【アニメ感想】劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-

 ビルドダイバーズの主役機が00だったことや、ちょうど放送10周年ということもあって今(2018)年9月にガンダム00を視聴しました。
 分割4クール全50話は一度はリアルタイムで視聴していたものの、改めて見てみると色々と考えさせられることが多かったです。
 続編映画は実は見たことがなかったのですが、今年が終わる前に見て思うところを書いていこうと思います。

【内容】
 ソレスタルビーイングの偽装ドックが入港し、イアンは奥さんとイチャイチャを視聴者に見せつけていました。
 彼らは新たな機体「ダブルオークアンタ」を作り上げ、これこそが刹那の望んだ「戦いを終わらせるガンダム」であるとのことですが……

 オープニングの後、いきなり戦闘シーンになりアロウズを率いるアレハンドロがガンダムに倒された……というのは作中の映画でした。
 実際にソレスタルビーイングで戦った経験のある沙慈は、戦いは綺麗なものではないとつぶやくと共に、自分が出ていなかったなと一言。
 沙慈はソレスタルビーイングの武力介入が世界に「変化」をもたらしたと考え、今の平和はかりそめの平和であると考えます。

 先の戦いから2年が経過し、ルイスは連邦軍の病院に入院していましたが、その間はソレスタルビーイングは現れていないとのこと。
 シーリンはマリナとともにコロニー公社の作業員から直接声を聞きたいと言いますが、視察ルートを外されてしまったようです。
 マリナは目の前にいる作業員も幸せになってほしいと語りかけますが、そこに所属不明のモビルスーツが迫ってきます。

 謎の機体がフラッグと戦闘を開始したかと思ったら、作業員が銃を向けてきて、ロックオンがそれをやっつけて去っていきました。
 フラッグに乗っていたのは刹那だったようですが、マリナは相変わらず作業員と対話しようとしていました。
 刹那はロックオンとプトレマイオスに戻り、自分たちは「いざというとき」までは黙々と活動を続けるのだと続けます。

 イノベイターになった刹那は何かを感じているようで、カティはそれスタルビーイングが外宇宙への進出を考えていたことを説明します。
 婿養子になったパトリックを護衛につけたカティは「ヴェーダ」を見ていましたが、同じ顔のイノベイドがそれを手入れしていました。
 かつてのソレスタルビーイングが武力介入を行えたのはこの「ヴェーダ」があったからであるそうですが……

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム