【アニメ感想】からかい上手の高木さん2 第7話「林間学校」

 高木さんの2期7話を見て感想を書かせていただきます。
 前回に色々言われていたとおり、今回は林間学校のお話になりました。
 林間学校でもやっぱりからかわれてしまうのでしょうか。

【内容】
 林間学校が行われ、まずは担任の先生と生徒一同が記念撮影を取ります。
 西片は高木さんの肩越しにピースをして心霊写真にしようとしますが……
 気づいたら西片が大爆笑した写真が思い出として残ってしまうのでした。

 オープニングの後、西片の地図を頼りに移動しますが、他の生徒の前では作戦を実行できません。
 真野は歩けないと言って中井と二人きりになろうとし、空気を読んだ高木さんは「見せたいものがあるんでしょ」と言ってきます。
 うまく高木さんと2人きりになった西片はからかおうとしたものの突然雨が降ってきたので雨宿りをします。

 高木さんはファスナーが壊れたと言ってジャージを脱いできて西片はドキドキしてしまいます。
 西片はここでおやつタイムをしようと言って、おやつを使って勝負しようと誘いをかけてきましたが……
 高木さんは食べさせてくれるんでしょと言ってきて、西片はドキドキしながらやってやるぞと意気込みます。

 西片は「丸めた草」シリーズではないものを選んであっさりと見抜かれてしまいます。
 場面が変わって三人娘がカレーを作っていましたが、ユカリは指を切って見学になってしまったそうです。
 ミナは愛情一杯のカレーを作ると言い、ユカリは涙が流れたもののたまねぎのせいだとごまかします。

 カレーを食べるシーンになり、木村は7杯食べたと言ってどや顔をします。
 西片は学校にいるときと変わらないことに焦り、カレーを食べることを忘れていました。
 そこに高木さんが声をかけてきて、何か思いついたのかと聞いてきましたが……

 高木さんは手をつなげたら西片の勝ちだと言い、西片は思わず顔を真っ赤にしてしまいます。
 キャンプファイヤーで好きな人と最後に手をつなぐと両思いになるらしいです。
 浜口は北条と手をつなごうとし、西片は高木さんを意識し、木村、高尾は女子側に回らされて男子と手をつなぐ羽目に。

 西片は高木さんを意識したものの、ギリギリのところで手をつなぐことが出来ませんでした。
 ユカリとサナエは懐中電灯で合図をしていたものの、結局は先生に見つかってしまいました。
 西片は眠れなくてテントを飛び出し、高木さんと2人きりになってまたも顔を真っ赤にしてしまいました。

 近づいてくる先生から逃れるために密着した姿勢になり、耳元でささやかれてドキドキする西片くん。
 高木さんは「西片と一緒に星が見たい」と言い、ちょうど七夕の時期にあたるそうですが……
 「あの川を渡ってこっちに来て」と言われても、何のことなのかわからないちょっと鈍感な西片なのでした。

【感想等】
 サブタイトル1つというのはもしかしたらこれまでなかった……のかも。
 心なしか作画や背景もいつもより綺麗になったような気がします。
 冒頭の最後に写真を見ていた人はおそらく大人になった高木さんだと思われます。

 高木さんの行動がいつにもまして色っぽく見えて、本当に中学生なのかと思えてきました。
 西片くんの反応は中学1年の時から変わっていませんが、年齢相当の男子の反応なのでしょうか。
 キャンプファイヤーの恋の伝説はごと嫁とかあらおととか色々な前例が頭に浮かびますが……

 手をつなぐことが出来なかったものの、2人きりの思い出が出来たのはよかったのではないかと。
 星を見ているとふと「宙のまにまに」のことが頭に浮かんだりしました。
 七夕の時期が終わったら現実よりもかなり遅い夏休みが始まる……のでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】からかい上手の高木さん2 第6話「リベンジ/ドッジボール/買い食い/デート」

 高木さんの2期6話を見て感想を書かせていただきます。
 2年生になったかと思ったら夏服になり、季節の巡りが早いなと実感します。
 中学生でドッジボールはあまりやらなかった……かも。

【内容】
 西片はスポーツテストの合計点で勝負すると言い、自分が勝ったらからかうのをやめてほしいと言ってきます。
 高木さんは自分が勝ったら一生からかってもいいかと言ってきましたが……
 西片はトレーニングの成果もあって高得点を出しますが、次の前屈は西片の苦手種目でした。

 高木さんは相変わらず柔らかく、3点に対して10点で逆転してきました。
 最終種目「握力」は西片が自信がある種目でしたが、いきなり木村に話しかけられて調子を崩します。
 全ての力を出し切ろうと集中した西片ですが、今度は高木さんに話しかけられます。

 自分と直接握力勝負しようと言ってくる高木さんに憤る西片くん。
 最大57キロ出せるはずが高木さんの手を意識して強く握れなかったようです。
 西片は自ら負けを認め、高木さんは来年も勝負しようねと語りかけるのでした。

 明日から林間学校が始まるらしく、しおりの制作者のところには西片の名前が書かれていました。
 西片は高木さんをぎゃふんと言わせるために彼女を誘いにきましたが……
 ドッジボールをすることになりますが、西片は今日の体育でよけまくったことを思い出します。

 高木さんは「いつ投げようかな……」とじらしてきて、後ろを向いた隙にボールをぶつけてきます。
 もう一度勝負することになり、高木さんは「西片にはよけるより受け止めてほしい」と煽ってきました。
 「追いかけて受け止めてくれるのかな」と言われた西片は赤面してしまいますが……

 高木さんは高く投げてきて、西片は受け止めようとして指ではじいてしまいました。
 「追いかけてくれてうれしかったよ」と言ってくる高木さん。
 場面が変わってミナ達3人組が駄菓子屋にやってきて、大量に駄菓子を買い込みます。

 ミナは当たりが出たと言ってもう1本もらってきてユカリに渡してきました。
 猫がお菓子を奪っていったので追いかけていき、必死に追いかけて行きますが……
 サナエは猫が子猫にお菓子をあげているのを見て見逃すことを決意するのでした。

 かばんとおやつを置き忘れたことを思い出しますが、林間学校は明日にせまっていました。
 西片は「受け止めてほしい?」と誘惑(?)してきて、罰ゲームとして林間学校のお菓子を一緒に買うことに。
 高木さんはことごとく西片と違うお菓子を選び、かえっこできないからと言ってきました。

 西片はカップ麺に目がいき、ナルトが分厚いラーメンが好きだと言ってきました。
 2人はその場で食べることにして、高木さんは「デートみたいだね」と言って西片は困惑します。
 そこに高尾や木村がやってきてデートだと思いっきり勘違いされてしまうのでした。

 「デートって思われるの、嫌?」と声をかけてくる高木さん。
 舌なめずりをしながら「楽しみだね、林間学校」と笑顔を見せてくるのでした。

【感想等】
 高木さんの扇情的な態度に彼女が本当に中学2年生なのかと思えてきました。
 それを言えば「まどマギ」のマミさんの落ち着いた態度も中学3年生とは思えません。
 西片くんが中学2年生になっても精神的に成長していないだけなのかもしれませんが……

 いつも高木さんが勝つのはいいとしても、彼女と話していたポニーテールの子は誰なのでしょうか。
 林間学校のしおりを作るという西片くんの「意外」な才能も素敵だと思います。
 駄菓子屋さんの風景に郷愁を感じますが、近所の駄菓子屋さんはすでに潰れていたは悲しいです。

 少し前に「だがしかし」という作品がありましたが、まさかの3期放送はないのでしょうか。
 猫さんが子猫さんにお菓子をあげているのを見てなんだか微笑ましい気持ちになったのは私だけではないはず。
 高木さんと西片くんが付き合っているようにしか見えないと思いつつ、次回は林間学校でしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】からかい上手の高木さん2 第5話「質問/まゆ毛/放課後/ハッピーバースデー/くしゃみ」

 高木さんの2期5話を見て感想を書かせていただきます。
 公式サイトを見たら高木さんが浴衣姿になっていてちょっと驚きました。
 作中でも夏祭りのお話があるのか、わたし、気になります!

【内容】
 登校してきた高木さんは西片に声をかけますが、西片は空を見上げて「俺はいつも通りだ」とひと言。
 昨日テレビで西部劇を見て「ダンディはからかわれない」と気づいたはずでしたが……
 いきなり脇腹をつつかれ高木さんは「こんなんじゃダンディとはほど遠いよ」と攻撃してきました。

 西片はテレビのシーンを参考に質問していくと言いますが、高木さんはノリノリで「俺からでいいかな」と言ってきます。
 「私の好きな人って誰だと思う?」と言われて西片は固まってしまいました。
 ズドン、ズドンと脇腹に攻撃されたかと思えば、今度は自分の弱点は西片を見るとからかうことだとひと言。

 「うそついてもズドンだよ」と絡んでくる高木さんを見て、ミナも銃を撃つ仕草をしてきました。
 ユカリ、サナエが眉毛が太い人が優しいと言っていて、眉毛が太いと言われたミナは馬鹿にされたのかと考えます。
 色々と言われてしまったユカリは「あんたのまゆげ、変」と言って反撃してきました。

 ミナは犬の散歩で運動していて、ユカリは林間学校の準備委員をしていて放課後は忙しいとのこと。
 ユカリは西片を呼び止め、その西片は高木さんと引き離されてつらそうに見えてきました。
 現実には西片はからかわれる回数が減ったものの、高木さんがからかうこと自体が減っていないことを嘆いていました。

 高木さんは一人で下校していてガチャガチャをし、休みに目を覚ました西片は母にケーキがあると言ってきました。
 西片はケーキ屋さんにケーキを取りに行くことになり、途中で高木さんと鉢合わせます。
 誕生ケーキを取りに行くことをバレないために勝負するといい、あえて「ケーキ」という言葉を出してきます。

 高木さんはケーキ屋さんに行くらしいですが、西片も即座にケーキ屋さんに行くことを見抜かれます。
 男子がケーキ屋さんに行くことを恥ずかしく思っていることまで見抜いてきた高木さんに愕然とする西片くん。
 高木さんは先にケーキを買うといい、手を握って「おめでとう」と言って帰っていきました。

 西片は帰宅して高木さんのケーキを見て顔を赤らめていました。
 キーホルダーをいじって「キュンキュン」とやってくる西片なのでした。

 西片はくしゃみをしてきて、高木さんは「からかいやすい」のではないかと突っ込んできます。
 なんとかして高木さんをからかおうとする西片に対し、別のところではくしゃみしたユカリが恋バナじゃないかと言っていました。
 ユカリは高木さんと西片が付き合っているんじゃないかと言い、真野と中井はいちゃいちゃしていました。

 真野は北条さんくらい美人だったらと言いますが、中井はお前も十分……と言ってきます。
 北条さんは大人びる浜口を心配し、木村はおにぎりを食べながら平然としていました。
 高尾は高木さんが西片と付き合っていると言いますが、告白するのは怖い……そうです。

 高木さんがくしゃみしてきて、西片はからかいすぎじゃないかと突っ込んできます。
 キーホルダーをちゃんと身につけている西片でしたが……
 最後は「プレゼントありがとう」「どういたしまして」と会話を交わすのでした。

【感想等】
 公式サイトに出ていないポニーテールの子が誰なのか、そればかりを考えながら見ていました。
 100%片思いだけでなく、けっこう見ているものが同じところに相性の良さがうかがえるかと。
 脇腹を連続攻撃されて慌てふためく「ダンディ」こと西片くんとズドンと言ってくるミナさんがすごく可愛いです。

 今回はユカリさんやミナさんの出番が割と多く、いつもとちょっと違った感じのお話と言ってもいいかも。
 誕生日が思わぬ形で羞恥プレイになってしまうのはある意味では興味深いです。
 プレゼントを渡してきた高木さんを見て、西片くんが顔を赤くするところもまた素敵でした。

 ユカリさんのお言葉のとおり、毎回ながら高木さんと西片くんが付き合っているように見えてきます。
 北条さんと浜口さんまで出てきたものの、ポニーテールの子は全く出てきませんでした。
 西片くんのお母さんが日高のり子さんだったことに驚きつつ、次回こそはポニーテールの子の登場に期待します。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】からかい上手の高木さん2 第4話「腕ずもう/大人っぽく/にがみ/自転車」

 高木さんの2期4話を見て感想を書かせていただきます。
 2年生に進級しても西片くんのやることはあまり変わらない……のでしょうか。
 自転車だと普通はヘルメットが必要なのではないかと思います。

【内容】
 西片は腕相撲で勝利し、からかわれた回数×3回の腕立て伏せの成果が出てきました。
 掃除をしていると高木さんが意味深な笑顔で声をかけてきました。
 高木さんは腕相撲をしようと言ってきて、西片はその柔らかい手触りに興奮します。

 西片は高木さんの弱さを前に、俺が強くなりすぎたんじゃないかと思っていましたが……
 興奮していた隙を突かれて西片は逆転負けを喫してしまいます。
 西片はもう一度勝負しますが、今日、手つないで帰ろうかと言われて負けてしまいます。

 西片と高木さんが掃除をしていたかと思えば、今度はミナが「花って儚いな」と言っていました。
 青春だっていつかは終わってしまうと言いますが、ユカリは子供っぽいと断言します。
 それでもミナが涙目になったので「大人っぽい」と言ってごまかしますが……

 帰り道、高木さんは西片にジュース(100円)をおごってもらいますが、西片はこれは敗北の味……とつぶやきます。
 回想シーンでは浜口は北条さんが「私、大人っぽい子が好き」と言っていたと言っていたそうですが……
 木村は大人っぽいものといえばコーシーだと言い、西片は大人っぽさを見せるためにブラックコーヒーを飲もうとします。

 苦みに耐えて「コーヒーにひれ伏すがいい」と意味不明なことを言ってコーヒーを飲む西片くん。
 高木さんはメロンソーダを出してきて「交換してあげようか」と言ってきましたが……
 西片は「俺、コーヒー好きだから」と言いますが、高木さんは一口飲むかと間接キスに持っていこうとします。

 「コーヒー飲んでも大人っぽくないよ」
 「西片が大人っぽくなっても私はがんばってからかうよ」
 と言ってくる高木さんなのでした。

 西片はまたも自販機の前に立ち、昨日は散々だったと言っていました。
 そこに高木さんが出てきますが、今日は高木さんは自転車に乗っていませんでした。
 「西片と手をつなぎたくて置いてきた」と言われて顔を赤くする西片くん。

 西片は自転車じゃない理由を当てられたら俺の勝ちだとどや顔をします。
 昨日の高木さんがブレーキのききが悪かったと言っていたことを聞き逃していなかったようです。
 西片は慎重に行動しようとしますが、高木さんはケンパ遊びをはじめます。

 「高木さん、この勝負公平じゃない気がするんだけど……」と西片くん。
 周囲には猫がたくさんいて、西片は探偵のかっこうをしてブレーキのことを語り出しますが……
 高木さんはあちこち悩んでいる西片を見たかったからと言ってくるのでした。

 最後は「最初に言ったんだけどね」と煽ってくる高木さんなのでした。

【感想等】
 オープニングの色々な衣装を見ていて、なにげにチャイナドレスまで入っていたことに驚きました。
 公式サイトに出ているポニーテールの子がすごく気になるのは私だけでしょうか。
 西片くんの中の人が結婚したものの、もう高木さんと付き合えと思えてくるのが興味深いです。

 高木さんが西片くんを翻弄するところは面白く、ミナさんがシャミ子さんもとい優子さんに聞こえてきます。
 人の夢とかいて儚いと読むのはもの悲しい……というのはアグリアスさんの言葉だったかと。
 「青春だっていつかは終わってしまう」という言葉にふと涙が浮かんでしまったのはここだけの話です。

 100円のジュースはちょっと安い一方で、コーヒーにひれ伏すがいいという発言には笑いました。
 毎回ながらデートを楽しんでいるようにしか見えないのはご愛敬でしょうか。
 朝からねこさんと高木さんに癒されながら、最後までがんばってみていきたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】からかい上手の高木さん2 第3話「エイプリルフール/お花見/呼び方/進級」

 高木さんの3話を見て感想を書かせていただきます。
 前回がバレンタイン、今回がお花見と、1話ごとに少しずつ時間が進んでいるようです。
 2期が終わる頃にはどこまで彼らが成長しているのかちょっと気になります。

【内容】
 西片は高木さんを呼び出し、顔を赤らめながらも特売の駄菓子をおごると言ってきました。
 高木さんはミナ達がお花見をしていると言ってきました。
 今日は4月1日のエイプリルフールであり、実は駄菓子の特売をやっていないと言っていましたが……

 駄菓子屋は本当に特売をやっていて、西片は悔しそうな顔を浮かべます。
 高木さんは「まるめた草」というお菓子がおいしいと言ってきて、西片は高木さんに勝つために食べたら普通においしかったです。
 西片は何か手立てはないかと考えますが、高木さんは西片の表情がバレバレだと言ってきました。

 高木さんは「今から嘘はなしね」と言い、顔を近づけて西片を誘惑(?)します。
 「2年になっても同じクラスになりたい?」と言い、生徒の関係でクラスが1つ増えてクラス替えの可能性があるそうです。
 高木さんと違うクラスになればからかわれないのではないかと考える西片ですが……

 クラスが増えるというのは3年のことであり、2年は従来通り同じクラスなのだとか。
 高木さんは「2年になってもお隣だといいね」と言い、サナエ、ミナ、ユカリがお花見をしていました。
 ミナはずっと足踏みをして「ダイエット」をすると言い、将来に目を向けようと言ってきました。

 世の中の男はちょっと太っているくらいが好きだそうですが、ミナはテレビに出ている人間はみんな痩せているのかと反論します。
 そこにお菓子を買ってきた高木さんがやってきてお菓子を食べるのだと気を取り直すミナさん。
 場面が変わって西片は「100%片思い」を読んで入学時のことを思い出しますが……

 当時の高木さんは西片「くん」と呼んでいましたが、からかわれているのは通常通りでした。
 呼び捨ては威圧感を覚えるという言葉を知った西片は高木さんをあえて呼び捨てにしてきました。
 高木さんが近づいてきたらつい驚いて「さん」を付けてしまいましたが……

 「本当のこと言ってくれたら帰るよ」と迫ってくる高木さん。
 西片は威圧感を与えられると言ってきましたが、呼び捨てにしてもいいよと言われると逆に威圧感を受けます。
 呼び捨ては親しみを感じるなどと言いながらも「じゃあね、西片」と言ってくる高木さんなのでした。

 あれからはや1年が経過し、アニメ2期の帯を見ながら「2年になった自分はひと味違う」と考える西片くん。
 進級してこれまでと違う自分になったはずの西片は高木さんを呼び捨てにするはずが条件反射でさん付けしてしまいます。
 「俺達も先輩になったんだから」と言ってからかいを卒業しようと言い出す西片でしたが……

 高木さんは「じゃあテストしていい?」といい、自分が後輩になってシミュレーションすると言ってきます。
 西片は「もう少し大人になったら教えてあげるよ」と言いますが、高木さんは100%片思いをトレースしてきます。
 作品の展開を想像するとキスシーンだったことを思い出して叫び出す西片なのでした。

 「ちゃんと答えてくれないと許さないんだから」という高木さんに、西片はつい呼び捨てにして謝ってしまいます。
 西片は「2年になった俺の底力を見せてやる」と言いますが、結局はさん付けにしてしまいました。
 高木さんは「2年になっても西片って面白いね」と言い、しばらくは高木先輩と呼んでほしいと言い出すのでした。

【感想等】
 前回は「西片」くんを「西方」と誤字しましたが、いずれにしても彼が勝利する想像がなかなか出来ません。
 オープニングで魔法使いの恰好をする高木さんを見て爆裂魔法を連想したのは私だけではないはず。
 駄菓子といえば「だがしかし」という作品がありましたが、ココノツ君やほたるさんは今頃何をしているのでしょうか。

 いちいち顔を赤くする西片くんが愛おしく、高木さんの気持ちが少しわかったような気がします。
 ミナさんが将来のことを考えるところでプリキュアや魔族が頭に浮かんだのはここだけの話です。
 「丸めた草」というお菓子が気になる一方、久しぶりの「100%片思い」をアフレコする西片くんが素敵でした。

 登場人物の中で唯一の「さん」付けの高木さんは、西片くんに比べると精神年齢がかなり高いのでしょうか。
 後輩に扮する高木さんですが明らかに西片先輩よりも上回っているような気がします。
 100%片思いの登場人物が実は西片くんと高木さんと同じ人だったことに驚きつつ、残りのお話もちゃんと見ていきたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム