【アニメ感想】魔入りました!入間くん 第23話(終)「馴染みました!入間くん」

 入間くんの最終回(23話)を見て感想を書きます。
 良くも悪くも魔界での生活になじんでしまった入間くんですが……
 人間界はコロナウィルスで大変ですから戻らない方がいいかと。

【内容】
 魔王の座は長らく空席であり、果たして次の魔王になるのは一体誰なのでしょうか。
 アホな両親(原文ママ)によって悪魔に売られた入間は今ではすっかり魔界になじんでいました。
 オープニングの後、入間は魔茶を飲み、魔界での食べ物を大量に食べて投稿します。

 入間はアスモデウスやクララといった友人とともに登校し、2人は張り合って走って学校に向かいます。
 アスモデウスは単眼の子を軽くスルーして校門に入り、カルエゴ先生は「騒ぐな!他の先生や生徒に迷惑をかけるな」とひと言。
 魔術基礎学の授業で「悪魔の世界に生まれて良かった」と読み上げ、くろむちゃんを称賛していた生徒はカエルにされます。

 ケロリは魔リコンチャート1位おめでとうと言われてちょっとドキドキします。
 その後は体育の授業や「魔王になる男」サブノックの朗読が続き、談話室では少女漫画を朗読します。
 アメリはライブで見たイルミというアイドルが入間に似ているのではと考えますが……

 入間は魔界になじんでしまったことに今さら気づき、マグロ漁船で働いていたら魔界に連れてこられたことを思い出します。
 アメリの父は人間を元の世界に戻していたと言っていて、人間の自分がここにいてはいいのかと考えますが……
 アスモデウスやクララは入間が元気がないように見えたので極秘で料理を作って彼を励まそうとします。

 カードの力で材料を集めたアスモデウスでしたが、クララの提示した「まっふるもふのパチパチ番長」がよくわかりません。
 貴族階級出身の彼はレシピの解読を試みてチョコを細切りにしますが、クララが作っていたのはからあげというオチでした。
 「からあげならからあげと言え!」とぶち切れしたアスモデウスは「キングオブアホだな!」と言って喧嘩になってしまいます。

 アスモデウスの服はオーダーメイドの服らしいですが、気づいたら料理対決になっていました。
 悩んでいるクララに母は「料理は愛情なのよ」と言い、キャラソンとともにお料理を作ってしまいました。
 アスモデウスもまた料理を作っていましたが、もっと特別なものを作らなければと決意します。

 執事の男は「魔グロ」はいいかと提案しますが、アスモデウスは魚は駄目らしく必死に格闘します。
 次の日、入間はアスモデウスやクララの料理を食べ、両方一緒に食べるとおいしかったという結論に至ります。
 入間が元気になったのを見た2人はデレますが売店ですぐに喧嘩するというオチでした。

 「これからも僕は魔界で……」と決意する入間くん。
 最後は人間を食べろという物騒な歌詞とこれまでのダイジェスト映像で締めくくります。
 そして急にグレてしまった入間はどうなってしまったのでしょうか。

【感想等】
 冒頭のシルエットの「魔王」がどう見ても入間さんにしか見えないのは私だけではないはず。
 境遇が近いシートン学園の彼に比べると随分となじんだ感じがします。
 バビるというのが何なのかは結局1期では最後までわからずじまいでしたが……

 コロナ云々で争う人間界に比べると本作の魔界の方がまだ過ごしやすいのかもしれません。
 両方一緒だとおいしいというのは2人と一緒にいると楽しいという意味でもあるのは間違いないかと。
 2期放送はNHKでは割とありますが、メジャーセカンドともうひとつはCCさくらの2期でしょうか。

【アニメ感想】魔入りました!入間くん 第22話「キラキラの衝撃」

 入間くんの22話を見て感想を書かせていただきます。
 アクドルくろむちゃんの正体は地味めのクラスメイトだったようです。
 入間さんはくろむさんとはどのように付き合っていくのでしょうか。

【内容】
 魔界で大人気のアクドルくろむちゃんの正体はクラスメイトのクロケル・ケロリでした。
 ケロリは入間への対抗意識が高ぶって倒れてしまい、入間は特に何もしていないのに怒られます。
 家族を呼ぼうにも遠方に住んでいるから難しいらしく、ライブを中止すべきと考えますが……

 「家族を見返す」というケロリは笑わない一族だったのがアクドルの映像を見てキラキラの衝撃を受けたとのこと。
 入間はライブを成功させるために一計を案じ、アメリは父親からもらったチケットを手にライブ会場にやって来ました。
 目を覚ましたケロリはライブの時間が過ぎてしまっていて、間に合わなかった……とつぶやきます。

 会場では入間達がアイドルの恰好でライブしていて、ケロリは何が起こっているのかと戸惑います。
 少し前に遡ると、入間がアスモデウス、クララに頼んで一緒に前座として出ることになりました。
 入間、アスモデウスは女装という犠牲を払い、覚悟を決めて裏声まで出してステージに立ちます。

 アメリはステージ上のイルミちゃんが入間に似ていると言いながらも気づかなかったようです。
 ケロリは入間が他人のために目立ってしまう存在だと知り、前座はここまでよとどや顔をして出てきます。
 最後は4人でライブを行って全部うまくいき、入間はアイドルのスカウトを受けたものの突っぱねます。

 ケロリの家族は彼女を治療してすぐに帰ったらしく、その手紙を見て思わず笑顔になります。
 ご家族は家で応援しているらしく、思わず笑みがこぼれる入間ですが……
 ケロリは悔しさを浮かべながらもファンサービスを優先し、学校では「目立ち癖では負けません」と言ってくるのでした。

【感想等】
 実は最終回直前らしいですが、バトラパーティーの後だと盛り上がりに欠けるような……
 クロケル・ケロリという名前を一瞬、けろけろけろっぴさんと聞き間違えたのは私くらいだと思います。
 ケロリという元気そうな名前なのに倒れてしまうのは何かの皮肉なのでしょうか。

 私もアイドルになれたら家族や世間を見返せるのでは……とちょっと思ったのは内緒です。
 前座とはいえあれだけ目立ってしまったらケロリさんの立場がないような……
 次回で泣いても笑っても最終回ですが、魔界に残ることを選ぶのはほぼ確定だと思われます。

【アニメ感想】魔入りました!入間くん 第21話「アクドルくろむちゃん!」

 入間くんの21話を見て感想を書かせていただきます。
 バトラパーティーの一件が終わって平和な日常が戻ってきたのでしょうか。
 私もアイドルになりたい……というのはさすがに冗談です。

【内容】
 魔苦針(まくばり)ドームのライブに臨む「アクドル」のくろむさん。
 オープニングの後、入間はアスモデウスやクララにより号外が貼られて戸惑いを隠せません。
 アクドルのくろむちゃんは「悪周期」を抑えるために必要な存在……らしいです。

 くろむちゃんの朝昼晩のライブは今日でしたが、男子連中はライブが当たらなかったと涙を流します。
 ライブの後は握手……もとい悪取会を開いてくれることもあるらしいですが……
 神対応ではなくて「髪」対応も人気の理由らしく髪の毛くるくるなのがいいらしいです。

 入間は放送室に呼びだされ、くろむは朝のライブを終えてカツラを取ってメガネをかけると別人になります。
 くろむは自分の行動が恥ずかしくなってきて、どんなあざといポーズが出来るかと考えます。
 自分のことを可愛いと言い切る彼女は家では優秀な兄弟にはかなわなかったらしいですが……

 悪意と対極的な才能があることに気づいたくろむは「可愛いは暴力に勝る」という真理に行き着きます。
 学校の新聞とはいえ入間に一面記事を取られたことにショックを受けて思わず氷を出してマネージャーに怒られます。
 くろむはアクドルの頂点に立つと宣言してあざといポーズを駆使してお昼からのライブをやってきました。

 客席に入間を発見したくろむは戸惑い、少し前に遡ると放送バトラからくろむのライブチケットをもらっていました。
 ライブの後、おしゃべりできるチケットが当たった入間はくろむと対面しますが……
 入間は学生とアクドルを両立しているのはすごいと褒めてきて、くろむは目が回るようなスケジュールを見せてきます。

 学校のスケジュールを見られた正体がばれるとすさまじい形相で眼鏡を回収するくろむさん。
 しかし、手の動きや眼鏡や手帳の予定等々で正体がバレてしまいました。
 入間は「(目立っていない)あなたがうらやましい」と言い、大いに怒ったクロムは熱を出して倒れるのでした。

【感想等】
 今季アニメには「押し武道」があるのでアイドル戦国時代なのかもしれません。
 悪周期が悪臭と変換されるとだんだんカオスな何かが見えてくるような気がします。 
 「この音とまれ」を見た後だと特に東山さんの演技の幅に改めて驚かされます。

 どこまでも前向きなくろむさんが素敵ですし、ああいう風になりたいとつくづく思います。
 氷を出してくるのを見るとアメリさんもとい魔法科の深雪さんのことをふと思い出しました。
 次回もくろむさんのメイン回が続きますが、最後は入間さんの軍門に降るのでしょうか。

【アニメ感想】魔入りました!入間くん 第20話「栄えある表彰/人間の処遇」

 入間くんの20話を見て感想を書かせていただきます。
 バトラパーティーもなんとか終わりますが、特賞を取れるかどうかが気になります。
 ここにきて入間さんが本当に人間なのか、疑問に思えてきたのは私だけでしょうか。

【内容】
 バトラパーティーの最優秀バトラは……後夜祭にひき伸ばされます。
 後夜祭で優秀なバトラが表彰され、豪華賞品が得られたりランクが上がったりするとのこと。
 入間はキリヲ先輩に特賞を狙いませんかと言っていたことを思い出しますが……

 生徒会長のアメリが出てきて努力賞はサキュバス師団だと言ってきます。
 第2位のスゴイで賞は魔術開発師団、そしていよいよ特賞の発表へと移ります。
 散々にひき伸ばした特賞は放送師団……というオチでした。

 入間は特賞取りたかったとつぶやきますが、カルエゴ先生が報告事項があると言ってきます。
 圧倒的な支持があったことで「トリッキーで賞」が作られて魔具研究師団がその栄誉にあずかります。
 「もっと教師を頼れ」と言ってきて、入間はめでたくランクが2から3へと上がりました。

 入間は「あれはあの人がもらうべきはずだった」と言い、物騒な校歌斉唱でお話を締めくくります。
 サリバンは入間に抱きついてきて、入間は改めて自分が目立っていることに気づきます。
 そんな中、アメリの父であるアザゼル・アンリは入間が人間ではないかと推測していました。

 アメリは入間を心配しつつも少女漫画を朗読させますが、父親の姿を見て途中で切り上げます。
 アンリは入間に話があると言ってきて、サリバンが入間との約束があると言って去っていったことを思い出します。
 もし魔界に人間がいるなら保護し、魔界での記憶を消して人間界に返すと言ってきますが……

 アメリは入間がとても優秀な悪魔だと言い、アンリは入間が彼氏的な何かかと思えてきます。
 マンガは禁書なので言うことが出来ず、恋愛について話していると言って父にとどめを刺してしまいました。
 アンリは娘の花嫁衣装を想像して憤り、ふらふらになって娘に連れられていくのでした。

【感想等】
 バトルアニメのようなオープニングも取り越し苦労だった……のでしょうか。
 指輪から何か出していたのは一応、本編でもあったことはありましたが……
 サキュバス師団が某レビュワーズに見えるのは言わない方がいいかも。

 魔術開発師団と魔具研究師団がごっちゃになったものの最終的に評価されて何よりでした。
 アメリさんのお父さんが娘と似過ぎていますが、母親の方はすでに亡くなっているのでしょうか。
 残りは3話ほどありますが、このままバビルスに残る流れはほぼ確定だと思われます。

【アニメ感想】魔入りました!入間くん 第19話「全部拾いたい/家族との時間」

 入間くんの19話を見て感想を書かせていただきます。
 キリヲ先輩の野望を阻止してその器の大きさを知らしめた入間さんですが……
 おじいちゃんも脱走することなく解放されたようで何よりです。

【内容】
 目を覚ました入間の前にはおじいちゃんことサリバンがいました。
 オープニングの後、花火が上がる前に時間が戻りますが……
 カルエゴ、ロビンの2人は屋上にいて、放った矢はサリバンの部屋を貫通します。

 サリバンはあっさりと脱走し、入間は魔力を解放して花火を上空に打ち上げます。
 花火の破片が地上に降り注ぐのを見たサリバンは両手を掲げてそれらを周囲へと散らします。
 先生方が大挙して押し寄せキリヲを確保し、キリヲはあくまで単独犯だと主張します。

 キリヲはアメリの父に連行され、悪意は割と近くに潜んでいると言ってきます。
 再び冒頭のシーンに戻り、入間はキリヲが連行されたことを知ります。
 サリバンは「君は自分のしたことの大きさを知るべき」と言い、生徒達は入間の花火に歓喜します。

 アメリは入間の花火を称賛する一方できっちり時間を言えと言ってきました。
 入間は花火を作ったのはアスモデウス、クララ、自分とキリヲ先輩の名前を出してきました。
 先輩はいないと言いながらも一緒に過ごした時間は楽しかったと結論づけるのでした。

 花火打ち上げが成功して本祭がはじまり、バールは「また遊ばせてやる」とひと言。
 本祭は自分以外のバトラに投票する一方で、生徒の家族がやってくるそうですが……
 クララの弟や妹、母親が出てきて突然のミュージカルパート(?)がはじまります。

 アスモデウスは母親に「アリスちゃん」と呼ばれて抱きしめられます。
 入間は家族にもいろいろな事情があるのだと察し、寂しがっているところにサリバンがやってきます。
 サブノックはそっくりな妹が出てきて兄とは離ればなれになったそうです。

 入間は射的をしていってくれと言われますが、オペラが的ごと破壊してしまいます。
 オペラはこの後も次々と縁日を攻略し、カルエゴ先生はその姿を見て逃げていきます。
 入間はクラスメイトに自慢の家族だと言われて満面の笑みを浮かべるのでした。

 集計結果が出されることになり、入間はキリヲとの約束を思い出しますが……

【感想等】
 入間さんの奮闘に対して、おじいちゃんの脱走の経緯がシュールすぎました。
 学校の爆破は阻止できたものの、大惨事なのはあまり変わらないような気が……
 キリヲ先輩がバールさんの名前を出さなかったのはただの気まぐれなのでしょうか。

 クララさんのご家族がみんなそっくりで、父親の遺伝子がほとんど出ていないように思えます。
 突然のミュージカルは面白かったですし、アスモデウスさんのファーストネームが「アリス」なのが可愛いです。
 オペラさんがいろいろとすごいことになったのはさておき、入間くんの人生が幸せになることを願います。

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム