【アニメ感想】アズールレーン 第6話「【羈絆(きはん)】絆を繋ぐ、心を縛る」

 アズレンアニメの6話を見て感想を書かせていただきます。
 綾波さんとラフィーさんの歩み寄りが2つの陣営を結びつけるのでしょうか。
 羈絆(きはん)という漢字が一瞬読めなかったのは私だけではない……はず。

【内容】
 ラフィーは綾波と友達になりたいと言いますが、綾波はその手をはねのけて逃げていきます。
 オープニングの後、エンタープライズはベルファストにたたき起こされ、食堂で食事を取ることになりました。
 大量の食べ物を取ってきたエンタープライズにベルファストは「メイドの役目がある」と言ってきます。

 いきなり学校のような場所に移動し、クリープランドは何人もいる妹を紹介してきました。
 黒いメンタルキューブとオロチと呼ばれる巨大戦艦とはどんな関係があるのでしょうか。
 重桜自体がだまされているのではという話題になり、エンタープライズは急に別の空間にワープします。

 場面が変わって重桜では加賀と赤城がいちゃつき、幼稚園児っぽい子が走ってきました。
 赤城はこんぺいとうをあげて子供達を餌付けしつつ、あの子達がいつまでも一緒にいられるといいわねとひと言。
 明石は敵陣にやってきたのにのんきに商売をはじめ、中国の子も肉まんを売って生計を立てていました。

 エンタープライズは「まるで人みたいだ」と言えば、ベルファストは「私達は人ですよ」とひと言。
 ベルファストは「人生は冒険」と言い、そのために人の形を得たと言いますが……
 ラフィーは掃除をしていても綾波のことが気になり、シリアスになったかと思ったら水をぶっかけられます。

 光とともに突然の着替えシーンになったかと思えば、ユニコーンと一緒にお風呂に入ることに。
 エリザベスは「温泉は重桜だけだと思わないで」と立ち上がれば、ユニコーンは体型の割に胸が大きいことに悩んでいました。
 色々なキャラの胸が強調されつつも、ユニコーンも元気になったようで何よりでした。

 日常の風景が色々と流され、ユニコーン達は綾波のことを諦めたくないと言ってきます。
 エンタープライズは海に呼ばれたような気がすると言い、ベルファストはコーヒーを出してきました。
 「静かな海は嫌いじゃない」と言ったかと思えば、加賀や赤城よりも天城に執着しているようです。

【感想等】
 一度は断られたものの、綾波さんの態度を見るとまだ脈はあるのではと思えます。
 食事シーンは美味しそうでしたが、キャラがあまりに多くて誰が誰なのかよくわかりません。
 心なしか作画が微妙になっているのでそろそろ総集編が挟まるのかもしれません。

 「重」桜はその名前に反してのんびりしたご様子で、いきなり幼稚園児っぽい子が出てきたのは平和な証でしょうか。
 色々と規制が厳しいのかもしれませんが、いわゆる「光」が不自然すぎて集中できないのはもどかしいです。
 お話が一段落つくのが先か、万策尽きるのが先なのか、色々な意味でこれからますます目が離せなくなりそうです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】アズールレーン 第5話「【再会】その手をさし伸べて」

 アズレンアニメの5話を見て感想を書かせていただきます。
 キャラの多さでいつもあたふたしてしまうだけになってしまったような……
 所々声優さんが同じなのに演じ分けがされているのはすごいなと思います。

【内容】
 重桜の基地から脱出したシェフィールドとエディンバラは明石とともに廃墟島に立てこもることになりました。
 明石は奪ってきたキューブを見ても何も知らないと言ってきます。
 重桜の内部でも翔鶴が赤城は何を考えているかよくわからないと疑問の声が出ます。

 愛宕が白昼堂々と高雄にセクハラしてきて、鉄血の戦艦もやってきて島を監視してきます。
 プリンスオブウェールズといった皆さんはベルファスト達を助け出そうとしているようです。
 ベルファストは船なのに「女王」「メイド」などと言っていることに疑問を抱きますが……

 「どんな過酷な世界でも人は誇り高く生きられる」と語るベルファストさん。
 愛宕は綾波が戦うことに迷っていることを見抜き、綾波は向こうも自分達と同じ仲間がいるとひと言。
 間髪入れずに戦闘が開始され、綾波は出撃しろと言われては受け入れるしかありません。

 霧に閉ざされたと思えば、ラフィー、ジャベリンは綾波と対峙することに。
 別のところでも激しい戦闘が続き、瑞鶴は先走ったり、シェフィールドが大いに苦戦を強いられたりします。
 追い込まれながらもベルファストは私達の勝ちだと言い、エンタープライズが介入して向こうは撤退するのでした。

 ラフィーはどれだけ攻撃を受けても綾波とは戦いたくないと言い、友達になりたいとのたまいます。
 ユニコーンも全く同じことを考えているようですが……

【感想等】
 キャラが多くて混乱しつつも、「艦これ」と比較してみるのは面白いかもしれません。
 愛宕さんのセクハラを見てドキドキしてしまったのは言わない方がいいかも。
 名前が表示されるものの、一度に出てくる数が多すぎてますます混乱してきました。

 セイレーンと戦うはずが勢力が分かれてしまい、一体何をやっているのかと思ってしまいます。
 それを言えばリアルの政治も国際社会もいざこざが絶えないのも事実ですが……
 綾波さんの攻略(?)から少しずつ関係が改善されていくことを願うばかりです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】アズールレーン 第4話「【桜嵐】外套と短剣」

 アズレンアニメの4話を見て感想を書かせていただきます。
 相手の目的を探るためにスパイを送り込んだようですが……
 スパイと言えば「リリスパ」のオープニングが脳内再生されてしまいます。

【内容】
 「重桜(じゅうおう)」に帰還した綾波や瑞鶴らを色々な皆さんが出迎えてきました。
 オープニングの後、ベルファストがエンタープライズに食事を出して生活改善をしようとしてきます。
 「あなたに宿る人の心が見たい」という言葉に何が何だかよくわからなくなってきました。

 いつの間にか出店が出来ていて、パンダの形をしたおまんじゅうをもらうエンタープライズさん。
 ユニコーン達も「おいしい」と食べていて、ラフィーは綾波と一緒に食べたいと行ってきます。
 セイレーンの上位個体が動いているという情報が流れ、どこかで仕掛けてくる可能性が浮上します。

 ベルファストは「外套と短剣」うんぬんと言い、重桜内部にスパイを送り込んでいました。
 長門はメンタルキューブを見て「大蛇計画」と意味深なことを言い、赤城の愛は世界を焼いてなお燃えさかるのだとか。
 綾波はラフィー達のことを思い出して「戦いは好きじゃない」と言っていましたが……

 瑞鶴は高雄と話をしていてもっと強くならないと言っていて「もう少し頼ってくれ」と言われます。
 スパイ中のシェフィールドとエディンバラは見つかりそうになり、赤城はセイレーンのオブザーバーと話をしていました。
 様子を見ていた明石はオブザーバーに捕まってしまい、シェフィールドは赤城からキューブを奪って撤退します。

 脱出したエディンバラ達は明石を連れていくことになり、シェフィールドは高雄と戦闘を開始します。
 シェフィールドは増援を前に追い込まれ、エディンバラはボートで特攻して爆発させてきました。
 綾波はみんなのために戦うことを誓いますが、なぜかラフィーのことが頭から離れないのでした。

【感想等】
 日本の戦艦(を擬人化した女性)がたくさん出てくると艦これと時々ごっちゃになりそうになります。
 瑞鶴、翔鶴というお名前でドラクエ6のボスキャラが何度か頭に浮かびますが……
 次から次へとキャラが出てきて誰が誰だかわからないのは私だけではないはず。

 共通の敵を前にいがみ合うよりも手を組む方がいいと思うのですが、しばらくは衝突が続くのでしょうか。
 赤城さんとセイレーンとの密会は彼女の独断なのかわかりませんが、明石さんが助かったのはよかったです。
 あの黒いキューブが何を意味するのかはこれから見ていく中で考えていこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】アズールレーン 第3話「【優雅】或いはヒトのように」

 アズレンアニメの3話を見て感想を書かせていただきます。
 1話、2話と激しい戦いが続きましたが、今回は戦闘から少し離れるようです。
 「どんなときも余裕を持って優雅たれ」とどこかのマスターは言っていましたが……

【内容】
 エンタープライズは姉であるヨークランドを見舞い……というのは夢だったようです。
 メイドのベルファストがエンタープライズを起こしたかと思えば、いきなりベルファストとオイゲンとの戦闘になっていました。
 次々とロイヤルの戦艦がやって来たのを見てオイゲンは退散するしかありませんでした。

 倒れたエンタープライズがベルファストに助けられましたが、エンタープライズはすぐに起き上がってきました。
 エンタープライズはカロリーメイトっぽいものだけで十分だと言って出て行き、ラフィー達は何か考え事をしているようです。
 イラストリアスはエンタープライズを心配していましたが、ユニオンの問題に口を挟むことはないと言われます。

 エリザベスはエンタープライズがどんな船か見定めると言い、場面が変わってホーネットはセクハラにいそしみます。
 ヴェスタルはエンタープライズが無茶をしていることをとがめ、ユニコーンがエンタープライズのところにやってきました。
 よくわからないうちにビーチバレーをすることになっていて、ドタバタの喧嘩は声だけで終わってしまいました。

 ユニコーンはちゃんとお礼を言いたいと言ってきますが、エンタープライズは責務を果たしただけだとひと言。
 他の皆さんは海で楽しそうに遊んでいましたが、エンタープライズは「海は戦場だ」と言ってきます。
 いきなり嵐がやってきてみんなが急いで城(?)に戻る一方、エンタープライズはずっと雨に打たれていました。

 ベルファストは「いつまであのような戦いを続けるつもりですか」と聞いてきて、このままでは戦う意味を見失うと警鐘を鳴らします。
 救助信号が出たので海に出たもののエンタープライズの過労(負傷?)が心配になってきます。
 2人の中国風の少女を発見しますが、お姉さんの方は怪我をしてしまい、エンタープライズは姉妹の姿に自分の姉を重ねます。

 負傷したエンタープライズは敵の攻撃を受け止めきれず、危ないところをベルファストに助けられます。
 「あなた、お人好しなんですね」と言ってきたベルファストは姉妹を助け、エンタープライズに興味を持ったと言ってきます。
 淑女としての矜持を教えると言ってくるベルファストにどう突っ込めばいいのかわかりません。

【感想等】
 CV堀江さんのメイドさんというと「ゼロの使い魔」のシエスタさんが頭に浮かびました。
 相変わらずキャラクターが多すぎて誰が誰だかよくわかっていませんが……
 最近は冠さん……もといラフィーさんだけはわかってきたような気がします。

 お茶会は楽しそうなのはいいとしてもエンタープライズさんがお叱りを受けるシーンは心が痛みます。
 冬が近づいている時期に水着や海水浴を見ると少し違和感を覚えてしまいます。
 ベルファストさんとの関わりが生じたことでエンタープライズさんの心を癒す……のでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】アズールレーン 第2話「【激戦】鼓動の波、鋼鉄の翼」

 アズールレーンの2話を見て感想を書かせていただきます。
 セイレーンという敵以前に2つの陣営が対立を続けていますが……
 目的が同じならどこかで手を組むことになると思われます。

【内容】
 人の形をした「兵器」である彼女達はレンタルキューブを元に作られるそうです。
 その力で人類は海を取り戻したものの、レッドアクシズとアズールレーンの2つに別れてしまいました。
 セイレーンという共通の敵を前にしても、人間の「戦う」という本能は結局は変わらないようです。

 レッドアクシズとの戦いが終わり、重桜が敵に回る可能性は想定されていました。
 エンタープライズは強いものの危ういらしく「強く張り詰めた弓は簡単に切れてしまう」と気になる言葉が出てきます。
 ラフィーはお腹がすいたと言って倒れてしまい、飲まないとやってられないと言って飲んだくれます。

 クリープランドはエンタープライズに休んだ方がいいのではと言いますが、彼女はそれを聞き入れることはないです。
 一方、赤城は加賀の怪我を手当しながら「姉が妹を愛するのは当然」と言ってきました。
 そこにプリンツ・オイゲンがやってきて仲間だと言いつつも、セイレーンを操るのは例の計画の成果なのかと言ってきます。

 赤城はプリンツ・オイゲンの手を借りたいと言い、今回はニーミと綾波が出ていくことになりました。
 綾波はよくわからないという一方、ジャベリンは戦わなければいけないのかなと疑問を抱きます。
 エンタープライズは怪我しているものの最低限の手当はしたらしく、自分達が戦う為に生まれた存在だと言ってきました。

 ラフィーは「友達」をいじめられたら本気になると言い、エンタープライズはその場を返答できませんでした。
 エンタープライズはホーネットのお姉さんだと話をしていたら、瑞鶴と翔鶴がそのホーネット達に攻撃を仕掛けてきました。
 「ホーネットは私の妹だ」と言って向かっていくエンタープライズにクリープランド達も「気持ちはわかる」とついてきます。

 瑞鶴はエンタープライズに攻撃を仕掛けてきて、今度はプリンツ・オイゲンまでもがやってきました。
 ラフィーは総員に撤退を指示する一方で、クイーンエリザベスが戦艦を出してきたようです。
 「眠いからやめる」と言い出すラフィーに突っ込んでいたらエンタープライズは瑞鶴を追い込んでいました。

 エンタープライズに限界が来たと悟った瑞鶴は最後の攻撃を仕掛けます。
 そこに現われた「通りすがりのメイド」とは一体何者なのか、わたし、気になります!

【感想等】
 前回は「鉄血」でオルフェンズと書きましたが、よく考えなくてもドイツの「鉄血」政策の方が正解みたいです。
 昨日ビルドダイバーズを見ていたこともあって、レッド「アクシズ」と言われるとガンダムネタに走ってしまうのはご愛敬でしょうか。
 深夜(早朝)から「飲まないとやってられない」と言われて言葉に詰まったのはここだけの話です。

 赤城さんの物言いの一つ一つが魅惑的でドキドキしてきて、やがきみのように百合に目覚めてきそうな感じがします。
 このお話を見るだけでも姉妹関係が色々と出てきますが、その「姉妹」設定の根拠がいまいちよくわかりません。
 ラフィーさんに「スロウスタート」の冠さんを連想しつつ、エリザベスさんの堂々としたキャラもいいなと思う今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム