アニメから入った「ゼロの使い魔」を改めて読んでみた感想(1)

 昨年に「ゼロの使い魔」のアニメを見て、今年は原作を読ませていただきました。
 異世界、ラブコメに加えて少年誌的な展開など、長きにわたって愛される理由がわかります。
 ちょうど15周年という節目なので、少しでも盛り上がればいいなと思います。

はじめに
 昨年のソードアートオンライン(SAO)の3期アニメ化をきっかけに原作を読んで小説とアニメという媒体の違いが見えたような気がします。
 その後は同じ作者さんのアクセル・ワールドを読んでいましたが、色々あって2巻で止まり、ロードエルメロイ2世の事件簿が始まる直前にFate/Zeroを読みました。
 元々読書の習慣があったので読むこと自体は楽しく、ちょっと気持ちに余裕が出てきたので以前アニメを見た「ゼロの使い魔」に挑戦することになって現在に至ります。

 小説をアニメにするとキャラクターの心理描写を中心にカットされる部分が出てきますが、4クールで20巻をアニメ化したことからお話そのものもかなり違ってきていました。
 先のSAOは2期4クールで8巻、さらに3クール2クール増えて14巻までですから、本作が原作を大きく省略していることがおわかりになると思います。
 ゼロ魔のアニメそのものは4期終盤のオリジナル展開を含めてうまくできていたと思いますが、原作を読んだらアニメが入門編、原作が本番といってもいいと思います。 

 ここからざっとお話を振り返りながら思ったことを適当に書いていこうと思います。
 以前SAOの15巻以降について書いた時はできるだけネタバレは伏せましたが、かなりの部分がアニメ化しているので容赦なくネタバレも書いてしまいそうです。

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム