【アニメ感想】メジャーセカンド 第12話「バッテリーデビュー!」

 メジャーセカンドの12話を見て感想を書かせていただきます。
 大吾さんのミスもあってピンチが続き、ちょうどいいタイミングで光さんが来てくれました。
 光さんがどんなピッチングで相手打線を抑えるのか、わたし、気になります!

【内容】
 大吾のタイムリーエラーもあって相手チームに同点に追いつかれてしまいます。
 心が折れた大吾の前に現われたのは群馬に引っ越したはずの光でした。
 大吾は冷静さを取り戻し、寿也も息子が来たことにちょっと安心します。

 回想シーンになり、大吾は速球からスローボールの練習をしていました。
 スローボールの方がタイミングが取りづらいとのことですが……
 練習を踏まえて大吾がヒットを飛ばして果敢に二塁へと進みます。

 「光に今の俺の全力を見せるんだ」と大吾は全力の走塁で勝ち越しに成功します。
 光はベンチに入れられないようにわざと遅れてきたとのこと。
 しかし、アンディと卜部という急造バッテリーのせいで危機が広がってしまいます。

 アンディは肉離れを起こして病院送りになり、代わりに松原が投げることに。
 寿也は「投げられるなら投げる気あるか」と息子に問います。
 松原はコントロールが定まらず、田代は光をピッチャーにすると言い出します。

 卜部は光の起用に反発し、ノーコンじゃねえかと罵声を浴びせます。
 田代は卜部をなだめ、寿也は光にプレーでチームの一員と認めさせるべきと告げます。
 光のボールが速くて卜部には捕球できず、そこで大吾をキャッチャーにすることになりました。

 ずっと練習してきたこともあり、大吾は光のボールを取ることができるようです。
 とはいえ一打逆転のピンチは初心者には厳しいシチュエーションですが……
 田代はタイムをとってセットポジションで投げろと言いますが、どうしても不安が残ります。

 セットポジションにフォームを変えた光ですが、今度は制球や球速が落ちてしまいます。
 大吾はワインドアップに戻すようにと告げ、光は連続でストライクを取ってまず1人をアウトに取ります。
 相手チームはスクイズを仕掛けてきて光はワイルドピッチをしますが、光は打球を体で止め、追加点を阻止します。

 光の速球で相手バッターを抑え、そのまま初戦を突破した三船ドルフィンズの皆さん。
 果たして次の試合相手はどんなところなのでしょうか。

【感想等】
 タイトルが軽いネタバレなのですが、早い段階で約束が果たせたのはよかったかと。
 前回の失敗からの流れを自分のヒットや走塁で変えてしまうところも好きです。
 一生懸命さが伝わってくるという意味では前作の吾郎さんよりも上のようにも思えます。

 アンディさんの負傷も光さんが出るためには仕方なかったのかもしれません。
 選手達の板挟みにあう田代さんも色々大変そうで、なんだか同情を禁じ得ません。
 若干強引な流れかもしれませんが、タイトルどおりバッテリーを組むのはよかったです。

 いろいろありながらも最終的に試合に勝てたのはよかったと思います。
 次回は2回戦かと思っていましたが、今度は睦子さんがメインのお話になるようです。
 個人的には彼女にも結果を残してほしいなと思いますが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】僕のヒーローアカデミア 第50話「終わりの始まり 始まりの終わり」

 ヒロアカの50話を見て感想を書かせていただきます。
 タイトル的に最終回なのかなと思っていましたがそんなことはありませんでした。
 出久さんのお母さんの発言については親としては当然だと思われます。

【内容】
 ワン・フォー・オールの残り火を使い果たしたオールマイトは出久へ「次はキミだ」とメッセージを送ります。
 オープニングの後、警察では今回の事件を踏まえた会議が行われていました。
 オールマイトの引退と死柄木の「成長」を前に、警察もまた改革が必要だと結論づけます。

 入院中のオールマイトは引退を確定させつつも、死柄木のことが気になってしまいます。
 師匠であった志村菜奈は夫を殺されていたことから子供を里子に出していて、関わらないでほしいと言い残していました。
 それでも死柄木を探そうと考えるオールマイトですが、グラントリノに思いっきり反対されます。

 出久は轟くん達と合流した上でかっちゃんを警察に引き渡し、それぞれ帰路につきます。
 エンデヴァーはオールマイトの引退によってナンバーワンとなりますが、そんなことは認めんぞと暴れていました。
 出久は帰宅したものの、オールマイトに呼び出されて公園へと向かいます。

 言いつけを守らない出久を殴ったオールマイトでしたが、出久がはじめて怪我をしないで戻ってきたことがうれしいと告げます。
 校長先生はオールマイトたちに感謝をしつつ、生徒を守るためにかつてより考えていた「全寮制」への移行を決意します。
 オールマイトと相澤先生は保護者を回って説得するのですが、耳郎さんのご両親もかっちゃんの母親もあっさりと了承します。

 かっちゃんはオールマイトに「デクはあんたにとって何なんだ」と問いかけます。
 オールマイトは「生徒だよ」と事実を隠しますが、かっちゃんは察して「言いたくないならいいわ」と一言。
 続いてオールマイトは出久の家にやってきて雄英高校が全寮制になることを説明するのですが……

 出久の母(引子)は雄英に入ってから息子がボロボロになるのを見て、無個性の方がよかったのではないかと言い出します。
 今の雄英に息子を通わせたくないと言い出す母親に、出久は「雄英でなくてもいい」と言いつつ、洸汰からの手紙を見せます。
 出久の決意を見たオールマイトは土下座して頭を下げ、出久は自分の後継者であると告げます。

 これからの雄英高校を見てほしい、命に代えても出久を守ってみせると訴えるオールマイト。
 引子は「生きて守ってください」と告げ、出久が引き続き雄英に通うことを許可するのでした。
 一方、師であるオール・フォー・ワンを失った死柄木は一体何を思うのでしょうか。

【感想等】
 最終回ではないものの、一つの締めくくりともいえるお話でした。
 敵味方ともに「師」から「弟子」への世代交代を意識するお話で間違いないはず。
 オールマイトさんのあのムキムキを見られないと思うとちょっと寂しさを感じます。

 思わぬ形でナンバーワンとなったエンデヴァーさんの心中は複雑なのだと思います。
 轟くんのお姉さんが出てきますが、彼女は普通に育っている感じだったのでよかったかと。
 あと、かっちゃんのお母さんが息子にそっくりだった一方でお父さんの立場が危うい感じでした。

 生徒の安全のために全寮制にするとのことですが、序盤はあっさりと了解されたところに信頼が残っていたのだと考えます。
 出久さんのお母さんは反対しますが、子供を心配する親ならばむしろこの反応の方が普通だと思います。
 一瞬、出久さんが別の学校に転入するのかと心配しましたが、そんなことはなくてよかったです。

 次回は入寮するお話のようですが、時期的に見ると3期の最終回なのでしょうか。
 2期3期と順調に進んでいるだけに4期も期待したいですが、原作ストックがたまるまで時間がかかるのかもしれません。
 今度放送があるときには死柄木さんの過去が明らかになることを期待したいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】七つの大罪 戒めの復活 第23話「英雄、立つ!」

 七つの大罪の2期23話を見て感想を書きます。
 前回がエスカノールさんの活躍ならば今回はメリオダスさんの復活とその活躍ということでしょうか。
 どう見ても2期では終わりそうはないのですが、そのあたりは3期の放送に期待しましょう。

【内容】
 エスカノールがゼルドリスやエスタロッサを退けますが、王都の危機は続きます。
 「十戒」デリエリに襲われたエリザベスを救ったのは、本作主人公のメリオダスでした。
 エリザベスは昔のメリオダスに会ったと告げ、改めて「おかえりなさい」と告げます。

 復活したなり「服装チェック」をするメリオダスに「もっと触って」と抱きしめるエリザベスさん。
 ザラトラスはメリオダスの「化け物」ぶりに驚いていましたが、そこに再びデリエリが立ちはだかります。
 メリオダスは「お前達を殺したくない」と言いつつ、モンスピートもろともデリエリを焼き払います。

 王都ではヘンドリクセンがドレファスを乗っ取ったフラウドリンと対峙します。
 グレイロードは女王種と呼ばれる特殊な魔神であり、自分の子供である魔神を生み出してしまいます。
 さらに魔神を殺してしまうと戒律に触れてしまい老化した末に亡くなってしまうのだとか。

 正体を現したビビアンはギルサンダーを逃がしますが、危機は続きます。
 グスタフは妹を助けようとし、そこでマーリンが遅ればせながらも登場して「十戒」をモルモットにすると言い出します。
 時間を停止したマーリンには寿命を奪うというグレイロードの「戒言」は通用しないようです。

 マーリンは自分の本当の名前を告げますが、なんでも人間には発音できないのだとか。
 あっさりとグレイロードを実験器具に捉えてしまいまうマーリンさん。
 「ドレファスを返してもらう」とヘンドリクセンがフラウドリンに迫り、さらにザラトラスが乱入してきます。

 ヘンドリクセンとザラトラスは共闘してフラウドリンと戦闘をします。
 パージでは十戒を浄化することはできないのならば、もう殺すしかないのでしょうか。
 魔神を吸収したホークが隙を作り、ザラトラスは自分の命と引き換えにフラウドリンをドレファスから引き剥がします。

 ヘンドリクセンはフラウドリンがメリオダスへの復讐に執着していたことを告げます。
 息子の声で復活したドレファスは「人間をなめるな」と必殺技を放ちます。
 ドレファスとヘンドリクセンは抱き合って互いの無事を祝い、ザラトラスはドレファスは強いなと言い残して消えていきます。

 倒したはずのフラウドリンは巨大化して生きていました。
 窮地に陥ったヘンドリクセンを救出したマーリンさん。
 そしてメリオダス(の分身)が現われ、フラウドリンと戦闘を始めるのですが……

【感想等】
 復活したメリオダスさんですが、セクハラも忘れないところが面白いです。
 彼のあまりの強さを見て、サイヤ人のように復活したことでパワーアップしたのではないかとすら思えてきます。
 マーリンさんもチートぶりを見せつけてきて希望が見えてきたような気がします。

 ザラトラスさんの活躍はよかったのですが、個人的にはギルサンダーさんとの父子の対面が見たかったです。
 父親と再会できたグリアモールさんは子供の姿に戻ったままなのでしょうか。
 1期からのわだかまりも解けたようで、なんだか肩の荷が下りたような気がします。

 1期からの因縁のあるフラウドリンさんが2期のラスボス扱いということでしょうか。
 Cパートの卒業式のホークさんもちょっと可愛いなと思ったりします。
 次でフラウドリンさんを倒して2期が終わりますが、映画はできれば見に行きければと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】覇穹 封神演義 第22話「武雄封神」

 封神演義の22話を見て感想を書かせていただきます。
 タイトル的に大体の展開がわかってしまい、その時点で思いっきり涙が出てしまったりします。
 個人的には四大金剛さんや南宮カツさんも出してほしかったです。

【内容】
 申公豹は全ての黒幕ともいえる妲己にインタビューをします。
 ジョカですら歴史を自由には操れないのだとか。
 妲己は自分とジョカはあくまで共犯だと言ってのけますが……

 聞仲と対峙した飛虎に続き、王天君は元始天尊の頭をぐりぐりします。
 王天君は元始天尊のおかげで「死ぬ快楽」と「殺す楽しさ」を知ったと告げます。
 回想シーンでは王エキが始祖の一人だと明らかになりますが……

 王エキは度重なる戦いでジョカの魂魄は弱まっており、一方で地球はたくましくなっていたようです。
 元始天尊は王エキと手を組んでジョカを倒そうと考えます。
 7つの宝貝を全て使える者が出現したときこそジョカを倒すことができるようです。

 スープーに乗って移動する太公望、楊ゼンは途中で王天君と出会います。
 王天君は天化を外に出した上で、聞仲と飛虎が対峙しているところを見せつけます。
 「話すことはない」と語る聞仲の胸ぐらをつかみ、自分よりも弱い人間を殺せる奴じゃないと迫ります。

 「誰にも心を開かぬ」と語る聞仲を前にした飛虎は飛刀を外に出し、自分は寂しいと言い出します。
 楊ゼンは王天君に変化して解除しようとしますが、今の王天君は「違う」王天君なのだとか。
 飛虎は正面から聞仲の攻撃を受けつつも彼に近づいていきますが……

 十二仙ならばなんとかなるのではと考える天化に対し、太公望、楊ゼンは十二仙のうち10人の死亡が確定したことを告げます。
 飛虎は「お前をぶん殴らなければ気が済まない」と禁鞭を手でつかんだ上、聞仲に一撃を与えます。
 仮面を吹き飛ばされた聞仲は飛虎の必死の訴えを受けて飛虎曰く「元の面」に戻ります。

 「太公望どの!後は任せたぜ!」と言い残して飛虎は封神台へとのぼります。
 太公望は飛虎に一礼をし、改めて聞仲を乗り越える覚悟をします。
 一方で、ジョカは自分が魂魄のみで活動を開始して、故郷と同じ進化をたどらせようとしていたことが告げられます。

【感想等】
 シリアスな展開が続きますが漫画だと「元始天尊 王天君にグリグリされる」というタイトルだったりします。
 ネントウさんなども出してきているところを見ると最後までやるのだと思いたいですが……
 あっちこっち行ったり来たりするので漫画を読んでいないとなかなかわからないような気がします。

 タイトルどおり飛虎さんが封神されるお話で、そろそろ聞仲さんとの決着も近いのかと思います。
 お声がお声だけに「止まるんじゃねえぞ……」と脳内再生されてしまうのは私だけではないかもしれません。
 あと、「誰にも心を開かない」という聞仲さんがどこか他人とは思えなかったりします。

 次回は太公望さんと聞仲さんとの決着で間違いないはず。
 3、4クールあれば最後まで行けるような気がしますが、実際はどうなのでしょうか。
 カットばかりで最後まで一気に終わってしまうのはあまり考えたくないですが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】グランクレスト戦記 第24話(終)「皇帝聖印」

 グランクレスト戦記の最終回を見て感想を書かせていただきます。
 最後の最後で立ちはだかるのはやはり吸血鬼さんなのでしょうか。
 テオさんの長きにわたる戦いが一体何をもたらすのか、最期まで見届けたいなと思います。

【内容】
 吸血鬼と対峙したテオたちは、普通の人々が「秩序」を求めていると主張します。
 混沌が終わっても戦争は起こることは否定できないようですが……
 「ただ生きているだけなら死んでいるのと変わらない」と武器を取るアイシェラなのでした。

 双子が吸血鬼に挑みかかったかと思えば、そのお兄さんがその本体を持って登場します。
 吸血鬼は殺されても分身を残して生き延びたのだと主張します。
 お兄さんは本体を攻撃しますが、それだけでは吸血鬼を倒すには至らないようです。

 吸血鬼の分身は触れた者の生命力を吸い取り、仲間達は次々と窮地に陥ります。
 テオやシルーカは敵の闇に飲み込まれますが、互いに手を取り合って光を発生させます。
 発生した光は聖杯の光であり、吸血鬼はもはや分身を出せなくなってしまいます。

 吸血鬼は狼に飛びつかれ、最後はテオの一撃によってとどめを刺されます。
 一方で、最後の分身が残っていて「死にたくない」とのたまい、双子は「復讐は果たされた」と結論づけます。
 そしてテオたちは更に軍を進めてエイラムを抑え、フベルトスという男と対峙します。

 どうして皇帝聖印の誕生と混沌の終焉を拒むのか。
 テオたちは真実を知るために怪しげなモニュメントに触れることになりました。
 「混沌の時代を終わらせてはなりません」とパンドラの声が聞こえてきます。

 混沌爆発以前には高度な文明が形成されていました。
 古い文明は「究極のエネルギー」を手に入れ、それが兵器にも転用されてしまいました。
 世界の終末を回避するために文明を破壊することを選択したとのこと。

 パンドラや魔法士教会は古い文明の技術が最終兵器になることを恐れていました。
 それでもなお、テオはいまを生きる人々を犠牲にすることが正しいとは思えないのだと告げます。
 フベルトスは亡くなり(自殺して?)、テオは皇帝に即位することを宣言します。

 テオは自分の理念を告げ、至らない皇帝は民が倒す義務を持つことを宣言します。
 国民たちの前で、混沌の時代を終わらせると宣言したテオなのでした。

 3年の後にテオとシルーカ、アレクシスとマリーネとの結婚式が行われることになりました。
 皇帝聖印「グランクレスト」が誕生し、混沌の時代は終わりを迎えます。
 そして、テオは皇帝の座をアレクシスに譲って故郷に戻り、最後はシルーカとキスして締めくくるのでした。

【感想等】
 今回は最終回とのことで、吸血鬼さんは「ラスボス」にふさわしい強敵となりました。
 光り輝くテオさんとシルーカさんの姿を見るにつれて、やはり愛が最強なのかと思わずにはいられません。
 できればプリシラさんは最後まで生き残ってほしかったのですが……

 「究極のエネルギー」は原子力で、兵器というのは核兵器のようなものなのでしょうか。
 いまを苦しんでいる人を犠牲にはできないという初心を貫くテオさんがかっこいいなと思います。
 理念に反する皇帝を倒す「義務」があるという先進的な言葉もよかったです。

 グランクレストとは何かと思っていたのですが、その謎も最後は明らかになりました。
 テオさんやアレクシスさんの結婚シーンも、さらには故郷に戻るところまでやってくれてよかったです。
 これだけの作品を送り出した関係者各位に感謝を抱きつつ、ここで筆を置きたいと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム