【アニメ感想】スタミュ-高校星歌劇-(第3期) 第8話

 スタミュの3期8話を見て感想を書かせていただきます。
 まずはオープニングセレモニーに出られる流れになったのはよかったと思います。
 四季先輩と冬沢先輩との間の溝はどうやって埋めていくのでしょうか。

【内容】
 3年生に進級する直前、四季、冬沢、春日野、入夏、千秋は次期華桜会に任命されます。
 入夏は興奮のあまり桜の枝を折ってしまいますが、四季は俺達は一つ一つの花とかっこいいことを言います。
 オープニングの後、星谷は14人一緒に出られることを喜ぶ一方、北原や月皇は違和感を覚えていました。

 突然の変更について四季が説明をすることになり、自分達が改革を続けてきたことが説明されます。
 チーム柊の5人のお披露目が14人に増えたのは、追加メンバーにも次期華桜会の資質があると判断したそうです。
 星谷は先輩方の期待に応えると言いつつも先輩方に迷惑をかけたことを謝罪しますが……

 14人での練習に際してチーム柊が臨時コーチになり、華桜会の皆さんは事務作業でゴタゴタしているそうです。
 先輩方はパンパンフレットをホッチキスを閉じつつも、四季と冬沢との間の溝について心配されます。
 春日野が引いた戦車のリバースは暴走の予兆であり、冬沢は「今ならまだ間に合う」と再考を促します。

 冬沢は自分の意見が受け入れられなかったからと去っていき、四季はショックを受けたのか倒れてしまいました。
 回想シーンになり四季は首席の柄ではないと言いながらも、一番高いところから学園を見ることで変化をもたらそうと考えます。
 学園が少しでも変わっていく可能性を探ろうとする四季に対し、冬沢は2人で学園を変えようと言っていましたが……

 四季が目を覚ますとベッドで眠っていて、仕事に没頭しすぎて睡眠をおろそかにしていたのではと言われます。
 春日野、入夏は自分が代わりに事務作業をすると言い、入夏が言うには冬沢は元々首席を狙っていたとのことです。
 冬沢は四季に任せたら華桜会は沈むと言いだしますが、千秋はこれ以上こじらせるなと忠告してきました。

 「ただ落ちていくのをほっとけるほど短い付き合いではない」と千秋先輩。
 突然2人は歌い出したかと思えば、星谷は一人で歩いていく冬沢の姿が気になります。
 冬沢は四季にもう一度考え直せと通告しますが、四季は首席なんてどうでもいいと言い出します。

 「多くの星をすくい上げることが出来るなら革命家になって構わない」と四季先輩
 冬沢は「もうお前にはうんざりだ」と言って訣別を宣言し、四季は「戦うしかない」と宣戦布告するのでした。

【感想等】
 前回Cパートの冬沢先輩は明らかに危険な香りがして、そのことがどうしても引っかかってしまいます。
 14人になって練習することになったのはいいとしても、いまだにキャラクターの顔と名前が一致してませんでした。
 チーム柊の卯川さんは1期で散々に突っかかってきた悪いイメージしかないのですが……

 先輩方がそれぞれ学園の未来を考えているのはいいとして、彼らの目指しているものが漠然としていてよくわかってないです。
 四季先輩が倒れたことも気になりますが、千秋先輩と冬沢先輩が長い付き合いだったのははじめて知りました。
 1期2期と同じ全12話だとして残り4話になりましたが、最後は星谷くんが次期華桜会になって終わるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】スタミュ-高校星歌劇-(第3期) 第7話

 スタミュの3期7話を見て感想を書かせていただきます。
 見事なステージを見せてくれた星谷くんの前にあの四季さんが現われます。
 星谷くんの情熱は四季さんすら動かしてしまうのでしょうか。

【内容】
 星谷達が縛られて連行される光景が流れます。
 彼の目の前には四季が現れますが、これまで無礼を働いたからとスルーされます。 
 かつての四季は柊達の前で次期華桜会になりたくないと言っていましたが……

 星谷は鳳先輩と会い、先輩はマカデミアナッツをくれました。
 チーム柊への手紙は柊から教え子へのメッセージのようですが……
 星谷は「四季先輩ってどんな人なんですか?」と質問をします。

 事情を聞いた鳳は四季が華桜会になるのを一度辞退したと言ってきました。
 「四季にはお前のような相手が必要」と言われた星谷はよくわかりませんが……
 鳳は暁達と一緒に食事をしていて、子供の喧嘩に親が出る必要はないとひと言。

 柊には月皇兄が「頼ってきたら答えればいい」とアドバイスしてきました。
 「俺は華桜会にはがんばってほしいんだよ」と言っていましたが……
 冬沢は四季が心配だと言い、四季は「彼(星谷)らに可能性を感じる」と言ってきました。

 中等部で生徒会長をしていた冬沢はトップにふさわしい器であるとのこと。
 冬沢はあくまで選ばれたのはお前だといい、正しい判断を下すと信じていると言ってきました。
 その後はオープニングセレモニー出場枠の拡大について華桜会の間で会議が行われます。

 千秋は星谷達を出してもいいじゃないかと言いますが、冬沢はチーム柊に任せろと反論します。
 星谷達は自分達の処遇が決められようとしていると思うとなんだか落ち着きません。
 辰巳は柊からの手紙を読み、星谷は様子を見に来たはずが一人で弁当を食べていて四季に声をかけられます。

 星谷は四季にオレンジジュースを渡し、四季は今の状況は芳しくないと言ってきました。
 彼は「単に俺の力不足」と言い、王になれば得るものを選べるが守るべきものが増えていく……と言ってきます。
 その後はいつものパターンどおり歌ってきましたが……

 「叶えたい夢があるなら声を上げるしかない」という言葉を送る四季先輩。
 星谷は四季に鳳に似たものを感じたのか、俺の手でよかったら貸しますと言ってきます。
 四季は「この学園を変えるのはお前達の世代かもな」と期待を示してきました。

 会議の席に戻った四季は千秋達の名前を呼び、オープニングセレモニーは学園の未来を託す後輩を見せつけると言ってきます。
 「俺は星谷達にもその資質があると考える」と熱く力説してきました。
 そして星谷達はオープニングセレモニーの参加を認められることとなったのです。

 冬沢は「いつものように俺に頼ればいい」と一人で歌い出します。
 そしてそれを聞いていた千秋は一体何を思うのでしょうか。

【感想等】
 星谷くん達が縛られて連行されているのを見てああ夢なんだろうなと思いました。
 いっそ連れ去られるシーンで歌って踊ってもよかったのかもしれませんが……
 わずかながらでも柊先輩や鳳先輩が出てきたのはちょっとうれしかったりします。

 鳳先輩達はお元気そうでよかったですし、月皇さんのお兄さんまで出たのはうれしいサプライズでした。
 暁先輩は1期で散々に柊先輩に固執していたイメージが強いので、突き放してくるのはちょっと意外かも。
 四季先輩が星谷くんのことで力説するシーンはかっこよかったですし、この勢いが続いてほしいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】スタミュ-高校星歌劇-(第3期) 第6話

 スタミュの3期6話を見て感想を書かせていただきます。
 色々とありながらも星谷くん達はついに行動を開始したようですが……
 彼らの気持ちは先輩方に届くのでしょうか。

【内容】
 南條は華桜会からオープニングセレモニーの楽曲を入手し、星谷はついに行動を開始します。
 チーム柊の皆さんは合宿で不在ではどうしようもありませんが……
 星谷は「考えてくる!」と言って走っていき、四季とばったりと会ってしまいます。

 四季は2年の綾薙祭は重要だといい、3年には公演がないと言ってきました。
 星谷は「これが最後の綾薙祭」とやる気を出し、稽古着(?)に着替えて練習を開始します。
 腹が減ったからハンバーガーを食べに行こうとしたら写真にチーム柊が映っていました。

 入夏先輩の実家が運営する「入夏スタジオ」なる場所があってここにチーム柊がいるのではないかと考えます。
 星谷はチーム柊の前に現われ、先輩に見つかりそうになったのでロッカーに隠れます。
 そのままチーム柊の練習になり、外で待機していた仲間達は「星谷を信じるしかない」という結論に至ります。

 星谷はチーム柊の力も必要だと伝え、向こうも「期待通りだった」とひと言。
 「必ず追いついて華桜会に認めてもらう」というひと言に1年の時の星谷が重なりますが……
 「俺は同じ場所で立ち止まっていないよ」と言われ、拳を突き出す星谷なのでした。

 チーム柊は綾薙祭を前にプレ公演をしたいといい、星谷は那雪妹を呼び出してきました。
 妹は期待通りに衣装を作り、プレ公演の幕が上がりますが……
 星谷達が乱入して一緒に歌って踊り出し、見事に結果を出した星谷達を見て先輩達は言葉を失います。

 カンパニー全員でやらせて欲しいと訴える星谷ですが、冬沢はそんな彼らの思いを一蹴します。
 星谷は舞台は拍手や喝采で完成するといい、結果を出してやると宣言します。
 四季が出てきて「いいだろう」と話を聞く流れになり、星谷は四季が華桜会の首席だと聞いて驚愕します。

【感想等】
 そろそろ何かが起こると思いましたが、逆に奇跡を起こすのが星谷くんでした。
 3期になって恩師が卒業したからか、鳳先輩や柊先輩が全く出なくなってちょっと寂しいかも。
 もしかしたら後半のどこかで顔を出してくるのかもしれませんが……

 インスタっぽいところでチーム柊を見つけ出すのはSNS全盛の時代にふさわしい展開でしょうか。
 星谷くん達がSNSをやっているわけでもなさそうですが、ずっとロッカーに閉じ込められた星谷くんが哀れを誘います。
 「諦める方法を知らない」彼らしい行動にちょっと安心することもまた事実ですが……

 流れもうまくいきそうな感じで、なおかつ那雪さんの妹さんまで出てきたのはちょっとうれしかったりします。
 事前に合わせてもいないのに息が合う星谷くん達だけでなく短期間で大人数の衣装を作る妹さんも実はすごい人なのかも。
 全部で12話だとしたら次回から後半戦ですが、最後の最後までしっかり見届けていこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】スタミュ-高校星歌劇-(第3期) 第5話

 スタミュの3期5話を見て感想を書かせていただきます。
 色々ありながらも2人の先輩を攻略した(と思われる)星谷くん達ですが……
 あらすじを見る限りだと今回は冬沢先輩を攻略するようです。

【内容】
 練り物について議論を交わしているころ、冬沢の前に南條が現われます。
 冬沢は南條が自分に有益な方につく男だといい、彼を引き込もうとしていました。
 月皇は優等生作戦もストライキもうまくいかなかったことを思い出します。

 星谷は先輩方との交流を通じて彼らのことを好きになってきたそうです。
 南條は「何が最高かより何が最悪か」を考えるべきではないかと言ってきました。
 その夜、辰巳が星谷に声をかけてきて南條が心配してくれたことが意外だと言ってきました。

 華桜会主催の合宿が行われるそうで、南條は中等部時代に副会長を行っていたそうです。
 しかし北原は南條が義理で動くほど性格はよくないと言ってきました。
 空閑が北原にデコピンをし、南條と冬沢が手を結んでいるのかと調べることになりました。

 南條は「勝負だけでなくて交渉しないと」と言い、クラス公演はさせてやると言ってきました。
 内申点を上げることが大事なのかと言われた南條は「変わったのはお前」と反論してきました。
 そうかと思ったら北原、南條は息の合ったミュージカルを見せてくれました。
 
 ミュージカルをしながらも北原と南條は決裂し、北原は喧嘩するほどアイツに期待してないと言い放ちます。
 「たかがチームメイト」と言い放つ北原に対して揚羽は憤って去っていきました。
 南條に千秋が声をかけてきて、こんなことをしていたら友達をなくすと忠告してきました。

 揚羽は南條を監禁して北原をなんとかしてと迫り、チームメイトの重要性を訴えます。
 星谷は一緒にいるときはすごく強そうと言ってきますが、南條は「俺は関係ない」と突っぱねてきました。
 揚羽は南條を殴ろうとしますが、そこに冬沢がやってきて「お前を信用できるほど単純じゃない」とひと言。

 北原は南條を攻撃して「変態」と罵りつつダチとしては筋を通せと言ってまたミュージカルをします。
 南條は「カンパニーの意志を尊重することにしました」と言い、自分達がオープニングセレモニーの舞台に立つとひと言。
 「うちのカンパニーを甘く見ない方がいいですよ」と不敵な笑みを浮かべる南條ですが……

【感想等】
 冒頭のあらすじ(?)と本編のギャップを見てだんだん変な方向に進んでいるような気がします。
 3期まで全部見てきているはずがキャラクターが多いと誰が誰だかよくわからなくなります。
 1期はチーム柊とチーム鳳の皆さんだけ覚えていればよかったのですが……

 普通の部活もので敵、味方などという言葉が出てくることがちょっと驚きだったりします。
 持ち歌を2つも出してきた北原さんと南條さんの優遇ぶりが素敵でした。
 先輩が攻略できたのかよくわかりませんが、文化祭はどんな形で着地するのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】スタミュ-高校星歌劇-(第3期) 第4話

 スタミュの3期4話を見て感想を書かせていただきます。
 前回は入夏さんを攻略する感じでしたが、今回はどなたを攻略するのでしょうか。
 1話1人だと来月には全員攻略できていると思いますが……

【内容】
 星谷のストライキのせいなのかチーム柊は過密スケジュールを組まれてほぼ軟禁状態になります。
 入夏はわかってくれたから他の華桜会の先輩もわかってくれると考える一同。
 星谷は「俺、ひらめいちゃった!」などとのたまいますが……

 オープニングの後、星谷、那雪は春日野を尋ね、全員でオープニングセレモニーに出るにはどうすればいいかと聞いてきました。
 華桜会は会議を行い、冬沢は気を引き締めてと言ってさっていきました。
 星谷は適当にあしらわれてしまいますが、今度はチーム柊のところに行くと言って走っていきました。

 那雪は星谷が焦っているのではないかと考え、ボクのことも頼ってとつぶやきます。
 チーム柊は昼休みを返上して練習をしていて、冬沢は彼らの年代は競争意識に欠けると言ってきました。
 辰巳は「柊先輩は相手を蹴落として上に立てとは言わなかった」と言い出します。

 星谷は物置に隠れたはずが閉じ込められ、春日野が「占いはヒントをくれるだけ」と言っていたことを思い出します。
 コインは友人がくれたもので大切にしているそうですが……
 春日野はコインを飛ばして表なら言う、裏なら言わないと言っていました。

 昼休み後、那雪達は星谷がいなくなったことを心配していました。
 四季達は甘味処で甘いものを食べていて、自分達と同じようにチーム柊は結果を出すとひと言。
 かつて、四季は春日野達を押し上げようとし、そのときに例のコインをくれたようです。

 四季との昔のことを思い出した春日野は突然桜の木の下で歌って踊り出します。
 「君こそ言わないのか、言えないのかわからないよ……」とつぶやく春日野さん。
 那雪は夜になっても星谷が戻ってこないと言い、彼が華桜会に捕まっているのではと言い出します。

 次の日、那雪は春日野に「星谷くんを返してください!」と迫り、春日野は何のことかと呆然とします。
 那雪は号泣して走っていき、天花寺達はむしろ那雪の方が心配になります。
 春日野はチームメイトのために熱くなる那雪を見て四季とのことをまた思い出して歌い出します。

 那雪は本当は自分にも頼ってほしいと言いますが、天花寺は星谷が突っ走るのは周りを信じているからとひと言。
 春日野はオープニングセレモニーは「彼」の悲願だと言いますが……
 月皇や空閑は断固として拒否し、春日野は「個人としては何も言わない」と攻略されるのでした。

 星谷はダストボックスから出てきて、那雪は「星谷くんのバカ!」と絶叫します。
 春日野は四季に重圧を感じているのではないかと問いかけますが……
 最後はオープニングセレモニーを絶対に成功させようと言い出すのでした。

【感想等】
 冒頭のノリノリのキャラとややシリアス気味の本編とのギャップに少し驚きます。
 「諦めることを知らない」という言葉のとおりひたすらに突き進む星谷くんが少し焦っているように思えます。
 先輩方全員を攻略しステージまでやるのなら1クールでは全然足りないのかもしれません。

 前回は入夏先輩を、今回は春日野先輩を攻略するお話でした。
 星谷君の恋女房ともいえる那雪さんですが、その入れ込みようがちょっと怖くなってきたのは内緒です。
 よくわからないうちに2人を攻略したので、次はどの先輩を攻略するのかすごく気になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム