精霊がジャンの心臓を照らし出します。
 イクタはエアライフルが狙っているとひと言。

 イクタの言葉がハッタリだと見ぬいたものの、そうでない可能性を捨てきれないジャンは要求を受け入れます。
 去り際に、「すべての英雄は過労で死ぬ」と言い残すイクタさん。

 本国に帰還したイクタは来たとたんに姫から抱きつかれます。
 一方で、きちんと兵士たちをねぎらうところは幼くとも立派だと思います。
 ちなみに、シナークを虐待して戦争の原因を作った中将は格下げの上処刑されるそうです。

 イクタと姫との会話が始まります。
 帝国の現状を尋ねる姫に向かって、国は末期症状(意訳)と答えるイクタさん。
 そんな彼に、帝国のトップとなり国を変えよと命じる姫。
 彼女は戦争の敗北により異国の文化を流入させることで滅び行く国を救おうと考えていたのです。

 敗戦により国を救う。
 姫のやり方は、いずれヤトリとの衝突が避けられないことを意識するイクタさん。
 彼は国ではなく、人を守るために戦っているのでした。

 果たして、彼の行く手にはこれから何が待ち受けているのでしょうか。
 私、(2期放送の有無が)気になります!

【考察等】
 イクタさん、最後まで見てきて(一部の女性関係を除いて)魅力的な人物だと思いました。
 この方を演じているのが荒々しい役の多い岡本さんだと聞いて、今更ながら驚きです。

 前半のジャンさんとのにらみ合いから撤退まで、ジャンさんですら彼の引き立て役になってしまっている感があって、彼がそれだけ優秀な人物だということなのだと思います。
 すべての英雄は過労で死ぬという言葉も、作中で力を示せば示すほど戦いに駆りだされてしまう現状をうまく示している言葉であり、ある種の真理なのだろうと思います。

 後半について、お姫様から「敗戦により国を救う」ために軍のトップになるよう言われるイクタさん。
 敗戦で変わるといえば、どうしても日本のことが浮かんでしまいます。
 戦後改革は日本の大きな転換であることは事実でしょうし、一方で戦前から変わらなかったものもあるのかもしれません。
 このあたりは人によってかなり評価が分かれるでしょうし、荒れそうなのでお話はこれ以上はやめておきますが。

 問題を抱えた国を変えるため、力を得て内部から変えていくという(「コードギアス反逆のルルーシュ」のスザクさんのような)手法もありますが、一度滅ぼすところまでいかないといけないくらい、この帝国は末期症状ということなのかもしれません。
 余談ですが、ジャンさんがルルーシュさんと同じ声優さんだったことにもここで一応触れておきます。

 姫からはその能力を渇望されるイクタさんですが、ご本人はあまり乗り気でない様子。
 ここからどのように彼らが動いていくのかとても気になりますし、分割2期の前半だとしたらこれ以上ない終わり方です。
 一方で、1期のみなら打ち切りエンドにも見えますが。

 後気づいた点としては、ヤトリさんの声が少しきつそうな感じに聞こえました。
 彼女を演じる種田さんは現在休養しているとのことですが、このときから相当ひどかったことが容易に想像できます。
 この方の容態のことを考えれば、2期はかなり可能性が低いのかもしれません。
 ごちうさのリゼさんやうたわれのクオンさんもこの方ということで、周辺への影響は大きいのでしょうが、体調を回復させて万全の状態で復帰されることを、心からお祈り申し上げます。

【アニメ感想】ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン(12話)「亡霊を狩るもの」

 ねじ巻き精霊戦記の12話を見て感想を書きます。
 早々に逃げ帰ってきた中将さんがひどかっただけに、サザルーフ大尉のいい人ぶりが際立ちます。
 7日の防衛戦に際して、トルウェイさんの読みが見事に的中したところは彼の有能ぶりをしめす上でもよかったと思います。
 しかし、敵も負けじと見所を作ってくるあたりに、まだまだ予断を許さない状況です。
 イクタさんが難局を乗り切って帝国にどう帰還するのか、私、気になります!

【内容】
 早々に帝国本土に逃げ帰って来た中将に怒りをあらわにするシャミーユ姫。
 彼女はイクタに何か伝えたいことがあるようですが……

 そのイクタは敵と一戦交えた後、相手の出方を探っていました。
 一方で、自分の独断専行で多くの同胞を失ってしまったナナクは謝罪の証として「(戦いが終わったら)両腕を切り下ろせ」と言い出しますが、スーヤ(副官)は今まで軍の命令とはいえ同じ帝国臣民を殺してきたことを今更ながらに後悔して涙を流します。
 そんな彼女に、責任を取るのは上官だとフォローするサザルーフ大尉は上司の鑑です。

 アルデラ神軍(及びキオカ軍)が迂回路に侵攻したことを聞いたイクタは作戦会議を開始します。
 砦の防御にはトルウェイと(自分が行くと志願した)大尉が向かいます。
 残った連中は、炎の壁を補修しつつ向かってきた敵兵を迎撃することを7日続けた上で、撤退を開始するとイクタさん。
 特に戦況には大きな変化がないまま数日が経過しますが、同じルートを飛んでいる気球並びに陸上部隊は何をしているのかが気になるところです。

 砦を守護する大尉に、トルウェイは後方へ展開する許可をもとめます。
 実はキオカの「亡霊部隊」が背後から砦を狙っていたのですが、イクタとトルウェイはそのことを読んでいました。
 伏兵をほぼ全滅に追い込んだことで、今まで沈黙していた敵の本隊が動き出します。

 防衛戦があと3日に迫り、トルウェイの活躍の報告を受けるイクタとヤトリ。
 エアライフルの圧倒的な力から「剣の時代の終わり」を予感するヤトリですが、そのことが彼女の負担を軽減することになればとイクタさん。

 防衛戦の6日目、敵に新たな動きが見られます。
 「不眠」の異名を持つ敵の客将のジャンは、馬車で運んだ新兵器(大砲のようなもの)で森の炎をかき消し、炎の壁の間をかいくぐって敵軍が続々と侵攻してきたのです。
 ここでイクタは、気球とそれと並行して同じルートを動いていたのは、ルートを記憶すると共に壁をかいくぐる練習としていたことに気づきます。

 防衛戦残り2日でのこの難局にどう対処し、はたして本国に帰還することが出来るのでしょうか。

【考察等】
 一進一退の攻防に、目がはなせない展開が続きます。
 その上、相手にもやり手がいて、イクタさんといえどもなかなか安心は出来ません。

 タイトルで予想できたところはトルウェイさんの迎撃で、それ自体は本当に見事な読みだったと思います。
 一方で、マシューさんのコンプレックスがより高まってしまうかもしれません。

 エアライフルという新兵器がすごかったと思ったらそれを上回る兵器が出てきたのには驚きました。
 相手の軍師さんの有能さが、「常怠」のイクタさんをいつになくやる気にさせてくれるので、見ているほうとしてはすごく先が気になります。

 次回でイクタさんがうまく対処して帝国に戻り、姫から「伝えたいこと」を聞いて終了という流れになりそうです。
 全体の感想は次のお話の所で書こうと思いますが、昨今のラノベとは一戦を画したようなリアルなお話という印象で、いろいろと考えさせられるところが多かったです。
 綺麗な形で完走し、そしてお話の続きも見ることが出来ればいいなと思う今日この頃です。

【アニメ感想】ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン(11話)「常怠VS不眠」

 ねじ巻き精霊戦記(11話)を見て感想を書きます。
 ただでさえ敵の方が数が多い上に、優秀な軍師までついてきてピンチが続きます。
 今までの順調な展開とは打って変わって仲間にも相当の犠牲が出ますが、ある意味では戦争らしい戦争になってきたといえるかもしれません。
 副官さんは軍人には向いていないのかもしれませんが、視聴者の疑問を代弁するキャラとして考えれば納得が行くような気がします。

【内容】
 アルデラ神軍からの撤退のため軍を進め、森を焼いて足止めをはかるイクタ達。
 このまま森を焼き続ければよいのではないかというマシューに対して、迂回路の存在が明らかになります。
 相手が迂回してくればイクタ達は後方から攻められることから、なんとしても相手を前線にひきつける必要が出てきます。

 一戦交えるため、火を弱めて誘いをかけるイクタたちですが、敵方の客将であるジャンはそのことに気づいているご様子。
 帝国軍は敵に一旦先制を仕掛けるも、相手は弾除けのくいを打ち込んでおり、この後に何か手を隠していること明らかです。
 ヤトリやナナが先行して白兵戦に持ち込みますが、先行しすぎたナナを見透かすかのように敵の銃撃が飛びます。
 さらに攻城兵器まで登場して大ピンチです。

 先行したナナたちシナーク族を助けるか、一旦迷ったもののヤトリの影を見て救出を命令するイクタさん。
 それを見たヤトリと歩調を合わせ、負傷者を回収しつつ撤退することに成功します。
 その結果を見て、ジャンは帝国の戦力が少ないことを見抜き、「情報」を得たとひと言。

 撤退に成功した一同ですが、犠牲は決して少なくなく、マシューももうすこしで死んでしまうところでした。
 副官のスーヤは、もともとの敵であったシナークを救出しに向かわなければ11名の犠牲はなかったとイクタを責めます。

 ヤトリはスーヤに対して、イクタの判断の主体は自分だと反論し、軍人は感情を封印するものだとひと言。
 スーヤはヤトリに、軍の命令でイクタを殺せといわれたらどうするかと返しますが、ヤトリは、その時は感情を殺してそうする旨返答をし、イクタはその瞬間まで君を思うとさらに答えるのでした。

 今までの展開とは違う、圧倒的不利の中での戦いはまだ始まったばかりなのです。

【内容】
 前半は主人公の策に対してそれを見抜いてくるジャンさんということで、相手の有能さがさりげなく示される展開です。
 おそらく彼がいなければ、イクタさんの策はもうすこしうまくいっていたのかもしれません。
 まさに、知恵と知恵のぶつかり合いでしょうか。

 今回の戦いでは相手の策もあって相当の犠牲が出てきます。
 仲間の死を憤り、疑問をぶつけるスーヤさんは、ある意味では視聴者の代弁と考えられるような気がします。
 ある意味人間らしい人で、戦争や軍人には向いていないのかもしれません。
 一方で、戦争は感情を封印するものと言っているヤトリさんは正論なのだろうと思いますし、軍隊あるいは会社といった組織と個人の関係もこのこと直結してくる問題ではないかなと思います。

 まだまだ予断を許さない展開が続きますが、どのように相手のさらに先を読み、反撃することが出来るのでしょうか。
 ますます先が気になります。

【アニメ感想】ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン(10話)「ラ・サイア・アルデラミン」

 ねじ巻き精霊戦記の10話を見て感想を書きます。
 戦争は新たな局面を見せ、主人公も状況を打開するために相当の覚悟を強いられます。
 まさか、指を切るなんて展開、だれも想像できません。
 主人公の覚悟もそうですが、マシューさんもすごくかっこよくてよかったです。
 そして、ライバル的な相手も出てきてますます先が気になります。

【内容】
 敗走して集落に戻ったナナ(シナーク族長)ですが、暴徒と化す帝国軍に捕らえられてしまいます。
 状況を重く見たイクタは今までにない迫力で友軍を止め、ナナを救出します。

 最悪の幕切れでは有りましたが、戦争は幕を閉じました。
 しかし、「敵はシナーク族だけではない」とイクタはつぶやきます。
 敵がエアライフルを持っていたことから、その正体は博士の亡命先のキオカ共和国の亡霊部隊に他なりません。

 安全地帯にいた中将は戦いが終わったと聞いて喜んでやってきますが、そんな彼らの前にアルデラ教の世情査察官を名乗る連中がやってきます。
 彼らは「精霊の虐待」容疑について捜査しに来たといい、反論する中将の声には耳を貸しません。

 中将の命令で査察官を尾行するよう言われたイクタは仲間と共にその後を追います。
 すると相手は大軍をすでに編成していたのです。
 トァック少佐を殺害した連中がアルデラ教の服を置いていったことから、イクタは敵はキオカ共和国だけではなく、アルデラ教国もまた反乱の糸を引いていたことを見抜きます。

 先ほど得た情報を元に作戦会議が行われます。
 12000もの敵軍に対して戦いを挑むのは得策ではなく、一部を足止めに残して撤退することに。
 イクタはその際の人員としてシナーク族に協力を依頼することを提案します。

 ナナの元を訪れ、暴徒と化し虐殺を行った帝国の蛮行を謝罪するイクタ。
 その証として、弓で娘を射抜いた故事を引き合いに出し、自分の小指を切断します。
 その光景に、ナナは目の前の帝国軍人がかつての知人であることを思い出します。

 イクタはアルデラ教がこの区域を占領すればシナーク族の立場は悪化することを説明し、今後帝国内での状況を改善することを約束してシナーク族の協力を依頼し、ナナはそれを聞き入れます。

 上官である大尉と仲間と合流するイクタとヤトリ。
 大尉から、イクタとヤトリは中尉に、マシューたちは大尉にそれぞれ昇進が言い渡されます。
 イクタはマシューとハロを撤退させることを提案しますが、マシューは「仲間に言うべきことはそんなことではないだろう(意訳)」と食って掛かり、ハロともども残ることを決意します。

 森を焼いて敵兵を足止めをするイクタさん達。
 しかし、アルデラ教も客員将校の手早い策により同じく森を焼いてきます。
 その名は、「不眠(ねむらず)の輝将」の異名を持つジャンという男でした。

【考察等】
 戦争は一旦終了しましたが、まさにむなしさが残ります。
 敵の背後にキオカがいることについては、前回の時点(エアライフルの知識があったこと)でなんとなく想像はしてたのであまり驚かないところです。

 アルデラ教なる組織が登場し、戦いは新たな局面を迎えます。
 逃避行といえば、三国志の「長坂の戦い」(曹操軍から逃走→赤壁の戦い)がふと頭に浮かびますが、あまり関係ないので脱線はこのくらいにしておきます。
 シナークの力を借りるためとはいえ、まさか主人公が指を切るシーンが出てくるとは思わなかったですし、いつから任侠ものになったのかという声も聞こえてきそうです。
 少し前の「鉄血のオルフェンズ」では兄弟の盃を交わすシーンがあったのをふと思い出します。

 撤退するようにすすめられたマシューさんがイクタさんに食って掛かるところはかっこよかったと思います。
 まさに「有能なデブ(褒め言葉)」の一人なのかもしれません。
 ただ、前述のオルフェンズにおけるビスケットさんや「甲鉄城のカバネリ」のたくみさんの例を見ると、太った人の死亡率は最近高いようです。

 最後に、敵軍について。
 総大将らしい人物はなかなか豪快な人物に見受けられ、そのお声(オーキド博士)から大物感を抱かずにはいられません。
 アスタリスクで綺凛ちゃんに暴力を振るっていたおじさんは小者だったかもしれませんが。
 そしてライバルと目される「不眠」の方は、中の人ネタでいえばルルーシュさんでしたし、もうその声だけで強敵だとひしひしと感じます。

 思いつきであまり関係ないことばかり書いてごめんなさい。
 次回、主人公と敵の軍師(?)との戦いがどうなるのか、ますます目が離せません。

【アニメ感想】ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン(9話)「ささやかな面目の行方」

 ねじ巻き精霊戦記(9話)を見て感想を書きます。
 イスカンダルさん似のディンクーン准尉さん、いいキャラクターだと思います。
 中盤のぐだぐだについてはあまりよくわからなかったのですが、後半の戦闘描写については今回はかなり良く動いていて良かったと思います。
 そして、最後に言いたいのは、つくづく戦争とは残酷なものだということでしょうか。

【内容】
 最前線に立たされることとなったイクタたちは、サザルーフ大尉から作戦の指示を受けます。
 その内容は村を焼き払ったうえで村人を別の場所へと移動させること。
 元々は「殺せ」と言われていたのを大尉が進言して今の対応になったとのことですが、つくづく「科学的ではない」とイクタはこぼします。

 イクタは、自分に石を投げて食って掛かる少年にささやかな一撃(デコピン)を加えますが、相手は出血し、一触即発の状況になってしまいます。
 その時、ディンクーン准尉が登場し、イクタに鉄拳制裁を加えて彼を悪者にして事なきを得ます。
 悪者にされたイクタに同情を示すスーヤに対して、売ってくる敵は殺すしかないかもしれないが、そうではない相手はなるべく守りたいと返します。

 中将は全軍を集結させ高らかに最終決戦を宣言しますが、一方で高山病で疲弊していることも事実です。
 行軍に際しては敵の襲撃に備えて、一旦馬を下りて進むことになりました。
 そのことを進言する大尉には、一同から敬意が払われます。

 崖の上からシナーク族の襲撃、さらには側方からはエアライフルによる遠距離射撃を受ける帝国軍。
 イクタのピンチを、ディンクーン准尉が救い、一方、中将を守るヤトリはシナークの族長「ナナク」と戦うことになりました。
 回転を交えた高速での斬撃を繰り出すナナクに苦戦するヤトリですが、背中の精霊によるものだと見切り、精霊をくじざしにしてしまいます。
 勝負はついたかに見えたとき、もう一体の精霊が爆発し、ナナクはすんでのところを脱出します。

 謎の黒マントの集団が乱入し、ディンクーン准尉はその攻撃を受けて倒れてしまいmす。
 ヤトリが続いて相手をしようとしますが、すんでのところで敵には逃げられてしまいます。
 准尉については、最後まで騎士として生きた、立派な生き様だったと思います。

 一方、戦場から逃げ延びたナナクですが、戻った先では村が火を上げていました。

【考察等】
 村を焼き払うというひどい行為から始まるところに、対象年齢の高さを感じさせます。
 もともとの案は村人を皆殺しにするというものだったので、まだましともいえなくもないですが、それでもやっぱり見ていてつらいものが有ります。
 子どもが主人公に食ってかかるシーンというのは、中々他の作品では見られないかもしれません。
 准尉さんの対応については、その場を押さえるのはあの手しかなかったと思います。

 後半の行軍と戦闘についてはよく動いていて良かったというのは上にも書いたとおりです。
 特にナナクさんの動きが人間離れしていてすごかったですが、それと戦うヤトリさんも只者では有りません。

 中将の命を狙う謎の集団が出てきました。
 おそらく彼らがシナーク族に「聖戦」という概念を教えたのではないかと思われます。
 そして、エアライフルの知識を持っているところから、おそらく敵国の機関ではないかと推測します。

 准尉さん、いいキャラクターだっただけに残念です。
 7話のトァック少佐、8話のカンナさん、そして今回の准尉さんと、いい人から死んでいく状態です。
 哀しいけど、これが戦争なのかもしれません。

 次回以降の展開も楽しみですが、一方で、ヤトリさん役の種田さんが病気療養中だということも気になるところです。
 おそらくすべての収録は終わっているでしょうし、この番組には影響がないとはいえ、他にもいろいろなところに影響が出ていそうです。
 一日も早い回復をお祈りしたいと思います。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム