【アニメ感想】食戟のソーマ 神ノ皿 第6話「一本の刃」

 ソーマさんの4期6話を見て感想を書かせて抱きます。
 恵さんは惜しくも敗れたものの、タクミさんが勝って五分五分の状態に持ち込みました。
 主人公の創真さんが負けるとはあまり考えられませんが……

【内容】
 タクミが叡山先輩に勝利し、つぎは創真が斉藤先輩と「バター」で勝負することに。
 バターはえりなの北海道講座でも扱われた食材らしいですが……
 フランス料理や北欧ではバターを使うことが多いらしいですが、斉藤先輩は大量のオレンジを搾りはじめます。

 創真はおもち(パックの切り餅)を出してきてなんちゃってホワイトソースを作ってきました。
 両者がバターをフライパンに投入しますが、創真はバターライスを作り、斉藤先輩は海産物とバターをあえていました。
 寧々先輩は久我先輩がのんきにマッサージしていたかと思えば2人は言い争いを始めてしまいました。

 創真は入学式で「てっぺん取るんで」と言っていましたが、斉藤先輩は相当の強敵らしいです。
 斉藤先輩は超一流の素材を勢揃いさせたバター海鮮丼を見た途端に悠姫はよだれが止まらなくなりました。
 食べた途端に審査員の脳内に津波が起こり、酢飯にオレンジと檸檬が入っている……らしいです。

 斉藤先輩は酢や塩といった副食材によって魚に本物の切れ味が輝くと言って居合い切りをしてきました。
 彼の実家は小さな飲食店であり、母親に憧れて遠月にやってきたそうですが……
 母親は修業先で調理場にすら入れてもらえず、斉藤先輩は自分が代わりに厨房に立つことになりました。

 斉藤先輩は母を苦しめた老舗を一蹴し、誰にも頼ることなくこの「乱世」を成り上がってきたそうです。
 審査員達を一刀両断(で全裸に)してきて、創真はさすがにやばいかなと言い出します。
 斉藤先輩は弱い者のために薊についたらしく、創真は理想のためにこの品をぶつけると言ってきました。

 「香ばしバターピラフいなり寿司」を食べた審査員は脳がバター色に染まるそうです。
 無数の刃によって審査員は全裸にされ、創真は刃一本でないと勝ち目はないと言ってきました。
 回想では美作は仮想食戟をすると言い、色々なキャラに扮して笑いを誘ってきました。

 複数のチーズはタクミのそれであり、林檎バターは恵の使ったもの、そして創真は連続攻撃を仕掛けてきました。
 かつては「踏み台」と言ってきましたが、仲間との研鑽でここまで強くなったのだとか。
 斉藤先輩は自ら敗北を認め、創真は大きく息を吸って「おそまつ」とつぶやくのでした。

【感想等】
 バターやらオレンジ、おもちとなかなか面白い食材が出てきてますます興味深いです。
 入学式から大口を叩いた創真さん(アニメ1期3話?)はずっと昔のことなので懐かしいです。
 東日本大震災を経験した昨今、津波の演出をやってきたこともある意味では驚きです。

 主人公は負けないだろうという推測をしたものの、よく考えるとアキラさんに2回負けていたような……
 斉藤さんとの戦いは剣で斬り合う演出が多かったのですが、これではるろうに剣心ではないかと思えてきました。
 創真さんはもしかしたらキリトさんより強いのではと思いつつ、残りのお話も見ていきたいです。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】食戟のソーマ 神ノ皿 第5話「終わったぜ、お前」

 ソーマさんの4期5話を見て感想を書かせていただきます。
 お兄様もとい四宮先輩の指導を受けた恵さんはもも先輩とどこまで戦えるのでしょうか。
 そして、タクミさんがどこまで叡山先輩に迫れるのか気になります。

【内容】
 恵の料理を食べた審査員はショウガを投入したジャムを絶賛します。
 白あんを食べた後の章がで味に奥行きが出て、この変化が最後の決め手であるとのこと。
 恵はもも先輩にアッパーカットを放ちますが、2対1という僅差で敗北してしまいます。

 創真、タクミは恵の奮闘を評価し、恵はやりきったと言いながらも悔し涙を流します。
 もも先輩は「可愛くない」と憤り、四宮先輩は強くなりたければいつでも来い(意訳)と言って去っていきます。
 残ったタクミは時雨煮でピッツァを作るらしく、叡山先輩は「残念だがお前の誇りはまた失われる」とひと言。

 叡山先輩は十傑入りの実力を見せつけつつも、寮に踏み込んできた恨みもまた残っていました。
 タクミは揺さぶられても「勝ちに行く」と言い、青い炎を燃やしながらもピザに時雨煮をはじめた具を入れて投入します。
 叡山先輩は「終わったぜ、お前」と言い、アーティチョークにはより甘く感じさせる効果があると言ってきます。

 審査員は叡山先輩のアーティチョークたくさんのローストビーフを絶賛し、創真や恵は食べさせてもらって全裸になります。
 しかし、タクミは「そんなことをせずとも俺は勝つ」とどや顔をし、肝心の時雨煮はピザの半分にしか乗っていませんでした。
 タクミは時雨煮を先に食べてほしいと言い、審査員の絶賛とともに柚で渋みを追加したと種明かしをしてきました。 

 叡山先輩の料理を「前座」に使ったというタクミは、叡山先輩が妨害をしてくることはすでに見抜いていたのだとか。
 タクミは叡山先輩の思考を読んで誘い混み、そしてチーズを乗せたところが「本当の味わい」とどや顔をします。
 審査員は当然のように全裸になって4種のチーズと黒こしょうを絶賛し、当然のごとく叡山先輩を下すのでした。

【感想等】
 負けはしたものの、恵さんが十傑相手に一矢報いたのはよかったと思います。
 叡山先輩の小者っぽさと顔芸を見て彼が負けるのだろうなと思ったのは私だけではない……はず。
 相手を貶めるスタイルは中華一番のシャンさん(新アニメでもそのうち出ます)を思い出します。

 「先制は負けフラグ」と言いますがもも先輩は勝ち、叡山先輩はセオリーどおりに負けてしまいました。
 黒歴史ともいえる美作さんに負けた経験をしっかり生かしたタクミさんがかっこよすぎます。
 何度も負けた叡山先輩の今後が気になりますが、次は創真さんがどう斉藤先輩に挑むのか気になります。
  

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】食戟のソーマ 神ノ皿 第4話「勝利をねらえ!」

 ソーマさんの4期4話を見て感想を書かせていただきます。
 女木島先輩や久我先輩が負けてしまい、創真さんが再び戦場に立つことになりました。
 これまであまりいいところがなかったタクミさんは勝利することが出来るのでしょうか。

【内容】
 タクミ、恵は食材を選んでいましたが、創真はまるでスーパーで食べ物を買うような感覚でした。
 叡山先輩とタクミはにらみ合う一方で、ももは「ぶっちーはお腹いっぱいだから重たい」と可愛い声を出してきます。
 対戦相手にアドバイスして余裕を見せてくるもも先輩ですが、回想では恵の前に四宮先輩が現われます。

 創真と斉藤先輩が「バター」で、叡山先輩とタクミが「牛肉」で戦い、もも先輩と恵が「りんご」で戦うとのこと。
 回想で四宮先輩は恵にいきなり一品作れといい、恵は合宿で退学させられそうになったことを思いだしてガチガチになります。
 四宮先輩はセントラルなどどうでもいいといいながらも「根性を出せ」と精神論をたたき込んできました。

 恵は卓球漫画を思い出して一気にやる気になり、創真、タクミ、恵の3人は円陣を組んで互いにサポートするとのこと。
 タクミは料亭で学んだ技術を使ってショウガを切り、互いにサポートするさまは熟練の厨房のように思えてきます。
 一方、もも先輩の鍋からピンクの香りがしてきて、これまで口汚く罵ってきた実況もすっかり毒が抜けてしまったようです。

 もも先輩は恐ろしいスピードで盛り付けを進め、薔薇の花束のようなスイーツを出してきました。
 男性審査員はその香りだけで女装するほど絶賛する「女王様のりんごタルト」は細部の演出にまで及ぶとのこと。
 審査員は「夢の国の住人」になったと言ってこれ以上ないほどの称賛を浴びせてきました。

 華やかなもも先輩に対して、恵が出してきたのはいたって地味な「どら焼き」でした。
 どら焼きの中にりんごが入っていて、審査員は食べた途端に「炸裂している」と謎のリアクションをしてきました。
 りんごバターを作るには「乳化」が必要でありそれはプロでも難しい技術らしいのですが……

 四宮「コーチ」は付きっきりで自分の技術を恵に伝え、のろまだが間抜けではないと送り出してきます。
 恵がボクシンググローブを持って審査員を殴りつけ、それでもももには及んでいないと言われますが……
 食べ進めていくとラブラブという言葉とともに謎のリアクションを見せてくる審査員なのでした。

【感想等】
 創真さんは主人公で安泰だとして、タクミさんと恵さんのことがどうしても気になってきます。
 前者はライバルポジションだと思わせておいて秋の選抜では美作さんに負けてしまいました。
 恵さんに至っては登場時は落第寸前、かつて闇墜ちしていた四宮さんに退学させられそうになっていました。

 「劣等生」だった恵さんをお兄様と同じお声の四宮さんが特訓してくれるというのが素敵だと思います。
 突然のパロディに騒然としつつも試合ではしっかり息が合ったプレイを見せつけてきたのも素敵です。
 先制は負けフラグの鉄則が成り立つなら恵さんが勝利する可能性も残されていると思いますが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】食戟のソーマ 神ノ皿 第3話「希望の連帯」

 ソーマさんの4期3話を見て感想を書かせていただきます。
 前回は美作さんが色々な意味で活躍しておられましたが……
 久我先輩は司さんにどこまで迫れるのか、わたし、気になります!

【内容】
 久我先輩は自分が全てを兼ね備えていると言いつつも身長のことは気にしているようです。
 勝利街道を突き進んできた彼は司先輩に大敗を喫し、さらに司先輩は「誰だっけ?」と歯牙にもかけていませんでした。
 今度こそ自分の名前を知らしめてやると意気込む久我先輩ですが……

 審査員はいずれも全裸になって久我先輩のフレンチ(と美作が作った燻製醤油)を称賛してきました。
 司先輩は久我先輩の変化を評価しつつも3年生を超えられるほど甘くはないと断言します。
 審査員は司先輩の四種の茶葉のピュレを「至上の愛」とのたまって天にまで昇っていきました。

 大方の予想どおりに久我先輩が司先輩に敗北し、創真達は十傑上位の実力を見せつけられます。
 これで今日の勝負が終わりになりますが、司先輩も竜胆先輩も戦いで疲れ切ってしまいました。
 えりなは今回の敗北は無駄ではないといい、疲れ切った彼らになら勝てるのではないかと考えます。

 久我先輩は疲れたから肩をもめと言い、司先輩は明日は出ないと断言してきます。
 創真は向こうの戦力を潰すことを優先して1年3人が出ると断言し、対戦カードも決めろと挑発してきます。
 そうかと思ったら創真達はトランプで遊んでいてえりなは実は混ざりたがっているようです。

 もも先輩は司先輩や竜胆先輩が休んでいると言い、斉藤先輩(そーにゃん)は水堀りして回復したらしいです。
 創真はゆきひゃんと呼ばれ、変な呼び方をするのは相手を格下と見ているらしいのですが……
 叡山先輩は自分の相手が創真でないことに憤り、斉藤先輩と創真が、叡山先輩とはタクミが戦うようです。

 創真は相手の得意料理をひきそうになりながらも今回は「バター」というお題をひいてきました。
 タクミは金の亡者もとい叡山先輩と「牛肉」で戦い、恵は「りんご」でもも先輩と戦うことになりました。
 えりなは創真達を無言で送り出し、一色先輩はこれが正念場かもしれないとつぶやくのでした。

【感想等】
 久我先輩と司先輩の因縁が意外と長いですが、司先輩は自分にも他人にもあまり興味がない感じなのかも。
 「先制は負けフラグ」の時点で久我先輩が勝てる気がしませんでした。
 オープニングで創真さんとえりなさんが戦っているのを見せられて久我先輩が勝つところを想像する方が難しいです。

 美作さんだけでなくて久我先輩や女木島先輩まで倒され、あとは創真さんが戦う流れになりました。
 1回料理をしただけで疲れるのを見ると彼らが将来料理店を営んで大丈夫なのかと思えますが……
 もも先輩の中の人が釘宮さんだったことが驚きでしたが、田所さんがどこまでやれるのか気になります。

 
※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】食戟のソーマ 神ノ皿 第2話「ストロボ、輝く」

 ソーマさんの4期2話を見て感想を書かせていただきます。
 4期が始まって早々に十傑の1位、2位、4位という強豪と戦うことになったわけですが……
 久我先輩も女木島先輩も(美作さんも)どうやってこの戦いに臨むのでしょうか。

【内容】
 女木島先輩は竜胆先輩と、美作は斉藤先輩と、そして久我先輩は司先輩と戦っていました。
 叡山が創真に憎しみを抱く一方で、司先輩が4種の緑茶を使うことから緑茶には様々な種類があると説明があります。
 司先輩は食卓の白騎士の異名を持つ最強の敵であり、久我先輩はそんな強敵とどう戦うのでしょうか。

 美作は久我先輩をトレースして作った謎の液体(燻製醤油)を出してきて、久我先輩は即席の燻製機を出してきました。
 久我先輩は勝つためにプライドを捨てて2人がかりで司先輩を倒そうとしますが……
 美作の相手になる斉藤先輩は最強の寿司職人であり、そんな相手に「まぐろ」勝負は明らかに分が悪いです。

 持ち前のトレースで斉藤先輩に対抗する美作はフラッシュでコピー能力をますます磨き上げてきたようです。
 斉藤先輩は自分と同じ包丁(刀)を使えと独自の「武士道」を見せてきました。
 タクミや創真といったライバルの存在に恩を返すために彼は女性キャラを含む色々なトレースを磨いてきたようです。

 斉藤先輩が先にお寿司を出してきて、美作はそれに軍艦巻きを1つ「アレンジ」して追加してきました。
 審査員は「見よう見まねでできるわけがない」と反発しますが、食べた途端に服がはだけてお嫁に行けないと言い出します。
 そこに竜胆先輩が出てきて唐辛子だらけの丼を出し、女木島先輩はアフリカンラーメンを出してきます。

 審査員は出された4つの料理を食べることになり、連続射出だとミサイルを発射して被弾してきました。
 美作の軍艦巻きも絶賛され、女性審査員のアンに至ってはは裸になって食材を抱きしめて絶賛しますが……
 気づいたら女木島先輩も美作先輩もストレート負けしてしまい、経験の差がトレースしきれなかったそうです。

【感想等】
 相変わらず料理アニメとは思えないオープニングが素敵だと思います。
 松岡さんはどれだけアニメに出ているんだと言われましたが、梶さんの方が出演作が多いのかもしれません。
 CV石田彰さんが食戟のソーマでもSAOでもラスボスとして立ちはだかるのはただの偶然でしょうか。

 久我先輩と美作さんが手を組む展開は予想外でしたが、過去、この2人に勝てた創真さんも末恐ろしいです。
 フラッシュ、フラッシュと連呼したり色々なキャラクターに扮する美作さんが面白すぎました。
 そんな美作先輩も女木島先輩もまた噛ませ扱いにされ、次回は久我先輩も同様の結果になるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム