【アニメ感想】甘々と稲妻(12話=最終回)「あいじょーたっぷりお好み焼き」

 甘々と稲妻の最終回を見て感想を書きます。
 始めはとあることから険悪なムードになりますが、料理を通じて和解するあたりが「甘々」らしくてよかったと思います。
 見ているとお腹がすいてくるのはもちろん、父母に対して感謝せずにはいられません。
 しっかり叱るところは叱るお父さんは良かったですし、その気持ちを察するつむぎちゃんも素敵です。
 小鳥さんとはもう夫婦にしか見えませんが、最終的には「娘さんをください」とお母さんに言う日が来るのでしょうか。

【内容】
 親友のしのぶと買い物に行った帰りに先生とつむぎの二人を見かけた小鳥さん。
 その黒尽くめの衣装と寂しげな表情から母親の命日だと察してしまいます。

 「ごはん食べてるかな……」と2人を心配する小鳥さん。
 一方、先生は法事で疲れたことから久しぶりの外食を提案します。

 お好み焼き屋さんの匂いに興味津々のつむぎちゃん。
 先生は、お好み焼きを自分で焼くところだと説明しますが、実際お店で注文すると出てきたのは完成品でした。
 「だまされた」と言い出し、さらに青海苔の入れ物を落としてしまう娘に、ついかっとなってしまった先生はしかりつけてしまいます。
 次の日、幼稚園に娘を預ける先生ですが、つむぎちゃんのテンションは明らかに低いです。

 学校ではいつものようにお食事会のお話をする先生と小鳥さん。
 母が今度参加したいといっているとうれしそうな小鳥に、先生はあいさつがまだだったとひと言。
 お好み焼き屋さんでの出来事を話すと、今回はお好み焼きを作ろうということになりました。

 娘を迎えにいった先生ですが、つむぎはまだ「じゅーじゅー」できなかったと悔しそうです。
 他の親を引き合いに出す娘に、先生はいけないことをしたら叱るとひと言。
 今度はお好み焼きを作ること、さらに小鳥のお母さんがやってくることを話すと、つむぎの機嫌が直ります。

 いつもどおりお店にやって来た先生とつむぎをしのぶがお出迎えです。
 しかし、突然平謝りする小鳥さん。
 どうやら、お母さんは急に仕事が入ってこられなくなったとか。
 料理研究家であるお母さんを目当てにやって来た八木さんは帰ろうとしますが、一同に引きとめられます。

 先生、小鳥の初心者と、八木さん、しのぶの経験者に分かれてお好み焼きを作ることに。
 まず、だしを作って冷やし、ボールに薄力粉を加えてだま(よく溶けなくてできてしまう固まり)にならないようによくかき混ぜます。
 長いもをすりおろして混ぜて生地を寝かせ、その後はキャベツを千切りにします。
 先生の上達ぶりが見事ですが、当の娘はさらに上手の八木さんの所に見入ってしまいます。

 お母さんが仕事でこられなかったことについて、ないがしろにされたようだと小鳥さん。
 先生は「余裕がなかった」のではないかと、お好み焼き屋さんでの自分を重ね合わせることに。
 一方で、キャベツの入ったボールを落としてしまったつむぎは、八木さんの怒りを買って追い出されます。

 ふてくされる娘に、「お父さんも怒ることは嫌い」と説明する先生。
 だけれども、いけないことをしたら叱らないといけないと付け加え、そしてお好み焼き屋さんではうまく叱れなかったと謝ります。
 父の思いを受けて自分も悪かったとあやまるつむぎちゃん。
 その後は八木さんにも謝ります。

 他の材料(おそらくここまで出てきていなかった卵を含みます)とすべてをかき混ぜるつむぎちゃん。
 小鳥、先生と一緒に歌いながら混ぜるさまはもう親子にしか見えません。

 焼いて豚肉を乗せて、2度ひっくり返して完成です。
 あとはソースとマヨネーズ、かつおぶし、青海苔でしょうか。

 仕事が終わったとやって来た小鳥の母。
 有名な先生に会えたことを喜ぶ八木さんはミーハーの鑑でした。
 急いできたお母さんは制服姿(番組衣装)だったことは突っ込まないでおきましょう。

 一同で早速作りたてのお好み焼きを食べることに。
 おいしいのは愛情がこもっているからとさらりと言う小鳥さんのお母さんも素敵です。
 先生の愛が娘に伝わり、もっといっぱい食べると笑うつむぎちゃんがまるで天使のようです。

【考察等】
 冒頭から一周忌ということで重苦しい話になるかと思いましたが、むしろ食べることにシフトしていくあたりが甘々らしいところ。
 お好み焼き屋さんにはあまり行ったことがないのですが、最近では完成品を出すお店も多いらしいです。
 そのおかげでつむぎちゃんの機嫌が悪くなりましたが。

 例のごとくお好み焼きを作ろうという小鳥さんですが、お母さん登場には驚きです。
 つむぎちゃんも大喜びになって何よりだと思いました。

 お料理パートでは先生の上達ぶりがわかります。
 そもそも外食を「久しぶり」と言っている段階で、基本は先生が家で料理していたことが伺えます。
 学校の先生をやりながら主夫もしている先生はすごいなと改めて思うところ。

 途中で悪いことをしてしまい怒られるつむぎちゃん。
 そんな娘を感情的に叱るわけではなく、きちんと説明する辺りは教育者だからかもしれませんが、とてもいい対応の仕方だと思います。
 その思いは娘に通じ、素直に謝られては許さざるを得ません。

 料理を一緒にしている小鳥さんと先生を見ると、夫婦にしか見えてこないです。
 お母さんがやってきたところで、「娘さんをください」と出てくる日がそのうち来るのではないかと想像してしまいました。

 アニメに出てくる母親は大体そうですが、この方もやっぱり若かったです。
 制服を着ても違和感がないのがある意味恐ろしいくらいです。
 序盤で出てきたセーラー服が一番すごかったですが。

 最後にはおいしそうに食べるところで、いわゆる「飯テロ」という言葉が浮かんでしまいました。
 朝ごはんをいただいていないとなかなか見るのは厳しいのかもしれません。
 一方で、食欲が増して朝ごはんがますますおいしくいただけるのかもしれませんが。

 最終回までやってきましたが、毎回のようにほくほくしたお話でよかったと思います。
 実写化にもあまり違和感のない題材のように思えますが、それよりも2期を期待する今日この頃です。

【アニメ感想】甘々と稲妻(11話)「おゆうぎ会とさつまいもクレープ」

 甘々と稲妻の11話を見たので感想を書きます。
 つむぎちゃんの仲直りと、小鳥さんが文化祭の新メニューを考えるという二つの課題がのしかかりますが、今回もおいしく解決できたのでよかったと思います。
 相変わらず朝からおかかがすいてくるのが玉に瑕ですが。
 あと、どちらにも接点のない八木さんが普通に参加していたのですが、この方、何気に面倒見のいい人だなと思います。
 見た目がちょっと怖かったと最近まで思っていましたが、悪い猫でごめんなさい!

【内容】
 つむぎは幼稚園のおゆうぎ会の配役のことで、よしこちゃん(×ヨハネさん)をやろうというはなちゃんに対して、ガリガリさん(ブタのようなキャラクター)をやりたいといって、仲たがいしてしまいます。

 一方、いつものようにおいしそうにお弁当を食べている小鳥さん。
 自分達の他にクレープの屋台をやるところが2つ出てきたということで緊急会議が行われます。
 お母さんがテレビに出るほどの料理研究家であり、自分自身も毎日おいしそうに物を食べているということで、新メニューを考えるようにいわれた小鳥さんでした。
 副担任の先生は、つむぎがクレープを食べたことがないなと思うとちょっと楽しそうです。

 新メニューを考えることになった小鳥は、試食会をしようと提案します。
 秋だからサンマ……ではなくて、おイモはどうかということに。

 娘にクレープを食べさせてあげられると大喜びの先生は、早速つむぎにそのことを話しますが、友達と仲たがいした彼女はご機嫌斜めで、「女の子の話しして!」と少し八つ当たりぎみです。
 事情を察した先生は、自分が仲介して仲直りさせようとしますが、大人が中に入ってもやはりうまく行きません。
 つむぎはお父さんのことを察してか、仲直りできなかったことを隠しますが、お父さんはうすうす気づいているようです。

 クレープの試食会ということで、「恵」にやってきた先生とつむぎちゃん。
 そこには小鳥の親友のしのぶや、何と八木さんまで来ているではありませんか。
 みんなが集まって、試食会改め、クレープパーティーの始まりです。

 牛乳を常温に戻し、バターを焼いて一旦さまします。
 薄力粉をふるいいれるのですが、いらいらした八木さんが力を貸してしのぶさんににらまれる様は見ててシュールです。
 グラニュー糖、卵、バター、牛乳を混ぜて冷やし、生地の元を作ります。

 お父さんはいつも食べる話ばかりだとつむぎちゃん。
 それに対して、私の方が食べるのが好きだよと謎のフォローをする小鳥さん。
 さらに八木さんは「お父さんはいつもお前のことばかり考えている」とつむぎをたしなめます。
 それを聞いて、「悪いつむぎでごめんなさい」と謝るつむぎちゃん。

 サツマイモの皮をむき、そのあと包丁で切ってゆきます。
 つむぎちゃんが出来ているのに、自分が出来ないことにもどかしさを感じる小鳥さんも可愛いです。
 サツマイモを水に晒してレンジでチンし、串がとおるくらいのやわらかさにします。

 マッシャーでおイモをつぶして、グラニュー糖を加えます。
 生地を焼き、キツネ色になったらひっくり返します。
 生クリームを作り、おイモを加えて包んだら完成です。

 試食は大成功に終わり、メニューもコレで決まりです。
 「自分の好きなことでみんなに喜んでもらえたら」と小鳥さん。
 それに対して自分は友達に喜んでもらえないと仲たがいのことを考えているつむぎに、先生はガリガリさんの衣装を作ることを提案します。
 うまくいかないこともあるけれども、一緒にがんばろうと思いを込めて。

 幼稚園ではガリガリさんの衣装を見たはなちゃんは興味心身になり、そのまま仲直りできました。

 文化祭はクレープは大繁盛で、小鳥は魔女の格好をして客引きです。
 おゆうぎ会の方も無事終了し、娘の晴れ姿を見た先生は「よくがんばりました」とひと言。

【考察等】
 冒頭のおゆうぎ会の場面の「よしこちゃん」で、一瞬あの堕天使ヨハネさんを思い出したのは私だけではない……はず。
 いつも幸せそうにごはんを食べている小鳥さんですが、クラスメイトに声をかけられてうれしそうなところが可愛らしいなと思います。
 そして試食会ということで食べる舞台も整いました。

 八つ当たり気味の娘に戸惑う先生を見ると、男女の違いも少しあるのかなとつくづく思うところ。
 親が入っても、なかなか子供のけんかは終わらないのも事実です。

 同じ学校のしのぶさんはともかく、あまり接点のない八木さんまで試食会には参加します。
 野菜を仕入れている先がしのぶさんの家だからとか。
 先生をフォローする八木さんを見ていると、この人の面倒見のよさは素敵だなと思います。
 「悪いつむぎでごめんなさい」のひと言は、先生には、まさに「こうかは ばつぐんだ!」です。 

 包丁を切るところでは、小鳥さんが包丁を使えない自分と向き合い、成長しようとしているところも印象深いです。
 試食のときの、「好きなことで喜んでもらえたら」というところは、見ていてほほえましいです。

 娘を察して衣装作りまで手伝う先生も優しくていいお父さんだと思います。
 最終的に仲直りできて良かったです。

 最後に、魔女のコスプレをして客引きをする小鳥さんを見て、山田くんと七人の魔女(小鳥さん役の早見さん「魔女」役でが出ている作品です)を思い出したのは私だけではないかもしれません。

 次回もどんなおいしく、暖かいお話を見せてくれるのか、私、気になります!

【アニメ感想】甘々と稲妻(10話)「夏休みとねことアジ」

 甘々と稲妻(10話)を見て感想を書きます。
 始めはテンションの低かったつむぎちゃんですが、お料理の中で元気になってよかったと思います。
 はじめてなのに魚をさばくのに一生懸命の先生が素敵でしたし、つむぎちゃんとじゃれるしのぶさんや、もう母親の目になっている小鳥さんも見物です。
 しかし、毎回のことながらお腹がすいてきてしまいます。

【内容】
 先生は娘と海にやってきましたが、車から降りようとしないつむぎちゃん。
 「ねこだから」仕方ないと抱きかかえて海を見て回ります。
 一方、小鳥としのぶは(冷房をかけずに)夏休みの宿題消化にいそしんでいたところです。

 先生からの連絡で発情する小鳥さん。
 しばらくして、先生がアジをおすそ分けにやってきました。
 海で釣りをしていた近所の人が、少し分けてくれたようです。

 テンションの低いつむぎは心配されますが、再び「ねこだから」と一言。
 ねこのまねをしてじゃれあうしのぶさんが可愛いです。

 この場に誰も魚をさばける人がいないと困ってしまう小鳥さん。
 八木さんも用事で忙しくてだめらしいです。
 しかし、しのぶが突然「先生がやれば?」と言い出します。
 先生は周囲の期待もあり、そのまま魚料理に挑戦することとなりました。

 まずはアジをさばくところから始まります。
 うろこを取り除き、頭を落とし、内蔵を取るのはなかなかにエグいものでしたが、つむぎは興味深々です。
 その後は血合いを落とし、水でよく洗います。
 そして、身を三枚におろしますが、包丁を斜めに入れると良く切れるようです。

 「味見しませんか?」
 出来上がったアジの三枚おろしを見て、興奮する小鳥さん。
 刺身にしてしょうが醤油で食べてみることに。

 お魚を食べたつむぎは突然テンションが上がり、「すごいね!」と一言。
 それを見て先生はつむぎが生まれたばかりのことを思い出します。
 始めは小さかったつむぎちゃんですが、いっぱい食べてお姉さんになりました。

 残りのアジをさばく先生ですが、2匹目からは少しずつなれてきたようです。
 身をたたきにして「なめろう」(たたきの一種→ウィキペディア「なめろう」)を作り、それを薄くして焼いたら「さんが焼き」となります。

 一方で、あらでおみそ汁をつくるしのぶさん。
 出来上がりそうなタイミングで「入れて」と八木さんもやってきました。

 お食事の時間になりました。
 海も魚も面白かったと大喜びのつむぎちゃんの笑顔には癒されます。

 なお、Cパートではなめろうをのりで巻いて食べたり、骨せんべいを食べたりと笑顔が絶えない、素敵な食卓でした。
 つむぎちゃんは一人で骨せんべいを食べきってしまいますが。

【考察等】
 前回のカレーでお母さんを思い出した影響なのか(公式サイトのあらすじにははっきりとそう書いてありました)、突然テンションの低くなったつむぎちゃん。
 いつものテンションの高さだけに心配になりましたが、普通にごはんを食べたら元気になってよかったです。

 つむぎちゃんの「ねこだから」というところは素敵過ぎました。
 同じ猫でも私がやると犯罪かもしれません。

 魚をさばく先生の一生懸命さは、この人の性格を現しているような気がします。
 学校の先生ですしそれだけ勉強熱心なのだと思います。

 なめろうについては正直わからなかったので、インターネットで少し調べました。
 作中では料理の作り方を調べていましたし、インターネットは本当に便利だと思います。

 お料理についてはいつもどおりおいしそうで、お腹がすいてきました。
 楽しい食卓を見ると、こっちまで幸せになってくるような気がします。
 あと、小鳥さんのつむぎちゃんを見守る目がもうお母さんのそれになっているような気もしてきました。
 まさに、あまんちゅと並ぶ今期の癒し枠です。

 次回もどんな料理を作るのか、そして世知辛い世の中を生きる私達をどれだけ癒してくれるのか、私、気になります!

【アニメ感想】甘々と稲妻(9話)「うちのおうちカレー」

 甘々と稲妻(9話)を見て感想を書きます。
 カレー大好きなのでタイトルからワクワクしてみましたが、意外とお話が重たかったです。
 もちろんお料理は楽しそうでしたし、おいしそうで良かったと思います。
 若くして亡くなられたお母さんですが、子供用と大人用を分ける手法など、本当にいいお母さんだと思います。
 私も、生きているうちに母に何か出来ればと思ってしまいます。

【内容】
 お泊り保育で、初めて子供用の包丁を持ったつむぎちゃん。
 夕食のカレーライスは上手に出来、保護者の方と一緒においしくいただきました。
 しかし、つむぎにとってはこれは「ふつうカレー」とのこと。
 これとは別に、干しぶどうをいれた「おうちカレー」があったのです。

 花火をした後、子ども達は幼稚園に残り、先生は帰宅します。
 家事をこなしてくつろいでいる間も娘を心配する先生ですが、そのつむぎちゃんは熟睡しているようです。
 そんなとき、友達の八木さんから連絡があり、「おうちカレー」がドライカレーだと思い出した先生はあることを考え付きます。

 カレーを作りたいと連絡した先生に対して、小鳥は「カレー大好きです」と快く了承します。
 先生は材料を探している中で、お母さんの残したレシピを発見します。
 「おうちカレー」を作ると聞いたつむぎちゃんは大喜びです。

 いつもどおり「恵」に集合する3人は、レシピをもとに「おうちカレー」を作ります。
 まず野菜を切ろうということになり、包丁を使えると張り切るつむぎちゃんですが、大人用の包丁は危険だからと先生と一緒に作業します(にんじんを切っただけで、他は先生一人で作業します)。
 そんなつむぎちゃんを見て、小鳥は包丁を使えない自分を情けなく思うのでした。

 野菜のみじん切りの後は、固形スープの素でスープを作りつつ、具を煮込んでゆく作業に移ります。
 にんにく、しょうが、たまねぎ、野菜、肉の順番で火を通し、カレー粉、トマト、レーズン、リンゴ、ピーマンにスープ……!?
 つむぎちゃんの嫌いなピーマンが入っていることを危惧する2人ですが、つむぎちゃんはあっさりと「いいよ」と一言。
 甘々の魔法カレーはどんなものもおいしくしてしまう不思議なカレーだったのです。

 カレーが出来上がった後は、子供用を取り分けた後、大人用にガラムマサラなどを加えます。
 こういった工夫が出来るのはいいお母さんだと、小鳥さんのお母さんは言っていたそうです。
 妻を褒められた先生は、思わず笑顔をこぼします。

 出来上がったカレーをすごい勢いで食べるつむぎちゃん。
 その光景を見て、今は亡き妻を思い出す先生。
 たまねぎを切って涙を浮かべ、先生のメガネをかけてふらふらになっている、お茶目なお母さんの姿です。

 おうちカレーを食べてお母さんを思い出したつむぎちゃん。
 しかし、「ママが来ないのに作った!」と突然泣き出してしまいます。
 あわてた先生は謝り、もう作らないと言いますが、やっぱり食べたいつむぎちゃんでした。

【考察等】
 今回何気に「甘々」の言葉が出てきたところに注目でしょうか。
 稲妻については出る気配がないですが、これもそのうち出てくるのかが注目されます。

 幼稚園のおとまりのところで、つむぎちゃんはよくできましたが、他の子もすごく子どもらしい反応でほほえましく思えます。
 私にも、あのような時代があったのかもしれません。

 お母さんのカレーを作るところで、自分が包丁を使えないことに落ち込む小鳥さんが心配です。
 今後このトラウマを克服することが出来るのかが気になります。

 先生とお母さん、つむぎちゃんの回想では思わず涙が出てきました。
 先日のラブライブサンシャインもそうでしたが、最近少し泣きすぎなような気がします。

 次回どのような料理になるのかわかりませんが、また楽しくおいしい料理を期待したいと思います。

【アニメ感想】甘々と稲妻(8話)「明日もおいしいイカと里芋の煮物」

 甘々と稲妻の8話を見て感想を書きます。
 授業参観で休んだ先生を本気で心配したり、お母さんの味と違わないのかと気にかける小鳥さんは、本当に優しいいい子だなと思います。
 料理とはあまり関係ないですが、バッグの話題でさりげなく事情を察する周りのお母さん達の優しさもよかったです。
 優しい世界を見ていると、こんな厳しい世の中でもがんばれそうな気がします。

【内容】
 学校を休んでしまった犬塚先生を心配する小鳥ですが、その先生は幼稚園に娘(つむぎちゃん)の参観日に行っていました。
 そのつむぎちゃんは工作では空き箱で大きなイカを作ります。
 ママ友たちは毎年作り変えているバッグの話をしますが、つむぎちゃんの事情(母親が他界)を察して先生には、絶対ではないとフォローしますが、そんな優しさが素敵です。

 家にもどってから、先生は、娘がみきお君に「お嫁さんにしてあげる」と言われて一瞬焦ります。
 話を切り替えて、(今のバッグも汚れているし)新しいバッグを作ろうかと持ちかけますが、つむぎは「ママのでいい」と一言。
 そんな娘の気持ちを察した父は、娘に「ママの作っていたごはんで食べたいものはあるか」とリクエストを呼びかけ、つむぎは「イカと里芋の煮物」がいいと答えます。

 早速小鳥に相談し、リクエストの料理を作ろうとする先生と小鳥。
 しかし、小鳥はつむぎちゃんの求めている味と違うものになるのではないかと不安に陥ります。

 料理はまずイカの頭から胴体を抜く作業、そして輪切りにしてくちばしを取り除き、ぐつぐつと煮込みます。
 次に里芋は、上下を切り落としてから側面をむいてゆきますが、小鳥は昔指をけがしたことを思い出してしまいます。
 里芋を煮込む間にみそ汁とごはんを炊き、最後は里芋にオクラとイカを混ぜて煮込んで完成となりました。
 実際に食べてみて、つむぎちゃんも喜んでくれて何よりでした。

 帰りに、残り物を入れ物に入れてくれた小鳥さん。
 煮物は味がしみこんで、次の日はもっとおいしくなるとのこと。

 帰り道で、先生はお母さんのバッグについて、汚れているところにアップリケをつけようと提案します。
 こうして、バッグにはお母さんだけでなくてお父さんの思いでも加わることとなりました。

【考察等】
 先生がお休みしたのを何かあったのではないかと心配する小鳥さんが素敵ですし、バッグについても先生の事情を察するママ友の皆さんも本当に優しい、素敵な人たちだと思います。
 世知辛い世の中ですが、この人たちのような優しさを忘れない生き方ができればと思います。

 お料理について、実際家庭によって相当味は異なるような気がしますが、つむぎちゃんも喜んでくれたので良かったと思います。
 一方で、先生が指を切りかけたところで小鳥さんがトラウマを思い出したのですが、そのあたりを少し察するところがあればもっとよかったのではないかとも思いますが。

 バッグについては、汚れもうまく隠せて、そしてお母さんの思い出も守れたのは良かったです。
 死後もこれだけ愛されているお母さん、この父娘に負けないくらい優しくて素敵な人だったのだろうなと思いました。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム