【アニメ感想】ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第13話「この宇宙(そら)のどこかで」

 リライズの13話を見て感想を書かせていただきます。
 完全敗北ともいえる展開を前に、メンバーがリアルで集結するとのこと。
 旧作メンバーがどこまで出てくるのかも気になりますが……

【内容】
 大規模通信障害はこれまでの記録にはなく、人類が経験したことのない災害なのだとか。
 「惑星1G1202C」というものが原因だと考えられているそうです。
 ヒロトの母の仕事にも影響があるらしく、母は早くログインできるようになればと言ってきます。

 パルヴィーズが「これ、本当にゲームなんでしょうか」といっていたことを思い出すヒロトさん。
 メイから電話がかかり、ガンプラボディの彼女(とそのドレス)を見て少し驚きますが……
 カザミは本名の一方でパルヴィーズは車椅子のようなものに乗って登場します。

 メイはタクシーに気づいてもらえなくてむくれてしまい、パルヴィーズの肩の上に乗ります。
 パルヴィーズは「ボクの車で行きましょう」と言ってリムジンを出してきて驚きです。
 病院で「マサキ」の姉に会い、マサキはずっと意識が戻らないと聞かされますが……

 マサキの姉が出した写真にはムランが映っていました。
 最上位ランカーの一人であるマサキはずっとログアウトしていなくてメイは捜査を依頼されたとのこと。
 これまでヒロト達のやってきたミッションは実装されていないとのことです。

 カザミはこんなのやってられない(意訳)と言い、ビルドダイバーズはバラバラになってしまいます。
 それぞれのメンバーにエルドラがリアルだったという事実が重くのしかかります。
 メイはマギーと再び接触する一方、ヒナタはヒロトに声をかけてきて仕事が楽しいと言ってきます。

 「過ごした時間も感じた気持ちも、全てがヒロトを作った大切なもの」とヒナタさん。
 ヒナタに励まされたヒロトはイヴのことを思い出し、イヴは宇宙の向こう側に行こうと言っていました。
 ヒロトもパルヴィーズも、そしてカザミも戻ってきて、フレディが彼らに呼びかけてきます。

 「もう繰り返さない」
 「この胸の痛みは本物だから」
 と再び立ち上がる決意を述べるヒロトなのでした。

【感想等】
 最近はリアルタイムで見ていたはずが、寝落ちしてて視聴がちょっと遅れてしまいました。
 キャラの確認のために公式サイトを見たら2期が4月からと書いてありました。
 まずリライズを2クールやって4月から三国創傑伝のアニメ化と全国発売だと思ってました。

 メイさんのドレスがすごく可愛い一方で、カザミさんのリアルが思ったより若かったので驚きました。
 前作はリアルとアバターが同じすぎましたが、それではひねりがなさ過ぎるという判断なのでしょうか。
 向こうの世界から戻ってこられなくなったらますますSAOっぽくなってきましたが……

 GBNの世界もまた「もうひとつの現実」ということで、リズベットさんのことをふと思い出します。
 どこまでもヒロトさんを気遣うヒナタさんがいい子すぎますが、肝心の主人公は他の女性に向いているので複雑な気持ちです。
 ウォドムポッドの発売はいつになるのかわかりませんが、それまでにヴァルキランダーさんのレビューをしたいです。

【アニメ感想】ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第12話「震える世界」

 リライズの12話を見て感想を書かせていただきます。
 歴代シリーズを踏襲してか、宇宙で最終決戦が行われる……はず。
 全部で2クールだとしたら後半はどんな展開になるのでしょうか。

【内容】
 目の前に敵の大軍や砲台が出てきて、なおかつゼルトザームまでもが出てきます。
 ストラはジェドに色々と言われてふてくされたようですが……
 ヒロト達は大いに苦戦を強いられ、なおかつ勝利条件そのものが「不明」とのこと。

 メイは砲頭へと向かい、カザミは「アルス」をラスボスだと解釈します。
 内部に潜入したカザミは敵の集中砲火を受けてしまい、相手砲台はエルドラに照準を合わせてきました。
 ヒロトはカザミが乱入したところでゼルトザームを貫き、そのパイロットが人間だと知ります。

 パルヴィーズは「アヴァランチレックスバスター」を発射したものの相手の攻撃の方が早かったようです。
 レジスタンスの基地は完全に破壊され、カザミは大気圏突入仕様にはなってないと涙を流します。
 ヒロトはアースアーマーでカザミを守りつつ、イヴの声が聞こえたのでなんとかなったようです。

 ヒロト達はボロボロの状況を見て言葉を失い、メイはセグリが消滅したとはっきり言ってしまいます。
 マイアは涙を流さずにはいられず、パルヴィーズはこれが本当にゲームなのかと言い出します。
 接続障害が起こって強制的にログアウトになり、テレビでもサーバーのダウンが報道されますが……

【感想等】
 開始直後から嫌な予感しかしませんし、どこかFF6の世界崩壊のような雰囲気です。
 アルスさんがラスボスというのは中の人的には十分ありえそうですが……
 仮面の人を操っているのもアルスさん……というのは考えすぎでしょうか。

 時期的に「区切り」が来るとは思いましたが、その内容はあまりにも重すぎました。
 SAOみたいに脱出不可能になったかと思いましたが、ここからが本当の戦いなのかもしれません。
 次回はメイさんのメイド服が気になりますが、ヒナタさんの参戦はあるのでしょうか。

【アニメ感想】ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第11話「ラストミッション」

 リライズの11話を見て感想を書かせていただきます。
 メイさんの正体がわかってお話が核心に迫ってきているように思えます。
 サブタイトル的にはもう終わりっぽい感じなのですが……

【内容】
 以前もらった「鍵」をはめると軌道エレベーターの先に進めるようですが……
 ヒロトは宇宙で戦うための準備がいると言い、カザミはラストミッションの気配が濃厚だと言ってきます。
 オープニングが流れた後、準備を終えた一同はワープしてきました。

 ジェドは戦場へと向かい、カザミは父親が漁に出るとき……と素性を明かしそうになります。
 フレディは男の子なのに勝利の女神だと言われ、ストラは荷物にまぎれて密航してきました。
 パルヴィーズはこんなところまで来られるとは思っていなかったと言って感動します。

 ストラは何でもするからと嘆願しますが、ジェドは「村へ戻れ」と言ってきました。
 宇宙に上がった一同は敵襲の予感がしつつも月へと向かっていきます。
 特に何もないまま月に入り、無数のモニターを見ていたら「おかえりなさい」と声をかけられます。

 「一体、いつかとはいつなのです?」と言われても何のことかよくわかりませんでした。
 自分を「それ」と言ってくるスキンヘッドに対し、フレディは「壊してばかりじゃないですか!」と訴えます。
 カザミは色々としゃべってしまい、攻撃が激しくなってきたので逃げるしかなくなりました。

 ヒロト達は宇宙空間に出たものの、無数の敵に囲まれてしまいます。
 さらには問題のゼルトザームまで出てきてしまいましたが……

【感想等】
 メイさん、サラさん、そしてイヴさんと、エルダイバーには2文字という共通点があるのかも。
 これまでのシリーズが全て2クールだったので本作も2クールだと思われますが……
 マギーさん以外の旧作キャラがどのタイミングで出てくるのか、わたし、気になります!

 最後が宇宙になるのは(一部例外はありますが)ガンダムシリーズのお約束のようです。
 フレディさんの女神発言とヒロトさんの真っ白い機体が個人的につぼでした。
 ラスボス常連の石田さんの動向も気になりますが、ウォドムポッドさんはいつ発売なのでしょうか。
 

【アニメ感想】ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第10話「そこにある息吹」

 リライズの10話を見て感想を書かせていただきます。
 強敵として所々に出てくるゼルトザームさんをどのタイミングで倒すのか気になります。
 そしてメイさんがしきりに探しているものがなんなのか、わたし、気になります!

【内容】
 メイはELダイバーなのか、モビルドールの姿になってゼルトザームに攻撃を仕掛けます。
 彼女は戦っている相手は「シドウ・マサキ」という人物なのかと聞いてきますが……
 ゼルトザームは逃げてしまったので、とりあえずオープニングを流してお茶を濁します。

 軌道エレベーターが出てきたのはさておき、ELダイバーは電子生命体のことなのだとか。
 サラをはじめとしたELダイバーはいまや87体が存在するらしいです。
 さりげなく回想シーンにサラやツカサの姿があるのはファンサービスなのでしょうか。

 カザミは「クライマックスは宇宙」とテンションを上げますが、村の祭りが先決なのだとか。
 メイは「祭りとはそもそもなんだ」と言って言葉を失い、ヒロトはイヴの写真を見つめていたらヒナタと目が合います。
 「ただの記録に過ぎない」と言ってくるヒロトにヒナタはそのまま去っていきました。

 カザミはいつもよりも丸い機体で祭りの準備をしていました。
 瓦礫の掃除をするのは想定外でしたが、カザミはテンションを上げて「景気よくいこうぜ」と吠えていました。
 村長は「今日は無礼講だ」と言う一方で、メイは子供を戦闘員にする状況を変えたいとひと言。

 村の代表が出てきて改めて感謝し、いつもありがとうと言ってプラモデルのようなものをくれました。
 ストラは俺も戦いたいと言って苦い汁を飲み、ヒロトは一人でぼんやりとしていました。
 祭りのクライマックスには灯籠のようなものを流し、ストラは改めてレジスタンスに入れてくれと言ってきます。

 ジェドは「お前に託したい」と言ってきて変なフラグを立ててきました。
 灯籠が空に浮かび上がり、ジェドはカザミの手を握って改めて感謝してくるのでした。
 「一つ目を倒したら見てもらいたいものがある」と不安をかき立てるのでした。

【感想等】
 けものみち、ビースターズ、そして本作と、木曜日はケモナーの曜日なのかもしれません。
 気がつけばカウントダウンの音楽も妙な中毒性があるように思えます。
 ウォドムポッドさんの中にモビルドールが入っているとしたらかなりお値段もはりそうな気がします。

 シドウさんはツカサさんポジションだとして、メイさん、サラさんとともにイヴさんもELダイバーなのでしょうか。
 ヒナタさんの参戦はいつなのかと思っていたらカザミさんがアッガイさんのような機体を出してくるとは……
 散々にフラグを立てたジェドさんですが、ヒロトさん達がそのトラウマを打ち破ることを期待します。

【アニメ感想】ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第9話「隔絶の淵から」

 ガンダムさんの9話を見て感想を書かせていただきます。
 ミッションを色々とこなしつつも、どこかちぐはぐした印象がする一同ですが……
 ゼルトザームさんに乗っている人はどんな方なのでしょうか。

【内容】
 メイは今の戦い方でいいのかと問いかけますが、特に何の進展もありませんでした。
 ヒロトはふとイヴのことを思い出したかと思えば、オープニングの後はヒナタがエイヒレを持ってきます。
 今日は父親が夕食を作っているらしいですが、母親の方は修羅場になっているのだとか。

 ヒナタはヒロトの父母は「最高のチーム」だとのたまいますが、ヒロトは一人でやることの方がいいと言ってきます。
 ヒロトは「俺がやるしかない」と言い、水中に潜む「一つ目」を排除するようにと言われます。
 お祭りの準備が進められている一方で、パルヴィーズはヒロトは1人で戦うのかと聞いてきますが……

 メイは自分とヒロトがどう似ているのかと聞いてきて、カザミは勝手に動くところがそっくりだと言ってきます。
 ヒロトは自らの意志でチームバトルを拒んでいるらしいですが……
 サメの敵だと思っていたのは巨大なデスアーミーでしたが、ヒロトはそのまま海へと入っていきます。

 ヒナタはヒロトがしょぼくれていた時期を考えると、それは第二次有志連合戦に遡るそうです。
 昔を思い出したヒロトは戸惑いながらも戦闘を続けていきますが、あっさりと倒れてしまいました。
 メイは「お前は私に似ている」と言いつつもヒロトの機体を蹴り飛ばして無理矢理助けます。

 パルヴィーズは相手を丘の上に誘い寄せられないかと考えます。
 機体を変形させて敵をギリギリのところまで誘ってくるパルさん。
 メイはモリを発射して最後はそれを突き刺して引っ張り上げて決着を付けました。

 カザミはノリノリで仲間に命令を出し、最後は敵を爆発させて話を死めくります。
 ヒロトは他の仲間にもっと早く助けを求めていればよかったと言ってきます。
 イヴはヒロトは誰かの為に戦いたい人だと言っていましたが、そこに例のゼルトザームが現れるのでした。

 ヒナタは「エルダイバー」について聞いてきて、電子生命体うんぬんと説明があります。
 ヒロトもまた「エルダイバー」とつぶやいてくるのでした。

【感想等】
 コミュ障気味のヒロトさんにことあるごとに声をかけるヒナタさんが素敵だと思います。
 ヒロトさんやメイさんが勝手に動くと言い出すカザミさんは「お前が言うな」と突っ込まれそうです。
 いまだに発売されないウォドムポッドさんは絶対に変形ギミックがあると思いますが……

 前作の終盤にあたる「第二次有志連合戦」がどんな意味を持つのかは未だよくわかりません。
 チームとして感性されつつある彼らをあざ笑うかのように敵が攻めてきたら言葉を失います。
 次回は夏祭り(?)のお話らしいですが、それ以前にゼルトザームさんをどう退けるのでしょうか。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム