【アニメ感想】戦×恋 第7話「手繰る乙女」

 ヴァルラヴの7話を見て感想を書かせていただきます。
 公式によると今度はお医者さんごっこをする……らしいです。
 だんだんすごい方向に進んできたような気がしますが……

【内容】
 期末試験の勉強に身が入らない拓真でしたが、女性陣はこたつで思いきりくつろいでいました。
 九瑠璃は「全自動お医者さんスーツ」なるアイテムを出してきましたが……
 二葉はみんなの体をケアするために「お医者さんごっこ」をすると言い、拓真もお医者さんごっこをすると訴えます。

 オープニングの後、まずは拓真が二葉の診療をすることになりました。
 胸を見て慌てふためき、いい国作ろう鎌倉幕府なのがいい箱作ろうになったと謎の話題転換をします。
 三沙はどこも悪くないから服を脱がないといいますが、拓真は診察しないといけないと反論します。

 気づいたら三沙は全裸にされていて、五夜は「なんでもござれですわ!」とどや顔をしますが……
 部屋の隅で「検尿」しろといわれて「末恐ろしい」といって逃げてしまいました。
 六海の歯を診ることになりましたが、大量のよだれが出てきて攻めて電気は消してと言われます。

 七樹はスリーサイズを測るといわれて激怒し、八雲は自分から脱いで胸に手を押し当ててきます。
 拓真は診察がうまくいかないといえば、九瑠璃が彼を「スーパー診察モード」にしてきました。
 最後は拓真に食事を与えてなんだかんだいって「お医者さんごっこ」は成功した……ようです。

 五夜は拓真にビーフストロガノフを無理矢理食べさせようとして逃げられてしまいました。
 「恋愛マスター」の三沙は「デートのお手本」を見せてほしいと言われますが、同性からモテていただけでした。
 唐突に回想シーンになって猪に追いかけられたり五夜、六海、七樹が泣き出したりします。
 
 三沙は「階段は自分の力で登るものだ」と言いつつも妹が可愛いから手を貸すことに。
 拓真は大量の洗濯物をたたむようにと言われ、五夜はその様子をうかがっているようです。
 女性下着を見た拓真は真っ白になり、さらに三沙のパンツが見えてしまいました。

 息抜きにしりとりをするという三沙ですが、拓真は思いきり胸が気になってしまいました。
 三沙もまた見えているのではないかとむすがゆい感じになってきますが……
 母の死後家事を一人でこなしていた拓真は洗濯物をたたみ終え、三沙はデートをギリギリ成功させるのでした。

【感想等】
 ぼく勉より勉強している拓真さんの成績が上がってほしいなと思う私がいます。
 スーツを作るより先に病院に行った方が早いのでは……と突っ込んだ視聴者は私だけではないはず。
 拓真さんは突っ込むと思ったのですが、彼女らとの共同生活に慣れきってしまったのでしょうか。

 女性を全裸にしたり目の前で検尿をさせたりともうセクハラとしかいいようがないのですが……
 怪我の治療にスリーサイズは絶対に必要がないと思います。
 スーパーサイヤ人のように金髪になった拓真さんですが、そのうちゴッドになったりするのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】戦×恋 第6話「裸の乙女」

 ヴァルラヴの6話を見て感想を書かせていただきます。
 楽しかった(?)学園祭は大方の予想どおり敵の乱入によってぶち壊しになりました。
 サブタイトルの時点で色々と心配になってきますが……

【内容】
 ガルムの前に現われた二葉はいきなり彼を殴りつけ、拓真に今のうちに逃げるようにとひと言。
 「手に刀と書いて手刀って読むのよ」とガルムを圧倒しますが、ガルムの能力は規制型なのだとか。
 拓真は上半身と下半身がバラバラになりますが、ミストルティンのおかげで再生します。

 回想シーンでは全問正解して母親に頭をなでてもらった拓真さん。
 テレビの影響で世の中は学歴社会だと知った拓真は立派な人間になったらお友達が出来るのではと考えます。
 唐突にオープニングが流れて立ち上がり、七樹にハリセンで叩かれながらも抱きつかれます。

 七樹は全裸になって拓真とディープキスをしようとしますが、綺麗な体になるまで互いの体を拭き合うのだとか。
 その間にも六海がピンチに陥り、七樹は「けしからんことをしたら怒るからな」と拓真に体を拭かせていました。
 五夜は敵に操られて三沙に攻撃をしてきて、七樹は「ヴァルラヴ開始」のかけ声とともにキスをしてきます。

 拓真は七樹がまだ冷たいことに気づき、いきなり本が出てきて急に七樹の体が温かくなります。
 ディープキスでパワーアップした七樹でしたが、悪魔を倒すには神速の一撃が必要らしいです。
 二葉はガルムを一方的に殴りつけ、邪神派がエーテルを集めていると意味深なことを言い出します。

 七樹が悪魔を倒した一方で、ガルムは退散したもののいきなり犬扱いされてしまいます。
 ミスコンは警官の恰好をした六海が勝利し、自分がダンスパーティーを一緒に踊ると言ってきます。
 七樹は拓真と顔を合わせることが出来ないと言いながらも「レベル上げのため」という口実でキスをするのでした。

【感想等】
 二葉さんが思ったより遥かに強く、もう彼女だけでいいのではないかと思えてきます。
 真っ二つにされたときは驚きましたが、それがいきなり元に戻るのも普通では考えられませんでした。
 立派な人間になったらお友達が出来るのか……というのは私にはなんとも言えません。

 いきなりオープニングが流れた時に最終回かと思ったのは私だけではないはず。
 本が出てきたのもよくわかりませんでしたが、最終的に勝てたのならよかったのかもしれません。
 学園祭はこれで終わりだとして、残り6、7話でどんな戦いが繰り広げられるのでしょうか。
 
 
※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】戦×恋 第5話「信じる乙女」

 ヴァルラヴの5話を見て感想を書かせていただきます。
 学園祭のはじまりはデートイベントの始まりでもあったようです。
 拓真さんはこのイベントを通じて何を得ることが出来るのでしょうか。

【内容】
 学園祭当日、拓真は八雲と「デート」していたら誘拐犯扱いされます。
 七樹はメイド服を着て接客しつつも、なんだかやきもきしてきました。
 イカスミパスタを注文したはずがラブラブドリンクなるものが出てきました。

 八雲は「お兄ちゃんと一緒のコップで飲みたくない」といい、手を浸して「しゃぶって」とひと言。
 拓真は言うことを聞きますがジュースをこぼして服を濡らしてしまい「変態」呼ばわりされてしまいます。
 二羽達もやってきて誘拐犯扱いされつつも、拓真は人が怖いから七樹とだけはペアを組みたくないと言い出します。

 七樹は勝手にミスコンに出場する羽目になってましたが、敵が何か仕掛けてくる可能性も残されていました。
 拓真は三沙や九瑠璃とお化け屋敷にやって来て九瑠璃もろとも手を握ってもらいますが……
 「男はそんなに卑屈になるな」と言われた拓真ですが、七樹には謝っておけと言われてしまいます。

 男子生徒はウナギを使って九瑠璃を追い返しますが、そのウナギは三沙の服に入ってしまいます。
 拓真はなんとかウナギを捕ったものの、学園祭は勉強に専念するはずだったとつぶやきます。
 犬飼が声をかけてきたかと思えば悪魔に襲われ、七樹、五夜もまた憑依型の悪魔に襲われてしまいます。

 三沙は拓真が来るまで悪魔を食い止めると言い、師匠の言葉を思い出せと言ってきました。
 一千花が助けにやって来たかと思えば「情けない」と言い、犬飼もといガルムはハンバーガーを食べてご満悦でした。
 「とっとと食えよ!」と散々に蹴りを入れてきて、あの豚共が食われていく様を楽しもうと言ってきます。

 五夜は絶体絶命のピンチに陥り、六海もまた服を脱がされて別の意味でもピンチに陥ります。
 結界が作動しているのは拓真が生きているという意味であり、その拓真は母親のことを思い出して謝罪します。
 七樹からお守りを受け取るわけにはいかないと言い、自分が死んだら皆さんが変身できないと言ってきます。

 「僕は拓真を信じている」という言葉を思い出した拓真は人間が怖いと言いつつも嫌ではなかったとひと言。
 二葉がガルムの前に現われ、ガルムは犬飼の姿になったもののさすがにだまされませんでした。
 「あなたのパンツは要らない……代わりに命をもらうわ」と言い切る二葉なのでした。

【感想等】
 デートイベントは普通なら楽しいはずが、見ればみるほど彼が可哀想になってきました。
 中学生にしてドSキャラの八雲さんは一体何を目指しているのでしょうか。
 自分優位にお話を進めたい……という気持ちだけならまだわからなくはないのかも。

 「卑屈になるな」という言葉はいいアドバイスだと思いますが、ウナギで台無しになってしまったような……
 犬飼さんが何かを仕掛けてくるとは思っていましたが、自分から正体をばらしてくるとは思いませんでした。
 人間が怖いという拓真さんの気持ちはわからなくもないですし、彼が少しでも幸せになることを願います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】戦×恋 第4話「奉仕する乙女」

 ヴァルラヴの4話を見て感想を書かせていただきます。
 アイドルとのデートを経て拓真さんも少しは肝が座ってきた……のでしょうか。
 奉仕ときくとメイドさんが出てくるのかなと推測しますが……

【内容】
 拓真は全国模試を受けに行ったはずが戻ってきたころには萎縮して縮小してしまったそうです。
 よくわからない流れで鬼ごっこをすることになり、パンツを取られたら負け……らしいです。
 拓真は五夜達の着替えを偶然に覗いてしまいますが、三沙は二葉の異名がパンツを奪う「女王陛下」だと言ってきます。

 隣の五夜は「最近、私がんばってますの!」と迫ってきて、ご褒美になでなでしてほしいと言ってきます。
 いきなり壁が壊されて二葉が迫ってきて、彼女がメガネをかけているのは「本気」らしいです。
 三沙に吹き飛ばされた拓真は八雲にのしかかる形になって「死ねばいいのに」と言われてしまいました。

 二葉は聖剣「城」なる能力を持つ一方で、逃げ切れれば勝てる相手らしいです。
 七樹や八雲が戦う一方で拓真は蔵に逃げ込もうとしますが、四乃は年並みを避けることが出来ないと言われます。
 二葉は震える拓真に学業成就のお守りを渡して、これが拓真をリフレッシュさせる企画だと言ってきます。

 拓真は亡き母に他人と暮らすなんて無理だと言いながらもプレゼントをもらったのはいつぶりなのかとひと言。
 学園祭が近づいてレベルアップを意識する一同ですが、父(オーディーン)のオラクルが失敗しまくっているのだとか。
 七樹達のクラスはメイド喫茶をするらしく「メイド服は女の戦闘服」だと解釈していました。

 学園祭は暇だから勉強し放題という拓真に対し、七樹はクラスの大隊長だと気合いを入れていました。
 拓真の反応が微妙なことで「発展途上」の自分に魅力がないのではないかと考えてしまいますが……
 生徒会の前でデモンストレーションをすることになり、メイド服で気合いを入れて犬養(?)と対峙します。

 「年の割に子供趣味が過ぎる」と言われた七樹は慌てますが、犬養は内心で「このドブスが」とわめいていました。
 七樹は必死にアピールしますが拓真の反応は微妙で、出来上がったバニラは独自のアレンジが加えられていました。
 クリームが顔にかかった七樹にのしかかられた拓真は男子生徒の嫉妬を一身に受けてしまいます。

 突然に悪魔が出てきて拓真をリンチし、七樹は「助けて……拓真!」と無意識で言ってしまいます。
 拓真が敵をやっつけますが、その様子を見ていた犬養は「人間状態ならその程度か」と様子をうかがっていました。
 午後の授業が潰れて帰宅する拓真は不機嫌な七樹に「十分可愛い」と言って赤面させるのでした。

【感想等】
 昔、地球の未来にご奉仕するヒロインがいたような気がしますがあまり関係ないはず。
 それはそれとして登場人物が多くて未だに顔と名前が一致しないのですが……
 「五等分の花嫁」ならぬ「九等分の花嫁」というサブタイトルがぱっと頭に浮かんだのはここだけの話です。

 よくわからないうちに鬼ごっこになりましたが、普段の戦闘よりも気合いが入っているような気がします。
 七樹さんのお声が時々「こみっくがーるず」の小夢さんになるのは別の意味で気になります。
 メイド服が戦闘服になるという発想はありませんでしたが、少しでも発展できたらいいなと思う今日この頃です。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】戦×恋 第3話「秘密の乙女」

 ヴァルラヴの3話を見て感想を書かせていただきます。
 今度はアイドルとデートすることになった拓真さんですが……
 ギャラルホルンというと鉄血のオルフェンズのイメージしかないです。

【内容】
 やたらと物騒な栄養ドリンクのCMを撮影する六海さん。
 スタッフは彼女の巨乳を絶賛し、それを裏付けるかのようにシャワーシーンが続きます。
 最近は忙しくて拓真に会えていない六海は他の姉妹がうらやましいようです。

 他の姉妹は拓真とデートしたりしてレベルアップし、いつもどおり悪魔達と戦っていました。
 オープニングのあと、六海はアイドルだとバレないようにデートできないかと奮闘します。
 クラスメイトの山田は六海と友達だと言い、その巨乳を絶賛しつつも拓真の悪評が拡がっていました。

 山田の話によると拓真の親は暴力団らしいですが、実際のところはただの会社員でした。
 拓真の顔を見た山田は思わず窓から飛び降り、他の客は拓真のせいではないかと考えます。
 六海はいたたまれない気持ちになって楽しもうとしますが、拓真は本屋で受験参考書を見ていました。

 なんでも六海によると五夜は七樹にべったりだったそうで、その2人は言い争いしていました。
 アイドルだってデートの幅を広げるために嫌々はじめたらしく、拓真はふと母親のことを思い出します。
 六海は拓真を昔自分を襲った悪魔と似ていると言いつつも彼にぞっこんになっていました。

 拓真は帰って勉強がしたいと言い、六海は自分といたくないのかとちょっとショックを受けます。
 その様子を見ているフェンリルは舌なめずりして「食い殺したい」と言ってきました。
 ゴシップ大好きなギャラルホルンは騒音を起こし、六海のデートを妨害しようとしていました。

 拓真は六海を連れて逃げ出し、裏口から外に出ようとしたら挟まれてしまいます。
 とっさにロッカーに隠れた六海は「何でもするから」と変な妄想を浮かべてドキドキしてしまいます。
 なんでも六海のレベルによって飛行能力が強化されるらしくキスしてくれと言ってきます。

 ファンは六海の巨乳を見て彼女に違いなかったと言い、胸にキスされた拓真はドキドキして数学の勉強をはじめます。
 六海はますますキスをがんばると意識し、拓真はこのままではファンに殺されるのではないかとおびえます。
 「恋人とキス」したことで能力を発動した六海は疾風のごとき速度で空を飛び拓真もろともその場を脱出することに成功します。

 拓真は母親と見た夕日にそっくりだと言い、六海は空を飛ぶのが限界だと言って落下します。
 一千花は妹と拓真とのデートを監視していて、敵は数秒先に迫っているとガルムの存在に気づいていました。
 フェンリルの元に別の悪魔がやってきてヴァルキュリーを始末しろと言いますが…

【感想等】
 公式サイトによると六海さんの身長が160㎝らしく、ちょっと驚いたのはここだけの話です。
 そういえば兄弟姉妹が多い「城下町のダンデライオン」でもきょうだいの中にアイドルがいたような……
 デートするためにアイドルになる……という設定よりもそれでアイドルになれるのがすごいです。

 拓真さんにベタ惚れする六海さんが可愛い一方で、彼と母親の過去がちょっと気になります。
 彼以外の男性キャラがことごとく巨乳を連呼するところで複雑な気持ちになりますが……
 1話で1人ずつデートイベントをしていったら9話になりますが、全員とデートしてフェンリルさんを倒して終わりでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム