【アニメ感想】荒ぶる季節の乙女どもよ。 第12話(終)「乙女心のいろいろは」

 あらおとの最終回(12話)を見て感想を書かせていただきます。
 り香さんの退学を取り消すために学校に立てこもった文芸部の皆さんですが……
 だんだん収拾がつかなくなってきたのをどうまとめてくるのか気になります。

【内容】
 ひと葉達はミロ先生を人質に取り、り香の退学を取り消すために学校に立てこもります。
 校長先生は退学を撤回してはどうかと考えますが、ひと葉はもう止まらない電車に乗ったのだと反論します。
 今日は金曜日で明日は土日だからと先生方は「また明日来る」と言って去っていきました。

 ミロ先生はお互いの大切なところを見たものの至っていないと言い、他の生徒も退学の危険性があると言ってきます。
 百々子は「もう動き出した」と言いますが、和紗はどうしてこんなすごいことをしたのかとつい考えます。
 泉は「学校に向かうから」と連絡をよこし、新菜は自分が泉に告白するタイミングは今だと言ってきました。

 百々子は自分が新菜に告白したから新菜が動いたのかと問い、新菜には告白しないでほしいと訴えます。
 新菜は百々子に抱きついて泉が好きだと言いたいといい、そこに泉が校舎をよじ登ってやってきました。
 百々子は泉は和紗を好きだと言えと言いますが、泉は和紗が好きでも性的な欲求を感じるのは新菜だと言い出します。

 新菜はまんざらじゃありませんと言い、性欲と感情は切り離せないと言ってきます。
 り香と駿が取っ組み合いをしている一方で、和紗は戦って理解し合いたいと言ってきました。
 ミロ先生は「色鬼」をすることを提案し、互いの視点をさらけ出すことによって話し合いに似た効果が生まれるとのこと。

 百々子は自分の気持ちが恋と読めるのかと言いますが、ひと葉はこれは満月の青じゃないと主張します。
 続く百々子はもやもやの百々子の桃色だと言って新菜をロックオンし、新菜は百々子の気持ちを見つけたいと言ってきました。
 百々子は新菜を抱きしめてきて、新菜は青春の青だと言って和紗を追いかけていきましたが……

 ミロ先生はひと葉を「迷惑なくらい面白い」と言い、ひと葉は先生は面白くないと言ってきました。
 和紗は新菜の「○ックス」という発言を思い出しながらも青い色を見つけ、泉は和紗には家族のような感じが強いとひと言。
 泉の発言を聞いた和紗は手を握って意気投合し、いつかは……と言って手をつないできました。

 り香は駿がキスをしたことがあると聞いて憤りますが、おでこにキスされて大人しくなります。
 ひと葉は「男がいるとよくない」と言って駿、泉、ミロ先生を帰らせ、真っ白になって燃え尽きたと言ってきます。
 先生方は無数の紙が校舎に張り出されているのに呆然とし、ミロ先生は「荒ぶってますね」とひと言。

 駿とり香が進学するとともにミロ先生と富田先生は結婚する流れのようです。
 和紗と泉は電車で移動していて、トンネルの中に入ってお話を締めくくるのでした。

【感想等】
 サブタイトルを見て(私が岡田麿里さんを知るきっかけになった)「花咲くいろは」が浮かびました。
 あの花、ここさけに比べると知名度は低いかもしれませんが、興味がおありなら「花いろ」是非見ていただきたいです。
 あと、オリジナル作品ではないものの、とらドラやさくら荘も岡田さん脚本でボロボロ泣いたのを覚えてます。

 低所得Pをはじめとする他作品の皆さんに呼応したのか、本作の先生方もまた先生していたと思います。
 迫真の演技と感情のぶつかり合いはぐっときましたが、性的な欲求と恋愛感情についてはなんとも言えません。
 戦いを通じて友情を深めるのは少年誌の王道だとは思いますが、それが色鬼とは恐れ入りました。

 直前まで略奪愛エンドも考えていましたが、和紗さんと泉さんとがうまくいきそうな流れになったのはよかったです。
 荒ぶってタイトルを回収したことを含めて、最初から最後まで色々なことを考えさせられる作品でした。
 前回、三枝さんが殴られたのはやや理不尽だと思いつつ、岡田さんの次回作に大いに期待したいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】荒ぶる季節の乙女どもよ。 第11話「男女交際禁止令」

 あらおとの11話を見て感想を書かせていただきます。
 前回は様々なところにひびが出てきて、今回はそれが一気に砕けた……という感じかと。
 和紗さん達は一体何処に向かっているのでしょうか。

【内容】
 り香は妊娠した十条(?)が堂々としていたことを称賛し、ひと葉と完全に衝突してしまいます。
 百々子は当たり前が出来てなきゃダメだと言い、ミロ先生か自分としなければ世界が滅びるならと聞いてきます。
 和紗は男の人だからミロ先生を選ぶしかないと言い、百々子は新菜に気をつけた方がいいと去っていきます。

 ひと葉は一部始終を話す気はないと言い、ミロ先生はひと葉に才能があると言ってきました。
 自分が惨めすぎて気持ちよくなったというひと葉は「私は諦めない」とつぶやきます。
 新菜は三枝の元を尋ねてすね毛について言及しつつも片足を上げて少女を終わらせたいと言ってきます。

 えすいばつで自分を終わらせようとしていた新菜でしたが、気づいたら三枝を殴って去っていきました。
 和紗は新菜から「鼻毛が白かった」と言われ、新菜は自分が泉が好きだから気持ちをぶつけると言ってきました。
 新菜の態度がかつての自分と同じだと気づいた和紗は深呼吸して「わかった」と言ってきます。

 「友よ」と新菜と抱きついてきた和紗でしたが、新菜の告白を許したことを激しく後悔します。
 和紗は切羽詰まった表情で泉の家にやってきて、キスを迫ったものの鼻の穴が開いていると言われてしまいます。
 みんなしていると言って既成事実を作ろうとする和紗ですが、泉は「大切にしたい」と言って断ります。

 和紗がショックで帰宅したら大胆な下着が届いていて、り香は母親に激高されてしまいます。
 校長先生は男女交際禁止を宣言し、ラブホテルの前でうろついていたり香と駿が退学処分になるのだとか。
 ひと葉は校長先生に直談判しようとしますが、ミロ先生は自分が責任をかぶって処分を受けようとします。

 教頭(?)はり香達を見せしめにすると言い、ひと葉は「このままでは済まさない」とひと言。
 高校生という時期は微妙だといい、それゆえに貴重だというひと葉なのですが……
 ミロ先生は文芸部の4人に捕まってしまい、和紗はこれから罪を犯すと言い出して困惑させます。

 文芸部は男女交際禁止令の撤廃とり香達の退学取り消しを要求します。
 要求が通らない限りはミロ先生を人質にして立てこもると言い出すのですが……

【感想等】
 最初から感情をぶつけ合ってきて、岡田さん「らしさ」をひしひしと感じました。
 一時は百々子さんと和紗さんとの百合を期待したものの、やがきみのようにはいきませんでした。
 そんな中でもミロ先生と低所得Pがしっかり先生をやっているのが素敵です。

 友情と愛情の狭間で焦る気持ちはわかるものの、むしろ泉さんの反応の方が普通だと思われます。
 り香さんが退学処分になったのはとばっちりとしか思えないのですが……
 理不尽に抗う勇気がほしいなと思いながら、最後(次回?)までしっかり見届けようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】荒ぶる季節の乙女どもよ。 第10話「穴」

 あらおとの10話を見て感想を書かせていただきます。
 和紗さんと泉さんは微笑ましいものの、ミロ先生とひと葉さんは何か危ういものを感じます。
 新菜さんがここからどう反撃するのか、わたし、気になります!

【内容】
 興奮した和紗はエッチな下着を検索して気を失ってしまいました。
 和紗が下着に空いた穴に気を配っている中、他のキャラはもっと深い穴を覗いていたそうですが……
 り香は世界が違って見えると言っていましたが、ミロ先生とひと葉が一緒にいるのを目撃します。

 新菜は電車の中で泉の手をスカートの中に押し込み、自分で練習すればいいと言ってきました。
 泉は「したくない」と言いますが、新菜は「たってたくせに」と言って去っていきます。
 百々子は格闘ゲームをしていたら杉本から連絡が入ってきて、ひと葉はミロ先生と車で移動していました。

 ひと葉は先生が自分を好きでないと気づき、次の赤信号で行動を起こして先生をあっと言わせようとします。
 「忘れられない存在になりたい」はずが信号が赤にならないまま一番安いホテルへ入っていきます。
 ひと葉は自分のはじめてが一番安いところで済まされることに困惑し、とりあえずお風呂に入ると言ってきました。

 り香はひと葉からの連絡がないことに戸惑い、駿はこんなところにいると変な気持ちになると言ってきます。
 彼氏の気持ちにキュンキュンしてきたり香ですが、ひと葉は今からどう挽回できないかと調べ物をはじめ……
 ミロ先生はひと葉が去ることを想定してましたが、ひと葉はおしりを向けて先生のパンツを脱がせてきました。

 「どうしてたってくれないんですか!」と涙ながらに訴えるひと葉さん。
 ミロ先生は「俺に意気地が無いだけ」と言って頭をなでて、ひと葉は泣きついてきました。
 杉本は「デートしたじゃん、ビッチかよ」「誤れば許してやる」と言ってきますが……

 百々子は杉本に手を握られて思わず叫び、杉本は百々子がこんなにやばい奴なのかと言ってきます。
 新菜は百々子から電話がかかってきて、男に触られて汚くなったところを触ってほしいと言われてわからなくなります。
 和紗はレースの下着を購入しようとして泉から電話がかかり、好きだと言われて一安心していました。

 同胞達の除いた穴は深く、裂けていくという不吉なナレーションが流れます。
 泉は他の女子に興奮したことを後悔し、和紗はパンツの穴をまたも意識していました。
 そして次の日、泉との距離が遠くなっているように思える和紗なのでした。

 前日は手をつかんでもらったことを思い出すり香さん。
 律儀にもギャルの子がクッキーをくれたことが微笑ましいですが……
 先生がやってきてギャルの子が妊娠して退学したと知らせてくるのでした。

【感想等】
 穴があったら入りたい
 人を呪わば穴二つ
 この2つの単語がまず頭に浮かびました。

 「へんすき」というアニメがありますが、今季はウサギにつづいて下着推しなのでしょうか。
 新菜さんの行動はドメカノかクズの本懐かと見間違い、ゲーセンの百々子さんはハイスコアガールリスペクトでしょうか。
 ひと葉さんが初めてを失わなかったのはよかった……と思います。

 ひと言で言えば杉本さんが一番やばいと思いますし、全国の他の杉本さんへの風評被害も心配になってきました。
 百々子さんが新菜さんに向かってくるのは想定外でしたが、愛の形は色々あるのだろうなと割り切ろうかと。
 もしかしたら全部の関係が一度リセットされ、新たなキメラが誕生するのかどうか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】荒ぶる季節の乙女どもよ。 第9話「キツネノカミソリ」

 あらおとの9話を見て感想を書かせていただきます。
 り香さんと駿さんに続いて和紗さんと泉さんが付き合うことになりましたが……
 近いうちに新菜さんと罵り合い、殴り合う未来が見えるのは気のせいでしょうか。

【内容】
 和紗が家から出るとちょうど泉と顔を合わせ、視聴者には「彼氏が出来ました」とひと言。
 新菜は特に何事もなく「恋を楽しんで」と言ってきましたが……
 男性に向けて敵意をむき出しにしていたはずのり香は恋をしたことで大いに変わりました。

 り香は男子とは何かと力説し、駿に告白したことを思い出して胸がキュンとしてきます。
 男子は獣ではなく自分達と同じ人間だと言いますが、人間扱いしていなかったのは彼女だけなのかも。
 恋を知ったり香と和紗は勝っているそうですが、それは基本的な周囲への行動力を欠くとのこと。

 ひと葉はミロ先生は富田先生を好きではないかと言いますが、富田先生は勝っている人であるとのこと。
 富田先生はふくよかな先生でしたが、ミロ先生は女子高生のガリガリ信仰について異議を唱えます。
 百々子は新菜が和紗から泉を奪うのかと問い、新菜はいつかそんな形になるのではないかと言ってきました。

 「友達を敵に回すのか」という百々子に対して、新菜は「友達とはえすいばつ出来ないでしょ」と拒絶します。
 和紗は泉の家にやってきたものの互いを強く意識してお茶を盛大にこぼしてしまいます。
 泉は意を決して隣の席に座りますが、ここからどうするのかと考えるとなかなか動けなくなります。

 手をつないでみたものの会話が続かず、互いの汗でじっとりしてきました。
 ぐしゃぐしゃでびしょびしょというところで変なことを考えてしまう和紗ですが……
 そこに泉の母親がたい焼きを買ってきて、三枝は新菜にお勧めしたい本があると電話してきます。

 百々子は新菜が泉を好きというのは誤解だと言い、つかれたから一人で帰ると言って去っていきます。
 話によると文化祭でカップルになった子は名簿になって出回っているらしいです。
 新菜は泉に「電車に乗りに行かない?」と言い、ひと葉は「お強い子のミロ」という告発本を書こうかと言ってきました。

 ひと葉は「抱いてください」と言い、抱けばきっぱり諦めるといいながら足は震えていました。
 ミロ先生は「7時に学校裏の公園で待っていなさい」と言い、新菜はある1冊の本を出してきました。
 り香はガングロの子と一緒に本を探すことになり「星の王子さま」の本を出してそのあらすじを説明します。

 庭に咲いていた薔薇とけんかした王子は地上に向かい、薔薇がありふれた存在だと知ってショックを受けます。
 しかし狐が助言したことで王子は薔薇に捧げてきた時間は特別だと結論づけたようです。
 「俺にとっての狐は菅原さんだな」という泉の言葉に、新菜は三枝が自分を狐だと言っていたことを思い出します。

 新菜は自分のおしりに泉の手を当て、ひと葉は約束どおりミロ先生の車に乗ってきました。
 「最後に面白がらせたいんだ……」とつぶやくひと葉なのでした。

【感想等】
 「えすいばつ」というイロモノがいつしかリア充アニメになっていて驚きました。
 すっかり恋愛脳になってしまった和紗さんがすごく可愛いです。
 新菜さんの態度からも作者さんの傾向からもどこかで衝突が起こるのは間違いないはず。

 和紗さんと付き合ったのに他の女子に誘われてついていくことに少しもやもやしたものが残ります。
 ひと葉さんも次回にはミロ先生と決着をつけることになると思われますが……
 百々子さんに振られた杉本さんが逆襲してくる可能性を考えつつ、残りのお話を見ていこうと思います。 
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】荒ぶる季節の乙女どもよ。 第8話「Legend of Love」

 あらおとの8話を見て感想を書かせていただきます。
 和紗さんが泉さんに告白するのはいいとしても、新菜さんはそのときに何を思うのでしょうか。
 ミロ先生とひと葉さん、新菜さんと三枝さんの関係も気になりますが……

【内容】
 文化祭で文芸部は朗読劇を行い、和紗は泉に来てほしいと言ってきました。
 百々子の前には杉本がやってきたものの、杉本が自分を彼女扱いしていることに憤ります。
 り香は駿が他の女子と話をしているのを見てショックを受けてしまいます。

 新菜は泉とのやりとりで自分の気持ちが彼に向いていることに気づきます。
 朗読劇はつつがなく進み、ひと葉はミロ先生が同僚の先生と親しそうなのが気になります。
 和紗は泉を強く意識し、り香はうずくまっていたらガングロの子が話しかけてきます。

 ガングロの子が体が先だったことに困惑しつつ、かっこいいところを見せたいという言葉が気になります。
 百々子は杉本を友達ですらないと言い切り、すごく気持ちよかったと言ってきました。
 朗読劇には泉だけではなくて三枝もやってきて、その姿を見た新菜は「ふざけんな」とつぶやきます。

 和紗は泉を前にドキドキしながら前に進み、泉が好きだと言おうとしますが……
 周囲が騒然とする中、新菜は三枝と泉の前に立ったかと思えば泉の心臓に触れてきました。
 ひと葉やり香は即興で話しを切り上げようとし、泉は新菜を連れてその場を離れます。

 泉は新菜が三枝にやきもちをやかせるためにああいう行動を取ったのではないかと推測します。
 新菜の泉への気持ちを見抜いた和紗は「該当する言葉が見つからない」と言い出します。
 それでも自分の気持ちを伝えると言い、百々子は和紗に抱きついて友情を実感することになりました。

 り香はガングロの彼氏が真面目そうな少年だったのを見て「男ってわからないものね」とつぶやきます。
 気づいたら夜のキャンプファイヤーになって、ひと葉が作り上げた伝説を真に受ける男女が目立ちます。
 自分で伝説を試すべきと考えたものの、ミロ先生のそばに先生がいるのを見て思いとどまります。

 り香は男女交際と肉欲を同一視していた自分の態度を謝罪し、正面を切って告白してきました。
 駿は「うれしすぎてどうにかなる」と抱きついてきて周囲は大いに盛り上がります。
 泉は和紗のことを自分が守りたいと思ったと言い、姉みたいだ、妹みたいだ、親友みたいだと言って最後は告白するのでした。

 三枝は「素敵な夜をありがとう」と言い、新菜ははじめての恋は初めての失恋だったとひと言。
 「はじめて、私、執着をしようと思います」という新菜さん。
 和紗は泉に手を引かれてドキドキするのですが……

【感想等】
 和紗さんが泉さんに告白して全てがうまくいく……そう思っていたのは単純すぎました。
 駿さんが他の女子としゃべっているシーンを見てもやもやした女子は少なくないはず。
 和紗さんにしても泉さんにしても逆風に晒されながらも前に進もうとするところはすごいなと思います。

 新菜さんの終盤の発言から、泉さんを取り合う展開が容易に想像出来るかと。
 おそらく10話くらいで和紗さんと新菜さんが感情をぶつけあうのかなと思いますが……
 ひと葉さんや百々子さんがどんな道に進むのかも、これからじっくり見極めようと思います。 


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム