【アニメ感想】GRANBLUE FANTASY The Animation season2 第12話「道標」

 グラブルアニメの2期12話を見て感想を書かせていただきます。
 明らかに強そうな黒騎士さんを相手にグランさんがどこまで戦えるのでしょうか。
 そして年明けからの後半戦がどうなるのか、わたし、気になります!

【内容】
 黒騎士がオルキスとともに現れ、ルリアを連れていこうとします。
 ノアは「誰かが星の獣の力を使っている」と言い、グラン、ルリアは敵の攻撃から逃げようとしますが……
 黒騎士は圧倒的な力でグランを追い詰め、ルリアの能力はオルキスに押さえ込まれてしまいます。

 ルリアはオルキスを説得しようとしますが、向こうは「アポロ」以外は何も要らないと言い放ちます。
 グラン、ルリアは地下に逃れ、ルリアは体育座りをしてうつむいてしまいました。
 「ルリアは渡さない」と強い意志を示すグランはオルキスもまた何かを守ろうとしているのではと考えます。

 オルキスがグラン達の前に現れたかと思えば、オルキスはベッドの上にいて女性が寄り添ってきます。
 女性はオルキスに市場を見せ、アイスクリームを食べさせてくれたり空を見せてくれたりします。
 猫のぬいぐるみを抱きしめるオルキスは以前の記憶がなく、女性は元のあなたを取り戻せると言いますが……

 女性こと「アポロ」はすっかり変わってしまい、オルキスは彼女の願いを叶えようと決意します。
 回想が終わって現代に戻れば、オルキスはグラン、ルリアを吹き飛ばしますが、グランはぶち切れして立ち上がります。
 黒騎士は自分には自分なりの目的があると言い、勝つのは力だと「正論」を吐いてきました。

 グランは黒騎士に向かっていきますが、剣を砕かれ、吹き飛ばされて気を失ってしまいます。
 立ち上がったグランは黒騎士のマスクを吹き飛ばし、そこにオイゲンが現れて黒騎士に銃を向けてきます。
 黒騎士はオルキスとともにその場を去り、グラン、ルリアはその場を離れることに成功します。
 
 オイゲンが黒騎士を「アポロニア」と呼んだことについて、何らかの関係があるのではと推測するグランさん。
 イオに散々怒られながらもなんとか仲間と合流することに成功します。
 ノアはグランが「彼」とよく似ていると言い、自分は島で休むと言い、ロゼリアは「今はその時ではない」とひと言。

 フリーシアはルリアを育てたグランを見逃すことにし、彼について「星晶獣殺しの息子」と意味深なことを言います。
 帝国は一体何をしようとしているのかが気になりますし、グランはオイゲンと黒騎士との関係を聞きますがはぐらかされます。
 グランは想いを貫くための力が足りないと自覚しますが、黒騎士が捕縛されたという知らせを聞いて呆然とします。

 アマルティア島での審問に参加しろと言われたグランはその申し出を受け入れます。
 帝国から離反した黒騎士さんの意図は一体何処にあるのでしょうか。

【感想等】
 ハガレンのエドさんの朴ロ美さんがアルさんのような鎧で出てくるのはある意味新鮮です。
 ちなみに釘宮さんの方はツンデレ……ではなくマスコット役で出ているようです。
 どんな役をやっても演じきるところはさすがはベテランさんだと尊敬の念しかありません。

 オルキスさんの言う「アポロ」はお人形のことだと思っていましたが、調べてみると黒騎士さんの本名らしいです。
 アポロさんが黒騎士さんに変わった経緯が気になりますが、その経緯もいずれ語られるのでしょうか。
 来年はロゼリアさんの「試練」がメインなのかわかりませんが、出来たら3期、4期と続いてほしいなと思います。

【アニメ感想】GRANBLUE FANTASY The Animation season2 第11話「誓約」

 グラブルアニメの2期11話を見て感想を書かせていただきます。
 帝国からうまく逃れたグランさん達ですがそれだけでお話は終わらないようです。
 彼らはフリーシアさんの陰謀を阻止することが出来るのでしょうか。

【内容】
 黒騎士はグランの脱出を「予定どおり」と言い、女狐もといフリーシアの思惑を伺っているようです。
 ノアはグランサイファーを復活させようとしますが、力が足りずにこのままでは消えてしまうらしいです。
 誓約の星晶獣「ミスラ」の力を借りることを考え、ノアはラカムとの約束が自分をつなぎ止めたと言いますが……

 「魔晶」の力によってノアが暴走し、フリーシアはプロトリアクターなるものを使って島の人達の生命力を奪い取ります。
 グランやラカム、イオ、ビィがミスラに訴えかけますが、ロゼリアは契約の相手方はノアだと言ってきました。
 ルリアによると魔晶の力には隙間があるらしく、仲間の援護もあってグラン、ルリア、ラカムはノアへと飛び込んでいきました。
 
 フリーシアはガロンゾ島の住民からさらにエネルギーを奪い取って「取り戻す」とつぶやきます。
 星の民が侵略したという歴史を書き換えるためには現在の人がどうなっても知ったことではないということでしょうか。
 オイゲンやロゼリアはノアに穴を開けて中から天使のようなものが飛び出してきますがイオがぶっとばします。

 ラカム、グラン、ルリアはノアの中に入り、ロゼリアはイオに「レディはおいそれとひざまづいたりしないものよ」とひと言。
 グランは立ちはだかる敵をなぎ倒し、ラカムやルリアをノアのもとへと向かわせます。
 ラカムはノアに「あの日の約束を果たさせてくれ」と語りかけ、グランやルリアもまた己の思いを訴えます。

 ノアが作った紙飛行機にミスラが反応し、力が戻ったノアはグランサイファーを復活させることに成功します。
 魔晶の気配が消えてノアも無事でよかったと思っていましたが、黒騎士とオルキスがグラン達の前に現れ……

【感想等】
 「神撃」の時代からサイゲームスさんの作品は丁寧に作られているので安心して見られます。
 オープニングを見る限りだと今年はラカムさんとノアさんのエピソードで終わりそうです。
 許されるならガチャピンさんの参戦と、出来れば3期、4期とがんばってほしいなと思います。

 ノアさんは島﨑信長さんだとばかり思っていましたが、盾の勇者や飯田くんと同じ人と聞いて驚きました。
 女性で宰相まで上り詰めたのは立派だと思いますが、ブラックな組織のやることはやはりブラックだったようです。
 ラカムさんとノアさん、イオさんとロゼリアさんの絡みに癒されつつ、残りのお話も見続けていきたいです。

【アニメ感想】GRANBLUE FANTASY The Animation season2 第10話「見果てぬ夢」

 グラブルアニメの2期10話を見て感想を書かせていただきます。
 ラカムさんの過去も大切ですが、ポンメルンさんによってグランさん達が拉致されてしまいます。
 残されたメンバーはこのピンチを脱することが出来るのでしょうか。

【内容】
 ノアは幼い日のラカムと話していて、ラカムはグランサイファーを直したいと言っていました。
 ラカムはグランサイファーを飛ばすと言えば、ノアは紙飛行機(?)を飛ばしてきました。
 「君なら必ず夢を叶えるよ」と言われたラカムは頷き、待ってましたと言わんばかりにオープニングが流れます。

 ポンメルンはグラン、ルリアを拉致した上にグランサイファーを壊し、カタリナ達は2人を助け出すために動き出します。
 シェロの話によると彼らは帝国の駐屯地にいるらしく、帝国はそこで星晶獣の実験を行っているとのことですが……
 ラカムは「動くなら今だ」と言い、シェロも「借りはきっちり返す」と不敵な笑みを浮かべていました。

 オイゲンは一人で作業をしていて、その代わりにとロゼッタが出てきて手伝ってくれるそうです。
 ポンメルンがグランを始末しないのはルリアへの影響を気にしてのことらしく、ノアのことは「道具」だと言い放ちます。
 カタリナ達は食料を売る馬車の中に隠れて駐屯地に潜入し、グラン達は帝国宰相のフリーシアと対面します。

 フリーシアは星の民が未知の兵器で空の民を侵略、支配したと言ってきました。
 空の民は星の民との戦争を通じて空を取り戻したとのことですが……
 フリーシアは自分が空の歴史をあるべきものへと書き換えるのだと豪語します。

 ラカムはグランやルリアは仲間だと言いつつも、ノアを助けに行きたいと言ってきます。
 ロゼッタはノアとは知り合いだからとラカムについていくことに。
 フリーシアはグラン達の旅は帝国によって計画されたものだと言ってきました。

 「その少女を使って空の歴史を正します」とフリーシアさん。
 星の民の侵略という歴史を消し去るという彼女に対し、ルリアは書き換えるなんて出来ないと反論します。
 フリーシアはルリアだけでなくグランをも道具扱いし、彼らを帝都へと移送すると言い出します。

 ラカム、ロゼッタはノアと対面しますが、ノアはかなり衰弱していました。
 ノアはラカムが記憶をなくしていたのは仕方がないことだと言いますが……
 グラン、ルリアは帝国の戦艦に乗せられそうになったところでビィが割って入ってきます。

 イオが敵を凍らせればカタリナが兵士を吹き飛ばし、グラン、ルリアを回収して脱出することに。
 ラカムの記憶が消えたのは帝国の実験のせいであり、その結果、ノアの存在が人々の間から消えていったとのこと。
 消えそうになっていたノアはラカムとの約束のおかげで生きてこられたそうです。

 ラカムはノアのかせを破壊し、ノアとともに脱出すると言い出します。
 フリーシアは「問題ありません」と言い、計画は第四段階へと移行すると言いますが……

【感想等】
 ノアさんの中性的な雰囲気も好きですし、幼い日のラカムさんがすごく可愛いです。
 回想シーンから成長していない時点でノアさんが星晶獣だと気づくべきなのかも。
 久しぶりに出てきたロゼッタさんの立ち位置が不明ですがあのドレスは素敵だと思います。

 帝国宰相が女性なのは驚きましたが、かの国は実力があれば女性でも出世できるのでしょうか。
 どれだけ力があっても過去を変えるのは難しいと思いますし、それ以前にルリアさんを「使う」という言い方が解せません。
 ロゼッタさんも星晶獣ではないかと推測しつつ、残りのお話も見ていきたいなと思います。

【アニメ感想】GRANBLUE FANTASY The Animation season2 第9話「約束の街」

 グラブルアニメの2期9話を見て感想を書かせていただきます。
 色々な苦難を乗り越えたものの、船が壊れたので修理が必要となりました。
 グランさん達は修理費用を捻出することができるのでしょうか。

【内容】
 幼い日のラカムはオイゲンを探し回り、ある少年に操舵師になりたいと言っていました。
 夢から覚めたかと思えば次の島「ガロンゾ」が見えてきました。
 ガロンゾは挺作りの聖地と呼ばれる場所であり、修理だけでなく製造までやってしまうのだとか。

 グランサイファー(船)を直してもらおうとしたら店の主人はラカムの幼い頃を知っているようです。
 修理には数日かかると言われたのはいいとしても修理費用があまりにも大きくて呆然とします。
 オイゲンはラカムを手伝わせることで少しまけてもらったもののお金を稼ぐ必要が出てきました。

 久しぶりにシェロが出てきて仕事があると言い、修理の間にその費用を捻出することに。
 主人は契約書の類は必要ないと言い、この島には約束を守らせる神様がいるという言い伝えがあるのだとか。
 ルリアはガロンゾにも星晶獣がいるのではと推測し、おいそれと変な約束はできそうにありません。

 ラカムはこれからどうするのかと言われて言葉に困り、グランは改めて「星の島」に行くと言ってきます。
 オイゲンはあっさりと依頼をこなしてきたかと思えば「例の件」について話を切り出してきて……
 ガロンゾから先の足取りは途絶えてしまったらしく、その後はルリアが「働いた後のごはんは格別」とひと言。

 食堂の主人は「若い奴がうらやましい」と言いますが、ラカムは急に言葉を失います。
 修理作業は順調に進みますが、ラカムは急に自分はなぜ旅を続けるのかと疑問を抱きます。
 グランはラカムのことが心配になって差し入れをもっていくことにしました。

 ルリアは「おいしいものを食べると幸せな気持ちになる」と言いますが、そもそもグラン達はラカムの過去を知りませんでした。
 回想シーンにも出てきた一人の少年が出てきてグランサイファーを見て「懐かしい」と言っていました。
 グラン達は修理を手伝うと言えば、シェロは「修理がしゅうりよう……ですか」と言い、少年はラカムに話しかけてきます。

 ラカムは目の前の少年が誰なのか思い出せませんでしたが、少年はグランサイファーに危機が迫っていると言ってきました。
 帝国のポンメルンが出てきて「魔晶」を出してきたら少年もルリアも急に苦しみ出します。
 実は少年は船造りの星晶獣であり、グランサイファーはたちまちに壊れる前に戻ってしまいます。

 ラカムは少年の頃に「彼」ことノアを飛ばしてみせると約束したことを思い出します。
 ルリアは頭を抱えたかと思えばビィが人質になり、グランは帝国軍に倒されてしまいました。
 ポンメルンはルリアを回収して去っていき、放置されたラカムは一体何を思うのでしょうか。

【感想等】
 これまでカタリナさん、イオさんの過去に触れてきて、今度はラカムさんの過去のお話のようです。
 オイゲンさんとは幼い頃からの知り合いだったのは今さらながらはじめて知りました。
 土日に「仕事」という単語が出てきてテンションが下がった社会人視聴者は少なくないかも。

 約束を守らせる神様がいるかどうかはさておき、これからどうするかと言われると言葉に詰まるのも仕方ないかと。
 回想シーンのノアさんは公式サイトにも「少年」と書かれていましたが、お声を聞くまでは女性だと思っていました。
 ラカムさんが過去を乗り越えるにはまだ時間がかかりそうですが、その行方を見守っていけたらいいなと思います。

【アニメ感想】GRANBLUE FANTASY The Animation season2 第8話「家族の記憶」

 グラブルアニメの2期8話を見て感想を書かせていただきます。
 公式サイトによるとセレストさんは何者かに操られているらしいですが……
 グランさん達は窮地を脱してルリアさん達を救うことが出来るのでしょうか。

【内容】
 オイゲンは森の中で探索を続け、グランはフェリ達とともにセレストを呼び出します。
 黒幕と思しき男は自分から不老不死を奪った輩が許せんなどとのたまいます。
 グラン達はセレストに追い回されている人を救い、イオはルリア、オルキスが取り込まれたと説明します。

 ラカム達がおとりになって、その間にグランがルリアを助けようと考えます。
 星晶獣セレストの解放は同時に村人が死ぬことを意味していましたが……
 村人は「私達は私達のまま死にたい」と己の死を受け入れ、フェリはグランに後のことを託します。

 ドランクが吊されているのはさておき、グランはセレストの中へと入り込むことに成功します。
 グランの目の前には故郷と実家が現れますが、中に入ると己の少年時代の声が聞こえてきます。
 「どうして父さんは僕を置いていったの?」という悲痛な叫びがこだましていました。

 階段を上ると父親からの手紙があり、少年期のグランは自分が父親に会いに行くことを決意します。
 もう一人の自分が剣を抜いてグランに襲いかかり、僕は父さんのために最高の機空士になると言ってきます。
 グランはそれだけじゃないんだと反論しますが、気づいたら空高くで仰向けになって倒れていました。

 「僕はもう一人じゃないんだ」とグランはもう一人の自分を貫きますが、向こうは両手を剣に変えて襲いかかってきます。
 もう一人の武人を退けたかと思えば謎の男の声が聞こえてきて究極の存在になるとのたまいます。
 グランは「そんなものにルリアは負けない!」と言って敵の攻撃をかいくぐり、ルリアと抱き合って再会を喜び合います。

 ルリア、オルキスは「汝の名はセレスト」と言えば敵は「死にたくない」と連呼して襲いかかってきます。
 敵はルリアに触れた途端にドロドロに溶けてしまい、村の人々は成仏し、フェリの記憶も返してもらえました。
 フェリは突然に走り出したかと思えば回想になり、父親が自分の命を分け与えてフェリを救います。

 フェリは病気を治すために島を離れ、姉はここから見る空が一番綺麗だねとひと言。
 ルリアは空の果てで何かがわかるのかと問いつつドランクやスツルム、オルキスと別れます。
 スツルムはおばあちゃん子で、おばあちゃんは亡くなるまで姉を心配していたそうですが……

【感想等】
 2期になってそれぞれの仲間の過去がわかって、ますますこの作品が好きになりました。
 グラブル、神撃、ウマ娘……サイゲームスさんの作品には外れはないのかも。
 番外編のジータさんも好きですが、グランさんとルリアさんの王道ともいえる関係が大好きです。

 「星合の空」だと問題のある親が多いですが、グランさんのように親がいないのもつらいことなのかも。
 グランさんのようなプロポーズをされたらラブコメかと思うほどにときめいてしまいそうです。
 おそらく死ぬまでおばあちゃん子な私ですが、グランさん達の旅の行方を見守っていきたいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム