【アニメ感想】かつて神だった獣たちへ 第12話(終)「追う者たち」

 かつかみの最終回(12話)を見て感想を書かせていただきます。
 最終回なのでケインさんも姿を見せるようですが……
 サブタイトルの時点でここで決着がつかなさそうな感じがします。

【内容】
 ミリエリアは墓地で謎の粉をまいて死人を蘇らせているようです。
 オープニングの後、ハンクはマイルズと戦闘を開始し、その胸を突いても倒すことが出来ません。
 いきなり変なガスが流れてきてマイルズの左腕が腐り落ちてきました。

 マーティンは大統領から託された「腐蝕の毒霧」というもので犠牲を出しても戦いを終わらせようとしていました。
 ハンクは神殺の弾丸でマイルズを倒し、ケイン本人が出てきて兵士を次々と殺害していきます。
 マーティンは部下に命じてケインを射殺しようとしますが、兵士は一斉に首をはねられたり吸血鬼にされたりします。

 ケインはおぞましい手段を使う人間こそが獣だと言い、マーティンは毒薬を飲まされて死んでしまいます。
 ハンクはケインと対峙しますが、ケインはミリエリア達を動かして南部と「同盟」を結ぶと言ってきました。
 ケインは凄惨な状況を見せて人間は狂った生き物だと言い、エレインを殺した自分に感謝すべきと言ってきます。

 ハンクはエレインの遺志を継ぐと言い、自分達は戦争と共に終わるべきだったと言い切ります。
 獣の姿になったハンクはケインを攻撃したもののまるで通用しません。
 ケインは無数の姿に増殖してハンクを追い込みますが、ハンクは俺達に未来はないと反論します。

 砦は別働隊によって落とされたものの、ハンクはケインに完全に敗北してしまいます。
 ケインはハンクに「同志となれ」と叫びますが、シャールがハンクは人間だと言っていたことを思い出します。
 いちゃいちゃを見せつけられたケインは激しく憤り、光り輝くハンクはケインの顔面を殴ってきました。
 
 ケインはハンクの力は「獣の王」の力だと言って、また会おうと言って去っていきました。
 首都攻撃の危機が去ったかと思えばケインが最大戦力となり、大統領は各地の戦力を首都へと呼び戻します。
 ハンク、シャールは旅立ち、シャールはハンクについていくと言いきってお話を締めくくります。

 ケインは水槽に入ったエレインを見つめて「新たな時代の到来だ」などと言っていますが……

【感想等】
 最終回もいつもどおりオープニングが流れるところにハンクさんの堅物な性格が現われているのかも。
 不死身だと思っていたマイルズさんもあっさりと倒れたのを見ると色々と省略されているように思えます。
 ケインさんが出てくるのもメインキャラが次々と倒されるのも最終回らしいお話と言えるかも。

 駆け足ながらもケインさんとのラストバトルが描かれたのは一つの区切りとしてもよかったと思います。
 男女のいちゃいちゃにキレるケインさんが顔面を殴られた時は何が起こったのかよくわかりませんでしたが……
 予想どおりケインさんとの決着がつきませんでしたが、2期放送の可能性はあるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】かつて神だった獣たちへ 第11話「騒乱の嚆矢(こうし)」

 かつかみの11話を見て感想を書かせていただきます。
 ハンクさんが復帰してこれからケインさんと決着をつける流れなのでしょうか。
 ちなみに「嚆矢」というのは物事のはじまりという意味らしいです。

【内容】
 ボルドクリークに要塞が発見され、大統領は要塞を落とせと命令を出します。
 ハンクはクロードの拷問を受け、クロードは兄が何を考えているんだと迫ってきましたが……
 シャールは目的が同じなら力を合わせることが出来るのではないかと言ってきます。

 大統領からの要塞を攻略しろという指令書が届き、要塞にケインの姿も確認されたとありました。
 ハンクはいつもの白いコートではないので違和感を感じますが……
 現地の司令官であるマーティン大佐は近づけば弓矢で狙撃されると言ってきました。

 ハンクは敵は擬神兵ケンタウロスことマイルズだと見抜き、とりうる手段は「夜襲」一つだと言ってきました。
 弓矢は暗闇では効果を発揮せず、マイルズはクラウスの策どおりに接近戦を挑んできました。
 マイルズはケインが自分達の守るべき国を取り戻してくれたと言ってケイン達に襲いかかってきました。

 投網で捕まったマイルズは一斉に銃撃を受けますが、瞬時に傷が回復してきました。
 ケインは「次の段階に駒を進めよう」と言い、それ以来ケンタウロスが出てこないのでマーティンは塹壕を築きます。
 クロードはケインをこの手で討つと宣言し、シャールは何もさせてもらえずにただの役立たずだとつぶやきます。

 ライザは大量の医療品を買い込んでいて、シャールはそれを運ぶのを手伝います。
 シャールはケインが何をするつもりなのかと問い、マイルズは自ら仲間の人間の傷を手当てしていました。
 マイルズはかつての名医だったそうで「助けても殺しても感謝されるのは同じ」と言い切ります。

 マーティンは明日には要塞の攻略戦を開始すると言い、シャールは生きて戻ってきてほしいとひと言。
 要塞攻略が始まり、ハンクは銃を持って先陣を切りますが……
 マイルズは後方から兵士を攻撃してきて、もっと俺に悲鳴を聞かせてくれなどと言ってきました。

 ハンクは医者としてもマイルズは死んだと言いますが、マイルズは自分が擬神兵になったことで救われたとひと言。
 軍医として兵士の命を助けたものの死体となって戻ってきて無力感を覚えていましたが……
 擬神兵となって敵を殺せば仲間が助かることを知った彼を見て、ハンクは「お前の心はとっくに壊れていた」とつぶやきます。

 ハンクとマイルズは激しい戦闘を開始します。
 一方、ある兵器を準備させたマーティンは「最後の勝利するのは我々だ」と宣言するのでした。

【感想等】
 色々ありながらもシャールさんとはひとまず手を組むことになりました。
 いつもの白いコートではない黒い軍服を着たハンクさんはいつもとちょっと違って見えました。
 シャールさんの軍服姿もちょっと見てみたかった……かもしれません。

 医師が戦闘要員になるというのは「北斗の拳」のトキさんの逆パターンと言ってもいいかも。
 努力が報われない現実を見て歪んでいったのはなんとなくわかる気がします。
 残り数話という枠を考えると次で一度ケインさんと激突、決着がつかないまま終わる感じでしょうか。

 
※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】かつて神だった獣たちへ 第10話「二つの誓い」

 かつかみの10話を見て感想を書かせていただきます。
 崖に落ちてしまったハンクさんは当たり前ですが生きていました。
 彼は己の過去を克服することが出来るのでしょうか。

【内容】
 戦場の記憶が鮮明に蘇り、ロイは擬神兵ガルムになって命をつないだとのこと。
 かつてのハンクとロイは強い信頼で結ばれていましたが、今はハンクにとどめを刺そう賭します。
 ハンクの体は谷底に落ちてしまい、ロイはそのままどこかに逃げてしまいました。

 オープニングの後、ハンクの前にはエレインが現れますがそれは夢だったようです。
 ハンクは目の前にシャールがいたことに驚き、捜索隊は確実にロイを追い詰めていきました。
 捜索隊の半数が倒されたと聞いたライザやクロードは自分が出ていくと言い出します。

 ハンクはシャールが生きていたことが救いだと言い、シャールは故郷であったことを語り出します。
 人としての意識をなくした父を撃ったというシャールは自分にもハンクの気持ちがわかったと言ってきました。
 ハンクは部下を殺すことで救われるのかと悩み、力を使うたびに自分が自分でなくなると嘆きます。

 シャールは自分を殺せと言ってくるハンクに涙を流し、ハンクはロイと決着をつけると言って立ち上がります。
 さらに「俺達のことを覚えていてくれ」と言ってハンクは姿を消してしまいました。
 ロイは指揮官を潰せば終わりだと言って出てきましたが、逆に周囲に取り囲まれてしまいました。

 クロードは命を捨てようとする部下をたしなめる一方、シャールはハンクが一人で背負い込むのかと疑問を抱きます。
 シャールはハンクに死んでほしくないと結論づけ、血まみれになったロイの前にハンクが現れます。
 ロイは「貴様は過去だ!」と向かってきますが、シャールがロイを銃撃してハンクは人間だと言い放ちますが……

 「必ず、人として殺してあげますから」と誓いを立てるシャールさん。
 ハンクは自分は誰かの弔いの言葉がほしかったと言い、変身してロイと殴り合いを開始します。
 ロイはハンクは戦場で輝く光だったと言い、ハンクはロイが心強かったとつぶやきます。

 ハンクはロイを銃殺し、シャールはこの人はどんな人だったんですかと聞いてきます。
 ロイは誰よりも任務に誇りを持っていた部隊のムードメーカーだったのだとか。
 「もしかしたらお前とはいい友達になれたかもしれない」というハンクの言葉で締めくくるのでした。

【感想等】
 アニメが1クールだとしたらやることの割に時間が足りないのかなと察してしまいます。
 ハンクさんとエレインさんのお声でフェアリーテイルを連想する視聴者は私以外にもいるはず。
 シャールさんがハンクさんにとっての正ヒロインになったのはよかったと思いますが……

 ハンクさんが自分の弱さを告白したのはよかったものの、殺せと言われたらちょっとショックでした。
 シャールさんは自分の過去に向き合うだけでなく、そこから前に進むことが大切だと教えてくれたのかもしれません。
 あとはケインさんとの決着だと思われますが、十中八九、決着がつかないまま終わりそうです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】かつて神だった獣たちへ 第9話「冥府の番犬」

 かつかみの9話を見て感想を書かせていただきます。
 数話ぶりに登場したハンクさんは己の力に恐怖しているようですが……
 シャールさんはハンクさんを救うことが出来るのでしょうか。

【内容】
 一人で旅を続けていたハンクは自分が殺した部下の亡霊に悩まされます。
 ハンクは雪山で目を覚ましますが、すぐに元部下のガルム(ロイ)が容赦なく彼に襲いかかってきました。
 ガルムはケインの申し出を受け入れろと言い、それが出来ないなら死ねと攻撃してきます。

 シャールはクロードやライザとともに現地に移動しつつ、このまま彼らが出会ったらと不安になってきました。
 ガルムはハンクに擬神兵となって戦えと迫り、俺が本当のあんたを思い出させてやると一端この場を去ります。
 クロードは疲労がたまったのか熱を出して倒れてしまい、そのまま近隣の砦でシャールの手当を受けることに。

 シャールは擬神兵はなりたくてなったのではないと言い、もう少し周りと寄り添えるのではないかと考えます。
 クロードはハンクともう一人の擬神兵を発見したと聞いて部下を集め、ハンクはかつての部下に縛られる夢を見ていました。
 ケインは「自由にしてやる」と言ってハンクの鎖を解き放ち、ハンクは暴走してエレインを攻撃して目を覚まします。

 クロードは明らかに体調が悪く、部下のジェラルドはクロードを一時的に置いていくことを決断します。
 ライザは「シャールより楽しいわよ」とクロードを連れていきますが……
 シャールは父の敵であるハンクから何かを知ろうとするシャールは自分達の中で一番の大人だと言ってきます。

 ハンクはガルムに一方的な攻撃を受けつつも、今のガルムはケインの犬に成り下がったと言い放ちます。
 変身したハンクはガルムをじゅうりんしますが、途中で変身が解けて雪山に投げ捨てられます。
 「お前に俺達は救えない」ととどめを刺されそうになったところで討伐部隊がやってきて戦闘を開始します。

 流れ弾によって足場が崩れ、ハンクは谷底深くまで墜ちていくのですが……

【感想等】
 わかのぶの信勝さんと本作のクロードさんと、中の人が同じだけでなくどちらも弟という妙な偶然が面白いです。
 ハンクさんの雪山で眠っても死なないのは擬神兵になった代償……なのでしょうか。
 仕事人間のクロードさんがシャールさんの優しさに触れ、恋愛感情が芽生えるのならそれはそれで興味深いです。

 これまで暴れ回っていた擬神兵がいた一方で、最低でもベアトリスさんとはわかり合えたのではないかと思ったりします。
 土曜日のグランベルムでアンナさんが退場した後だと、ライザさんの元気なお姿を見るとうれしかったりします。
 崖に墜ちたくらいでハンクさんは死なないと思いますし、次回こそは彼がシャールさんの声で復活するのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】かつて神だった獣たちへ 第8話「眠りの歌姫」

 かつかみの8話を見て感想を書かせていただきます。
 クロードさんの必死な姿に仕事以上のものを感じますが……
 ハンクさんは一体何処に行ってしまったようでしょうか。

【内容】
 北部は来たるべき戦いに備えて擬神兵の掃討を進め、大統領は実の息子であるクロードをこき使います。
 ライザの豊満な胸を見たシャールは愕然としつつも、今は姿を見せないシャールのことを思い浮かべます。
 シャールはベアトリスが歌っているのを発見しますが、いきなりチャールズに銃を突きつけられて困惑します。

 自分の素性を話したシャールにチャールズは政府が擬神兵に懸賞金を出しているのだと説明します。
 チャールズは酒場を経営していて、ベアトリスはそこで歌手をしていたそうですが……
 ベアトリスは戦争が始まってから歌の無力を思い知り、擬神兵として戦争を終わらせようと考えたようです。

 戦争を終わらせたベアトリスは化け物として扱われ、それももうすぐ終わりだと言ってきました。
 シャールはベアトリスと盛んに交流をし、ケインは北部との戦争に備えて要塞を築いていました。
 ベアトリスによるとハンクはタマネギが苦手らしく、もう一度舞台で歌いたかったと言ってしんみりします。

 シャールはいつかまたベアトリスの歌を聴いてくれると言いますが、帰り道でクロードが声をかけてきました。
 「不安は人を思いも寄らぬ行動に駆り立てる」といい、一刻も早く擬神兵を殲滅すべきだと言ってきましたが……
 クロードはケインこそ実の兄だと言い、擬神兵を全て始末して兄もハンクも始末すると言い出します。

 不安にかられた人々は擬神兵を調べると言ってチャールズと口論になりました。
 ベアトリスは村を離れていつかまた歌いたいと言っていましたが、ボロボロになったチャールズを見て涙を流します。
 人々が眠らされているのを見たクロードは擬神兵セイレーンの仕業だと気づきますが……

 ベアトリスは自分の歌が人々を不安から救ったと言い、クロードはベアトリスを背後から銃撃します。
 シャールはその場から離れるベアトリスを追いかけ、ベアトリスは舞台が生きる意味を教えてくれたと涙を流します。
 「聴かせてください、あなたの歌を」と言っていたらクロードの部下がベアトリスを一斉に銃撃します。

 最後に舞台で歌ってベアトリスは命を落としてしまいました。
 クロードはハンクの居場所を見つけたと言い、シャールは撃つと思っていたと言いますが……
 シャールはベアトリスは私の友達だったと言って彼女に思いをはせます。

 Cパートでは、ハンクが「心を亡くした者を討つ」と言ってかつての部下と対峙します。
 変身することが出来なくなっていた彼は一体何を思うのでしょうか。

【感想等】
 前回はシャールさんがハンクさんに歩み寄りを見せたものの、そのハンクさんは中々出てきません。
 クロードさんの必死さが気になる一方で、シャールさんとベアトリスさんとの絡みにちょっと癒されました。
 1話限りの登場ではありますが、ベアトリスさんを演じる早見さんのお声も歌も素敵だと思います。

 ちょっと前に半ば冗談でクロードさんがケインさんの弟ではと言っていたらその通りになりました。
 ベアトリスさんが最後の最後にもう一度舞台で歌えたのは救いだと思いたいです。
 次回はようやくハンクさんが出てきますが、シャールさんの呼びかけで彼がトラウマを脱するのでしょうか。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム