【アニメ感想】星合の空 第7話

 星合の7話を見て感想を書かせていただきます。
 練習試合はそれなりに成果を出しつつも、まだ勝つことが出来ていませんでした。
 果たして向こうのエースを打ち崩すことが出来るのでしょうか。

【内容】
 「報われない努力の方が多い」と眞己、柊真の試合を冷ややかに見る夏南子さん。
 向こうの2人は息があっていないらしく、向こうはペアではなくて「パーツ」なのだとか。
 2人の間に打つことで勝機が生まれるとのことですが……

 相手のミスもあって1ゲームを先取し、夏南子もこっそりとガッツポーズを取ります。
 王寺はキレてきてミスを連発し、2ゲーム連取して7ポイント先取のファイナルゲームとなります。
 そして「俺がこんな試合でファイナルゲームになるなんて……」と本気になってきました。

 あと1点取られたら負け……というところまで追い込まれたものの、眞己がすかさず追いついてきました。
 いつしか向こうの2人も本当のペアになって一進一退の攻防が繰り広げられます。
 連続でポイントを取ったら終わりですが、このまま1点ずつを取り合うのでは試合がいつまでも終わりません。

 王寺は10点目を取ってあと1点で負けになり、最後はボールがぎりぎりのところで落ちてきました。
 夏南子は「ぼろ負けするなんてつまらないぜ」と言い、ソフトテニス部の皆さんは次の日から練習に熱が入りますが……
 樹の背中にあざがあるのはスルーしてトリックプレーの練習をすることになりました。

 顧問の桜井先生が「やりすぎはよくない」と言い、今のまま夏まで走り続けるのは無理と言ってきます。
 今度の金曜日は多摩川の河川敷でバーベキューをすると言われ、現地にはさりげなく夏南子もいたりします。
 夏南子はやたらと肉を食べていますが、給食の時はあまり食べていないらしいです。

 犬の散歩中だった王寺が話しかけてきますが、眞己達がテニスをはじめて1ヶ月だと聞いて驚きます。
 王寺はそうめんチャンプルを「うめえ!」と絶賛し、お前食べすぎじゃないかと突っ込まれます。
 眞己の料理ぶりを見た王寺はうちの「ばあや」や「管理栄養士」よりもすごいと金持ち設定をちらつかせます。

 柊真は楽しそうなみんなの中にどう入ればいいのかと言い、俺は歪んでいるんだろうと言い出します。
 眞己の反射神経はゴキブリ(1匹捕まえるごとに10円)を捕まえて鍛えたらしいです。
 敵であるはずの王寺も含めてみんなでジャンプして夏の大会に向けて気合いを入れる一同なのでした。

【感想等】
 契約でテニスをやっている眞己さんですが、やたらと詳しいのは彼なりに勉強しているのでしょうか。
 一進一退の攻防にいつしか興奮する夏南子さんがいいなと思う私です。
 強豪相手にあそこまで戦えれば夏の大会の1勝=廃部回避は現実味を帯びてきました。

 「多摩川」が一瞬多「魔」川に見えるのは「まちカドまぞく」2期放送への期待の裏返しでしょうか。
 バーベキューは大いに飯テロでしたが、樹さんのあざとか夏南子さんが給食を食べないのとかがいろいろと気になります。
 やたらとノリがいい王寺くんがいいなと思いますが、台所のあれを捕まえるなんて私には一生無理だと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ノー・ガンズ・ライフ 第7話「過熱」

 ノーガンズライフの7話を見て感想を書かせていただきます。
 今回もまたゴンドリーさんと激しく戦闘を繰り広げる感じでしょうか。
 「メガアームド斎時定」というお名前はかなり印象に残りますが……

【内容】
 上層部はゴンドリーを「処分」しろと命じ、オリビエはゴンドリーを確保するべきと反論します。
 オリビエは謹慎処分を受け、あとは十三に頼るしかなくなりました。
 メガアームド斎はゴンドリーと対峙し、そこに十三やクローネンがやってきたのでゴンドリーは逃げます。

 オリビエが拘束されたと聞いたメアリーは十三が心配になり、そろそろ十三のたばこが切れると言ってきます。
 たばこを吸うのは彼が何かを抑えているという推測が働きますが……
 鉄朗はいきなり叫びだして能力を使い、それで十三にたばこを届けようと考えます。

 十三はゴンドリーがどうしてメガアームド斎達を狙うのかと聞き、ゴンドリーは暗殺に特化した拡張処理を施されているそうです。
 ゴンドリーは自在に姿を変えることが出来るらしく、イレギュラーなタイプでは急所が違うらしいです。
 彼を生きたまま捉えるのは難しく、局長「代理」や上層部はゴンドリーを殺して事件を闇に葬るつもりらしいです。

 「一度放たれた銃弾は決して銃に戻ることはない」と十三さん。
 十三はオリビエが依頼を取り下げたわけではないと言い、ゴンドリーを捉えたらオリビエを救えるかもと考えます。
 去っていくクローネンを見たメガアームド斎は「お役人は融通が利かない」と言ってきました。

 メガアームド斎は英雄の威光を目の当たりにした敵はそう襲ってこないと高をくくっていましたが……
 十三の背中に擬態していたゴンドリーはメガアームド斎を攻撃し、彼の目的が存在意義を示すことだとわかります。
 「どっちの補助脳が先に音を上げるか」と十三はゴンドリーをひたすら殴りつけていきます。

 十三は「過去の夢から覚ましてやる」と言って殴りますが、紙一重で防がれてしまいました。
 オーバーヒートさせたことで敵の補助脳の位置が判明し、ゴンドリーは逃げていきましたが……
 待っていたクローネンは逃げてくるゴンドリーに針を刺して動きを止めて拘束しました。

 フードをかぶった男女はゴンドリーを操っていたらしいです。
 「これで終わりじゃないわよ、もう一人の銃頭さん」という言葉が気になりますが……
 一方で、3人の被害者のうち配送業者の男だけ死因が違うらしいです。

 オリビエはゴンドリー以外の誰かが動いているのではと考え、鉄朗はオリビエに十三の元に案内しろと言ってきます。
 十三はゴンドリーを運ばされていましたが、鎮静剤が切れたゴンドリーは暴れ出します。
 ゴンドリーは「戦況はどうなっている」と言いますが、メガアームド斎は真相を語られるわけにはいかんと襲いかかるのでした。

【感想等】
 オリビエさんに中間管理職の苦労を感じますが、ストレスで唇が青くなったのでしょうか。
 天草さんも聖闘士星矢Ωの人も「時貞」なので、こちらの時定さんも誤字をしてしまいそうです。
 公式サイトのあらすじだと「メガアームド斎」で書かれているのでそちらで書こうと思います。

 吠える鉄朗さんが「厨病激発ボーイ」の大和さんにしか聞こえなかったのは私だけはないはず。
 「一度放たれた銃弾は決して銃に戻らない」「覚めない夢から覚ましてやる」という言い回しがかっこいいです。
 メガアームド斎さんと戦うことになったのは驚きましたが、十三さんは英雄に勝つことが出来るのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】アサシンズプライド 第7話「上も下も標はなく」

 アサプラの7話を見て感想を書かせていただきます。
 他校との対抗試合が終わり、今回は研修旅行のお話……らしいです。
 修学旅行とインターンを混ぜた感じなのでしょうか。

【内容】
 炎に包まれる屋敷の夢を見たメリダは目覚めて早々に木刀を突きつけられます。
 今日から学院の「研修旅行」らしく、クーファ「先生」も一緒に来てくれるようです。
 その先生はフードの男から「一人分しかない薬だ」と怪しいものを受け取ります。

 ロゼは「ちょっとあたしと結婚してくれないかな?」と言ってきました。
 話を聞くと、父親(パパ)が勝手に結婚相手を決めたらしく、それを断るために嘘をつくのだとか。
 恋人のふりをしてくれと言われたクーファは了承しますが、メリダは気が気でありませんでした。

 ロゼ、メリダがクーファを取り合うさまを見た女性理事はクーファを激しくなじってきました。
 ノリノリで出てきたプリケット公爵はロゼの父親らしく、遺伝子工学の権威というすごい人らしいです。
 公爵はクーファを見て「そんなはずはない」と驚き、集団惨殺事件の死亡者にそっくりだと説明します。

 メリダはクーファが何も話してくれないことに憤りますが、急に「来るな!」という声が聞こえてきました。
 次々と生徒が襲われる事件が起こり、公爵はマジックをして青い炎を見て犯人は成人間近の男性だと言ってきました。
 シャンガルタは公爵の遺伝子操作技術で地底にもかかわらず緑があふれていましたが……

 公爵は「そこに近づくな!」と言い出し、常識では考えられないことが起こると言ってきました。
 男性が急に苦しみ出しますが、公爵はもう手遅れだから「救済」と称して殺して周囲をドン引きさせます。
 ロゼによると公爵は身寄りのない子を引き取るいい人らしいですが……

 不機嫌になったメリダは「ソックスをはかせてください」と言い出しますが、デートと聞いて顔を赤くして喜びます。 
 メリダはミステリースポットなる場所でときめき、またデートしてくれますかと言ってきますが……
 クーファは時分を思ってくれるのはメリダがはじめてだと言い、どうすればいいのかわからないと言ってくるのでした。

【感想等】
 対抗試合は部活の大会、研修旅行はインターンか何かだと思えば違和感もあまりないかもしれません。
 ロゼさんとメリダさんがクーファさんを取り合うところはラブコメなんだなと思わされます。
 お父さんが大塚芳忠さん(ヤザンさんとか鶴見中尉とか……)の時点で何か裏がありそうです。

 事件が起こって犯人を捜すのはいいとしても、青い炎でどうして犯人がわかるのでしょうか。
 救済と称して人を殺すのは普通とは思えませんし、引き取った子供を実験に使っているのではと邪推してしまいます。
 「ソックスをはかせて」と言い出すメリダさんについては貴族は自分で服を着ないと割り切ろうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】アズールレーン 第7話「【死線】決意と、愛のために」

 アズレンアニメの7話を見て感想を書かせていただきます。
 先週は万策が尽きたのかわかりませんが、大先輩による総集編と戦艦の解説でした。
 ますますキャラが増えてきた本作ですが、どんなところで着地するのでしょうか。

【内容】
 アズールレーン、レッドアクシズ両陣営の間で大規模な戦いが勃発します。
 エンタープライズは赤城と対峙し、戦いはいつの世も変わることはないと言っていましたが……
 オープニングの後、ユニオンやロイヤルは艦隊を組んで大海原を進んでいきます。

 高雄は全面衝突は「時期尚早ではないか」と疑問を呈し、赤城が何を考えているのかよくわかりません。
 綾波は「なんでもないです」と言いますが、時雨(?)には幸運の女神がついているのだとか。
 ラフィーやユニコーンは手をつないでいて、エンタープライズはなにやら物思いにふけっているように見えます。

 「大丈夫だ、迷いはない」というエンタープライズですが、気合いをピリピリと感じます。
 マサチューセッツは「嫌な予感がする」と言い、赤城は一句詠んだかと思えば激しい嵐が吹き荒れます。
 暗雲が立ちこめる中で激しい戦いが展開され、伊勢、日向といった戦艦が出てきました。

 加賀は飛行機(?)に乗ってエンタープライズを攻撃し、お前に姉さまの何がわかるのかと罵倒してきます。
 エンタープライズは加賀、赤城の2人の攻撃を受けたかと思えば、急に謎の光が出てきて広がっていきました。
 加賀は目を光らせたエンタープライズを攻撃し、エンタープライズは倒れる加賀を見て「私は海が嫌い」とのたまうのでした。

【感想等】
 総集編をやっていた間に向こうの世界ではかなりの時間が経過していたのでしょうか。
 何の前触れもなく激しい戦いが(静止画で)繰り広げられて、嫌でも後半戦だと意識せざるを得ません。
 キャラが多くて誰が誰だかよくわからないのですが、ゲームをやっていればなんとかなったのかも。

 大きな戦いを起こすには「決意」はいると思いますが、そこにどう「愛」が絡むのか気になるところです。
 唐突に俳句を詠んだのはかつての「川柳少女」への対抗意識……というのはさすがに冗談です。
 SAOのアリスさんと中の人が同じ加賀さんが「姉さま」と言うことに反応しつつ、残りのお話も見ていきたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 第8話「葵は想像以上のスペックを発揮するようです!」

 超余裕の8話を見て感想を書かせていただきます。
 ギュスターヴさんが本気で攻撃してきて、司さんもミサイルで……とだんだん大事になってきました。
 ミサイルが飛び交う状況で侍は一体何が出来るのか、わたし、気になります!

【内容】
 司達を快く思わないギュスターヴが「天の炎」を放ち、司もまたミサイルで迎撃します。
 炎に包まれた人々は逃げ惑いますが、暁は一人たりとも見捨てることはないと説得してきました。
 司は元貴族の職員達に「これは今後君たちのしごとだ」と冷静な対処を求めてきます。

 元守備隊長は貴族の避難者を守りつつ「生まれに関係なく生き方や死に方を選べる世界が来る」と言ってきました。
 ギュスターヴは炎に包まれた人のようなもの(精霊らしいです)を生みだし、皇帝を裏切った人々を燃やしてきました。
 リルルは槍を破壊すれば「天の炎」を打ち破ることが出来ると言いますが自分にもよくわからないらしいです。

 司はリルルのことを信じると言い、リルルによると精霊を拡散した今なら槍を破壊できるとのこと。
 葵はミサイルと併走すると言い出し、実際にそれを見た一同はいろいろな意味で感心します。
 炎の精霊をうまくよけて浮上し、攻撃をよけながら一直線に槍へと飛びかかっていきます。

 葵のおかげで町も精霊も救われ、一方で、切り札を破壊されたギュスターヴは流血しながら激怒していました。
 司は封建制度に対する市民革命は絶対に起こりうるもので、自国民を殺害するような国が続くわけがないと言ってきました。
 リルルが「不思議な声」を聞いたというのが気になる一方で、忍は自分が行く前に戦略魔法を打たれたことに驚きます。

 忍はレジスタンスの話を出せば、司はレジスタンスについての情報を教えてほしいと言っておきます。
 ちなみに司が登記簿(ファンタジー作品でこんな言葉が出るとは……)を作成していたおかげで再建はトラブルなく進むそうです。
 帝国が確実に動き出す中、司は兵士に近代武装を施して「先手必勝といこうか」とどや顔をするのでした。

【感想等】
 敵に攻撃されて被害が出ている中でノリノリのオープニングが流れると違和感を感じるかも。
 「司達」と書くと「魔法科」の主人公・司波達也さんが頭に浮かぶのは気のせいでしょうか。
 生き方を選べるのはいいとしても死に方と言われてもバビロンのように自殺法は適応しないはず。

 ギュスターヴさんが町を攻撃してくるのはまだしも、人まで燃やしたら逆に帝国への反発を招くだけのような……
 葵さんがミサイルと併走すると言われた時はさすがに驚きましたが、超人高校生なら許されるのかもしれません。
 切り札を破られたギュスターヴさんを退場させたら、あとは帝国を滅ぼして異世界に民主主義を行き渡らせるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム