• 2019-08-19 :
  • BEM

【アニメ感想】BEM 第4話「LIGHTNING」

 ベムさんの4話を見て感想を書かせていただきます。
 放送時期が遅かった上に2週連続で放送休止になり、他に比べると話数が極端に少なくなりました。
 ベムさん以外のキャラクターのことがほとんど頭から抜け落ちているのは内緒です。

【内容】
 ソニアは連続感電死事件を追いかけていて、現場には若い女性の死体が残されていました。
 現場には「お前の運命は私のもの」という意味深なメッセージが残されていましたが……
 ベムは犯人が「モンスター」にメッセージを残したと言いますが、ベロはここは怪物だらけだと吐き捨てます。

 犯人(感電男)は若い女性ばかりを狙っていて「奴」が出てくるまで殺し続けてやると言っていました。
 ベラは眼鏡の男子(ロディ)が気になるらしく、その男子は変なサイトを見て「アウトサイドに変な奴がいる」と興奮していました。
 ソニアは自分が見た怪物と今回の事件が酷似していると言い、アウトサイドはいさかいに巻き込まれていると主張します。

 ベムは人間に人間にあらざる力を与える博士についてかぎ回り、その男は金次第で人体の改造を請け負うとのこと。
 感電男は「君は僕に愛される運命だ」と言ってキスしたかと思ったら感電させてきました。
 ベムは犯罪の現場に立ち会い、感電男から電撃を受けますが、気づいたら相手は逃げた後でした。

 ソニアの同僚は彼女の無鉄砲さに呆れていて、感電男はDrリサイクルなる怪しい科学者と接触します。
 Drリサイクルは「妖怪」に並々ならぬ興味を抱いているようですが……
 ベムは犠牲者が自分達を呼んでいると言い、自分が殺したようなものだと言い出します。

 ベラは自分がおとりになろうとする一方で、ベロは「また嫌な思いをするだけだ」とつぶやきます。
 それでもベムは「人が死ぬよりはいい」と言って調査に乗り出しますが……
 ソニアは電撃男に声をかけられ、彼の言い回しから事件の犯人だと導き出します。

 ベムは感電男と戦闘を開始するものの、スライムの男が獲物を取り合って言い争いをはじめます。
 2体の怪人は互いに足を引っ張り、ベムはその場に居合わせたソニアに「逃げろ」と言ってきました。
 さらにベラが戦闘に介入したかと思えば、ベロは背後から感電男を攻撃してきました。

 ベラは感電男を凍らせて動きを封じ、ベムは感電男に電気を返してそのままやっつけてしまいました。
 ベロは「やっぱり俺達って怪物なのかな」と言いますが、ベムは「俺達にはやるべきことがある」とひと言。
 謎の女はあれは「妖怪人間」と呼ぶのですよと言って連れてこいと言い出すのでした。

 父を失ったダリルは「戦う力がほしい」と意味深なことを言います。
 スライムの男は何者かに掃除機のようなもので吸われてしまったようですが……

【感想等】
 前回はベロさんが政治家の秘書の息子に誤解されたくらいしか覚えてなかったりします。
 あんな案件が何度も繰り返されればベロさんが人間を見限るのも仕方ないのかも。
 若い女性ばかりを狙った事件なのに、同僚の刑事はソニアさんのことに気を配ってもいいはず。

 同じ属性を操るベムさんにとっては今回はむしろごちそうだったのかもしれません。
 怪しい科学者だけでなく謎の女性からも狙われて、さらにはダリルさんも変な方向に進みそうで予断を許しません。
 「妖怪人間」という旧作のタイトルが出てきたものの、その意味については今後の検討課題になりそうです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 2019-07-29 :
  • BEM

【アニメ感想】BEM 第3話「SHADOW」

 ベムさんの3話を見て感想を書かせていただきます。
 ゲームセンターにたむろしていたベロさんにある男性が声をかけてきました。
 ダリルさんはベロさんとはいい友達になれる……のでしょうか。

【内容】
 パーティーをしているところに暗殺者が現われ、政治家はあっという間に殺害されます。
 新聞報道では「急死」と言われていましたが……
 殺されたスミス議員はアウトサイド改革を進めているそうです。

 ベロは「人間のために悪い奴を倒したら人間になれる」という設定に疑問を持っていました。
 ゲーセンに入り浸るベロにアッパーサイドからダリルという挑戦者が現われますが、彼ですらベロには通じませんでした。
 ダリルは「本気を出せる相手がほしい」「本気でなければゲームに失礼だ」と言ってベロを自宅に連れ込みます。

 家にはゲーセンの筐体とトロフィーの数々が置かれていました。
 ダリルの父親はリブラシティの改革を進めるカーバー議員の秘書でボディーガードなのだとか。
 「アウトサイドは必ず浄化できる」と豪語するカーバーですが……

 何者かの気配を感じたベロはカーバーを狙う忍者を追い払いますが、秘書の姿はどこにもありませんでした。
 議員の襲撃が大々的に報道され、ソニアもカーバーのことが心配になってきました。
 ダリルの父はベロの動きを見て、彼が暗殺者の仲間かもしれないと言い、ダリルには連れてくるなと言い放ちます。

 ゲーセンに再びやってきたダリルはベロが悪い奴だとは思えないと断言します。
 彼はカーバの意志を継ぐと言い、そのときは手伝ってほしいと言いますが……
 カーバーは白昼堂々殺害され、ダリルの父は一刻も早く体制を整えなければと言って出て行きました。

 ダリルの父は俺の時代が始まったと言い、実弾を「見えざる議会」に送り込むと言っていました。
 黒幕はさらなる暗殺を依頼し、ベロはダリルと行動を共にしていました。
 ダリルの父は忍者に殺され、妖怪人間になったベロは忍者を撃退しますが……

 現場に立ち会ったダリルはベロが父親を殺したのではないかと激高します。
 怪人達が集まって自分達の仲間が殺されたことを話していましたが……
 ベロは再びゲームに逃げ込み、それを見ていたベラは「早く人間になりたい」とつぶやくのでした。

【感想等】
 ベラさんの学費といい、ベロさんのゲーセンのお金といい、経済的なところで疑問はつきません。
 人間の汚いところを見せられると、そもそも人間になる必要性に疑問が生まれるかも。
 大人がアッパーとアウトサイドで分断される中、子供にはそれほど差別意識がなさそうなのが幸いでしょうか。

 カーバー先生が人間側の救いだと思っていたらすぐに殺されてしまったのはショックでした。
 お父さんが黒幕だと思っていたら殺され、わかり合えると思っていたダリルさんには誤解されて心が痛みます。
 やはり「見えざる議会」というのが最終的に倒すべき相手なのでしょうか。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 2019-07-22 :
  • BEM

【アニメ感想】BEM 第2話「LIAR」

 ベムさんの2話を見て感想を書かせていただきます。
 前回がベムさんのお話で今回がベラさんのお話……らしいです。
 おそらく次回はベロさんのお話なのかな……と思います。

【内容】
 廃墟から若い女性の遺体が発見され、ペラはアッパーサイドで女子高生「アナベラ」として生活していました。
 ノートに自分の絵を描いている男子生徒に思わせぶりな態度を見せるベラさん。
 ベロは同級生と食事をするベラに「よくやるよ味わかんないのに」と突っ込みを入れます。

 目の前に「エレーン」という女性が現われ、ベラが昔のクラスメイトであるメアリーとそっくりだと言い出します。
 ベラはエレーンをはぐらかし、冒頭の死体はメアリーで死後10年以上が経過していることがわかります。
 そうかと思ったら、ベロは自分達の顔の元が今頃どうしているのかと言ってきました。

 エレーンはメアリーにそっくりの女性がいたことを告げ、自分達に仕返ししに来たのではないかと言い出します。
 聞き込みをしていくと人によって言うことがわからずエレーンのことがだんだんわからなくなってきました。
 ドミニクは資産家の令嬢でエレーンの方が立場が下なのはなんとなくわかってきましたが……

 ベラは男に声をかけられていましたが、エレーンがベラを助け出します。
 エレーンは電話を放置してベラと話をし、メアリは将来ジュエルデザイナーになる夢を持っていたとひと言。
 ドミニクがアクセサリーを盗んだと言い、彼女はメアリにアウトサイドの肝試しを強いたそうです。

 連絡を受けたドミニクはソニアに話をしたいことがあると言ってきました。
 エレーンはドミニクが自分とメアリを嫌っていると言い、自分の大切にしていたアクセサリーをベラに与えてきました。
 ベラはメアリのことをもっと知りたいと言いますが……

 ベムが止めるのも聞かずにベラが先に進むと、ドミニクは自分のアクセサリーを盗んだと言い出します。
 いきなり怪人が出てきてドミニクをストライクしますが、ベラは変身して怪人を返り討ちにします。
 怪人はエレーンに雇われただけだと言い、ベラはどうしてエレーンが嘘をついたのかとつぶやきます。

 ドミニクは警察に行こうとしていてエレーンは口封じをしようとしていたようです。
 ベラはエレーンを汚い女だと言い放ち、エレーンはゲス顔をしてメアリは前向きでムカついたと言い出します。
 変身したベラはエレーンの首を絞めて殺そうとし、ベムに殴られてそれを止めます。

 ベロは「なんであの子の顔をもらったのさ」とつぶやきます。
 ベラは人間ってこうなんだって思ったと言いつつも、あの子には夢があったのだとひと言。
 男子生徒は相変わらずベラの絵を書いていましたが、ベラは「正面から書いてもいいわよ」と言ってくるのでした。

【感想等】
 元のアニメだと妙齢の女性だったベラさんは本作では女子高生に若返っているようです。
 学費とか戸籍とかどうなっているのかという疑問は残りますが……
 教室が高校というよりも大学のキャンパスのように見えますが、ゼロの使い魔の魔法学院もあんな感じでした。

 登場した時点でエレーンさんが怪しいと思っていた人は少なくないはず。
 心が醜い人間と醜い体を持つ妖怪人間とを描いて「人間」とは何かを問いかける感じでしょうか。
 ベラさんと男子生徒の会話がちょっと高木さんっぽく思いつつ、残りのお話も走り抜けたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • 2019-07-15 :
  • BEM

【アニメ感想】BEM 第1話「WATER」

 ベムさんの1話を見て感想を書かせていただきます。
 前番組がテニスで2度中止になったから今季で一番遅い始まりになってしまいましたが……
 あれだけ美男美女だったらもう人間にならなくてもいいような気がするのは私だけでしょうか。

【内容】
 人々が得体の知れない化け物におびえる一方、ソニアはアウトサイドに左遷されて移動中でした。
 ふとバッグを取られた女性を見つけ、その犯人を追跡していくソニアでしたが……
 車にひかれそうになったところをベムに救出され、ベムは「死にたいのか」と言って去っていきます。

 ベムは「今夜は満たされたか」とつぶやき、そこには水を大量に含んだ死体が放置されていました。
 アウトサイドでは連続溺死事件が起こっていましたが、向こうのアッパーサイドでは何も報道されていないようです。
 ソニアは自宅アパートに戻り、母親になんとかやれるからと連絡をします。

 次の日、ソニアは同僚と移動していて、途中で暴行を受けた少年を助けますが……
 その夜もまた動く液体が女性達を襲い、ベムは一人で液体男と戦闘を開始します。
 雷を使うベムに液体男は弱点を突かれ、もっと殺すしかないとのたまいます。

 ベムと合流したベラは人間になりたいと言い、ベロは人間なんてそんなにいいものかと言い出します。
 彼らは人間を助けることで人間になれると思っているようですが……
 ソニアは一人で出ていき、ベムと液体男が戦闘をしているところを目撃してしまいます。

 同僚の刑事はたちまちに殺されてしまい、ベムは人間ではない姿になって敵を倒します。
 ソニアは目の前の化け物に銃を突きつけ、発砲しますが、ベムには通用しませんでした。

 ベムは「彼女はまだこの街には染まっていなかった」といい、ベムはこれで何度裏切られたかと言い放ちます。
 そしてベムを「α」と呼ぶ謎の女性は一体何者なのか、わたし、気になります!

【感想等】
 「キャプテン翼」といい「どろろ」といい、古いアニメのリメイクがはやっているのでしょうか。
 10年周期で6期まで放送している鬼太郎さんは別格かもしれませんが……
 旧作で大人だったベラさんがこちらで女子高生(?)になったのは需要なのでしょうか。

 昨日の鬼太郎さんは水分を奪われてミイラになりましたが、こちらは逆に溺死するようです。
 ベムさんが雷を使うのは中の人が同じ某ドラゴンスレイヤーなのかと思ってしまいます。
 それと、1話限りの敵とはいえ、水人間の中の人が檜山さんだったのはちょっと驚きました。
 
 ハチナイで人の希望を見て、一週間後に人間の暗部を見せてくる番組構成は見事だと思います。
 ソニアさんに巻き込まれて命を落とした警察の方が一番の被害者かもしれませんが……
 旧作のことは存じませんが、某最高司祭と同じお声をした謎の女がこの作品のラスボスなのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム