【アニメ感想】胡蝶綺~若き信長~ 第12話(終)「桶狭間」

 わかのぶの最終回(12話)を見て感想を書かせていただきます。
 兄弟対決が終わり、気がつけば今川義元さんが本作のラスボスらしいです。
 そういえば前回、信長さんを呼び出した将軍さんはどうしたのでしょうか。

【内容】
 今川義元の侵攻が近いと知った信長は砦を強化して対処しようとします。
 和尚は信長が「脂がのったいい時期」だと言い、義元は理性を失った獣だと言ってきました。
 利家は境内で槍を振り回して神主に怒られ、信長の元に礼次郎もやってきます。

 礼次郎は今川軍が1万の兵を整えていると言い、こちらはかき集めても2000が限度なのだとか。
 兵力の差が5倍ではどうしようもなく、信清は服部なる海賊を仲間にすると言ってきますがむしろ敵に回られます。
 三河に今川軍が入り込んだと言われ、信長は勝つ方法がないと言って出て行ってしまいます。

 子供が雨がくるのを知っているのを見た信長は経験に勝る力なしだとひと言。
 死んだはずの信勝や父親が出てきて狩りをするには獲物が出るのをじっと待てと言ってきます。
 信長は今川軍の進路を予測し、隊列が伸びるところを横から突撃することを考えます。

 一同は信長の策に同調し、信長はこの時点で勝利を確信していたそうですが……
 敵は4万の兵を出したと聞いて恐れおののきますが、ここまで来たらやるしかないと言ってきました。
 信長は和尚に最後の頼みをし、和尚は信長が天下人になるかどうか賭けたとひと言。

 今川軍が丸根砦に攻め入った頃、信長はその姿を消してしまいます。
 礼次郎と恒興は信長が自分の首を差しだそうとしていると推測し、それを止めようと出撃します。
 信長は利家に迫られ、恒興や礼次郎もまた信長を信じていると訴えてきました。

 和尚を和睦の使者として送ったはずがはなから届けるつもりはなかったと言い出します。
 家臣団が出てきて信長は覚悟を決め、飯を持ってこいと言い出しますが……
 天が味方する以上は勝利は揺るぎないと言い、本隊を襲撃して義元の首を取って終わるのでした。

【感想等】
 歴史ものだと思っていたらBLだったのは色々な意味で衝撃を受けました。
 BL要員としてこれ以上ない蘭丸さんは出ないまま終わりましたが……
 亡き弟さんだけでなくお父さんまで出てきたのは全く想像していませんでした。

 部下が一つにまとまっているところを見ると弟さんの犠牲は無駄ではなかったと思います。
 さすがに最終回ではBLっぽさはなりを潜めていましたが……
 義元さんはあっさり倒れたのは別の意味で驚きでしたが、2期の放送はあるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】胡蝶綺~若き信長~ 第11話「上洛」

 わかのぶの11話を見て感想を書かせていただきます。
 弟さんを失った哀しみを背負い、信長さんはますます強くなっていく……のでしょうか。
 9話で出奔した帰蝶さんのことが気になる今日この頃です。

【内容】
 利家は馬に語りかけていて、尾張の守護である義銀は馬を出せとごねてきました。
 恒興は従わない利家に腹を切れと言ってきて、利家も腹を切ると言ってきましたが……
 おじけづいた義銀は去っていき、尾張の実質的な支配者が信長であることは明らかでした。

 信長が尾張を統一するのも目前だと部下が沸き立ち、吉乃が出てきてますますテンションが上がります。
 ふと亡き弟のことを思い出した信長はあえて元気に振る舞っているようですが……
 同朋衆の捨阿弥なる人物が出てきて、信長は香炉の匂いをかいで急に気を失ってしまいます。

 利家は捨阿弥を捕まえて尋問しようとしたら、捨阿弥は取っ組み合いで足を滑らせて死んでしまいます。
 暗殺の証拠がない以上は同朋衆が動く可能性が出てきて、利家は責任をとって信長の元を去っていきました。
 帰蝶が去り、信勝が死に、さらに利家が去っていき、義銀が同朋衆を操っているのではと推測されます。

 書状で義銀が義龍と繋がって信長の暗殺を依頼していたことが明らかになります。
 義銀は開き直って犯行を認め、信長は失意の中で義銀を追放して尾張の支配者となりましたが……
 信長は呼び出しを受けて上洛させられ、鮒寿司を食べてその味に困惑します。

 宿場で暗殺者が出てきたもののその場で自害され、信長達はなんとか京へとたどり着きました。
 ようやく将軍との拝謁がかなうことになり、うまく話がついたとのことですが……
 突然敵に取り囲まれた信長達でしたが、帰蝶としか思えない忍者に救出されます。

 信長は自分は帰蝶ではないという忍者にそばにいてくれと言ってきました。
 結局、謁見そのものが罠だとわかり、帰蝶は馬場礼次郎という名前を名乗ってきました。
 そして信長の前に今川義元という最大の試練が襲いかかるのでした。

【感想等】
 ラスボスになりそうだった蔵人さんは弟さんが最後に掃除してくれました。
 順当にいけばあと2話で最終回ですが、今のペースだと本能寺の変はなさそうです。
 突然に出てきた義銀さんがラスボスだと思っていたらあっさりと追放されてしまいます。

 守護をあっさりと追放して幕府に呼び出されたものの、室町幕府が滅ぶのも割と近かったかと。
 帰蝶さんが再登場したかと思ったらレイジロウと言われて言葉を失いました。
 流れから今川義元さんがラスボスっぽいですが、そのあとはざっとダイジェストで終わるのかも。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】胡蝶綺~若き信長~ 第10話「兄と弟」

 わかのぶの10話を見て感想を書かせていただきます。
 あれだけ仲がよかった兄と弟は結局ぶつかり合うしかなくなってしまうのでしょうか。
 蔵人さんを追放すれば事足りるようにも思えますが……

【内容】
 亡き父の夢を見たはずが兄の夢を見て、信勝は精神が不安定になってしまいます。
 蔵人は信勝に抱きついて新たな策を打つべきと言い、手はずは全て自分が整えると言ってきました。
 利家は末森城を監視下に置くべきと言いますが、信長は証拠がないと言って退けます。

 信長は帰蝶が去ったことでショックを受けていて、信勝はまだやることがあるとひと言。
 この頃に信長を守るための親衛隊が作られていたようですが……
 吉乃は帰蝶が自分を訪ねてきたことを、信長の心の支えになってほしいと言っていたことを告げます。

 卑怯者の手口には賛同できないという勝家でしたが、信勝に言われて思いとどまります。
 恒興は母親の容態が急変したと言って去っていき、このことは信長には言うなと念を押します。
 知らせそのものが罠であり、恒興が拘束されたので信長が出向かざるを得ませんでした。

 蔵人は「優れた家臣がいれば十分」と言いますが、信勝は「お前の役目はこれまでだ」と蔵人を殺そうとします。
 信長と対峙した信勝は秀孝の弔い合戦に来なかったことと父の葬儀に来なかったことを非難しますが……
 自分を生かしたことを「武士を軽んじている」と非難する信勝は、いずれ信長が身近な者に討たれると予言します。

 信勝は恒興はすでに殺されたと言って兄を煽り、信長は信勝を一突きにして決着をつけます。
 そこに恒興や勝家がやってきて、信勝は自分だけを咎人にしてほしいと言って命を落とします。
 信長は信勝が秀孝にあてた血まみれの手紙を見て弟の真意を知り、生まれた息子を見て弟に似ていると言い出すのでした。

【感想等】
 信長さんを中心とした歴史ものだと思って見ていたら、ギヴンに並ぶBLアニメというのが結論でした。
 「ノブナガ先生の幼な妻」や「ノブナガン」など、いつの時代も信長さんがいじられるのは人気者ゆえでしょうか。
 極論を言えば蘭丸さんが出ていればBL要員としては事足りると思いますが……

 自分を「優れた家臣」だと言っている蔵人さんですが、ただの自意識過剰にしか見えませんでした。
 信勝さんがわざと信長さんを怒らせようとしてくるところが「北斗の拳」のシンさんに見えたのは私だけかもしれません。
 蔵人さんがいなくなり、信勝さんが亡くなった今、あとは帰蝶さんを取り戻してお話が終わるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】胡蝶綺~若き信長~ 第9話「別離」

 わかのぶの9話を見て感想を書かせていただきます。
 信長さんと信勝さんはどちらかが倒れなければならないのでしょうか。
 蔵人さんの行動原理がいまだによくわかりませんが……

【内容】
 斉藤道三は息子の義龍とのいざこざで討ち死にし、帰蝶は父の死にショックを受けてしまいます。
 信長は帰蝶が父親を恨んでいると知りつつも「人は死ぬとき許されなければならない」と言ってきましたが……
 しかし、身内が相次いで義龍についてきて、さらには大蛇が出たというニュースまで流れてきました。

 蛇の話題はなぜか世継ぎの話題になりますが、牛を飲み込んだ大蛇に領民は頭を抱えていました。
 噂を流していたのは蔵人ですが、姉は帰蝶が世継ぎを産んだと言って安泰のために絶対に子供が必要だと言ってきます。
 信長はメガネをかけて調べ物をし南蛮にはニシキヘビという大蛇がいてそれが原因ではないかと推測しますが……

 帰蝶は自分が子供を産めなくて役に立っていないと言いますが、信長は抱きついてフォローします。
 信長はお市を信清と結婚させますが、姉は信清のセクハラに憤って決裂します。
 帰蝶は忍者の襲撃を受けたものの返り討ちにし、蔵人は自分が次の手を打っていると信勝に告げます。
 領民が蛇におびえたと聞いた信長は水を抜いて蛇を捕まえると言ってきました。

 蔵人は先に池にやって来て作業していて、信勝の命令でやっていると言ってきます。
 帰蝶は足を滑らせてしまい、蔵人は信長の暗殺に失敗したからと捜索は明日にすると言ってきました。
 忍者がいたと聞いた恒興は信勝の策略ではないかと推測し、信清もまた独自の行動を開始します。

 帰蝶は蔵人の前に現れて戦闘を開始しますが、徐々に追い詰められてしまいます。
 蔵人は信勝を尾張の覇者にすると言い放ち、帰蝶を何とか退けますが……
 恒興は帰蝶の体がボロボロになっていることに気づき、池の一件を報告すべきと進言します。

 信清が出てきて場の空気が悪くなりますが、そこに蛇が出てきて忍者を攻撃します。
 姉が信清を助けたかと思えば信清はあなたほど気の強い女を嫁にほしいと言い出します。
 帰蝶は信長に刃を突きつけて吉乃となら幸せになれると言って去っていきます。

 蔵人は「信勝は傀儡に過ぎぬ」と薄ら笑いを浮かべ、信勝は思いきりそれを聞いてしまうのでした。

【感想等】
 実の兄弟や親子が殺し合う、そんな戦国の世の「宿命」が朝から重くのしかかってきます。
 義龍さんと道三さんのいざこざは気づいたら決着がついていたという感じでしたが……
 兄弟げんかのお話がいきなり特定外来種(?)の話題になるとは色々な意味で想定外でした。

 お市さんが東山さんのお声で嫁に行くと言えば、ふと「かくりよの宿飯」で「鬼嫁」と言われていたことをふと思い出します。
 池の水を抜くというバラエティがあったような気がしますが、あれも信長さんのアイデアだったのかも。
 弟さんとの別れのはずが離婚騒動になってしまい、お話がどこに向かうのかますますわからなくなりました。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】胡蝶綺~若き信長~ 第8話「信勝」

 わかのぶの8話を見て感想を書かせていただきます。
 一気に冷え込んだ兄弟関係はもう戦って解決するしかないのでしょうか。
 あんなに一緒だったのにとガンダムSEEDの歌が脳内再生されますが……

【内容】
 帰蝶は秀孝の冥福を祈り、苦しみや哀しみを知らずに逝ってしまったことは幸せだったのかとつぶやきます。
 信勝は自ら後継者になるといい、信長の追放に向けて部下は一致団結します。
 蔵人は農民を買収しても生き延びるべきと言い、信勝は「鬼とは色のない世に住んでいる」と言い出します。

 村長のお鶴は村で戦が起こりそうだと言い、信長は信勝が自分を討とうとしていると聞いて動揺します。
 恒興は「感傷は甘え」だと信長に進言し、帰蝶は恒興が一途に信長を思っているとひと言。
 吉乃はかつて信長が慕っている相手ですが今の信長は帰蝶を想い、帰蝶にはその優しさが苦しいとのこと。

 蔵人は周囲の農民を買収し、信勝は覚悟を決めて信長を討つと宣言します。
 村を占領されたと聞いた信長はついに兵を出すことを決断し、信勝のあまりの豹変に部下は違和感を覚えます。
 信長の軍が700に対して信勝の軍は1700と、圧倒的に不利な状況で戦が始まりますが……

 前線に立った恒興の奮闘が兵士を鼓舞し、信長は「感傷を捨てろ」とかつての部下を抹殺します。
 帰蝶は吉乃を探し回り、吉乃は信長を助けてほしいと言って去っていきました。
 軍が総崩れになったと聞いた信勝は自ら出撃し、金で集めた軍隊は烏合の衆だと言われてしまいます。

 信長は信勝を目の前にしてなぜなのかと言い、負けた信勝は拘留された挙げ句に自ら命を絶とうとします。
 母親は土下座して信勝の命を助けてほしいと訴えますが、部下は信勝に厳しい処分を下せと迫ってきました。
 信長はもう身内同士の戦いはしたくないと言い、土下座して弟を許してやってほしいと言いますが……

 蔵人は「生き延びさえすればいくらでも機はある」と信勝を誘惑してくるのでした。

【感想等】
 出てきたばかりの蔵人さんの思惑どおりにことが運びますが、弟さんもお母さんも彼の言うことを信じすぎではないかと。
 部下は元々信長さんに反発していたから蔵人さんに同調するとは思っていましたが……
 闇墜ちした信勝さんが「盾の勇者」にしか聞こえなくなり、蔵人さんがアインズ様という豪華キャストが素敵です。

 ますます激しくなる戦いを見て、戦国時代と世紀末は紙一重なのかもしれないとふと思いました。
 前々回からギヴンに匹敵するBLをみせてきた本作ですが、弟さんを倒すことで信長さんが魔王として覚醒するのでしょうか。
 次回タイトルが「別離」なので確実に弟さんが倒れることになりそうですが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム