【アニメ感想】ナカノヒトゲノム 第7話「FOOTSTEPS OUTSIDE」

 ナカノヒトゲノムの7話を見て感想を書かせていただきます。
 今度はかくれんぼをすることになったらしいですが……
 再生数を稼げばいいなら別にゲームしなくてもいいのではと思ったりします。

【内容】
 巨大なパンダが映ったかと思ったらヒミコはプニツキ(スライムのようなもの)を飼いたいと言い出します。
 アンヤはヒミコが兄を殺したと言っていたことを思い出し、兄が養子先で行方不明になったと話が続きます。
 パカは三姉妹とかくれんぼをしてほしいと言い出し、姉妹は一定周波数の音を鳴らすと顔色が変わります。

 一度見つかれば視界を、もう一度見つかると眼球を奪われる「呪い」をかけられるとのこと。
 1時間の間で姉妹をやりすごせと言われ、ユズは部屋にパンツを干したままだと悠長なことを言い出します。
 呪いを免れている無垢なものと触れば呪いが解けるというルールが設けられますが……

 残り15分の段階で合流して無垢が1人でもいればいい……その手はずで動くことになりました。
 カイコクは抵抗したものの姉妹には通じず、ヒミコやユズは気づいたら呪いで視界を奪われてしまったようです。
 ユズはプニツキをカリンの胸だと勘違いし、カイコクはアカツキに呪いを解いてもらいます。

 分散して呪いを回避すべきと言ってカイコクはどこかに行き、マキノは普通に眠ってしまいました。
 ユズとアカツキの写真を見つけ、被験体データという気になる記述を見つけますが……
 アンヤとアカツキは呪いをかけられ、さらに外を姉妹に塞がれたことが明らかになります。

 くしゃみしてしまったことで絶体絶命のピンチになりますがなんとか切り抜けたようです。
 女性陣3人、アンヤ、アカツキ、ザクロ、カイコクが呪いをかけられていて呪いを解けるのはマキノしかいませんでした。
 マキノはハグして次々と呪いを解いていき、最後のかくれんぼを乗り切ればゲームクリアですが……

 アカツキはなんとなく「ここには来ません」と断言し、そのとおり第七ステージクリアとなりました。
 パカは再生スピードもクリア状況も順調だと言いますが……
 
【感想等】
 前回の最後にヒミコさんが人を殺したと言っていたことだけは記憶に残っていました。
 気づいたらスライムを飼う、飼わないという話題で持ちきりになっていてスルーされるのかと思ってました。
 養子先で行方不明になった兄が実はアカツキさんというオチなのでしょうか。

 全12、13話くらいだとしたらそろそろこの実況の真相に触れてもいいのかなと思います。
 パカさんの裏で彼を動かしている黒幕がいるのではないかと思うのですが……
 今のペースだと1億再生がままならないのですが、最後にどんでん返しがあるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ナカノヒトゲノム 第6話「ERASE MY REALITY」

 ナカノヒトゲノムの6話を見て感想を書かせていただきます。
 男女ペアで遺跡探索……放送時期が時期だけに肝試し回なのでしょうか。
 ドラクエ3のピラミッドを思い出した人は私だけではない……はず。

【内容】
 今回のゲームは13番街の遺跡の最奥にいる万人から「染色体」を受け取ってきてほしいとのこと。
 人数制限は2人、さらに男女1人ずつという制限がつくそうですが……
 ヒミコはアンヤと一緒になったからと言って涙を流し、パカもピーマン増量だと言って憤ります。

 「決して嘘をつかないこと」がこのステージのタブーであるとのこと。
 色々ありながらもヒミコ、アンヤが遺跡の中に進みますが、アンヤは「早くしゃべれよ」と言ってきます。
 おかんスイッチが入ったヒミコはちゃんと寝ていますかと聞いてきます。

 パカはスーツ姿ですが暑くないのでしょうか。
 なんでも過去に火傷を負って肌を晒すことができないそうですが……
 ザクロは鬼のアジトで冷静でなかったことを謝罪します。

 カイコクはアカツキについて聞いてきて、彼のことを疑っていると言い出します。
 ミイラのような敵に襲われながらもアンヤ、ヒミコは正面突破を図りますが……
 アンヤは後ろから首を絞められ、ヒミコはヘルメットを拾おうとして2人とも落ちてしまいます。

 ヘルメットは元々は兄の持ち物で、兄は事故に遭ってしまったようです。
 カリンは後ろからユズに抱きつかれ、ユズは「少し唾液をくれないか」と言ってきました。
 カイコクはユズを向こうに行かせつつも、何か視線を感じてしまいました。

 アンヤがアルパカの壁を殴るとお声が聞こえ「審判の時間だ」と言ってきました。
 3つの問いに答えよと言い、一つ目で初恋の相手を言えと言ってきました。
 アンヤは初恋の相手がいないと言えば、それが本当らしくて問題はありませんでした。

 ヒミコは初恋の相手について言えと言われ、クジラ組の五反田くんのことを言ってきました。
 第2問としてスライムが出てきて恐怖する一方で、ザクロがパカに何をしたのかと問い詰めます。
 パカはゲームの調和を乱す人間もまた排除対象だといい、カイコクが一番目の候補だと言ってきました。

 マキノはザクロを連れ出して「嘘」とひと言。
 ヒミコやアンヤにはスライムがアカツキに見えてきて、いいところを5つ言えと言われますが……
 あっさりと言ってくるヒミコに対し、アンヤはふわっとしたいい方はダメだと言われます。

 突然キャラソン(?)が流れ、淡々といいところを言っていくアンヤさん。
 最終問題は「懺悔」だと言われているころ、アカツキは何かを見て「早く集めたいです」と言っていました。
 ユズは「このダンジョンは君には向かない」と言い、他のメンバーもやってきました。

 アンヤ、ヒミコは何事もなかったかのように戻ってきました。
 「汝の罪を述べよ」と言われたヒミコは「私は兄を殺しました」と言いますが……

【感想等】
 今回は砂漠……ということで一部のキャラは薄着でのお仕事(?)となりました。
 これまで皆勤賞だったアカツキさんが出られなくなったのはちょっと残念かも。
 ヒミコさん(もとい石見さん)の大人しそうなお声はいつ聞いてもいいなと思います。

 ザクロさんには妹さんがいて、アンヤさんにお兄さんがいることが明かされました。
 アカツキさん大好きなはずのユズさんが後ろからユズさんに抱きついてきたのはちょっとドキドキしました。
 実は彼女は両刀使い……というのは考えすぎなのでしょうか。

 作品の謎がますます深まる一方で、毎回のゲストキャストの豪華さにも驚かされます。
 フリーザ様などをされている中尾さんのお声をこんなところで聴くことになろうとは……
 突然のキャラソンとヒミコさんの懺悔に驚きますが、後者はもう少し深く掘り下げて欲しいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ナカノヒトゲノム 第5話「DUSK AND DAWN」

 ナカノヒトゲノムの5話を見て感想を書かせていただきます。
 色々ありながらも気がついたらアカツキさんとカリンさんが捕まっていました。
 彼らはどのようにして脱出を図っていくのでしょうか。

【内容】
 おじいさんに出ていけと言われ、おじいさんに反発したりというシーンが続きます。
 センゴクとザクロは発信器を手がかりにアカツキ達を探し回りますが……
 「障害になるなら名など捨ててしまえ」というザクロは双子の妹を探す目的があるそうです。

 捕まっても平然としているアカツキにカリンは半ば呆れているようです。
 これから食べられると思うとテリーヌやスープ、デザートにされるアカツキを妄想してしまいます。
 アカツキは牢屋を抜け出ることが出来ましたが、カリンは抜けられませんでした。

 キッカはカリンが主目的だったといい、センゴク、ザクロはアカツキと再会を果たします。
 アカツキは「恐怖の鬼バニアファミリー」といい、キッカは原寸大の人間でおままごとをしていたのだとか。
 キッカはメイド服を着せられて「ベロニカ」と呼ばれ、なんでも逆らうと廃棄されるのだとか。

 アカツキは捕まっていた女の子達の前に現われ、どうやら鍵はキッカが持っているようです。
 ヒミコはアカツキに似ていると言われ、ユズはアカツキの動画を鑑賞しているようです。
 センゴクはカリン、キハチの写真を倒し、キハチはアカツキに容赦なく襲いかかってきました。

 パカは「リセットをかける」といい、己がただのゲームのキャラでしかないと言ってきました。
 キハチは去っていき、アカツキはパカと友達になれないかと言ってきました。
 「一緒にここから出ましょう」と言いますが、向こうは「出来ません。約束なのです」と返してきました。

 ザクロは妹がここにいたと言って震え、ナカノヒトゲノムのベータ版をしていて妹が姿を消したとのこと。
 センゴクはアカツキを回収しますが、アカツキは右手が動かなくなってしまいます。
 アカツキ、センゴクはカリン達を助けに来て、ザクロは妹を確認したいと言ってその場に残ることに。

 キッカはパカの人形を投げつけられますが、ザクロはキッカに刃物を突きつけて妹のことを聞きだそうとします。
 逆上したザクロはキッカを殺そうとし、危ういものを感じたセンゴクはザクロを下がらせることに。
 センゴクは「じゃあ十分にお仕置きできる」といい、祖父が来ないことからキッカは刃物を突きつけられてしまいます。

 キッカを退けたセンゴクでしたが、祖父との関係を見抜かれ、「可哀想なお人形さん」などと言われてしまいます。
 センゴクはザクロと合流してその場を去っていきますが……

【感想等】
 登場人物の過去が少しずつわかり、キャラクターを掘り下げて理解出来るようになりつつあります。
 アカツキさんがにスープになるシーンを想像しているカリンさんに「まちカドまぞく」が頭に浮かびました。
 「恐怖の鬼バニアファミリー」という言葉にちょっと笑いそうになったのは私だけではないかも。

 メイドさんに囲まれるのは気持ちいいかもしれませんが、させられるとなるとたまったことではなさそうです。
 いっそ「鬼滅の刃」みたいにバッサリ倒せたらもっと早かったのかもしれませんが……
 パカさんの得体が知れないのはいいとしても、ここはゲームの中の世界……ということで確定でしょうか。

 妹さんがゲーム内で行方不明になりながらも、世間がそんなゲームを放置していることが一番の疑問なのですが……
 とりあえず今回で鬼のゲームは終わったようなので、次回からはまた新たなゲームが始まるのでしょうか。
 そのうちアカツキさんが敬語キャラになったいきさつなんかも語られるのかが気になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ナカノヒトゲノム 第4話「DAYDREAM AND NIGHTMARE」

 ナカノヒトゲノムの4話を見て感想を書かせていただきます。
 公式サイトによると今回のゲームは鬼退治らしいです。
 これを機にPCエンジンミニに「桃太郎伝説」が収録されることを願います。

【内容】
 ヒミコはムラサキのことを思い浮かべていたらアカツキが声をかけてきます。
 アカツキのほっぺたは転んでしまった……というよりもアンヤに殴られたものでした。
 なんでも絶交されてしまった……とのことですが。

 ヒミコは「残しちゃだめです」と言いますが、アンヤはベイビーは出荷されはしないとひと言。
 ユズはカイコク達の姿を見たかと言いますが……
 カイコクは一人で歩いていてザクロとばったり出会います。

 ザクロには「目的」があるとのことで、双子の妹を探している……とのこと。
 夏祭りに場面が移り、重要な「かくりよ祭」が行われるとのこと。
 その際に鬼が村娘をさらうので奪還することが今回の任務で、鬼はチート級の強さであるそうです。

 スタート地点で襲われることはないと言っていたアカツキさん。
 長老キハチの家に入ろうとすると、いきなり女の子(キッカ)が包丁で斬りかかってきました。
 話を聞くと「殺す気で応対せよ」というのが村の掟……であるそうです。

 生け贄の服を渡されたカイコクは長老の首を絞めますが、口約束から彼の参加は確定でした。
 カイコクとザクロの参加は確定し、アカツキは女装してさらわれようと考えますが……
 長老によると鬼は「ボン、キュッ、ボン」を求めているらしく、ザクロは女装するくらいなら舌をかむと言い出します。

 鬼をそっちのけで言い争いがはじまりますが、ヒミコの機転でなんとかおさまりました。
 アカツキやマキノを女装させますが、その裏声はどう見ても某夢の国のネズミでした。
 アンヤとアカツキは前回のいざこざはあったものの、特に喧嘩はしていない……らしいです。

 キッカは背後から襲いかかってきますが、虫がいたと言い訳をしてきました。
 問題の鬼がやってきたものの、ボンキュッボンじゃないからとだだをこねてきました。
 キッカはカリンを捕まえ、そのまま鬼もとい長老と去っていこうとします。

 アカツキは「カリンさん一人には出来ないです」と同行を申し出て一緒に拉致されることに。
 アンヤはアカツキを拉致され、彼が薬をくれたことを思い出していました。
 ユズはアカツキに発信器をつけていたと言い、絶対に逃がすものかと執念を燃やすのでした。
 
【感想等】
 鬼を題材としたゲームといえば桃伝のほかは「鬼武者」くらいでしょうか。
 「鬼武者」というとかの佐村河内さんが作曲した……とされていた作品だったりします。
 佐村さんといい小保方さんといい、今頃何をされているのでしょうか。

 真面目な話題に戻りますが、アカツキさんのような男性の敬語キャラは珍しいと思います。
 ユズさんはストーカーですし、アンヤさんは暴力を振るいますし……
 ザクロさんの妹さんのことといい、全員が何かを隠しているのは間違いないと思います。

 女装してさらわせる……というのは日本神話でも北欧神話でもありましたし、割と王道なのかもしれません。
 少し前に「かくりよの宿飯」というアニメがあったことを思い出しましたが、あちらの方がずっと紳士的だったとかと。
 ヒミコさんが一番の曲者ではないかと思いつつ、残りのお話も見ていければいいなと思います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ナカノヒトゲノム 第3話「CLUMSY PRETENDER」

 ナカノヒトゲノムの3話を見て感想を書かせていただきます。
 前回は育成シミュレーションゲーム、今回はさしずめバトル系……でしょうか。
 ゲーム内ならいざしらず、直接戦闘となるとなかなか厳しいと思います。

【内容】
 カイコク、ザクロはパカを追いかけて移動していましたが町全体が無人なのだとか。
 必ずどこかに外部との接点があると考えていましたが、すでにパカに発見されてしまいます。
 パカはルール違反者のペナルティのために難易度Sを準備したと言い出しますが……

 ヒミコはマンイーターを前に争うカイコク達を見て「どうして人々は争うのでしょう」とつぶやきます。
 アカツキ、アンヤの前にカリンが出てきたかと思ったらマンイーターでした。
 アンヤは眠ってしまい、殲滅という目的を考えると敵は1体だけではないと推測されます。

 ユズはカイコクとともに部屋に戻り、アカツキ達には別のお願いがあるとのこと。
 アカツキとユズは知り合いらしく、戻ってきた時にはアンヤは寝起きで「おはようございます」とひと言。
 アンヤの家系は睡眠障害があって睡眠薬を使っているらしく、実況は夜暇だからはじめたとのこと。

 ヒミコがパンを持ってきておいしそうに食べ、カイコクはユズがアカツキに執着を持っていることに気づきます。
 ユズは怪しい笑みを浮かべながら実験をはじめますが……
 マンイーターに遭遇したらアンプルごと食わせると中から崩れ落ちるそうです。

 「今時の女子は痴漢防止にマイポイズンを所持している」とユズさん。
 再生回数が500万回を突破したとのことですが、他にも同じように配信している人がいるのでしょうか。
 改めてカイコク、ザクロがパカを殴り倒しても通用しなかったことを思い出します。

 ユズは合い言葉を決めようといって周りはカリンの悪口を連発します。
 ヒミコはプリンを持ってきて、合い言葉は「カリン」「プリン」に決定しました。
 アカツキはアンヤのために代わりに頭を下げると言って反発されます。

 目の前に2人のマキノが出てきて彼は合い言葉を決めた時に眠っていました。
 カイコクは両方とも潰そうとしますが、結局は2人とも偽物というオチでした。
 ユズは繁殖範囲が廊下に限られていると言い、後は明日のお楽しみだとひと言。

 カリンはアカツキを起こしてトイレについてきてと言い、アカツキの背後にはユズの姿がありました。
 ユズはいきなりハンマーで攻撃してきて、彼が両利きという事実から相手がマンイーターだと気づきます。
 「ボクは生涯アッキーを観察すると決めたんだ」と言い、抱きしめながらアンプルを打ち込みます。

 ユズは本物のアカツキに抱きつく一方、アカツキは薬をもらってきたらアンヤに殴られるのでした。

【感想等】
 寝ぼけていると「パカ」さんが時折「バカ」に見えるのは私だけでしょうか。
 パカさんのことも気になりますが、飛び級したユズさんが制服っぽい恰好をしているのは趣味なのでしょうか。
 制服だと着るもののことを考えなくていいから楽だから……なのかもしれませんが。

 毎回題材が変わってくるのは面白いですが、今回は何の分野なのかいまいちよくわかりません。
 上ではバトル系などと書いていますが、1話と同じくホラー……の方が適切でしょうか。
 ヒミコさんのお声を聴いてフルーツバスケットを連想するのは私だけではないはず。

 今時の女子は毒を所持しているらしいですが、そんなの持っていないという女性視聴者が大半のはず。
 ツンデレで怖がりなカリンさんは王道ヒロインならばユズさんは「へんすき」でも通用するヒロインだと思います。
 アンヤさんがあそこまで暴力的なのは、彼が育った環境に原因があるのかがちょっと気になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム