【アニメ感想】放課後さいころ倶楽部 第6話「ひよっこデザイナー誕生!」

 さいころさんの6話を見て感想を書かせていただきます。
 前回は美姫さんのメイン回であり、水着回でもあり、観光回でもありました。
 今度は翠さんがメインのお話になるみたいですが……

【内容】
 エミーリアは父親を打ち負かしつつ、日本にもゲーム好きの女子高生がいると言って喜びます。
 店長は「沖縄以来」の付き合いというジョージと話をしていましたが……
 ジョージは「ボードゲームは日本では売れない」「日本はまだまだボードゲーム後進国」と断言します。

 店長は日本のボードゲームはこれからだと言い、マーケットもデザイナーもこれからだと言ってきます。
 美姫達は京都に戻ってきたかと思えば、翠はオリジナルゲームを作っているそうです。
 翠は中途半端なものを人に見せたくないと言い、店長にテストプレイをしてもらいますが……

 ジョージがやってきて翠のゲームを見てきましたが、このジョージは有名なゲームデザイナーなのだとか。
 日本に翠のような子がいるとは思わなかったと言いつつも、デザイナーならプレイさせたくてたまらないのだと言ってきます。
 翠はゲームが未完成だと反論しますが、ジョージは永遠に完成することはないと断言します。

 ジョージのひと言に腹を立てた翠は美姫、綾に自分のゲームを試してほしいと言ってきました。
 バイトをして家具を買ってワンルームを作るゲームらしいです。
 翠は「ゲームは作家の才能が作る」と主張し、実際にゲームをプレイしてもらいますが……

 本当のことを言ってほしいと訴える翠に、美姫は何かが足りない、流れが単調と言ってきました。
 美姫、綾は家具を交換してみたらどうかと盛り上がり、翠は2人の的を射た指摘にジョージの言葉を思い出します。
 ジョージは「批判を恐れていてはデザイナーにはならない」「高すぎるプライドは成長の妨げ」と断言します。

 翠はみんなを笑顔にするゲームを作ってみせると啖呵を切ります。
 ジョージは「生まれたばかりのひよっこデザイナー」に乾杯してお話を締めくくるのでした。

【感想等】
 前回はさすがに出てこなかったエミーリアさんですが、彼女が同じ学校に転校してくる日も近そうです。
 アナログにしてもデジタルにしても一つのゲームを作る労力はすごいと思います。
 RPGツクールですら最後まで完成させたことがない私からすればここまでやってのける翠さんが驚きです。

 ジョージさんの第一印象はあまりよくないですが、あえてきついことを言うのも愛情でしょうか。
 批判を恐れては……という言葉は表現に携わる者としては頭にたたき込んでおきたいです。
 次回はまだエミーリアさんが転校しないようですが、再登場した京子さんがどう動くのでしょうか。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】放課後さいころ倶楽部 第5話「キミに伝えるメッセージ」

 さいころさんの5話を見て感想を書かせていただきます。
 一学期が終わって夏休みになり、遠出することになったようですが……
 外人の転校生は2学期までお預けなのでしょうか。

【内容】
 綾は京都の夏が暑いからと「海」に行くと言いますが、京都の海は遠いとのこと。
 美姫の提案でおばさんが旅館をやっているから旅行に行くことになりますが……
 オープニングを終えるといきなり金沢(石川県の方)に移動し、泳ぐはずが周辺の観光にシフトします。

 おばさんの旅館で夕食を取りますが、海が近いからかお刺身は美味しかったようです。
 翠はやけに現地が気に入ったようですが、能登の宇出津(現・能登町)に伝わっているという「ごいた」に着目します。
 美姫、翠、綾におばさんを加えてゲームすることになり、美姫は小さな頃にやったことがあるそうです。

 ごいたに似たゲームは各地に存在したようですが、賭け事の対象になって取り締まられてしまったようです。
 美姫は翠に出会わなければゲームとも出会えなかったと言い、これからもいっぱい遊ぼうと言って眠ってしまいました。
 後半では水着回……のはずが突然雨が降ってきて綾は思いきり泣き出してしまいます。

 駄々をこねる男の子を加えた4人でごいたをすることになり、改めてルールの説明をしていきます。
 美姫は実際にゲームをする中で昔のことを思い出し、男の子がちゃんとルールを覚えてくれたことに笑顔を見せます。
 気づいたら雨があがり、おばさんはすっかり変わった美姫を見てスマホで写真を送るのでした。

【感想等】
 前回のラストで外人さんが出たので、今回は彼女が転校してくるとばかり思っていました。
 京都の海は遠いといってもどう見ても他県の方が遠いと思いますが……
 金沢の旅館というと「花咲くいろは」を思い出す視聴者は少なくない……かも。

 花いろみたいにおばあちゃんにビンタされたり「○ね」と言われなくて安心しました。
 ノルマのボードゲームも視聴者サービスもやり、なおかつ観光案内までやってしまうのは素敵だと思います。
 次回は転校生登場……ではなく新たな試練が襲いかかるようですが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】放課後さいころ倶楽部 第4話「ミドリの夢」

 さいころさんの4話を見て感想を書かせていただきます。
 過去のトラウマを思い出したものの、美姫さんの孤独も癒されたようで何よりでした。
 そして、今回はサブタイトルが示すとおり翠さんが中心になるようですが……

【内容】
 楽しい時間を共有する仲間が出来て時間が過ぎ、あっという間に1学期が終わります。
 翠は生徒会副会長の蓮(中学の先輩)の頼みを「バイトがある」とあっさり断ってきました。
 オープニングの後、蓮は文化祭に斬新でインパクトがあるアイデアを出せと言ってきます。

 生徒会長は怪我で入院中で、蓮はその代わりに最高の文化祭にすると意気込んでいました。
 最初は生徒会長のお調子者なキャラに反発していたものの、彼に「肩の力を抜け」と言われて胸キュンします。
 翠は生徒会に入らないと言っていたら蓮が出てきて文化祭の準備を手伝ってくれと言ってきます。

 蓮はお金かせぎより今しか出来ないことをしようと訴えますが、翠は夢のためにバイトしていると言ってきます。
 ゲームを作りたい、ボードゲーム作家になりたいと訴える翠さん。
 蓮はボードゲームを「時代遅れ」と言って、翠よりも先に美姫や綾が反発してきます。

 翠しか後継者がいないと考えて座り込む蓮に対し、翠は「ニムト」というゲームで勝負しようと言ってきます。
 まずはルールの説明がはじまり、蓮は翠の目を覚まさせてやると意気込みますが……
 蓮はゲームの面白さにはまりながらも疑問を残し、翠はゲームが人々を笑顔にしてきたと主張します。

 涙目になった蓮は諦めていないと去っていき、翠は彼女がむしろ火がついたのではないかと考えます。
 入れ替わりで店長が出てきたかと思えば、幼少期に兄に連れられて店にやってきたことを思い出します。
 ドイツでは「ゲーム作家」という職業が定着し、会社の商品というよりも「作品」になったそうです。

 夢について力説する翠に思いきり賛同する美姫と綾の2人。
 そんな彼女達を見つめる金髪の女性(エミーリア)は一体何者なのでしょうか。

【感想等】
 リトバスで「美鳥」さんが出るので、たまに変換ミスをやらかすのはご愛敬でしょうか。
 翠さんのメイン回ながらも蓮さんの一生懸命なキャラクターの印象が強いです。
 本作の生徒会は他の作品のような権力がないようですが、むしろそれが普通のような気がします。

 ボードゲームを時代遅れと言われたことを根に持ってか、翠さんがいつになく容赦ない感じがしました。
 彼女が生徒会に入ったら「やがきみ」になってしまったのかもしれませんが……
 最後の最後に出てきたエミーリアさんは近いうちに転校してくる流れではないかと思います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】放課後さいころ倶楽部 第3話「ひとりとちゃうから」

 さいころ倶楽部の3話を見て感想を書かせていただきます。
 初回は強面の店長さんが、2話はクラスメイトの男子が一緒に遊んでくれましたが……
 今回はどんなゲームで遊ぶのか、わたし、気になります!

【内容】
 美姫は幼少期、ぬいぐるみを取られた上にすっころばされた夢を見ます。
 「誰かに傷つけられるくらいなら一人の方がいい」とずっと生きてきたそうですが……
 私は小学生やないと自分に言い聞かせる美姫ですが、境内で女性が倒れているのを発見します。

 女性は境内の下に自分の猫がいると言い、美姫は猫じゃらしで猫を引っ張り出します。
 にゃんこは相当の人見知りらしく、美姫はその気持ちがわかるとひと言。
 女性は猫を病院に連れていくと言い、美姫は待ち合わせ場所で綾や翠とおちあいます。

 綾の家にやってきて姉を待っていたら、現われたのは先ほどの女性でした。
 お姉さんは綾の実姉の「花」でその友達の不良っぽい子は「牧 京子」という人物でした。
 元々、京子は花を助けてくれたらしく、京子と美姫はどこかで出会ったことがあるそうです。

 「インカの黄金」というゲームはプレイヤーが探検家になって一番多くの宝石をゲットすると勝ちなのだとか。
 やまふだのうち半分は「障害カード」で同じカードが2枚でると遺跡から逃げるしかなくなるそうです。
 京子は「これはチキンレースや」と言い、得点にするには引き返すか突き進むかしかないのだとか……

 ゲームをしていたかと思ったら、京子は美姫がいじめを受けてきたということを見抜いてきます。
 綾や翠は美姫をいじめさせないと言いますが、京子はこの手のゲームで負けたことがないのだとか。
 気づいたら綾、翠がリタイヤして美姫と京子の2人きりの勝負になっていました。

 「今が引き時や」と言ってくる京子ですが、美姫は膝の下に猫がいて励まされます。
 障害カードが一枚でも出たらアウトでしたが、宝石のカードを引き当ててきて「一人じゃない」と結論づけます。
 中学時代の「狂犬」の京子が美姫のぬいぐるみを取り戻してくれたことに気づくのでした。

【感想等】
 「誰かに傷つけられるくらいなら一人の方がいい」というのはまんざら間違いではないかも。
 みんなでゲームをするという本作のコンセプトには反してしまいますが……
 おっとりしたお姉さんがいい人っぽいと思っていたら、綾さんのお姉さんなのはちょっと驚きました。

 京子さんがお姉さんを助けたという話題から、彼女が幼少期に助けてくれたと容易にわかりました。
 美姫さんが最後の最後まで勝負して勝ったところはちょっと感動しましたが……
 1話で出たっきりずっと出てこない店長さんの再登場があるのか、次回もしっかり見ていこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】放課後さいころ倶楽部 第2話「これはゴキブリです!」

 さいころ倶楽部の2話を見て感想を書かせていただきます。
 ボードゲームのアニメのはずが2話からすごく嫌な単語が出ているのが気になります。
 女子中心のお話ながらも一応男子生徒も活躍するようですが……

【内容】
 いつもどおり登校する美姫に綾が声をかけ、翠にも馴れ馴れしく声をかけてきます。
 3人は名前で呼び合う仲になり、翠は美姫の頭をなでて喜びを感じているようですが……
 綾は何か今できるゲームはないかと言い、翠は放課後まで我慢しろと言ってきます。

 翔太は入学式のときに話しかけられてから綾にご執心らしく、なんとしても仲良くなりたいと考えます。
 授業中はまるで話すことができず、放課後に綾、美姫が2人きりになところを話しかけようとします。
 なんでも翠と翔太は幼稚園の時からの腐れ縁らしいのですが……

 綾は一緒にゲームしないかと言い、翔太は自分もゲームが大好きだと言ってきます。
 翠はカードゲームを色々出してきて解説をはじめ、選んできたのはごきぶりポーカーでした。
 嫌われもののカードを押しつけ合うブラフゲーム(相手をだますゲーム)らしいです。

 ざっとルールの説明が終わりますが、実際にゲームをやって理解することに。
 綾がうまくいかなくて翔太は心象が悪くなったと心配し、そもそも綾が人をだますことが想像出来ません。
 翔太は美姫にしかけてきたもののあっさりと嘘を見抜いてきました。

 ゲームを熟知している翠は強敵で、美姫は相性がいいらしくほとんどあててきました。
 翔太は綾が人をだますことができない天使だと考えますが……
 綾は結局負けてしまって泣き出し、忘れ物をしたというのは嘘ではないかと迫ってきます。

 翔太は「勘が鋭い」という綾に好きなことを見抜かれたのではと推測します。
 その綾は幼なじみの緑が好きなのではないかと言ってきて、肩すかしをされた翔太は「女の勘も鈍いやん!」と叫びます。
 綾は仲を取り持とうとまた翔太とゲームをしようと提案し、美姫は誰かと一緒に帰ることに喜びを感じるのでした。

【感想等】
 アナログゲームのおかげで友達ができるだけでなく、さらには彼氏もできる……のでしょうか。
 翠さんと翔太さんが幼なじみなのに名前で呼び合わないのが残念かも。
 綾さんのキャラと「キルラキル」のマコさんが重なるものの中の人はさすがに違うようです。

 明るい綾さんのキャラクターが可愛いですし、カードで口元を隠している仕草も好きです。
 翔太さんが慌てふためいたり、心象を取るか勝負を取るかと悩むところも、中々に興味深いです。
 ゲームも恋愛も先に進むことを信じながら色々と見ていけたらいいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム