【アニメ感想】ゾイドワイルド ZERO 第25話「荷電粒子砲の脅威!」

 ゾイドさんの25話を見て感想を書かせていただきます。
 ついに大ボスのオメガレックスさんが起動し、どったんばったん大騒ぎとなりました。
 サブタイトルの時点で勝ち目がなさそうな気がするのは私だけではないはず。

【内容】
 ランド博士はついにオメガレックスを起動させ、サリーを救出したレオは脱出を図ります。
 バーンの援護もあって敵の追っ手を切り抜けることが出来ましたが……
 ギレル率いる全機で一斉攻撃を仕掛けますが、オメガレックスはペンダントの光で耐え抜きます。

 サリーはオメガレックスの光がペンダントのものだと気づき、オメガレックスは荷電粒子砲を放ってきました。
 ランド博士はメルビルに基地へと向かえと命令し、ギレルはもう何も言うことが出来ませんでした。
 あまりの威力を前にしては帝国も共和国もなく、報告の後、サリーは調査隊への同行を願い出ます。

 圧倒的な力を持つ荷電粒子砲は一方ではゾイドからすさまじいエネルギーを奪う諸刃の剣らしいです。
 現時点では荷電粒子砲は1発しか撃てないらしく、何度も撃てるようになるまえに倒す必要がありますが……
 メルビルは荷電粒子砲の威力に動揺し、ランド博士は「ライダーの替えなどいくらでもいる」と言い放ちます。

 調査中に倒れたサリーは「ごめんなさい」と涙を流しますが、レオは俺が悪いんだと言ってきます。
 サリーは父親が地球を破壊するような兵器を作ってしまったことにショックを受けていましたが……
 レオは「俺がこの手でオメガレックスを……サリーのお父さんを止めてみせる」と言ってくるのでした。

【感想等】
 新しいオープニングになったのであと半年くらいは続くのかなと思います。
 「協調性という他人の目におびえながら」とメッセージ性のある歌詞が胸に突き刺さります。
 本当にこのアニメは子供向けなのかと、そんなことをついつい考えてしまいました。

 サブタイトルの荷電粒子砲の威力はすさまじく、いけないものを見たような気がします。
 荷電粒子砲と超電磁砲とではどちらが強いのかと変なことをつい考えてしまいましたが……
 レオさんみたいな人が近くにいたらいいなと思いつつ、次回以降も見ていきたいです。 

【アニメ感想】ゾイドワイルド ZERO 第24話「全身兵器!オメガレックス起動」

 ゾイドさんの24話を見て感想を書かせていただきます。
 アルドリッジさんだけでなくシーガル准将も再登場するとは驚きでした。
 心なしか最近は堀内さんのお声をよく聴くような気がします。

【内容】
 シーガル准将はランド博士とともに帝国に反旗を翻すそうです。
 オメガレックスによって帝国が崩壊した時に、語り部が必要であるとのことですが……
 ギレルは牢に入れられますが、連行したメルビルに皇帝に似たものを感じました。

 サリーを助けに来たギレルでしたが、ランド博士が反旗を翻すのを放置できませんでした。
 ギレルは牢から脱出したもののサリーはペンダントを取り戻すために中へと戻っていきました。
 シーガルは何故逃げられたのかと怒り、サリーはまた捕まって営倉に放り込まれます。

 皇帝と対面したシーガルは自分に反逆の意志はないと言い、オメガレックスは帝国の財産だと言ってきます。
 サリーについては「娘が父親に会いに来たのは自然」と言い訳しますが……
 ギレルは事態を収拾しろと言われ、場合によっては人命より現場判断を優先させるようにと言ってきます。

 共和国のディアス中佐が帝国と手を組み、暴走行為があってはじめて介入すると言ってきました。
 レオはギレルがサリーを助けられなかったことを責め、はじめから俺が行けばよかったと言い出します。
 ギレルはサリーを助けられなかったのは事実だと言い、レオの言っていることは間違いはないとひと言。

 サリーは獄中で父との過去を思い出し、ランド博士は昔から強者が生き残るのが世界の摂理だと言っていました。
 レオは単身でサリーを助けに向かおうとして、リュックやギレルといった帝国軍が立ちはだかります。
 シーガルは帝国と共和国が手を組んだのを見てオメガレックスの開発を急げと命じ、ランド博士はサリーは不要と言い放ちます。

 島を巡って戦闘行為が開始されますが、レオは外出禁止を無視して単身で島へと向かいます。
 アイセルはレオに賭けるしかないと訴え、目の前の通路が爆破されながらもレオは島への上陸を成功させます。
 サリーが不要だと聞いていたメルビルはランド博士が養父だったと言いつつこっそりサリーを逃がします。

 レオはサリーと合流し、サリーがまたペンダントが必要と言いますが、君が一番大切だと言って説得します。
 帝国、共和国の制圧作戦がはじまる中、ランド博士は不完全ながらもオメガレックスを起動させます。

【感想等】
 リゼロでは仲間だと思ったら犬(戦国武将)だったり、今度は反逆者と幅広い役柄が素敵だと思います。
 捕まえたはずが即時に脱走されるのはザルな警備よりもギレルさんの手際の良さをほめるべきなのでしょうか。
 ペンダントが重要とはいえ何度も捕まってしまうサリーさんについてはこれ以上言わない方がいいのかも。

 少し前にディアスさんがギレルさんを使役し、今度はその逆になるのはなかなかに興味深いです。
 強者の生存が世界の摂理なら、それに適合できない種は滅ぶしかないのでしょうか。
 次回はオメガレックスさんとの戦いで間違いないですが、ライガーさんが2度目の進化を果たすのでしょうか。

【アニメ感想】ゾイドワイルド ZERO 第23話「サリー・ランド」

 ゾイドさんの23話を見て感想を書かせていただきます。
 サリーさんがさらわれ、レオさんは彼女を救うために単身で帝国に乗り込みます。
 ランド博士がサリーさんをさらった目的は一体何なのでしょうか。

【内容】
 サリーを拉致されたレオはバーンとともにそれを追いかけていきます。
 コンテナの中はすでにもぬけの殻であり、乗っていた男はただのおとりだったようです。
 バズは絡みのあるギレルを通じて帝国軍に頼んでみたらどうかと言い出します。
 
 リュックは待機命令を受けて第七補給基地へ向かい、サリーは祖父がペンダントを渡すなと言っていたことを思い出します。
 サリーはペンダントを投げるふりをしてその場を逃れようとしますが、リュックにペンダントを奪われてしまいます。
 レオは単身で帝国領に乗り込み、ギレルは皇帝から「何故錆びるのでしょう?」と言われて困惑します。

 共和国のディアスはギレルに連絡を取り、ギレルは一応動いてくれることになったそうです。
 レオはリュックの舞台に奇襲を仕掛けますが、そこにギレルが出てきて2人の戦闘を止めてきました。
 ギレルはサリーを解放しろと言い、今は中尉から少佐に出世したそうですが……

 リュックはランド博士にサリーを引き渡したと言い、ギレルは自分がランド博士のもとに行くと言い出します。
 メルビルがサリーを連れて移動していて、ギレルが基地にたどり着いたころにはランド博士はすでに姿を消していました。
 博士の部屋から出てきた写真を見るとサリーの母親や本人のものと思われる女性が映っていました。

 ランド博士は端末のエネルギーを使うつもりだったのが、ペンダントを使ってゾイド因子を補給できるそうです。
 ディアスは元共和国の科学者だったランド博士について調べることになり、ギレルは博士がいるラプス島に向かいます。
 博士は右腕が機械で出来ていて、ボーマン博士とゾイド因子の共同研究をしていたそうですが……

 ボーマン博士とは価値観の違いから物別れに終わり、独自に研究をする中で爆発事故を起こしてしまったようです。
 その時に右腕が機械になってしまい、このおかげでゾイドの声を肌で感じるようになったのだとか。
 ランド博士はサリーの父親にあたる人物だと判明し、因縁のあるラプス島と聞いてバーンの顔色が変わります。

 ギレルはオメガレックスを目の当たりにし、ランド博士はオメガレックスを与えてもいいと言い出します。
 裁判を受けたシーガル准将が出てきてギレルを拘束してきますが……

【感想等】
 誰にも理解されないのはまだしも、孤独でしかわからないことというのがよくわかりません。
 危険を顧みずに帝国領に乗り込むレオさんがかっこいいですが、さすがに無謀すぎるようにも思えます。
 ギレルさんも(ライバルキャラだと思っていた)当初に比べると少し丸くなってきたような気がします。

 ボーマン博士とランド博士の立ち位置はロックマンのライト博士とワイリー博士のような感じなのでしょうか。
 サリーさんとランド博士が親子なのは想定内だったものの、シーガル准将が出てきたのはさすがに想定外でした。
 次回はオメガレックスが起動するみたいですが、このペースで3月で終わらせてしまう感じなのでしょうか。

【アニメ感想】ゾイドワイルド ZERO 第22話「ファングタイガーの罠」

 ゾイドさんの22話を見て感想を書かせていただきます。
 ランド博士がここにきてますます調子に乗ってきたように思えます。
 以前話題に出ていたデスレックスさんがラスボスなのでしょうか。

【内容】
 ランド博士によって釈放されたアルドリッジには専用のファングタイガーが与えられます。
 サリーのペンダントを奪ってくれば釈放してもらえると聞いたアルドリッジはやる気になります。
 一方、リュックもまたレオやライガーを探していて、バーンは因縁のあるエドと再会します。

 エドはあの島でゾイドの化石を手に入れたものの帝国に島を追い出されてしまったそうです。
 なんでも問題の化石はジェノスピノ以上のゾイドらしいですが……
 レオ達はジャンクヤードにやってきて、アイセルはゾイドクライシス以前のアイテムに目を輝かせます。

 自販機は普通に動くものの、中身は何が入っているのか危険だからと調べることに。
 サリーは掃除機を見てお化け退治の道具だといい、ギターは武器だとむちゃくちゃなことを言い出します。
 バズ、レオは車の部品がたくさんあると言って喜んでいましたが……

 バーンは島にやってきて様子をうかがい、ランド博士はデスレックスもといオメガレックスを復活させようと作業を進めます。
 リュック率いる帝国軍が店を爆破してサリーを捕獲しようとし、レオはリュックを退けたもののアルドリッジとの戦闘で倒されます。
 バーンが助けに来てくれたので助かったものの、バズやアイセルが倒れていて、気がついたらサリーは姿を消していました。
 
【感想等】
 ランド博士の行動は軍の意向というよりも個人的な野望のため……なのでしょうか。
 それこそ「孤独だけじゃわからないこと」なのかもしれませんが……
 エドさんが声を荒げるところでドロヘドロのカイマンさんのことがふと頭に浮かびました。

 長年の努力をふいにされたエドさんの憤り、痛いほどわかってしまう私がいます。
 収監中のはずなのに堂々と名乗るアルドリッジさんが素敵です。
 不穏な空気とエンディングの青空とのミスマッチを感じつつ、残りのお話もちゃんと見ていきたいです。

【アニメ感想】ゾイドワイルド ZERO 第21話「時を超えた記憶」

 ゾイドさんの21話を見て感想を書かせていただきます。
 公式サイトのあらすじを見た感じではずっと過去のお話に触れていく感じかと。
 凍結したアカウントが復活しないように輝きは二度と戻らないのでしょうか。

【内容】
 レオはサリーやバズ、アイセルとともに冒険の旅を続けていました。
 皇帝はギレルに「お茶をいかがですか?」と言い、自分は外の世界を知らないといってきます。
 「冒険の夢くらい見させてください」と言ってくる皇帝ですが……

 バズはギレルが皇帝の護衛になったと聞いて「金持ちになりたい」と俗っぽいことを言っていました。
 一同は誘われるかのように廃ビルに足を踏み入れることになり、CDを聴こうとしたもののスピーカーは経年劣化していました。
 アイセルは買い物客であふれる店内や社畜サラリーマン達が仕事をしているシーンが頭に浮かびます。

 人類は元をたどれば地球で生まれたらしく、アイセルによると古いアイテムは人間が持っていた「記憶」らしいです。
 ファクシミリから写真が出てきたかと思えば一斉に電話が鳴り、バズはおじけづいたのか「帰ろう」と言ってきますが……
 写真の女の子がアイセルに似ていることに気づき、AIが搭載された人形が「おかえり、マリア」と話しかけてきました。

 棒読み気味のマリアは人形を「アリス」と名付けていましたが、戦争によってマリアとアリスは離ればなれになります。
 アイセルはアリスの気持ちを察してマリアとして彼女を抱きしめますが、そこにジャミンガが襲いかかってきました。
 ジャミンガにアリスが踏み砕かれてしまい、アイセルはぶち切れしてジャミンガを1人でやっつけてしまいますが……

 アリスは「一人にしないで」と言い、マリアだいすきと言って最後は機能を停止してしまいます。
 アイセルは「見せてくれてありがとう」と涙を流し、アリスに哀悼の意を表すのでした。

【感想等】
 いっそ「誰にも理解されないとしても」を座右の銘にしてもいいのかなと思ったりします。
 花子くんと同じ「お茶会」もいいですが、バズさんの自分に正直な生き方はある意味うらやましいかも。
 かつての文明に思いをはせるところを見て、地元より人がいるとつい考えてしまいました。

 ショッピングモールならまだしもオフィスを見せられたらある意味では社会人には厳しい展開かと。
 AIと「アイ」セルさんは偶然なのかわかりませんが、マリアさんの帰りを待っていたアリスさんの最期に涙が出ます。
 次回はアルドリッジさんが襲ってくるそうですが、やはり最後はデスレックスさんと戦うのでしょうか。

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム