【アニメ感想】旗揚!けものみち 第7話「初弟子×めんどくさい」

 けものみちの7話を見て感想を書かせていただきます。
 世の中には理不尽なこともありますが、源蔵さん達はお元気なようで何よりです。
 源蔵さんに弟子入りしてくるという「彼女」は一体何者なのでしょうか。

【内容】
 ハンターのセリスという女性が源蔵を尋ねてきました。
 しかし「魔獣殺し」という発言が気に障ったのかいきなりプロレス技の餌食になります。
 自らもプロレス技の餌食になったカーミラはセリスに同情しますが……

 セリスはギルドマスターから「魔獣殺し」の噂を聞いてやって来たそうです。
 彼女は源蔵の弟子になりたいと言いますが、源蔵は「俺は忙しいんだ!」と断ってきました。
 セリスはお礼をすると言ってきますが源蔵の美意識では人間はコボルト以下でした。

 実は、セリスはリザードマンの「先祖返り」でお腹と背中がトカゲのような状態になっていました。
 態度を一変させた源蔵はセリスを弟子にすると言い、厳しい特訓が始まりますが……
 トカゲの肌ではないスクワットは適当に切り上げさせ、腕立てと腹筋をさせることにしました。

 シグレはすさまじい脚力を見せ、花子は虫を食べろと言ってきました。
 カーミラはセクシーポーズをしてみろと言い、その後は普通にプロレスの練習をしました。
 源蔵はセリスに「特盛りセリス」という名前をつけますが、あっさりと拒絶されます。

 セリスはレスラーを目指すわけではなく、ギルドでからかわれたそうです。
 それを聞いた源蔵はどこかの義星の男よろしく「お前らの血は何色だ!?」と激怒します。
 ハンターギルドでは怒れる源蔵がギルドメンバーをプロレス技で叩きのめしてきました。

 不快な言動が多かったからセリスが弟子入りして他のハンターを見直す手はずだったようです。
 セリスは源蔵みたいな立派な人を目指してがんばると言ってきましたが……
 源蔵は「人間、なめられてはいかん」「俺がこいつらを処刑していく」とやたらと物騒なことを言います。

 色々あってセリスとギルドの面々が戦うことになり、クラウスという人物がその様子をうかがいます。
 セリスはカーミラ直伝のセクシーポーズを取って変なことになってしまいました。
 「お前、あんなアホな特訓をしてやがったのか!」と言われますが、スープレックスで返り討ちにします。

 ギルドメンバーと仲直りするかと思いきや、源蔵は「誤ったくらいで和解するなんて許せん!」と憤ります。
 問題は「上半身裸の獣人」に襲われて獲物を奪われたことらしいですが……
 シグレはどう見ても源蔵の仕業ではないかと考えますが、そこにクラウスが出てきて「闘技大会」を持ちかけます。

 クラウスは要はプロレスの「興行」をやりたいらしく、ファイトマネーも払ってくると言ってきました。
 源蔵は自分の筋肉が脈動するのを感じて「レスラーはいかなる挑戦も受ける!」と豪語しますが……
 果たして異世界に「プロレス」という文化は根付くのか、わたし、気になります!

【感想等】
 「セリス」というお名前でFF6が浮かぶ人は少なくない……かも。
 あちらみたいに拷問を受けるのとプロレス技をかけられるのではどちらがましなのでしょうか。
 源蔵さんの態度は彼らしいのである意味安心……でしょうか。

 元気に何でも(?)食べる花子さんがどこか微笑ましく思えてきました。
 やたらと好戦的な源蔵さん……というよりも「のうきん」でもないのに北斗の拳のネタを出してくるとは驚きました。
 セリスさんがいいレスラーになると確信しつつ、残りのお話も見ていきたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】旗揚!けものみち 第6話「ポンコツ×ご主人様」

 けものみちの6話を見て感想を書かせていただきます。
 異世界から魔王を召喚したイオアナさんの目的は一体何なのでしょうか。
 そしてやはり最終回はMAOさんとのプロレス対決になるのでしょうか。

【内容】
 四大公爵家の令嬢イオアナはMAOを「魔王」として異世界に召喚します。
 MAOはケモナーマスクが異世界に召喚されていたことを知って躍起になりますが……
 イオアナは同じ四大公爵家の娘である「花子」に並々ならぬ恨みを抱いているようです。

 かつて、花子に敗北したイオアナは再戦を希望しますが、花子は急にお腹を鳴らします。
 イオアナは何度も吹き飛ばされて「空は青いわ」とひと言。
 どうして負けたのかと考えるうちに「あんな食い気しかない女に負けたのか」と疑問を抱くようになります。

 時間が流れ、カーミラは花子を(国一番のシェフの料理が出るという)パーティへと引っ張っていきます
 イオアナは思わせぶりな態度で話しかけますが、花子は向こうのことを忘れているようです。
 怒ったイオアナは自分の従者ローゼが「エルダー」だと言い、カーミラは「レッサー」にすぎないと言ってきます。

 イオアナは自分の息のかかった部下を送り込もうとしましたが、花子はあっさりと断ってきました。
 流れでローゼとカーミラと戦うことになり、今度こそ私の勝ちだとどや顔をするイオアナですが……
 ローゼはカーミラを一方的に攻撃しますが、カーミラは何度倒れても立ち上がって泣きついてきました。

 涙を流すカーミラに花子は「このまま見捨てるのはしのびない」と言ってこれまでどおり雇用しようとします。
 イオアナは約束を反故にするなら誠意を見せろ(=土下座しろ)と言い、花子はカーミラを救うために土下座してきました。
 土下座を見たイオアナはすっかり満足して帰路につき、再び花子が現われて服を脱いできますが……

 全裸になった花子は敵討ちをすると言って変身し、イオアナに決闘を申し込むと言ってきました。
 イオアナは花子が勇者を倒そうとしているのではないかと考え、自分が勇者を倒すとのたまいます。
 一方、異世界の魔王もといMAOは武器を与えられたものの「反則じゃねえか」と突っ込みます。

 源蔵は土に埋もれているカーミラを見て突っ込みを入れ、花子は再び過去のことを思い出します。
 イオアナと決着をつけた後、当時もカーミラは土に埋もれていましたが……
 そんな花子の様子をうかがう女性は一体誰なのか、わたし、気になります!

【感想等】
 勇者も魔王もプロレスラーという設定はなかなか面白いなと思います。
 かつての「とらドラ!」では文化祭にプロレスを行っていましたが、時代はようやく追いついたのかも。
 数々の魔物を仲間にするドラクエ5の正統進化……というのはさすがに冗談です。

 今回は源蔵さんの出番が少ないせいなのかいつもよりシリアスな内容だったような気がします。
 カーミラさんがしがみついてくるところでドラえもんののび太さんを思い出した人は少なくないかも。
 次回は源蔵さんの活躍を堪能できることを祈って、最後までしっかり見届けていこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】旗揚!けものみち 第5話「ケモナーマスク×MAO」

 けものみちの5話を見て感想を書かせていただきます。
 異世界ライフを満喫する源蔵さんですが、彼のライバルはどうしているのでしょうか。
 同名の声優さんとはもちろん関係ない……はず。

【内容】
 マカデミアンオーガ(MAO)はこれまで何度もケモナーマスクに負けたことを思い出します。
 ケモナーマスクを倒してタイトルを手に入れようとするMAOでしたが……
 倒すべき相手(と犬)は突如消えてしまい、MAOは「チキンナゲット」だと言って激怒します。

 源蔵が魔獣に囲まれて楽しく生活する一方で、MAOは怒りを飛び越して心を病んでしまいました。
 MAOがケモナーマスクはどこだと叫ぶ一方で、源蔵はマサオのためにここにいてやりたいと言っていました。
 シグレは源蔵を引っ張っていき、ボンちゃんとミーシャはひろゆきを狙って悪巧みをしているようです。

 源蔵、シグレ、カーミラ、花子の4人は森にいましたが、源蔵は魔獣が心配になって戻ろうと言ってきます。
 今回の依頼は植物だから興味がないだけなのかもしれませんが……
 ボンちゃん、ミーシャは部屋で倒れていて、ボンちゃんはひろゆきの可愛さにやられているうちに巨大なアリに倒されたようです。

 源蔵はドラドラドゴラは植物だからとがっかりしてしまい、後はお前らに任せたとすっかりやる気をなくします。
 シグレはなんか可愛くないですかと話しかけてみたものの、源蔵は全くやる気になりませんでした。
 「俺は金では動かん!有り余る動物愛のみだ!」と言いつつカーミラと取っ組み合いをする源蔵でしたが……
 
 花子は目的のものを食べてしまい、帰ってきた源蔵はひろゆきが誘拐されそうになったことを知ります。
 怒った源蔵は殴り込みをかけてきて、ボンちゃんをプロレス技で投げ飛ばすのでした。
 一方、MAOは医師に「ケモナーマスクロス」だと言われ、他のことに打ち込んでみてはどうかと言われます。

 編み物をするもののケモナーマスクが頭から離れず、闇の四大公爵なるイオアナが「魔王」を召喚すると言い出します。
 召喚されたMAOはライバルのようにイオアナにプロレス技をかけるのでしょうか。

【感想等】
 ケモナーマスクさんのお顔を見ただけで笑いがこみ上げるのは私だけでしょうか。
 記者会見のバックがAbemaTVさんだったのは放送してくれる関係なのかはわかりませんが……
 チキンナゲットで笑いつつも、だんだん笑うに笑えなくなってきたのは私だけではないはず。

 マサオさんと響きが似ているのは偶然なのかはさておき、MAOさんが予想どおり「魔王」として異世界召喚されました。
 ひろゆきさんの可愛さに翻弄されたボンちゃんは近いうちにケモナーマスクの軍門に降ることになりそうです。
 プロレス興行でお金を稼ぐという選択肢を考えつつ、最後は異世界でMAOさんと戦って終わりそうな気がします。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】旗揚!けものみち 第4話「魔獣×バイト」

 けものみちの4話を見て感想を書かせていただきます。
 人が増えて賑やかになるのはいいとしても、それ以上に経済的な困窮が響いてきます。
 源蔵さん達はこの金銭的な危機をどうやって乗り切っていくのでしょうか。

【内容】
 かつて源蔵にスープレックスを受けた姫様は「尻丸出し」と影で言われるようになりました。
 彼女は赤面しつつもなんとしても源蔵を見つけ出そうとしますが……
 オープニングの後、シグレは内職を行いますが、食い扶持が増えたことから経済的に追い込まれます。

 源蔵は気がつけばますます魔獣を連れ込み、シグレは友人から「夢じゃごはんは食べられない」と言われます。
 戻ってきたら源蔵は結婚指輪っぽいのを出して猫又(アケミ)を口説いていましたが……
 コボルトの人妻を誘惑する源蔵は夫も同時に愛すると言ってドン引きされてしまいました。

 カーミラは花子のために服を買おうとしますが一蹴され、アケミも逃がされてしまいました。
 シグレは「今の自分達のどこにそんなお金がある」と突っ込みますが……
 銀行がやってきて融資を白紙に戻すと言い出すので源蔵はカーミラを締め上げて働くことになりました。 

 仕事はうまくいかずお金が減ってしまい、さらには「シンゲン」なる鳥が増えていました。
 困ったシグレは「魔獣」グリフォンの討伐という仕事を紹介されましたが……
 源蔵は「飼ってみたい」と言い、シグレは「狩って」資金にしたいと微妙に反応が異なりました。

 カゲロウはいつもどおりプロレス技をかけられ、シグレに剣「デュランダル」を奪われてしまいました。
 花子はグリフォンをかじろうと考え、カーミラは置いていかれそうになって涙目で彼女についていくことに。
 文字が読めるようになった源蔵はグリフォンの生態を読み、2匹のうち1匹の子を育てるというのが気になりますが……

 源蔵はグリフォンの子供が争っているのを見つけ、負けた方の子供を奪い去っていきます。
 「スリーカウントが入った」とプロレスのルールを引用して育児放棄するなら俺にくれといいますが……
 カーミラは追いかけてくるグリフォンに食べられ、源蔵は「あいつはもうダメだ」と見捨てます。

 源蔵はグリフォンを「キョウコ」と名付け、自分がおとりになってシグレにキョウコを逃がさせます。
 グリフォンの攻撃をこらえきった源蔵はそのまま抱きつき、大岩に叩きつけられてしまいました。
 花子は「もう我慢できません!」とグリフォンにかぶりついたら向こうは逃げていったようです。

 カーミラは土に埋められ、グリフォンを倒せなかったので報酬はもらえませんでした。
 命を救ったキョウコはますます大きくなり食費がさらに心配になってきました。
 シグレはため息をつきながらも拾った(奪った)剣を売って当面の資金にするのでした。

【感想等】
 源蔵さんとの出会いはお姫様にいろいろな意味でトラウマを与えてしまったようです。
 彼は彼なりに仲間を増やしていて、その様子を見てドラクエ5をプレイしたくなるかもしれません。
 ドラクエ6がリメイクで仲間モンスターが削除されたのは経済的な理由……というのは冗談です。

 魔獣を見て「飼ってみたい」「狩ってみたい」とニュアンスが違うのが面白いです。
 ことあるごとにプロレス技を放ってくる脳筋っぽい源蔵さんですが、なにげに文字が読める意外な一目もありました。
 最終回までにカゲロウさんが何本刀を奪われるかわかりませんが、最後までしっかり見ていきたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】旗揚!けものみち 第3話「家出少女×襲撃者」

 けものみちの3話を見て感想を書かせていただきます。
 家を手に入れたものの、ペットもとい魔獣の餌代もばかにならないようです。
 前回出てきた家出少女は一体どんな役回りなのでしょうか。

【内容】
 持ち家を手に入れた源蔵、シグレでしたが、魔獣(ペット)の餌代もばかになりませんでした。
 シグレは実入りのいい仕事はないかと考えたようですが……
 「ペットショップへの道のりは遠く険しい」と言っていたら獣の人妻が声をかけてきました。

 角と尻尾が生えた女の子が倒れていて、とりあえず自宅で休ませることにしました。
 「リンダブレア」はドラゴンハーフという種族らしいですが、ひろゆき(犬)を食べようとしてしまいます。
 源蔵はペットショップ開店に向けて……と説明しますが、食料品店と解釈します。

 「どんな生き物も愛情を持って接すれば伝わる」と人、獣の共存を訴える源蔵さん。
 雑種犬のひろゆきに目を輝かせるリンダブレアですが食べる気満々でした。
 本を突きつけたらリンダブレアは「用事を思い出した」と言って去っていきました。

 シグレはドラゴンまで拾ってきたのかと憤り、源蔵はドラゴンに人が襲われたと聞いて喜びます。
 カゲロウを名乗る冒険者はダインスレイヴでドラゴンを討伐しようとしますが……
 源蔵はカゲロウを殴り倒し、シグレはカゲロウの剣をネコババし、さらに源蔵は依頼主を投げ飛ばします。

 シグレは家の匂いと同じだと言いますが、源蔵はレスラーの勘からリンダブレアが犯人とは思えません。
 ケモナーマスクを装備した源蔵は「人を襲っているならば捕縛する」と決意を述べるとリンダブレアが餌を食べに来ます。
 「俺にロリコンの気はない」と弁解しますが、どう見ても怪しい人にしか見えませんでした。

 ケモナーマスク、リンダブレアは一緒に逃亡しますが、そこにカーミラという女性が出てきます。
 とりあえず2人で石を投げてみたら怒って襲いかかってきました。
 ケモナーマスクはカーミラと力比べをして圧倒しますが、またも警備員(?)に追われます。

 自分とおそろいのマスクを与えたケモナーマスクは「覆面スキー」を、リンダブレアは「花子」と名乗ることになりました。
 シグレは源蔵達を連れて逃げますが、源蔵は「マスクをつければ別人」だと言って聞きませんでした。
 リンダブレアは己の素性を明かしますが、魔王配下の四大公爵という意味深な単語が出てきました。

 カーミラは「お嬢様」を連れ戻しにやってきたようですが、覆面をつけた人物と源蔵と別人だと思っていました。
 源蔵はカーミラに聖水をかけてニンニクでとどめを刺そうとしましたが、彼女は家でしたリンダブレアを探しているだけでした。
 「お前の願いを言ってみろ!」と言えば、毎日屋敷に閉じこもるのが嫌だったと事情を告白します。

 外の世界に出て味わったことのない美食に出会いたいというリンダブレアは運命の出会いがあったとのこと。
 ペットショップの手伝いをしたいというリンダブレアはひろゆきにときめき、カーミラはお嬢様の幸せが第一だと納得します。
 これからリンダブレアは「花子」と呼ばれ、不審者の正体もといカーミラにスープレックスをかますのでした。

【感想等】
 念願の家を手に入れた源蔵さんでしたが、ペットショップを作るにはまだまだ先は遠いようです。
 そもそも、ペットショップの需要があるのか怪しい……というのは前回も書いたかも。
 オープニングを見るとペットショップというよりもプロレス団体を作りそうな感じなのですが……

 人妻でも容赦なく声をかけ、なおかつ幼女をお持ち帰り……色々と通報されそうな気がします。
 ダインスレイヴと聞いたら某鉄血を思い出しますが、源蔵さんはそのうち魔王すらやっつけてしまうかもしれません。
 着実に仲間が増えていく源蔵さんでしたが、カーミラさんが脳しんとうを起こしていないのか心配です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム