【アニメ感想】三ツ星カラーズ 第7話「トリック オア トリート!」

 三ツ星カラーズの7話を見て感想を書きます。
 近年定着したハロウィンはこちらの世界でも定番行事ということなのかもしれません。
 作中最強なのはドSキャラの琴葉さんではなくて怒った結衣さんなのでしょうか。

【内容】
 結衣は琴葉と出会う一方、さっちゃんは先生に怒られて居残りとのこと。
 琴葉は結衣に友達が少なないのではないかと言って結衣の神経を逆なでします。
 怒った結衣はゲームを借りて、私が一面を越してやると反撃します。

 さっちゃんも合流したカラーズは一旦アジトに集合し、ゴミ拾いをすることになりました。
 人間を入れようとするさっちゃんはとりあえず斉藤さんをゴミ袋に入れようとします。
 斉藤さんは正論で反論しますが、さっちゃんは「まじめにしてられるか」と一喝します。
 そして、ゴミ箱のゴミを入れて袋を一杯にするカラーズの皆さんなのでした。

 ゴミ拾いをしたということで結衣はアポロチョコを手に入れ、3人で仲良くいただくことに。
 琴葉は上と下を別々に食べるという食べ方を披露しますが、さっちゃんは「1度きりに全力」を尽くします。
 そのさっちゃんは「事件のにおい」がすると「死体」を求めて一心不乱に走り出します。

 さっちゃんが「臭い」のはどうやら銀杏によるものだったようです。
 琴葉は銀杏が食べられると告げ、とりあえず3人であつめて非常食にすることにしました。
 しかし、直接触るとかゆくなることが「後で」判明します。

 改めて軍手を準備して銀杏を集めるカラーズの皆さん。
 大量に臭いものを集めた3人は斉藤さんに投げつけます。
 最後はすっかり臭くなってしまった斉藤さんなのでした。

 街はハロウィンムードになり、結衣やさっちゃん、琴葉も仮装していました。
 琴葉は「ゾンビゲーム」をすると言い出し、ボスゾンビを倒して街を倒すことになりました。
 さっちゃん、琴葉はボスを配置したあと、ゾンビを増やすために女子高生に声をかけます。

 「この紙を見た人はゾンビになります」という手紙を見た女子高生はとりあえずゾンビになります。
 一方、待機していた結衣は外に出て、ゾンビが増えているのを目の当たりにします。
 紙にはゾンビにならない方法も書かれており「今年の私はちょっとだいたん!」と叫びだします。

 結衣はボスゾンビを発見し、ゾンビとなった人々が紙を持って一斉に襲い掛かります。
 ボスゾンビを蹴飛ばしたことで街の平和が守られ、結衣は喝采を浴びることになりました。
 そして最後は「トリック・オア・トリート!」でお菓子をもらって締めくくる一方、斉藤さんは放置されるのでした。

【内容】
 今日もいろいろな方面で活躍するカラーズの皆さんに元気をいただきました。
 ゴミ拾いで斉藤さんを入れようとしたり、死体を求めて走り出したりと変な方向に進むのはご愛嬌でしょうか。
 アポロチョコの食べ方でそれぞれ個性が出ているのも面白いです。

 中盤は臭いものもとい銀杏をあつめるお話になりましたが、やはり斉藤さんが犠牲になりました。
 メインのハロウィンのお話も普通にお菓子を集めるだけにとどまらないのが彼女達のすごさなのかもしれません。
 琴葉さんたちの思いつきに付き合う女子高生をはじめとした皆さんの優しさもいいなと思います。

 色々ありながらもボスゾンビが倒され、街には平和が戻った(一同が笑顔になって)ようでよかったです。
 しっかりお菓子を集めていたところもさすがだと思いましたが、今度は斉藤さんが放置でちょっと可愛そうです。
 次回は反省会どおり新キャラが登場するか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】刻刻 第7話「第漆刻 」

 刻刻の7話を見て感想を書きます。
 肉親を救出した後はいよいよラスボスとの決戦になるのでしょうか。
 気がつけばすっかり主人公として覚醒した樹里さんがかっこいいです。

【内容】
 管理者を倒した後は、やせ細った少年だけが残りました。
 間島は「兄」を抱きしめて涙を流します。
 一方、樹里もまた真との再会を果たし、ひとまず安心ということでしょうか。

 間島は肉親を連れて立ち去ることになり、彼女と同行していた男は樹里たちと手を組むことに。
 男によると敵の残りは7人で、佐川という男(の止界に対する執念)がもっとも危険なようです。
 その佐川は犠牲になった連中を観察し、まるで実験を楽しんでいるような様子です。
 「世界を長く見たい」という彼は、もはや宗教団体にすら執着しておらず、信者にも動揺が広がります。

 樹里は敵を全員倒した(もとい追い払った)上で、石を壊して術を封印することを考えます。
 佐川とはもしかしたら以前つながりがあったのかもしれません。
 とりあえず7人のうちの1人からくらげを引き剥がして残りは6人となりました。

 お父さんは娘に反して、止界術という「力」を保持しておくべきではないかと考えます。
 敵もまた全員が佐川に従っているようではないようで、神社の木の上で例の石を手に入れます。
 佐川は宗教の教典から、創始者が500年生きながらえたことを推測していました。

 石を手に入れたとう報告を受けた佐川ですが、会の存在理由はどうなのかと聞かれます。
 佐川はたまわにの敢然支配によって自分が生きながらえる一方で、信用できる潮見に肉体を預けるとのこと。
 純粋な信徒には彼の「変節」に耐えられず、反乱の意思を見せますが……

【考察等】
 とりあえず間島さんの一件は一応解決ということでよかったと思います。
 続いてはラスボスこと佐川さんと決着をつけ、この世界から脱出しておしまいということでしょうか。
 彼の危険な思想はラスボスとしてふさわしいかもしれませんが、戦闘能力も何気にあったりするのでしょうか。 

 樹里さんの封神が決まる一方でお父さんは独自に動き、敵は敵で一枚岩ではないようです。
 ラスボスの変身という意味では終盤らしい展開ともいえるかもしれません。
 異形の存在となった佐川さんとこれからどう戦うのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】続 刀剣乱舞-花丸- 第7話「文月:いざ、大勝負」

 刀剣乱舞花丸の7話を見て感想を書きます。
 今回は冒頭から戦闘でいつもと違った始まり方で驚きました。
 とはいえふたを開けるといつもの日常メインのお話でしたが。

【内容】
 珍しく時間遡行軍との戦闘をする刀剣男士の皆さん。
 続いて清光は新入りの物吉をみんなに紹介することにしました。
 一方で、茶柱が立っていることにどうしても注目してしまいます。

 洗濯物が飛んでしまい一心不乱に追いかけたかと思えば洗濯物が自然にもとのかごに戻ります。
 おしょうゆを買いに行くようにと言われた清光たちは万屋で包丁たちと出会います。
 そして洗濯物の一件に続いて、大当たりをひいたり(株取引のための)四葉のクローバーが見つかったりといいことがありました。

 お兄さんにプレゼントをするために博多が株取引でがんばっていました。
 そんな博多に大量のお菓子や幸運のクローバー、冬虫夏草までも渡されます。
 そして物吉がやってきたとたんに株価が上昇を始めます(が離れると株価が下がります)。

 結局株価が下がってしまい、博多は意気消沈してしまいました。
 彼と同じ黒田家にいる長谷部たちの話で、地元福岡の祭りである山笠はどうかというお話になりました。
 そしてお祭りだけでなく、出店までしっかり準備する皆さんが素敵過ぎます。

 楽しくお祭りをするはずが突然雨が降ってきてしまいます。
 遠征から物吉が戻ったとたんに雨が上がり、空はすっかり晴れ晴れとしてしまいます。
 そしてみんなでお祭りをして、出店もとてもおいしそうでした。

 短冊に願いを書く刀剣男士の皆さんですが、清光は安定が早く帰ってくるようにと彼が強くなるようにお願いをします。
 一方、どこかを旅している安定もまたお願い事し、ついでに株価も上昇して何よりでした。
 そして最後は唐突にライブが始まって皆さん楽しそうで何よりでした。

【考察等】
 毎回新しい仲間が増えて、よほどのファンでないと中々全員を覚えている人は少ないかと。
 いつになっても公式サイトが欠かせない作品は珍しいかもしれません。
 一生懸命は素晴らしいですが、この世界観で株取引という言葉が普通に出てくるのは若干の違和感を覚えてしまいます。

 物吉さんが幸運を呼ぶらしのですが、彼の動向に振り回される博多さんのお話でもありました。
 彼を励まそうとする皆さんの姿が頼もしく、山笠というと「博多豚骨ラーメンズ」をふと思い出します。
 雨が降ってきたときにすでにオチが見えてきた視聴者は私だけではないと思います。

 お祭のにぎやかな感じが出ていて見ていて元気をもらえるような気がします。
 安定さんもどこかで元気にやっているようでよかったですが、いきなりライブイベントが始まったのはさすがに驚きましたが……
 次のお話はどんなお話かわかりませんが、季節的には花火大会が来るような気がします。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】学園ベビーシッターズ 第7話

 学園ベビーシッターズの7話を見て感想を書きます。
 何気に人気のある竜一さんですが、雪さんの顔を赤らめるところが可愛らしいです。
 赤ちゃんと動物には勝てないというのはどの世界も共通なのかもしれません。

【内容】
 竜一のことが好きな雪は顔を赤らめますが、その竜一は猪又さんと仲良しに見えます。
 お知りがシールまみれの竜一に思わず顔がほころんでしまいます。
 一方、100%恋愛とは縁がないといわれてしまった猪又さんですが、彼女もまた恋する乙女のようです。

 猪又さんはきりんたちと会話を交わしますが、学校は遊ぶ場所ではないと正論を吐き増す。
 彼女が最近シッター室に行かないのは竜一がいるかららしく、またも顔を赤くしてしまいます。
 きりんたちは彼女が竜一を嫌いだと勘違いして「その魅力を伝える」と意気込みます。

 クラスの眼前で竜一を好きなのかと言われた猪又さんは怒って去っていきました。
 竜一は猪又さんを追いかけ、スカートにシールがついていると一言。
 ありえないといいつつ顔をやっぱり赤くしてしまう猪又さんの一方、きりんちゃんは兎田さんには手厳しかったです。

 双子のうちかずくんが風邪をひき、お父さんがたくまだけを連れてベビーシッター室にやってきました。
 たくまの方は1人でも平気とのことですが、父親は心細くなるのではないかと推測します。
 続いて狼谷くんがやってきてますますシッター室はにぎやかになって楽しそうですが、きりんはかずくんの不在を気にします。

 みんなで風邪をやっつけるといって兎田さんに攻撃を仕掛ける一同。
 双子は生まれるときからいつも一緒だと、片時も離れたくないと考える竜一さん。
 はじめは平気な顔をしていたたくまも、夕方になるとかずくんがいないことに動揺し始めます。

 たくまは学校の前で立っていて、かずくんのことを心配していました。
 そしてお母さんが元気になったかずくんを連れてきてたくまは緊張が解けて泣いてしまいます。
 仲良く2人で泣き出す双子をあやすお母さんに愛情を感じる一方で、迎えに来たお父さんは息子がいなくてショックを受けます。

【考察等】
 赤ちゃんだけではなくいちいち顔を赤らめる女性陣も可愛らしいなと思います。
 典型的なツンデレの猪又さんの反応を観察するだけでお話が一つ出来上がるような気がします。
 きりんちゃんの一生懸命なところも、見ていてとてもほほえましいです。

 恋愛に疎い竜一さんですが、それだけ日々一生懸命生きているということかと。
 後半の双子さんのお話も、心が温まるお話でよかったです。
 やる気のなさそうな兎田さんも赤ちゃんに絡まれて色々大変そうな気がします。

 一言で言えば、人間は一人では生きていけないということを感じさせてくれる作品だと思います。
 こんな優しい世界で生きていけたらよかったのではないかと思う今日この頃です。
 次回は浴衣を着ていたところを見ると夏祭りっぽいですが、女性陣がどうアプローチするのか注目です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】カードキャプターさくら クリアカード編 第7話「さくらとお庭でおにごっこ」

 カードキャプターさくらの7話を見て感想を書きます。
 今回は知世さんのお宅にお邪魔するお話のようです。
 知世さんの撮影への執念はある意味大物だと思います。

【内容】
 音楽室で回収したカードを月(ユエ)に報告するさくらさん。
 カードの効力は何かを記録することが出来るようで、ケロちゃんは早速使ってみるべきと提案します。
 なお、雪兎は大学では音楽サークルに入っていてケロちゃんより忙しいとのことです。

 「記録といえば知世」とのことでさくらたちは知世の家にやってきていました。
 さくらが来るのを喜んでいたのは知世だけではなくそのお母さんも同様でした。
 なお、さくらのお母さんと知世のお母さんはいとこ同士とのこと。

 お母さんは仕事で不在になりますが、さくらは「新製品」を試すようにと言われます。
 最近はさくらの活躍を撮影できなかったことから、スマホで操作できるドローンを開発したとのこと。
 とりあえず先日手に入れたカードを使ってみることにしますが……

 はじめは動かなかったカメラも、命令をするなりすさまじい動きで撮影を開始します。
 一方で、知世は自分が記録することに並々ならぬ執念を燃やします。
 なんでもドローンだけでなくて水中用のカメラも開発を進めているようです。

 小狼がやってきて何か会話をしようとしますが、さくらの姿に思わず顔を赤らめます。
 メイドさんがおやつを持ってきてくれたので、ケロちゃんは写真を撮ってスッピーに送るとのこと。
 カードの写真も撮影して、スッピー(やエリオル)に送れば何か手がかりがあるのかもしれません。

 ケロちゃんも月も、小狼すらも反応しないカードとは一体何なのでしょうか。
 突然風が巻き起こりますが、やっぱり小狼には見えていませんでした。
 剣を出して戦闘態勢に入った小狼は雷で相手を攻撃しますが、当てることが出来ませんでした。

 さくらは重力のカードを使って異変の原因らしいものと追いかけっこを始めます。
 ゲイルでは傷つけてしまうからと、アクションのカードで植物を動かしてみますがそれでは駄目でした。
 相手ともっとなかよしになりたいと感じたとき、向こうから寄ってきて、飛翔のカードを回収します。

 知世は新しいカードを使ってほしいとお願いし、さくらはさっそく手に入れたカードを使います。
 大きなリボンのような翼をつけて空を飛ぶさくらはあたかもオープニングテーマの再現かもしれません。
 カードがみんなが幸せになるためのものだったらいいなと考えるさくらなのでした。

【考察等】
 素敵なお家に住んでいるところからも知世さんがお嬢様ということを改めて実感します。
 知世さんのお母さんもまた娘さんと同様、それ以上の反応を示してなんだか面白いです。
 さくらさんと知世さんと同様に、お母さんたちも同様に仲良しだったのだろうなと推測します。

 ドローンや水中カメラという執念を燃やす知世さんがいろんな意味で素敵です。
 ケロちゃんがスッピーさんと張り合うように写真を撮りつつも、しっかりと後のことも考えているのも良かったかと。
 どうして戦わないのかと思っていた小狼くんも武器を出してきてちょっと安心しました。

 タイトルどおりの「おにごっこ」は、見ていてとてもほほえましいお話でした。
 ただ闇雲に攻撃するわけではなく、なかよしになろうという発想がさくらさんらしくて素敵です。
 大きなリボンのようなもので空を飛ぶ姿も見ていてすごくいいなと思います。

 次回は、秋穂さんの引っ越してきたお家にお呼ばれするお話のようです。
 おそらくお話の鍵を握る「大切な人」も出てくるのではないかと思われます。
 お話が進展するとともに、秋穂さんとはますます仲良しになれることを願います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム