【アニメ感想】さらざんまい 第六皿:つながりたいから、あきらめない

 さらざんまいの6話を見て感想を書かせていただきます。
 カッパの姿を強いられた一稀さんはこれからどうなってしまうのでしょうか。
 そういえば春河さんの姿も見られませんが……

【内容】
 一稀達はカッパになって自宅に戻れなくなり、春河はいつもどおり自撮り占いを見ていました。
 春河は一稀を心配していましたが、その一稀はカッパの生活をむしろ楽しんでいるようです。
 オープニングの後は一稀、燕太はなぜか相撲をしていましたが……

 悠は次の日まで同じニュースが続いていることが不思議に思えてきました。
 一稀はゴールデンコンビ復活だと言ってサッカーをしてきましたが……
 春河は一稀が帰ってくるのか心配になりますが、そこにお巡りさんがやってきました。

 お巡りさんは相方がいなくなってしまいますが、アイツは人形だと突っぱねます。
 燕太はいい加減に素直になれと迫り、一稀は春河がいなくなったことを心配しますが……
 ケッピは春河が「帝国軍」にさらわれたと言い、帝国軍は王国を滅ぼした敵らしいです。

 カッパとカワウソは古来から戦争を続け、尻子玉の欲望エネルギーを奪い取っているのだとか。
 カワウソ帝国はカッパを滅ぼした後に人間の欲望に狙いを定めたそうです。
 一稀達は箱詰めされた春河を救出に向かい、燕太は一稀達を投げつけて先に進ませます。

 目の前で箱詰めされた春河が落下してしまい、ケッピは尻子玉を移植すれば春河が助かると言ってきます。
 尻子玉を抜き取られたらはじめから世界に存在しないことになってしまうそうです。
 一稀は自分の尻子玉を移植するために飛び降りると言い、自分がいなければ全てうまくいくと考えますが……

 悠は一稀を殴りつけたうえ、燕太は捨てたはずのミサンガを出して春河が待っていると訴えます。
 春河の箱が運ばれていき、一稀は春河がお兄さんの大好きなものを傷つけたとサラに連絡していました。
 当時、春河は一稀の実母に一稀を取らないでと訴え、今は一稀が戻ってくると考えていました。

 このままでは春河がシュレッダーで粉々にされるそうで、最後はケッピをボールにして投げつけることに。
 春河は無事救出され、お巡りさんは変なポーズで笑い出してきましたが……
 一稀達は人間の姿に戻りますが、どこか生まれ変わったような感覚を覚えるのでした。


【感想等】
 「お化けには学校も仕事もなんにもない」からか、一稀さんが妙に楽しそうなのが気になります。
 そうかと思ったら春河さんがさらわれ、ますますシリアス方向に進んできた……はず。
 カッパ王国に続いてカワウソ帝国という言葉が出てきてだんだんわけがわからなくなってきました。

 カワウソ帝国が敵なのはいいとして、ケッピさんも十分過ぎるくらい怪しく見えてきました。
 叛逆性ミリオンアーサーに続いてサッカーのお話になったのは偶然だと思います。
 弟さんと和解できたのはよかったとして、今後は残りの2人がそれぞれ自分と向き合うのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


【アニメ感想】さらざんまい 第五皿:つながりたいけど、許されない

 さらざんまいの5話を見て感想を書かせていただきます。
 サラさんの握手会がやってきましたが、一稀さんは本当に彼女を誘拐してしまうのでしょうか。
 そして毎回欲望搾取をしてくるあの人達は何者なのでしょうか。

【内容】
 一稀が5歳の時に春河(はるか)を守ると誓いますが……
 祖父は死に際に「母親はだらしない女」だと言い、一稀は一人だけ繋がっていないことに気づきます。
 悠はどうして自分の過去を知っても何も言わないのかと疑問を抱きます。

 一稀は悠のことがうらやましいと言いつつ、まずはサラのマネージャーを拘束します。
 続いて悠が本物のサラを(キュウリで)呼び出し、女装した一稀が彼女になりすまします。
 春河は「まあるいえんでつながってる」と合い言葉を言ってきましたが……

 サシェが今日のアイテムだそうですが、燕太はどうして握手会に一樹がいないのかと疑問を抱きます。
 処分保留の「匂野福郎」は欲望を搾取され、サラはカッパの姿になってサラっと脱出を繰り返して悠を困惑させます。
 燕太は目の前のサラが一稀だと気づいて驚き、一稀は目の前に燕太がいることに困惑します。

 回想シーンでは春河が「違う服を着てもはじめから終わりまで丸い縁で繋がっている」と言っていました。
 マネージャーは目の前のサラは偽物だと訴え、さらには本物のサラまで登場します。
 本物のサラは春河の合い言葉がわからず、一稀は目の前で女装を剥がされて呆然とします。

 悠は一稀に「隠し事はいつかばれる」と言い、弟を傷つけたのはお前だと言い放ちます。
 一稀は「僕はまた春河を傷つけた」と言い、ケッピは強引に一稀達をカッパにして欲望フィールドに連れていきます。
 「見えない匂いに確かさを求めるのは無理」とカパゾンビの尻子玉を一気に奪い取りました。

 春河の言葉が一稀を本当の家族に呼び戻したはずが、本物の母親が一稀の前に現れたようです。
 カパゾンビを倒せなかったから皿はもらえず、一稀は最初から春河は自分と母親が違うと気づいていたとのこと。
 母親との再会は秘密のまま終わり、本物よりも本物の家族に行き着くのですが……

 春河は一稀を探し回っていましたが、一稀は無意識に彼の手をはねのけ、春河は車にはねられてしまいます。
 事故で春河はもう二度と歩けなくなり、一稀は自分を守るために春河をだましたんだと涙を流しますが……
 Cパートでは警察官2人はこれでようやく持ち場を離れられると言いつつも不協和音を見せてくるのでした。

【感想等】
 冒頭から養子設定が出てきてお話は急に重たくなってきたように思えます。
 シリアスな流れは「欲望搾取」で一瞬で吹き飛ばされましたが……
 サラさんのラッキーアイテムと欲望搾取との関連性はそのうち明らかになるのでしょうか。

 一稀さんの女装がばれたことは仕方ないと思いますが、悠さんが一稀さんを責めるところに胸が痛みました。
 いつも仲良し(?)のお巡りさんも色々と悩みや隠していることがあるのかもしれません。
 だんだん確信に迫っているのは間違いないと思いますが、次は誰のどんな秘密が暴かれるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】さらざんまい 第四皿:つながりたいけど、そばにいない

 さらざんまいの4話を見て感想を書かせていただきます。
 一稀さんや燕太さんに続き、今回は悠さんがメインのお話なのでしょうか。
 本物のサラさんもどんな感じで絡んでくるのか、わたし、気になります!

【内容】
 悠の兄は「この世界は悪い奴が生き残るんだ」と弟に告げます。
 はるかはサラの自撮り占いを見ながら明日が楽しみだと言っていましたが……
 今日の自撮りアイテムは「そば」で明日はサラの握手会があるのだとか。

 本物のサラに会えるんだと目を輝かせるはるかさん。
 悠は兄の守ったそば屋に居候しているようですが、そこに燕太が「友達」と称して呼び出してきます。
 一時期浅草を離れていたという悠なのですが……

 燕太は一稀に希望の皿を譲ってほしいと訴え、悠は消えたものは忘れ去られるとひと言。
 さらに一稀は女装して抱きついてきて、本物のサラを誘拐してくれと言い出します。
 一稀はサラである自分を守り切ることが必要らしいですが……

 悠の両親は多額の借金を背負い、兄は親の遺品を奪ってアウトローな生き方をすることに。
 兄貴分から銃を受け取った実兄を「悪い奴なんだ」と考える悠さん。
 立ち退きの期限が迫りますが、兄は大金を持って店を買い取り、親戚に店を任せたようです。

 一稀はノリノリで女装しながら本物のサラを誘拐する計画を練っていました。
 そば店の男が行方不明になったそうですが、彼は警官に欲望搾取されてしまったようです。
 浅草一帯でそばが飛んでいく事件が起こり、悠の実家も標的にされてしまいます。

 悠は自らカッパにしろと訴え、いつもどおりソバゾンビの欲望フィールドへと向かいます。
 「俺は彼女のそばにいたい!」と訴える敵に対して、の尻子玉を奪い取り、兄の守ったものを守るのだと訴えます。
 なんでも被疑者は盗んだ残り湯でそばをゆでたかったそうですが……

 悠達は全裸で疾走し、兄が店のためにヤクザを裏切ったことが漏洩されます。
 追い詰められた悠は兄貴分をその場で射撃し、兄は自分が殺したことにして弟をかばったようです。
 警察の2人は変なポーズを取りながら次の作戦を考えているようですが……

 兄が来ないと知った悠はショックを受け、燕太は殺人の過去を持ちながらも平然とする悠に恐怖を抱きます。
 悠は「もし秘密をばらしたら……ブスリといくぞ」と刃物を突きつけてきます。
 一稀は手に入れた皿を悠に渡し、僕ははるかが嫌いだと言い出しますが……

【感想等】
 冒頭の「この世界は悪い奴が生き残る」のはまんざら間違いではないように思えます。
 「消えたものは忘れ去られる」という言葉ともども、色々と考えさせられました。
 シリアスなストーリーが続く中、ノリノリで女装する一稀さんや欲望搾取がやたらとシュールに映ります。

 最近はこのアニメが令和を代表するギャグアニメになりつつあるように思えてきました。
 悠さんがSAOのシノンさんに匹敵する過去を持っているとはさすがに想定外でしたが……
 サラさんの誘拐が次回になるのかはわかりませんが、そのうちサラさんが欲望搾取されそうな気もします。 


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】さらざんまい 第三皿:つながりたいけど、報われない

 さらざんまいの3話を見て感想を書かせていただきます。
 公式サイトを見る限り、今回は燕太さんがメインのお話のようですが……
 「報われない」という言葉に精神的に厳しいものを感じます。

【内容】
 燕太は目の前の一稀(女装)にときめいてしまい、彼のことが好きなのだとつぶやきます。
 オープニングのあと、燕太は姉から(魚の)キスと聞いてドキドキしてしまいました。
 燕太は魚屋よりも肉屋の彼氏がよかったと言い出しますが、占いではラッキーアイテムはキスなのだとか。

 一稀のことが好きだという燕太は、彼をサッカーに引き戻すことが夢のようです。
 当の一稀は魚のキスで間に合わせようとし、弟は兄がサッカーをするのが好きだったと言い出します。
 そうかと思ったら一稀がいきなりサッカーをしたいと言ってきますがそれは妄想でした。

 一稀との練習場所を奪われた燕太は取っ組み合いの喧嘩をし、変死体の被疑者はキス専門店の店主なのだとか。
 警察の2人組は「欲望搾取」なる手法でキースをゾンビにしてしまったようです。
 ボロボロになった燕太を助けた一稀は悠というオチでしたが、悠は彼らを兄弟みたいだとつぶやきます。

 悠は「皿は俺が手に入れる」と去っていき、一稀はキスがないのだと慌てていました。
 町中に花嫁が飛翔する現象を含めてカパゾンビの仕業らしく、一稀達はカッパになってキスゾンビと戦います。
 キスゾンビはキスする相手は誰でもいいらしいですがあっさりと尻子玉を抜かれてしまいます。

 燕太は一稀のユニフォームに抱きつき、リコーダーを吹いているところ、助奏した一稀にキスをしていることを漏洩されます。
 姉は彼氏であるキースの記憶を失う一方、警察2人には上司からエネルギーが少なくなったと言われます。
 燕太は「人生のゴールデンコンビ」になってほしいと告白し、一稀は笑顔で頷いてきましたが、これもまた妄想というオチでした。

【感想等】
 一稀さんの女装癖だけでも驚きなんのですが、燕太さんの冒頭の発言でますますすごい方向に進みそうです。
 ゴールデンコンビと言われるとキャプテン翼の翼くんと岬くんを思い出しますが……
 一稀さんの中の人が「イナズマイレブン」の明日人さんと同じ人というのはただの偶然だと思います。

 燕太さんがメインのはずがむしろお巡りさんのダンスのインパクトがあまりに大きすぎました。
 敵味方のダンスと歌に揺り動かされるところはある意味では「レビュースターライト」以来の現象かもしれません。
 お巡りさんの上にラスボスっぽい人達がいますが、敵は思ったよりも強大な存在なのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】さらざんまい 第二皿:つながりたいけど、奪いたい

 さらざんまいの2話を見て感想を書かせていただきます。
 初回から何が何だかわからず、さらには主人公の女装癖まで暴露されるお話でした。
 今回は誰のどんな秘密があらわになるのか、わたし、気になります!

【内容】
 一稀はサラの女装をして自撮りするという性癖を暴露されてしまいます。
 ケッピは願いが叶う皿を出してきて、これからも尻子玉を抜いてほしいと言い出します。
 サラとしてはるか(弟)とSNSでのやりとりをしている一稀は弟のために皿を手に入れようとします。

 自撮り占いではサラ本人も猫好きだと明らかになり、ちょっと安心する一稀さん。
 はるかは自分がサラと毎日やりとりをしていると言いますが、一稀は心の中で「僕だ」とつぶやきます。
 一方、悠は男を水浸しにして何か脅しをかけているようですが……

 誓(兄)は次の仕事が決まれば大きな金が手に入ると言い、自分がしくじったら悠に頼るとのこと。
 悠は兄のために皿を手に入れようとしているようですが……
 女装した一稀は猫を捕まえて自撮りしようとし、太った猫が出てきたかと思ったら、悠がナイフを突き立ててきます。

 猫を追いかける悠、一稀(女装)はデート扱いで忍者屋敷に入り、ケッピは奴らの魔の手が忍び寄っていると言い出します。
 燕太は実兄がデートしている写真、さらには悠、一稀のデート(?)写真を見て驚きます。
 一稀はにゃんたろうは自分と弟をつないでくれた猫だと言い、警察2人が欲望搾取なる行動を起こして踊り出します。

 浅草一帯で猫が空を飛ぶ現象が起こり、ケッピが言うにはカパゾンビの仕業らしいです。
 3人で尻子玉を抜けば解決らしいですが、燕太は悠が銃を隠し持っているような危険人物だと主張します。
 それでも一稀は悠が必要だと言い、3人は前回に続いてカッパにされてしまます。

 一稀たちは3人手をつないで攻撃を仕掛けますが、犯人は猫のせいで彼女に振られたと憤っていました。
 尻子玉をかっぱらったことで、犯人が愛されるために猫の毛を集めていたことが明かされます。
 そして、一稀は弟のために飼い猫を奪って無理矢理地域猫にしたことが暴露されてしまいました。

 燕太は一稀に苦言を呈しますが、悠は「奪われたら奪い返す」とひと言。
 今回提示された皿は5枚ないと願いが叶わないそうです。
 一稀は自分がどんな罪を背負っても弟のために戦い続けることを誓うのでした。
 
【感想等】
 幾原監督というとピングドラムのイメージですが、一度見ただけなのであまり覚えてません。
 弟のはるかさんがどう見ても妹にしか見えないのは私だけではないはず。
 悠さんのお兄さんは中の人(津田さん)のお声もあってすごくかっこいい人だと思います。

 敵と思しき警察の「欲望搾取」を見て、地球防衛部の2期にああいう人がいたような……
 戦闘をすればするほどに一稀さんの罪状(?)が漏洩されていくというのはいろんな意味で恐ろしいです。
 今後は他の2人の秘密が明かされるのだと思いつつ、次回もちゃんとみていこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム