【アニメ感想】ファンタシースターオンライン2 エピソード・オラクル 第25話(終)「あなたが生まれたその理由」

 PSO2の最終回(25話)を見て感想を書かせていただきます。
 意外とあっさり周りが協力してマトイさんを浄化することになりました。
 アッシュさんの愛でマトイさんを救うことが出来るのでしょうか。

【内容】
 カスラやクラリスクレイス、レギアスといった面々にシャオが作戦を説明します。
 六芒均衡が「創世機(?)」なるマトイに結界を張り、あとはアッシュやアフィンがなんとかするそうです。
 エルダーやルーサーといったダークファルスが生み出され、激しい戦いが展開されます。

 レギアスがエルダーと、カスラが、ルーサーと、サラ、クラリスクレイスがアプレンティスと戦います。
 マトイは自分が消えればみんなが幸せになるといいながらもアッシュのことが頭に浮かびます。
 操られたアークスがアッシュを襲いますが、テオドールが「ここは僕たちに任せて」と言ってくれました。

 六芒均衡の皆さんがそれぞれ武器を展開して結界を作り、これで深遠なる闇は結界に束縛されたそうです。
 アフィンはダーカーを攻撃して、アッシュは「死ぬなよ」と縁起でもないことを言い出します。
 アッシュはマトイに声をかけ、マリアにはリサが、カスラにはメルランディアが助けに入ります。

 アークスの皆さんが一丸となってダーカーを浄化し、深遠なる闇からマトイがその姿を現わします。
 アッシュはさらにマトイを説得しようとしますが、マトイは「その優しさが残酷だよ」と言い出します。
 マトイは世界を守るためにアッシュの手で自分ごと「深遠なる闇」にとどめを刺せと言って自分を攻撃しますが……

 アッシュがマトイをかばって、マトイから深遠なる闇が復活してしまいます。
 「仮面」は「君を救うために何千回何万回と君を殺してきた……」と言ってかつての自分であるアッシュを救い出します。
 深遠なる闇は仮面の最後の力によって封印されますが、シオンには闇を完全に抑えられないと言われます。

 「全知の先に進み、新たな歴史を紡いでくれ」と言ってシオンはシャオとともに去っていきました。
 六芒均衡の皆さんは疲れきってしまい、アッシュはマトイに「泣きたいんなら……泣いていいんだ」と言ってきました。
 いつかは深遠なる闇が完全に復活するらしいですが、今度はアッシュとマトイの2人で助けると決意するのでした。

【感想等】
 六芒均衡の皆さんのキャストが豪華すぎて、これだけでもテンションが上がってきます。
 一昔前まで闇墜ちしてルーサーさんに操られていたテオドールさんが駆けつけたことがちょっとうれしいです。
 少し前に「地縛少年花子くん」を見ていたおかげかシャオさんのお声で花子くんが頭に浮かびます。

 ベテランメンバーをしっかり立てつつ、それぞれのメンバーが自分の役割をしっかり果たしているのが素敵です。
 大切な人を救うために何度も自称を繰り返してきた仮面さんにまどマギのほむらさんがちょっと重なりました。
 「泣きたいんなら泣いていいんだよ」という発言が素敵ですし、しっかり綺麗にまとめてきた関係者にはひたすらに感謝です。

【アニメ感想】ファンタシースターオンライン2 エピソード・オラクル 第24話「【深遠なる闇】」

 PSO2の24話を見て感想を書かせていただきます。
 大方の予想どおりマトイさんが深遠なる闇として復活してしまいました。
 アッシュさんはこの現実を前にどんな行動に出るのでしょうか。

【内容】
 「人はいつの時代も悩み、うつろい、迷う……」というひと言とともに、ついに深遠なる闇が復活します。
 レギアスはエルダー戦の愚を犯すつもりはないと言いますが……
 目を覚ましたアッシュはマトイが深遠なる闇として復活したと聞いて愕然とします。

 レギアスは30秒の一斉射撃を行い、マトイを見つけ次第抹殺しろと命令してきます。
 シャオはマトイの抹殺は論理的必然だと言い、命令に従わないとアークスの全てを敵に回すと言ってきます。
 一方で、自分が人の心を理解していると言い、マトイを助けて……と涙を流します。

 ゼノやエコーは殺すしか深遠なる闇を倒す方法はないと言いつつも、アッシュなら他の方法を見つけられるとひと言。
 アフィンは姉から(マトイを)さっさと楽にしてやれと言われながらも、声をかけ続ければ……と言い出します。
 リサは「戸惑っていますね」と話しかけてきて、誰か一人を犠牲にすることでいいのでしょうかと言ってきます。

 アッシュやアフィンは全アークスの浄化能力で深遠なる闇を浄化しようとしますが全員の心を一つに出来るのかと言われます。
 パティやティアはクーナを出してきて、クーナは仲間を殺すことに疑問を抱き、アッシュに自分の想いを伝えよと言ってきます。
 アッシュは自分を助けるために深遠なる闇になったと言い、マトイを助けてほしいと訴えますが……

 ヒューイは二つ返事でアッシュへの協力を約束し、次々と協力してくれる仲間が現われます。
 レギアスはこの民意を覆すのは得策ではないと言い、シャオは前もって考えていた作戦を提示してきます。
 六芒均衡が結界でマトイを封じ、出現するダーカーをアークス全員でやっつけることとなりました。

 マトイを待つアッシュの前に「仮面」が現われ、その優柔不断が彼女を苦しめると言ってアッシュに攻撃を仕掛けてきます。
 アッシュはあっさりと仮面を退けますが、仮面はマトイが死を望んでいると言ってきます。
 未来の自分を前にしたアッシュは「俺は俺だ」と言いつつも、マトイの浄化に協力してくれと言ってくるのでした。

 マトイの居場所を聞いたアッシュは現地に向かいますが、途中でダーカーが襲いかかってきます。 
 アークスがダーカーをやっつけ、アッシュはアフィンとともにマトイの元へと向かうのでした。

【感想等】
 「深遠なる闇」というFFチックなラスボスの登場に、いよいよ終わりが見えてきたのだと実感します。
 マトイさんを抹殺しろと言いながらも涙を流すシャオさんにもらい泣きしてしまいました。
 ゼノさんがアッシュさんを後押しするのはいいとしても、リサさんが意外とちゃんと考えていて驚きました。

 アビスでほぼ全員が敵になったことがありましたが、今回はあっさりとみんなが協力してくれたのはよかったです。
 アッシュさんが「俺は俺だ」と言ってくるところもよかったですが、未来の自分をも味方につけるとは想定外でした。
 次回でマトイさんを浄化してハッピーエンドだと思いますが、最後はアッシュさんとマトイさんがくっついて終わるのでしょうか。 

【アニメ感想】ファンタシースターオンライン2 エピソード・オラクル 第23話「出来損ないの最高傑作」

 PSO2の23話を見て感想を書きます。
 双子さんの体内で出てきたルーサーさんは何を語るのでしょうか。
 そしてアッシュさん達はこの窮地をどう切り抜けるのでしょうか。

【内容】
 アフィンやサラはパティ、ティアにアッシュ、マトイがダークファルスに食べられたと説明します。
 「遅かったようですね」とカスラが出てきて、自分はアッシュ達を保護するように言われてきたとひと言。
 レギアスに住民を避難させつつ船ごと消滅させる「最悪の事態」を想定するしかないと言いますが……

 オープニングの後、アッシュ、マトイは「双子(ダブル)」の体内でルーサーと再会を果たします。
 ルーサーはシオンが二代目クラリスクレイスを作ったと知って、その対になる存在としてアッシュを生み出したそうです。
 クラリスクレイスがいなくなったことで用なしになったアッシュが廃棄されてそれをシオンが拾ったそうです。

 カスラは部下に情報収集をさせる一方で、アフィン達に出来ることは何もないと言い放ちます。
 ルーサーはアッシュ、マトイは「似たもの同士」だと言い、マトイこそが2代目クラリスクレイスと言ってきます。
 マトイは一生懸命なアッシュを見て過去なんてなくてもいいと思い知らされたと励ましてきました。

 「黙ってて!」と少し怒りつつもマトイはアッシュがいたからみんなが笑顔になれたといってきます。
 ルーサーは深遠なる闇の復活は必定と言いますが、アッシュは破滅の時が来るまでは絶望しないとひと言。
 アッシュはルーサーから脱出方法を聞き出し、時空のひずみをクラリッサで浄化するといいらしいです。

 ルーサーは「シオンのいない世界に未練はない」と言うので置いて行き、アッシュ、マトイは双子の中から脱出します。
 「出来損ないの最高傑作」とタイトルを回収したルーサーに続いて、突然双子が苦しんで、中からアッシュ達が出てきました。
 双子は「もう一度食べなくちゃ」と襲ってきて、アフィン達はアッシュ達がそこにいるのだと確信して移動を開始します。

 マトイは「戦う気はない」「消し潰す」と物騒なことを言い、双子は謎のクリーチャーに合体して攻撃してきました。
 アフィンはマトイの様子にびびりつつも雑兵を倒してきて、アッシュ、マトイは双子に照準を合わせてきました。
 アッシュはクリーチャーを一刀両断し、双子はアッシュ達がアークスなんかにそこまでの闇を抱え込めないと言ってきます。

 双子は「ご褒美をあげる」と黒いものを吹き出してきて、アッシュはマトイをかばってそれを受けてしまいます。
 「おめでとう……そしておかえりなさい」と双子は消滅し、アッシュはそれでもマトイを深遠なる闇にはしないと言い張ります。
 マトイはクラリッサでアッシュを貫き、アッシュに告白しながらも「深遠なる闇」として目覚めてしまうのでした。

【感想等】
 終盤になって色々なことがわかってきてますが、同時に新たな謎が次々と起こるのもまた事実かと。
 マトイさんと中の人が同じ千反田えるさんの言葉を借りれば「わたし、気になります!」でしょうか。
 シオンさんを理解するという目的で命を作り、すぐに捨ててしまうのは常人の感覚では理解に苦しみます。

 大人しそうなマトイさんが怒ったのがちょっと怖い一方で、アッシュさんの開き直ったところも素敵でした。
 アフィンさんが助けに来たところが「ダイヤのA」の川上さんを思わせるようなかっこよさでした。
 マトイさんが深遠なる闇になるのは想定内として、残り2話で彼女を元に戻すことが出来るのでしょうか。

【アニメ感想】ファンタシースターオンライン2 エピソード・オラクル 第22話「フォトナーが生み出したもの」

 PSO2の22話を見て感想を書かせていただきます。
 仮面のダークファルスの正体を知って、アッシュさんは動揺しているようです。
 マトイさんを救うために彼らには一体何が出来るのでしょうか。

【内容】
 仮面のダークファルスはアッシュの未来の姿であり、手遅れになる前にマトイを殺せと言ってきます。
 ダークファルスを浄化する力が残っている今なら彼女を救えるとのことですが……
 アッシュは自分がダークファルスになったことにショックを受け、シャオは仮面の正体を知っていました。

 シャオはマトイを殺すのが最善と言いつつも、フォトン能力を体内から消滅させると言ってきます。
 そうなるとアークスとしての役割は果たせなくなるそうですが……
 アッシュはアフィンの姉にどうしたらマトイを救えるのかと聞きますが「知らない」といわれます。

 マトイはアッシュが変ではないかと言い、パティ、ティアはアフィンの姉を取材したいと言ってきました。
 2人はマトイの雰囲気が変わったと言い、マトイは調子が良くなってきたと続けます。
 アッシュはこれ以上マトイには戦ってほしくないと言い、アークスをやめるようにと言ってきます。

 爆発事故が起こったかと思えば、シャオがカスラやレギアスと一緒に双子のダークファルスを観測します。
 現地にはカスラが行くことになり、イオやティア、パティはダーカーとの戦闘を繰り広げます。
 アッシュ、マトイはアフィンの姉の病室からダーカーが出たと聞き、イオとともにダーカーを倒しながら進みます。

 双子はアッシュ達の気配を察知し、アフィンを助けに向かったアッシュやマトイは双子に食べられてしまいます。
 2人は双子の腹の中にいて、そこにはルーサーが本を読んでくつろいでいました。
 ルーサーは全知のない世界に興味はないと言い、これから起こることに比べれば自分のしたことは些末なことと言ってきます。

 深遠なる闇が復活すると宇宙そのものが消滅するらしく、それこそがフォトナーが生み出した災厄なのだとか。
 シオンの模造品は宇宙を完全なる無にしようとし、フォトナーが能力を代償にそれを封印したとのこと。
 封印された深遠なる闇はダーカーを残し、それに対抗するためにフォトンを扱える生体兵器としてアークスが生まれたそうです。

 アークスはダーカーを狩り、ダークファルスはアークスを狩って純度を高めているそうです。
 もうこの世界が滅ぶまでのカウントダウンがはじまっているそうですが、どうしてシオンはこれを放置していたのでしょうか。
 話を聞いたアッシュは言葉に詰まり、もう何も言うことが出来ませんでした。

【感想等】
 過去に遡ることが出来たなら、未来の自分がやってくることも想定すべきだったのかも。
 世界を救うのか、それとも彼女を救うのか……というのは想定していたもののちょっと憂鬱になりそうです。
 ここから両方を救う展開にいくのではと思いつつも、最後まで油断できないように思えます。

 マトイさんのことを想っているのはいいとしても、いきなり仕事(?)を辞めろと言われてもなかなか難しいかと。
 いきなり食べられる展開にまどマギのあの方が頭に浮かんだのはここだけの話です。
 本を読むルーサーさんにPSYCHO-PASSの槙島さんを連想しつつ、残りのお話も見ていきたいです。

【アニメ感想】ファンタシースターオンライン2 エピソード・オラクル 第21話「サラとクラリスクレイス」

 PSO2の21話を見て感想を書かせていただきます。
 今回はサラさんの過去が明かされるお話……みたいです。
 彼女の「罪」とは一体何なのか、わたし、気になります!

【内容】
 アフィンとその姉は検査を受け、アッシュはマトイにも検査を受けてくれと訴えます。
 マリアはサラとともに探索していて、そこにヒューイやクラリスクレイスが出てきますが……
 サラはクラリスクレイスを見るなり目をそらし、ヒューイは決着を付けさせるべきと主張します。

 シャオはマトイに検査を受けさせたのは懸命だと言い、マトイを殺すのは可能性の一つと言ってきます。
 メルフォンシーナもといメルランディアは違った恰好をして前を向いて歩いていこうとしていました。
 「私はメルランディアとして未来を見て生きていきます」という言葉にアッシュも何かを感じたようです。

 マトイの検査結果は「問題なし」だったそうですが、ダーカー因子を浴びて前よりも調子がいいと言っているのが気がかりです。
 アフィンは姉はもう大丈夫だと言い、「今度は俺がお前を手助けする番」とアークスを続けるようです。
 レギアスやカスラはダークファルスについて話をしていて、サラはマトイを見るなり「お姉ちゃん」と言って逃げ出してしまいます。

 サラは変わり果てた自分など気づいてもらえないとつぶやき、アッシュはマリアに何か知っているのかと聞いてきます。
 マリアはあの2人には因縁があると言い、10年前の襲撃事件でサラがマトイを助けたらしいです。
 クラリッサのフォトンと情報が残ったことでルーサーに狙われ、色々されたせいでフォトンを操る力を失ってしまったそうです。

 アッシュは自分が色々やらかしたせいでサラがこうなったと考えますが……
 サラはどちらにしてもルーサーが自分に目を付けていたといい、こうなる運命だと言ってきました。
 「そっとしておいて!」と言ってくるサラですが、そこにクラリスクレイスやヒューイも出てきます。

 ヒューイはサラ、クラリスクレイスに調査任務を与え、アッシュとともにその成り行きを見守ります。
 クラリスクレイスがサラのクローンらしく、罪悪感を生きる目的にするのは悲しすぎるとひと言。
 サラは自分が実験を受けた装置を見て戸惑い、そこで互いを改めて認識しますが、そこにダーカーが襲ってきます。

 戦いを通じてサラとクラリスクレイスは通じ合ったようで、ヒューイはストーカー扱いされます。
 ヒューイは2人を姉妹だと言いますが、クラリスクレイスは「サラは私のお母さんだ!」と言ってきます。
 サラとメルランディアが対面する一方で、仮面の人がシャオの前に現われて仮面を外してきます。

【感想等】
 アフィンさんのお姉さんはなんとかなったようですが、ゲッテムハルトさんについては残念のひと言です。
 マトイさんがラスボスになる流れはほぼ確定……なのでしょうか。
 シャオさんのお声を聴くと花子くんのことを思い浮かべる視聴者は決して少なくないはず。

 髪の毛の色も違いますし、サラさんが10年前の女の子だったなんて気づきませんでした。
 ルーサーさんがサラさんに話しかけてくるところが見ていてちょっと怖かったです。
 クローンなのにどうして声が違うのかと突っ込みつつ、残り3話もしっかり見ていきたいなと思います。

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム