【アニメ感想】警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナ- 第12話(終)「ゼロからナナへ」

 トクナナの最終回(12話)を見て感想を書かせていただきます。
 ウォーロックさんとの決戦もいよいよ大詰めとなりましたが……
 清司さん達トクナナの勇気が世界を救うと信じたいです。

【内容】
 清司は「自分の正義を見つけろ」と言われたもののよくわかりませんでした。
 ウォーロックをひたすらに殴りつけ、一万回でも砕いてやると言い放ちますが……
 栞は「信仰」を奪わなければウォーロックに勝てないと考えます。

 クジャクは栞に連絡し、下の公園にウォーロックを連れてこいと言ってきました。
 ベルメールはドローンを使って周囲の人々を避難させ、周囲一帯を赤信号にしてしまいます。
 清司は公園までウォーロックを移動させろと「無茶ぶり」されて彼をつかんで飛び降ります。

 栞、赤音はベルメールのドローンで下に降りることになり、清司はボスと仲間と正義を信じると言い切ります。
 ウォーロックは正義とは力だと言い放ち、圧倒的な力を持つ自分こそが正義だと言い放ちます。
 清司は「今お前を止めることは正しい!」と言い、栞はこの世界はお前の思い通りにはならないと言ってきました。

 栞はウォーロックは人間がうらやましいのではないかと言い、それは単なる「妬み」だと言い放ちます。
 最後は全員で攻撃を仕掛け、清司はウォーロックにつかみかかってきました。
 ウォーロックはルカに命令を下そうとしたもののうまくいかず、栞、清司は銃弾でドラゴンを貫きます。

 ドラゴンは人間よりも優れていると言い張るウォーロックですが、彼の呼びかけに応じる者はいませんでした。
 清司はドラゴンの力を放棄し、ウォーロックは自分自身も信じられなくなって力を出せなくなったのだとか。
 ウォーロックは人間として「逮捕」され、ルカは「俺の罪は俺が背負う」と言って栞の元を去っていきました。

 クジャクはルカを探そうとしますが栞に「兄弟だな」と言われてその場を思いとどまります。
 ウォーロックは黙秘を貫き、ドラゴンのことは誰も覚えていなかったのだとか。

 ボスのドローンは3倍の速さで飛べるようになり、ルカは「ナナ」の付く偽名で海外へと高飛びします。
 まだまだトクナナは残るようで、いつもどおり出動してお話を締めくくるのでした。

【感想等】
 普通にオープニングが流れたので最終回っぽくないかもしれません。
 これまでは話数とサブタイトルがリンクしましたが、12はさすがに入れようがなかったようです。
 「正義」という言葉はどこかかっこいいものの、なかなか定義が難しい概念だと思います。

 ひたすら敵をグーで殴りつける清司さんはどこの幻想殺しかと思えてきました。
 サンジさんのイメージがある平田さんの悪役ぶりも、ラスボスを「逮捕」するという展開もかなり珍しいかと。
 アニメが終わって原作はまだまだ続く感じですが、いつかは2期の放送があるのでしょうか。

【アニメ感想】警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナ- 第11話「十一時の戦争」

 トクナナの11話を見て感想を書かせていただきます。
 ナインだけでも大変なのに公安が敵に回ってますます追い込まれてしまいました。
 このピンチを打開する手はあるのか、わたし、気になります!

【内容】
 クジャクはルカと銃撃戦を繰り広げ、銃をはじかれたルカは「殺せ」と言ってきます。
 オープニングの後、催涙ガスとともに怪しい男が乱入してきて次々と警官(?)を射殺します。
 ベルメール、赤音、六輔は一箇所に集まり、清司は自分がいなければ……後悔します。

 「誰かの未来を守ることが警官としての正義」と語る栞さん。
 お前の正義を探せと言われた清司は吹っ切れ、赤音は夫に電話をかけて赤面します。
 六輔もツンデレの娘に電話をかけて「明日だから」と言われました。

 ボスは「まずいことになった」と言い、ナインの構成員に銃を突きつけられていました。
 地図を見るとナインが事件を起こした場所には神木や大鳥居という「封印」が破壊されていたようです。
 五芒星の中心には「警視庁」があり、ウォーロックは自分がドラゴンだと言い出します。

 ウォーロックは世界をいただこうとし、ボスは「力はもう必要ない」と言いつつ反撃してきました。
 ボスは「ドラゴンは人間に倒される弱い生き物」とだけ言い、トクナナはまず警視庁を占拠するナインと戦うことに。
 クジャクはルカにとどめを刺さずに説得し、過去を思い出したルカは正気に戻って「今は無職だ」とひと言。

 ウォーロックとボスは摩訶不思議な力(超能力?)で最終決戦を開始します。
 信仰しているのは何人だと聞かれたボスは「6人……それだけいれば充分だ」と言ってきます。
 栞は警視庁を占拠して清司を「信じるぞ」と後押しし、ボスはウォーロックに追い込まれます。

 ボスは「人間にはもうドラゴンなど必要ない」「必要なのは正義という信念だけ」と言い放ちます。
 ウォーロックは最後の封印を破って復活しようとしますが、トクナナメンバーが一気に屋上まで突き進んできます。
 清司は栞の名前が「栞なんですか?」と突っ込みを入れ、ボスの背後からウォーロックに一撃を与えます。

 ウォーロックは人間はドラゴンに勝てないと豪語しますが……
 清司の左手が光り輝き、様々な罪状を述べてお前を「逮捕」すると言い放ちます。
 人間扱いされて怒ったウォーロックは力を解放して襲いかかってくるのでした。

【感想等】
 クジャクさんが意外と戦闘能力が高かったことが驚き……というのが正直な気持ちだったりします。
 「警官の正義」について語る栞さんがすごくかっこいいなと思いました。
 この後で「アフリカのサラリーマン」を見ると同じキャストなのに全然別物に聞こえそうです。

 敵の目的がわかるのは前進ですが、政府の機関にまで敵が入り込んでいるというところが怖いところです。 
 自分がドラゴンだと語るウォーロックさんは傍目から見ると変な人にしか見えませんが……
 心神喪失したキリトさんもルカさんと同じように復活してほしいと思いつつ、最終回もしっかり見届けていきたいです。

【アニメ感想】警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナ- 第10話「十番目の竜」

 トクナナの10話を見て感想を書かせていただきます。
 元ナインの構成員が暗殺されたタイミングで、ウォーロックさんの裁判が始まりました。
 大人しく刑務所送りにされるような相手とは思えませんが……

【内容】
 クジャクは兄であるルカと対面しますが、ルカは容赦なくクジャクを銃撃してきましたが……
 過去の記憶が頭痛となってルカを襲い、そのまま逃げていきました。
 オープニングの後、ウォーロックの裁判の結審が近づき、死刑判決が出るかが注目されます。

 栞はルカが救った人間が警察になったことに感慨深いものを感じていました。
 裁判を前にした弁護士はウォーロックを無実にすると言い、それを聞いた警官は銃を撃ってきました。
 ボスはクジャクの退職届を見つめ、法廷では弁護士がウォーロックを無実にすると叫び出します。

 弁護士が本物のウォーロックであり、ウォーロックだと思っていた人間は別人だったようです。
 ウォーロックはこの世界は俺のものだと言い、次々とその場にいる人を銃撃してきました。
 彼は清司の命を救ったのは自分だといい、ボスは部下に戻ってきたらいけないと言ってきました。

 清司にはドラゴンの力が備わっているという話から、突如として回想シーンになりました。
 ウォーロックは清司を銃撃し、清司は死にたくないといっていたら別の場所にワープしていました。
 気づいたらルカが清司を連れていき、そのときにはウォーロックの力を奪っていたそうです。

 清司が生き延びた代わりにルカが死んでウォーロックのとりこになってしまったそうです。
 ショックを受けた清司はその場にうずくまり、栞はルカに発砲してその間に清司とともに逃げてきました。
 ウォーロックはルカはもう用済みだと言い、ベルメールは栞にトクナナに戻るなと伝えてきます。

 タイ料理の店にはトクナナメンバーが集まっていて、ボスは公安がトクナナを確保していると説明します。
 ナインが本格的に動き出すまでには猶予があるらしいですが、それまでにウォーロックを抑える必要があるとのこと。
 ウォーロックはドラゴンの力を強化しようと考え、ドラゴンへの信仰が強まるほどに強くなるとのことです。

 清司はドラゴンの力を継承していて、ウォーロックは諦めきれずにもう一度テロを起こそうとしたとのこと。
 敵はショッピングモールのドラゴンなど問題にならないほどに強いドラゴンで清司の力が鍵になるらしいです。
 クジャクがルカと銃撃戦をする一方で、栞の話を聞いた清司は俺が死んでいればと号泣するのでした。

【感想等】
 PSYCHO-PASSは科学に偏った世界ですが、こちらは魔法に傾斜した世界なのかも。
 敵を「普通」に司法の手に委ねるのは創作の世界ではあまりないような気がします。
 結局はどったんばったん大騒ぎになり、最後は直接手を下すことになりそうですが……

 ショッピングモールで清司さんが刀を握っていたのはドラゴンの力を持っている伏線だったようです。
 ドラゴンが信仰で強くなるというところはFateの英霊に似たようなものを感じます。
 次回、あるいは次々回で終わりそうですが、ボスとウォーロックさんは何か因縁があるように思えます。

【アニメ感想】警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナ- 第9話「九年の憤怒」

 トクナナの9話を見て感想を書かせていただきます。
 総集編を挟んでいよいよ最終章突入とのことですが……
 拘束したナインの元構成員は一体何を語るのでしょうか。

【内容】
 かつての栞はルカとともに移動していましたが、ルカこそがクジャクの兄らしいです。
 テロから9年の月日が経過し、栞はかつてルカが助けた男とともにやってくるとは……と感慨深くなります。
 拘束されたナインの元構成員「枇杷島」は「もちろん送迎はリムジンだろうな」と言ってきます。

 オープニングの後、栞達は枇杷島を護送することになりますが……
 枇杷島は9年前のテロ事件に言及し、今回の司法取引で罪が帳消しになるなどとのたまいます。
 回想シーンで栞、ルカは爆弾を発見し、人質を助けに行こうと言って躍起になります。

 枇杷島は子供に手を上げ、当時学生だった清司は彼に殴られていました。
 清司は今の自分はあくまで刑事だといい、枇杷島を守ると言いますが……
 怪しい車が接近してきたのはナインの構成員らしく、容赦なくマシンガンを撃ってきます。

 交通規制をしたはずが普通の車が入り込んできて、とりあえず廃工場に突っ込んで事なきを得ます。
 ルカは人質を助けに向かい、栞は「俺が行くまで必ず生きていろ」と念を押します。
 力尽きそうになった清司の前にウォーロックが現れ、入れ替わりでルカが出てきて清司を助けます。

 クジャクは枇杷島にルカのことを知っているかと問い、枇杷島は自分がルカを撃ったと白状します。
 ルカは銃撃されても死ななかったらしく、今はウォーロックの犬になってしまったのだとか。
 クジャクは名字を変えて素性を隠し、血の繋がらない兄の敵を討つために生きてきたそうです。

 迎えが来たので栞は枇杷島を護送し、謎の男ことルカはホテルへと潜入していました。
 クジャクは清司が枇杷島を殺したくないのかと言いますが、清司はルカの正義を追いかけるのだとか。
 枇杷島はルカによって命を奪われながらも何かを渡し、クジャクはルカに銃を向けますが……

【感想等】
 枇杷島さんの態度にいらだったので無理矢理吐かせてもいいのではと思ったのはここだけの話です。
 「憤怒」というと七つの大罪の一つなのですが、他のキーワードも出てきたりするのでしょうか。
 ナインの構成員が足を洗ってもルカさんが敵に回ってはむしろマイナスが大きいように思えます。

 クジャクさんが名字をどう変えたのか気になるものの、ルカさんが敵に回ったのは洗脳されたのでしょうか。
 清司さんが憧れの刑事が敵になったことを知ったらどんな反応を示すのか気になります。
 おそらく残り2、3話といったところですが、ウォーロックさんを刑務所送りにしたらお話が終わるのでしょうか。

【アニメ感想】警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナ- 特別編「七月清司の駆け抜ける活動報告書」

 トクナナの9話……ではなく総集編を見て感想を書かせていただきます。
 清司さんの活動を通じてこれまでのお話を振り返っていくらしいですが……
 残り数話でナインとの決着まで描かれるのか、わたし、気になります!

【内容】
 この世界では人間の他にエルフやドワーフや吸血鬼といった種族が暮らしているそうです。
 清司は非番の日に銀行強盗の人質にされ、うさんくさい栞との出会いで人生がいろんな意味で変わります。
 彼は「エアポートテロ」である刑事に命を助けられ、お礼を言いたいからと警官になったらしいです。
 
 人質を救うために銀行強盗と戦ったものの、清司は装甲車から落とされてしまいました。
 忍者や侍といった仲間のおかげで敵を追い詰めますが、相手は「ナイン」の一派を名乗ってきました。
 清司はナインがらみの事件に関わったことで「トクナナ」に配属されてしまいます。

 2つ目の事件である政治家の連続殺人事件もまた「あの方」という言葉を出してきました。
 今度は爆弾処理をする羽目になり、忍者のおかげもあって爆弾を解体することが出来ましたが……
 ナインはドラゴンの魔術で魔法陣を光らせますが気づいたら助かっていました。
 
 クジャクは黒真珠なる人物から情報を収集していて、清司の経歴についても調べられていました。
 親子の負傷事件ではディーラーが犯人で、やっぱり彼もまたナインの一員でした。
 クジャクは犯人を射殺しようとしますが、清司はそれでも「罪を裁くのは俺達の仕事じゃない」と反論します。

 ウォーロックが出てきて魔術とはこの世に残された最後の奇跡だと説明してきます。
 現在、魔術は政府の管理下に置かれ、それなら奪うしかないとのこと。
 ナインの申し子を名乗る連中はショッピングモールを占拠し、クジャクは謎の男に襲撃されます。

 ボスの機転によってトクナナメンバが入り込みますが、今度はドラゴンが召喚されてしまいます。
 清司は刀でドラゴンの首筋を攻撃して事件は解決したようですが……
 そして元トクナナのルカは炎の中でウォーロックと出会い、精神攻撃を受けてしまいます。

 元ナインの構成員で9年前のテロの実行犯が拘束されたそうです。
 「最終章」では一体どんなことが起こるのか、わたし、気になります!

【感想等】
 人間以外の種族が暮らしているという設定は出来れば3話くらいまでに教えてほしかったかも。
 エアポートテロの情景でふとFateの切嗣さんと士郎さんのことが頭に浮かびます。
 キャラ紹介が入ることで彼らがどんな種族なのかわかってそれだけでも意味があったかと。

 PSYCHO-PASS、トクナナ、バビロン、スタンド……と今季は警察がらみのアニメがなぜか多いです。
 毎回毎回ナインの構成員が出てくるのを見ると、敵の規模は相当大きな気がします。
 テロの土壌があるのは世の中にも問題があるのかもしれませんが、そのあたりも語られる日が来るのでしょうか。

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム