【アニメ感想】キャロル&チューズデイ 第12話「We've Only Just Begun」

 キャロチュの12話を見て感想を書かせていただきます。
 いよいよ決勝のはずが、チューズデイさんのお母さんが出てきてしまいました。
 キャロルさんがチューズデイさんを取り戻すのだろうと思いますが……

【内容】
 車から出てきた男はチューズデイを誘拐し、キャロルはチューズデイが母親に連れ戻されたと説明します。
 母親のヴァレリーは大統領選挙を控えていて、邪魔だけはしないでと言って娘を監禁してしまいます。
 半年ぶりに自室に戻ってきたチューズデイはキャロルと過ごした時間がどれだけ尊かったのか実感します。

 数日が経ち、ガスは(チューズデイが家族の元に戻れたから)これでよかったのかもしれないと言い出します。
 ガスはかけがえのない相棒を連れ戻さなかったことを後悔していると言ってきました。
 相手がどう思おうがかっさらうべきだったと言い出すガスでしたが……

 兄のスペンサーはライブハウスで妹の歌を聴いたと言い、夢を実現してほしいと言ってきました。
 キャロルはガスとともにチューズデイを誘拐すると言い出し、犯罪じゃないかと突っ込むロディも連行されます。
 一方で、アンジェラはAI(が作り出す歌詞)に心を読まれているようで怖いと言っていました。

 アンジェラは誰かに必要とされたいと思っていたと言いつつも、今は自分だけを見てほしいとひと言。
 キャロル達はチューズデイの家が大きいことに驚き、ロディをおとりに使うことを思いつきます。
 スペンサーはチューズデイを連れ出そうとし、ガスやキャロルははしごで家への潜入を試みます。

 キャロルはチューズデイを奪還し、通りすがりのおじいさんの車に乗せて貰って駅にたどり着きます。
 ガスやロディは逮捕(?)される一方で、キャロルは自分が勝つことばかりにこだわっていたと反省します。
 決勝会場ではアンジェラは正々堂々と戦ってキャロル達に勝ちたいと言っていました。

 電車から降りたキャロル、チューズデイは必死に走って決勝会場を目指します。
 決勝はアンジェラの満を持したパフォーマンスで始まります。
 「私は火を付ける」「この鎖を断ち切るために生まれてきた」という歌は周囲を捉えて放しませんでした。

 審査員は「非の打ち所が無い」とアンジェラを称賛し、そこにキャロルとチューズデイがやってきました。
 番組開始時点で到着していなかった彼女達は失格だと言われますが、キャロルはここで歌わせてほしいと訴えます。
 2人はこれから歌うのは「原点の曲」だと言い、ひとりぼっちだった少女の心境を歌い上げます。
 
 観客の歓声を受け、審査員はアンジェラを優勝とした上で両方にデビューの機会を与えることに。
 ガス、ロディは刑務所でキャロル達の栄光を喜びますが……
 デビューする機会を得たキャロル達でしたが、これはまだ始まりに過ぎないのでした。

【感想等】
 オープニングを省略するという特殊演出でしたが、別に最終回というわけではありませんでした。
 選挙を優先して娘を監禁する母親には怒りを飛び越して悲しさすら感じました。
 歌手として夢を叶えようとしている娘がいることが選挙にどう悪影響を与えるというのでしょうか。

 相手がどう思っていても連れ戻す……そんな強い気持ちを向けられてみたいものです。
 鉄血のオルフェンズのマクギリスさん等黒幕が多い櫻井さんでしたが、普通にいいお兄さんだったので安心しました。
 アンジェラさんの「誰かに認めてほしい」という気持ちと彼女の心を歌ったところでちょっと泣き出しました。

 優勝はならなかったものの、キャロルさんとチューズデイさんが記憶に残る演奏をしたことは事実でした。
 アンジェラさんに向けられた「非の打ち所が無い」という言葉はこの作品そのものに対する評価と言ってもいいかもしれません。
 来週からは2クール目に入るそうですが、彼女達がこれからどんな歌を歌っていくのか最後まで見届けたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】キャロル&チューズデイ 第11話「With or Without You」

 キャロチュの11話を見て感想を書かせていただきます。
 チューズデイさんが負傷したのはやはりシベールさんのせいなのでしょうか。
 満身創痍の彼女達はどうやってピョートルさんと戦うのでしょうか。

【内容】
 チューズデイは箱を開けた途端に右手をやけどしてしまい、その頃にはピョートルは歌を終えていました。
 今のチューズデイにはギターを弾くことが出来そうにありませんでした。
 アーティガンは「誰しも自分の輝きには気づかないものさ」と素敵なことを言っていました。

 ガスは犯人を明らかにしてやると憤り、アンジェラもまたチューズデイのことが気になるようです。
 アーティガンは自分語りを続け、ダリアは「仕方がないもの」と言っていましたが妨害のことではありませんでした。
 キャロル、チューズデイは意を決してステージに上がりますが……

 アーティガンは因縁のあるキャロル達の顔に複雑な表情を浮かべます。
 キャロルはギターを持っていない自分について「新しい顔を見てほしい」と言っていますが……
 審査員はキャロルの家族について聞いてきて、キャロルは親が生きているのかもわからないそうです。

 キャロルはピアノを弾いて、チューズデイとともに歌ってきました。
 アーティガンはどんな理由があっても演奏できなくなるのはミュージシャンとしてどうかと言ってきました。
 審査員は意見が割れたと言い、ピョートルは努力をみじんも感じさせないのが魅力的だとひと言。

 キャロルやチューズデイは未完成だと言われ、不安定な心を音楽で表現していると言ってきました。
 審査員はもう一度聞きたいのはキャロル達だと言い、ピョートルに勝ったキャロルは目の前でチューズデイを抱きしめます。
 次はアンジェラとの決勝戦とのことですが……

 ガスはダリアが犯人だと断言しますが、ピョートルの動画に映っていた犯人はシベールのようです。
 アンジェラはケイティがキャロル達を妨害したのではないかと言って彼女を泣かせてしまいます。
 シベールは自分も裏切られたと言って迫ってきて、キャロルは大きくショックを受けてしまったようです。

 チューズデイは一週間後にはギターを弾けるようになるそうですが、キャロルは負けたらここで終わりだとひと言。
 「あの家の何処にも私の居場所なんてない」と涙を流すチューズデイですが……
 そこに突然母親の使いを名乗る怪しい男が2人出てきてチューズデイを拉致してしまいました。

【感想等】
 奇跡の7分間という終着点があっても、そこにたどり着くまでは苦難の道が続きます。
 アーティガンさんの自分語りが結果として時間稼ぎになったのは大きいかも。
 突然に浮上したキャロルさんの過去は今後のお話に大きく影響するのでしょうか。

 アンジェラさんはタオさんに言われて曲を変更し、キャロルさんも奇しくも曲を変更することになりました。
 「私は一人」という歌詞はキャロルさんやチューズデイさんの自立を示す曲であることは間違いないかと。
 その後、お母さんが今さらながらに出てきたのは皮肉としか言いようがないですが……

 シベールさんが犯人だったのは想定していましたが、彼女の鬼気迫る態度がちょっと怖かったです。
 火傷を負ったり拉致されたり、チューズデイさんは厄年……なのかもしれません。
 次回はキャロルさんがチューズデイさんを救出し、アンジェラさんがケイティさんに謝罪するのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】キャロル&チューズデイ 第10話「River Deep, Mountain High」

 キャロチュの10話を見て感想を書かせていただきます。
 GGK、キャロチュ、ピョートル、アンジェラといった4人が準決勝に残ってきました。
 彼らのうちだれが栄光をつかむのか、ますますわからなくなってきました。

【内容】
 キャロル&チューズデイは「マーズブライテスト」の準決勝まで進出します。
 ガスはまたもダリアと鉢合わせ、ロディがその間で文字通り板挟みにされます。
 準決勝がはじまり、審査員にはアーティガンが加わっていました。

 「この俺を驚かせるのを楽しみにしている」とつぶやくアーティガンさん。
 キャロルとチューズデイを見た途端に驚きを浮かべ、ガスは「終わったな……」とひと言。
 ロディはアーティガンは審査に私情を挟まない……といいなとつぶやきます。

 シベールはチューズデイを応援しに来たと言いつつ、彼女だけはわかってくれると思っていたと言って別れを告げます。
 ピョートルは(撮影禁止なのにこっそりと)動画投稿をしていましたが……
 まずはGGKが歌うとのことですが、自分が砂漠の小さな村で生まれたと言ってきました。

 チューズデイはシベールを追いかけて行き、GGKは自分の居場所を探してきたのだと言ってきました。
 第3の瞳が開いて「歌え」という声が聞こえてきて、歌ったら生き返ったとのことですが……
 GGKのライブが行われる一方で、アンジェラの前にはタオが現われて「曲を変える」と言ってきました。

 アンジェラは自分が歌手になりたい経緯を語り、とっさの新曲でライブを行ってきました。
 審査員はアンジェラがさらに高いハードルを跳べると言って彼女の決勝進出が決まります。
 ステージ上でGGKとアンジェラが抱き合い、GGKは年が違えば決勝だったとのこと。

 ダリアはアンジェラの曲の変更について問いかけ、タオがいれば優勝確実だと言ってきました。
 そしてもうひとつの試合が始まりますが、キャロルとチューズデイはステージ上にいませんでした。
 ピョートルは周りに合わせる人生がつまらないと言い、SNSに本性を出して自分を好きになったとのこと。

 「自分を好きでないなら他人を好きになれない」と言い放ち、ピョートルはライブを行ってきました。
 一方、チューズデイはシベールを探し回っていましたが……

【感想等】
 10話の大台に乗ってきて、大会も準決勝ならばお話ももう大詰めかと。
 色々と因縁のあるアーティガンさんが審査員として出てきたら少し心配になってきました。
 アーティガンさんに直接音楽を届けるという意味ではこれ以上ない演出ですが……

 自分の居場所を探してきたというGGKさんの言葉は意外と深いように思えます。
 タオさんがGGKさんだけでなくその先、つまりキャロルさん達に脅威を抱いたと考えられるのかもしれません。
 「あなただけは私に振り向かない」という言葉にアンジェラさんの心中が見事に表現されていました。

 GGKさんも見事でしたが、やはりアンジェラさんが勝ち残るのは必然でしょうか。
 ただの目立ちたがり屋だと思っていたピョートルさんですが、彼には彼なりの信念があってよかったです。
 自分自身に絶対の自信を持つ彼に対してキャロルさん達がどう戦うのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】キャロル&チューズデイ 第9話「Dancing Queen」

 キャロチュの9話を見て感想を書かせていただきます。
 チューズデイさんにつきまとってくるシベールさんはどれほどの実力者なのでしょうか。
 とはいえ、彼女にアンジェラさんを倒せるとは思えないのですが……

【内容】
 キャロル、チューズデイは準決勝に進出し、チューズデイの母は大統領選挙に出馬します。
 ガス、ロディと合流した2人は次に対戦する相手をチェックしますが……
 シベールはチューズデイに抱きついてきて自分とチューズデイとでコンビを組まないかと言ってきます。

 キャロルはチューズデイを連れていき、迷惑だったらはっきり言えと言ってきました。
 ガスはダリア(アンジェラの母)と鉢合わせし、アンジェラはマネージャーにタオを連れてこいと言ってきました。
 タオが客席で見守る中、今日はGGKとマーメイドシスターズ、シベールとアンジェラの試合が行われます。

 GGKは歌っている間には宇宙と繋がっていると言い、審査員や観客を困惑させます。
 しかしその歌は「本物」であり観客達はただ聴き入るだけでした。
 マーメイドシスターズはどう見ても男性の声でしたが、歌うときは女性の声になっていました。

 三回戦はGGKの勝利に終わり、審査員はマーメイドシスターズの歌詞は最低だったと言い放ちます。
 負けたシスターズは暴れ回って一旦CMを挟まざるを得ませんでした。
 シベールは緊張してきたと言って「ぎゅっとして」と言い、チューズデイの首筋をかんで元気を出します。

 タオはキャロル達に着目しているらしく、曲は誰が作っているのかと聞いてきました。
 シベールは「人は若いときだけ美しさを表現できる」と言い、年を取る前に何かを残したいと言ってきました。
 フランス語で愛を語るシベールに観客は無言で聴き入り、チューズデイもまた呆然と見つめます。

 人一倍の注目を集めたアンジェラですが、この前とは全く雰囲気が別物でした。
 アンジェラは「パフォーマンスで証明したい」と言い、「高い山だって動かしてみせる」と強いメッセージを込めた歌を歌います。
 審査員はアンジェラを見くびっていたと言い、彼女がモデルだと思っていた人間は誰にもいないと言い放ちます。

 アンジェラはシベールを下して満面の笑みを浮かべてきました。
 シベールはチューズデイに抱きついてきますが、チューズデイは2つ一緒は無理だとお断りします。
 「信じられない」と言って去っていくシベールをよそにアンジェラに勝つのは大変だとつぶやくのでした。


【感想等】
 今季も色々アニメがありましたが、音楽面ではこの音とまれ、キャロチュの2強でしょうか。
 ガスさんとダリアさんがガンダム的にガトーさんとマシュマーさんなのも興味深いです。
 GGKさんの電波(?)発言やマーメイドシスターズが男性のお声なのは別の意味で驚かされました。

 チューズデイさんとシベールさんの絡みにドキドキしつつもキャロルさんとの関係が心配になります。
 アンジェラさんの「高い山だって動かしてみせる」というのは母親のことなのでしょうか。
 次回はピョートルさんを倒して決勝でアンジェラさんと戦ってちょうど1クールが終わるとちょうどいいように思えます。 


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】キャロル&チューズデイ 第8話「All The Young Dudes」

 キャロチュの8話を見て感想を書かせていただきます。
 オーディション番組の本戦に進出したキャロルさん達でしたが……
 キワモノ強敵ぞろいの本戦進出者とどうやって戦っていくのでしょうか。

【内容】
 アンジェラの元にやってきた女性は新しいマネージャーのケイティでした。
 ケイティはアンジェラに憧れていたそうですが、会うなりどんなことでも耐えろと言われて困惑します。
 キャロル、チューズデイははじめてアンジェラの姿を目の当たりにします。

 アンジェラ単独の楽屋に対して、他のメンバーは全員一緒の部屋でした。
 本戦出場者はいずれも個性派揃いで、シベールはいきなりチューズデイに抱きついてきました。
 そしてついにマーズ・ブライテストの本戦がはじまって出場メンバーや審査員が紹介されます。

 特別審査員のシャクティは犬のAIらしく、キャロルとチューズデイは初戦でOGブルドッグと戦うことになりました。
 ガスの隣にはアンジェラの母親が座っていて、ステージではファイヤー兄弟が爆音をまき散らしてきました。
 アンジェラはタオを呼んでこいといらだち、ピョートルは目立ちたいからと言いつつも立派な歌を披露してきます。

 毒舌の女性審査員はピョートルを勝者だと宣言し、次はいよいよキャロル達の出番となりました。
 元ギャングのOGブルドッグは「俺は全員殺すために来た」と物騒なことを言い出しますが……
 OGブルドッグのオペラとラップの融合は周囲を騒然とさせ、確かな実力を見せつけてきました。

 キャロル、チューズデイがステージに立ち、メモリアルホールのゲリラ映像が流されます。
 2人はAIを使わないで曲を作ったと言い、先週歌がなかったうっぷんを晴らすかのように最高の歌を聴かせてくれました。
 OGブルドッグは「音楽そのものを殺した」と言われ、キャロル達は地味だと言われながらも初戦を勝ち抜くのでした。

 アンジェラは「あんた達の歌が嫌い」と喧嘩を売ってきますが……

【感想等】
 残り話数を考えると本戦でアンジェラさんと決着を付けて「奇跡の7分間」で終わりでしょうか。
 シベールさんは仙狐さんの高円寺さんと同じ人らしいですが、演技がぜんぜん違うので最初は気づきませんでした。
 色々と濃い面子が出てきて最初から最後まで飽きさせない作りが素敵だと思います。

 主要キャラだけではなく出場者の一人一人にしっかり曲や歌が作られているのはすごいです。
 前回、歌がなかったキャロルさん達もしっかりと実力を見せてきたのはよかったです。
 これだけ目立ったらチューズデイさんもそろそろお母さんやお兄さんに見つかってもいいと思います。

 予想どおり初戦を突破し、次にピョートルさんを倒せばいよいよアンジェラさんとの直接対決でしょうか。
 シベールさんのキャラは好きですが、アンジェラさんが十中八九勝ち残ってくると思われます。
 大方の予想を覆す形でシベールさんが残ったら、それはそれで面白いと思いますが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム