【アニメ感想】Dr.STONE 第23話「科学の波」

 ストーンさんの23話を見て感想を書かせていただきます。
 アイテム集めを終えてケータイ作りもいよいよクライマックスでしょうか。
 彼らの努力と友情が勝利に繋がることを願うばかりです。

【内容】
 スイカは望遠鏡で遠くを見ていて、太陽が昇ると千空が取ってきた石が光りはじめます。
 ゲンはこの石で司に勝つといえば元村長はこれで相手を殴るのかと考えますが……
 真空管、プラスチック、マイク、金の電線を作ることでケータイが完成するのだとか。

 マグマが率先して石を殴りつけますが、タングステンを取り出すためには一度粉々にする必要があるのだとか。
 バラバラにした石をいろいろして歯磨き粉のような形状にして水素で錆取りすれば完成するらしいです。
 ピンポイント加熱装置はクロムが作ることになり、カセキは2人のような仲間がいることをうらやましく思えます。

 クロムは年齢なんて関係ないと言い、興奮したカセキは筋肉隆々で作業を始めます。
 千空はゲンを連行して水酸化ナトリウムを……ハチミツと混ぜると説明しますが、ゲンは最後しかわかってませんでした。
 クロムが過熱のためにレンズを出してきたらカセキはかつて焼かれたことを思い出します。

 鉄をも燃やす力を得るためにレンズも電気をも総動員するクロムさん。
 次の日にはタングステンの歯磨き粉が完成しますが、その欲張り全部セットに思わず笑い出します。
 カセキは真空管の仕上げをすると言いますが、ヒックマンポンプの複雑な構造を見て言葉を失います。

 ゲンに煽られるまでもなくカセキはやる気を出し、ゲンは電線についてはスイカ達に任せます。
 カセキはゲンをこき使うと言い出し、おじいさんやおばあさんは寒さに震えながら作業をしていました。
 千空は石炭が大量に必要だから金狼や銀狼の力も動員してアイテム採取を頼みます。

 副産物でストーブを作ることで室内での作業が進み、どんどん村が豊かになるのを見た元村長は感慨にふけります。
 ゲンは洞窟で取ったマンガンを使って電池を作ることになり、歌っていたらあっという間にマンガン電池を作ってしまいました。
 800個作れと言われたゲンは言葉を失い、千空はワイン(にこびりついたピンクの粒)でマイクを作ってきました。

 1クール目のオープニングを流しながら作業が進められ、プラスチック電線、真空管、マイクが出来上がります。
 現代戦最強武器「ケータイ」を手に入れた千空は早速起動してみることに。
 司との最終決戦を前にした千空は口癖の「そそるぜこれは」と言って今回のお話を締めくくるのでした。

【感想等】
 サルファ剤までが長かったのでそれに比べるとケータイは意外と早いのかもしれません。
 あのときに比べると村人が総出で協力してくれるのが大きいように思えます。
 以前は敵だったマグマさんが一生懸命になっているのを見ると時間の流れを感じます。

 クロムさんもずいぶんと成長しましたし、背中を預けられる関係というのはいいなと思います。
 筋肉隆々のカセキさんを見てジャンプ漫画の大先輩「ドラゴンボール」の亀仙人さんがふと頭に浮かびました。
 高校の時にこのアニメがあったら科学に興味を持っていたかもと思いつつ残りを見守っていきたいです。

【アニメ感想】Dr.STONE 第22話「THE TREASURE」

 ストーンさんの22話を見て感想を書かせていただきます。
 タングステンをゲットするために洞窟探検をする千空さん達ですが……
 司帝国にいるはずの大樹さん達は今頃何をしているのでしょうか。

【内容】
 千空は「タングステン」を手に入れるため、同行者としてクロムとともにマグマを指名します。
 ゲンは「やっといなくなってくれた」と何か邪悪な笑みを浮かべますが……
 クロムはマグマは隙あらば千空を襲って村を乗っ取る気ではないかと危機感を抱きます。

 千空はマグマが裏切るのではという推測を一蹴して洞窟の先へと進んでいきます。
 天然の落とし穴があったかと思えばマグマが千空を殴って落とし穴に落ちそうになります。
 マグマは強い奴が村を支配するのが自然だと言い、千空とともに穴深くに落ちていきます。

 千空は穴に落ちても至って冷静で、穴の中を水で満たすにはどれだけの時間がかかるのかと考えます。
 「手分けしていただけ」「何の取り柄がない奴もいつかは役に立つ」「色んな奴がいるのが強さ」なのだとか。
 サイフォンの原理の解説をしつつ洞窟に水を満たしていきますが千空は寒さで弱ってしまいます。

 「ヒョロガリは一足先にあがっていろ」とマグマは千空を投げ飛ばし、千空は「科学はつまらねえわけはない」とひと言。
 千空は洞窟が「そそる鉱石」がたくさんあると知って興奮し、マグマは宝を彫り上げる時なら警戒しないと言いますが……
 実際、マグマは落とし穴から千空を助けようとし、クロムはマグマを疑ったことを謝罪して一発殴れと言ってきます。

 クロムは「仲間の絆」というもっとすごい宝を手に入れたと言いますが、気持ち悪いと言われてしまいました。
 ゲンの言葉を思い出したマグマはすぐ帰ろうといい、目隠しされた千空は村が自分の首を司に差し出すのかと考えますが……
 今日は千空の誕生日というオチで、ゲンの提案でプレゼントに望遠鏡を作ったというオチなのでした。

【感想等】
 クロムさんはともかくこれまで敵扱いだったマグマさんをパーティーに加えるのは想定外でした。
 洞窟探検だけでも大変なのに仲間が裏切る可能性まで考慮するのは精神的にかなり疲弊しそうです。
 「色々な奴がいるのが強さ」という多様性を尊重する千空さんには色々と考えさせられました。
 
 色々ありながらもマグマさんが協力してくれて、こういう敵が仲間になる展開は少年誌の王道だと思います。
 「絆というお宝」という言い方は作中で馬鹿にされていましたが、マグマさんの加入は決戦で決め手になるのかもしれません。
 悪そうな顔をしつつ最後は誕生日祝というサプライズに驚きつつ、残りのお話でどこかでやれるのか気になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】Dr.STONE 第21話「スパルタ工作クラブ」

 ストーンさんの21話を見て感想を書かせていただきます。
 発電施設を手に入れた千空さん達は次々と科学設備を整えていきますが……
 司さん達が攻めてくるまでに間に合うのでしょうか。

【内容】
 「マンパワーをぶっちぎる水力の時代だ!」と千空さん。
 カセキ、クロムが水車を作ったおかげで水力発電を手に入れましたが……
 次は電気を溜める箱を作り、携帯完成までの「スパルタ工作クラブ」が続きます。 

 オープニングの後、バッテリーを作るのは思ったよりも簡単だったらしいです。
 クロム、カセキのぼやきとともにバッテリーが6つできあがり、金狼、銀狼は「ぐるぐる」しなくていいのかと感激します。
 金狼、銀狼はコハクとの戦闘訓練で、カセキ、クロムは激しい工作で疲れ切ってしまいました。

 千空はギアを作っていましたがうまくいかず、クロム、カセキは仕組みを理解しているようです。
 非戦闘員は肉体労働をしなくてよくなったので「冬備え」をすることになりました。
 千空は「電球」を作ることになりましたが、細かい作業に大いに苦戦を強いられます。

 「桁違いに大変になって、桁違いに楽しくなった」とカセキさん。
 村人も生き生きしながら作業を行っていて、その間もカセキやクロム、千空は試行錯誤を繰り返していました。
 電球が完成して試すことになり、ヒスイ達がやってきたころにはいつしか雪が降ってきました。

 巨大な木に電気がついてお星様みたいに輝き、ゲンは「現代に戻ったみたい」とつぶやきます。
 今日は「偶然」にもクリスマスだったらしく、クロムは光がつけば洞窟の奥を探検できるのではないかと言ってきました。
 必要な素材は一式揃っていると言われて呆然としますが、いくらでも銅が必要だと言われてて洞窟に走ります。

 「鬼レベル」工作は「真空管」を作ることであり、千空によると電気の世界のギアでケータイの心臓部らしいです。
 名前どおり空気のない「真空」状態を作らなければならず、ちょうど戻ってきたクロムのおかげで銅のチューブを作りますが……
 度重なる失敗に千空もすっかり疲れてしまい、クロムは何かに使えないかと鉱石を手当たり次第に掘ってきました。

 スイカは石を並べてその中から珍しい石を見つけようとし、悩んでいる千空にゲンが初日の出を見ようと言ってきました。
 初日の出を見ていたらスイカが持っている石が青く光り、灰重石(かいじゅうせき)は赤外線に反応して光るらしいです。
 実際のフィラメントにも使われる「タングステン」は全宇宙最強の金属であり、千空、クロム、マグマが探検に向かうのでした。

【感想等】
 「スパルタ工作クラブ」と「放課後さいころ倶楽部」の響きは似ているかも。
 サルファ剤も長かったですが、電話を作るのもかなりの時間がかかりそうです。
 それでも村人の力を借りられるようになったのは大きいと思いますが……
  
 これまで人力でやってきた動作が人力になり、人類の進歩のすごさを改めて感じさせられました。
 今季アニメだと本作と「本好き」はNHKさんで放送しても違和感がなかったように思えます。
 現代とは遠い世界のクリスマスや年末年始に感慨深いものを感じつつ、残りのお話も見ていきたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】Dr.STONE 第20話「動力の時代」

 ストーンさんの20話を見て感想を書かせていただきます。
 一気に時代をすっ飛ばしてケータイを作ると言い出す千空さんなのですが……
 中の人が同じ異世界高校生はもうミサイルを作っていたのはあまり言わない方がいいかも。

【内容】
 「ケータイを作る」とどや顔をする千空さん。
 大樹や杠のことは気になりますが、人質扱いなら手を出しようがありませんでした。
 司は仮に大樹達が内通者でも連絡手段はないと高をくくっていましたが……

 氷月は情報通信の重要性を説き、千空はその情報戦を制して先制攻撃を打とうとします。
 村人が総出で作業を進めることは助かりますし、クロムやカセキはやたらと興奮して教えてくれと言ってきます。
 声は空気の震えであり、その電気を1箇所に流すと「電波」になると言われても中々難しいです。

 千空はまずは「わたあめ機」を作ると言い、ゲンは色々と不安になってきました。
 わたあめ機を作った千空は「テスト」しようと言いますが、村人は酒もみりんも焼かれて固まっていました。
 糖の結晶を手に入れた千空は早速「わたあめ」を作り、食べた村人は男女問わず興奮します。

 千空はほむらが自分達を見張っていることに気づいていて、それを聞いた銀狼は急に怖くなってきました。
 逃げようにも村には老人がいるので逃げられず、ほむらは氷月を大いにリスペクトしているので裏切らせるのは難しいようです。
 ほむらは「わたあめ」を発見して「食べるわけない」と言いますが……

 甘味の誘惑で司帝国が揺らぐかもしれないという千空に、ルリは「一人の女の子にお裾分けしたかったのでは」とひと言。
 急に料理アニメのようになり、銀狼は海原雄山に扮したゲンにダメ出しされてしまいます。
 ムラが出るようなら銀の細い糸を作るのに支障が出るらしく、人力だと回転力が落ちてどうしてもムラが出来るそうです。

 冬が近くなると準備で人手がかかると言われた千空は優勝記念の盾を使って「ギア」を作ると言い出します。
 コハクは父親からもらったアイテムに何の感慨もなく「実用第一」と言ってきました。
 ギアを使うことで一定の力で回すことが出来るようになり、クロムも何かを思いついて喜んでいました。

 金の糸を向こうの山まで(大量に)編むように言われたコハク達は驚きを隠せませんでした。
 クロムやカセキは徹夜をしてボロボロになりながら水車を作っていて、千空は水車を見てさすがに驚きました。
 水車が発展して人力の時代は終了し、燃料いらずの「水力発電所」を手に入れる千空なのでした。

【感想等】
 次々と科学の力を発揮する千空さんこそ「超人高校生」にふさわしいのかもしれません。
 わたあめ機は自宅にあったと思いますが、普通はそれがスマホに繋がるとは思えません。
 向こうの世界なら通信料のことは気にしなくていいのは(その点だけ見ると)ちょっとうらやましいかも。

 女性陣だけでなくてそのお父さんが美味しそうにしているところがなんだか面白いです。
 お父さんがやたらと目立つのは微笑ましいですし、カセキさんも生き生きしているようで何よりでした。
 水力発電で電力事情は一気に改善されたと思いますが、電話はまだまだ遠そうな気がします。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】Dr.STONE 第19話「そして現代へ」

 ストーンさんの19話を見て感想を書かせていただきます。
 司軍との前面衝突が起こり、序盤から苦戦を強いられる千空さんですが……
 そろそろ大樹さんと杠さんの動向が知りたくなる今日この頃です。

【内容】
 司は氷月(ひょうが)を復活させ、その腕が輝く新世界だと言ってきます。
 氷月は取り巻きを一蹴し、この中でちゃんとしているのは君(司)だけだと言ってきます。
 司は旧世界は「持つ者が持たざるものから奪い取るもの」だったとその愚を説きます。

 氷月は司と意気投合し、司は汚れた人類を浄化して新世界を築くために千空を殺したとひと言。
 その千空は実は生きていて、科学という力で氷月の前に立ちはだかりますが……
 オープニングノアと、氷月は「ちゃんとしていますね、君たちは」といい、この戦闘が陽動だったと言ってきます。

 石神村はたちまち炎に包まれ、村人達はどったんばったん大騒ぎです。
 氷月の片腕である「ほむら」という女性が火を放ったらしく、千空は住民達に逃げるようにと訴えます。
 スイカは司の部下に追いかけられ、彼女は硫化水素の充満する温泉地帯に向かったようです。

 ならず者は毒ガスに恐れをなし、ガスマスクをつけた千空は「自然様は敵も味方もねえ」とつぶやきます。
 氷月は部下をたたき落として毒ガスが本当なのかと「実験」し、死んだじゃないですかと至って冷静でした。
 「大部隊で制圧しましょう」という氷月ですが、村に戻った千空にその言葉は聞こえていませんでした。

 司が千空の生存を知ったのは確実であり、千空は硝酸がなければ銃も火薬も作れないと言い出します。
 千空は「楽しい発明品」で先制攻撃を仕掛けると言い、ついに現代技術のご登場だと言いますが……
 彼は最強の力は通信技術だと言い、この世界で携帯(電話)を作るなどと言って「妖術じゃねえか」と周囲を困惑させます。

 「無血開城すら夢じゃない」とここで大樹や杠という内通者の名前を出す千空さん。
 大樹はかねてからスマホをほしがっていたようで、どれだけ遠くに見えても100億%ゴールにたどり着くのは科学であるとのこと。
 氷月は千空が生きていたと報告してきましたが、司はどんな感情を抱くのでしょうか。

【感想等】
 千空さんが仲間を集めていたように、司さんもまた強力な仲間を得ていたようです。
 旧世界は「持つべき者が持たざる者から奪う」世界だったというのはある意味では正論かもしれません。
 同じジャンプ漫画で「弱肉強食はこの世の摂理」といっている作品もありましたが……

 「炎」だから「ほむら」だということで、ふと某魔法少女の「燃え上がれ―」発言を思い出しました。
 別のジャンプ漫画ならば「汚物は消毒だ!」が出てきたのかもしれませんが……
 部下(?)を容赦なく殺す氷月さんに恐怖を抱きつつ、次回こそは大樹さん達が出てきそうな予感がします。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム