【アニメ感想】炎炎ノ消防隊 第6話「約束の火華」

 消防隊さんの6話を見て感想を書かせていただきます。
 公式サイトによるとアイリスさんと火華さんは昔、同じ修道院で暮らしていたらしいです。
 いくら主人公でも序盤から大隊長相手では厳しいと思いますが……

【内容】
 日下部はフィフスエンジェルズを一蹴し、その大隊長である火華の元へ向かいます。
 火華はアイリスに「この世は焼くか焼かれるか」と言い、自分は焼く側の人間だと言ってきます。
 日下部は火華の目を見ただけでめまいがしてきますが「熱失神」と呼ばれる現象でした。

 「勘違いのようなものじゃねえか」と日下部は立ち上がり、火縄のしごきに比べたらなんとでもないと言い放ちます。
 灼熱の花を振りまいてくる火華に対し、日下部は「勘違いお姉さんの目を覚まさせる」と言い切ります。
 平衡感覚を失った日下部は壁に激突し、火華は桜の花びらは日下部を攻撃してきましたが……

 「この世に神もヒーローもいない」
 「地位と金こそが救い」
 と言い放つ火華さん。

 自分とアイリス以外が炎に焼かれた過去を念頭に、火華は強くなることこそが救いだと言い張ります。
 自分もまた炎に人生を狂わされた一人だと言う日下部は、何度でも立ち上がると言ってきました。
 日下部は「今からあなたをぶっとばす」と言えば、アイリスは「人を温める炎もある」と言ってきましたが……

 日下部の一撃が火華に炸裂し、急に火華の回想シーンになりました。
 幼い日の火華は炎色反応で花を見せてクレマチスや桜といった仲間のシスターやアイリスを楽しませていました。
 年配のシスターに怒られたものの、アイリスは火華に火を見せてほしいと言ってきました。

 引っ込み思案を直したら炎を見せると約束していたものの、炎は火華、アイリス以外の命を奪ってしまいます。
 「炎は悪魔そのもの」「悪魔は悪魔らしく」とアイリスの前から姿を消し、何もカモを利用して這い上がると決意します。
 灰島重工と取引して大隊長の地位を手に入れ現在に至ったようですが……

 アイリスは火華はみんなの憧れだったと言い、火華は自分には何もなくなったとつぶやきます。
 日下部は「ヒーローならそこにいるぜ」と言い、義理なんて要らねえよと言ってきました。
 アイリスは姉さんの花を見たいと言い、最後は姉さん大好きと言って抱きついてくるのでした。

 Cパートでは事態をどう収拾するかという問題が残ります。
 アイリスは食事会をしたらどうかと言い、火華は「だって好きになっちゃったんだもん」とひと言。
 桜備は上官に連絡した上で現地に向かうはずが、全て終わったと聞いて呆然とします。

【感想等】
 どんな強い相手にでもひるまずに立ち向かっていく、それが主人公のあるべき姿だと思います。
 消防隊のはずがどう見ても火災を広げそうなのは言うまでもありませんが……
 火華さんの「桜」という技を見てふとブリーチの千本桜を思い出したのは気のせいでしょうか。

 クレマチス、桜という名前が単純な植物ではなく亡くなった元同僚だと知ると、彼女の中に残っていた情が見えてくるのかも。
 主人公にぶっとばされたことで火華さんが急に顔を真っ赤にしてきたのは可愛いと思います。
 アイリスさんと火華さんに百合の花が咲くことを期待しつつも、2人以外の生き残りがいずれ出てきそうな予感がします。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】炎炎ノ消防隊 第5話「開戦」

 消防隊さんの5話を見て感想を書かせていただきます。
 前回は姫どころか女王様っぽい女性が出てきてちょっと混乱したのはいい思い出です。
 ここからは消防隊の内部抗争が主眼になるのでしょうか。

【内容】
 人の死因にも色々あり、現在、人々をもっとも恐怖させている死因は「人体発火」現象でした。
 アイリスは一人で沐浴をしていて、昔の火華とのことを思い出しているようですが……
 日下部はアイリスが泣いているのを発見し、何か困っていることはないかと声をかけます。

 桜備は第五との戦闘も視野に入れて捜査すると言いますが、日下部は火縄のキャップが気になってしまいます。
 アーサーは目の前のグリフォン(すずめ)にちょっかいを出し、火縄は銃を撃ちつつも殺傷能力を弱めたそうです。
 日下部は冗談でも市民を焼くという火華を許せないと言い、火華は違法な研究をして今の地位を得たそうですが……

 火華は自分の幸せのためにと狂気の研究を進め、アイリスは昔の集合写真を見つめていました。
 日下部はアイリスと第五との間に何かがあったのかと推測しますが……
 アーサーは「姫君が俺を騎士団長に任命したのか?」と話がかみ合わなくなってきました。

 アイリスは一人で第五の大隊長に会いたいといい、火華はわざわざ彼女の前に姿を見せます。
 「私の前で修道服など着るな」と服を燃やし、消防隊のシスターなんかただの飾りだと言ってきました。
 さらに「ここにいるのは私のような悪魔だけだ」と言い、シスターを人質に第八の皆さんを潰そうと考えます。

 日下部は単身で第五に突入して喧嘩を売り、火縄もまた車で特攻を仕掛けてきました。
 火縄は尾瀬と2人で戦闘を引き受けると言い、その間に日下部やアーサーは敵陣へと突入します。
 雑兵をたちまちのうちに銃撃した火縄は自分はあくまで桜備のためにやっているそうです。

 アーサーの前にとがった頭の男が出てきて、トオルは風船ガムに入れたガスで火縄達を攻撃してきます。
 火縄はトオルを返り討ちにし、うちの新人はその程度で音を上げないぞと言いますが、新たな敵が目の前に現われます。
 とがった男は焔ビトをけしかけてきてアーサーを照り焼きにしようとし、アーサーはこの期に及んでも「騎士だ」とひと言。

 散々に煽られたアーサーは「俺は騎士でも騎士王だぞ」と言い、焔ビトをあっさり両断してしまいます。
 フィフスエンジェルズは尾瀬に倒され、火縄は資料を探すことになりましたが……
 そして日下部はシスターや火華がいる(と思われる)屋敷にたどり着くのでした。
 
【感想等】
 焔ビト以前に人間同士の抗争が始まることに若干の違和感を覚える私がいます。
 あの女王様が元はアイリスさんと同じシスターだった(?)ことが一番の驚きでしたが……
 まあ、進撃の巨人でも人間同士の抗争が繰り広げられた時期がありましたし。

 名前が「プリンセス」、性格は「女王様」、そしてその実態はマッドサイエンティストなのでしょうか。
 容赦なく銃を乱射する火縄さんもガスで攻撃してくるトオルさんも消防以前に被害を広めそうなのですが……
 次回はアイリスさんと火華さんと過去がもう少しは明らかになるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】炎炎ノ消防隊 第4話「ヒーローと姫」

 消防隊さんの4話を見て感想を書かせていただきます。
 3話が放送休止になったときは打ち切りも覚悟しましたが、ちゃんと続くようでよかったです。
 シスターさんがお姫様扱いされるお話だとばかり思っていましたが……

【内容】
 教皇庁が北部に記録的な大雨警報を発令し、マスコットが空を見上げていました。
 プリンセス火華は部下を椅子代わりにして様子を見ていて、本社の指示を無視して出撃しようとします。
 日下部は炎で空を飛んで現地へと向かっていましたが……

 オープニングの後、桜備は「ジョーカー」に関するニュースがないことに言及します。
 日下部は桜備についていけば母親の死の真相に近づけるのではないかと考えますが……
 ジョーカーの灰を解析すると焔ビトの灰から出来ていて、死者の肉体を利用する敵に憤ります。

 シスターは「原罪」と意味深なことを言い、アーサーはキャメロット城だと電話応対して怒られます。
 犬が木の上に降りられなくなったと言われ、日下部は現地へと向かいますが……
 木の上に乗っかっていたのは犬というよりもマスコットキャラ「まもるくん」で、とばっちりを受けているのだとか。

 罪を犯した消防士のミヤモトは無罪放免になり、突然炎を発して焔ビトになってしまいました。
 ミヤモトは焔ビトになっても自我を持っていて、火華は「ほしい」と言って出撃します。
 日下部、アーサーは勝手に出ていった扱いにされ、戻ったらひどい目に遭わせると言われてしまいます。

 現地にやって来た日下部、アーサーは上司と合流して対処することに。
 ミヤモトは特殊消防隊を殺人者扱いし、自分を赦してくれと言いながらも逃げていきました。
 火縄は「アイツを処理しろ」と命令しますが、日下部は自我のある敵を前に困惑します。

 秋葉原に降り立ったミヤモトの前に日下部が追いつき、容赦なく跳び蹴りをかましていきます。
 日下部は「俺はヒーローだ」と言い、その様子を見ていた火華は部下にミヤモトを「回収」させます。
 ミヤモトはせめて死ぬときにはシスターに来てもらいたいと言いますが……

 不意打ちも日下部にはまるで通じず、このまま鎮魂しようとしたら火華がその場に現われます。
 火華は部下にミヤモトを回収させ、その目ににらまれると日下部は倒れてしまいました。
 国民を巻き添えにする第五部隊にぶち切れした日下部は炎を発して戦闘態勢に移行します。

 桜備達がやってきて火華に反発しますが、火華は科学班もないそちらよりも人体発火の原因に近づけるとひと言。
 第5の一人であるトオルが桜備のことを煽ってきますが、尾瀬がこっそり殴り倒してしまいます。
 桜備は「第八の炎はそう簡単には消せんぞ」と言い、
 



【感想等】
 「お母さん」の夜の女帝さんみたいな人が出てきて見る番組を間違えたのかと思ってしまいました。
 お名前が「姫」なのに実際は女王様じゃないかと突っ込んだ人は私だけではない……はず。
 それ以前に犯罪者のミヤモトさんが無罪になるのがどうしても納得いきませんが……

 ジョーカーさんには苦戦した日下部さんでしたが、現時点でも相当高いポテンシャルがあるのは間違いないかと。
 他の部隊とも色々と軋轢が出そうな一方で、火華さんが桜備さんのことを好きなのではとちょっと考えます。
 ここから他の部隊も続々と参戦し、最後はジョーカーさんよりもむしろ消防団同士の戦いに発展するのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】炎炎ノ消防隊 第3話「消防官新人大会」

 消防隊さんの3話を見て感想を書かせていただきます。
 前回は京アニさんの事件の影響でお休みでしたが、なんとか再会できたようでほっとしました。
 日下部さん達の前にどんな強敵が現われるのでしょうか。

【内容】
 「今、世界がどうなっているのか知ってるよね」と舞台設定がなされます。
 世界では東京以外ほとんどの地域で人が住めなくなったとのことですが……
 桜備は人命を優先した2度の命令違反で勲章を剥奪されているそうです。

 オープニングの後、日下部は新人大会だと言って喜んでいました。
 消防庁(?)のマスコットキャラは犬、猫と犬の顔をしたおじさんなのだとか。
 日下部は1番隊のレオナルドに12年前のことを聞こうとしますがスルーされます。

 環古達(たまき・こたつ)という団員に絡まれた日下部さん。
 レオナルドは12年前の火災など覚えていないと言ってきましたがどうも怪しいです。
 そうこうしているうちに新人大会が開始されます。

 日下部は炎で空を飛んで「ヒーローはいつだって空から登場だぜ」とどや顔をします。
 建物の中には「ジョーカー」を名乗る男がいて、12年前の事件について知りたくないかと言ってきました。
 倒れている人を殺そうとするジョーカーに攻撃を仕掛ける日下部ですがまるで通じていません。

 ジョーカーは日下部の弟が今も生きていると言い出します。
 「ヒーローか悪魔か」と言われた日下部は「お前をぶっとばしてとっ捕まえる」と蹴りを入れてきました。
 アーサーは爆発音を聞いて異変を察知し、さらに古達は嫌な予感がすると言ってきました。

 古達やアーサーは日下部と合流しますが、まだ試験だと思っているようです。
 アーサーは「勝つのは俺だ」と言ってジョーカーに向かっていき、古達もまた攻撃を仕掛けていきますが……
 ジョーカーは謎の灰を出して去っていき、日下部は倒れた隊員を背負って脱出を図ります。

 レオナルドは古達を回収し、アーサーは同僚の隊員によって救助(?)されます。
 「いい部下を持ったね」と言って去っていくレオナルドさん。
 日下部は中での出来事を報告しつつ、消防隊は何かを隠しているのではないかと言い出しますが……

 桜備は特殊消防隊が一枚岩ではないと説明します。
 3つの勢力が入り乱れていて、1番隊は協会に、2番隊は軍に、5番隊は一企業に牛耳られているとのこと。
 それぞれが秘密を隠匿していてきな臭い思惑があるかもしれないとのことです。

 桜備は焔ビトの原因を探って人々を救いたいと訴えます。
 日下部は上司の崇高な志に助力を惜しまないことを誓うのでした。

【感想等】
 2週間のブランクがあるので半分くらいお話を忘れていたりします。
 地方軽視の極致ともいえる設定に驚きつつも、現実もこうなってしまう可能性は否定できません。
 犬面のおじさんが出てくるのはちょっと面白いなと思います。

 色々な隊が出てくるのはブリーチっぽくて、中には日本人じゃない人もいるのが興味深いです。
 今季は色々なところで出てくる津田さんはこの作品では悪役としての登場でした。
 弟さんが生きていると聞くと、今後敵として立ちはだかる展開を思い浮かべますが……

 拳で殴る主人公は割と多いものの、蹴りを主体にした主人公はけっこう珍しいかも。
 「こたつ」というお名前のヒロインはおそらく他に例はないと思います。
 内部も外部もきな臭い案件が続きますが、いずれは内部で衝突することもあるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】炎炎ノ消防隊 第2話「消防官の心」

 消防隊さんの2話を見て感想を書かせていただきます。
 日下部さんの同期がやってくるそうですが、どうも只者ではなさそうな予感がします。
 シスターさんがいるなら騎士がいてもいいのかもしれませんが……

【内容】
 人の死因にも色々あるものの、この世界で人をもっとも恐怖させる死は「焼死」なのだとか。
 大隊長の桜備はルーキーだけが出場できる「新人大会」について話をしてきました。
 日下部は母を焼いた火災の原因を知っている人間が出てくるのではないかと考えますが……

 廊下でアーサーと鉢合わせた日下部はいきなり殴りかかって、そのままオープニングに入ります。
 尾瀬は炎をマスコットにすることが出来るそうですが、そこに日下部とアーサーがバトルを始めてきました。
 「俺の名はアーサー・ボイル、騎士王だ」と中二病全開のキャラクターに女性陣は言葉を失います。

 火縄は「消防団が火で遊ぶな」と尾瀬をしかり、アーサーは中隊長の火縄にもため口を聞いてきました。
 元軍人の尾瀬は日下部やアーサーと戦うようにと言われ、あっという間に日下部を倒してしまいました。
 アーサーは「エクスカリバー」なる剣を使いますが、あっさりと蹴り倒され、巨大な火を発生させてきました。

 日下部とアーサーは食事中もいがみ合いますが、桜備は特に怒ることもありませんでした。
 射撃の訓練をする日下部に対し、アーサーはエクスカリバーがあるから射撃は要らないと言い放ちます。
 そこに警報があって現地に急行し、桜備は日下部に念のためにと銃を持たせてきました。

 現場にいるみかこ(女子高生?)は母親に続いて父親が焔ビトになったそうです。
 桜備は最近現場でおかしな事故が多発しているといいつつ、遺族の前で武器を出すなと念を押します。
 鎮魂に快楽を見いだしている人間もいるそうですが、鎮魂されるのは人間というのも事実でした。

 自我を持たないはずの焔ビトが笑い出し、何やら不吉な予感がしてきました。
 アーサーは焔ビトが苦しんでいると察して早く楽にしてやりたいと言ってきました。
 しんみりした気持ちの日下部に対して、桜備は「慣れるのが一番怖い」とひと言。

 桜備は敵の攻撃を受けたものの、遺族の想いの詰まった現場を荒らす奴は許さんと怒りをあらわにします。
 一方で、その張本人と思われる男は不敵な笑みを浮かべていましたが……
 残された遺族に寄り添うことが大切だと言われた日下部に対し、アーサーも彼なりの心遣いをしているようです。

【感想等】
 アーサーと言われても別に100万本のエクスカリバーを折るわけでもありませんでした。
 Fateに慣れているとむしろ男性のアーサーさんの方が珍しく感じるかも。
 それはそれとして、こちらのアーサーさんは騎士王というよりも見た目は英雄王に近いように思えました。

 1話、2話だと登場人物を覚え切れていないながらも、その個性は少しずつ見えてきました。
 乙女脳の尾瀬さんがゴリラのような形相で襲いかかってきたのはトラウマかも。
 黒髪に赤い目、金髪に青い目という対照的な2人と父親っぽい大隊長の組み合わせもなかなかでした。

 前半が日常パート、後半は仕事(火消し)と、綺麗にまとまっていたと思います。
 今は苦しまずに鎮魂するくらいしか出来ませんが、いずれは人間に戻すことが出来るようになるのでしょうか。
 「慣れるのが一番怖い」という言葉を肝に銘じつつ、残りのお話も見届けていけたらと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム