【アニメ感想】どろろ 第19話「天邪鬼の巻」

 どろろの19話を見て感想を書かせていただきます。
 戦いで折れた刀を直して貰うために刀鍛冶の元を尋ねる百鬼丸さん達ですが……
 刀鍛冶の娘さんがすごく可愛いのが気になります。

【内容】
 多宝丸達との戦いで折れた刀を直すため、百鬼丸、どろろは刀鍛冶を求めて移動していました。
 村人は宗綱という刀鍛冶は腕前が良くなくて娘のおこわも性格が悪いと言っていましたが……
 おこわは父親が最高の刀工だと言いますが、百鬼丸はおこわにおでこをくっつけて吹き飛ばされます。

 宗綱は刀を供養する習慣があるようですが、おこわは百鬼丸が自分を嫁に貰いに来たのではと考えます。
 物陰に隠れていた天邪鬼に何かをされた百鬼丸は、刀ではなくてどろろを祭壇に置いて周囲を困惑させます。
 どろろは骨休めをしながら刀が出来るのを待とうと言いますが、百鬼丸は急に刀はいらないと言い出します。

 おこわは百鬼丸を「百様」と呼んで料理を持ってきて、百鬼丸は旅をやめておこわと一緒に暮らすと宣言します。
 百鬼丸は「どろろは一緒でなくてもいい」と言えば、どろろは2人が一緒になってうれしいと心にもないことを言い出します。
 屋根の上には明らかに怪しい影がありましたが……

 百鬼丸とおこわが明日には祝言を行う流れになりますが、百鬼丸はそれすらあっさりと聞き入れます。
 どろろは怒って入り込んできましたが、またも心にもないことをしゃべって去っていきました。
 いっそ刀を捨ててやろうと考えたどろろですが、宗綱がやってきたのでこれまでの事情を説明します。

 迎えに来てくれたはずのどろろが旅をやめると言いだしたことに憤るどろろさん。
 気がつけば次の日になっていて、宗綱は刀を優先して娘の祝言には出ないそうです。
 どろろは侍が嫌いだと言い、宗綱は争いを止める刀を作ることが理想だと言ってきました。

 「力の使い道を間違えてはいけない」と言われたどろろは改めて百鬼丸のそばにいることを宣言します。
 どろろは百鬼丸があのお寺にやってきてからおかしくなったと気づきますが……
 お寺の上には天邪鬼がいて、どろろは石を投げつけますが、百鬼丸は相手に操られてしまいます。

 宗綱が天邪鬼を倒して百鬼丸が元に戻り、とりあえず天邪鬼が封印されることになりました。
 おこわは祝言が取りやめになったことを告げ、幼なじみと思われる男がお前を幸せにしてやると告白してきました。
 刀は見違えるほどになっていて、百鬼丸は「俺はうれしそうだ」とつぶやくのでした。

【感想等】
 匂いをかごうとする百鬼丸さんに幼少期の悟空さんを何となく思い出すのは私だけでしょうか。
 名古屋弁(?)をしゃべるおこわさんは八十亀さんのご先祖様……というのはさすがに冗談です。
 おこわさんの存在がミオさんを失った百鬼丸さんにとって心の支えになるのでしょうか。

 男の子として育てられたはずのどろろさんですが、ジェラシーを感じるところはやっぱり女の子なのだと思います。
 宗綱さんの言葉がやたらと深く、どろろさんとの恋仲(?)も戻って何よりでした。
 次回は同じように妖怪を追っている少年がでてくるらしいですが、一体どうなってしまうのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】RobiHachi 第7話「一寸先は夢の国」

 ロビハチの7話を見て感想を書かせていただきます。
 サブタイトルの時点でかなり攻めていることがわかりますが……
 広告代理店も夢の国も恐れないのはある意味すごいと思います。

【内容】
 アッカ・サッカという惑星にやってきたロビー達は入るだけで金を取るのかと憤ります。
 ハッチはSNSのフォロワーが1万人がいると裏口から入っていけると説明しますが……
 ロビーはハチがフォロワーを金で買ったのではないかと同情しながら先に進んでいきます。

 遊園地の中は夢のファンタジー世界らしく、突然にミュージカルが始まります。
 ハッチは順応して踊り出し、ロビー達も仕方なく一緒に踊ることになりました。
 ここは惑星中が遊園地らしく、悪口が御法度で、汚れたものは人間を含めて処分されるそうです。

 ロビー、ハッチ、イックは絶叫マシンに乗せられますが、ハッチだけは順応しているようです。
 今度はパレードの場所取りが必要らしいのですが……
 ヤン達は入場するために立ち往生しますが、金でなんとかなると言い放ちます。

 今日は奇跡的な天体ショーがあるらしく、周囲にはカップルがやたらといました。
 ヤンは俺とロビーが結ばれる日が来るのかと言っていましたが……
 ハッチはロビーやイックとはぐれ、ロビー達は迷子センターに呼び出されます。

 自分の遊び相手はいつもSPだと言っている子供に、ハッチは自分自身の過去を重ねているようです。
 ハッチは「思い切って外に出ると意外な出会いがある」と語り、外に出て友達を作れよと言ってロビー達と合流します。
 ロビーやイックは急に遊園地に順応していましたが、ヤンがパレードに参加していて逃げることに。

 ヤンは城に逃げ込んだロビーを追いかけていき、そのまま鐘を鳴らして永遠に結ばれようとします。
 ロビー、ハッチはラブリーキングとクイーンに選ばれ、悲願を打ち砕かれたヤンは「許せん!」と憤ります。
 イックが宇宙船を持ってきてロビー達を回収し、ヤンは「どうしてなのよ!?」と涙を流してきました。

 「夢はきっとかなう」と言われたヤンはロビーを諦めないと固く決意します。
 毒舌や悪口を言えるようになったイックは喜び、ハッチは鐘を鳴らしたカップルのことは伏せておきます。
 そしてエンディングではヤンがいつもどおりダンスを踊っているのでした。

【感想等】
 序盤で広告代理店を敵に回したこのアニメなら「もう何も怖くない」のかもしれません。
 フォロワーさん1万人で裏口から入れるというところが妙に現代的だと思います。
 いつからこのアニメは観光アニメからミュージカルアニメになってしまったのでしょうか。

 遊園地のテンションがやたらと高いせいか、見ているだけでちょっと疲れてきました。
 ヤンさんはヤンデレなのかと思いつつも、ハッチさんの過去が今後は重要になってきそうな気がします。
 いきなりオネエ言葉になったヤンさんにちょっと戸惑いつつも、残りのお話も見ていこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA- 第7話「過去へは戻れぬが、未来は進める」

 なむあみの7話を見て感想を書かせていただきます。
 1クールだとしたら中盤といことで、少しずつシリアスな方向に進んできました。
 阿修羅さんとの間にはどんな過去があったのか、わたし、気になります!

【内容】
 仏様達は餃子パーティーをしていましたが、帝釈天は別のところで阿修羅と対峙していました。
 帝釈天、阿修羅が激しい戦いを繰り広げ、梵天はもっと早くに気づいていればと悔やみますが……
 大日達もまた移動を開始しますが、その頃には帝釈天は阿修羅に追い込まれていました。

 帝釈天は阿修羅に釈迦如来の元に帰ろうと言いますが、阿修羅はすさまじい形相で帝釈天を貫きます。
 梵天達はあちこちを貫かれた帝釈天の姿に呆然としますが、帝釈天は輪光のおかげなのか一命を取り留めました。
 帝釈天は光るお風呂に入れられて回復するようで、梵天は帝釈天の気持ちを察しつつ過去を教えてくれとひと言。

 かつての帝釈天、阿修羅は人々を救うために旅をしていましたが、ある村では疫病が蔓延していました。
 阿修羅は村に水を運んでいる一人の少女と出会いますが、彼女は父親に虐待を受けているようです。
 そこに梵天や釈迦如来がやってきてこの村から去れと言ってきましたが……

 少女との絆を深めた阿修羅に対して、少女は父親が作物をやられて変わってしまったと嘆きます。
 阿修羅は「春が来たら村を出るんだ」と言い、彼女の心は人間には通じないと言い放ちます。
 父親は「俺は悪くない」と言い、娘とやり直したいと言っていて、釈迦如来は救いの道を探すと言っていました。

 釈迦如来は「どうして救う者と救わない者の線を引くのか」と問い、父親は彼なりに娘を気にかけていました。
 阿修羅は父親を殺して娘を救い出すと言いつつも帝釈天に言われて1日だけ待つことにしましたが……
 気がつけば父親が傷を負っていて、煩悩に支配された少女が村人を襲っていました。

 父親は阿修羅達から金品を盗んで家を出ると迫り、娘は誰も助けてくれない現実を前に闇墜ちしてしまいます。
 村人もまた煩悩によってバケモノになってしまい、帝釈天はやむなく少女を倒すしかありませんでした。
 そして村人は少女を火の矢で焼き払い、阿修羅は涙を流して「もう救いはない」と訴え、そのまま一人で去っていきました。

 マーラは阿修羅に声をかけて、あの少女を救う道があると言いますが……

【感想等】
 ここ数回は大日さんが目立っていましたが、本来は帝釈天さんと阿修羅さんとの因縁がメインなのでしょうか。
 「刀剣乱舞花丸」のような日常系だったのが、急に「活劇刀剣乱舞」になったように思えてきました。
 ラスボスだと思っていたマーラさんではありますが、彼を倒して全てが終わると単純には言えないと思います。

 回想シーンで阿修羅さんがある少女と出会いますが、中の人が中の人だけに少年のお声に聞こえてしまいました。
 少女が闇墜ちする展開はあまりにもショックが大きすぎて、阿修羅さんが闇墜ちしても仕方ないように思えてきました。
 今後はシリアス展開が続きそうですが、阿修羅さんが光の道に戻るのか、わたし、気になります!
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第4話「さよならアルテイシア」

 オリジンの4話を見て感想を書かせていただきます。
 キャスバルさんがエドワウさんになったかと思ったらすぐにシャアさんになるのでしょうか。
 更に言えば一年戦争が終われば4番目の名前になりますが……

【内容】
 キャスバル(エドワウ)やアルテイシア(セイラ)の実母アストライアは塔に幽閉されていました。
 アストライアはハモンのいたクラブで働いていて、そこでジオンと出会ったようですが……
 「一晩だけでいいからあの子達と……」と悲痛な叫びを上げる母の心は届くのでしょうか。

 モビルワーカーの実験が続けられていて、その中には後の「蒼き巨星」ランバ・ラルの姿もありました。
 ドズルはマッシュ、ランバの2人を下ろしますが、まだまだモビルワーカーには課題が多いようです。
 「俺はザビ家の雇われ犬になった」と自嘲するランバをなぐさめるハモンなのですが……

 サイド5の「ルウム」では名を変えたエドワウ、セイラが養父とともに移住してきました。
 そこにはエドワウにうり二つの「シャア・アズナブル」という男がいました。
 エドワウとシャアは出会うなり意気投合し、セイラは2人はいい友達になれそうだと結論づけます。

 母親が死んだという手紙を見たエドワウは涙を流していました。
 学校の先生はエドワウが怖いと言い、抜き身のナイフのようだと言ってきましたが……
 エドワウは自分につきまとう男を見抜き、ビールを顔面にぶちまけて挑発します。

 荒れるエドワウの姿を見てセイラは号泣し、シャアは士官学校に合格したと言って喜んでいました。
 セイラはシャアが軍人になることに違和感を覚え、ルシファ(猫)が死んでしまってショックを受けてしまいました。
 さらにはエドワウはルウムの学校に行くと言って妹を放置して家を出て行ってしまいました。

 シャアは身に覚えのない銃がかばんに入っていて税関に引っかかってしまいました。
 エドワウはそっくりなシャアと入れ替わることを提案し、シャアはエドワウとしてジオンに向かいました。
 そしてキシリアの手の者がシャアの乗った宇宙船を爆破してしまいます。

 サングラスをかけたエドワウはシャア・アズナブルとして入学式に参加します。
 入学式ではギレンが意気揚々と演説をし、入学生代表としてガルマ・ザビが登場します。
 3番目の名前を得たキャスバルは一体どんな学園生活を送るのでしょうか。 

【感想等】
 父親を殺されたランバさんですがモビルワーカーとハモンさんに生きがいを得た……のでしょうか。
 青年期のエドワウさんのお声はこれまでのシャアさんとはひと味違った演技でちょっと新鮮に思えます。
 本物のシャアさんがファーストをオマージュしたSEEDの仮面キャラになるのが興味深いです。

 11歳でモビルスーツを操縦した腕前はアムロさん以上、その荒れ方はカミーユさん以上かもしれません。
 本物のシャアさんは気の毒ですが、こうしないと歴史が動かない……ということでしょうか。
 入学式のサングラスが後のクワトロさんに見えるのはファンサービスの一環……なのかもしれません。

 ファーストでおなじみの「シャア」さんとして士官学校に入り、あとは軍に入って活躍する流れだと思います。
 ガルマさんの中の人がフェアリーテイルのナツさんと同じだったのはちょっと驚きでしたが……
 次回はそんなガルマさんとの友情を育むお話らしいですが、後の展開を考えるとちょっと複雑な気持ちになります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】進撃の巨人 第53話「完全試合(パーフェクトゲーム)」

 進撃の巨人の53話を見て感想を書かせていただきます。
 超大型巨人だけでなく獣の巨人まで出てきては、さすがの調査兵団でも厳しいようです。
 巨人と完全試合というと野球のように聞こえてきますが……

【内容】
 ベルトルトは超大型巨人に変身し、その瓦礫だけで街は壊滅状態になってしまいます。
 興奮するコニーは殴られますが、ベルトルトの目的はシガンシナ区を火に包むことが目的でした。
 アルミンは自分よりもジャンが作戦指揮に向いていると言いますが……

 ジャンは一旦はエレンに乗って退散するものの、最終的な判断はアルミンに頼ると断言します。
 オープニングの後、リヴァイ達は周囲にいる小さな巨人を倒していましたが……
 獣の巨人は瓦礫を投げつけてきて調査兵団はほぼ壊滅状態に陥ります。

 「初球は様子見で目指すはパーフェクトゲームだ」と瓦礫が飛んできました。
 リヴァイはエルヴィンと合流しますが、エルヴィンは退いても勝利はないと断言します。
 気がつけば新米の兵士やリヴァイ、エルヴィンしか残っていないそうですが……

 ジャン達は散開して超大型巨人の弱点を探ろうとし、エレンはその足をつかんで押し倒そうとします。
 エレンは壁に蹴り飛ばされ、ジャン達は「雷槍」で攻撃しますがそれも通用しませんでした。
 アルミンは何も反撃の糸口がつかめず、さらにはライナーこと鎧の巨人も再び戦闘を開始してきました。

 獣の巨人の瓦礫を受けて兵士達にも次第に絶望の色が見えてきました。
 リヴァイは新兵をおとりにしてエルヴィンやエレンを逃がすことを考え、全滅の可能性も示唆します。
 エルヴィンには新兵と自分の命を使えば反撃の手立てがあると言いますが……

 うずくまって「俺は地下室に行きたい」と言い出すエルヴィン団長。
 エルヴィンはそれでもまだ戦いは終わっていないと言いますが……
 リヴァイは「夢を諦めて死んでくれ」「俺が獣の巨人を仕留める」と言ってきました。

 エルヴィンは新兵を率いて獣の巨人に特攻を仕掛け、一斉に煙玉を発射して命中率を下げます。
 その間にリヴァイが立体機動装置で巨人を伝って移動し、獣の巨人に攻撃を仕掛ける手はずでした。
 エルヴィンは人はいずれ死ぬと言いつつも、兵士達に意味を与えるのは我々だと言い放ちます。

 「兵士よ叫べ!」
 「兵士よ戦え!」
 と兵を率いて特攻するエルヴィンなのですが……

【感想等】
 ライナーさんはしばらく動けないとしてもベルトルトさんやら獣の巨人やらが残っていました。
 ベルトルトさんの圧倒的な大きさは初回、シガンシナ区を奪われて以来の絶望感を覚えました。
 そのうえ獣の巨人さんが石を投げつけてきてどうすればいいのかよくわからなくなります。

 パーフェクトゲームを目指すと言ってきた獣の巨人さんですが、彼は野球を知っているのでしょうか。
 昔、NHKさんのアニメで「メジャー」というのがあって、子安さんがプロ野球選手を演じられていたのは偶然だと思いますが……
 エレンさんが蹴り飛ばされて野球がサッカーになった……と思ってしまったのは内緒です。

 相手がここまで規格外ではアルミンさんでもどうしようもなく、さらにはライナーさんまで動いては絶望的です。
 死んでくれと言い出すリヴァイ兵長も、兵士の命に意味を見いだそうとするエルヴィン団長も色々と考えさせられました。
 次回タイトルは「勇者」なのですが、脅威に抗う兵士の一人一人が勇者……という意味なのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム