【アニメ感想】キャロル&チューズデイ 第14話「The Kids are Alright」

 キャロチュの14話を見て感想を書かせていただきます。
 色々ありながらも伝説のプロデューサーさんが力を貸してくれる流れのようです。
 次から次へと人が出てきて混乱気味になりますが……

【内容】
 伝説のプロデューサートビーを見たキャロルとチューズデイは「殺される!」と恐怖します。
 トビーは「糞だな」と暴言を吐きつつも「プロデューサーが必要なんだろう?」と言ってきました。
 ガスもトビーもテキサスの生まれらしく、トビーは本物のテキーラを持ってくるとひと言。

 トビーは「毎日朝から晩まで練習しろ」と言い、それがプロデューサーを受ける条件なのだとか。
 「お前らの糞、俺が最高の糞にしてやる」と言いますが……
 アンジェラの前に現われた「アーロン」はIT界の風雲児で彼女のファンであるとのこと。

 キャロルの親を名乗る人間が「複数」出てきますが、明らかにお金目当てにしか思えませんでした。
 窮地に陥ったキャロルを助けたのはダンであり、合気道は護身術だと言ってきます。
 キャロルは今さら親が現われても無責任だと言い、ダンはもうすぐ地球に帰ると言っていました。

 バイト中のチューズデイの前にジャーナリストのカイルが現われ、いつかは母親と向き合うべきと言ってきました。
 ダリアはアンジェラの行動を把握している「ブラックナイト」なる人物がいることを警戒していました。
 ダンはすでにスタジオにいましたが、アンジェラの歌った覚えのない曲をAIに歌わせているとのことです。

 選挙屋はAIによるコンサルティングで地球との貿易をストップする公約を出せと母に迫ってきました。
 スキップがやってきて演奏してくれると言い、失敗を重ねながらも52回目で「最高の糞だ」と合格を勝ち取ります。
 トビーとガスはバーで大声を上げて次はアルバムを撮るぞと言っていましたが……

 キャロルはデビュー曲を作ったと言いますが、ダンはもう地球に帰るとのこと。
 ダンは「帰りがてらでいいから」と妻が子供を産んですぐに死んだこと、自分はその間刑務所にいたことを語り出します。
 仮釈放された後は子供の行方を捜したそうで、あるとき娘が火星にいることを聞いたそうです。

 ダンは刑期を終えたら火星に来ると言い、キャロルは「絶対に尋ねて来て」とダンに訴えかけます。
 2人は父と娘として再び出会うことが出来るのでしょうか。

【感想等】
 後半戦になってますます濃いキャラが出てきて、どう収拾を付けるのか気になります。
 ガスさんが色々な意味で物議を醸しますが、彼が本当に大物なのかは今後の判断に委ねようかと。
 有名になったらなったで色々と大変なのだろうなと思いますが……

 ダンさんがキャロルさんのお父さんと判明したものの、お母さんはすでに亡くなっていました。
 キャロルさんがお父さんと、チューズデイさんがお母さんと向き合う……というのは対照的で面白いかも。
 単に音楽のアニメというわけではなくAIと人間との関係性を描き出す流れも興味深いです。

 キャロルさん達の「私達の絆は引き裂けない」という歌詞に心強いものを感じる今日この頃です。
 ますます重要視されるAIが同じ放送局の「サイコパス」におけるシビュラシステムに近づきつつあるように思えますが……
 父と娘、母と娘、そしてAIと人との関係性を、これからも最後まで見守っていければと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】魔王様、リトライ! 第3話「キラー・クイーン」

 魔王様の3話を見て感想を書かせていただきます。
 前回はルナさんのお尻を叩き、今回はそのお姉さんのお相手をするようです。
 この調子だと次回でそのお姉さんが出てくるのでしょうか。

【内容】
 アクとルナは一緒にお風呂に入っていて、ルナは「お姉さま」と呼べと言ってきます。
 伯斗は管理者権限でアイテムを無限に所有できると言っていましたが……
 ルナによると座天使や熾天使(してんし)なる天使がまだ残っているとのことです。

 「世紀末聖女」キラー・クイーンは魔王討伐のためにヤホーの街へ移動していました。
 伯斗は情報収集をする前に資金事情を改善するためにアイテムを売りに来ました。
 ゴミアイテムを「とっておきの茶器」と言って販売し、最低でも大金貨5枚以上と言ってきました。

 思わぬ収穫を得た伯斗は飯でも食いに行くかと考えますが、そこでキラーと鉢合わせます。
 別のところでは聖女を狙う「サタニスト」なる怪しい集団も活動を開始していました。
 伯斗はキラーの姿を見て「何処の世紀末だよ」と突っ込み、ルナは伯斗が自分のお尻に夢中だと言ってきます。

 サタニストが一斉にキラーを攻撃しますが、キラーやルナ、その舎弟(?)がサタニストを攻撃してきます。
 このまま勝負がつくかと思ったらサタニストは「箱」を開けるとキラー達が奈落に沈んでしまいます。
 指輪が手榴弾を作って全員を殺せと言い出しますが、伯斗はキャラクターチェンジで「霧雨零(ゼロ)」という男に変身します。

 零はサタニストを攻撃していき、キラーは自分が女性扱いされてまんざらでもないようです。
 「知っているか……龍からは逃げられない」と地面を割って龍を出し、たちまちにサタニストをやっつけてしまいました。
 キラーは運命の相手を見つけたと言って顔を赤らめ、伯斗は「誰か殺してくれ」と言って嘆いていました。

 「なんで俺は硬派な暴走族なんてネタキャラを作ったんだ」と困惑する伯斗さん。
 別の場所ではミカンとユキカゼ(男の娘)が魔王を狙っているようですが……
 ルナは伯斗を変態だと罵倒し、アクは「賑やかで楽しいですね」と目を輝かせるのでした。

【感想等】
 アクさんとルナさんがいちゃいちゃしているのを見て穢れた心が浄化されるのを感じます。
 ダンベルさんがケンシロウさんのコスプレをすれば、キラーさんの車がサウザーさんのそれにしか見えませんでした。
 プリキュアさんが聖闘士星矢に近づく一方で、深夜アニメ界隈では北斗の拳がブームなのでしょうか。

 サタニストさんはどう見ても怪しい一方で、ルナさんやキラーさんの戦いぶりも「聖女」とはほど遠かったです。
 伯斗さんが変身して別人になったのも驚きですが、突如顔を赤らめるキラーさんは可愛いです。
 キラーさんが伯斗さんと零さんが同一人物だと知ったらどんな反応をするのかちょっと楽しみです。

 ルナさんやキラーさんのお姉さんが出る前に、新しいキャラクターが出てきてしまいました。
 次回はミカンさんとユキカゼさんが伯斗さんを狙ってきて、攻略される流れなのかなと思います。
 エンディングで刑事のような男性が出ているのも少し気になりますが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ダンベル何キロ持てる? 第3話「先生もダイエットする?」

 ダンベルさんの3話を見て感想を書かせていただきます。
 前回は彩也香さんのお話で、今回は学校の先生が新たに登場します。
 先生も特殊な性癖……もとい思考をお持ちなのでしょうか。

【内容】
 高校の世界史教師である「立花里見」は最近太ったと言い、痩せるためにジムに行くことに。
 女子高生はジムになんて行かないと高をくくっていましたが……
 ひびき、朱美の姿を見て「思いっきり生徒おるがな」と突っ込みを入れてきました。

 爽やかイケメンフェイスを見た里見は即座に入会を決意し、自宅でトレーニングしても筋肉痛が続いているとひと言。
 鳴造は筋肉痛になっていない部位のトレーニングをしようと言い、肉体美を披露しつつダンベルのトレーニングの説明をします。
 要は対となる筋肉を鍛えることが大切であるとのことですが……

 はじめは軽めのダンベルで特訓すればいいと言われた里見は「おなかが見えている」と言われて冷や汗をかきます。
 「どんなハードコアな趣味を持っていてもいいじゃないか」と言われて何か誤解をされている気がしますが……
 帰宅した里見は教師がコスプレ趣味をしているなんて誰にも言うことは出来ないなどと言っていました。

 彩也香はひびき、朱美とお弁当を食べますが、ひびきの重箱を見て突っ込みを入れます。
 完食をやめて食べる回数を減らしているひびきですが、空腹時にドカ食いをすると血糖値が急激に上昇すると突っ込まれます。
 朱美はボディービルダーの食事法を学べばいいといい、栄養素をバランスよく補うことが必要であるとのこと。

 なんでも調理法によってカロリーが変わり、ボディビルダーは意図的に食事の回数を増やしているとのこと。
 何を食べてもいい「チートデイ」を設けることによって体にカロリー不足を認識させないとのことですが……
 オムライス、ナポリタン、ステーキ……と初日から大量の食事をするひびきに呆れてしまう2人なのでした。

 イベント当日、里見は何とか体型を戻してきたと喜んでいましたが、会場にはひびきや朱美の姿もありました。
 某世紀末救世主のようなコスプレをしている鳴造は服を破ってさらなる称賛を浴びます。
 鳴造がフロントプレスのやり方を解説し、その帰りに里見はBL趣味の誤解を受けながらもコスプレ趣味がバレないで安堵します。

【感想等】
 先生のお声をどこかで聞いたと思ったら、ゼロ魔のシエスタさんだったことにちょっと驚きました。
 かつての「とらドラ!」では生徒役だった人が、今は先生の役をしていることに時代の流れを感じます。
 鳴造さんの筋肉は相変わらずすごいですが、彼がどんなトレーニングをしているのか気になります。
 
 コスプレ趣味の先生がメインのはずが、ひびきさんの食べっぷりの方が驚きでした。
 食事を抜くのは逆効果というのは肝に銘じておこうと思います。
 唐突な北斗の拳ネタに驚きつつも、出来るだけちゃんとした体型になりたいと思う今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】異世界チート魔術師 第2話「魔術修行」

 異世界チート魔術師の2話を見て感想を書かせていただきます。
 太一さんも凜さんもきっと特別な力があるのだろうとは思いますが……
 どのあたりがチートなのかじっくり教えていただけると幸いです。

【内容】
 レミーアは太一や凜の魔力量が驚異的だと言い、これからその使い方を教えるとのこと。
 修行していけば最高峰の宮廷魔術師はおろか国を相手に一人で滅ぼすことが出来るそうですが……
 オープニングの後、魔術師は精霊を介して術を発動し、火、水、風、土の属性があるとのこと。

 普通は1つの属性しか扱えないものの、時として複数の精霊を操ることが出来る人間がいるとのこと。
 ミューラは2つの、レミーアは3つの、凜は4つの属性を操る一方で、太一は魔術師ではなく「魔道士」であるとのこと。
 魔術は精霊の力を借りて力を行使し、魔道士は精霊「そのもの」を使うとのことです。
 
 太一は「しかるべき時が来ればわかる」と言われて厳しい特訓を課せられます。
 「がんばって」と声が聞こえたのは気のせいでしょうか。
 凜の方はミューラに手ほどきを受け、理科の実験を想定して火の魔法を使いこなします。

 ミューラは今後は凜と対等の関係になれればと言い、凜はイメージを浮かべて青い炎を出してきます。
 凜に励まされた太一は「早く会いたい」という声が聞こえてきました。
 ミューラは凜の飲み込みがいいことを称賛し、レミーアは太一に身体機能の強化をするようにと言ってきます。

 レミーアは太一や凜の力は危険だと言いながらも3週間で2人に生き残る術をたたき込むと言っていました。
 太一は拳で狼の敵を倒し、凜は「仕方ないなあ」と言いながらも土や水、風の力でウサギの敵を撃退します。
 かつて苦戦した黒いユニコーンのような敵が出てきてもあっさり倒し、気がつけばもう「卒業」となりました。

 レミーアは「さっさと冒険者になれ」と言い放ち、凜や太一が別の世界からの「迷い人」だと言ってきました。
 召喚した魔道士本人に聞くしかないものの、召喚を使うのは「時空魔法」を使う人間はかなり特殊らしいです。
 太一は数が少ないなら探しやすいといい、見つけ出して聞き出せば元の世界に戻れると前向きに考えます。

 その夜、太一はまた謎の声を聞き「もうすぐ会える」と言われますが……

【感想等】
 オープニングを見ていて登場人物が女性ばかりなのはそういう分野なのだと割り切ろうかと。
 フェアリーテイルばかりを見ているとレミーアさんがエルザさんにしか聞こえないのですが……
 レミーアさんから魔力と属性の関係を聞いて「ゼロの使い魔」を思い出したのは私だけでしょうか。

 赤い炎や青い炎を出してくる凜さんを見て理科の実験を思い出し、そのうち炎色反応のような色を出してくるのかも。
 太一さんに絡む凜さんが高木さんに見え、そのうち爆裂魔法でも使ってくるのかと思えてきます。
 主人公が拳で相手を殴るところを見ていてあまり「魔法使い」という感じがしないのは気のせいでしょうか。

 現在は凜さんの方が目立っていますが、太一さんに精霊が出てきたらこれが逆転するのでしょうか。
 太一さんや凜さんのように異世界召喚された人が他にも出てくる可能性は十分ありそうです。
 前向きな太一さんを見習い、新たなヒロインがどんな子なのかと考えつつも、最後まで見守って行けたらいいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】彼方のアストラ 第3話「METEOR」

 アストラさんの3話を見て感想を書かせていただきます。
 仲間と力を合わせようと思った矢先に、裏切り者がいると言われると動揺してしまいます。
 「裏切り者」の目的が何なのか、わたし、気になります!

【内容】
 カナタは乗組員の中に裏切り者がいると言われて周りに疑いの目を向けます。
 アリエスは大丈夫だろうと思ったり、シャルスがイケメンで料理がうまくてちょっとムカついたり……
 ザックは通信機の故障を発見した本人だから問題ないと考えます。

 フニシアは10歳だし、キトリーは一番文句を言っているので犯人とは思えません。
 ユンファは一番よくわからない……と全員が怪しく見えてきたカナタでした。
 協調性のないウルガーは怪しいものの、犯人と断定するには至りませんでした。

 惑星シャムーアに着陸しますが、カナタ達は気がつけば打ち解けあっていました。
 アリエスの転校の話題とか、フニシアが児童養護施設にいたとか、グラサンのおっさんが人形の話題を出したのだとか。
 カナタは「B5に入れて一斉殺処分」と解釈し、メンバーが意図的に選ばれたと考えます。

 ウルガーの父親が教頭先生で、出来の悪い息子を消したがっている可能性はありうるのだとか。
 カナタは通信機を壊した人間がいると周囲に話し、キトリーは疑心暗鬼になってアリエスを突き放します。
 食事をすることになって本格的な衝突は回避されましたが……

 カナタは事故そのものも仕組まれていたと言い、アリエスは犯人自体も抹殺対象ではないかと考えます。
 ウォーターサーバーがいきなり爆発してきて、カナタはルカに修繕をさせることにしましたが……
 外に出たザックは配電盤が壊れたせいでシステムがダウンしていると言い、他の破損箇所も調べます。

 アストラ号が惑星の重力に引かれて落下しますが、アリエスは予備の発電機を使えばいいと言ってきました。
 ユンファも何かしようとしますが水分を含んで気絶し、母親(?)から心ないひと言を言われたことを思い出します。
 手分けしてケーブルをつないで電力を送りますが、鳥のような虫が浮いていてこのままでは起動できません。

 ウルガーは射撃で虫を捕まえ、アストラ号は何とか着艦に成功します。
 「うるさい黙れ」と言って去っていったウルガーは密かに銃を携帯しているようですが……

【感想等】
 フォロワーさんにキトリーさんがぼっちさんに似ていると言われてなるほどと思いました。
 ジャンプ系列だとどこかでバトル展開になるのかと考えるのはいつも通りですが……
 いずれにしても、カナタさん達が「止まるんじゃねえぞ……」にならないことを願うばかりです。

 ウルガーさんの過去はいずれ明らかになるとして、いきなり「殺処分」と言われては混乱するのも仕方ないかと。
 わざと疑心暗鬼にさせる情報を流すのも、トラブルそのものも学校の「試験」の一環かもしれません。
 ユンファさんがだんだん他人とは思えなくなりつつも、しっかり最後まで見ていけたらいいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム