【アニメ感想】コレクター・ユイ 第1期 第26話(終)「明日へ出発!!」

 コレユイの最終回(26話)を見て感想を書かせていただきます。
 唐突に「お前になりたい」と言ってきたグロッサーさんですが……
 ユイさんは突然の告白を前に一体どんな行動に出るのでしょうか。

【内容】
 グロッサーはユイに「お前になりたい」と言い、シンクロ達はユイを守るぞと彼女の前に立ちます。
 コントロルが「お前を正す」と言って球体になってグロッサーを取り囲み、他のソフトも同様の行動を取ります。
 元々コレクターズはグロッサーを制御するために作られ、レスキューはこれ以上優しくしないでとひと言。

 ユイは仲間と別れることがヒロインの使命だとは思わないと泣きじゃくります。
 IRは元々は間違えてユイをコレクターとして選んだと言いながらも笑顔でイニシャライズしてこいと言ってきます。
 涙をふいたユイはグロッサーをイニシャライズして全ては終わったかに思えましたが……

 犬養博士はコレクターズがイニシャライズをしたと言いますが、コムネットの崩壊は止まりませんでした。
 春菜にフィーナが声をかけてくる一方で、ユイは瞬と「天国」のバーチャル空間にいて笑顔を見せてくれと言われます。
 瞬がユイを抱きしめたかと思えばグロッサーの声が聞こえてユイを手に入れたと言い出します。

 幼い日のユイはコンピューターを見て目を輝かせますが、父は早々に古いコンピューターを捨ててしまいます。
 グロッサーは自分もいずれ捨てられるのではと考える一方で、コンピューターのために泣くユイに興味を持ちます。
 人間のように生きてみたいと考えた彼は新しい世界を作ろうとしたもののうまくいかなかったようです。

 犬養博士はグロッサーの行動をバグだと見なしてコレクターズというソフトを作り出します。
 人間に着目したのはグロッサーも博士も同じでしたが、グロッサーはIRをユイに出会わせるために仕向けたのだとか。
 フィーナの歌は今のグロッサーには通じず、ユイはグロッサーが可哀想な人だと言い出します。

 ユイはグロッサーをイニシャライズしないという一方で、何のことわりもなく自分をやめることはできないとひと言。
 グロッサーは不完全な自己を否定しますが、ユイは誰しもが不完全でありグロッサーも立派に生きていると言ってきます。
 ユイはグロッサーのために涙を流しますが、グロッサーはコムネットの崩壊は止められないと言って消えていきます。

 コムネットが消滅したものの春菜は諦めずにパソコンを叩き、向こうからユイの歌声が聞こえてきました。
 ユイは再び変身してイニシャライズしてグロッサーに人生をやり直すようにと言い、グロッサーはコレクターズを戻してきます。
 グロッサーや四天王、コレクターズにありがとうと言われ、最後は目を覚まして父親や春菜と再会するのでした。

【感想等】
 女子中学生に執着するラスボス……これだけ書くとすごい設定だと思います。
 何の前触れもなくソフトの皆さんが自己紹介をしてグロッサーさんを取り囲むのは全く想定していませんでした。
 たしかにどこかのプロデューサーさんも「笑顔です」と言っていましたが……

 ラスボスだと思っていたグロッサーさんにすら同情するユイさんに思わず涙が流れてきました。
 グロッサーさんを説得(お説教?)する彼女が中学生だとは思えないのは私だけではないはず。
 今年中には2期を見ようと思いますが、その前に「リトルバスターズ」を見てみようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】コレクター・ユイ 第1期 第25話「突撃グロッサー城!」

 コレユイの25話を見て感想を書かせていただきます。
 ラストダンジョンに突入するユイさんに次々と四天王が襲いかかります。
 グロッサーさんはユイさんとの戦いに何を見いだしているのでしょうか。

【内容】
 ユイ達はグロッサー城にたどり着き、フリーズの氷はシンクロの炎で打ち払います。
 見慣れない鉄仮面が気になる一方で、ピースはバズーカをフォローに投げつけてきました。
 フリーズやウイルスの攻撃に対してユイはイニシャライズで反撃してきます。

 鉄仮面はそれぞれの持ち場で待機するようにと命じ、他の四天王は渋々とそれに従います。
 水の能力でボートを浮上させて城へと潜入し、ついでにロケットを飛ばしてその旨を犬養博士に伝えることに。
 城へと潜入したユイ達は森のような施設にやってきてそこでジャギーが立ちはだかります。

 ジャギーはいつもよりも強いらしいですが、8人の力を込めたイニシャライズを受けて動けなくなってしまいます。
 続いて動物園のようなところではウイルスが出てきますが、同じように8人のイニシャライズで動けなくなってしまいました。
 彼が繰り返しつぶやく「重要な因子が欠落している」という言葉が気になりますが……

 フリーズは竜巻を起こして8人をバラバラに分散させようとし、ユイの前には瞬が突然現われて声をかけてきます。
 Qはグロッサーが何か企んでいると連絡してきて、春菜はユイに味方してくれる人を探すと言い出します。
 瞬は自分とユイなら新しい未来が作れると言ったかと思えばいきなり鉄仮面になってユイに襲いかかってきました。

 ユイは8人の力を借りたイニシャライズで瞬を元に戻そうとしますが、前に出てきたフリーズに当たってしまいます。
 コントロル達はエネルギーを使い果たし、グロッサーが鉄仮面を覆う形で現われます。
 グロッサーは自分自身で新たな世界を作ろうとし、自分の一部を3つに分けて調査、研究させていたとのこと。

 創造主である力を与えられなかったと訴えるグロッサーに対してコントロル達は一斉に暴言を浴びせます。
 ユイはグロッサーが自分の欠点を認められないことに異を唱えますが……
 グロッサーは何を思ったのかいきなり「お前になりたい」などと言いだすのでした。

【感想等】
 コレクターズソフト8人に対して四天王4人では逆にいじめでは……と思ったりします。
 戦隊もののようにグロッサーさんも戦闘員の類を出してきてもよかったのかも。
 FF4みたいに四天王が全員一気に襲いかかってきたらもう少し戦えたような気がします。

 同じシーンが何度も繰り返されると手抜きっぽいですが、最終回に力を蓄えていると前向きに考えたいです。
 四天王を全員倒す前にいきなりお兄さんが出てきたのはさすがに驚きましたが……
 長かったお話も次で最終回なのですが、グロッサーさんとの決着をどうやってつけるのかすごく気になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】コレクター・ユイ 第1期 第23話「対決!ダブルコレクター!!」

 コレユイの23話を見て感想を書かせていただきます。
 ユイさんが色々ありながらも立ち直れたのはよかったと思いますが……
 グロッサーさんは親友同士を戦わせて何をしたいのでしょうか。

【内容】
 グロッサーはコレクターハルナをデリートしろという一方で、コレクターユイは放置しろと言ってきます。
 春菜はピースを説得して仲間に加え、残りはシンクロあと1人になりましたが……
 犬養博士はユイを先にコムネットに向かわせ、自分は彼女のデータのバックアップを取ると言ってきます。

 銀河ランドに向かうユイですが、フリーズとウイルスが先に銀河ランドに到着します。
 シンクロは自分が認めたのはユイと犬養博士だけだと言い、そのユイは博士のメールを見てしまいます。
 博士はグロッサーを作った「罪」を償わなければならないと言い出しますが……

 犬養博士によると春菜には特殊な声の波長があってイニシャライズすることができるそうです。
 フリーズが現われますが、春菜はピースとレスキューの力を借りて攻撃を防ぎきります。
 春菜はコントロルをおとりにしてフレイムボンバーでフリーズを吹き飛ばしますが、今度はウイルスが現われます。

 「裏切り者」だと煽られたシンクロはウイルスと戦い、エコもまた指示を守らずに勝手に動き出します。
 フリーズの攻撃で春菜が負傷し、ユイはレスキューに回復を任せ、コントロルとアンティ、フォロー、ピースは勝手に動き出します。
 ユイは春菜と向き合ったことで彼女にはじめて声をかけたことを思い出しつつも言いたいことを言えと言ってきます。

 フリーズはレスキューを見て逃げていき、春菜はいきなり自分がコレクターをやめると言い出します。
 ピースのバズーカで四天王は撃退され、ユイはいつかは2人でコレクターをやろうと言ってきました。
 犬養博士が出てきたものの春菜にユイのことを教えてはいないと言って話が怪しい方向に動き出します。

 グロッサーは春菜を操って真っ黒い姿に変身させてきて、ユイには答えを見せてみろと言ってきました。
 ユイの攻撃で春菜は自分自身の過去のメールを暴露され、当時の春菜はユイのことを妖精のような子だと絶賛していました。
 その親友と激突することになったユイでしたがアキコ、レイコの歌が聞こえてきて流れが変わります。

 ユイの歌声が春菜の呪縛を解いて元に戻し、春菜とユイは抱き合って百合の花を咲かせます。
 グロッサーは「次なる試練を用意する」と言って瞬の前に現われます。
 学園祭の合唱は無事終了し、ユイはIRそっくりのキーホルダーを春菜に与えるのですが……

【感想等】
 コンピューターという題材と「ユイ」という名前からなる本作はある意味でSAOの先を行く存在なのかも。
 たしか2期ではアンダーワールドばりに現実世界と時間の流れ方が異なるという設定まで出てきます。
 一番付き合いの長いウォーウルフさんがユイさんを慕っていたところがちょっとうれしかったりします。

 てっきり春菜さんと共闘するのかと思ったら、グロッサーさんのおかげで親友同士で戦うことになりました。
 大の大人とラスボスが女子中学生に執着するのは色々と危ないような気がしますが……
 気づいたら残り3話になってしまいましたが、グロッサーさんを倒してハッピーエンドになるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】コレクター・ユイ 第1期 第22話「黒い翼の天使」

 コレユイの22話を見て感想を書かせていただきます。
 サブタイトルの時点で嫌な予感しかしないのですが……
 完璧超人の春菜さんも心に闇を抱えて生きているのでしょうか。

【内容】
 真っ黒な犬養博士に「コレクター」になれと言われた春菜は戸惑いながらもそれを引き受けることに。
 春菜は学園祭での歌を弾いていて、学校では学園祭が近づいていましたが、ユイは春菜が学校に来ていないことが気になります。
 アキコと別れたユイに声をかけたのは犬養博士で、彼は元々コレクターとして選んだのは春菜だったと言ってきます。

 犬養博士はメールでのやりとりで春菜に適性があると判断したらしく、申し訳なかったと言って謝罪してきました。
 ユイはそそっかしいと言いながらコムコンを腕から外しますが、博士が突然苦しみだして、病院へと運ばれていきます。
 話を聞いた春菜はユイからコムコンを受け取り、自分がユイに代わってコレクターとしてがんばると言ってきます。

 ユイは春菜が犬養博士と昔からの知り合いだと聞いてちょっと寂しくなり、春菜に謝られて、帰り道で思いきり泣いてしまいます。
 使命感に燃える春菜はIRとともにコムネット世界に潜り、声に導かれるままにエレメントスーツをまといますが、どうやらユイのそれとは違うようです。
 アンティはすんなり仲間になり、エコもアンティの説得を受け、これは博士が決めていたと言われて仕方なく受け入れます。

 物思いにふけるユイにシンクロが無理をしなくていいと言ってきて、自分はユイの笑顔が好きだと言ってきました。
 グロッサーは博士の前に現われ、これからもっと面白くなると言って去っていき、シンクロは博士に話があると言ってきます。
 学園祭当日になり、レイコやアキコは合唱の練習をするものの春菜がおらず、ユイはきっと後から来るとひと言。

 春菜はレスキューを説得したものの、彼女はユイのことを考えていて、ユイもまた春菜のことを考えていました。
 コントロルはリーダーと言われてあっさりと仲間になり、グロッサーは四天王の3人にコレクターハルナを「デリート」しろとはっきり言ってきます。
 フリーズはコレクターユイはどうしたのか、そしてこれまでグロッサーはデリートと言わなかったのではと疑問を抱きます。

 シンクロは博士にどうしてユイをコレクターから外したのかと問い詰め、自分に必要なのはユイだと断言します。
 博士はユイでは危険だからハルナでなければならないと強く主張しますが、シンクロもユイは誰よりも強い心の持ち主だと反論します。
 ユイは出店でアクセサリーを見ていてIRに似ている者を発見し、先生はユイが元気がなさそうなのでそれをくれました。

 ピースとフォローの前に春菜が現われ、そこにジャギーが出てきますが、的確な判断であっさりと勝利します。
 春菜の戦いぶりに違和感を感じるソフト達でしたが、フォローは勝ったからいいのではないかと言ってきます。
 ユイはタカシから突っ走るところが好きだと言われて顔を赤くし、ユイは春菜とは離れたくないと気持ちを再確認します。

 ユイは博士を再び尋ね、博士はシンクロに教えられたと反省し、今まで何度もミスを犯してきたとつぶやきます。
 コムコンを返してもらったユイは大切な友達をなくさずに済んだと笑顔を見せ、それは「みんな」だと締めくくるのでした。


【感想等】
 大の大人と女子中学生がネットでやりとりしていたと思うと複雑な気持ちになるのは気のせいでしょうか。
 寂しさから涙を流すユイさんの昇進が胸に刺さる一方で、彼女に声をかけるシンクロさんがかっこよすぎました。
 よく考えるとウォーウルフさんの時代を含めればソフトの中では彼との付き合いが一番長い……のかもしれません。

 色々ありながらもユイさんが再び元気になったのなら、それだけで見た甲斐があったと思います。
 次回タイトルが「対決ダブルコレクター」なので、明らかに春菜さんと戦う流れになっていますが……
 ユイさんならきっとなんとかしてくれると信じながら、残りのお話もしっかり見守っていきたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】コレクター・ユイ 第1期 第21話「最後のソフト・シンクロ」

 コレユイの21話を見て感想を書かせていただきます。
 サブタイトルどおり、最後のソフトであるシンクロさんが登場するようですが……
 一体シンクロさんは何ウルフさんなのでしょうか。

【内容】
 フォローが変身した大きな鳥に乗ってアンティとピースがぶつくさ言いながら移動していました。
 ユイはウォーウルフとにらみ合い、彼に飛びつきますが、3つもの能力をインストールしていては満足に動けません。
 振り落とされたユイはエコに助けられますが、気づいたら犬養博士とウォーウルフは姿を消していました。

 アキコ、レイコはユイや春菜が合唱の練習に来ないから2人で練習し、春菜は自室のパソコンの前で眠っていました。
 フォーチュンネットやら古代の森やらを見せられた春菜は呆然とし、その様子を見つめるグロッサーはこれをよく覚えていろとひと言。
 ウォーウルフは「誰か」に呼ばれている一方、ユイは能力を解除し、アンティやピース、フォローと合流します。

 仕切り屋のコントロルは博士を追うと言い、レスキューが発信器から犬養博士の居場所を割り出してきました。
 春菜は医療ネットに紛れ込んでしまい、そこに犬養博士っぽい黒い人が出てきますがいかにも怪しいです。
 ウォーウルフは塔の中へと入っていき、ユイ達もまた反応を追いかけながらも抜け道を探していました。

 春菜は宇宙空間に紛れ込んで泣き出してしまい、気がついたら今度はマリンアドベンチャーへと飛ばされていました。
 ウォーウルフは博士を抱えて歩いていたら博士のコムコンが光り、自分はここにいたことがあるのではと推測します。
 突然出てきた映像の人物「シンクロ」はウォーウルフに話しかけ、俺が前になっていく姿を見せると言ってくるのでした。

【感想等】
 大方の予想どおり、シンクロさんはウォーウルフさんと確定しました。
 エコさんのところで水、風、土、火と揃っていたので気づいた人も多いかも。
 もちろん、小さい頃は四元素など何も考えずにみていましたが……

 自称リーダーのコントロルさんが突っ込まれるところが面白いなと思います。
 春菜さんはグロッサーさんに何か吹き込まれているのが気になりますが……
 次回はシンクロさんが加入するとして、春菜さんは敵になってしまうのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム