アニメから入った「ゼロの使い魔」を改めて読んでみた感想(1)

 昨年に「ゼロの使い魔」のアニメを見て、今年は原作を読ませていただきました。
 異世界、ラブコメに加えて少年誌的な展開など、長きにわたって愛される理由がわかります。
 ちょうど15周年という節目なので、少しでも盛り上がればいいなと思います。

はじめに
 昨年のソードアートオンライン(SAO)の3期アニメ化をきっかけに原作を読んで小説とアニメという媒体の違いが見えたような気がします。
 その後は同じ作者さんのアクセル・ワールドを読んでいましたが、色々あって2巻で止まり、ロードエルメロイ2世の事件簿が始まる直前にFate/Zeroを読みました。
 元々読書の習慣があったので読むこと自体は楽しく、ちょっと気持ちに余裕が出てきたので以前アニメを見た「ゼロの使い魔」に挑戦することになって現在に至ります。

 小説をアニメにするとキャラクターの心理描写を中心にカットされる部分が出てきますが、4クールで20巻をアニメ化したことからお話そのものもかなり違ってきていました。
 先のSAOは2期4クールで8巻、さらに3クール2クール増えて14巻までですから、本作が原作を大きく省略していることがおわかりになると思います。
 ゼロ魔のアニメそのものは4期終盤のオリジナル展開を含めてうまくできていたと思いますが、原作を読んだらアニメが入門編、原作が本番といってもいいと思います。 

 ここからざっとお話を振り返りながら思ったことを適当に書いていこうと思います。
 以前SAOの15巻以降について書いた時はできるだけネタバレは伏せましたが、かなりの部分がアニメ化しているので容赦なくネタバレも書いてしまいそうです。

続きを読む

アリシゼーション編を念頭に置いた「ソードアート・オンライン」1~8巻の感想のようなもの


 昨(2018)年の秋にSAOの3期(の前半部分)が放送され、ほぼ同時並行で原作の9巻から14巻までを読ませていただきました。
 アニメは原作をほどよく再現しているものの、それでも心理描写や舞台設定などの抜け落ちている点がどうしても引っかかってしまいました。
 放送直後に18巻まで「予習」し、そのまま最新の21巻まで読みましたが、まだ読んでいなかった1~8巻も読んだので思ったことを書いてみようと思います。

1~2巻 アインクラッド編(≒アニメ1期1クール目)
 1巻を読み始めるといきなり戦闘シーンで、読み進めたらアスナさん以外のヒロインが出ないまま1冊でアインクラッド編が終わってしまいました。
 アニメだと1巻の内容に2巻と8巻の一部を時系列順に並べ替えてあって、こちらの方が分かりやすい感じですが、原作の方がスピード感があったような気がします。
 大きな内容は変わらないのですが、原作ではアスナさんの家庭環境について細かく書かれていて、お兄さんがいることを知って少し驚きました。

 2巻は短編集という位置づけで、1巻の硬派なキリトさんが一変してギャルゲーの主人公のように見えるのがなかなか面白いです。
 そんな中でも、サチさんのお話のところでキリトさんがストイックにレベル上げに励んでいるシーンが印象に残りました。
 サチさんの結末は悲しいものの、ユウキさんやユージオさんに比べると印象が薄いのは、彼女が8000の犠牲者の一人という位置づけだからなのでしょうか。

3~4巻 フェアリィ・ダンス編(≒アニメ1期2クール目)
 3巻からはいろいろあって現実世界に戻ってきたキリトさんが再びアスナさんの救出に動き、このあたりからアニメと同じ流れになってきました。
 原作で詳細に描かれたリーファさんの心理描写、彼女の空を飛ぶことに対するこだわりは彼女を深く知るために重要なところだと思います。
 兄と同じ土壌に立とうと同じ世界に飛び込み、そのままのめり込むところは「血は争えない」と思うと少しほほえましいです。

 4巻ではリーファさんの葛藤やキリトさんの奮闘、オベイロンさんの怪演などはアニメの思い出がそのままよみがえってきました。
 ただ、最初の方のトンキーさんをめぐるやりとりはアニメではカットされ、2期でさらっと触れただけだったのは少し残念です。
 そのほか、最後の方でキリトさんが凜子さんに会ったというアリシゼーションにつながる「伏線」は重要だと思われます。

5~6巻 ファントム・バレット編(≒アニメ2期1クール目)
 5巻からはシノンさんがメインのエピソードですが、菊岡さんに呼ばれたキリトさんが高級スイーツを品評するシーンが印象的でした。
 シノンさんの過去についても原作はアニメよりも掘り下げられ、おじいさんの存在はアニメではおそらく語られてなかった……はず。
 キリトさんが弾道をよけるゲームで資金を得るところもまた、彼の人並み外れた能力をひしひしと感じさせられました。

 6巻からは戦闘シーンがメインになり、バトルシーンだけでなくシノンさんの恐怖と新川くんの狂気はアニメに優るとも劣らない迫力でした。
 一方で、菊岡さんがラースと言いかけたり、共犯者の金本さんの名前が出てきたりと、3期を見た後だとなかなか興味深いです。
 キリトさんが菊岡さんを尾行していたシーンはアニメではなかったと思いますが、キリトさんの警戒心とともに、ここで菊岡さんの素性を推測できるのも伏線かと。

7~8巻 マザーズ・ロザリオ編ほか(≒アニメ2期2クール目)
 7巻のマザーズロザリオ編はアニメでは2クール目の大半を割いただけあって、原作をかなり詳細に再現していたと思います。
 キリトさんが二刀流でギルドを食い止めたところはかっこいいですし、アスナさんとユウキさんとの絡みを見ていると心が浄化される気がします。
 アスナさんとお母さんとの葛藤はなんだか他人事とは思えず、ユウキさんの最後のところは涙なしには見ることができませんでした。

 8巻の「圏内事件」はアニメ1期に収録されていましたが、原作だと割と食の方向にシフトしているのが面白かったです。
 2つめのキャリバーのお話はアニメでカットされた部分をふまえると、トンキーさんが愛おしく見えるのが不思議です。
 そして最後のお話はアニメ1期時点では世に出ていなかったのか、アニメにならなかったのがちょっと惜しいなと思ったりします。

おわりに
 3期までのアニメをふまえて改めて原作を読むと、所々に伏線がはられているのが見られて益々楽しめました。
 原作の情報量の多さと比べるとアニメがやや物足りなくなるものの、原作を見た後でアニメを見ると理解がより進んでいいと思います。
 3期の後半戦は原作既読の状態からのスタートとなりますが、どこまで原作の魅力を伝えられるか、精一杯がんばってみようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

「ソードアート・オンライン アリシゼーション」の感想のようなもの―原作とアニメの比較を中心に―

 ソードアート・オンライン(以下SAO)の3期放送を契機に、遅ればせながら原作を読むことになりました。
 アニメ放送途中で原作に手を出し、前半はほぼ同時並行に読み、さらに後半放送前に18巻まで読んでしまいました。
 原作とアニメとの相違や色々と感じたことなど、これを機にまとめておきたいなと思います。

【人界編1】(9~11巻/アニメ3期1クール目)
 アニメ3期が放送されたことはそれだけで喜ばしく、初回から1時間スペシャルと気合いが入っていてよかったと思います。
 キリトさん達が久しぶりに動くところを見られたことはそれだけで喜ばしいことでした。
 声がついたりすることでイメージもしやすくなり、本を読む上でも情景を思い浮かべやすくなったのも事実でした。

 アニメ放送から1ヶ月くらいが経過したとき、たまたま9、10巻を手にして読み始めました。
 初回1時間スペシャルは分量の多いものでしたが、アリスさんの性格が原作とはかなり違うように思えました。
 幼少期からずっと一緒にいたキリトさん達ではありますが、アニメだとややあっさり終わった感じがします。

 ギガスシダーの枝をもらうシーンがカットされていたことは驚きでした。
 あちらは回想で出てきたものの、10巻の「ザッカリア剣術大会」はアニメだと一枚絵だけで終わっていました。
 そのせいかシャーロットさんとキリトさんとの対面にあまり感情移入できなかったのは惜しいところかと。

 原作はそれぞれのキャラクターの視点で説明が繰り返しなされ、読者の理解を上書きしてくれる感じがします。
 説明ばかりだと台詞が多くなるからなのか、原作ではアニメではない説明がかなり多いです。
 人工フラクトライトやアリシゼーション計画についてはおそらくアニメだけで理解するのはほぼ不可能だろうと思いました。

 アニメでは色々カットされながらも修剣学院にやってきたキリトさんですが、ここでも1年くらい生活していたりします。
 ユージオさんが再会してからだけでも2年以上行動を共にしているわけですが、アニメだとあまりそんな感じがしませんでした。
 ちょっとしたところでキリトさんが育てている花が北では咲かない花というのはアニメでは全くわかりません。

 キリトさんは原作だとけっこう買い食いをしていたらしいですが、アニメだとそのあたりも抜け落ちてました。
 一応、パイを大量に買ってロニエさん達に渡すシーン(原作10巻のラスト)はちゃんとありましたが……
 その後の展開が展開だけに、ロニエさんやティーゼさんと語り合っているシーンはすごく心が和みました。

 貴族裁決権によってロニエさんとティーゼさんが乱暴されそうになるシーンはアニメでも原作でもトラウマでした。
 ライオスさんが死亡するシーンが禁忌目録と自分の命の板挟みに遭ったことは原作を読んでようやく気づきました。
 アズリカ先生が封印について何処まで知っていたのかも気になりますが、お話はここから一気に急展開を迎えます。

 ここからネタバレ連発なので閲覧注意です。
  ↓

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム