【アニメ感想】賢者の孫 第6話「開戦と合同訓練」

 賢者の孫の6話を見て感想を書かせていただきます。
 帝国との戦争が現実のものとなり、ますますお先真っ暗という感じでしょうか。
 シンさんが戦場に赴く日もそう遠くないのかもしれません。
 
【内容】
 ブルースフィア帝国の皇帝は王国の反撃に遭って大いに憤ります。
 皇帝はゼストが裏切ったのではないかと考え、さらには帝都に魔物が大量発生します。
 兵士達は戦争どころではないといい、皇帝も帝都に引き返すことになりました。

 王国軍は徹底的に帝国を叩こうと考えますが、王国軍も魔物に攻撃を受けてしまいます。
 シュトロームによってミリアは魔人となり、帝国を迎え撃つ準備をすると言い出しますが……
 皇帝はシュトロームに動きを封じられ、そのまま抹殺されてしまいました。

 王国軍は帝国領に侵攻しますが、魔人の集団に襲われてしまいます。
 先生は戦力を増強する必要があると言い、騎士との合同訓練が行われることとなりました。
 魔法学院と騎士学院とは仲が悪く、互いに相手をもやし、脳筋と馬鹿にしているそうです。

 シンはミッシェルという人物に剣を教わっていて、そのミッシェルは「剣聖」と呼ばれる有名な人物らしいです。
 一同は騎士学院にやってきましたが、騎士達は魔法学院の生徒を「もやし」と罵っていました。
 首席のクライスをはじめとして4人のキャラクターが紹介されますが……

 クライス達は騎士学院だけで魔物討伐が出来ると言いますが、オーグはこれは連携を強める訓練だと反論します。
 オーグは騎士だけで魔物を討伐してみろと言い、指導教官のジークやクリスとシンとは知り合いのようです。
 ジーク達は国王の護衛をするほどの実力者らしく、騎士、魔法使い双方に人気がある人ということで驚きです。

 「君は強くなれる」とジークに言われたマリアはドキドキし、騎士達は実戦を前に緊張しているようです。
 魔物化したイノシシが迫ってきて、騎士達を次々と吹き飛ばしていきました。
 シンはたちまちにイノシシの首を落とし、クリスは戦場を知らなかった学生に反省を促します。

 クラウスはシシリーに回復して貰って改心し、シンはちょっとジェラシーを感じてしまいます。
 マリアやミランダ(騎士の次席)はここにも女がいるんだと言わんばかりに黒いオーラを出していました。
 100を超える大量の魔物が向かっているそうですが、シンは魔物を1人で倒すと言い出します。

 シンは爆裂魔法(?)で魔物を全滅させ、ミランダは「彼氏に突っかかって御免なさい」と言い出します。
 顔を真っ赤にする2人を見て男性騎士はショックを受けてしまったようです。
 そしてエンディングで一人踊っている女性は一体何者なのか、わたし、気になります!

【感想等】
 帝国との全面戦争がメインのお話になると思っていたら、お話はそう単純には進まないようです。
 シュトロームさんが黒幕なのは言うまでもないことですが、彼は魔人を生み出して人間を滅ぼそうとしているのでしょうか。
 そしてシンさんの身の回りは「賢者」「導師」「国王」「剣聖」とすごい人揃いで改めて驚きです。

 次々とキャラクターが出てきて混乱しながらも、彼らが力を合わせないと勝てないだろうというのは容易に想像出来ます。
 盾の勇者ではラフタリアさんが女神という言葉がありますが、優しいシシリーさんもまた女神なのかもしれません。
 嫉妬に燃えて(めぐみんさん顔負けの爆裂魔法で)ストレスを解消するシンさんは強くても精神的に子供なのかなと思います。

 恋愛沙汰を含めて色々ありながらも騎士と魔法使いとが協力できる流れになったのはよかったです。
 相変わらず初々しいシンさんやシシリー産を見ていると微笑ましく思えてきました。
 騎士の皆さんもシンさんにパワーアップさせて貰うのかわかりませんが、彼らの活躍の機会もあることを願います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】賢者の孫 第5話「破天荒な新英雄」

 賢者の孫の5話を見て感想を書かせていただきます。
 さすがのシンさんでも初戦ではシュトローム先生を倒しきれませんでした。
 改めて彼に対処するために、シンさんはどんな手段に出るのでしょうか。

【内容】
 マリアが洗浄機能付きトイレに喜んでいたら、メリダはシンとシシリーが付き合っているのかと聞いてきました。
 どうやらこれがシシリーの初恋らしいのですが……
 オープニングの後、工房に向かっていたシンはシュトロームは生きていると断言し、オーグは資金は王家が出すとひと言。

 ビーン工房ではマークとオリビアが待っていて、2人が付き合っていることがうかがえます。
 マークの父親であるハロルドはオーグの姿に驚きつつ、シンが魔人を討伐したと聞いてノリノリで協力を申し出ます。
 一方、ブルースフィア帝国ではゼストという男の手引きを受けて王国を手に入れる算段が整ったと言い出します。

 武器を作るお話が一段落し、シンは何かほしいアクセサリーはないのかと聞いてきました。
 シシリーは赤面しながらも指輪を要求してきますが、シンはアクセサリーの実用面にばかり着目していました。
 好きなのを選んでいいというシンに対して、シシリーはシンが選んでほしいと言ってきました。

 指輪をはめてもらってうっとりするシシリーの手を握り、シンは「これがシシリーを守ってくれる」とひと言。
 叙勲式当日になり、シンはその厳かな雰囲気にのまれ、王様はシンは政治にも軍事にも利用しないと宣言します。
 その日はパーティーで疲れ切り、次の日には国民が一目「英雄」を見ようと家に殺到してきました。

 シンはゲートで登校することになりますが、ゲートは賢者の祖父ですら理論がわかっていない魔法らしいです。
 異常な事件が続いているからと仲間のレベルアップを図ることになりましたが……
 シンはマリアの障壁はレベルが低いと言い切り、一同は指輪の防御魔法に驚きます。

 シュトロームは魔力障壁を使っていたらしく、シンは魔力制御を見せてきてこれから毎日特訓だとひと言。
 ブルースフィア帝国ではシュトロームがミリアに「ちゃんと踊ってくださいよ」と高笑いをしていました。
 シンは人混みを避けるためにゲートで下校してきて、マーリンはシンが魔法の過程をイメージしていると言い出します。

 マーリンは覚えたゲートの魔法を実演し、シンは規格外でも理不尽な存在ではないと言い切ります。
 メリダはマーリンがゲートを使うことでシンを特別ではなくし、シンが孤独を感じることはないとひと言。
 次の日、リンは魔力制御の練習をしたと言って顔を怪我していて、暴走魔法少女と言われて喜んでいました。

 新しく出来上がったシンの武器は刃物が飛び出してくるアイテム(?)のようです。
 シンは仲間にアクセサリーを配布しますが、さすがに男子には指輪というわけではありませんでした。

 オーグは武器を強化することを考え、ブルースフィア帝国との戦争が近づいていると言ってきました。
 学徒動員について言及される中、シンはみんなに危機が迫るならば自分が戦場に出ると言い切ります。
 そしてCパートでは王様は帝国が進軍を開始していると知って全軍に出撃命令を出します。

【感想等】
 気持ちよさそうなマリアさんはさておき、孫の恋愛関係に注視するメリダさんが興味深いです。
 泣いたり笑ったりするシシリーさんがとにかく可愛く、指輪をはめて貰うところにはちょっとドキドキしました。
 異世界に結婚指輪という習慣があるのかはアニメだけではよくわかりませんが……

 叙勲の時の王様はかっこよかったですし、かっこいい大人がいるから子供も正しく成長するのだと思います。
 相手がどれだけの物量でくるのかがわからない以上、レベルアップを図るのも自然な流れかと。
 制服やアクセサリーで防御力が上がったら、今度は新しい武器を含めて攻撃力を上げることになるのでしょうか。

 シンさんの新しい武器は刃物が飛び出すみたいですが、そのうち魔力の剣でも出してくるのでしょうか。
 シュトロームさんとはシンさんが戦うとしても、他の敵はオーグさんやマリアさんが戦うのかも。
 マリアさんの制服だけ強化されていなかったはずですが、何らかの伏線があったりするのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】賢者の孫 第4話「黒幕の名は」

 賢者の孫の4話を見て感想を書かせていただきます。
 魔人を撃退したシンさんでしたが、この事件に黒幕がいることを察知したようです。
 見た目の時点でシュトローム先生以外にはいなさそうな気もしますが……

【内容】
 シュトローム先生は「実験は成功した」といいつつシンに着目します。
 シンはあんなに簡単に人は魔人化するのかと疑問を抱き、カートは人体実験に利用されたと考えます。
 ディスおじさん(王様)がやってきてシンは勲一等を授与されると言い出します。

 おじさんによるとマーリンと功績が同じだからシンに勲章を授与しないわけにはいかないのだとか。
 街の人達はシンを英雄だと称賛し、シシリーは婚約者だとみられて顔を真っ赤にします。
 シシリーが一緒にいるのは彼女の意志だという言葉にかつての自分の言葉を思い出しますが……

 究極魔法研究会には入会希望者が殺到し、おじさんは人為的な魔人の発生について部下に調査させます。
 アルフレッドは厳しい条件を課して入会者を制限し、やってきたマーク・ビーンの実家は鍛冶屋をやっているそうです。
 オリビアはマークとは幼なじみで実家の食堂は超有名店だと女性陣が目を輝かせます。

 シンは剣を改良してほしいと言い、魔人を斬った剣は普通の剣だったと言い出します。
 マークは自分が剣を打つと言う一方、調査官はカートと接したシュトローム先生を捜査することに。
 シュトローム先生は帝国貴族の家に生まれたものの、跡目争いに敗れ、親族の襲撃を受けて視力を失っているそうです。

 調査官はシュトローム先生の意見を聞きたいと言い、そのまま彼を連れていきます。
 食堂ではシンが浮かない顔をしていましたが、アリスは新しい剣を買えばいいんじゃないかと言い出します。
 シンは金銭感覚を養うためにあまりお小遣いをもらっていないらしいですが……

 刃を付け替えるのはどうかということから、シン達はマークの工房に向かうことに。
 調査官はカートの名前については箝口令が敷かれていたと説明します。
 シュトローム先生は人体実験をしていたといい、そのまま調査官を倒してしまいました。

 シンはシュトローム先生と対峙し、「こいつが全ての元凶か!?」と斬りかかります。
 そのまま先生を追い込んだかと思われましたが、眼帯を破壊された先生もまた魔人でした。
 「この体になってから私にとっては人間などどうでもいい」と言い出しますが……

 シンは上空に魔法陣を描き、シュトローム先生を強烈な光で攻撃していきます。
 オーグは「やったか!?」と変なフラグを立てますが、先生の反応は何処にもありませんでした。
 魔法師団の団長を名乗る男が出てきて、シンは大量の光で攻撃したと説明していきます。

 なんとか逃げた先生は「やはり彼は危険な存在ですね」とにやつきますが……

【感想等】
 サブタイトルで一瞬「君の名は」を連想した人は少なくないかもしれません。
 ライオスさんを斬ったキリトさん達は投獄されましたが、シンさんは特にそんなことはありませんでした。
 とりあえず前回感想で「魔人」を「魔神」と書いてあったのは修正しておきます。

 首席合格の後は英雄扱い、叙勲とだんだん持ち上げられていくのはアインズ様にも匹敵するかも。
 新しい会員が貴族出身ではなさそうなところに実力主義が徹底しているのを感じます。
 これが「ブラッククローバー」だったら彼らが偏見の目で見られてしまったのかもしれません。

 黒幕にたどり着いた調査官は有能ではあったもののさすがに相手が悪すぎたようです。
 戦闘シーンは迫力があってとてもよかったですが、大方の予想どおり先生は生きていました。
 今後は楽しく(?)学園生活を送りながら先生の野望を食い止めることになるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】賢者の孫 第3話「緊急事態発生!」

 賢者の孫の3話を見て感想を書かせていただきます。
 タイトルの時点でカートさんが何かを仕掛けてきたのかなと思いますが……
 シンさんがあれだけ強ければ心配することなどないのかもしれません。

【内容】
 シンはシシリーやマリアと登校しますが、メリダはくれぐれも自重するようにと念を押します。
 マリアは目の前でシンとシシリーがいちゃついているのをみて胸焼けがしそうになります。
 オープニングのあと、オーグは「女連れで登校か」と煽ってきましたが……

 アリスはギリギリで登校してきたかと思えば、先生が部活のようなものの紹介をしてくれました。
 「肉体言語研究会」というのがどう見ても魔法使いとしての生き方に反しているようですが……
 オーグは付き人には好きに部活に参加するようにと言って彼を厄介払いしようとします。

 シンはオーグにあおられる形で研究会を立ち上げることになり、次々と(女子)生徒が寄ってきました。
 先生はノリノリでコモンをすると言い出し、リンは「究極魔法研究会」がいいのではないかと言い出しますが……
 一方、魔物の出現率が増えていることが先生方の間で話題になっていました。

 カートは学校に身分を持ち出すなと父親に怒られますが、自分は特別な存在なのだと言い切ります。
 自宅謹慎になったカートですが、シンはどうしてカートがああいう態度なのかと考えてしまいます。
 カートは中等部時代に帝国から亡命してきたというシュトローム先生の研究室に入っていたそうですが……

 シュトローム先生もといオリバーはカートの家にやってきて、彼は特別な人間だとあおってきました。
 「女は手に入りませんでした」というカートに変な魔法をかけて操っているようです。
 オーグはカートが自宅謹慎なら送り迎えしなくてもいいのではと言いますが、シンとシシリーとの通学は止めないそうです。

 シンは索敵魔法を使うことが出来るそうで、はじめて魔物を狩ったのは10歳らしいです。
 研究会の説明を危機に向かいますが、シンは明らかにおかしくなったカートに攻撃を受けます。
 カートは「魔人(魔神?)」と化し、シンはオーグ達に非難するようにと告げます。

 オーグは周りの生徒を逃がし、自分は先生にこのことを知らせに行きます。
 シンによると魔神魔人は理性を失うはずなのですが、理性があるのならカートを元に戻すことが出来るのではと考えますが……
 光る剣でカートを攻撃してその首を落とし、最後はただ呆然とするしかありませんでした。

 オーグによると魔神魔人の出現が2度目であり、これは歴史を揺るがすほどの大事なのだとか。
 たちまちにシンは英雄扱いされてしまいますが……

【感想等】
 集団登校は小学校時代を思い出しますが、当時はあそこまでイチャイチャはしてなかったはず。
 シシリーさん以外の女性キャラも出てきますが、「アリス」=金髪というのはもうお約束なのでしょうか。
 「神様のメモ帳」では黒髪のアリスさんが出てくるのは意外と知られていないのかもしれません。

 一般の学校での部活は普通だと思いますが、異世界で部活というのはなかなか興味深いです。
 カートさんのお父さんが思ったよりまともだったことは驚きでしたが……
 シュトローム先生ことオリバーさんが見た目の時点で怪しい人にしか見えません。

 シンさんとシシリーさんとのいちゃいちゃをみると平日で穢れた心が浄化されます。
 カートさんが正面から攻撃を仕掛けてくるのはともかく、てっきり元に戻すものだと思っていましたが……
 シンさんは今後、カートさんという十字架を背負って生きていくことになるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】賢者の孫 第2話「常識破りの新入生」

 賢者の孫の2話を見て感想を書かせていただきます。
 いよいよ学校に通うことになったシンさんですが、どんな同級生が出てくるのでしょうか。
 いじめはないものだと思いたいですが……

【内容】
 シンはマリア、シシリーの2人を助け、カフェで会話を交わします。
 マリア、シシリーはシンと同じ高等魔法学院の試験を受けるとのこと。
 「俺はぼちぼちやるよ」とマイペースのシンに対し、シシリーは顔を真っ赤にしてきました。

 マリアは賢者と導師が王都にやってきたのだとハイテンションになっていました。
 2人の孫はどんな形なのかしらと言っていて、シンは唖然としつつも支払いを先に済ませてしまいます。
 マリアは「彼、私がもらってもいい?」とシシリーをからかってきました。

 シンは受験に望みますが、肩をつかんできたカートという貴族に喧嘩を売られます。
 そこにやってきたのはイケメンの王子であるアウグスト(オーグ)という男でした。
 シンはオーグがおじさん(=王様)の息子だということで驚いてしまいました。

 筆記試験の後は実技試験となりますが、シンは派手な詠唱と微妙な効果に困惑します。
 「なんだこの中二病発表会は!?」と言いつつも、詠唱なしで力を抑えながらも恐ろしい威力を出してきました。
 シンは文句なしで首席合格となり、制服と教科書には魔法が付与されていると説明を受けます。

 新入生代表と言われたシンは困惑し、王子がいるから代表を押しつけようとしますが……
 王子はこの学校は実力主義だからとシンが代表になるようにと言い出します。
 首席を狙っていたマリアがぼやく一方、シシリーは恥ずかしがってなかなか話すことが出来ませんでした。

 制服に(漢字で)魔法を書き換えて喜ぶシンですが、メリダはくれぐれも注意するようにと念を押します。
 メリダとマーリンは生徒達に大人気らしく、オーグは馴れ馴れしくこの式には王や有力貴族が来ていると声をかけてきました。
 入学生代表になったシンをカートは苦々しい目でそれを見ていました。

 シシリーが男につきまとわれていると言い、カートは自分はシシリーの婚約者だと主張します。
 カートの父親は財務局の事務次官らしく、親の力で屈服させようとしますが……
 オーグがその場に入って抑えつつ、「俺が守る」と言っていたシンのことを煽ってきました。

 シンは自分の家に来ないかと言い、マリアは両親に事情を説明してくると言って去っていきます。
 オーグやその護衛の生徒もやってきて、シンはシシリーの制服の付与魔法を書き換えたいと言ってきました。
 メリダはシンの制服はすでに国宝級だと言い、シシリーに受け入れる覚悟があるのかと聞いてきます。

 シシリーはシンの優しさを利用した自分にはその資格はないと涙を流しますが、メリダは正直に話したシシリーを評価します。
 マーリンが言うにはこのまま付与していたら罪悪感に駆られていたのではと言い出します。
 シンは文字を削除していきますが、手足と頭は無防備なのだとか。

 おじさん(王様)はこれが世に出回ったら大変なことになると真顔で言ってきました。
 最悪、オーグに渡れば戦争の危機にもなるらしいのですが……
 結局はマリア以外に制服に魔法を付与し、シシリーは目を輝かせて喜びます。

 シンは明日から迎えに行くといい、ゲートを使って森への道を出してきました。
 型破りの新入生も一般常識には欠けるという弱点があるようですが……

【感想等】
 賢者と導師と言われるとFF3の箏が頭に浮かぶのは私だけではない……かも。
 チョロいヒロインことシシリーさんはすごく可愛いなと思います。
 「盾の勇者」の女神ラフタリアさんに並ぶ癒やしになりそうな予感がします。

 受験会場にやってきたものの、モブキャラの衣装が現実世界の学校制服にしか見えませんでした。
 カートさんの小者っぽい感じはライオスさんやウンベールさんと同じような匂いがします。
 さすがにマリアさんやシシリーさんをさらってSAO10巻のようなことはしてこないと思いたいですが……

 メリダさんのさりげない優しさを見ていて、なんだか急に祖母に会いたくなってきました。
 シンさんの常識知らずと奥手そうなシシリーさんが今後どう進展していくのか気になるところです。
 次回はカートさんの逆襲なのかはわかりませんが、どんな授業があるのかにも注目したいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム