【アニメ感想】聖闘士星矢 冥王ハーデスエリシオン編(全6話)

 プリキュアさんとかフェアリーテイルとかで十二星座が出て、その流れからか星矢さんを断続的にここまで見てきました。
 声優さんの逝去等によるキャスト変更にはまだ慣れていないものの、原作を最後まで映像化したのはなにげに恵まれていると思います。
 主人公を喰うくらいの勢いのあったゴールドセイントの皆さんがいなくなり、ここからが星矢さん達の本当の戦いだと思いますが……

【内容】
第1話 エリシオンへの死闘(2019.10.20)
 光と闇を抜けてたどり着く世界は神に認められた者だけがたどり着けるユートピア、一切の苦痛と煩悩から解放された浄土を「エリシオン」と言うそうです。
 ゴールドセイントの皆さんは星矢達にアテナを託して嘆きの門に穴を開け、星矢達はその最期を見て涙を流すしかありませんでした。
 エリシオンにはハーデスの真の肉体があり、地上はグレイテストエクリプスによって絶滅の危機にあって時間が残されていません。

 涙をふいた星矢達はエリシオンを目指して先に向かいますが、紫龍は敵の気配を感じて一人だけでその場に残ってきました。
 アルラウネのクイーン、ミノタウロスのゴードン、バジリスクのシルフィードなる敵が現われ、紫龍は吹き飛ばされながらもエクスカリバーでマスクを割ってきます。
 星矢、氷河、瞬は目の前の時空がねじれているのを見つつも、いちかばちかその穴に飛び込もうとしたらミーノスが現われます。

 氷河はミーノスにフリージングコフィンをかけて星矢、瞬を先に進ませますが、ミーノスはゴールドセイント数人がかりでも破壊できない氷を破壊します。
 ミーノスは糸で氷河の体を操ってきた一方で、星矢のクロスに突然翼が生え、まだ未知のものを秘めているように思えてきます。
 氷河は糸を凍らせてミーノスの攻撃を封じ、我が師から教わったオーロラエクスキューションで勝負をつけたかと思われましたが……

 ミーノスは一つだけ残った糸で氷河を引きずり込もうとしますが、神の血を受けていないミーノスは跡形もなく消し飛んでしまいます。
 紫龍はエクスカリバーでクイーンに反撃し、ゴードンの技で右腕を破壊されてしまいますが、廬山昇竜覇でゴードンを粉砕します。
 嘆きの壁を背にしてシルフィードの風を切り抜け、廬山龍飛翔で彼を打ち破った紫龍は3人まとめてかかってこいと挑発してきます。

 紫龍は自分に残された体力はあと一撃だと言い、遠い五老峰で祈っている春麗を思い浮かべながら、廬山百龍覇で3人まとめてやっつけてしまいます。
 百龍覇の反動で吹き飛ばされた紫龍はクロスに翼が生えた氷河に助けられ、残ったスペクターも消滅してしまいました。
 目を覚ました星矢はついにエリシオンにたどり着き、ここにハーデスの肉体と沙織もといアテナがいるのではないかと考えますが……

続きを読む

【アニメ感想】聖闘士星矢 冥王ハーデス冥界編 後章(全6話)

 北斗の拳が一段落(もとい完走)したので、アニメシリーズではポセイドン編で終わった星矢さんを最後まで見ようと思います。
 キャスト変更はいまだに違和感が残るものの、故人もいるのでそのあたりはもう割り切るしかないのかもしれません。
 十二宮編からゴールドセイントがお話の中心でしたが、そんな彼らもここで最後の時を迎えるようです。

【内容】
第1話 神罰! グレイテスト・エクリップス(2019.10.17)
 瞬はハーデスになり、紫龍、氷河は第6プリズンに向かう一方で、一輝は第5プリズンで三巨頭の一人であるアイアコスと戦っていました。
 アイアコスはギャラクティカイリュージョンで一輝を吹き飛ばしたものの、一輝はその「フェニックス」の名の示すとおり蘇るたびに強くなるとのこと。
 ハーデスは攻撃的なコスモを感じ「フェニックス」を連れてこいと言い、一輝はあっさりとアイアコスのスピードを上回ってきました。

 アイアコスは鳳凰幻魔拳を受けて精神的にダメージを受け、鳳翼天翔で思いきり吹き飛ばされてしまいました。
 一輝はハーデスの前にワープさせられ、弟がハーデスになっていて驚いたかと思えば、幼少期にパンドラと出会ったことを思い出します。
 幼少期の一輝は高圧電流を流されても瞬を渡さないと言い、パンドラは瞬に指一本触れることが出来ませんでした。

 パンドラは一度引き下がるとともに瞬の首にペンダントをかけ、そこに書かれている「yours ever」という言葉は永遠にハーデスのものという意味なのだとか。
 瞬が聖闘士になって冥界にやってきたのはハーデスに導かれたというパンドラですが、一輝はその逆だと言ってペンダントの鎖を引きちぎります。
 一輝は「俺はフェミニストじゃない」と言ってパンドラに槍を突き刺し、ハーデスにビンタして弟を呼び覚まそうとしますが……

 ハーデスは大いなる日食「グレイテストエクリプス」を起こして氷河期のような時代に戻すと言ってきました。
 一輝は地上を守るために弟の肉体ごとハーデスを倒そうとしますが、神であるハーデスには通用しないようです。
 何度も攻撃を受けても一輝は立ち上がり、正気に戻った瞬は自分の肉体を締め上げて自分ごとハーデスを倒せと言い出すのでした。

続きを読む

【アニメ感想】聖闘士星矢 冥王ハーデス冥界編 前章(全6話)

 ガンダムシリーズを見てきたはずが、ジャンプ漫画にシフトし、フェアリーテイルの終了前後でRAVEを見つつも北斗の拳は最後まで見ました。
 星矢さんもテレビシリーズは8月頃に見終わり、最後まで見ていこうとハーデス編までやってきたわけですが……
 色々な要因もあって主要キャストの声が変わっていたりしますが、最後までしっかり見ていければいいなと思います。

【内容】
第1話 渡れ! アケローンの河(2019.10.14)
 ハーデス城が崩壊する中、星矢はシオンからアテナのクロスを届けると決意しながら冥界へ降り立ちます。
 紫龍、氷河、瞬は脱皮して若返った童虎に止められ、星矢が阿頼耶識に目覚めていれば冥界にたどり着けるのではと言ってきました。
 生前のシャカは生きたまま冥界に入る必要があると沙織に決意を促し、阿頼耶識とはセブンセンシズの上をいく「エイトセンシズ」なのだとか。

 どうすれば目覚めるかということは何も言わずに、童虎が飛び込み、紫龍、氷河、瞬もまた冥界の穴へと飛び込んでいきました。
 星矢はそばで倒れている瞬をたたき起こし、沙織やシャカが冥界に降り立ったと聞いてますますクロスを届けようと躍起になります。
 冥界への入り口には「一切の希望を捨てよ」と無慈悲な言葉が書かれていて、パンドラはハーデスに聖闘士が8人冥界に入り込んだと報告します。

 星矢、瞬は三途の川(アケローンの河)でアケローンのカロンと対峙し、ペガサス流星拳をはじかれたもののチェーンで反撃します。
 カロンは渡してほしければ金を出せと言い、瞬は母親の形見らしいペンダントを出して船に乗せてもらいます。
 このまま向こう岸まで行けると思ったらカロンは「少し足りない」と言って途中で
星矢をたたき落としてきました。

 瞬はチェーンで星矢を引っ張り上げようとし、復活した星矢はカロンを殴り倒し、カロンは逆に亡者に引き込まれそうになります。
 カロンは自分でないと向こう岸には渡れないと言い、瞬はカロンを引っ張り上げますが、カロンはまたも攻撃を仕掛けてきました。
 裏切られても人を信じようとする瞬の目を見たカロンは「お前のような奴がエリシオンに行けるかもしれない」と言って星矢もろとも運んでくれました。

 カロンは自分の命は高価だと言ってペンダントまで返してくれて、わざわざ冥界の構造まで教えてくれました。
 向こう岸に渡ったところで星矢とカロンが再び戦闘を開始し、カロンはボロボロにされて船に倒れ込みます。
 別のところでは氷河、紫龍、カノン、童虎、そしてシャカと沙織も別のところにいて、星矢は裁きの館なる場所にたどり着きます。

続きを読む

【アニメ感想】聖闘士星矢 冥王ハーデス十二宮編(全13話)

 ガンダムシリーズからジャンプ漫画にシフトして星矢さんと北斗の拳を重点的に見ていくことになりました。
 OVAのうち1つ目のお話は一部の黄金聖闘士のキャストが変わっていますが、星矢さん達のお声はオリジナルキャストのままなので違和感は少ないです。
 ハーデス編の原案と言われる3つ目の映画を見ていると、これまでと違った風に見えてくる……かも。

【まとめ】
第1話 新たなる聖戦のはじまり(2019.10.11)
 アテナである沙織の前にハーデスが「君を迎えに来た」とやってきて、老師はついに108の魔星が復活して新たな聖戦が再び始まると断言します。
 シャイナは聖闘士の墓を調べて内側から打ち破られた痕跡を見つけ、死を司る「アイツ」ならばそれが可能だと考えます。
 ムウの前にフードをかぶった男が現われ、その顔を見た途端に土下座を強いられ、男はアテナの首を12時間以内に持ってこいと言い出します。

 死んだはずのアフロディーテやデスマスクが現われ、彼らはハーデスに忠誠を誓ってゴールドクロスそっくりの冥衣(サープリス)をまとっていました。
 ムウは「そのお方」には逆らえないと言いつつもクリスタルウォールでデスマスクの積尸気冥界波やアフロディーテのピラニアンローズをはじき返します。
 男はムウの行動はすべて自分への反逆だと言い、クリスタルウォールを解くようにと命令し、デスマスク達にアテナの首を取れと命令します。

 デスマスクはムウを執拗に攻撃しますが、そこに星矢が現われてデスマスクを吹き飛ばしてきました。
 ムウはデスマスク達は今はハーデスの部下になったと説明しつつも、星矢には早く立ち去れと言い、それがアテナの意志だと言ってきました。
 星矢は沙織に会わせろと訴えますが、ムウは無言で星矢を吹き飛ばし、デスマスクはどさくさにまぎれて星矢を殴りつけます。

 ボロボロになったクロスをまとった星矢はデスマスクと戦いますが、ムウは背後から星矢を攻撃して倒してきます。
 デスマスクはムウは「あのお方」に従うしかないと言い、ついでにその名前をばらそうとしますが……
 ムウはデスマスクを投げ飛ばしてスターライトエクスティンクションで星矢を消し去ってくるのでした。

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム