【アニメ感想】ブラッククローバー 第119話「終わりの一撃」

 ブラクロの119話を見て感想を書かせていただきます。
 初代魔法帝と未来の魔法帝を目指す少年達との共闘がここに成立しました。
 果たして誰がこの戦いに終止符を打つのでしょうか。

【内容】
 紫の団長達は脱出の術を探り、ヤミとシャーロットはなんとか脱出します。
 ヤミの魔法は悪魔に通用するらしく、別の悪魔の力が宿ったアスタのアンチ魔法も通用するようです。
 悪魔は言霊魔法でアスタを追い込んできますが、ルミエルが体をはって助けてくれました。

 リヒトやルミエル、ユノの攻撃は悪魔には通じず、ルミエルもしばらく魔法が使えないそうです。
 ユノは風精霊創世魔法なるものを編み出し、アスタもまた自分のアンチ魔法をカタチにして斬りかかります。 
 風の魔法で加速したアスタは悪魔を一突きにしますが、悪魔は心臓の位置を変えて反撃します。

 ルミエルやリヒトが立ち上がれば、アスタ、ユノは「あいつ黙らせるぞ!」と再び攻撃を仕掛けます。
 ユノはアスタの攻撃を心臓に突き立てれば勝てると考え、ルミエル達はアスタの仲間を助けに向かいます。
 ノゼルは全員に待避を命令する一方で、メレオレオナは「世界は広いな!」と楽しそうでした。

 ルミエル、リヒトの合体魔法で団長達を救い、パトリはルミエルやリヒトを守ってきました。
 ヤミはシャーロットとの合体技で勝負を決めようとし、セクレはアスタを信じてみたくなったとひと言。
 アスタ、ユノは悪魔に迫りますが、その一撃は悪魔に受け止められてしまいました。

 ヤミはユリウスから団長に任命された時のことを思い出し、遠距離から悪魔にダメージを与えます。
 セクレはアスタの痛みを封印し、ユノは風で悪魔の攻撃を遮断します。
 アスタは限界を超えた一撃を放ち、これがサブタイトルどおり終わりの一撃になるのでしょうか。

【感想等】
 初代魔法帝ことルミエルさんの登場で冒頭シーンも少しだけ変わってきました。
 強い仲間やライバルに刺激されてパワーアップするアスタさん達は興奮せずにはいられません。
 アスタさんが悪魔さんを突いたとき「やったか!?」と言わなければ勝負は決まっていたかも。

 ルミエルさんとリヒトさんの関係性が好きですし、どんなときもぶれないメレオレオナさんも好きです。
 主人公を食うくらいの活躍をするヤミ団長がかっこよすぎて惚れてしまいそうです。
 次回タイトルが「夜明け」ということですが、人間とエルフが共に手を取る時代がやってくるのでしょうか。

【アニメ感想】ダイヤのA actⅡ 第43話「夏合宿」

 ダイヤのAの3期43話を見て感想を書かせていただきます。
 本番が近づいたこともあって今回からは夏合宿を敢行するようです。
 そういえば先週の「恋する小惑星」も夏合宿だったような……

【内容】
 ベンチには入れるのはたった20人であり、選ばれなかった3年生はその時点で夏が終わります。
 選ばれた20名は選ばれなかった選手の分も戦うことを誓うのでした。
 オープニングの後は夏合宿になり、マネージャーの皆さんは大量のおにぎりを作ります。

 「これからも俺の誇りであってくれ」という監督のひと言もあってベンチ入りしなかったメンバーも練習に参加します。
 選手としての出場がなくても引退したわけではないというのが監督の弁ですが……
 外れた面々は「俺らを心の底から納得させてくれ」といい、奥村も先輩方への感謝を表に出します。

 休憩時間に食べ物を振る舞われる一同ですが、栄純は納豆を食べることが出来ませんでした。
 9回を投げきるスタミナを手に入れるためにも栄純は納豆にチャレンジします。
 夜はベースランニングを行い、気がついたら合宿3日目になって全身がばきばき言ってきます。

 栄純や降谷が真面目に授業を聞いているのを見た先生はちょっと感動しているようです。
 降谷の調子も上がってきて由井とも積極的にコミュニケーションを取っていました。
 監督は色々なポジションをさせ、自分にとってベストな投球動作を見つけることが大切でした。

 エースナンバーは栄純か、降谷か、はたまた川上かと活発な議論がなされていました。
 栄純はたまたま目が合った降谷と一緒に風呂に入り、今年の合宿は短いとつぶやきます。
 先輩方は栄純の部屋でゲームをたしなみ、春市はゲームになると黒くなるそうです。

 将司は御幸と将棋をすると言い出し、降谷はパシリに喜びを見出すのだとか。
 合宿4日目には1年生はダウンしていて、栄純達も限界に近づいているようです。
 一番大切な試合は栄純が先発になり、どん底だから上がるだけと歌うのでした。

【感想等】
 レギュラーをはずれたメンバーも一丸となって合宿に参加するところがなんだか微笑ましいです。
 おにぎりをにぎるところを見ているとふと昔のことを思い出しました。
 筆者の通っていた高校はギリギリのメンバーしか集まらないような学校でしたが……

 栄純さんが納豆が苦手だったのは初耳でしたし、納豆を食べるだけで絵になるのは彼くらいかも。
 いつのまにか降谷さんが調子を戻してくるところはライバルにふさわしいなと思います。
 野球だけでなくてゲームをやる心の余裕が素敵ですし、広い心を持っていきたいなと思います。
 

【アニメ感想】八十亀ちゃんかんさつにっき 2さつめ 第4話「ハブいてにゃあ」

 八十亀さんの2期4話を見て感想を書かせていただきます。
 今回は顧問の先生が出てくるようですが……
 ロッカーの中に入っていたのはいじめか何かなのでしょうか。

【内容】
 学校にクーラーがついていなくて暑さに耐えている一同ですが、岐阜ではこの程度では生きられないそうです。
 ロッカーからララ先生が出てきて静岡は同じアニメを何度も放送していると言い出します。
 やん菜、舞衣が去っていき、残った界斗、最中は先生について行くことになりましたが……

 ララは静岡のお茶を使って先生を説得してクーラーを付けてもらおうとします。
 普通に頼んだらクーラーを付けてもらえたのはよかったです。

【感想等】
 アニメを作るほど地元への愛があることは他地域にない強みかも。
 ララ先生の中の人が上田麗奈さんだと思っていたら南條さんだったのは驚きました。
 部室にもクーラーを付けてもらえるのはトヨタを有する財政力ゆえなのでしょうか。

【アニメ感想】琴浦さん 第4話「変わる世界」

 琴浦さんの4話を見て感想を書かせていただきます。
 姿を消してしまった春香さんは一体何処に行ってしまったのでしょうか。
 サブタイトルでガンダム00を思い出したのは私くらいかも。

【内容】
 真鍋達の前から姿を消した春香は海辺で何を思うのでしょうか。
 クラスメイトは今ならヒヨリが真鍋を攻略できるのではないかと考えますが……
 真鍋は春香に何度電話をかけても反応がありませんでした。

 百合子は真鍋を強引に部室に連れていき、真鍋の本当の気持ちを問います。
 真鍋は春香が「怒り」を残したと言い、百合子もノリノリで春香を連れ戻しに向かいます。
 室戸は防犯カメラをハッキングして逃走経路をほぼ特定したそうですが……

 電車で移動した先は寂れたところで、情報を集めて潜伏先を割り出すことになりました。
 泊まるところがなくて困っていた一同に、親切な駅員さんがお寺を紹介してくれました。
 和尚はESP研究会と聞いて興奮し、不思議なものに興味を持ったのは一人の少女に出会ったからだそうです。

 百合子は和尚の部屋で春香の写真を見つけ、真鍋は春香の居場所を教えてくれと言い出します。
 真鍋の決意に心打たれた和尚は彼女の実家に案内すると言い、いい友だちを持ったと思えますが……
 春香は全てを準備する祖父に申し訳ない気持ちになり、祖父は孫とスキンシップを図ろうとします。

 おじいちゃんは孫で変な妄想を浮かべてうっひょっひょーいと変な叫び声を上げます。
 「孫の尻と太ももはわしのものだ」と真鍋に対抗意識を燃やしていました。
 対面するなり「孫とはどんなプレイをしたのかね!」と言い、まだまだ青いなと言ってきます。

 春香は真鍋達を見るなり逃げてしまい、真鍋達は春香を追いかけていきました。
 真鍋の心を読んだ春香は涙を流しますが、お尻ぺんぺんと言われて困惑しているところを確保されます。
 「お前がいるのが俺の日常」と主張する真鍋に、祖父は春香が人付き合いが苦手だとフォローします。
 
 ヒヨリが春香の前に現れて謝罪し、自分が真鍋を襲わせたと白状します。
 思わず号泣するヒヨリに真鍋は「気持ち悪い」と暴言を吐いて春香に「ひどい男」と言われます。
 ヒヨリはお礼を言って去っていき、春香は元の学校に戻る決意をするのでした。

【感想等】
 可愛い絵柄に反してかなりストーリーが重い作品だと思います。
 登場人物の多くが家庭に問題を抱えているのは「星合の空」の先を行ったのかも。
 それゆえに春香さんのコシコシが際立つ側面は否定できません。

 百合子さんのノリノリのキャラも好きですが、室戸さんも只者ではありませんでした。
 春香さんの気持ちが痛いほどわかってきて途中からずっと泣いていました。
 おじいちゃんと真鍋さんのやりとりにちょっと笑いつつ、残りのお話も見ていきたいです。

【アニメ感想】ファンタシースターオンライン2 エピソード・オラクル 第16話「果てしなき跋扈の終わり」

 PSO2の16話を見て感想を書かせていただきます。
 怒れるルーサーさんはダークファルスにその身をやつしてしまいました。
 アッシュさん達は彼を倒してアークスを正常化することが出来るのでしょうか。

【内容】
 シオンを失ったルーサーはダークファルスの力を解放して襲いかかってきます。
 アッシュは一撃で倒され、マトイもまた吹き飛ばされてしまいます。
 ゼノやレギアス、マリア、ヒューイ、カスラが次々とやってきますが……

 ルーサーは自分に刃を向けてくる六芒均衡を「万死に値する」と言い放ちます。
 リサはちょっとした超新星爆発が起こると物騒なことを言い出します。
 六芒均衡とルーサーの戦いが繰り広げられ、さすがのルーサーも5人相手では厳しいようです。

 自分が生き残っていれば「全知」へとたどり着くと主張するルーサーさん。
 初代クラルスクレイスの名前を出してレギアスを味方に引き入れようとして逆に怒らせてしまったようです。
 アッシュはルーサーの攻撃を受けきり、ルーサーはそんな風に作った覚えはないとつぶやきます。

 戦いの果てにルーサーは倒れますが、船がもうしばらくすると爆発するらしいです。
 ダークファルスの「双子」が出てきてルーサーを食べてクローンっぽいのを作ってしまいます。
 アッシュ達は脱出に成功し、ルーサーのことは当面は秘密にせざるを得ませんでした。

 カスラはアッシュとマトイに「秘密」が隠されているのではと推測していました。
 レギアスはアッシュに、マトイから目を離すなと言ってきました。
 イオがアッシュに声をかけてきて、アビスに操られてアッシュを殺そうとしたことを謝罪します。

 リサは謝らないどころか楽しく戦わせてもらったから「ありがとう」とお礼を言ってきました。
 「次は本気で殺し合いましょうね」と物騒な言葉が気になりますが……
 マトイは正式にアークスに任命され、これまでどおりにアッシュやアフィンと一緒に任務に出られるそうです。

 クーナのライブが行われる一方で、テオドールは荷物運びに専念しているようです。
 シオンの光を見届けた後、アッシュ達は惑星リリーパの調査にやってきました。
 クラリスクレイスはうさぎのような耳のリリーパ族と自分が死んでも悲しくないと言って涙を流します。

 マトイは本物も偽物もどうでもいいといってクラリスクレイスをフォローします。
 ヒューイは「お前という人間はお前一人だ」と言っていい流れでお話をしめてきました。
 アッシュ達の前に新たなダークファルス「アプレンティス」が現れますが……

【感想等】
 ルーサーが「敗者」という意味だったのは公式サイトを見てはじめて気づきました。
 この名前の時点で彼が「全知」に到達することは不可能だったのかも。
 カスラさんでなくてルーサーさんが「万死に値する」と言ってくるのはちょっと面白いです。

 釘宮さんの少年声と女性役が一度に出てくるのは他ではなかなかなさそうな気がします。
 リリーパ族がもふもふしてすごく可愛いですし、クラリスクレイスさんにもフォローがあってよかったです。
 残りのお話でマトイさんの記憶を取り戻したりダークファルスと戦ったりするのでしょうか。

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム