【アニメ感想】アフリカのサラリーマン 第12話(終)「アフリカのサラリーマン」

 アフリカさんの最終回(12話)を見て感想を書かせていただきます。
 無慈悲な命令を下す社長がどこの暗黒神かと思えてきますが……
 最後は全員で退職届を突きつけて終わるのでしょうか。

【内容】
 ライオンは自席で震えていて、オオハシには「悩んでいるとハゲますよ」と言われます。
 オオハシはトカゲに泣きつきますが、トカゲはそれをスルーしてライオンとともに打ち合わせに向かいます。
 プレゼンまであと5日しかないのですが、この仕事を取れないとクビになってしまうと言われたのだとか。

 社長からのメールを見たオオハシは急に焦りだし、このままではサラ金に借りた金を返せないと言い出します。
 ミツオシエが出てきて3人の送別会を開くなどと言い、しまいにはお別れの色紙まで準備していました。
 ぶち切れしたオオハシはミツオシエをビルから投げ飛ばしますが、今度はその上司のラーテルが企画書を書いてきます。

 部署が違うと言われたラーテルはタンバリンを鳴らしてプレゼンを失敗させようとして減給だと言われてしまいます。
 次の日、プレゼンの方向性が決まって状況がよくなり、あとは徹夜で仕上げるだけになりましたが……
 ライバル会社のトラとヒョウが出てきて挑発してきますが、ライオンはかつてあの2人にひどいことをしたそうです。

 オオハシは求人情報を調べて辞める気満々で、家に帰りたいとぼやきますがピザを見て復活します。
 ライオンたちがピザを食べてプレゼン資料を作っている頃、ライバル会社はおねえちゃんがいる店へと繰り出します。
 朝5時になってようやくプレゼン資料が出来上がり、オオハシはゴミ箱に頭を突っ込んで眠っていました。

 ライオン、トカゲは会社で一眠りしますが、オオハシが起きるとすでに9時50分になっていました。
 オオハシはライオン、トカゲをたたき起こし、タクシーに乗ってギリギリでプレゼンの会場へとたどり着きます。
 社会人としてどうなのかと言われますが、取引先は遅刻していないからと言ってその場をなだめます。

 トラ、ヒョウは先にプレゼンを終えてどや顔をしますが、オオハシは「自信持っていきましょう」と正論を吐きます。
 トカゲ、ライオン、オオハシがプレゼン資料を読み上げ、トラ、ヒョウは「うちの勝ちやな」とつぶやきますが……
 取引先はライオン達の案を採用し、文句を言い出すトラ達には熱意が感じられなかったと言い出します。

 トカゲは離婚を回避できてよかったと言い、トラはプリンを食われたことでライオンを恨んでいたそうです。
 アフアフプリンは惜しまれつつ閉店したそうですが復活したらしく、プリンをおごると言ったら急に友好的になりました。
 プロジェクトをやりきるまでがんばると言い、取引をやめられたと冗談を言ってボコボコにされるオオハシなのでした。

【感想等】
 綱渡りして崖を渡れというのと仕事が取れなければクビというのはどちらが無慈悲なのでしょうか。
 別のアニメでは刑事だった2人が本作では社畜というのもなかなかシュールです。
 今思えばトクナナ、アクターズ、フェアリーゴーン、本作となぜか津田さんのお声をよく聞く月曜日でした。

 ブラックな会社はやめてしまった方がいいようにも思えますが、新しい仕事が見つからないなら働くしかないようです。
 相手会社のキャストが豪華すぎるのは前回も言いましたが、速水さんが関西弁(?)を話されるとは……
 深夜残業はニューゲームでもよくありましたが、このアニメには希望が見えてこないのは気のせいでしょうか。

 料理アニメやアイドルアニメを見るまでもなく、先制は負けフラグなのは本作も同じだったようです。
 首の皮一枚繋がったのはよかったと思いますが、このままあの会社に居続けていいのかは疑問が残ります。
 アフリカと言いつつもどう見ても日本のそれにしか見えないと突っ込みつつ、一旦は筆を置こうと思います。

【アニメ感想】アフリカのサラリーマン 第11話「アフリカのBBQ」

 アフリカさんの11話を見て感想を書かせていただきます。
 社内の親睦を深めるためにバーベキューをする社長さんでしたが……
 彼が先にやるべきことは労働基準法を守ることのような気がします。

【内容】
 社長はボーナスを出すにあたって無駄に長い話をはじめ、オオハシは柄にもなく涙を流していました。
 オオハシは「ボーナスを有意義に使おう」と言ってゲーム機を買ったようですが……
 つい全年齢を意識した彼はソープを諦めたらしく、円盤を買ってねとメタ発言をして来ました。

 ライオンは「繰り上げ返済」をしたと言い、オオハシはインヌタバエする回らない寿司屋に連れていってとせがみます。
 遠慮なく寿司を食べるオオハシに続いてオープニングが流れ、その後、社長はバーベキューをやるぞと言ってきました。
 オオハシは「ただだから」と参加を決意する一方で、ツルは「用事がある」と言って出てきませんでした。

 ツルは行事をサボって動画配信をし、爆弾を作るなどと物騒なことを言っていました。
 ライオンはなかなか火がつかず、社長は百円札を燃やして「明るくなったろう」と言ってきます。
 トカゲは昆虫を焼いてドン引きされ、殺傷ハムスターは爆弾で焼きマンゴーを作ってきます。

 翌日、オオハシは「社会の歯車になりたくない」とぼやき、社長はあまり目立っていないことを気にします。
 ライオン達はトランスフォーマーで遊んでいましたが、社長が出てきてチラシを配ってくれと言ってきました。
 不倫がバレて会社の評判が悪くなっているからポジティブを連呼したチラシを配るらしいですが……

 ライオンはチラシを配ろうとして誰も受け取ってもらえず、オオハシはチラシを製本して1冊にしてしまいます。
 トカゲは黄色い声援に囲まれ、カブトムシを付けたら半分さばけたと言ってきました。
 ツルは寿司を出してきたので寿司屋に行くことになり、社長はシャリに埋もれたトランスフォーマーを目の当たりにします。

 社長も寿司屋に紛れ込んできたかと思えばトランスフォーマーを完成させてきました。
 冗談まじりでおごってくれと言ったら、社長はそれを了承しつつも「会社のために働くのは社畜の役割」とのたまいます。
 シネマプロジェクトのプレゼン資料を作れと言われ、対戦相手はライオンの大学時代の同期がいる会社らしいです。

 向こうの会社を見ると「やっとあのときの鍵を返せそう」とライオンの写真を燃やしていました。
 CパートではアフリカのJKが寿司ネタを考えてビジネスチャンスをつかもうとしますが……
 モザイクのかかった食べ物を食べたくないライオン(娘)は父親に食べさせてくるのでした。

【感想等】
 この会社はブラックブラックと言い続けてきましたが、ボーナスを出すだけまだましなのかもしれません。
 どれだけゲームを買えばボーナスを使い切ることが出来るのかちょっと気になります。
 風刺画のように100円札を燃やす社長さんですが、今は百円札を手に入れる方がむずかしいような気がします。

 オオハシさんはハワイで一度逮捕されていましたが、次に逮捕されそうなのは爆弾を作ったツルさんでしょうか。
 チラシ配りで社長以下がいなくなっている会社は別の意味で心配になりますが……
 大塚芳忠さんと速水さんの時点で強敵だと思いますが、ライオンさん達は彼らを倒すことが出来るのでしょうか。

【アニメ感想】アフリカのサラリーマン 第10話「アフリカの実況者」

 アフリカさんの10話を見て感想を書かせていただきます。
 新入社員のツルさんは実況者になろうとしているらしいです。
 プリチャンのアニメを思い出したのは私だけかもしれませんが……

【内容】
 ライオンは大量の書類を処理する一方で、オオハシは仕事中に動画を見ていました。
 トカゲは新人のツルの疑問に答える形でストレスチェックの話題を出してきますが……
 オオハシはトカゲの発言がハラスメントだと言い、ライオンはプリンを食べないかと聞いてきます。

 ツルは個性的な先輩方にストレスがたまっている……らしいです。
 ライオンは自分の身の回りのことを考えると悲しくなってダンボールの中に入ってしまいます。
 オオハシはツルに本を渡しますが、就職情報誌……というオチでした。

 社長は社員には健康診断を受けるようにと言い、大事な歯車がいなくなったら会社の損害だと言ってきます。
 健康診断当日、ライオンは採血の注射が嫌いだと言って「あんた本当に百獣の王か」と突っ込まれます。
 プロの看護士は注射のエキスパートで気持ちよくしてあげると言いますが、血管を貫通してしまいました。

 健康診断が終わったライオンはどっと疲れてきますが、インフルの予防接種があることを思い出して燃え尽きます。
 ツルが取引先へのメールでやらかしてしまい、一人で先方のところに行くと言いますが……
 オオハシは後輩にビジネスマナーをたたき込もうとしますが、母親への手紙を読み上げてしまいます。

 社会人の3Sは何かと聞かれ、ツルは「そいやそいや」と言って正解をたたき出します。
 数日後、ツルは(おそらく仕事先に)メールを送ってくれと言われますが、母親へメールを送って突っ込まれます。
 ツルが帰宅して大手配信者に電話してyoutuber的なことを考え、会社の人うんぬんと言われますが……

 次の日、ライオン達は自分達がネットで炎上していることを知って愕然とします。
 ツルが「忍者」と称して実況したのが原因らしいですが……
 やばいと危機感を抱いたものの、広告収入をもらったのでまあいいかと開き直るのでした。

【感想等】
 日曜日が終わるところで本作を見るのは社会人には高いハードルのように思えます。
 最近では清々しいオープニングすら何かの罠なのではないかと思えてきますが……
 ライオンさんがダンボールの中に入ったのはスネークさんを意識してのことなのかもしれません。

 闇の軍勢を使い捨てにする暗黒神ベクタさんと本作の亀の社長さんはどちらがたちが悪いのでしょうか。
 オオハシさんが転職を考えるのも仕方ないですし、動画配信で脱サラを考えるのも仕方ないのかも。
 ツルさんが今後会社に訴えられるような気がしますが、その前に会社を辞めてしまうのかもしれません。

【アニメ感想】アフリカのサラリーマン 第9話「アフリカの闇金くん」

 アフリカさんの9話を見て感想を書かせていただきます。
 会社そのものがブラックな上、闇金まで出てきてだんだん真っ黒になりそうです。
 そもそも、ここは本当にアフリカなのでしょうか。
 
【内容】
 ミツオシエは上司のラーテルが死んだと喜んでいましたが、ラーテルは普通に生きて出勤してきます。
 壁のクリーニング代を給料から天引きすると言われたミツオシエはパーティーに金がかかっていると涙を流します。
 オオハシはオオハシで就業中にエイトビートをするような問題社員でしたが……

 オープニングの後、ミツオシエはパチンコ屋にやってきて台を物色していました。
 ネズミが「やばいやつ」を当てて感激していて、少なくとも20万になると聞いたミツオシエでしたが……
 逆に20万も負けてしまったミツオシエは国立大学を出たにも関わらず闇金に手を出してしまいます。

 ヌーヌー金融にやってきたミツオシエは「とりあえず3億貸してください」などと言い出します。
 ミツオシエは理不尽な上司に苦しめられていると訴え、パワハラを訴えれば解雇されてしまうと涙を流します。
 社長は「やっちゃえよ」と言い、上司に生命保険をかけてしまえとささやいてきました。

 ミツオシエは上司に生命保険をかけ、爆弾を仕掛けるはずがハチミツに気を取られてしまいます。
 爆弾で上司を吹き飛ばしたはずが普通に生きていて、代わりにトカゲが爆発してしまいます。
 ミツオシエは16ビートの刑に処せられ、オオハシは「漫画やアニメでは低俗な大人になる」と言っていましたが……

 オオハシは新聞に隠して漫画を読み、カラカルから無料で漫画が読めるアプリを教えられます。
 カラカルはライオンをリストラ対象にしようとしていたかと思えば婚活パーティーの話をしてきました。
 ライオン(既婚)は婚活パーティーに参加することになり、ラーテルも参加することになりました。

 ラーテルは何か勘違いしているのかシャドウボクシングをしていました。
 いきなり暴風が吹き荒れたかと思えばラーテルが吹き飛ばされ、この風ではどう見ても入れませんでした。
 カラカルはこのパーティー自体が詐欺ではないかといい、カモネギにされるのではと言い出します。

 ライオン達は既婚者、遅刻、低学歴をなじられ、国立大卒のミツオシエが出てきたものの倒されます。
 次の日、カラカルは街コンに行くと言い、売りつけられた大量の石鹸と洗剤を渡してきました。
 オオハシは石鹸と洗剤をトカゲに飲ませようとして怒られ、アフリカのJKは出会いがないことを嘆くのでした。

【感想等】
 リアルもアニメも問題のある会社には問題のある社員が集まる……と割り切るしかないのかも。
 壁の修理費用や生活費でどう見ても3億も要らないと思いますが……
 国立大学を出たのにああいう会社しか入れなかったのは素行がよほどまずかったのでしょうか。

 身内ではなくて上司の生命保険の受取人が出来るのか、ラーテルさんはどう倒せるのかと疑問はつきません。
 ライオンさんはクビになってもヴィンランドサガみたいにヴァイキングになればなんとかなるのかも。
 最近はカモネギさんも進化するようになったらしいですが、そのうちライオンさん達も進化してしまうのでしょうか。

【アニメ感想】アフリカのサラリーマン 第8話「アフリカの休暇明け」

 アフリカさんの8話を見て感想を書かせていただきます。
 日曜日の終わり、月曜日のはじめにこのサブタイトルは反則かもしれません。
 ハワイで逮捕されてしまったオオハシさんはどうなってしまったのでしょうか。

【内容】
 トカゲはパスワードが違っていたりパソコンの立ち上がりが遅かったりでいらだっていました。
 オオハシは「休み明けってやる気出ないよね!」とOLになりきってブログを更新していました。
 ライオンはトカゲ、大橋を呼び出して「セルの挿入ってどうやるんだっけ?」と聞いてきます。

 社長が出てきたかと思えばトカゲを殴り倒し、サービス残業をしろと言ってきます。
 オープニングの後、会社の汚れっぷり(と抜け毛)に社長はご立腹でした。
 トカゲは会社で脱皮してしまう中、高性能お掃除ロボットは汚れたものやゴミを掃除するそうです。

 「君たちの給料から天引きしているから好きに使え」と言い出す社長さん。
 ロボットはオオハシをゴミと判断し、社会のゴミと連呼して追いかけていきますが……
 ライオンはロボットを破壊してオオハシを救い、そのままハウスへと直行します。

 ライオンは喫煙室の周りをグルグル歩きますが、副流煙を吸っているだけでなくておならをごまかしたそうです。
 オオハシ、トカゲは料亭にやってきて、エボシドリだけでなくゴリラが現れて困惑します。
 時間を止めた後はオオハシとトカゲはデュエルを行い、時が動き出したら電話のふりをしてやんわりと断ります。

 ライオンはコインランドリーの中に入り、オオハシはそれを回してネットに上げて炎上させます。
 その後は社長の思いつきで社内運動会をすることになり、今こそ親睦を深めるチャンスだと燃え上がります。
 そして激しい戦いを経て「休日手当はつくのか」という疑問に行き着くのでした。

 殺ハムは婚活をしている一方で、オオハシは長く座っていたら体が溶けてしまいます。
 トカゲはライオンとたばこを吸っていて、新人の「ジャパン」の子は慣れているのかと話していました。
 日報を暗号で出したり忍者の恰好で出社したり、ポルトガル語で書類を作ったりするそうです。

 地面にはまきびしが刺さっていて、書類は巻物で出してきたので処分しようとします。
 新人は壁に隠れていましたが、オオハシは新人時代はふとんをかぶっていたのだとか。

 オオハシはムクドは大学時代に行ったと言っていたらライオンが店から出てきます。
 トカゲはアルバイトの思い出を語り出し、ライオンは補導されたこと、オオハシは捕まったことを思い出します。
 そんな3人は深夜まで残業していて、ライオンのガチすぎる目に恐怖するのでした。

【感想等】
 前回逮捕されたオオハシさんでしたが、すぐにシャバに戻れたのはギャグ漫画ゆえでしょうか。
 OLに扮してブログを更新する等、オオハシさんに色々と闇を感じますが……
 従業員に暴力を振るった上にサービス残業を強いる会社にも問題があるのは言うまでもありません。

 ブラックな会社は社会的な問題ではあるものの、つぶれたら給料がもらえないから仕方ないのでしょうか。
 休日返上(?)で運動会までさせられたら相当疲れそうな気がします。
 次回タイトルの「闇金」という単語に、ますます取り返しがつかないことになりそうな予感がします。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム