【アニメ感想】放課後さいころ倶楽部 第12話(終)「私たちの大好きな場所」

 さいころ倶楽部の最終回(12話)を見て感想を書かせていただきます。
 気がつけば一年が終わろうとし、本作もまた最終回を迎えてしまいました。
 色々な意味でひとり取り残されたかに思える今日この頃です。

【内容】
 美姫は自分の「楽しい」がよくわからず、それゆえに「楽しい」を見つけてくれる仲間を求めていました。
 綾との出会い、翠にアナログゲームを教えてもらい、エミーとボードゲームカフェをしたことを思い出します。
 オープニングの後、1年生の終業式が行われあっという間に一年が過ぎてしまいました。

 美姫はこの1年が楽しかったとつぶやき、エミーはすかさず美姫とスキンシップを取ってきました。
 「出来たらこの楽しい時間がずっと続けばいいのに」とつぶやきますが、文系、理系の区別で別のクラスになるそうです。
 綾は春休みにどこかに行こうと言いますが、エミーは春休みにドイツに帰ると言ってきました。

 エミーはドイツの編集部に自作ゲームを持っていくと言い、うまくいけば自分のゲームを発売できるのだとか。
 翠はコンペの結果を出してきて、社内の何人かは高く評価していたと言いつつも、ジョージは足りない部分があると言ってきます。
 ジョージは実際にアメリカに来いと翠に期待してきて、翠はユーロゲームの方が好きだと言いつつも心が揺らぎます。

 美姫、綾は2人が出会った時のことを思い出しますが、綾は動物がいっぱい住んでいるところに行きたいと言い出します。
 翠、エミー、綾が先を見据えるのに対して、美姫は自分だけがこのままでいたいと思っているのかとショックを受けます。
 エミーに会おうとしたものの彼女は不在であり、生徒会長と蓮がいちゃついているのはスルーします。

 翠もバイト先にはいなくてテンションが落ちる美姫ですが、京子が花(綾の姉)に電話をかけてきました。
 綾は美姫から電話があったことを思い出し、翠は店長から連絡を受け、エミーは美姫が家に来たことを聞かされます。
 美姫は父が買ってくれたぬいぐるみに似ていたからと「ナンジャモンジャ」というゲームを買って眺めていました。

 手札の一枚一枚を見つめて話しかける美姫は、自分が先に進むのが怖いのだと自覚します。
 「もじゃりん」が話しかけて励ましてきたかと思えば、綾、翠、エミーが心配してやってきました。
 美姫はずっと4人でいたいと言って涙を流し、綾は抱きついてきてなんだかいい流れになります。

 流れで「ナンジャモンジャ」をすることになり、不思議なキャラに名前を付けていきます。
 綾は部活を作ろうといい、美姫は「放課後さいころ倶楽部」と言ってタイトルを回収してきました。
 美姫は趣味を共有する仲間を手に入れて満面の笑みを浮かべるのでした。

【感想等】
 ラストは翠さんのゲームをジョージさんに遊ばせるのだとばかり思っていました。
 最終回でも普通にオープニングが流れるのはまだまだお話が続くかのように思えてきます。
 そういえばタイムシフト予約した一挙放送をまだ見ていなかったような……

 進路でクラス分けという現実的なところから、更に先を見据える翠さんやエミーさんに置いて行かれてしまいました。
 綾さんはけものが好きなら某レスラーのようにペットショップをするという選択肢もあるように思えます。
 美姫さんが手札(?)に話しかけるところがなんだか他人とは思えませんが、誰かが来るか来ないかが彼女との違いでした。

 最後はゲームで遊んでうまくまとめ、しっかりタイトルも回収できたので言うことはありません。
 公式サイトに既刊15巻と書かれていたので2期をやるストックは十分にあると思いますが……
 身の回りのものに名前を付けていたらそのうち2期放送されるのではと淡い希望を抱く今日この頃です。

【アニメ感想】放課後さいころ倶楽部 第11話「みんなのゲーム」

 さいころ倶楽部の11話を見て感想を書かせていただきます。
 最終回を目前にしてもう一度翠さんのメイン回がやってきました。
 原点に立ち返るのが大事なのはリアルもアニメも同じようです。

【内容】
 店長は「嫌みな人」ことジョージ・ベレスフォードのコンペの話を聞かされます。
 オープニングの後、翠はコンペに応募することを決意しますが……
 翠は美姫、綾、エミーの3人に「バージョン2」のテストプレイを依頼してきました。

 前回に比べると戦略の幅が広がり、前に遊んだときよりも面白くなったとのこと。
 店長は「大した進歩だ」と言いつつもこれではコンペでは通用しないと言ってきました。
 翠はジョージのことを強く意識しますが、エミーはやりたいことを全てやればいいとひと言。

 そもそも、どうしてこのゲームを作ろうと思ったのか……と4年前のことを思い出す翠さん。
 父の経営する家具メーカーのショールームを見るのがお気に入りだったそうです。
 「坂本」という人物のアドバイスを受けつつも自分のコーディネートを探っていくと意外と高いことに驚きます。

 いつか自分の好きな家具を自分の好きに置けたらという思いが今のゲームに繋がったようです。
 授業で熟睡して色々と心配されながらも自分も生きがいを見つけたと言ってきます。
 翠は3日も風邪で学校を休んだらしいですが、復活して早々に綾に抱きつかれてしまいます。

 「先客」がいたら買い物が出来ないという要素が入ってきて、買い物に戦略性が生まれてきました。
 エミーと翠が意気投合したり、綾が引っ越したばかりのことを思い出したりします。
 翠はみんなが自分のゲームで考えてくれたことにそこはかとない感動を覚えていました。

 「一緒に遊んでくれる人がいたから前に進むことが出来た」と翠さん。
 エミーは翠の夢が自分の先にあると言ってきますが……
 美姫は嬉しいのに寂しいような不思議な感覚を覚えるのでした。

【感想等】
 殺伐としたご時世の中、本作のようなほっこりした気持ちになれる作品は貴重だと改めて思います。
 前回の着飾ってパーティーに出るお話も、今回の家具を買いそろえるゲームも楽しそうです。
 ゲームの中でも自分のほしいものを追求していけたら、自分なりに輝いていけるのかもしれません。

 翠さんのさりげないお嬢様設定には驚きましたが、4年前の髪が長い時の方が個人的に好きかも。
 彼女とエミーさんだけでなく「ぼく勉」の理珠さんもかなり気が合うのではないかと思ったりします。
 話数的にもうそろそろ終わりそうですが、最後はジョージさんをぎゃふんと言わせて終わりでしょうか。

【アニメ感想】放課後さいころ倶楽部 第10話「ハッピーホーリーナイト」

 さいころ倶楽部の10話を見て感想を書かせていただきます。
 夏休みはおろか文化祭もあっという間に終わり、気づいたらリアルと同じ冬になりました。
 クリスマスパーティーなんて夢のまた夢なのかもしれません。

【内容】
 カメラマンである綾の父・建司が2年ぶりに帰国しますが、帰国早々に猫を激写して突っ込まれます。
 そうかと思ったらすぐに打ち合わせで東京に行ってしまいました。
 エミーはクリスマスパーティにお父さんを呼んだらどうかと言いますが……

 翔太は「パパを紹介する」というメールを見て思わずドキドキしてしまいます。
 父は新幹線の中で弁当を食べたらしく、さらに新しい仕事が入って山にこもると言い出します。
 さすがにぶち切れした綾は家出してしまい、美姫に抱きついてきてしまいます。

 美姫は綾を「さいころ倶楽部」に連れていき、お父さんが迎えに来たのに突っぱねてしまいます。
 店長はここはゲームショップだと言って父と娘、翠、美姫に「ブロックス」というゲームをさせてきました。
 綾はゲームの中でも父を拒絶し、だからママは出ていったんだよと生々しいことを言い出します。

 父は「お前を愛している」と真っ直ぐに言ってきて、綾は父が幼少期に夕焼けを見に連れていってくれたことを思い出します。
 いつしか父と娘は和解して翠、美姫は感動していいムードになり、次の日にはクリスマスパーティが開かれます。
 結局、お父さんはクマを見に行ったようですが、綾は父親と大いに話を出来たのでよかったとのことです。

 女子にドレスを買うというゲームをすることになり、男女のバランスを考えて翠が男性側になることに。
 綾はあまり買ってくれない翔太に「甲斐性なし」と言い出し、エミーは「後でサービスします」と言ってきました。
 男性キャラは自分の男としての器が試されていると言い、女性キャラは素敵な衣装に身を包んできました。

 寒いのが苦手という綾に翔太はクリスマスプレゼントだと言って手袋をくれました。
 綾の笑顔を見た翔太はすっかり赤面し、ゲームで買ってやれなかった分を挽回してきました。
 美姫は龍二に「来年もよろしく」と言い、エミーは翠に「愛してます」と抱きつくのでした。

【感想等】
 綾さんのお父さんはワイルドな感じでカメラマンというよりも軍人っぽく見えてしまいます。
 不安定な仕事だとせっかく来た仕事を断るわけにもいかなかったのかもしれません。
 公立高校は学費が無償されたとはいえ、大学生のお姉さんにはお金もかかりそうですし……

 お父さんが好きだからこそ怒っている綾さんですが、拒絶されたお父さんを見るとちょっとかわいそうになります。
 ゲームを通じて父と娘が和解したり、ドレスアップして綺麗になったりとすごく楽しそうです。
 エミーさん達のように綺麗な衣装に身を包んでみたいと思いつつ、残りのお話もちゃんと見ていきたいです。

【アニメ感想】放課後さいころ倶楽部 第9話「ダルマサンガコロンダ」

 さいころさんの9話を見て感想を書かせていただきます。
 文化祭を通じてエミーリアさんことエミーさんとはずいぶんと仲良くなったようです。
 「だるまさんがころんだ」もボードゲームの範疇なのでしょうか。

【内容】
 学園祭が終わると中間試験……もあっさり終わってゲームが解禁されます。
 エミーは日本人の祖母から日本語を習っているそうです。
 京都は碁盤のような配置で道を覚えやすいはずですが、エミーは想像以上の方向音痴でした。

 オープニングの後、エミーは日本のゲームショップに目を輝かせます。
 エルフィンランドはドイツでよくやったというのでその場で遊んでみることにしました。
 ゲームはエルフやトロルが住んでいるような世界を旅していくという設定なのだとか。

 エミーはゲームの中では方向音痴ではないらしく、現地でのやりとりのことを思い出して涙を流します。
 このゲームはドイツで最後に遊んだゲームで、一番仲がよかったアンナとの約束を守れなかったとのこと。
 「いっしょにゲームを作ろう」という夢を聞いた時、同じ夢を持つ翠はすさまじい目つきをしてきました。

 翠はベッドに潜って、エミーのゲームが面白かったら……と思うとなんだか怖くなってきました。
 次の日は「だるまさんがころんだ」をすることになりますが、ドイツにも似たような遊びがあるそうです。
 実際に遊んでみて、エミーは「この遊びはどうやったら終わりなのですか」と聞いてきました。

 ルールを変更すれば面白くなるというのでポイント制にしてみたら楽しくなってきました。
 アレックス・ランドルフは全てのゲームは進化の連続だと言ってきたそうですが……
 同じ夢を持つ者として、最終的にはすっかり意気投合する翠とエミーなのでした。

【感想等】
 テストであたふた……かと思いきや誰も赤点は取らなかったようで何よりでした。
 「だるまさんがころんだ」というタイトルですが、それだけに留まらないサービス精神が素敵です。
 ゲームの世界ではいつでも異世界転生出来ると思うとすごく素敵だなと思います。

 さりげなく翠さんの部屋が出てきますが、実はけっこうなお嬢様設定なのでしょうか。
 「だるまさんがころんだ」はボードゲームではなさそうですが、同じようなものが外国にもあるとは驚きでした。
 ゲームを通じて友情を深めるのに、洋の東西も関係ないのだと思うとなんだか嬉しいです。 
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】放課後さいころ倶楽部 第8話「4人目の友だち」

 さいころ倶楽部の8話を見て感想を書かせていただきます。
 以前からちょくちょく出てきたエミーリアさんとは文化祭で合流を果たします。
 喫茶店ではメイド服を着るのはもう常識なのでしょうか。

【内容】
 学園祭まで一週間というところで学校の近くにボードゲームカフェが出来たそうです。
 美姫、綾、翠はエミーリアが眠っているのを発見しますが、エミーリアは美姫達を知っているようです。
 エミーリアは美姫達がボードゲームの話をしているのを一度見たらしいのですが……

 「本場」ドイツ出身のエミーリアは父親の店を手伝っているそうです。
 美姫達はエミーリアと一緒にゲームをやろうと言い、エミーリアは感激して涙を流します。
 エミーリアの母親はアイルランド人でペンダントはその母親からもらったらしいです。

 ゲームの説明をしていくエミーリアは「可愛い女の子とゲーム出来て幸せ」と言ってきます。
 翠は綾とエミーリアが近いのではないかと考え、エミーリアは自分に勝った翠の手をつかんできました。
 美姫は学園祭のカフェも盛り上がればいいと言い、実はエミーリアも同じ学校なのだとか。

 学園祭当日、蓮はボードゲームカフェを旧校舎の2階という不利な場所にあてがってきます。
 そこにエミーリアがやってきていい手があると言ってきますが……
 翔太、龍二はメイド服を着た綾に驚き、美少女転校生を拡散したおかげで盛況なのだとか。

 綾は人手が足りないからと翔太にゲームの説明をさせますが、そのリア充ぶりに怨恨が渦巻きます。
 蓮は思惑が外れて不機嫌になり、美姫は蓮や会長、龍二を同時に相手することになりました。
 「ドブル」というフランスのゲームは共通のシンボルを見つけて遊ぶゲームだと説明が続きますが……

 龍二は剣道で培った反射神経を発揮しつつも、にっこり瓜と言って大爆笑されます。
 ボードゲームカフェは大盛況のうちに終わり、美姫はまた一つの成長を感じるのでした。 

【感想等】
 自身の経験を踏まえると文化祭の活気は若さゆえの特権なのかなと思ったりします。
 「ライフルイズビューティフル」の裕子先生が高校1年にタイムリープしたいという気持ちも分かってくるかも。
 エミーリアさんの雰囲気が「きんモザ」のカレンさんに近いと思うのは私だけでしょうか。

 前半はエミーリアさんの登場、後半のメイドカフェ(?)のお話も面白かったです。
 綾さんと翔太さん、美姫さんと龍二さんがくっつくなら翠さんは店長さんとくっつく……というのは冗談です。
 エミーリアさんがどんなふうに世界を広げてくれるのか、しっかりと応援していきたいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム