【アニメ感想】まちカドまぞく 第12話(終)「伝えたい想い!!まぞく新たなる一歩!!」

 まちカドまぞくの最終回(12話)を見て感想を書かせていただきます。
 優子さんは傷ついた桃さんの心を癒すことができるのでしょうか。
 まぞくと魔法少女との間に友情は成立するのか、わたし、気になります!

【内容】
 桃は傷ついたまま去っていき、母は娘を信じ切れていなかったと反省します。
 封印されたお父さんを踏み台や机として利用しつつ、父親があまりにも若かったことに驚きます。
 母は眷属になったとたんに老け止まりになったとのことですが……

 優子はサプライズに慣れてきたらしく、自分の戦う理由も見つけられたそうです。
 自分が勝つその日まで桃を追いかけるという優子はタイヤの恨みを晴らすと言って出ていきます。
 優子は逃げた桃を追いかけていくと、投げられたご先祖を回収します。

 ご先祖ですら優子の父が何なのかわからず、母からは人形供養寺に送り込むと言われて聞けなかったそうです。
 桜は優子を元気にした恩人ではありますが、このまま放置していると桃と二度と会えなくなるかもしれない感じがします。
 ご先祖は桃がへこんでいるのはチャンスだと言い、桃を誘惑してみせろと言ってきました。

 ミカンはビタミンCを取れと言ってきましたが、事情を聞いて「初耳なんですけど!」などと言い出します。
 雨を浴びせられた優子は危機管理フォームに変身しますが……
 ミカンはどうして桃が自分を頼らなかったのかと言い、優子は桃のことを教えてほしいと訴えます。

 桜が失踪したときには桃は別のところに預けられていたそうで、まぞくと魔法少女が出会うのは本来あり得ないそうです。
 優子は高台で桃を発見し、桃はミカンが動揺するからずっと隠してきたそうです。
 桃は優子の父を封印したのが姉ならばもう仲良くする理由がないと突っぱねてきますが……

 優子は仲良くする理由がなくてもそばにいると言い、桃に自分の眷属になれと言い出します。
 自堕落になるし自分よりも闇っぽいオーラを出す桃は優子よりもまぞく向きらしいです。
 優子は桃が無理をしていると言い、桜を探し出し、全てほしいものを取り戻すと言ってきました。

 「闇墜ちで結界回避」という選択肢は優子のものであり、もしリリスのものなら砲丸投げすると言い出します。
 変わらずにいてくれるかと問いかける桃でしたが、自分にこんなハッピーが降りかかるわけがないと考えます。
 優子の眷属になることで弱くなると知った桃はご先祖を投げ飛ばし、優子が自分の代理として姉を探すようにと言います。

 桃は強引に話をまとめ、お腹がすいたから一緒に帰ろうとひと言。
 ポッキンアイスを買ってきて2人で分けようとしますが……
 アイスを割れなかった優子は「これで勝ったと思うなよ」と言ってきます。

 母は父のことを正直に話し、良子は父がプリズンにお勤めしているのではと思っていたそうです。
 父親の名前がヨシュアで昔のメソポタミアによくある名前で、ヨシュアをもじって「吉田」になったのだとか。
 ミカンはもう少し自分を出せと言い、猫は目を輝かせて「時が来てるぞ」と言ってきました。

 1学期が終わり、優子は果たし状を書いていたら先生に決闘は法律で禁止されていると突っ込まれます。
 先生に言われたとおりに書いたら桃がいつもと違う服だったことに驚きますが……
 手紙を読むと眷属にすることを諦めていないらしく、自分に主導権を握らせてほしいと書いてありました。

 桃は優子の手紙は修行を休んで遊びに行こうという意味だと考えます。
 聖域はまぞくと魔法少女が共存する妙な町らしいのですが……
 体操服で待ち伏せていた優子はおめかししてきた桃を見て呆然とするのでした。

【感想等】
 アニマエールから2クールを経たきらら系は、シリアスとギャグが入り交じった快作でした。
 ミグミグ族の生き残りがプリキュアを経てまぞくになったという経緯も中々に興味深いです。
 対する桃さんはトレーニング大好きで「ダンベル何キロ持てる?」でも違和感がなかった……かも。

 前半はドタバタだったのが前回と今回はきらら系に珍しくシリアスな展開になったのは驚きでした。
 普通の学園ものだけではきらら系の中でアニメ化を勝ち取ることができないのかも。
 闇墜ちや眷属というきな臭い用語が出てもここまで安心して見られる作品は他にはないかと。

 本作は風前の灯火だったきらら系アニメを復活させた功績を補っても余りある作品でした。
 残念ながら秋はきらら系が存在しないようですが、いつかは本作の2期が出てくることを願いたいです。
 来年はごちうさの3期もあるそうですし、毎期ごとにきらら系が見られる日もそう遠くないと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】まちカドまぞく 第11話「夢ドリーム再び!!桃色防衛戦を突破せよ」

 まちカドまぞくの11話を見て感想を書かせていただきます。
 最終回が着実に近づく中、優子さんは桃さんの心を開かせることが出来るのでしょうか。
 公式サイトにお父さんの謎と書かれているのがすごく気になるのですが……

【内容】
 優子はこれまでの桃の会話から、彼女と対等に渡り合うために心を開かせようと考えます。
 オープニングの後、ご先祖は桃の心の中に入れと言い、自分に土下座するように仕向けろと言ってきました。
 意を決した優子は布団を敷き、ご先祖は一度侵入した夢ならば直通だと言いますが……

 たくさんの写真でチャンネルをつなげつつ、優子は再び桃の潜在意識までやってきました。
 武器は想像で作れるはずが割り箸鉄砲やフォークしか作れませんでした。
 ご先祖は「健闘を祈る」と言って通信を切りますが、目の前には猫の顔をした人間(?)が立ちはだかります。

 猫の人は優子に先代「千代田 桜」と同じ気配を感じると言い、優子は危機管理フォームになりながら攻撃をかわします。
 追い込まれた優子は足が生えたニューご先祖を出して使いの目を引きますが、扉を開こうにも固く閉ざされていました。
 優子はお弁当を出したら桃が扉を開けてくれて、中に入れたかと思ったらいきなりお説教が始まります。

 ご先祖によると桃は覚醒状態にあるらしく「コーラうめえ」と言って通信を切ります。
 優子は「これで勝ったと思うなよ」と言いますが、優子は部屋から出られなくなってしまいました。
 桃は夢に入る能力があるなら悪いことをいくつも思いつくといい、優子が無理して戦っていると言ってきます。

 優子は自分が体が弱かったと言い、ついでに目も悪かったと言ってきました。
 桃は優子が大事なことを隠していたと言いますが、優子もまた桃が消えたら嫌だと言ってきます。
 父親は出稼ぎに行っているそうで、話を聞いた桃は「シャミ子は色んなことを知らなすぎる」とひと言。

 桃は父親の出稼ぎは嘘だと断言し、母親がそのカギなのではないかと主張します。
 ミカンは桃をたたき起こして夢の世界が壊れ、桃はもっとご家族と「対峙」した方がいいと言ってきました。
 目を覚ました優子は桃がお母さんと「退治」した方がいいと聞き間違えて覚えていました。

 危機管理フォームで桃を追い払おうとした優子ですが、ご先祖は桃に投げ飛ばされてしまいました。
 優子はお好み焼きのことを思い出して、ここを通りたければ自分を倒せと言ってきましたが……
 桃は聞きたいことがたくさんあると言い、お母さんは優子の変身はやらないほうがいいと忠告してきます。

 父と母は魔法少女に結界付きの部屋をあてがってもらったそうで、先代の魔法少女は義理の姉で行方不明なのだとか。
 母によると優子は封印で能力が差し押さえされているのではと考えつつもなんとか命をつなぎ止めたそうです。
 桜が封印を捜査することで金運を犠牲にして優子の命を救い、吉田家は月4万円の生活になってしまったのだとか。

 父親は出稼ぎに行ったわけではなく、桜にミカン箱へと封印されてしまったそうです。
 話を聞いた桃は姉が一家から父親を奪ったことを知り、気持ちを整理する時間がほしいと言って去っていきました。
 桃の態度を見た優子は一体何を思うのか、わたし、気になります!

【感想等】
 夢とドリームは同じ意味ではないかと、そんな突っ込みを入れるのは野暮なのかもしれません。
 1話1話がとにかく面白く、きらら系の底力を見せつけた作品と言ってもいいのかも。
 そうかと思ったら、秋にきらら系がまたなくなっていてショックを受けたのはここだけの話です。

 深層意識に入り込んだものの、武器が割り箸鉄砲やモップ……というのがなんだか面白いです。
 行方不明のお姉さんといい、お父さんのことといい、急にシリアス方向に突き進んでしまいましたが……
 残り1話をどうやってまとめるのかわかりませんが、いっそ分割2クールやってほしいなと思う今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】まちカドまぞく 第10話「ご先祖は進化する!!メガネが映す暗黒部屋」

 まちカドまぞくの10話を見て感想を書かせていただきます。
 今回は小倉さんのメイン回らしいのですが……
 彼女がもしかしたら一番厄介な相手なのかもしれません。

【内容】
 優子は寝過ぎてしまったからとパンをくわえながら学校へ向かいます。
 危機管理フォームに変身するわけにもいかずに遅刻を受け入れる優子さん。
 桃は体組成計やプロテインを準備してきましたが……

 優子はミカンの必殺技を見せてほしいと迫り、ミカンは「ハラスメント!」と反論します。
 桃は変身したかと思ったら特製のプロテインを作り、優子は怪しいトレーニングのビデオを見せられて命の危機を感じます。
 オープニングの後、小倉さんは「強大な力が欲しくない?」と優子達を連行します。

 小倉さんは悪魔や魔術の研究をしているそうですが、倫理以外は満点を取れるほど優秀なので黙認されているそうです。
 優子を「黒魔術研究部」に連れ込んで深淵を覗こうと言い、桃はその前に自分に企画を通せと言ってきました。
 小倉さんはご先祖を魔改造すると言い、新しい依代を作って動かしてみたいと言い、馬糞が原料の手足が作られます。

 最初は奇妙な物体になっていたご先祖でしたが、桃は余った粘土で新しい依代を作ってくれました。
 桃は「脅威にならなさそう」と言い、さらにはボディを自分でも動かしてきました。
 ご先祖は「これで勝ったと思うなよ!」と叫び、その体は温泉に入ると溶けてしまうそうです。

 お母さんはどや顔でポイントカードを見せ、ポイントをためるといい感じのお皿が手に入るそうです。
 お皿3枚ぶんのポイントを集めておそろいのお皿を交換するという一方で、良子はパソコンがおかしくなったと言ってきます。
 「今日からバーベルでスクワットしようか」と言われるのを想像して恐怖を抱く優子でしたが……

 優子は良子を連れて桃の家にやってきましたが、見た途端に「要塞!?」などとのたまいます。
 ジャンクフードを食べている桃を見た優子はうどんを作って食べさせることに。
 優子は妹には理想の姿を見せたいから桃の正体を隠せと言いますが、桃は大切な人に隠し事をされたらきついと反論します。

 良子は優子の嘘を気づいていて、桃を「おねえの軍勢の魔法少女」だと言って目を輝かせます。
 桃は「壊しちゃいけない笑顔もあるのかも」と言い、そこにミカンが出てきてみかんのアイスをくれました。
 良子はミカンも姉の軍門なのかと聞いてきて、気がついたらミカンもまた配下ということになりました。

 パソコンは(優子の家に冷房がないから)熱暴走が原因で、なるべく涼しいところで使ってと言ってきました。
 妹は感想文や日記を書いていて、おねえの参謀になりたいと目を輝かせてきました。
 優子は妹の期待に応えようとしましたが、桃の情報を集めても使えない情報しか出てきませんでした。

 桃は意図的に自分の情報を隠しているのではないか……と推測します。
 妹に聞いてみたら思ったよりもテクニカルでハードルが高いことに驚きます。
 危機感リフォームの写真を見られてしまった優子は「戦じゃぁーっ!」と叫ぶのでした。

【感想等】
 パンを口にくわえて学校に向かうシチュエーションですが、現実にこれをやっている人を見たことはありません。
 危機管理フォームに至っては使える人は限られてくると思いますし……
 これを機にいっそ多魔市に移住できたら楽しい毎日を過ごせるのかもしれません。

 日常系アニメかと思っていたのに小倉さん一人のおかげでだんだん変な方向に進みました。
 小倉さんのファーストネームは「しおん」で、ソウナンですかでも同じような名前がいたような気がします。
 どこまでもお姉さんを持ち上げる良子さんを見るとこのままで大丈夫なのか心配になりました。

 妹さんのおかげで2人の部下を得た優子さんは着実に成果を上げているのかもしれません。
 桃さんが(お姉さんの存在を含めて)情報を隠しているのはいずれは明かされるのでしょうか。
 全部で12話だとしたら残り2話ですが、いっそ2クールやってくれてもいいと思う私がいます。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】まちカドまぞく 第9話「期末テスト!!今日の私は頭脳派まぞく!!」

 まちカドの9話を見て感想を書かせていただきます。
 優子さんと桃さんと、どちらの方がいい成績を取るのでしょうか。
 そして、ミカンさんがどのくらい勉強ができるのかも気になります。

【内容】
 優子はご先祖に危機管理フォームをリテイクしてくれと言い、動きやすい体操服でいいんだと言ってきました。
 オープニングの後、優子は桃に戦力として見てもらおうと彼女なりに悩んでいました。
 杏里に頭に伸びしろがあるのではと言われた優子は夏休み前の期末試験で勝負しろと言ってきました。

 桃はアコーディオン状の答案を出してきたものの、その中身は至って優秀でした。
 理系が壊滅という優子は杏里のおかげで世界史だけの勝負にしてもらいましたが……
 メソポタミアやエジプトはご先祖にまだ負けグセがついていない頃だったそうです。

 リリスはカンニングをしてはどうかと言い、それが家族の幸せに繋がると誘惑してきます。
 テスト当日、ご先祖をコスプレさせて持ってきた優子ですが、桃は徹夜して本気になってきたそうです。
 先生は携帯を回収すると言い、桃の必死な姿を見た優子はご先祖を貴重品扱いにすることに。

 なんとか88点を取った優子でしたが桃は95を取りますが、なにげにリリスが成績優秀者に入っていました。
 ご先祖は先生のご厚意でテストを受けさせてもらったそうですが……
 桃はご先祖に負けたとくやしがり、優子はご先祖をダンベル代わりにしてトレーニングします。

 「ご先祖は私にとって一番の貴重品です」と優子ですが、体操服とともに忘れられてしまいます。
 母は新しい冷蔵庫が来るからと目を輝かせますが、頼んでいた冷蔵庫が家に入らずに涙を流します。
 ミカンは優子に付き合ってほしいと言って映画館にやってきましたが……

 映画「死霊のコサックダンス」は精神的な特訓らしく、ミカンは優子の尻尾をつかんで付き合わせます。
 ミカンは動揺すると周囲の人が不幸になる呪いがありますが、彼女なりに動揺しないようにがんばっているようです。
 ご先祖はコーラとポップコーンで喜び、優子はバイトをしたからとご先祖にシニアのチケットを買います。

 優子は映画で大いに涙する一方、ミカンは安らかに失神したまま終わってしまいました。
 自分を「シャミ子」と呼べと言ってくる優子は次にはミカンでも楽しめる映画を見ようと言っていましたが……
 たまさくらちゃんの映画を見ていた桃にはフォロワー80の公式キャラを支えるという気概がありました。

 桃はミカンと仲違いしてしまい、優子は動揺したミカンのおかげでポップコーンを買わされました。
 優子は修羅場を逃れるために補習へと向かい、終わった後、小倉さんが変な手つきをして立ちはだかります。
 儀式うんぬんと言われてもよくわからないものの、ご先祖は映画に満足したので何よりでした。

【感想等】
 世間は夏休み明けでしたが、こちらはまだ夏休み前だったようです。
 担任の先生が「シャドーミストレスさん」と読んだこととご先祖が意外と優秀だったことに驚きました。
 メソポタミアが得意分野というご先祖はあのギル様とも知り合いだったりするのでしょうか。

 期末テストではミカンさんと絡みませんでしたが、後半ではしっかり絡んでくれました。
 お小遣い500円では映画代をどうするかと心配でしたが、そこはミカンさんがおごってくれたので何よりでした。
 ご先祖が貴重品だったらチケットを買う必要は無かったのかもしれませんが……

 ゾンビさんに感情移入する優子さんですが、いつかは同じきらら系の「がっこうぐらし」とコラボしてほしいです。
 たまさくらさんを必死に支える桃さんのお姿に同一人物説をちょっと考えてしまいました。
 次回は小倉さんのメイン回らしいのですが、妹さんもちょっと出てくるので期待しようと思います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】まちカドまぞく 第8話「呪われた果実!!酸っぱいミカンにご用心!!」

 まちカドまぞくの8話を見て感想を書かせていただきます。
 ついに2人目の魔法少女に出くわしてしまった優子さんですが……
 桃、ミカンと果物のお名前が続くとなんだかお腹がすいてきます。

【内容】
 着ぐるみのアルバイトをしていた優子は新たな魔法少女とエンカウントしてしまいます。
 ミカンは道を聞いてきて、はっきりと自分を魔法少女と名乗ってきました。
 彼女は少し警戒モードだと言い、この街の魔法少女が魔族に倒されたと聞いていました。

 「挨拶代わりにしばいて様子を見る」と物騒なことを言い出すミカンさん。
 優子は挙動がおかしくなり、着ぐるみを脱げと言われ、裏まで来てと壁ドンされてしまいます。
 ツノを見られた優子は危機管理モードに変身しますが……

 ミカンは「こんな弱そうな子しばかないわよ!」とむしろ優子に同情します。
 桃は「通報しようか迷ってた」などとのたまってきますが……
 「まぞくに魔力を取られた」という手紙を受けたミカンが心配してやって来たそうです。

 ミカンに「先輩だと思って何でも頼りなさい」と言われた優子は「これで勝ったと思うなよ」と叫びます。
 学校で掃除をしていた優子ですがまたもミカンがやってきました。
 いつも「シャミ子」と呼ばれていたことで「優子」と言われて気づかなかった優子なのでした。

 ミカンはご先祖様を燃えるゴミだと間違えますが、このまま優子の護衛をするから転校すると言ってきます。
 優子はミカンが桃のような隠れ筋トレ好きではないと知って感激のあまり涙を流します。
 桃はびしょびしょになってミカンを探していて、これはミカンの力に巻き込まれたとのことです。

 先生だけでなく小倉さんは謎のゴミを大量に出してきて、そのこと自体が一つの疑問になりました。
 ミカンには動揺するとささやかな困難が発動する呪いがあるらしく、とりあえず散らかったゴミを片付けることにしました。
 優子は自分と似たような境遇のミカンに同情しつつも、血液デトックスして待っているがいいと謎のフォローをします。

 優子はご先祖をペットボトルと間違えて棄ててしまい、ゴミ袋を再びあさることに。
 この後はトレーニングを強いられる優子ですが、桃は優子が全裸(危機管理フォーム)になっていたと突っ込みを入れます。
 あの半裸フォームは一族の力を強めるフォームらしいのですが……

 ミカンは昔の桃は可愛い変身をしてきたそうですが、怒った桃は今日は自分でごはんを作ると言ってきます。
 優子は危機管理モードになろうとしましたがご先祖を振っても変身できませんでした。
 桃は「街とシャミ子のためだからだよ」と尻尾を縛り付け、杖で必殺技の構えをしてきましたが……

 桃は疲れがたまっているらしくその場で眠ってしまいました。
 思ったよりも消費が激しいらしく、ミカンは魔法少女が力を使い果たすと消滅してしまうとひと言。
 目を覚ました桃に優子は「もう少しがんばります」と言って桃に認められたいと訴えるのでした。

 「正拳突きとアンクルロックと一本背負い……どれがいい」と迫ってくる桃さん。
 優子は恐怖のあまり変身し、いつもどおり「覚えてろ」と言って夕陽に向かって走っていくのでした。
 そして回覧板で不審者扱いされることに危機感を抱く優子なのでした。

【感想等】
 優子さんと桃さんとの間に、ついに第三勢力が介入してきたという感じでしょうか。
 強引に誤解を招く言い回しをしてくるミカンさんもまた普通にいい人……のようです。
 隠れ筋トレ好きと言われる桃さんはダンベルのアニメの方が似合っているのかもしれません。

 桃さんは隠れ筋トレ好き、ミカンさんは不幸体質と、魔法少女も癖のある人が続きます。
 果物シリーズが続くならユズやりんごといった名前のキャラがでるのかはわかりませんが……
 公式サイトはミカンさんで打ち止めなのでこれ以上はキャラはでないと考えてもいいかも。

 桃さんの過去は相変わらず謎に包まれていますが、今の一人暮らしを見るとわけありなのは間違いないはず。
 なんどもご先祖を振って「危機管理」と連呼する優子さんはすごく可愛いなと思います。
 「消滅」という物騒な単語のことが気になりますが、きらら系はハッピーエンドになると信じ抜きたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム