【アニメ感想】八十亀ちゃんかんさつにっき 第12話(終)「また会おみゃあ」

 八十亀さんの最終回(12話)を見て感想を書かせていただきます。
 少し前には市長さんが出てきて、前回は名古屋襟というものの存在を知りました。
 今回は一体どんなことを教えてくれるのか、わたし、気になります!

【内容】
 「名古屋の学生はカラオケと焼肉しかすることがない」
 レンタカー屋さんかと思ったらその実態はカラオケ屋さんでした。
 なんとか空き部屋がありましたが部屋が広くて驚きました。

 カラオケで食べ物と飲み物を持ち込むことが名古屋では常識でした。
 舞衣はかんなぎ(未見)の主題歌を歌い、やん菜は三重出身だから鳥羽一郎の歌を歌います。
 そして最中は中日ドラゴンズの優勝歌を歌ってお話を締めくくるのでした。

【感想等】
 カラオケと焼肉しかすることがないというのは絶対嘘だと思います。
 水木一郎さんのナレーションが最後の歌と結びついたときは驚きました。
 2期決定とのことですがどんなお話になるのか色々な意味で気になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】八十亀ちゃんかんさつにっき 第11話「涼しくにゃあ」

 八十亀さんの11話を見て感想を書かせていただきます。
 あらすじを読んでみる限り、今回は夏のお話らしいですが……
 名古屋の夏は日本の他の地域とは全く違うのでしょうか。

【内容】
 界斗はあまりの暑さに気を失い、最中は名古屋の地上を歩くのは自殺行為(意訳)と言ってきました。
 フェーン現象をもろに受けてしまう名古屋は沖縄よりも暑いそうですが……
 なんでも舞衣は明日の衣替えが楽しみだと言って眠れないそうです。

 次の日、舞衣は全く同じ合服でしたが、最中の「名古屋襟」が素敵なのだとか。
 「ださ可愛い」のがいいらしいのですが……

【感想等】
 前回の名古屋市長ご本人の登場に比べるとインパクトは少なかったかも。
 中学時代はセーラー服でしたが(愛知在住でないので)名古屋襟はさすがに経験がありませんでした。
 もし機会があればちょっと着てみたい……と思ったのはここだけの話です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】八十亀ちゃんかんさつにっき 第10話「かけるしかにゃあ」

 八十亀さんの10話を見て感想を書かせていただきます。
 かけるというのはお醤油やソースの類だと思いますが……
 名古屋の人はやはりおみそをかけることになるのでしょうか。

【内容】
 部室で最中と二人きりになった界斗はそのお弁当に着目します。
 今日は時間がなかったからとキュウリやこんにゃくを切ってきましたが……
 お味噌を付けることで(ごはんを含む)どんなものもおかずになるそうです。

 「つけてみそかけてみそ」はゆず味とマイルドもあり、献立いろいろみそも多くのバリエーションがありました。
 界斗は東京のみそとは違うと実感して、とりあえずとんかつにかけてみます。
 そして舞衣は2人がいちゃついているのを見て空気を読んで移動を開始するのでした。

【感想等】
 名古屋市長ご本人が冒頭のスピーチをしてくれたところに気合いを感じます。
 みその使い勝手の良さに感心する一方で、最中さんのダンスがすごく可愛かったです。
 もし機会があれば我が家でもおみそを食卓に取り入れてみたいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】八十亀ちゃんかんさつにっき 第9話「関係にゃあ」

 八十亀さんの9話を見て感想を書かせていただきます。
 カメラを買いに行った副産物なのか、舞衣さんの意外な一面が明らかになりました。
 他のキャラクターも人には言えない秘密があったりするのでしょうか。

【内容】
 舞衣はアイドルのライブとフィギュアといった可愛いものが大好きなのだとか。
 界斗は女性の口から大須の金の玉という言葉を聞いて困惑を隠せません。
 信長の人形が踊ったかと思ったらやん奈がパジャマ姿で号泣するのでした。

 最中のそばに集まってくる個性的なお二人を目の当たりにする界斗さん。
 これが俺の記念すべき最初の一枚だと撮影しますが……最後はうまく撮れていなかったというオチなのでした。

【感想等】
 舞衣さんが賢者の孫のマリアさんというのはコメントから知りました。
 それはそれとして個性的な仲間がいっぱい集まってくるとうれしくなるのもまた事実かと。
 残りのお話がどんな展開になるのかわかりませんが一度名古屋に足を運びたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】八十亀ちゃんかんさつにっき 第8話「アキバじゃにゃあ」

 八十亀さんの8話を見て感想を書かせていただきます。
 大須というところは秋葉原や大阪の日本橋みたいなところという解釈でいいのでしょうか。
 秋葉原が電気街だったと言われても都民でもないとなかなかわかりません。

【内容】
 界斗は自分のカメラがほしいと言い、一同は大須に向かうことになりました。
 当日、界斗、最中は2人で歩き回り、界斗は「アキバみたいなところ」と言って怒らせてしまいます。
 きれいなお店を見て恐れをなすのは界斗だけではありませんでした。

 最中は界斗を買い取ってほしいと言い出し、お値打ちがいいと言ってきました。
 なんとかカメラを買えたものの、舞衣はアイドルにお熱でした。
 とりあえず界斗は「何やってるのこの子!?」と突っ込みを入れるしかありませんでした。

【感想等】
 色々とジェネレーションギャップがありながらも最終的にカメラが買えて良かったかと。
 舞衣さんの意外な一面を見ることが出来たのも収穫……なのかもしれません。
 最中さんよりも界斗さんを観察しているように思えるのは気のせいでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム