【アニメ感想】バビロン 第12話(終)「終(おしまい)」

 バビロンの最終回を見て感想を書かせていただきます。
 最後はある少女とアレックスさんの一騎打ち(?)で終わるようです。
 自殺法は正しいのかそうでないのか、わたし、気になります!

【内容】
 斎はアレックスに自殺を試みる女性と対話するようにと求めて来ました。
 この機会に態度を保留するアメリカにスタンスを明らかにさせようとしていますが……
 アレックスは目の前の相手が「少女」ではなく曲世愛ではないかと推測します。

 日本語が話せないアレックスのために、ハーディが通訳をすることになりました。
 ハーディは「向こうの勝ち」だと言い、メディアを抑えても斎はあらゆる手段で配信させていました。
 画面の向こうの女性は「カナエ」を名乗り、どうしたらいいのか分からないそうです。

 カナエは幼少期から目立たない普通の子供で、高校の時に男の人と寝たそうです。
 しばらくして妊娠が発覚し、周りがおろせと言う中、一人の男の子を産んだのだとか。
 しかし、その男の子は「乳幼児突然死症候群」で命を落としてしまったそうです。

 アレックスは何が「善い」のかと問いかけ、自分にも答えが出ていないと言ってきます。
 「善い」の答えが自殺ならば自分も一緒に死ぬと言い出しますが……
 カナエは突然笑いだし、フランスの大統領は「あいつは本物の大馬鹿なんだ」と笑い出します。

 アレックスは長ければそれでいいのかと考え、善いということは続くということだと考えに至りますが……
 曲世愛に話しかけられたアレックスはその場を出ていき、善は通訳が全員死亡していたことを告げます。
 善は銃を構えて移動しますが、アレックスはビルの屋上で自殺しようとしていました。

 アレックスは「僕たちは同じ答えを出せたみたいだ」と言い、善は銃を渡されたことを思い出します。
 善はアレックスを射殺し、続いて出てきた愛を射殺しようとしますが……
 Cパートでは愛が生き残っていて、少年(善の息子?)に「いい子」と言ってくるのでした。

【感想等】
 7話の衝撃から再放送を経ても、最終回までたどり着いたのはよかったです。
 通訳を挟んでいるから女性の外見で男性のお声が聞こえるのがシュールな光景でした。
 肯定することも否定することもせずに自殺を思いとどまらせたのは見事でした。

 自殺を止めたところで終わればよかったのかもしれませんが、それで終わらせることはありませんでした。
 善さんがアレックスさんを射殺する展開はさすがに想定外で、一瞬呆然としてしまいました。
 結局、愛さんを倒しきれずに善さんが倒れ、自殺法が世界で承認されたということなのでしょうか。 

【アニメ感想】バビロン 第11話「開幕」

 バビロンの11話を見て感想を書かせていただきます。
 斎さんが自殺サミットなるものを開催すると言ってどったんばったん大騒ぎです。
 日本でもいつか安楽死が合法化される日が来るのでしょうか。

【内容】
 ニューヨークでG7サミットが開催され、7人のリーダーが自殺法の是非について語ることに。
 アレックスは「新域自殺サミット」について善に聞くと、善は最も恐れるべきは曲世愛だと断言します。
 聖書によると「バビロン」は大いなる火に焼かれるとのことですが……

 カナダ首相は同性愛をも認める同国は寿命からの脱却である自殺法を認めると言ってきます。
 フランス大統領は自殺者が増えれば国が滅ぶと言い、自殺法を排除すべきだと反論します。
 イタリア首相は自殺法の肯定・否定は「中立」だと言い、自殺法が利益を生むなら「善」だと言ってきます。

 ドイツ首相は自殺の権利を認めますが、イギリス首相は絶対に認めないと言い、戦争をも辞さないとのこと。
 福沢首相は「戦争」という言葉にアレルギーがあり、自国の自治体の行動には責任を感じているとのこと。
 日本政府は「全会一致」という条件ならば結論を無条件にのむと言ってきました。

 アレックスは答えを出すために別の話をすると言い、もっと根本の話をするべきと言ってきます。
 遠くない将来には一つの国家になるかもしれないなら、普遍的な「善悪」の基準を見出さねばならないとのこと。
 各国首脳は宇宙空間のようなところで善悪について議論を交わし、善は人間以外にもあるのかもしれません。

 新域では「自殺サミット」が行われ、ニューヨークでは善の共通項とは何かという議論へと進みます。
 自然継承、交流と洗練、そして普遍的な道徳性を持っているとのこと。
 殺人を禁ずるモラルは「種の保存」という目的がありますが、普遍的な善とは一体何なのでしょうか。

 人を殺すのは悪ならば人を救うのは善行であり、公平を求めるのも善なのだとか。
 個人の幸福追求を善だと言えば、アレックスは電車の中で話をしていたらトロッコ問題が出てきます。
 ポイントを切り替えなければ5人が死に、切り替えれば1人が死ぬとのことですが……

 一人を殺して移植を必要とする5人に配ることはトロッコ問題とは同じことになります。
 数ではなく意志と手段が善悪を形成することであり、生きることとは何なのかという結論に至ります。
 斎は自殺しようとする「彼女」が迷っていると言い、アレックスが話をすることになりましたが……

【感想等】
 アメリカのお話になってからアレックスさんがもう一人の主人公になったのかもしれません。
 各国首脳のキャストの豪華さとそれぞれの持論については深く考えさせられました。
 イギリスが独自の行動に向かうところは現実のEU離脱とも繋がっているように思えます。

 各国の枠組みを飛び越える発想から宇宙空間に飛んでいく彼らはニュータイプなのかもしれません。
 だんだんスケールが大きくなっていくとあと1話でまとめられるのか少し不安になりますが……
 年をまたぎながら見てきたらどんな結果になっても最後まで展開を見届けていきたいです。

【アニメ感想】バビロン 第10話「決意」

 バビロンの10話を見て感想を書かせていただきます。
 アメリカにまでやってきた善さんですが、自殺法が広がる流れは止められないようです。
 彼らは年を越しても何も出来ないまま終わってしまうのでしょうか。

【内容】
 ドイツから連絡が入ったかと思えば、ハイデルベルグやボローニャで自殺法が導入されます。
 善はこれまでの国が全てG7だと気づき、次はイギリスに連絡を取るようにと言い出します。
 ドイツ首相は「道徳と法は変わりうる」と言い、答えを出すには時間が短すぎると言ってきます。

 アメリカ大統領のアレックスはそもそも「自殺」と戦うべきなのかと悩んでいました。
 聖書には「自殺」は罪という記述はないらしく、十戒の「人を殺すな」という文書を拡大解釈して生まれたそうです。
 一人の少女が「ママのそばに行く」と言って善達の目の前で身投げしてしまいます。

 市長は少女が自殺したと知って自殺法導入前に死んだことが残念だと言い出します。
 ハーディは市長の言葉に憤りますが、市長は自殺して絶望から救われたと反論してきました。
 イタリアの大統領は自殺は経済的に冷静な判断とはいえないと言いますが……

 アレックスは妻から停滞していると見抜かれ、妻はいきなりキスしてきて「そういう指示がある」と言ってきます。
 いくらでも考えてもいいのよと言われたアレックスは善と会食をすることになり、善は自分の名前は「善悪」だと言ってきます。
 善は市長は曲世愛に操られていたと言い、アレックスは「愛」という名前は皮肉な名前だとつぶやきます。

 アレックスは「自殺」「人の死」について聞いてきて、善はFBIになったのは銃が支給されるからだと言ってきます。
 善は若い部下を失い、刑事の友人を失い、憧れていた女性がバラバラにされ、あの女は殺さなければならないと断言します。
 アレックスは善の妻子の写真を見て彼を正式な捜査官にすると言い、必ず家族の元に帰るようにと言ってきました。

 斎が会見を行い、イギリスでも自殺法が導入されたと言ってきます。
 彼は「手を取り合って革命を成功させる」といい、自殺法都市首長会議を行うと言い出します。
 アレックスは思い出したかのように「これでやっとスタートできる」と言い出すのでした。

【感想等】
 世界各地で「自殺法」の導入が進められ、一つの時代が変わろうとしているのでしょうか。
 つらい毎日を過ごす人や病気に苦しんでいる人がそういう選択肢を選ぶことも否定できません。
 「死ぬな」と言って止めようとしても、彼らの心に届かなければどうにもならないのかも。

 これまでは愛さんの奇行がクローズアップされましたが、お話は思ったよりも複雑に動いているようです。
 自殺法の是非についてはここまで見てきた今でも答えを出すことが出来ません。
 妻子の写真を見られたことでPSYCHO-PASSみたいに人質にされそうで怖いのは私だけでしょうか。

【アニメ感想】バビロン 第9話「連鎖」

 バビロンの9話を見て感想を書かせていただきます。
 日本での出来事が海を越えてアメリカにまで連鎖したようです。
 善さんはこの流れで世界各地に飛ぶことになるのでしょうか。

【内容】
 「新域」の新しい思想が世界中に届けられ、3つの町が自殺を認める方向に傾きます。
 ハートフォード市で自殺法が導入され、アメリカ大統領のアレックスは頭を悩ませていました。
 オープニングの後、市長は大統領に「自殺法が生活の向上になる」と言ってきました。

 アメリカ人には「前人未踏の地に踏み出す行動力」があり、自殺法にはフロンティアがあるのだとか。
 アレックスは原則的にとやかく言えないと言いつつも、大統領権限で軍を派遣することをちらつかせます。
 裏で繋がっていたのではないかという推測が働き、人間は裏で何かやっている方が正常なのだとか。

 アレックスはフランス大統領に電話をかけますが、向こうは相手を軽んじているようです。
 ゲームをやっているアレックスは斎と会うことも検討しますが……
 アレックスは世界各都市の自殺法導入にある一人の女性が関わっていると聞きます。

 善はFBIの特別捜査官としてホワイトハウスに招かれ、曲世愛が人々を自殺に動かしていると説明します。
 彼らは「自殺法」の先に何か恐ろしいことを起こそうとしているとのことですが……
 善は正式な捜査官になりたがっていて、大統領の権限があれば任命は可能なのだとか。

 部下からの「危うい」という言葉を聞いたこともあり、アレックスは善の任命を保留します。
 善はハートフォード市長と話をしますが、市長は「善悪には価値の違いはない」と言われます。
 通話リストを調べても怪しいものが見えてこず、曲世と市長との接触は一週間に限られるとのこと。

 市長が終末医療施設を訪問したとのことで、善は市長が声をかけた女性と話そうとしますが……
 その女性は母親の死にも涙一つ流さないようですが、電話があってスケジュールに10分の遅れがあったとのこと。
 電話の音声は曲世の声に間違いなく、その声を聞いた善は何故か裸になって震えているのでした。

【感想等】
 日本だけではなくて海外でもまた自殺法の「需要」が存在するようです。
 リアルではイランと戦争になりそうな一方で、アニメの世界では内乱の可能性が出てきました。
 フランス大統領の(大塚芳忠さんの)お声の時点で只者ではない感じがします。
 
 善さんが出てこないまま進むと思っていたらFBIになっていて少し繋がってきました。
 曲世愛さんを捕まえたらお話が解決する……という単純なものではなさそうです。
 残り3話でどんな風にお話が進むのか、最後まで見続けていけば何かがわかるのかもしれません。

【アニメ感想】バビロン 第8話「希望」

 バビロンの8話を見て感想を書かせていただきます。
 前回は思い出すのも恐ろしい結末に終わってしまいましたが……
 パンドラの箱の底には「希望」が残っていたのでしょうか。

【内容】
 自殺法肯定派、否定派ともに同数の議席を獲得し、善は仲間は全員を失ってしまいました。
 斎は占拠が終わったとともに姿を現わし、これから一体どうなってしまうのでしょうか。
 善は曲世愛の姿を見つけて追いかけようとしたら車にひかれそうになり、誰も彼もが彼女に見えてきます。

 陽麻は「あなたにとって正義とはなんですか」と聞いてきて、オープニングの後、善に宛先不明の小包が届きます。
 タマゴ2つが入っていて「悪いのはどっち?」と書かれていて、中には人の体の一部が入っていました。
 新域は「自殺総合支援センター」を作り、守永は善を呼び出したかと思えば衝動的な自殺が減少したと言ってきます。

 守永は自分は辞職すると言い、善には何が正しいのか考え続けろと言ってきました。
 妻は自分の信じる道を進めと言ってきますが、自殺法は日本を超えて遠い海外で成立します。
 FBIのハーディという男事件について教えてくれと言ってきたので善は条件をつけます。

 「アレックス」という男は幼少期は病弱だったらしく、自分でできる限りの手段で「克服」したとのこと。
 彼はオンラインゲームと出会ってある一人の「初心者」であるCATと出会ったとのことです。
 CATことエマという女性はアレックスをビンタし、あなたには誰にも負けないものを持っていると言ってきます。

 アレックスとエマは結婚して息子のオリバーが生まれ、フランスでも自殺法が導入されたとのこと。
 「新域」の思想が世界中に広がり、カナダで自殺法が導入されたことにアメリカは危機感を抱いているようです。
 ゲームの中でも「自殺法」の話題が出てきてペナルティがなければ死んでもいいなどと言われます。

 アメリカは日本政府に圧力をかけますが、政府はスキャンダルを恐れて身動きが取れませんでした。
 アレックスは自殺が悪いことかどうかわからないと言い、聖書には自殺は罪と書かれていないと言ってきます。
 アメリカ国内でも自殺法を導入する都市が出現し、アレックスの正体はアメリカ大統領というオチなのでした。

【感想等】
 善さん以外が全滅してしまったことで、キャラを思い出すのに時間はかかりませんでした。
 追い込まれる善さんを見ると、彼すらもが自殺に追い込まれてしまいそうですが……
 敵になったPSYCHO-PASSのミハイルさんに比べても深刻さはこちらの方が上だと思われます。

 安楽死が合法化されたら死を選ぶことも「権利」と受け入れるしかないのでしょうか。
 いきなり日本を飛び出して次々とキャラが出てきてちょっと混乱してしまいそうです。
 残り4話でどんな結末に至るのかわかりませんが、生きて最後までついていきたいです。
 
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム