【アニメ感想】慎重勇者 第5話「この女神が不気味すぎる」

 慎重勇者の5話を見て感想を書かせていただきます。
 マッシュさんとエルルさんは一応仲間になったようですが……
 聖哉さんはやはりまたいじめ修行にいそしむのでしょうか。

【内容】
 救助されたマッシュはようやく意識を取り戻し、聖哉は「荷物持ちだ」と言ってきます。
 マッシュはレベルが違いすぎると言って土下座して弟子にしてくれと訴えます。
 「竜の洞窟」の情報を得た聖哉ですが、まずやることがあると言って神界に赴きます。

 セルセウスはトラウマのあまり剣をやめてしまい、聖哉の舎弟になってしまったようです。
 ケーキを作ったと言いますがあっさりと拒絶され、剣を突きつけられて震えてしまいました。
 聖哉は自分ではなくマッシュを修行させると言い、セルセウスは急に強気になってきました。

 マッシュがセルセウスと修行する一方で、エルルは火の女神の修行で火の魔法を使うそうです。
 聖哉は改めて自分の修行相手を捜し求め、リスタルテは破壊の女神ヴァルキュレに絡まれてしまいました。
 「乳だけはなかなかのものだ」とセクハラされ、聖哉は「お前はいじめられっ子なのか」とひと言。

 聖哉はセルセウスと修行すると言いますが、そこにアリアが出てきて争いを治めてきました。
 軍神アデネラを紹介された聖哉は「気持ち悪い」と一蹴しますが、その素早い動きを見て態度を一変させます。
 アデネラはかつてのセルセウスと同様にだんだん壊されていきます。

 聖哉はマッシュに戦闘のノウハウを教え、マッシュは彼の「全てを疑え」という言葉に感銘を受けます。
 マッシュはセルセウスとの特訓でレベルが上がる一方で、エルルはあまりレベルが上がっていませんでした。
 火炎魔法のセンスがないと言われてしまったエルルはどうなってしまうのでしょうか。

 アデネラは急におしゃれをして聖哉の仲間になりたいとケーキまで持ってきました。
 聖哉は「まずい、要らん」と一蹴し、アデネラは急に発狂してしまってもあっさりスルーします。
 彼はオートマティックフェニックスなる技を会得して戦闘するまでもありませんでした。

 聖哉のステータスは明らかに偽装されていて、無理矢理見ようとしたら目を潰されそうになります。
 村ではドワーフが暮らしていて、洞窟は入ってすぐに行き止まりだと言ってくる一方、聖哉はたいまつを500本買おうとします。
 封印の扉を見つけた聖哉は連撃剣という「ごり押し」であっさりと封印を解除してきました。

 声がして勇者を竜の里に案内して「イグザシオン」を与えると言いますが、聖哉はまずトカゲを転送して確認します。
 竜の里では「ラゴス」という竜人が王の元に案内すると言い、人間がたどり着くにはワープしなくてはダメみたいです。
 王のリヴァイエが出てきて竜変化のコツを教えると言いますが、聖哉は「これでもっと荷物が運べる」と一蹴します。

 リヴァイエによると竜変化を極めていくと「神竜」へと変身することが出来るのだとか。
 一方、エルルの命を捧げることでイグザシオンを作ると言われますが……

【感想等】
 花子さんの土下座に続いてここでも土下座……異世界は土下座ブームなのでしょうか。
 修行パートとだけ聞くと少年誌っぽく思えますが、セルセウスさんのキャラ崩壊は笑いました。
 そういえば聖闘士「星矢」Ωにも「アリア」が出てくるのはただの偶然でしょうか。

 アデネラさんを見て食撃のソーマの貞塚ナオさんや「わたもて」のもこっちを連想したのは私だけではないかも。
 聖哉さんが「要らん」と言ったところはもやもやしましたが、彼がこの報いを受ける日が来るのでしょうか。
 神竜がいれば(星矢ではない)オメガがいるのかはわかりませんが、エルルさんが救われる結末になることを切に願います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】慎重勇者 第4話「仲間なんて超いらなすぎる」

 慎重勇者の4話を見て感想を書かせていただきます。
 せっかく加わった仲間も、聖哉さんにとってはただのお荷物なのでしょうか。
 マッシュというとFF6の筋肉だるまさんを思い出す今日この頃です。

【内容】
 マッシュ、エルルという仲間が出てきますが、能力が低いから「足手まといだ」と切り捨てる聖哉さん。
 兵士が尋問にやってきて慌てふためくリスタですが、聖哉は金をいくら出せるのかと言いつつも増援を拒否します。
 マッシュは聖哉に反発して去っていき、エルルもまた彼についていってしまいました。

 聖哉がマッシュ達を拒絶したのは彼らに対する優しさ……なのでしょうか。
 一人でアンデッド退治へと向かう聖哉に憤ったリスタは手を空に捧げて「女神なめんな!」と空を飛びます。
 キスしようとしたもののすさまじいスピードで生乳がはみ出てしまいました。

 聖哉はセルセウスとの修行で身につけた「メテオストライク」でアンデッド軍団を殲滅してしまいます。
 リスタはこれで魔王すら倒せるのではないかと考えますが……
 聖哉は15000のMPが13500になったと言って引き下がり、エルルはマッシュがいなくなったと言い出します。

 合成にはまった聖哉は「女神の髪の毛」を剣に使うことでプラチナソードを手に入れます。
 フードをかぶった男性が勇者に献上したいと「鏡」を持ってきましたが……
 鏡の向こうにはマッシュが捕まっていて、魔王軍四天王の2番手デスマグラが彼を殺すと言い出します。

 マッシュは聖哉に世界を救ってくれと訴え、聖哉は神界への門を開けと言ってきました。
 「荷物運びくらいはしてやるか」と言ったかと思えば、空間を切り裂く刃でデスマグラの片腕を切り落としてきます。
 聖哉はアテナイシスターに門を出せと迫り、敵陣へと乗り込んでいくことになりました。

 出てくるなりに聖哉は炎で敵を攻撃しますが、黒い炎がデスマグラを守っているようです。
 黒い炎にはプラチナソードも通じないらしく、振動波なるマイナースキルがないと倒せないらしいですが……
 聖哉は「俺は驚いたぞ……」と言いつつも「準備は完全に整っている」と氷属性の攻撃で黒い炎を倒します。

 女神の髪の毛から色々なアイテムを作ったという聖哉ですが、リスタははげるのではないかと心配になってきます。
 聖哉は残ったデスマグラを一方的にやっつけ、エンディングではリスタが楽しそうにダンスするのでした。

【感想等】
 1万のアンデッドが攻めてくるはずがあまり危機感を感じないのは私だけではないはず。
 聖哉さんが強すぎて仲間も足手まといになるのは事実かもしれませんが……
 それでも難易度Sという言葉がどうしても頭に残り、一筋縄ではいかなさそうな気がします。

 四天王の2番手が出てきたものの聖哉さんの相手にはならず、残り2人(?)もすぐ終わりそうです。
 聖哉さんの仲間が「ドラゴン」ならばそのうち白鳥やらアンドロメダが仲間になるのでしょうか。
 今のペースだと1クールで魔王まで倒せそうな気がしますが、どこかで大きな波乱が起こりそうな予感がします。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】慎重勇者 第3話「この勇者は身勝手すぎる」

 慎重勇者の3話を見て感想を書かせていただきます。
 四天王の一人を撃破した聖哉さんはますますレベルアップにいそしみます。
 2週間も間が空いていたら十分レベルは上がったと思いますが……

【内容】
 リスタは聖哉が来る日も来る日も筋トレをしていると愚痴をこぼし、友人アリアの巨大な胸と実績に愕然とします。
 アリアは300の世界を救ったものの1つの世界を救えなかったという過去があるようです。
 そこに聖哉がやってきてアリアが声をかけてきますが、聖哉は腕立てや腹筋でレベルが上がらなくなったと言ってきます。

 リスタは実戦でレベルを上げようと言いますが、聖哉はダンベルなどの器具を出してほしいと訴えます。
 アリアは神々と特訓してはどうかと言い、一人で練習している剣神「セルセウス」に声をかけますが……
 セルセウスは「人間ごときに耐えきれるのか」と挑発してきて、聖哉は神をも手玉にとって特訓を開始します。

 初日には「思ったよりも骨があるやつ」と聖哉を評価するセルセウスでしたが、2日目には食事がのどを通らなくなります。
 セルセウスは本当の力を出せれば……と言いますが、3日目にはやせ細り、4日目には聖哉から隠れていました。
 「あの勇者は病気だ」と不眠不休で稽古させられたセルセウスは涙を流しながら「スーパーバーサーカーだ」と言い出します。

 セルセウスは剣を見たくないと号泣しますが、聖哉は容赦なく彼を連れていこうとします。
 イシスターによるとセルセウスは元々人間が転生した神らしく、リスタ達に次の町まで行ってくれと言ってきます。
 セイムルの町には勇者の仲間がいると聞いたリスタはやる気になりますが……

 聖哉は訓練の一環だと言ってセルセウスを一方的に殴りつけ、もう学ぶことはなくなったとひと言。
 セイムルの町にやってきたら聖水を1000個くれと言い「発注しろ」と首を絞めてきました。
 仲間と対面することになった聖哉でしたが、マッシュ、エルルは竜族の末裔という位置づけらしいです。

 聖哉は初対面の神父に聖水をかけてドン引きされますが、神父は四天王デスマグナの部下で不死の力を持つ敵でした。
 神父は即座にバラバラにされますが、明日には1万という不死の軍勢が迫っているそうです。
 聖哉は念入りに準備をすると言って教会を焼き払い、マッシュ達やリスタに聖水をかけて人間かどうかを確認します。

 どれだけ慎重なんだと突っ込みを入れるマッシュ達。
 そして、聖哉はマッシュやエルルを「要らない」と一蹴してしまうのでした。

【感想等】
 突然の放送延期にそこまで慎重になるのかと突っ込んだ視聴者は少なくないはず。
 神様との修行……とそれだけ聞くとドラゴンボールのようにも思えてきますが……
 修行するはずが相手を負かしてしまい、これも1週間休んで特訓してきた成果なのでしょうか。

 神様すら圧倒する今の彼ならもう魔王すら倒せるのではと思いますが……
 イシスターさんのお声がかつての女神アテナだったのは「セイヤ」つながりなのかと思えてきます。
 仲間は速攻で拒絶されてしまいましたが、このまま仲間になっても特訓についていけなさそうです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】慎重勇者 第2話「新米女神には荷が重すぎる」

 慎重勇者の2話を見て感想を書かせていただきます。
 いきなり四天王に襲われた聖哉さん達はどう切り抜けるのでしょうか。
 というよりも彼らには色々な意味で荷が重すぎるような気がしますが……

【内容】
 四天王ケオスマキナに襲われた聖哉はリスタとともに逃げるしかありませんでした。
 なんとか逃げおおせた2人でしたが、すぐに「トレーニングの邪魔だ」と言ってリスタを追い出します。
 敵は現われなければ町を滅ぼすといい、10分に1人ずつ首を切ると言ってきました。

 リスタはすぐに戦うべきと言いますが、聖哉は(時間の流れが違うから)まだ間に合うと言ってトレーニングを続けます。
 このままではニーナの父親が殺されてしまいますが……
 押し花を捨ててしまう聖哉にリスタはぶち切れしますが、聖哉は完璧にレベルを上げてきました。

 聖哉はリスタを殴って遠くの場所に転送しろと言い、妙な雑菌がついたかもしれないとひと言。
 ケオスマキナの前に現われた聖哉は不意打ちを仕掛けてニーナの父親を救出します。
 自分よりもステータスが上だと知ったケオスマキナは変身して数値が跳ね上がってきました。

 ケオスマキナは奥の手を核に持っているらしく、自分を攻撃してその中から新たな体が生えてきました。
 グレーターデーモンは圧倒的な力で攻撃してきますが、聖哉は「フェイク」のスキルで能力を隠していました。
 リスタは目が飛び出しそうになりながらも聖哉のステータスを見るとレベルも増えていました。

 聖哉はあっさりとグレーターデーモンを滅ぼし、リスタには「お前は女神だから守る必要はない」と言い放ちます。
 村人はこぞって聖哉達に感謝して歓迎すると言いますが、聖哉は「やることがある」と言ってきました。
 残骸を集めて聖哉は再生する可能性を想定して魔法を連発し、村はたちまち火の海になってしまいました。

 村長は土下座して「町を出て行ってくれ」と言い、リスタは石をぶつけられたそうです。
 それでもニーナの父は村の態度を謝罪し、聖哉はありったけをよこせと言ってきました。
 ニーナは勇者は「病気」だけどいい人と言い、リスタは病気でもいい人じゃないと結論づけるのでした。

 聖哉はもっと強い敵を想定してトレーニングをすると言い出します。
 目の前の女神を薬草と同等と暴言を吐きつつ、さらなるトレーニングにはげむ聖哉なのでした。

【感想等】
 慎重すぎる勇者と突っ込み体質の女神……なかなか面白い組み合わせだと思います。
 初回がギャグ調だったのが四天王の登場とともに一気にシリアスになりました。
 前回は突っ込みに終始していたリスタさんが「どんなに能力が高くても最低」と訴えるところは素敵でした。

 2話から四天王との戦いが始まるのは想定外でしたが、敵の相次ぐパワーアップも想定外でした。
 慎重に慎重を期す戦い方はゲームのプレイなら合理的だと思いますが、アニメではそれも一つのギャグになるのかも。
 四天王の1人を倒して序章終了という感じだと思いますが、この調子なら1期で全員倒してしまうかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】慎重勇者 第1話「この勇者が傲慢すぎる」

 慎重勇者の1話を見て感想を書かせていただきます。
 秋の深夜アニメは1つめも2つめも異世界ものが続いていますが……
 多くの人にとって現実がうまくいかない証左なのでしょうか。

【内容】
 救世難度Sの任務に選ばれた女神リスタルテはこれまでに5回勇者を召喚して世界を救ったとのこと。
 難易度Sは上級の女神ですら尻込みする任務であり、異世界ものを受け入れられやすい日本から若者を召喚することに。
 とんでもないスペックの「聖哉」に目をつけたリスタルテは喜びますが……

 聖哉は目の前の女神を「珍妙な者」と言い、お前がその世界を救えばいいと言い出します。
 リスタルテは人間の世界を救うのは人間だと言い、選挙権も拒否権もないと言ってきますが……
 「ステータス」と言えと言われた聖哉は「プロパティ」と言って何かを理解したようです。

 リスタルテは異界の門を開きますが聖哉は「いきなり危険な異世界なんて行けるか」と即答します。
 聖哉は「こちらにも条件がある」と言って六つに割れた腹筋を見せて入念な準備をすると言ってきます。
 気がついたら彼の性格には「あり得ないくらい慎重」というひと言が書き加えられていました。

 リスタルテは同僚の女神アリアドアに愚痴をこぼしますが、トレーニングの面倒を見ては銅貨と言われます。
 部屋を整えるようにと言われたリスタルテはシックスパックに見とれながらもおにぎりを出してきます。
 聖哉は「お前が先に食え」と言って毒が入っていないことを確認し、リスタルテはベッドやシャワーなどを準備します。

 1週間が経過して呼び出しを受けたリスタルテは鼻血を出しつつも、聖哉は筋トレだけでレベルが上がっていました。
 リスタルテは聖哉をエドナの町へ連れていき、女神の力で普通の服に見せかけていると説明します。
 聖哉は村の人が魔物や凶悪犯罪者に化けていると言い、ニーナという女の子が聖哉にじゃれついてきました。

 リスタルテがお金を渡したら聖哉は鎧を3つ買うと言い、怒ったリスタルテは自分で鎧と武器を買い与えます。
 聖哉は煙幕と薬草、毒消し草を大量に買い込みますが、ニーナは近くはスライムしかいないと言ってきました。
 お守りをもらった聖哉は呪われたアイテムではないかと言いそうになりますが……

 スライムを見た聖哉はゲームをしたことがなく、必殺技ですさまじい爆発を巻き起こします。
 難度も炎を放った聖哉は周囲を焦土にし、リスタルテはやりすぎだ、もっと自分を信じろと突っ込みを入れます。
 そこに魔王軍直属四天王の1人を名乗るケオス・マギナが出てきて驚かないわけがありません。

 ケオス・マギナは序盤で出会う敵のステータスではなく、聖哉は一目散に逃げていきます。
 リスタルテはどうして女神を置いて逃げるのかとすさまじい形相で追いかけるのでした。

【感想等】
 異世界ものは今季早くも2つ目で、その市場(?)の大きさを感じざるを得ませんでした。
 日本から異世界召喚するお約束について一応説明がなされているのは評価したいです。
 そして「セイヤ」という聖闘士っぽいお名前なのに中の人はゴブリンスレイヤーというオチでした。

 ダメダメな女神様はこのすばを連想させ、立派な筋肉を見たらどこの鳴造さんなのでしょうか。
 リスタルテさんが色々なところに突っ込みを入れるのを見ていると、彼女が本当の主役なのではと思えてきます。
 ゲアブランデがデラ・グラントに聞こえたのは私だけではないと思いつつ、次回からもしっかり見ていきたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム